2006年07月29日

ナスの切り返し剪定と、讃岐うどん

ナスの剪定3
ナスの夏季の剪定をUPしてみます。
写真のバックもナスなので、見難いと思います。
この方法は、誰にも教えられたのではなく、
本からの情報と実践からきたやり方です。
やり方が違うと言う方もおられると思いますが、
あえてUPしてみます。
7月末頃になると、虫害と風雨による葉痛みと、
今までの実を付けて木が疲れてきて、
花付き実付きが悪くなってきます。
ここで夏季切り返し剪定をします。
地面に出ている高さの約半分にします。
1本の枝を例にすると、「ここでカット」部で切ります。
その上には、小さな実が付いていても、心を鬼にして切ります。
切る部分のしたには、新芽があります。
この新芽を、今からの主の枝にします。
ナスは全ての葉に日が当るように自分で成長しますが、日当たり重視で新芽の上を切ります。
新芽が多い時には、主になる勢いのある新芽以外を、欠き取ります。
こうすることにより、株元が明るく乾き気味になるので、根が水を求めて真下に深く伸びていきます。
又、勢いのある新葉が出て、光合成を十分してくれます。
ナスの剪定4
違う枝で少し前に切り返した様子です。
新芽が勢いよく伸びてきています。
これを斜め上に誘引して、仕立てます。
ナスは放任すると、ドンドン枝が分岐して伸びていき、
垂れ下がります。
垂れ下がると、実付が悪くなるので、
先端はいつも上に向くようにします。
全ての葉に日が当るようにするのがポイントです。
でも、風・虫の害で思ったようには中々いきません。
エビ餅ぶっかけ
今日も朝から暑かったです。
昼には亀城庵うどん店にいきました。
冷たい「エビ餅ぶっかけ」を食べました。
プリプリアツアツのエビ天と、杵つき餅の素揚げが、
冷たいうどんにベストマッチして、美味しかったです。




banner_04ランキングに一押ししてね!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hachi   2006年07月29日 19:18
茄子の切り返し剪定大変分かりやすく勉強になりました。なにやらマニュアル本の如しです。写真付きで尚更ご自身の経験の中からの情報ですから凄く納得してしまいます。
冷たい「エビ餅ぶっかけ」これも美味しいでしょうねぇ。たけさんは幸せですよ、毎日毎日美味しい食事ができて。いいなあ〜いいなあ〜
2. Posted by haru5255   2006年07月29日 21:20
上記のhachiさんに同感です。写真入でよく分かりました。ところで我が家の今年のナスは、元気がなかったのですが、今日見てみると葉っぱが赤くなってかれていました。

小さな穴が沢山空いていたので、ニジュウヤホシテントウムシか、ダニの仕業だと思い、殺ダニ剤を散布しておきました。果たして元気を取り戻してくれるでしょうか心配です。野菜は元気がないと直ぐ虫が寄ってきますね。

「エビ餅ぶっかけ」本当に元気が出そう、近ければご馳走になりに行くのですが、九州と四国では無理ですね。
3. Posted by いわみ   2006年07月29日 22:17
ナスの切り返し剪定わかりやすい説明で勉強になりました。
写真入りがすごくいい!
ちなみに新芽の数はいくつでもいいのでしょうか?
4. Posted by spa   2006年07月29日 23:25
いやはや、マメですねぇ。ナスの剪定は、下葉などはやりますが、上の方はカットしませんね。どうせ食べきれないほど出来てしまうせいでしょうか。しかし、とても参考になります。やってみようかな。
5. Posted by youyou   2006年07月30日 06:10
なんとっ!
ナスも切り返しをするんですね。知らなかった。また一つ、勉強になりました。
ってか、あっしの場合はそれ以前に、茎を太らせるにはどうしたらいいかってことを実践せねば。
とにもかくにも、たけ47さんのブログは参考になります。ありがとー。
6. Posted by hiro   2006年07月30日 09:20
うどん、美味しそうですね。
うどんのコシの強さと、餅のモチモチ感が伝わってきます。麺食いにはたまらないですね(^^)
7. Posted by ピンキー   2006年07月30日 16:05
すばらしい。
これは保存しておきたいですね。
来年はナス栽培したいと思ってます♪参考にさせてもらいますね。
また別の野菜でも講座開いてください。
おいしい秋茄子楽しみですね。
8. Posted by ブル−デ−ジ−   2006年07月30日 17:08
なるほど、新芽を確認してカットですね。
小さい実がついていても心を鬼にする事と支柱で誘因も忘れないようにします!(^^)
ピンキ−さんのわき芽講座から、たけさんの剪定講座まで脱帽です。
9. Posted by KT   2006年07月30日 19:56
なるほど、ナスはこうして収穫期間が延ばせるんですね。大変わかりやすくて勉強になりました。
エビ餅ぶっかけうどんはすごくおいしそうです。思わず写真を拡大して見ちゃいました(笑)。大根おろしの上にのっているのは梅肉?ですか?
10. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:17
★hachi さん
hachiさん位のベテランに見られると恥ずかしいですね。
自己流の部分もあり、どうですかね?
暖地と寒地では剪定方法も違うのでしょうか。
夏の暑い時期は、冷たい麺類がいいですネ。
hachiさんこそ、温泉三昧だし、キノコも沢山食べれるし羨ましいですヨ。
11. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:25
★Haru5255 さん
今の時期は、ナスはニジュウヤホシテントウムシか、ダニが沢山きますね。
それに負けない丈夫な木になってほしいですね。

