December 05, 2008

ババガンプシュリンプ1ババガンプシュリンプ2「Life is like a box of chocolate」で始まるあの映画。
そう、フォレスト・ガンプ(Forrest Gump)。
邦題は何故か「一期一会」です。
アカデミー俳優のトム・ハンクスが主演して大ヒットした1994年のハリウッド映画。
ちなみに監督は、現在パーキンソン病で苦しむマイケル・J・フォックス(Michael J. Fox)主演「Back to the future」を監督した事でも知られるロバート・ゼメキス氏です。
ちなみついでに。
このForrest Gump。
Gumpはフォレストのファミリーネーム(苗字)ですが、と同時に南部の方言で「間抜け」みたいな意味があり、「うすのろフォレスト」とか「お間抜けなフォレスト」というような意なんです。
このご時勢に映画のタイトルに「うすのろフォレスト」って。
まるで「ちびク○サンボ」みたいで驚くよね。
閑話休談。

ということで。
その映画をモチーフに作られたのがこの「ババガンプシュリンプ」というレストランです。
この映画が好きな事もあり、ずーっと行ってみたかったお店。
彼の希望もあって、裕子ちゃんを誘って伺いました。
週末の夕食時、私たちは予約して伺いましたが、同時に19時頃入店したお客様は
「90分待ちです」と言われてあっさり退散。
そりゃ当然だわ。。。

フォレスト・ガンプ 一期一会(DVD) ◆20%OFF!
フォレスト・ガンプ 一期一会(DVD) ◆20%OFF!


ババガンプシュリンプ3ババガンプシュリンプ4「まずはビールだよね〜」なんて言いながら。
数種類あるビールはどれも3サイズ。
その中から思い思いのものを、しかしみんな揃って真ん中のサイズをオーダーです。
大きな方がお得ではありますが、あまり量が多いと途中で温くなっちゃうものね。

お料理は「お薦めマーク」の付いたものからセレクトしました。
まずはアペタイザーのこちら。
シュリンパーズネットキャッチ@2280円。
シュリンプをビールで蒸したものです。
が、お値段の割りに量が。。。
何かの間違いじゃないかと思ってしまいました。
フレイバーはガーリックとケイジャンとがありますが、特に薦められたガーリックを注文。
美味しくなくはないけれど、量が少なかったりワタが抜いてなかったりで、満足度としては中の下という感じかなぁ。

ババガンプシュリンプ5ババガンプシュリンプ6シュリンプのサラダ、シュリンプコブサラダ@1680円。
これはいい感じの量ですよ。
割と大き目のお皿にたっぷりのお野菜、そしてシュリンプ。
随分香りが―と思ったら、ブルーチーズの塊が散見されました。
このざつぅーな感じがいかにもアメリカンなんだけど、個人的にはこうゆうのって大好きです。
一人で抱えて食べたいくらい。
そういえば、他の国の方はわかりませんが、アメリカ人ってこうゆうお店でも滅多にシェアってしないんですよね。以前、アメリカ人の友人とこちらの系列の別のアメリカンのお店へ行った際、その友人が
「私はこのサラダ。それだけでいいです。(I will have the salada. That's it)」と言って。日本人なら2−3人でシェアするであろうサラダをオーダーして一人で抱えて食べていたのを思い出しました。

いずれにしても、このサラダはブルーチーズ嫌いの方には向かないです。

ババガンプシュリンプ7ババガンプシュリンプ8海老フライ、ママブルーの南部風フライドシュリンプ@1880円。
フライの量も多いですが、クッションになっているフレンチフライの量が半端じゃないです。コールスローサラダも美味しいし。
その上、海老フライの食感!
これが凄いんです。
口の中が切れるんじゃないかと思いました。
が。
これが面白いえば面白い。
ちなっみにフライのソースは2種類です。

このあとベイビーバックリブを頼もう!なんて話をしていたのですが、ここに至る過程で既に満腹中枢が警報を鳴らしておりました。
ということで、デザートに移ります。

ババガンプシュリンプ9ババガンプシュリンプ10デザートは均一料金。
一品@980円は若干お高め?
ですが、ヴォリュームたっぷりなので、2−3人なら一つ頼めば充分です。
甘い物大好きな三人をもってしても、2品はtoo muchでした。
というより、このショートケーキがねぇ。。。。
この苺のケーキ、ケーキというネーミングから想像した”スポンジ”生地じゃないんですよ。
「スコーンですか?もしくはビスケット?」という印象の食感のそれは、食後に食べる種類のものではありませんでした。。。

19時に入店しましたが、デザートを食べ終わって気づけば22時半。
フォレストと同じように”駆け抜けた”3時間半でした。
「注文の時や食事が終わった時はテーブルにおいてあるプレート"Run Forrest Run"を”StopRorrest Stop"にひっくり返して下さい」と店員さんに言われたんですけど、そんな事をする暇なく閉店時間を迎えしてしまいました(爆)

それにしても、いやぁ楽しかった。
お食事が美味しかったというよりはおしゃべりが楽しかったんですけどね(笑)
いずれにしても素敵な時間が過ごせました。
ご一緒してくれた裕子さんには感謝感謝。

採点:★★★


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

GREEの”ランチでグリる文京区”で前々から気になっていたシュリンプ屋さんに入る。大人数だからこそたのめるメニューを試せて大満足。写真は一番美味しかったシュリンプのビ...

この記事へのコメント

1. Posted by マッシー益子   December 05, 2008 18:50
水道橋のババガンプは大人気なんですね〜。

ららぽーと豊洲のババガンプはいつも空いていて、
心配になるぐらいです...。
2. Posted by たけ   December 07, 2008 08:23
マッシー益子様
えー豊洲、空いてるんですか?!
今度行ってみようかな
水道橋はいつも混んでるみたいです
友人に上の話(夕食時に90分待ち)という話をしたら
「普段から普通に1時間くらいは待つよ」と言われてしまいました

全然この記事とは関係ありませんが、
私はマッシーさんのところで拝見してからカリカリが気になっております

コメントする

名前
URL
 
  絵文字