March 25, 2008

森幸四郎1森幸四郎2森幸四郎
最寄駅:東京 / 日本橋 / 京橋 / 三越前
料理:和菓子
和菓子 - livedoor Blog 共通テーマ

昨年の大丸さんのリニューアルオープンの際、新しく1Fに登場した森幸四郎さん。
通常、自分が口にした事がないものをお土産にお持ちする事は絶対にないのですが、
「美味しい。並ばないと買えない。」というこちらのカステラ。
並ばないで購入できてしまった事があり、自分は食べた事がなかったのにそれをお土産にしてしまった事がありました。
それ以来、カステラが残っている時間帯にこちらに人が並んでいないのを見た事はなく。
それどころかそれ以来、私が伺う夕方にはどら焼きすら残っているのを目にする事がなくて。
そんなこんなですっかり忘れていたのですが、その名前さえ忘れかけていたつい先日、そのカステラのお礼にアッシュの焼き菓子を頂いて思い出しました。
人の名前みたいですが、お店の名前です。
森幸四郎さん。

ちなみに「森」さんとは。
「カステラを焼き続けて50年」のカステラ職人にして銀座文明堂の最高技術顧問を務めている「食の人間国宝」なんだそうです。だから製造元は文明堂製菓さん。「森幸四郎」は文明堂がのお菓子作りの集大成として打ち出した、「どら焼きとカステラだけを売る」新ブランドなのです。
森さん、凄いですね。
カステラとどら焼きだけで、そんなに人々を興奮させるんですから。
ちなみに、私にこちらのカステラを薦めてくれた友人は、allaboutの記事でこちらの事を知ったそうです。
そのallaboutの記事はこちら。→ フード・マイスター「森幸四郎」大丸東京店
私のどら焼き感想文は、「続きを読む」からお願いします。




森幸四郎3森幸四郎4【どら焼き@210円】
その森幸四郎さんのどら焼きは、生地は30%卵黄を増量、粉をぎりぎりまで減らして風味とコクを増し、共立てし、和三盆とイギリス産の蜂蜜を使用と何かとこだわったもの。
色が綺麗に出なかったのと、あまりに小さくてよく分からないかもしれませんが、生地に細かーい気泡が沢山出来ていました。
ホットケーキを焼いた時に出来る気泡みたいですが、もっともっと小さいです。
針でぷちぷちと袋に穴を空けたような、そんな気泡。
持ってみると「ふわり」というよりは「ふんわり」した手触りです。
指がその生地にじんわりと沈み込みました。
直径は10cm弱。
濃厚なたまご、適度にバターの塩気が効いた、ふんわりとした食感の洋菓子的な味わいの皮です。ジェノワーズだからでしょうか。

森幸四郎5森幸四郎6自然に口が開いています。
餡は粒餡。
甘さは適度、素材の味もして、極々ナチュラルな味わい。
キレのある餡の甘さと生地の塩気のバランスがいいです。
正直、期待した程ではなく、「目が覚めるような」美味しさではありません。うさぎやさんで受けるような衝撃はありませんし、亀十のような個性もありません。
が、非常にナチュラルで上品な味わいで、素材の味わいと、それからとにかくバランスのよさが際立っています。
当たり障りがないといえば当たり障りがないのですが、「王道」といった味わいで、手土産にするのみぴったりではないでしょうか。
甘いものが嫌いじゃない方で、「ここのどら焼きは嫌い!」という方はまずいないと思いました。
薄紙に包まれて、楚々とした印象もいいですね。

「美味しかったよ!」と言ってもらった「五三カステラ」も気になります。
なにより、どら焼きを食べてみて、カステラを差し上げたのが間違いでなかった事が確認できたのはよかったです、ほっとしました(笑)
それにしても、人に上げておきながら自分が未食っていうのはないよね。
カステラ、早く手に入れて食べてみなきゃ。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 食の人間国宝が作る、どら焼きってどんな味?@森幸四郎  [ 心に美味しい食べ物探し ]   May 09, 2008 11:42
なにやらどのお店も人が多いのですが、大丸東京店の中に出店したお店の中でも明暗が分かれてきたように思います。広いけど直ぐ買えるところ、狭いのに行列のところ...。 狭いのに人が絶えないというか、密かにプチ行列になっているところがあります。 それが、食の人間国...
4 前回はどらやきを頂きました森幸四郎のお菓子。今回はカステラの感想について書いてみたいと思います。 箱は白い和紙のようなもにのに包まれていて、紅白の細い紐で括ってあります。 結び目はこんな感じで、和風な結び方。 ちょっと神社の雰囲気。 一見するとコレが....
3 歌舞伎座近くを用事があって歩いているときに見つけました。 あれ?そういえば、ここの近くには文明堂のカフェがあったはずなのですが・・・ビルが改装中でこちらで仮店舗営業をしているようです。 文明堂は長崎で中川安五郎が創業し、大正11年に東京へ移転。大正14年....

この記事へのコメント

1. Posted by あんころりん   March 22, 2010 16:43
5 ホントに今さら…。一昨年の記事ですみませんがリンク&TBさせていただきました。細かな描写がとても参考になりました。
それから遅くなりましたがサイドバーのリンクありがとうございます。
こちらのものすごくわかりにくいサイドバーで恐縮ですがリンクさせて頂きました。今後もどんどこ参考にさせていただきます、のでよろしくお願いします。
2. Posted by たけ   March 22, 2010 23:01
あんころりん様

いつもいつも拝見しております
こちらこそ、リンク、ありがとうございます
いつも楽しく勉強させて頂いております
そんなあんんころりんさんに「参考にな」ったなんて頂けて、嬉しい限り!

相変らず相性が悪いようで、せっかく飛ばして頂いたTBがうまく反映されず申し訳ありません
これまたこちらこそ、どんどこ参考にさせて頂きますので、よろしくお願いします

コメントする

名前
URL
 
  絵文字