2009年07月02日

豊稔池と椎茸栽培

豊念ダム
昨日香川県でも愛媛県境近くに行きました。
ここは豊稔池のダムです。
日本唯一の石積みアーチダムです。
昭和5年(1930年)3月に完成したもので、
堤の高さ約30m、堤長145m。
余分な水を吐き出す5つの穴(余水吐)は、
サイフォン式になっている。
山間部にあるダムで、私も見るのは初めてでした。
菌床椎茸
そこからさらに上流に行った所にあるキノコ園に行きました。
菌床栽培で椎茸を作っています。
菌は購入しているようですが、菌床に拘りがあって
水分の少ない日持ちのする椎茸ができるようです。
この写真は普通の椎茸ですが、別の部屋では20cmを越す
大型の椎茸を作っていました。

菌床堆肥
菌床は3か月使うと寿命がくるようです。
その後は畑の土と混ぜ合わせて堆肥にするようです。
その堆肥は良質なようで、畑に入れて野菜を作っています。
この堆肥を漉き込むと野菜の連作障害がないそうです。
毎年トマトを同じ所で栽培しているが毎年良くできるそうで驚きです。
雨の中の写真ですが、左の方にある茄子の葉が大きいのにびっくりでした。
やはり土作りは大切なんですね。

banner_04 ランキングに一押ししてね!
ランニングに参加しています。
現在83位!  宜しくお願いします。

take4700 at 23:27│Comments(8)TrackBack(0)clip!有機農法 | グルメ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぎゅうちゃん   2009年07月03日 12:40
連作できるというのは魅力ですね。
家庭菜園では休ませるともったいないので目いっぱい作っているため始めた頃ほど収穫がないように思います。
”菌”の発酵成分が効くのでしょうか?
2. Posted by kazutyan   2009年07月03日 15:25
菌床栽培の椎茸はこんなにまとまって生えてくるとはしりませんでした。これなら採算にも合うでしょうね、その上副産物の古い菌床堆肥で土つくりが出来て、いい野菜が作れれば、一石二鳥でしょう。
3. Posted by カノン   2009年07月03日 16:35
この菌床っていうのは木に菌を埋め込むのじゃないんですね!
連作障害が出ない堆肥、いいですね〜
うちのような小さい畑だと 植える作物や場所を考えるのが大変なので魅力的です☆
たけ47さんは 不耕起栽培の場所でも堆肥は使ってますか?
どのように使ってますか?
4. Posted by hachi   2009年07月04日 17:48
3 日本唯一の石積みアーチダム豊稔池のダムは見ようによってはなにやら要塞のようにも見えてしまいます。
椎茸といえば原木栽培が主流でしたが菌床栽培もしているんですね。原木を山から切って出したり、植菌して山に伏せたりと重労働で後継者がいないそうです。
その点菌床栽培は工場みたいなものですから、原木よりは重労働ではないでしょうね。
5. Posted by 山ちゃん   2009年07月05日 19:15
さすが、たけ47さん顔が広いですね、
豊稔池に行くルートから山道を20分位、愛媛方面に走り平坦に降りると私が新しく借りた畑です、菌床栽培の椎茸栽培をやっているところがあるのですね、かなり大がかり見たいですね、このほうが労働力は少ないのでしょう。
6. Posted by spa   2009年07月05日 22:52
こういう栽培の仕方があるんですか。
8か月でおしまいにするのでは、商売でないとできないやりかたですね。
たしかに、これは良いたいひになるでしょうね。
7. Posted by よこはまやまさん   2010年01月01日 23:20
ひとつ教えてください。椎茸の味と大きさの関係はあるのですか? 以前に能登115号の椎茸を食べた時に大きくておいしいと感じました。 一般的には味と大きさに関係はありますか? 20cmの椎茸の味はいかがでしょうか?
8. Posted by たけ47   2010年01月02日 09:26
★よこはまやまさん
私も椎茸のことはあまり詳しくありません。
椎茸農家の人が言うには、大きくなったほうが、身が厚くなって美味しくなると言っていました。
途中で停滞するのではなくて、一気に大きくなったのは美味しいと思います。
大きな椎茸は、身が厚くて美味しかったですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