移動販売車製作マニュアル【0001:移動販売車ベース車両ゲット!】

今年(2012年)の4月を第一目標に移動販売によるメキシコ料理「タコス」の移動販売をすべく、移動販売車を入手するため、業者に依頼したり、ヤフーオークションで下調べすること約半年、ついに、この日がやってきた。先週、繰り上がりの繰上りというかなりラッキー(!)な展開を経て、殆ど、最初の入札額に近い30,1000円という金額で、ダイハツのハイゼットカーゴ(H17年式)を落札することが出来た。

元々予算として考えていた金額は、自動車本体に30万円、調理器具、その他装備一式に20万の合計50万だった。ヤフーオークションにおいて『移動販売車』をキーワードに検索すると、移動販売車に既に改造してある完成品が結構出品されている。しかし、私の設定予算の50万で購入できる移動販売車となると、「年式」や「走行距離」に難がありそうな場合が殆どで、二の足を踏んでいたわけである。

ところが、3月に入って、年式も浅く(H17年式)、必要最低限の機材は積んでありという、掘り出し物が出品されている事に気が付いた。出品自体は2月の中旬で、50,000円からのスタート。気が付いた時には既に28万円位の値段が付いていた。その時は、実は、年式が他の出品車より新しいので「落札は厳しいかな?」と思っていました。「まあ落札出来なくても、その時は仕方がないな」と思って、入札すると、案の定ヤフーの「自動入札」で、すぐに30万まで行ってしまったのだが、その段階では、自分がつけた値段が「最高入札額」だった。

実は、私が入札してから、数時間でほどなく、ライバルの存在を知らせる「高値更新」のお知らせメールが携帯に入っていたので、「まあ、無理だろうな」と思っていた。

実際、仕事に追われていて、オークションの結果も見ずにいました。「まあ、あの車両、設備で30万は無いなぁ」と、落札日の翌日の朝、パソコンに目をやると、そこには「このオークションは終了しています」の文字。そうそう。そこまでは、予定通りだった。ところが目を下にやったその瞬間飛び込んできたのは「おめでとうございます!! あなたが落札しました。」の文字!

「ぇえええええええ〜!本当?」

さて、お金どうしよう、カミサンには「入札してあるけど、多分駄目だと思うよ」と伝えてあったのではあるが・・・。
それから、直ぐ、カミサンに電話をする。

私:「どうしよう、落札しちゃった!」
妻:「何を?」
私:「くっ車、移動販売車」
妻:「ぇえええええええ〜!」


実は、ヤフーオークションのシステムには「入札取り消し」という制度があり、私が付けた入札価格より、上位に2人の入札者が居たのですが、落札日当日の設定時間よりも前に、2人とも入札取り消しを出品者に申し出て、結局、私が入札した金額が、「落札価格」になってしまったのでした。

入札取り消しを申し出た人たちは、それぞれ

「すみません。こちらの都合で申し訳ないのですが入札を取り消して頂けますか?宜しくお願いします。」
「申し訳ありませんが修復歴の内容がわからない為、入札取り消しをお願いします。 」

と申し出て、それを出品者が認められていました。



さて、嬉しさがこみ上げたのは間違いないのですが、これら二人の辞退者が出たということで、実は僕の頭にちょっと「う〜ん?」と思う気持ちが浮かんだのでした。というのも、移動販売車にしては安いと言っても30万の高額取引、更に落札日当日に、上位者が二人もキャンセルする・・・。これは、落札価格を吊り上げる操作の為の入札があったのではないか?という疑念です。ヤフーでは、同一人物が別のアカウントを取り、落札価格を吊り上げる操作を禁止しています。しかし、仲間内で結託して、価格を吊り上げるという行為は、それらの行為をする者が常習的にそういった行為を行うなどしていないと、把握しきれない、現時点では、複数の人間がそれをやれば、どんなに注意しても防ぎようがない事です。

そうこうするうちに、落札に対するお礼のメールが出品者からとどきます。「落札者様の、住所、お名前、電話番号をお知らせください」と。・・・さて、どうしたものか。まず、私がした事は、上位二人のアカウントを調べ(現在ヤフーはアカウントも個人情報と捉え、部分的に伏せている(アカウントが 「peter2012」 だったとすると、直接オークション取引をする出品者と落札者以外のアカウントは 「pete*****」 のように表示される)ので、完全な特定にはならないが、それでも、出品者の出品物に対する過去の落札者履歴を見ることで、怪しい、落札者とグルであるかどうかは判断することが出来る・・・果たして・・・。

入札による落札額の吊り上げに関しては、取り越し苦労でした。上位2人とも、過去の履歴には残っていませんでした。私が次にした事は、出品者が示した、住所等が存在する地名番地かGoogleで検索です。これまた、問題はありませんでした。更に、会社名で検索すると、その方のお名前で、ホームページが出てきました。ちなみに、自動車販売をされている、業者さんでした。ホームページの作りもしっかりしているし、Ju(中販連) という団体にも加盟している所で、安心できました。詐欺を働こうと仮のホームページを作って偽の情報を流すなんてことは、結構簡単に出来てしまいすからね。まあ、たかだか、30万円の為に、そこまでリスクを負うことはありえないと思いました。

ただし、お金を払うのですから、車が到着し、現車を確認するまでは安心できません。念には念を入れて、チェックが必要です。ヤフーに出品されている際に、表示される車及び内装の全ての「写真」をダウンロードしておきました。取引が完了して一定期間が過ぎると、そのオークション自体が削除されたり、写真が削除されたりしてしまうからです。写真は、車が到着してからのチェックの為にも必要です。

そうこうしているうちに、出品者の方から、「車検証」他、自動車の書類が届きました。現時点では、もう、万点を着けられる、出品者のようで安心しています。後は、陸送での車の到着を待つだけです。


3月20日(春分の日)に納車予定です。