ブログネタ
中華料理 に参加中!
年も押し迫った12月のある日。
ライブドアグルメの公式宴会(忘年会)があるのですが参加しませんか?とお誘いを頂き。
通常、オフ会はお誘い頂いてもお断りしているのですが、旧東京グルメからのユーザーさんが多いとの事で。
久しぶりに皆さんにお会いできるという事もあって勇んで参加させて頂きました。
場所はもちろん(?!)こちら!!

鴻運1


SL広場で待ち合わせ、会場である鴻運新店に到着したのは13時ちょっと過ぎ。
裏手から入場すると会場である二階へ続く階段が目の前なんですけどね。
正面入り口から大挙して入っちゃったもんだから、狭い店内、他のお客さんの邪魔になってしまったりして。

鴻運鴻運3急な階段を上がって二階へ。
到着すると既にあの方が会場入りされていました。
あの方って言ったらあの方です。
いつものようにママチャリでいらっしゃっていました。
そんなこんなで、持ってきて下さった泡が若干スパーク気味(爆)

あぁでもそんな事はお構いナシで。
昼真っから泡ってやっぱりいいですな。
会の頭にライブドアグルメの高柳さんからグルメの今後の予定・展望など伺いながら、でも手はしっかり泡を握ってます。

鴻運4鴻運5「おつまみが一杯だぁ」と歓声を上げていると。
「上海料理は前菜が多いですよ」
とお母さん。
相変わらずお元気です。
この鶏も美味しいけれど、今回秀逸だったのは山盛りのマコモダケ。
いつものきゅうりの塩和えも仄かに胡麻油の風味がしてやっぱり美味しい。
ピータンみたいなどこにでもある一品も、こちら、かなりレベルが高いんです。

鴻運7鴻運8それからマナガツオ。
佃煮にも通じるところがあります。凝縮感があって旨みたっぷり。
この頃には泡もそこをつき、紹興酒へ移行。
この前菜の数々、白いご飯もいいけれどお酒が合うんですよねー。
会の趣旨も忘れ、ライブドアの方々に
「これ、美味しいでしょ。こっちも美味しいから食べてみて」なんて近所のおばちゃんみたいに食事を薦めながら、人目を盗んで紹興酒を手酌しちゃいます。

鴻運9鴻運10椒鹽茄子。
薄くスライスしたナスに衣を付けて揚げたものです。
定番ですがこの甘く、しかしスパイシーな味付けとさくさくっとした食感がたまりません。

海老とブロッコリーの炒め物。
ありがちな組み合わせですが、海老のこの絶妙な火の通し具合、そしてこの出汁が美味しいのです。

鴻運11鴻運12ホタテはブラックビーンの肉味噌が美味。
若干しょっぱく、この塩気に益々お酒が進みます。
この肉味噌は他の食材ともいい相性でしょうね。

こちらに伺うのは3度目ですが、餃子は初めて頂きました。
正直いって、これは普通?
そういえば。
こちらのお店に対する某グルメサイト上のコメントに。
「某グルメサイト(疑う余地なく東京グルメの事です)で惜しみない賛辞が投げかけられている同店(鴻運の事です)。だか、何度か行ったもののそれ程ではなかった」ってなのを拝見したのですが。
そうゆう方に限って、ランチで餃子とか回鍋肉みたいなお料理しか召し上がってなかったりするのでですよね。。。。
中華って、ある意味フレンチやイタリアンよりわかり辛いと思うのです。中華こそ、きちんとした方に師事して、きちんとしたお店に行って、きちんとお金使ってきちんとしたものを食べて訓練をつまないとなかなか身につかないように感じています。なのでこうゆう会で色々なお料理を食べさせて頂けるのは本当にありがたいです。

鴻運13鴻運14これは初めて頂きましたが、中華でもこうゆう風によくカレーを使うんだそうで。
ポテトと鶏の炒め物。
あまりスパイシーではありませんが、ポテトのほっこりとこの味付けがよく合っていて。
これは紹興酒よりビールがいいマリアージュ。

筍とザーサイの炒め物。
あっさりした味付けで、食材のナチュラルな味わいが活きています。

鴻運15鴻運16いよいよ佳境に入ってまいりました。
呑み放題にしてもらったもので、会もいい感じに盛り上がっています(笑)
東坡肉のようなトロトロの豚肉とタロ芋の組み合わせ。
とろりんとしたタレからは仄かに八角の香りがしていましたが、外観に似合わぬ上品な味わいです。”あまり粘りのない里芋”といった感じの”ほくっ”としたタロ芋が、このとろりんと柔らかく煮込まれたお肉といい相性。

私が少々失礼している間に、来た、来ました葱油拌麺。
この甘香ばしい感じが好きなんですよね。
中華版の油そばという感じでしょうか。意外にあっさりでするするっと胃に収まっていきます。

鴻運17鴻運18麺が出たのでこれで終わりかと思ったら。
何人用ですか?と問いかけたくなるようなおーきな土鍋が登場しました。
何鍋だかよく分かりませんでしたが、具も美味しいけれど何より秀逸なのはこのスープ!
あっさりした味付けですが極めてしっかり出汁が出ていてコクがあり。非常に地味深くて、このスープだけでも購入したいくらいです。
タッパー、持っていけばよかったなぁ。。。

デザートまできちんと頂きました。
クレープのような薄い皮に餡が挟まっています。さくっと小気味いい音を立てる皮は重曹でこの歯ごたえを演出しているとの事。歯ごたえも重要なので、供されたら温かいうちに、さくさく感を楽しみながら一気に頂くのが丸です。

ひやぁぁよく頂きました(といっても、私はこの後さらに牡蠣とシャンパーニュを楽しみに銀座へ繰り出したんですけどね・爆)
東京グルメを出発点にしているライブドアグルメの弱点は地方グルメ。登録して自分がコメントを上げてもそれに続いてくれる方がいらっらなかったり、基礎情報に変更があってもなかなか更新されなかったり、こういった問題を解決するにはどうしたらいいんだろね。皆でサロンバスを借りて大挙して押しかけ、皆で数店のお店に集中して一気にコメントを上げたらどうなんだろう。なんて話が出たり。
玉石混合のコメントやユーザーさんの中で、本当に価値あるコメントやパワーユーザーさんを浮き立たせるにはどうしたらいいんだろう、なんて話も出ましたっけ。
最近は後発のグルメサイトに押され気味ですが、ライブドアグルメは私のグルメ道の道標のようなサイト。このサイトを通じて沢山の大切な先輩や友人に出会いましたし、素敵なお店に出会いました。
”コメントする為に食べる”、”ポイントが欲しいから沢山のユーザーさんに声を掛けてギブ&テイクを促す”なんてユーザーさんも最近は多いようですが、大切なサイトの行く末を見守りつつ、私はゆっくりのんびりお付き合いさせて頂ければいいな、なんて思っております。
会を開いて下さったライブドアグルメの皆さん、ご一緒させて頂いたユーザーの皆さんには感謝感謝。また来年、公開ヴァージョンのお会いしましょう!

採点:★★★★★