December 13, 2015

こちらをフェイスブックで知って、
「行ってみなくちゃ!」と思っていたのです。

とはいえ場所は札幌。
流石にシャンパーニュを呑むためだけに札幌入りするわけにもいかず。
そんなこんなで約半年。
フェイスブックで見かけたのは
「年内で閉店」のショッキングな文字でした。

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P

だからって訳じゃないのですが、同じ週に好きなアーティストのライブやプロモーションが札幌でありましてね。
ちょうどいい機会だったので一路札幌へ。
となればもちろん、こちらへ伺わなくちゃ。
エアポート快速までの1時間、向かうはChampagne Bar Eleve (エルヴェ)です。

場所はすすきのと聞いていましたが、すすきののかなり外れ。
中島公園に近い所で、今年の夏に北海道マラソンで通ったあたりでした。
ホテルの1Fです。
ホテルのオーナーさんがシャンパーニュをお好きなんだそうで、そのコレクションを集めてオープンされたのがこちらとのこと。
クラシカルというかレトロなホテルで、ちょっと入りづらい雰囲気があります。
が、一歩足を踏み入れればびっくりするシャンパーニュのコレクション。

image


まずは18時までのお楽しみ、ワンコインシャンパーニュでかんぱーい。
どことなく懐かしい雰囲気のある温かな店内に流れるのはBest Friends。
お店を切り盛りされている方はオーナーにスカウト?されてわざわざ大阪からいらしたんだとか。
シャンパンバーなのでシャンパーニュしかありませんが、グラスで8種類を提供していていました。
リストを見せて頂くと、これまた驚くばかりのコレクション。
比較的最近購入されたものが多いのか、お値段はまちまち。
この値段なら呑みたいな。
と思うものもあれば、高い時に買っちゃったのね…
というものもあります^^;
コレクション歴はそれほど長くなさそうだな、なんて思いながら次なる一杯を。

image


モエ・エ・シャンドはもっとも街で見かける機会の多いシャンパーニュですが、個人的には率先して飲む機会のないシャンパーニュ。
でもマグナム(1.5L)の提供なのですよ。
ブテイユ(750ml)との味の違いを確かめてみたくて、二杯目はこれを。

「もともと半年って約束だったんですよ」
なんて話を伺いながら頂いたアンペリアルは、ブテイユを呑んだときには感じたことのない安定した熟成感。
やはりマグナムは美味しいね。
中身は一緒でも熟成具合が全く異なっていてこれがまぁおいしいこと。
大ぶりのグラスから立ち上る熟成香がいい感じ。

image


ヴーヴクリコのジェロ。
「泡が全然なくって(お客さんに提供出来なかった)」とのことで、サービスでちょこっとだけ頂きました。
コルキーな印象で完全にいっちゃっておりましたが、シェリーみたいなニュアンスがあってこれはこれで美味しい。
好みの問題もありますが、私はこうゆうの、嫌いじゃないのですよ。
いい勉強させて頂きました。

40分くらいの短い滞在でしたが、とても充実。
うーむ、こちらが無くなってしまうのは非常に惜しい。
ホテルの老朽化の問題もあるようですが、こうゆう気軽に入れる気取らないシャンパンバーって極めて貴重なのでぜひ形を変えて復活して欲しいなあ。
名刺を頂いたので東京のお店@西麻布にも伺ってみよう。
札幌在住の方はぜひ、閉店までに一度足を運んでみてください。
いいお店ですよん。

Champagne Bar Eleve

夜総合点★★★★★ 5.0



関連ランキング:バー | 中島公園駅山鼻9条駅東本願寺前駅




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字