February 10, 2019

ここも先月の福岡訪問の折に友人の予約で訪れたお店。
上質な水だきとごまさばが頂けました。
ちょっと時間が経っちゃったけど、備忘録的に残しておこう。

ねおみが予約してくれたのがここ。
中洲方面から歩いて伺いました。
最寄駅は中洲川端駅。
鈴懸本店のある駅です。
この立派な構えが目印。

とり田



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P

こんなマーク。
高級感あふれていてちょっと心配になりました(^_^;

お店に入り、待ち合わせてである事を告げて。
下の名前しか分からなかったけど、それだけで通してくれた(笑
二階に促され、着席した頃にちょうど友人が登場。

とり田


揃ったらまずはビールでかんぱーい。

お昼の予約は水だきのコース@3000円ちょっとしか受け付けていないようで、私たちもそれを頂きました。
係のお兄さん(外人さんが)がちゃくちゃくと準備を進めてくれます。

とり田 乾杯


そうこうしているうちにビールが無くなったので、ワインを一本オーダー。
南仏のソービニオンブランをお願いしたんだけど、めちゃくちゃ時間が掛かった(笑
何かトラブルがあったのかな。

お鍋がぐつぐつ言い始めたな
ーと思ったら。

とり田 鍋


お兄さんがスープを提供してくれました。

白濁したスープはややねっとりした印象。
淡白なんだけどややべたっとしてコラーゲンを感じます。
これは美味しい。

とり田 スープ


せっかくなのでお鍋手前で追加のごまさばをオーダー。

ごまさばは、波波の模様が入ったまさばと異なり水玉に模様が入ったさばのこと。
こちらのごまさばはかなり肉厚に切ってあって、濃厚なごまだれと絡めてありました。
前日に頂いたごまさば屋のざっくばらんなタイプとは異なり、なんだか高級感があります。
こりゃ美味しいわ。

とり田 ごまさば


そんな中、どんどんお鍋を仕上げてくれるお兄さん。
気付いたら具がたっぷりお鍋に入ってた。

これを自分で引き上げて頂きます。
薬味も出して頂いたけど、個人的には前述のコラーゲンの効いた濃厚なお出汁でシンプルに頂くのがお薦めです。
素材の味がストレートの楽しめます。
お肉の弾力と旨味、野菜の甘さ。
特にねぎの甘さがスープに馴染んでいい感じです。

とり田


こんな感じね。
割とボリューミーで、
「お昼から沢山食べた―!」という感じ。

お昼からお鍋って、恐らく満足度以上の充実感があります。
湯気がたっぷりたってお肌もしっとり(笑

とり田


最後は具を出来るだけ食べきるように言われ、お雑炊を。
出汁が滲みたご飯は白米以上にヴォリューム感があって、満腹満足。

よいお店に連れて行って貰いましたよ。
どこでもこんな水だきが食べられるなら、水だきサイコーだね。
確かめるべく他のお店にも行ってみたい!
そしてこちらへ連れて行ってくれた友人には感謝かんしゃ。

とり田 博多本店水炊き / 中洲川端駅呉服町駅天神駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字