January 23, 2013

ブルゴーニュ出身のリシャールさんのお店。

数年前までは新丸ビルの地下や、プランタンの地下で見かけたりすることもあったんですけどね。
今では荻窪の本店と東中野店だけになってしまいました。
同じく荻窪にある「ブランドミュゲ(Brin-De-Muguet)」も同じオーナーのお店です。
最近伺ってないなあ(遠い目)

ジャルダンゴロワ1



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P

ギンザ通り沿い。
私がよく利用するピッツェリア「チーロ(CIRO)」の真向かい位にあるお店です。

フランス惣菜を売るお店は、「フランス」という響きから想像するよりとっつきやすい商品を、それもお手軽な価格で提供してくれて。
その上、定休日の前日・日曜日ともなれば、私が買い物に繰り出す夕方には色んな商品が3割引になっていたりする極めて日本的なお店なの。
正直「美味しい!」という商品がある訳じゃないのですが、”らしい”お料理が気軽に購入できるお値段でいつでも手に入るというのがありがたい。
ということで、通りかかる度に何か購入したくなるんだよね。

ジャルダンゴロワ2ジャルダンゴロワ3


左の緑のは、こちらにおける私の一押し商品、オリーブ。
手作りのジェノベーゼはバジルの味わいくっきり、このオリーブのソースが美味しんです。
茹でたてのパスタにれをこのまま和えるだけでも立派な一品になるの。
テリーヌ類は冷凍なので、水っぽい事が多く、はっきり言ってビミョウなラインですが、このオリーブはお奨め。
ちょっとお高めですが気に入ったら瓶で購入してもいいし、ちょっと試してみたいなら小さなパックを200円程度でl購入する事も可能。

右のガナッシュは1Pの定価が通常400円くらいなのですが、一つ買おうと思ったら
「半額になっているので、2つ購入しても通常の1つと同じお値段ですよ。だから2ついかがですか?!」なんてお奨めをお店の方から頂き。結局2つ購入。
まぁ「見切り品」として価格が下がっているわけで、このガナッシュ、実はやや乾燥気味だったのですが、フレッシュだったら濃厚で香りだかいガナッシュが楽しめそうだなあと想像を掻き立てられ、次回はきちんと定価で購入することを誓いました。

ちなみにトップの写真は毎年この時期のお楽しみガレット・デ・ロア。
フェーブを手に入れ今年の福女・福男となるのはどちらか?!その勝負を楽しみにしていましたが、こちらのガレット・デ・ロア。ふたを開けてみると、フェーブがパイに入っていないどころか(別添えになっていたためそれは分かっていたけれど)、フェーブの化身「アーモンド」も入っていなかったのです orz
じゃぁフェーブは誰のものになるんでしょう。。。

派手に展開するタイプではなく、近所の「家のみ派」の皆さんをきっちり支えて欲しいお店。
というのが私がこちらに期待する位置づけです。
ずうずうしけど、結構重宝しているので頑張ってほしんだよな。



関連ランキング:フレンチ | 東中野駅落合駅中井駅




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by モリケン   January 24, 2013 12:42
5 ご無沙汰していま〜す。

荻窪のお店もこちらのお店もよく行きます。

ついでながらCIROもいつも混んでいますが、よくお世話になっています。

どこかで、お会いしているかもしれないですね(^o^)/
2. Posted by たけ   January 24, 2013 23:28
モリケン様
おぉぉぉぉ〜〜、お久しぶりです!!
お元気でしたか?!

色々と縁がありますね〜
個人的にはこちらより荻窪のお店の方がお店に活気があって好きなんです
それにしてもCIROはよく混んでますよね
二階のお店がいつの間にか変わりましたが、以前の様に二階もCIROになっちゃえばいいのに!って思わずにはいられません

私、こちらではいつも同じワインを飲んでます
のび太くんみたいな男性とちっさい女性が威勢よく飲み食いしている姿を見かけたらぜひ声を掛けて下さい(笑

コメントする

名前
 
  絵文字