October 22, 2019

こちらでご紹介するのは2度目。
2度目の訪問ですが、何度も伺っているようにくつろげるお店です。
それでいて肝心のお料理は美味しいし、値段も高くない。
お寿司って突き詰めるときりが無いので評価が難しいです。
恐らくお料理だけで言ったらこちらより立派なお寿司を出すお店はあるでしょう。
しかし、味、値段、サービス、雰囲気、大将、お店の佇まい。
全てひっくるめてお店の評価。
それを考えると、もしかしたらこちらは、現在「私的最強寿司屋」さんかも知れません。

料理記者暦○0年のあの方も推しのお店。

八郎すし つまみ



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P

お店は浅野川沿い。
趣のある、いかにも古くから続くおすし屋さん然とした店構えが素敵です。

伺ったのは金曜日の夜。
ちょっと遅くなってしまいましたが、その旨電話を入れると
「気をつけてきてくださいね」
ご家族3人で切り盛りされているから、そのアットホームさもいい感じ。

八郎すし 乾杯


お料理はお任せで。
到着したらまずはかんぱーい。
ビールはマスターズドリームです。

おつくりをちょっと。
うむ、美味しい。

八郎すし付きだし


こうばこ蟹。

金沢のものはまだ漁が解禁になっていないので、新潟のもの(って仰ってた?)を。
丁寧な仕事が光ってる!

八郎すし こうばこがに


たこは部位によって調理法を変えてもらって。
肉厚でうまうま。

そろそろ握りましょうか?
というしんちゃんの言葉をさえぎるように
「もうちょっとつまみを!」(笑
他にもお魚を焼いてもらったりして、日本酒が進みます。

八郎すし たこ


で、いよいよ握りへ突入。

シャリのサイズはいい感じで、ネタとのバランスもよく。

八郎すし


少しゆるめで、口の中で解けるタイミングが割りと早めです。

わさびはやや多目かな?
苦手な方は少なめにしてもらうのがいいかも。

八郎すし


どれも仕事が光ってる。

八郎すし


コハダは二枚付け。

酸味もいい感じで大好き。

八郎すし


最後はアナゴを塩で。

素材に食感をあわせているのか、これは少々握りが甘かった。
ネタが大きい分、シャリも大きくしてくれたものと思いますが、シャリはもう少し小さい方がいいかな。
些細なことだけれどね。

八郎すし


一人ひとりの目を見て、話を聞いて対応してくれるしんちゃんの対応も素晴らしい。

私たちが土地の人じゃないこと、食いしん坊なことを知っているから、
「あそこにこんなお店が出来たよ」
「これから飲みにいくなら○○さんの隣りのバーがいいよ」なんて色々教えて貰いました。

八郎すし


東京でこれくらいの量を食べて飲むと、同じようなレベルのお店だと大抵2−3万円という感じになってしまうのですが、今回は13,000円程度だったかな。

最後はお店の外まで見送って頂き、大満足の夜。
美味しくて楽しい夜でした。
次はいつ伺えるか、次回金沢訪問が待ち遠しい!

八郎すし寿司 / 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

夜総合点★★★★ 4.9





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字