この夏を大いに楽しませてくれた青春18切符

・八方ヶ原〜那須高原
・福島〜猪苗代
・秋葉街道〜しらびそ峠

そしていよいよ残り1枚になり、車では行きにくいところへ行こうと「郡山〜米沢」を企画
山形県までなんと日帰りですw

ところが土曜日の夜の時点で現地は大雨警報

急遽行先をあまり雨が降っていない山梨県へ変更
3年ぶりの大弛峠です。

早朝の南越谷駅
4時過ぎに着いたら駅の警備員らしき人に、自転車バラすのは駅の敷地の外でやれ、と言われる。
16才から自転車乗って35年、輪行歴も同じだけどそんなこと初めて
しかもあまりに横柄な口利きだったので、18切符にハンコ押してもらう時に、駅員をセッキョーしちゃいました。
お客、しかも年上の者に話す口ぶりじゃないし。
JRも客商売ですからね。

お馴染みの4:58で輪行。
西国分寺、高尾で乗り換えて塩山着7:22。
降りたらすでに暑いんですが
組み立てて、荷物をコインロッカーに入れたら8時前に出発
DSC_0794

なんかやたら消防団を見るなぁと思ったら今日は9/1、防災の日です。
途中、調子の悪いヘッドを調整しながら笛吹川を渡ると山が近づいてくる。
まずは初めて走る太良ヶ峠を目指します。
DSC_0795

さて坂が始まります。周りはブドウ畑
DSC_0798

勾配はずっと二桁
DSC_0799

これから上ってゆく谷が前方に見えます
DSC_0802

途中から振り返ると甲州市街が
DSC_0804

この峠はキツいと聞いてたけど、ずっとこんな感じ
DSC_0805

この集落を抜けると一息つけます。
晴れてきて、もう汗だく
DSC_0806

九十九折りを詰めていくと太良ヶ峠到着(9:30)
DSC_0810

甲府市街が一望です
DSC_0809

ここから水ヶ森林道に入ります。
乙女高原までは20km
最初の内は勾配も優しく、景色を楽しんで走れます。
DSC_0813

甲府方面には南アルプス
DSC_0816

標高は1,300m以上。さすがに涼しく走れます
DSC_0819

1,700m近くまで上って乙女高原に11時到着
DSC_0821

ここから焼山峠に下って大弛峠への道に合流しますが、予想してた通り上り初めから全く水場がありません。
この時期、Wボトルじゃないとエラい目に会いそう。
柳平の分校の合宿所?みたいなところでやっと給水できました。
その後は13%が待ってます
DSC_0822

このゲートでほぼ1,700m。
ここから3kmほどは勾配も緩くなります
DSC_0823

頂上の五丈岩が印象的な奥秩父の雄峰、金峰山(2,599m)を眺めながら昼食。
このコース、補給が全くできないのでFバッグにパンを4つ入れてきました。
DSC_0829

1,900m地点
DSC_0833

2,000m地点。今年の最高高度を更新中
DSC_0836

2,200m地点。朝日岳(2,579m)もだいぶ低くなってきた
DSC_0838

2,300m地点。縞枯れた樹が見えてきました
DSC_0840

13時、大弛峠(2,360m)到着。
長野側はダートです
DSC_0841
DSC_0842

頂上から登山道に入り大弛小屋で休憩
峠から4m、上りましたw
DSC_0844

コーヒーと持ってきたハニートーストで一息
DSC_0845

小屋には埼玉のARAIレーシングの皆さんが12人もいてとても賑やか
同じ埼玉県民という事で話も弾みます
13:45 一足お先に下り始めます
大弛峠の下りは下り好きにはたまらないコースで、最高70kmhでかっ飛びます。
柳平まで来たら、あとは県道219号を直接塩山へ。
DSC_0846
DSC_0849

しかし今日も甲府盆地は35℃
降りていくにつれて段々顔に当たるのが熱風になってきます。
いやーこれはキツい
と、思ってたら頭上に黒い雲がやってきました。
DSC_0851

いきなりの雨。
しかもけっこうな降りです。
まぁおかげで気温も下がったので、雨を楽しみながら塩山駅まで
DSC_0852

頂上から1時間ちょいで駅到着。
まだ雨が残ってるので市内の塩山温泉に行くのは止めて、駅の多目的トイレで身体を拭いて着替え。
後は毎度お馴染みの買い出しをして、15:34の中央本線で輪行
DSC_0854

18時過ぎに南越谷に帰ってきました。


大弛峠は何度も上ってますがこれだけ視界が効いたのは初めてで、奥秩父の山々を楽しみながら走れました。
おまけに太良峠から上は涼しかったし。

18切符の旅はこれで終わりました。
学生時代に戻ったような自転車の旅を味あわせてもらって、クセになりそうな魅力があります。
9月は高い山を登れる今年最後の季節なので、今月もツーリングが目白押し
10月からはレースが再開します。