2010年04月10日

瀬戸内国際芸術祭「島こころ椅子」下見とアイコ鉢上げ

男木島
今日は朝から晴天で、気温も20℃まで
上がってポカポカ気候でした。
先日私のブログを見て高松の建築設計屋さんから電話がかかってきました。
瀬戸内国際芸術祭参加作品「島こころ椅子」の製作で、
ゴーヤの棚を作るので協力して欲しいとの事。
喜んで協力させていただきます。で、現地の下見に、
高松沖の男木島にいきました。
瀬戸内国際芸術祭は、高松沖の瀬戸内海の7つの島で
色々な芸術作品を製作展示するそうです。
高松港からフェリーで30分ほどで、男木島に到着です。
ひょっこりひょうたん島に似ていると思いませんか。
男木島2
港回りの斜面に民家が並んで建っています。
聞くと島民は120戸200人程だそうです。
高齢化が進んで、子供は島の中学で3年生が3人いるだけで、
小学校にも子供はいないそうです。
来年には中学校3年生が卒業すると、実質的に廃校になるようです。
「島こころ椅子」の場所は、民家の並んだ一番上方に神社があり、
その神社の入り口に作るそうです。


男木島3
この場所に「島こころ椅子」を作り、
その椅子の上にゴーヤの棚栽培で日よけを作る予定です。
島では、島民が神社の桜の木の下で花見をしていました。
右のコンクリート作りは島民の給水槽で、
その上には40cm程土を盛ってて日差し除けにしています。
その上に、大きなプランターを10個ほど並べてそこにゴーヤを植え
左のほうに棚を作って這わせる予定です。

漁具
ゴーヤ棚はできるだけ島の物を使おうと考え、
島の漁師にお願いして棚網を見に行きました。
海苔の養殖に使ってたものがあるので使わせて頂く様になりました。
この漁師は数年前まで海苔の養殖をしていたが、
できた海苔を、黒鯛が食べるそうで、その防止策ではさらに海苔網を2重に張るそうですが、凄く手間がかかりできなくなったようです。
海苔網収穫用の真新しい大きな船も見せて頂きましたが、相当な被害なのでしょうね。
海苔網を使えるようなので、これで材料も揃ったので
元気にゴーヤを育てなければいけませんね。

アイコ鉢上げ
男木島から帰って、育苗していたアイコを鉢上げしました。
全部で19本ここまで育ちました。
トマトは1番花が付くまでこのままで育てるので、
定植はとうぶん先になりそうです。


banner_04ランキングに一押ししてね!
ランニングに参加しています。
現在78位!  宜しくお願いします。

take4700 at 22:39│Comments(2)TrackBack(0)clip!トマト | くらし

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hachi   2010年04月11日 12:59
3 ほんとにひょっこりひょうたん島にそっくりですね。家並みはどこの島も似たような風景です。漁協周辺と船着き場あたりが一番の賑わいなんですよね。離島に16年間仕事でちょくちょく行っていましたから。
ぜひぜひ「島こころ椅子」の製作を完成させ、瀬戸内国際芸術祭を成功させて島が賑わうといいですね。
2. Posted by spa   2010年04月11日 23:01
ゴーヤは茂りますから、厚さ避けにいいですね。
ネットを使うのは良いですね。蔓が絡まりやすいです。
独りで作業より、二人の方が能率が上がります。気持ちもはずんでなお良いですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