2005年03月18日

126・フルートとピッコロヨーロッパの気鳴楽器。発音にはリードを用いず、歌口に吹き込む息の流れで音を発生させる。エア・リイドの横笛。現在の多くは金属で作られるが、原理的に金管楽器では無く木管楽器に分類。フルートのオクターブ高いものがピッコロ。写真の2点は教育用の、シンプル、安価に作られたもの。

take5_55jp at 20:37コメント(1)トラックバック(0)楽器紹介 
0deccb58.JPGアジアの体鳴楽器。牛などの首にぶらさげる鈴。放牧家畜の居場所が音によって確認できる。

take5_55jp at 20:36コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
1abd62ac.JPGアジア、日本の体鳴楽器。仏教儀式で使用。中に舌を持つものを振鈴と呼び、握りの頂点に5つの爪をもつ物を五鈷鈴(ごこれい)とよぶ。読経の伴奏や御詠歌などに用い、歌舞伎では巡礼の場面などに使用。

take5_55jp at 20:35コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
dca8ed07.JPG日本の体鳴楽器。

take5_55jp at 20:34コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
820cbc0f.JPGカリブの膜鳴・体鳴楽器。

take5_55jp at 20:33コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
a530d62f.JPGロシアの体鳴楽器。

take5_55jp at 20:32コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
8e801565.JPGアジア、日本の体鳴楽器。インドの修行僧が山中を歩くときに使ったといわれている。魔除けの効果が有ると信じられ、仏教と共に伝来。仏教の法会や歌舞伎の仏教僧登場時に使用。

take5_55jp at 20:31コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
111ae290.JPGグングール
南アジア、インドの体鳴楽器。小さな鈴が60個ほどバンドに付けてある。男女の踊り手たちが足首につけて踊る。バンドの内側は、やわらかいマット状にしてある。

take5_55jp at 20:29コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
50ecbf6e.JPGヨーロッパの気鳴楽器。円形に巻いた金管楽器。角笛を起源とし長い歴史を持つ。小型でバルブを持たないナチュラル・ホルン。

take5_55jp at 20:28コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
d411261b.JPG気鳴楽器。水牛の角で作ったラッパ。

take5_55jp at 20:27コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
2a8da2d3.JPGアフリカの体鳴楽器。マラカスの一種。籐で編んだカゴの容器の中に、種や小石を入れ振って演奏。ブラジルにも同種がある。

take5_55jp at 20:26コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
99ffcb92.JPG体鳴楽器。円筒形のウッドブロックに柄をつけたクラッパーの一種。柄を振ると両側の玉が円筒に当たり音を発する。世界中の諸民族に同種が認められる。

take5_55jp at 20:25コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
e3188596.JPG南アメリカの体鳴楽器。ヤシ科の植物マラカの実を乾燥させ、中の実を振って音を出す打楽器。砂やビーズを入れたものもある。2つ一組で両手に持って演奏。呼び名はマラカの複数形。

take5_55jp at 20:23コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
ae24a936.JPG日本の体鳴楽器。短冊形の木片を数十枚紐でつづり合わせ、両端に握り柄がある。柄を持ち木片を打ち合わせて演奏。平安時代に作られた田楽に使用。

take5_55jp at 20:22コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
b9298559.JPG南アジア、インドの体鳴楽器。枠の中に小さなシンバルがはめこまれている。多くは2つ一組になっていて、両手に持ち振ったり打って演奏。踊りながら、演奏もする。

take5_55jp at 20:21コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
c6e74575.JPGアフリカ、モロッコの膜鳴楽器。大小二つの太鼓がくっついて一つの楽器になっている。胴部には飲用に使われるコップをそのまま用いている。

take5_55jp at 20:20コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
a014f42d.JPG南アジア、インドの体鳴楽器。砂時計形の両面太鼓。片手に持って演奏する振り太鼓の一種。元来、宗教的楽器で、若い男女の頭蓋骨をセットにし羊の皮を張った。

take5_55jp at 20:19コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
c4453eb8.JPG中央アジア、チベットの体鳴楽器。チベット仏教で神に願いを届け出る道具として使用。瞑想時間の終了を告げるためにも用いられる宗教楽器。

take5_55jp at 20:16コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
21ca0b9c.JPGアジア、日本の体鳴楽器。火の用心の掛け声と共に警告する夜回りに用いる。歌舞伎では幕の開閉、道具転換の合図などに使用。相撲の呼び出し、紙芝居の客寄せなど、生活に密着して用いられている。

take5_55jp at 19:23コメント(0)トラックバック(0)楽器紹介 
9416b877.JPGアフリカの体鳴楽器。

take5_55jp at 19:22コメント(1)トラックバック(0)楽器紹介 
Profile
井筒和幸
札幌市出身。ピアノ調律師。ピアノ調律のほか鍵盤楽器の修復に携わり、1845年製エラールピアノ・岩内町の西川オルガンなど数多くを手がける。「古典調律によるチェンバロの夕べ」等エレガントコンサートを主催し、平成2年度札幌市民芸術祭奨励賞受賞。仕事の傍ら、壊れたさまざまな楽器を独学で修理。直し溜めた楽器を使い「さわれる楽器博物館」を主宰。現在500点余の楽器を保有し、道内外で楽器博物館を開催している。朝日カルチャー特別講座講師「民族楽器の宇宙」「人間と楽器の歴史」や東海大学非常勤講師「体験型博物館の出前」など、ユニークな楽器講座は好評を得ている。井筒ピアノ調律所・工房代表。調律師「若い芽の会」代表。さわれる楽器博物館主宰。
Archives
Categories
  • ライブドアブログ