September 15, 2010

9月11日にリニュアルオープンを果した銀座三越。
先日も書いたのだけれど、そんな事とはつゆ知らず。
たまたま前を通り掛ると、増床部分に派手なお酢屋さんを発見。
お酢なんてあまり興味ないのだけれど「エキスプレスビール」(それも380円!)の文字に惹かれ、思わずつられて入店しちゃった。

創業は明治9年。お酢の老舗「内堀醸造」が放つお酢専門ショップ&カフェ「OSUYA」さんです。
「飲むお酢専門店」だそうですが、それにしてもまぁ、いつから世の中、こんなにお酢を飲むようになったんでしょうねー

OSUYA 1


blogranking ← 今日もよろしく!(^∀^)

伺ったのはリニュアルオープンした日の調度お昼ころ。
築地から銀座駅を目指して歩く途中、あまりの天気のよさにのどがカラカラ。
できればカフェみたいなお店に入って、軽くビールでも一杯飲みたいなぁと思っていた矢先に、増床した部分の一階、それも大通りに面したとてもいい場所にこちらを見つけたの。
オープン当日はみんな物珍しそうにお店を遠巻きに眺め。お店の前でパンフレットなど受け取りながらも、勇気を出して入店する人は少なくて。

私も「へー、これって東京駅のグランスタに入っているお店だねー」なんて思いながら通り過ぎるところだったのですが。
ちらりと目の端に入った「ビール」の文字に思わず足をとられました。。。

「カフェ」とはなっているものの店内は極めて狭く。
通りに面して張り付くような構造になっていました。
様々な「飲むお酢」を扱っており、ウィンドウショッピングにはぴったりだけれど、ゆっくりするのは厳しいかな。

OSUYA 4OSUYA 2【エキスプレスビール@380円】
「こちらのドリンクも甘みの中に最後にお酢の酸味がー」とか
「このアイスも、実はトッピングの小豆にー」とか。
恐らく「酢ムリエ」さんと思われる方が左の肩越しに色々とご紹介下さったのですが。
それを笑顔で伺いながら、前にいた方のお会計が終わってレジから退き、番が回ってきた私の口をついて出たのは
「エキスプレスビール下さい!」
迷いなく、淀みないこのオーダーッぷりに、小さなカウンターの向こうでまだ慣れない様子で働く売り子さんたちも一瞬こちらをちらり。

まずはサーヴァーからビールを半分強注ぎ。
そこへ適量のお酢を投入すると、よくよくかき混ぜてからビールを追加。
頂いてみると、アタックにはお酢の酸味はまったくなく。
少々”ひやり”とした喉ごし、飲み口はとてもシルキーで、これがものすごーく飲みやすい。
最後に喉の奥に軽めの酸味を感じるのだけれど、決して過度ではなく、むしろ夏の暑い日にはありがたい心地いい刺激なの。
あまりの飲み口のよさに、思わず三口で飲み干しちゃった。

で、これは面白い☆と思ってお土産に一つ購入。上の写真ね。
350ccに一つくらいが調度いいらしいのですが、ちなみにお値段は250円。
ビールが一缶200円ちょっとである事を考えるとややお高めな印象は否めませんが、ちょっとしたお土産にしても面白いんじゃないかなと思います。
そうそうそれから、個数限定で飲むお酢6本+レーズンサンドのセットを2000円で提供していた為、こちらも購入。
60ccの瓶が大体一本600円くらい、4倍くらいに薄めて飲むので大抵一度に瓶の半分くらいは使うと考えるとこれまたお高めではありますが、半値で購入できたと考えれば気分がいいじゃないですか。
そんなこんなで、ここ最近のたけは毎日お酢を飲んでいます。
まだ特に効果は感じないけれど、これを飲み終わる頃には何かいい事があるかなぁ。



関連ランキング:カフェ | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅




  • mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字