釣り

2009年11月15日

鳴門でアオリイカ釣りと大根初収穫

日の出
今日は久しぶりに、徳島県の渦潮で有名な鳴門に
船釣りにいきました。
実は昨日まで今日の釣りを忘れていましたが、
夜釣り仲間からの電話で知りました。
それから慌てて釣り道具の準備をし、お風呂に入り就寝しました。
というのは、鳴門の出港が朝の6時30分で
自宅出発が、朝の3時30分・・・
この写真は朝の7時前の鳴門の様子です。
淡路島と鳴門にかかる鳴門大橋の
向こう側から朝日が昇っています。
今日の海は写真ではわかり難いのですが、
強風波浪注意報がでていて船が揺れ、
とても難しい船釣りになりました。
アオリイカ
アオリイカを釣り上げました。
今日は1日かけてアオリイカが2杯だけです。
でも、この大きさを見てください。
甲だけで30cm近くあり、重さが3kgもありました。
鳴門で釣れるアオリイカでも、
このサイズが一番大きなようです。
イカ釣りは釣って面白く、食べて美味しいので楽しみなんです。
カモメ1
強風の中でも、空にはカモメが舞っていました。
飛んでるというより、上手く風をとらえて
気持ち良さそうに浮いてるって感じです。
船が移動すると、どこからともなく船の後についてきます。


アオリイカ尽くし
帰ってさっそく調理して貰いました。
アオリイカ尽くしです。
イカの刺身、イカの煮付け、イカの唐揚げです。
イカの刺身は家庭で調理したので飾り盛にはできませんが、
身が透明感がありとても美味しかったです。
大きなイカだったので、
食べきれないので半身は冷凍して保存しました。


大根赤蕪
釣りから帰って菜園に行き、
自家製大根の初収穫をしました。
最近は雨が多いので大きくなるのも早いですね。
赤蕪も一緒に収穫です。
こう並べてみると、赤蕪のほうが茎葉が長いです。
これだけの茎葉なので、緻密でしっとりとした蕪に
なってくれるのでしょうね。


banner_04ランキングに一押ししてね!
ランニングに参加しています。
現在103位!  宜しくお願いします。

take4700 at 21:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2008年11月03日

オクラとマイクロトマトとアオリイカ

オクラ
昨日の事、オクラがまだまだ元気です。
これは丸オクラで大きくなっても固くならないのですが、若い方が軟らかいので小さなものを収穫するようにしています。
葉を巻く虫も沢山いますが、成長も早いので成長点近くの葉はまだ綺麗です。
11月に入ってもまだまだ収穫が続いてるので、今年はやはり温かいのですね。
マイクロトマトの木
6月に畑に定植したマイクロトマトが凄いことになってきました。
パイプトンネルの下に数株植えたのですが、地這い状態でドンドン枝を増やせて成長を続くけています。
黄色い小さな花も沢山咲かせてくれています。
通路まで延びてきてるので、ここは通れなくなってしまいました。

マイクロトマト
枝葉を掻き分けて中を覗いてみると、赤く熟れてるマイクロトマトがありました。
木の表面には緑の茎葉と黄色の花しか見えなくて、実が赤くなるのは時間がかかるようです。
地這い状態で栽培すると収穫が大変ですね。

マイクロトマト収穫
オクラとマイクロトマトを収穫しました。
手前の2個のトマトは自然発芽したミニトマトです。
ミニトマトとオクラは大きさの比較用に並べてみました。
マイクロトマトはやはり、小さいですね。
食べてみましたが酸味と甘味もあって、トマトでしたよ。
11月に入りましたが、これから収穫ができるって面白いですね。
アオリイカ
今日は深夜2時半に起きて鳴門に釣りに行きました。
10月まで、ハマチと丸鯵が釣れてたようですが、今日はアオリイカの釣りになりました。
イカの中でアオリイカは一番美味しいと思うし、釣るのが難しいんですよ。
小鯵を餌にして、イカの足の中で長い2本の足を針で引っ掛けて引き上げます。
足1本に針がかかって釣り上げますが、途中でバレル事が多いんです。
甲の長さで30cm位、1kgの大型のアオリイカが釣れました。
海の中では黒っぽくて、網で掬い取って船に乗せたとたんに少し色が薄くなります。
目玉が大きいですね。
生簀
つり船の中の生簀の様子です。
左が釣り上げたアオリイカが泳いでいます。
暗いので黒っぽくなっています。
右が餌になってる小鯵です。
イカは生きてる小鯵でないとかかりません。
この小鯵も食べて美味しいのですが、これを餌にしてるアオリイカも美味しいですよ。
今晩はイカづくしのご馳走で、又食べ過ぎました。

banner_04ランキングに一押ししてね!
ランニングに参加しています。
現在59位! 宜しくお願いします。

take4700 at 20:34|PermalinkComments(16)TrackBack(0)clip!

