February 14, 2009

「池袋の西武(東武?)に入っているゴンチャロフに行ったけど、アニマルショコラが売ってなかった。。。」としょげていた友人をふと思い出し。
チョコレート売り場はどんな様子だろうなぁと思い、野次馬根性丸出しで高島屋へ足を運んでしまいました、休日にしてヴァレンタインの本日。
以前も書きましたが、アニマルショコラは高島屋とのコラボ商品なんです。製造元は「高島屋」。ゴンチャロフの店舗へ行けばどこででも手に入るという代物ではございませんのでご注意下さいまし。それから、高島屋の中でも横浜など一部の店舗は店舗限定キャラクターの取り扱いがあるみたい。来年の参考にしますので、もし横浜店の「オカピ」や大阪店の限定商品を手に入れた方がいらっしゃったら、ご紹介いただけると嬉しいのです。

私はウィークデーに用意しておいたので全然待たずに購入する事が出来ましたが、本日のアムールドショコラは予想通り大混雑で。
その中でもこちら、ゴンチャロフの「アニマルショコラ」の実演コーナーは黒山の人だかりでした。
ちなみに、私が用意したチョコレートはこちら(↓)。
そしてまだ静かだった1月の売り場とブースの様子はこちらから。

アニマルショコラ1




ゴンチャロフは創業1923年、神戸の老舗洋菓子屋さんです。そのゴンチャロフさんが毎年、高島屋とのコラボ商品としてヴァレンタインの時期に期間限定で発売し、人気を集めているのが「アニマルショコラ」。
3個入り、4個入り、5個入り、6個入り、そして全部(8個入り)とありますが。

アニマルショコラ2アニマルショコラ3私が購入したのは8個入り@2100円。
お値段もお手ごろで嬉しいのです。
その上、一つ一つ手作りで。
一匹一匹表情が違います。
見て下さい、このピースの鼻!
ハート型になっております。
一匹一匹に命が吹き込まれる工程を眺めるのも楽しいんですよね。

アニマルショコラ4アニマルショコラ5可愛いだけじゃなく、お味もなかなか。
キャラクターごとに味も異なります。
丁寧に作られて、作業の細かさだけでなくショコラとしてのレヴェルの高さにも目を引くものがあるんです。
ちなみに昨年我が家で人気があったのはピギー(豚)とモンキー。ピギーはヘーゼルナッツのクリームをストロベリーのショコラで、モンキーはキャラメルチョコのクリームを黄色く着色したショコラでコーティングしています。

とは言え、箱を開けると皆揃ってこっちを見ているんですよ。
「こんなうるうるした目で一斉に見られて目が合っちゃったら、なかなか食べられないよね〜」という話に毎年なります。
なるのですが。
「夕ご飯の後、今日のために取っておいたシャトー・ラトゥール97と一緒に頂こうよ」という話になった瞬間、
「じゃぁどれがいい?僕は今日は、ピースとピギーを食べよっかなぁ」ですって。
私もピースとピギーが頂きたいんですけど。。。

さて、今夜の戦いの行くへはいかに。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あにまる   February 10, 2011 00:15
製造もゴンチャロフだ。
高島屋は作ってない。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字