青春18きっぷツーリング第2弾、福島から磐梯高原の山岳ルートをめぐる旅に行ってきました。
企画はパパさん。
大学時代「乗り鉄」で鳴らしたお方なので電車の乗り継ぎは完璧です。
今年一番の暑さの予報の中、東北地方日帰りの旅でした。
出発は南越谷発 4:58の武蔵野線
5:10 南浦和 5:21〜5:23 浦和 5:29〜6:51 宇都宮 6:56〜7:47 黒磯 7:54〜9:01 郡山 9:28〜10:14福島
DSC01233
ふぅ〜、やっと到着です。
途中けっこう混んでいて一部では座れない区間も。
お盆休みの東北、侮りがたしです。

すでに福島市内は30℃超
40数キロ走ってきたレモンニさんとも無事合流できました。
DSC01240

今回の装備はモンベルのFバッグにオルトリーブのサドルバッグ。
再来週の信州ツーリングの装備確認ためでもありますが、前後に荷物積むなんて学生時代以来かも。
レーシング用のS-WORKSも別の自転車みたいですw
DSC_0021

10:30 猪苗代に向けてスタートです
DSC_0022

走り出したら 「暑い
福島市内は盆地なのでより一層です
DSC_0023

既に50km近く走ってきたレモンニさん、お疲れ気味です
DSC_0026

道は少しづつ傾いてきたけど、空気は生ぬるいまま
DSC_0028

遂に上りが始まりました。
早く高いところに行かないとホントにやヴぁいかも
DSC_0029

実はこの区間が一番勾配がキツい。
谷を風が吹き上げてるので、追い風の無風状態。汗が滝の様です。
DSC_0030

DSC_0031

ここず〜っと12%でした
DSC_0033

ようやく高湯温泉(700m)に到着。もうこんな感じで恥も外聞もありませんw
DSC01248

ここでレモンニさんから熱中症でリタイヤの知らせ。
私も経験あるのでツラさはよく分かります
パパさんと二人で再出発
DSC_0034

この辺は勾配が緩くなって少し休めます。風もいくらか優しくなってきました
DSC01250

やっとこさ標高1,000m。このペイントは面白いなぁ
DSC01252

荷物を積んでいるせいか、いつもよりギアが一枚重く感じます
学生時代、重いランドナーに15kgキャンピング用品を載せていたのがウソの様
でもあのころのローギア 28×26Tでしたからw
DSC01271

1,200m辺りで吾妻小富士が見えてきます。
DSC_0043

下から山が見えなかったから心配してたけど大丈夫そう
DSC_0044

30年前走った時とは違う橋が架かっているつばくろ谷を渡りいよいよ本年度最高標高を更新
DSC_0048

大きく回り込むと景色が一転します。「スゴい
DSC01277

止まってはいけませんw
DSC_0054

日が陰って風も結構あります。涼しくて気持ちいい~
DSC_0059

このまま下界に降りたくないくらいご機嫌です
DSC01289

13:15 浄土平ドライブイン到着
DSC_0064

お腹が空いたので会津B級グルメのカレー焼きそば。
極太麺でモチモチ。カレーも美味です
DSC_0065

地元も自転車乗りがいたので挨拶したら、そのジャージ(シンザカヤ)って江戸川のお店ですか?ってきかれました。
この方、福島からスカイツリーまで!走った時、寄って休憩したそうです。
シンザカヤさんは今も江戸川のオアシスなんですね。

さて最高点までもうひと踏み
DSC01298

DSC_0067

2時前、最高点に着きました
DSC_0071

ここから下り。でも1,600mにしては寒くなくブレカーいらずです
DSC_0073

土湯峠までは比較的勾配が緩く、地元の方がこちらから上ってるのも納得
でもいずれにしろ、夏は早朝に高いところまで行かないとダメですね。
14:45 レークライン突入です
DSC01306

この道、名前の割にはあまり湖が見えません
DSC_0078

ピークが二つあって、地味に脚にきます。
この頃両足のハムに妙に負担がかかっていて、上りでかなり失速していました
(翌日、自転車をよく見たらサドルが8mmも下がって居ました。荷物のせいじゃなかったみたいw)
DSC_0079

DSC_0080

パパさんを結構お待たせして 15:20 レークライン終了
DSC01322

裏磐梯高原のコンビニで大休止です。ここ来たのは1年ぶり
DSC01323

磐梯町駅で乗る予定の電車が17:27。あと24km、山一つなので頑張るぞ
DSC_0082

15:45 ゴールドラインに入ります
DSC01327

磐梯山が(薄くだけど)見えてくるとあと100mくらい
DSC01333

最後のひと踏ん張りで頂上到着です
DSC01337

あ〜、もう上りは無いぞ〜
DSC01338

会津盆地ももやってるけど、一気に下って行きます
猪苗代湖はモヤの中
DSC_0091

磐梯山も雲の中
DSC_0092

でも無事完走できそうです。お疲れ様でした。
DSC01341

ペダルも踏まずに 16:40 磐梯町到着
DSC01345

コンビニで買い出しして、磐梯町駅へ。
風呂に入れないので人目につかない所で水浴びして着替えます
DSC_0093

このために走ってきましたw
DSC_0095

17:27 郡山行き快速「あいづ」は特急用車両
DSC01351

足元は広々、テーブルもあって快適です
DSC_0097

お疲れ様でした。当然郡山まで反省会。
DSC_0098

郡山駅で乗り換えです。名残惜しいなぁ
DSC_0099

その後、冷房で気持ちいい車内でゆっくり寝ながら 21:26 久喜に到着
降りた途端、メガネが曇るほどの暑さだったけど、22:10 北越谷帰着
交通費は8,510円が18きっぷの2,300円済みました。

自宅〜南越谷 3.8km
福島〜スカイライン〜レークライン〜ゴールドライン〜磐梯町 96.9km(2,250mUP)


18きっぷはあと3回分。
19〜20日の南信州で往復

あと一回は9/1に長野原から渋峠に行こうかな