2008年06月22日

鳴門へ舟釣り

朝の鳴門
今日は1年に数回の舟釣りです。
夜中の2時に起きて、
早朝6時には鳴門沖の漁場に到着です。
この時期に釣れるものは鯛です。
鳴門は潮の流れが早く、そこで
育った鯛は身がしまって最高に
美味しいんです。
今日は家を出る時から雨が降っていて、
鳴門でも1日中降ったり止んだりの天気でした。
船釣りで一番怖いのは、濃霧です。
この日も、濃霧で視界が100m以下になったりしました。
船の周りは色っぽい霧しか見えず、
その時はさすがに釣りを止めてゆっくりと安全な方に避難しました。
暑いのも大変ですが、こういった天気もだめですね。
海のクラゲ
水温も上がってきてるのか、
クラゲが沢山漂っています。
1m以上の長い脚?を伸ばして
ゆっくりと潮に乗って漂いますが、
長い脚が釣り糸に絡むと、
ヌルヌルして釣りになりません。
このクラゲを外して釣り糸を
上げたり下げたりが中々難しいですね。
釣果
今日の2人分の釣果です。
本命の鯛も、食べてちょうど
良い大きさのものが釣れました。
濃霧で狙ったポイントには
行けなかったので、大物はすくないです。
70m位の深さで釣ったので、
赤メバルも大型です。
普通は釣れない真ダコも1尾上がりました。
タコの足に釣り針がかかり、釣れました。
写真を撮ろうと中央に置くと、カメラを構える間に
スルスルと素早く逃げるんです。
タコは意外に俊敏ですね。
夕食
昼の2時に船から降りて、帰路に
着き夕食のおかずとなりました。
自家製のネギと青紫蘇以外は、
釣ってきた魚ばかりです。
船の上で魚をきちんと〆てるので、
全然臭みのなく美味しくて、
また食べすぎました。


take4700 at 22:45|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2008年05月05日

鳴門に釣り

雨の鳴門
5月5日、鳴門に船釣りに
行ってきました。
朝3時に自宅を出て車で
鳴門に着いたのは、早朝6時前。
6時には出航!
あいにく小雨交じりで風も少しあり、
悪いコンディションです。
昨年の連休に行った時には晴れてて船の上でかなり
日焼けしましたが、今年は雨で手先が冷たいような感じで肌寒かったです。
小物ばかり
昼の2時に下船、今日の釣果です。
今の時期にはこういった
小魚しか釣れないようです。
黒メバル・赤メバル(ガシラ)・
小鯛・磯ベラです。
瀬戸内海で釣れる小魚です。
でも、これが美味しいのですね。
帰って、焼き魚・煮魚・汁にして沢山美味しく頂きました。

take4700 at 20:26|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2007年05月04日

鳴門で釣果とカモミールとサンチュ

早朝の鳴門
今日は楽しみにしていた釣りの日です。
早朝3時に自宅を出て、6時に
徳島県鳴門の亀浦漁港から釣船で出港です。
亀浦漁港は鳴門大橋の近くにあり、
この写真は午前6時5分頃です。
今日の朝は、朝曇りでした。
右手前が徳島の鳴門で、
左奥が淡路島です。
鳴門の潮の流れ
今日の潮は大潮ではないですが、
一番潮の流れの早い橋げたの場所です。
右側は瀬戸内海側で、左側は太平洋側です。
瀬戸内海側の海面が高くて、
左の太平洋側に潮が流れています。
下に岩があるのではなくて海面の高さで
これだけの流れが出来ています。
大潮になるともっと海面の差ができ、段差が出来ます。
ベテランの漁師でも慎重に行き来しています。
この横で有名な「鳴門の渦潮」ができます。
今日の釣果
今日の二人の釣果です。
今の時期は、黒メバルを釣に行ったのですが
黒メバルの時期がすこし過ぎたようで、
数は少ないのですが大型が混じっています。
左上の黒メバルは30cmありました。
瀬戸内海では最大級です。
鯛が1枚と磯ベラ2枚、
他の赤いのはガシラ(赤メバル)です。
瀬戸内海ではこういった小魚が今の時期に
一般的に釣れて美味しいのですよ。
今日の魚料理
今晩の料理になりました。
黒メバルの刺身・塩焼き、
鯛の塩焼き、ガシラの煮付け、
それと写真は無いのですがガシラの
アラの味噌汁です。
黒メバルの塩焼きは新鮮すぎて
身が縮まり弾けています。
でれも新鮮で美味しくて食べ過ぎました。
カモミールの花
こぼれ種のカモミールが随分大きく
なってきて、白いかわいい花を
咲かせてくれています。
1株でこれだけの大きさに
なってくれました。


ゴボウとサンチュ
サラダゴボウとサンチュの畝です。
どちらも2月24日に種蒔したもので、
最初はサンチュの成長が早かったのですが、
ここにきてサラダゴボウの成長が
旺盛になりサンチュが真ん中で
小さくなってるようです。
ゴボウの栽培が本命なので、
もう少しするとサンチュが見えなくなってくると思います。
サンチュ収穫
そのサンチュを抜き取り収穫しました。
先日から間引いて収穫していましたが、
すっかり株が大きくなってきました。
サラダで食べましたが癖もなく、
新鮮で美味しく頂きました。



banner_04ランキングに一押ししてね!


take4700 at 20:11|PermalinkComments(22)TrackBack(0)clip!

