March 24, 2020

今年もカキバター決めました。

なんと!
この日、このカキバターを射止めた最後の1人が私でした✨
おめでとう、私!
大橋さんライブの前にまた下手な運の使い方だけれども😅

キッチンたか




blogranking 食べログ グルメブログランキング ←一日一押し!から続きを読んでね

四谷の名店「洋食エリーゼ」と言って分かる方がどれくらいいるか分からないけど(40オーバーのソフィアの卒業生なら知ってるはず)、そこで炒め担当だった高橋さんが2011年にオープンしたお店。
カウンター6席の小さなお店です。
が、オープンからその席を目がけてやってくる方々が長蛇の列を作り、その行列が途切れることなく「売り切れ閉店」になるのがこのお店の常。
この日、お店に到着したのはLOの30分近く前。
お店の前に延びた行列の最後尾に付けると、到着直後に
「オムライスみたいなお料理はもうできません。」
その5分後くらいに再度マダムが登場して
「お客様で最後です」
私の直ぐ後ろの男性が言われていましたっけ。

並んでいる間にオーダーを取って貰って。
着席すると直ぐにワインが、ほどなくしてカキバターが登場しましたよ。
思ったより早くてびっくりしましたが、先にオーダーを取ってくれるならではのこのスピードがありがたい。

まず驚くのはカキの大きさ!
そのぶりぶりのカキが衣をまとい。
表面をやや強めに炒められたそれがしっかり醤油バターを吸って、これがもう絶品中の絶品!
これは季節限定。
終わっちゃう前に行けてほんとーによかったよ🙌

記憶の中にあるカキバターに比べて若干塩味が強いように感じたのは…
たかさん、疲れているのかな。
なんて少し心配になりました。
でもやっぱり凄いなぁ。
絶え間なくお客さんが訪れ、休む間もなく、でもこのハイクオリティなお料理を一品一品丁寧に作ってる。
次回はバーグカレーを頂きに伺おう。
なお、食べログでは通し営業みたいな表示になっていますが、お昼休みがあります。
ってか、こんなレベルの高いお料理を一人一人のために作っているたかさん、休ませてあげないとね(^^;

キッチン たか洋食 / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

昼総合点★★★★ 4.4



  • mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字