Haru5255さんちは、虫害でナスの木が元気なくなってきたのですか。
ナスの木も、根が正常に深く張ってるともう一度元気な芽が出てきます。
根が元気になってもらいたいですね。
チッソ過多の木は勢いが良さそうですが、虫が寄って来るようです。
讃岐は九州なら近いですよ、機会があればぜひきてください。お待ちしています。
12. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:31
★いわみ さん
写真は木がダブって見難いですね。
実際の方が解り易いです。
かなり自己流の部分があると思いますが、この方法で成果が上がってるので、良いと思っています。
ナスの形は、上に上にを基本にしています。
横に広げると、広く場所を取るし、枝の管理が大変なんです。
それに、木の寿命も短いようです。
なので、新芽は切り返し剪定1箇所で1コで、多くても2コまでです。
13. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:36
★spa さん
美味しい秋茄子を食べたい為に、夏季の切り返し剪定すするんです。
暖地では、今までが収穫も早く一気に沢山取れます。
このままでは、木が成り疲れて秋茄子の時期に寿命が来るんです。
少しでも長期に収穫したくて、この切り返しをしています。
14. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:41
★youyou さん
美味しい秋茄子を食べたい為に、夏季の切り返し剪定すするんです。
このままだと木が成り疲れて秋茄子の時期に寿命が来るんです。
「ナスは水で作る」と言われています。
水を切らさないようにしたら、良いようですよ。

15. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:45
★hiro さん
今の暑い時期には。冷たい麺類がいいですね。
全国的にはそうめんですが、讃岐では冷たいうどんが沢山食べます。
この餅も地元産の餅米で、杵つきなので美味しいですヨ。
冷たいうどんに素揚げした熱い餅が美味しかった。(^3^)/~☆
16. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:48
★ピンキー さん
かなり自己流の部分があると思いますが、この方法で美味しい秋茄子ができるので、良いと思っています。
袋栽培なら十分できるんじゃないでしょうか。
水を沢山遣れば、美味しいナスが沢山できますよ。
来年はぜひナス栽培やって見て下さい。
17. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:51
★ブル-デ-ジ- さん
小さな実とか花が付いてると、切るのに決心がいりますね。
でもこれをする事により、美味しい秋茄子ができると思って、心を鬼にしています。
この方法は、自己流ですよ。
でも、美味しい秋茄子ができるので、一つの方法だと思っています。
18. Posted by たけ47   2006年07月30日 21:56
★KT さん
3本仕立てにして、2本を切り返しています。
2本が新芽がでて、実が付くまで残した1本でナスを継続収穫しています。
この方法も自己流ですが、良いと思っています。
今の暑い時期に、冷たい麺類は欠かせません。
KTさん、鋭いですね。
大根おろしの上にのってるのは、梅肉で酸っぱさが食欲をそそってくれます。
19. Posted by Heyモー   2006年07月31日 16:28
ナスの剪定勉強になリました。いつもナスがうまく育たないので今年は止めていました。来年は是非再挑戦してみます。
20. Posted by たけ47   2006年07月31日 19:54
★ Heyモー さん
ナスは土を選ぶのでしょうか?
上手く栽培できない所もあるようですね。
かなり水を必要とするようです。
来年ぜひ栽培してみて下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