October 13, 2012

何年か前にシャンパーニュ地方を旅した時の事。
フランス入りする日程が相方と違ったため、ランスで待ち合わせしたことがあって。
その際、一人でランソンを訪問した彼が仲良くなったのがカストディアン・ファミリー(そのメゾン内に済んでいる管理人さんのような家族)。
今回はそのご家族を訪ねるのが目的だったため、ランソンについては事前予約も何もなく訪問。

KRUG訪問の後はランスの大聖堂周辺のシャンパーニュ店めぐりを楽しみ、ランソンに到着したのはすでに16時も近い時間でした。

france4_21



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P

入口が見つからず裏門から入っていくと。
なんとも運よく、相方の友人オリビエが作業をしており。
相方が「オリビエ〜!!!」と叫ぶと、オリビエはビックリした様子で、しかし直ぐに相方を相方と認識して「おおおおおおおお」となりました。

17時で仕事が終わるから、そしたらうちでシャンパーニュを飲もう!とのこと。
で、彼は私たちを建物の中へ誘導し、今まさにセラーツアーに出発せんとする女性担当者に事情を説明して、私たちをそのツアーに入れてくれました。
「最後はサロンで試飲だから、そこで待っててくれたら迎えに行くから」と言って笑顔で消えていくオリビエ。

france4_16france4_17


裏口付近に広がるヴィンヤードはこんな感じ(↑)。
この葡萄で「Clos LANSON」という自社畑葡萄の特別なキュベを作るそうです。

一緒のツアーだったのはスイスから来ていらしたカップル。
前を歩くこの女性が、後から私たちに非常にショッキングなニュースを教えてくれることになります。
が、この時はそんなことなどつゆ知らず。
「派手なタンクねー」なんて話ながら2カップルで仲良くセラー内を見せてもらいます。
ちなみにこちらのセラーは地下じゃなくて地上。
地形の関係だそうです。

france4_19france4_18


さすがに巨大メゾン。
直前に訪問したクリュグとは対照的に、なんでも大きくて近代的。
ルミアージュはもちろんジャイロパレットで、それも数が半端じゃない!
積み上げらえたシャンパーニュのボトルが圧巻です。クリュグの平均年間生産量が約50万本なのに対してランソンは600万本以上というんだから、そりゃまあ凄い。

約1時間のツアーで製造工程の説明と共に作業現場や研究室などを見せてもらい、最後はバーに戻って試飲。
全てのラインナップを試飲させてくれる太っ腹さでした。
と、その時にスイス人の女性が私の話の端っこから
「あら、あなた日本から来た日本人なの?ご家族も日本?大丈夫なの?TVで見たけど大変じゃないの」
確かこの日は3月12日。時差があるのでもしかしたらもう日本は日付が変わって13日になっていたかもしれません。
フランス、特にシャンパーニュのような田舎では英語のチャンネルが少ないため、TVを全く見ていなかった私。なんのことだか分からず、おうむ返しに「大変?」
「TSUNAMIよ。確か日本の北の方っだと思うけれど…」
そのうち時間になり、オリビエが私達を迎えに来てくれて、みんな揃ってその場を引き払い。

france4_20france4_15


スイス人夫妻に「よい旅を!」と別れを告げ、オリビエ邸でご家族に挨拶をしたり、シャンパーニュ(もちろんランソン)を頂いたり、お土産にブルとボルドーそれぞれ一本ずつ赤ワインも頂いて。
何より、オリビエの奥さんも相方同様ミュズレコレクターとの事で、二人意気投合していましたっけ。
しばし再会を楽しんだ後、ベビーシッターしている子供の世話があるとの事だったため、それを潮に私たちは退散。

人の縁って本当に不思議なもので、どこにどんなに素敵な縁が転がっているのか。本当にわからないものです。
素敵な出会いとオリビエ、彼のご家族のご厚意に本当に感謝かんしゃです。

で、そんなこんなですっかり”大変”なことなど頭の片隅からも滑り落ちてしまった私。
ですが、翌日パリに戻り、TVを付け、日本が大きな地震と津波に襲われたことを配慮ない海外メディアの映像で初めて知ることになったのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by フォルナリーナ   January 03, 2013 16:14
ランソンって、すっきりと美しいシャンパ(ーニュ)ンだと思うのですが、何かが・・何かを忘れた・・置いてきちゃった・・って感じがするんですが・・。
いかがでしょうか。
ノーブルキュベは、お安くて、NVとはタイプが違いますよね。
3. Posted by たけ   January 04, 2013 21:39
フォルナリーナ様
そうなんです!ノーブルキュベってNVからは想像できない美味しさですよね
とはいえ乳酸醗酵させない(マロラクティック醗酵させない)製法を創業来守り続けているメゾンと言う意味においてはとっても貴重

ちなみに数年内にランソンの自社畑のみの葡萄で作られた「クロランソン」なる珍しいキュベがリリースされる予定とか。
数千本のみの製造らしいので一体いくらのお値段設定になるのやら。。。

コメントする

名前
 
  絵文字