2006年05月04日

今日は鳴門で船釣り。3

橋の北
今日は鳴門に船釣りに行きました。
早朝3時に自宅を出て、
5時30分に鳴門の漁港から出航です。
最近は5時になれば、
もう明るくなってるんですね。
最初に鳴門大橋の北側(瀬戸内海側)で
2時間ぐらい釣りをしました。
鳴門大橋は、四国の徳島県と
兵庫県の淡路島を結ぶ大きな橋です。
北側は、波もなく穏やかです。
橋の南
次に鳴門大橋の下をくぐり、
南側(太平洋側)に移動しました。
ここは、橋を境に太平洋側は凄い波打っているし
流れが解る位、荒れています。
鳴門の渦巻きで有名な場所です。
橋ができて、橋げたが設置されて
大きな渦が見れなくなったそうです。
今日は小潮で潮の流れは穏やかですが、
大潮になれば橋の下で2m位の段差ができます。
南側で昼の2時まで釣って止めました。
釣果
2人で今日の釣果です。
今の時期は黒メバルが終わりで、
端境期だそうです。
多いか・少ないか微妙な釣果です。
鳴門の魚は、流れの速いところで育ってるので、
身が締まっていて美味しいです。
帰って早速、刺身・煮付けに
していただきました。
美味しかった(*^_^*)
早朝から行った甲斐がありました。



banner_04ランキングに一押ししてね!

take4700 at 21:56|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2005年11月04日

鳴門に釣り、82cmの鯛、そして魚料理美味。5

夜明けの鳴門
昨日、鳴門に船釣りに行ってきて
凄い事になりました。
天候は晴れたり曇ったりでした。
出航してすぐ餌となる小アジを釣り、
丸アジのポイントに行きました。
午前7時50分です。


サメ・フカ?

マルアジ13尾釣れました。(=●^0^●=)
船頭さんが、釣ったサメ・フカ?





アジの開き

次のポイントに移動中に、
早速丸アジを2尾3マイにおろし、
船上に干しました。
塩を少しふり、潮風で干すと
美味しい1夜干しができます。


アオリイカ
次にアオリイカを釣りに行きました。
アオリイカは、
今まで数回釣りに行ったのですが、
1杯も釣り上げたことが
有りませんでした。
船べりまではくるのですが、
タモ網を見ると暴れて逃げていきます。
ところが今日は、3杯も取り込めました。 d(⌒o⌒)b
82cmの鯛
昼12時を回ったところで、
ハマチを釣りに行きました。
鳴門大橋のふもとで、潮が非常に早い所です。
いきなりアタリがあり、引き上げようとすると、
再度アタリがあり、電動リ−ルが動かなくなりました。
船頭さんと2人で引き上げると、
上の針にはハマチがいて、
下の針にはこの鯛がかかっていました。
82cmで5kgの超大物です。
船頭さんも、こんな大物は2〜3年見たことが無いと言っていました。
リ-ルが巻けないはずです。
不覚にもこんな大物を釣った事が無かったので、足がブルブル震えました。
釣果
2人での釣果です。
今までで一番の大漁です
鯛があまりにも大きいので、
他の魚が小さく見えます。
鳴門は外海に面しているので、
大物もいるのですネ。
夕食は、刺身・煮付け・塩焼き・
バタ-焼きと魚料理のオンパレ−ドでした。
鳴門の海に、ご馳走様です。(=●^0^●=)

take4700 at 12:55|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2005年10月03日

自分で釣った魚料理4

夜明けの鳴門
昨日の日曜日に、鳴門の
釣り船で釣りに行きました。
鳴門の乗船場から朝6時に出航です。
自宅から鳴門まで、3時間かかるので
自宅を朝の3時出発です。
1回目の漁場に到着です。
丁度その時に日の出だったので
写真を撮りました。
そこで、マルアジを釣りました。

鳴門の渦
次に移動し鳴門大橋の下を通って
行きましたが、その時の渦潮です。
鳴門の渦潮は有名で、日曜日は
「大潮」でなく「長潮」だったのですが、
結構大きな渦潮が出来ていました。
つぎの釣り場で太刀魚を釣りました。
太刀魚は大きな口と、強烈な歯を持って
いるので、船上に上げても手では触れません。
噛み付かれたら大怪我をします。
釣り成果
この魚は3人での釣果です。
8時間の釣りですが結構面白かったです。
早速、自宅に帰って魚料理です。
太刀魚は見た目にグロテスクですが、
煮付け・照り焼きにしたら美味でした。
マルアジは塩焼きにすると、身が弾けていました。
鯛とマルアジを刺身で食べました。
少し、食べ過ぎ・・・?

take4700 at 11:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!