September 13, 2019

2019.09.13 Fri
Spotify Early Noise Night 行ってきた


未来有望な若手?ミュージシャン6組が登場。
私のお目当はもちろんThe Charm Parkでした。
「千円で6組って確かにお得だけど、1組あたりの持ち時間どんだけ?」と思い、最初は余り乗り気じゃなかったこのイベント。
しかーし!
このイベントは凄いです、素晴らしいです。
その上、そんな私を尻目にお友だちがチケットをとっておいてくれたお陰で最前列。
それもチャーム&神谷くんの視線が絡む絶好のポジションで観ることが出来ました。
その備忘録。

Early Noise Night



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P

この日はインディアンのキャップ、熊本で自慢していたお高めのシャツ、黒のパンツ、左右色違いのストライプのソックス、インディアンの黒いスリッポンといういでたちだった大トリ・パークさん。
LAへ帰っていたからちょっとふっくらしたんじゃ?
と思っていたけれど、逆に顎のラインがすっきりしたような。

他の方に比べるとサウンドチェック短めで一度引っ込み、そして登場。
そしてアコギを手にすると、そのシンプルで心地よい音色の「そら」からスタート。
「さっきomoinotakeさんと『他の皆さんが盛り上がってるからどうしよう』って話してた」って言いつつ、次に披露したのがアコースティックバージョンの「Ordinary」!
宇都宮で聴いて感動したこれがまた聴けるなんて、めっちゃラッキー🤞

Early Noise Night


実はかなり時間が押しており(22時半終了の予定がこの時点で22時20分を確実に過ぎてた)。
でも告知がたっぷりありました。
この数時間前に解禁になったばかりの「Reverse & Rebirth」のリリースのこと。
その特典映像のこと。
12月のライブのこと、そして大阪のチケットはライブ後に先行発売することなど。
里帰りして日本語忘れちゃったかと思いきや、お得意の外人ネタや
「The Charm Park、初めましての方ー、手は上げなくていいです」
ってな感じの軽快なトークで遅い時間まで待って少々お疲れ気味の会場を盛り上げる✊

続く「Don’t stop」では間奏のあとに時計をチラリ。
そのあと、「時間がない!」って言いながらめっちゃテンポ上げた😂
自称「時間に弱い男」だそうで(笑。

ただ、ひとつ心配だったのは喉。
Imperfection のサビでは全く高音が出ず。
「声、喉つぶれちやって…出るかな?ま、潰れるとこまで潰してー」
って俯向き加減に言ったところからかなり無理して声を出していたけど、その声を聞いてたら心配で歌詞が入ってこなかったよ。

終演後はお友だちを残して物販へダッシュ🏃‍♀️
モラルを欠いたファンの行動を目にして呆然。
後ろからも「えっ?」という声がして
「だよね…」って一気に切ない気持ちになったけど、悪いことは続かないもの。
エスカレーターに乗ると
「いやぁ、チャームパークいいですね」
「生で聴くといいね」
背後の男性たちの会話に
「あーん、そうなんです〜♪」って一人ぶつぶつ言ってたら、前に立っていたお友だちが振り返り。
独り言の理由を説明したら、社交的な彼女ってばなんとその人たちに話し掛けた!
するとその方々、メデイア系のお仕事でいらしていたんだとか。
彼女の「そうなんですよ、とにかくいいんです!」からバトンを受けて、外へ出ると男性3人を目の前に、The Charm Parkのプロフ、楽曲の特徴、そしてこの日の演奏とMCにもよく表れていたその「人となり」について、私が熱弁をふるったのはご想像の通り。
「そのまま記事に出来そうです」
と言って頂いたけれど、想像よりはるかにいい記事で嬉しいヾ(*´∀`*)ノ
そのマイナビさんの記事がこちら → THE CHARM PARK、Spotifyライブのトリ飾る 共演者に送った「大きな拍手」

セトリ
そら
Ordinary(アコースティックVer)
Don’t Stop
Imperfection


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字