暫く東京方面へ行く機会がなかったんだけど、1月の頭に人間ドックのために大手町を訪れる機会があって。
検診を終え、東京駅へ向かむ途中にオアゾの地下を通り
「ずいぶんお店が変わっちゃったなぁ。こんな状況だから閉まっているお店も多いのね」
なんて思っていたのです。
特に特に東京駅から一番遠いところ。
私が知っている時代はおうどん屋さんだったけれど、その後お店が変わって。
「記憶にある外観と違うわね…また変わったのかな?」
なんて思いながら、特に店名を気にすることもなく前を通り過ぎたのでした。

が、1月末に後半の検査に再度大手町に足を運んだ時のこと。
よもやそれが私の大好きなカレー屋さん「FISH」の丸の内店とは!
一度通り過ぎ、「ん?FISH?」と思って思わず引き返しちゃった。
調べたら昨年 2020年7月23日、コロナ禍の中でオアゾの地下にオープンしたようです。FISH コンボ



blogranking食べログ グルメブログランキング ←一日一押し!から続きを読んでね
食べログに「大手町駅直結」とありますが、JR東京駅にも直結しています。
前述の通り東京駅からだと一番遠い場所で、恐らく最寄りは地下鉄東西線の大手町駅かな。
FISHはもともと赤坂アークヒルズにあって。
その時代にとてもよくお世話になったお店。
そちらで30年ほどご商売をされていましたが、惜しまれつつ2017年に閉店。

FISH看板



その翌年、新宿で復活。
私はそれをタイムリーには知らなくて、更に翌年、2017年に大橋トリオのライブで知り合った方のインスタグラムで知ったのです。
彼女のインスタで復活したFISHのカレーの写真を見た時には余りの違いによもやそれがあのFISHとは気が付かず。
「FISHって、あのFISHだったらいいのにな。でも新宿ってことは便利な場所だから機会があったらいってみようかな」
なんて思っていたのでした。

FISH CURRY



新宿を初訪問した時の衝撃は忘れられません。
FISHのカレーは更に進化。
カレー2種類が頂ける今後をお願いすると以前はオーバルのお皿の真ん中にライス、左右にカレーだったけれど、見た目も確実にスタイリッシュになっていました。
その2号店がここ丸の内店とのこと。
ちなみに立川にもお店をオープンされる(された)とかで、大好きなお店が進化して羽ばたく姿に胸が熱くなりました(そこまでじゃないか)。

FISH menu



丸の内店はカウンターのみの小さなお店。
コロナ禍ということもあって席を間引いているため更に席数は少なく、ひとりでサクッとランチするのにいいタイプです。
場所柄テイクアウトにも力を入れていて、店内で食べてもお会計はお店の外にあるテイクアウトの窓口で行う仕組みになっていました。
この日はダール、キーマ、チキンの3種類コンボを。
玉ねぎのアチャールやピリ辛ポテサラなども載って、見た目からファンシーでゴージャスで食欲をそそられますな。

FISH 3種類



カレーは、ダールや豆の甘み、キーマはスパイスの妙、チキンは欧風にも近いコクとまろやかさ。
で、それぞれ1種類で食べても美味しいんだけど、ちょっとずつ混ぜて頂くと更に美味しい。
付け合わせはそのまま食べてもいいし、カレーやご飯とまぜまぜして頂いてもよくて、豊富な味変で色んな楽しみ方が出来て実に楽しい。
今回はライスの量を150gにして頂きましたが、これは小なんだそうで、中が250g、大が350g(だったかな)。
「カレーとご飯のバランスはカレーが多め」が基本の私、ライスの量を選べるのもありがたいのよね。

FISHという店名が語るようにFISHカレーが美味しいお店。
次回はフィッシュカレーとキーマの組み合わせがいいかな。
春からは大手町に足を運ぶ機会が増えそうなので、ランチの楽しみが増えました♫

FISH 丸の内店カレーライス / 大手町駅東京駅二重橋前駅

昼総合点★★★★ 4.0