November 16, 2019

お昼時でなくても割と待つよ。
そう聞いてなかなか伺えないでいたお店の一つです。
以前、大門のお店に一度伺った際、タイミングが悪くてメチャクチャ待ったのもトラウマになっておりました。

でも「かつ部」の私。
いつかは乗り越えないとならない壁だ。
何かの雑誌の「かつ特集」を読みながら強く心に誓ったのは約1年前のこと。
午後に予定の無かった平日、ついにその瞬間が訪れたのです。

とんかつ檍 銀座店 (とんかつ あおき)



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P

伺ったのは平日14時くらい。
流石にもうあまり人は居ないよねー
と思って雑居ビルのらせん状の階段を下っていくとB1Fへ降りるそれの半分くらいの位置から既に人が立ってる。。。
ちなみに外人のお客様も多いようで、前のカップルは香港からのインバウンダーでした。

お店は地下なので昼間でも薄暗い。
本を読みながら待つつもりだったんだけど、暗くて読めませんでした(^ ^;

とんかつ檍


どれくらい待つのか不安でしたが、さすが14時過ぎ。
出てくる方が多く、20分程度で入店。
入店できる目処が経った頃、オーダーを取ってくれましたよ。

ちなみにメニュはこれ。
今の季節はカキフライもやっています。
単品のカキを付けて頂こうか悩んだけど、ここはとんかつやさんだものね。
初訪問の今回はとんかつだけにしておこう。

とんかつ檍 メニュ


さて、やっと入店。
お店は決して広くないので、行列必至なのもわかります。
カウンター席が5-6席、テーブル席が12席(4人卓x3)と言う感じの広さ。
既にオープンから1年半程度経っていますが、まだオープン直後のような雰囲気。
店内には凛として美しさがありました。

女性のお一人様と相席で奥の卓に通されて。
並んでいる時にオーダーを取って下さるので、店内に入ってしまえば思ったほど待ちません。
厚切りなので15分20分と待つのか知らん。。。と思っていましたが、10分弱でかつが登場。
ビールの登場が遅かったこともあって、喉を潤す前にかつにかぶりつくことになりました。

とんかつ檍 ビール


頂いたのは特ロースかつ定食300g。
上ロースかつ定食は200g。
前の方がオーダーされたそれも十分立派でしたが、何が違うってやっぱり厚みが違います。

断面はピンクに仕上がり、瑞々しく、きめが細かくて見た感じからしっとり。
衣はしっかりとその肉に寄り添い、
「ちょっと火が入りすぎか?」と思いましたが。
いえいえ、なになに。
頂いてみると、そのさうさくっとした衣の食感からの豚肉の肉汁、これがもうなんともたまらない。
脂も甘く、しかしながら切れがあり。

とんかつ檍


卓上に用意された様々なお塩を使って
「脂身の少ない部分はミネラル多めのこっちの塩の方が合うわねぇ」
なんて1人、心の中でもぞもぞ言いながら一気完食。
それにしても、お肉のクオリティ、揚げの妙。
なにかもいい感じにバランスがとれていて素晴らしいね。
そして300gの満足度よ!

これで2000円って凄いなぁ。
人気も納得。
個人的には大門より銀座のこちらの方が俄然印象が強かったのでした。
世の人々は美味しいものを知ってるね。
大満足!

とんかつ檍 銀座店とんかつ / 新橋駅銀座駅内幸町駅

昼総合点★★★★★ 5.0





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字