ブログネタ
###ラーメン### に参加中!
ぼたん1ぼたん2博多長浜らーめん ぼたん
最寄駅:高田馬場 / 下落合
料理:博多ラーメン / ラーメン一般

以前ちらりと書いた大塚のぼたん@高田馬場店です。
早稲田通り沿い。かの有名な純連さんの並び8月17日に開店。開店前から認識はしていましたが、8月一杯は替え玉券を無料で配っていた事もあり混んでいた為、9月を待っておりました。月が変わって早速訪問。
正直、ラーネタを取り上げるとこちらも東京グルメも急にアクセス数が増えるので人見知りな私は非常に嫌なのですが、地元民として目白・高田馬場辺りのお店は地域経済振興のために応援しています。こちらにも是非頑張って頂きたく、重い筆ならぬキーボードを叩きます。
ぼたん3お店は通りに面してオープン。店内の様子が伺えます。
そのため入りやすさも手伝ってか女性客も多い模様。
本日は初めてだった為、ラーメン@600円の食券を購入。ちなみにこちら、麺ははりがね、ばりかた、普通、やわと4種類、分かりづらいので券売機に「麺の硬さ」がベクトル状に示してありました。
席はカウンター席が10席くらい、テーブル席が4人掛けx2つかな。
テーブルの上には辛し高菜、ニンニクなどのポットが。ティッシュも壁に張り付いています。新店なので清潔感もあり、確かに女性客でも入りやすいです。カウンター席にはしっかり足をかける場所があって(立ち飲み屋さんみたい)、こうゆう細かい心配りも嬉しい。
カウンター席に座ろうと思ったら、無理やりテーブル席に通されました(苦笑)。本当はカウンターから厨房の様子が見たかったのですが、何もそこまで意固地にならなくても。。。新店なのでかなりサービスは硬いです。
ぼたん5ぼたん6
【ラーメン@600円】待ち時間2分くらいで運ばれてきました。きくらげとあさつきがたっぷり。フルフルした(脂多めという事)の叉焼が一枚乗っています。香りはかなり豚。豚臭が強烈だったので心配しましたが、でもスープをすするとそれほどでもなく。むしろミルキーとも表現できるくらいマイルドで、こくはありますが比較的控えめな味わいです。でも少々旨みが足りない。その上、脂が浮いていないのであち゛っ!という感じではなく、少々スープのぬるさが気になります。丁寧にレンゲで下からスープをすくって頂くと、飲み干した時に唇に魚系のざらっとしたものが残りました。
麺は極細。スープも麺も、どことなく「なんでんかんでん」に似た印象。といってもなんでんかんでんなんて、かれこれもう何年も行ってないので、あくまでイメージです。いずれにしてもかなり麺が細いので、1−2分で食べきる自信がなければ麺はバリカタくらいにしておいた方が全体を通して柔らかくなり過ぎず、いいかもしれないです。
叉焼は見たまま。半分以上脂です(笑)。駄目な方には辛いかも。
ぼたん7
【ねぎラーメン@750円】
ねぎの量は確かに多いのですが、正直ラーメンとの150円差がどこにあるのかは少々謎。でもなぜか女性客の多くが(といっても三人ですが)これを頼んでいました。
ちなみにチャーシュー麺は850円。替え玉100円。麺の硬さによる値段の差はなし。ご飯メニュも充実です。

細いせいもありますが、ヴォリューム控えめに見えます。スープも比較的あっさりしているのでするすると胃に収まり、あっという間になくなってしまいました。男性だと物足りないと思います。だから替え玉もやっているのでしょう。4時(28時)までやっているそうですが、味的にも量的にも、呑んだ後に頂くタイプのラーメンという感じでした。
二郎、純連の並びだから堂なのかなぁ、きちんとマーケティングしているのかなぁと思っておりましたが、それぞれ方向性が全く違うので、競合する事はなさそう。太麺こってり好きの私のテイストではないし、爆発的に流行るタイプではないと思いますが、差し障りなくて押さえにいいかもしれないです。
が、営業中のお店でサービスの練習はよくないですね、皆見てるんだから、「このオーダーはこう通せ」なんていう講習は裏でやって欲しいもの。その熱意は買いますけどね。