いきもの&さくら

March 21, 2016

道行くペンギンに遭遇。

なおおたる水族館のペンギンウォークは日によって参加するペンギンの数もメンツも違うんだって。
ペンギンの自主性に任せているのだそうで、運が悪いと4羽だけ。
何てこともあるらしい。
冬季休業が開けたこの週末、ペンギンたちもこのウォークを待ちわびていたのか私が伺った日は10羽以上が参加して真剣ウォークを見せてくれましたよ。

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 05, 2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 15, 2015

タイトルの通りなんだけど、動きがやっぱりまだお子さま。
めっちゃかわいい!

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 05, 2015

シャーロットがイギリスの宝なら、ヤツは日本の宝!

image




blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 16, 2015

小樽といえばニシン。
昔からニシンで一儲けした方々が建てた「鰊(ニシン)御殿」が有名です。
が、今は運河沿いのレンガ街や(石原)裕次郎の方が有名かも。
手ごろな大きさと美味しいスイーツ。
そしてハイカラさんな街並みとエンターテイメントが人々をひきつける北海道の中でも人気の観光スポットです。

小樽って、私も好きな街なんだよね。
かま栄さんもあるし。
ということで、わりと最近足を運んだばかりですが、また行っちゃった。

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 28, 2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 15, 2013

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 27, 2013

冬の朝の遊歩道はほぼ私ひとりのもの。
朝5時台から渋谷、新宿、中野、杉並の4区をまたにかけて(!)フラフラしているたけです。

中央・総武のに乗っていると、大久保と東中野の間に神田川にそって綺麗な桜の道が見えるんです、それが私の遊歩道。

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 19, 2012

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 13, 2012

毎年この季節、お弁当を作って動物園へ行きます。

天気がよくて気持ちのいい週末だったねー

動物園1



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 03, 2010

桜、やっと満開宣言が出ましたねー

金曜日は0.5人で宴会(正気じゃなかった。という意味です)。
土曜日は宴会の準備をしながら1人で宴会(さ、寂し過ぎる…)
明日は気のおけない仲間たちを招いて我が家で宴会(する予定)。
という事で、桜、綺麗です!!!

我が家からもすぐ、桜並木の風景。

神田川の桜1


blogranking ← w(゚o゚)w オオー! 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 04, 2008

Cow Parade Tokyo Marunouchi 2008、ついに第二弾です。
予習が必要な方はこちらから↓
カウパレード2008、9月5日より始まりました(Cow Parade 2008@大手町、丸の内、有楽町エリア)
Cow Parade Tokyo Marunouchi 2008その1

このイヴェントは10月19日まで。
残り二週間となりました。
お天気のいい週末はカメラとパンフレット片手に牛めぐりが楽しいですよん。


21ゆめみるお肉121ゆめみるお肉221 ゆめみるお肉

出目金みたいな牛さん。
派手なカラーリングが目を引きます。
何を見てるんでしょうね。
そういえばこの牛さん、デコレーションのために色々と接着されているのですが、子供を抱っこして触らせていらっしゃる親御さんを数名発見。
よく見ると何か剥がれ落ちちゃった後があります。
だからぁ、触らせちゃぁダメなんだってば。
愛嬌があるので近づきたくなる気持ちは分かりますが、これは遊び道具じゃなくてアートなんだから。
子供がいたってマナーは守りましょう。マナーは守りましょうってば!!



22 愛・エレガンススター122 愛・エレガンススター222 愛・エレガンススター

丸の内二丁目ビル前にいる牛さん。
タイトルが意味するところは右脳の発達していない私にはよく分かりませんでしたが、アートです。
でもエレガンスってイメージじゃないよね。
エレガンスよりはポップだと思います。
ところで。
この牛とは全然関係ありませんが、このビルって丸の内二丁目ビルって名前だったのね。。。





続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 28, 2008

いいお天気だった週末、今年も2006年に続いて牛を見て回りました。
今年は2006年に比べると出没範囲が狭かったので回る事自体は楽でしたが、わかり辛い場所に潜んでいるものもあったりして。
何回かに分けてお送りします、Cow Parade Tokyo Marunouchi 2008です。

01 カウパレードな動物園201 カウパレードな動物園101 カウパレードな動物園1

作品番号1番。
有楽町電気ビルの前にいる牛さんです。
ポップな色合いがキュートですね。
ひづめの色も全て違います。
楽しそうな図柄で作品番号一番にふさわしい(?)作品。



02 My red heart 102 My red heart 202 My red heart

白地に赤というシンプルな配色ですが構図はダイナミックです。
鼻のところにねずみとハートが描かれているんですけど、これがかわいい。


03 田んぼでつかまえて103 田んぼでつかまえて203 田んぼでつかまえて

ノスタルジックなタイトル。
図柄のモチーフもそのタイトルをストレートに表現。
しているはずなのですが、色合いのせいか何故かシュールな印象がありました。
ノスタルジーというよりちょっとおどろおどろしい(爆)
ということで、個人的にはあまり趣味じゃないかも。


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 13, 2007

ビール四川赤熊猫?多摩動物公園には、年に2−3度必ず訪れる事になっています(なってるんです)。
何故ってそれは。
春には赤ちゃんが生まれ、秋には夏に生まれた子供達の元気に動き回る姿を拝む事ができるから。
今回は9月に名前の決まったレッサーパンダの双子ちゃんにお会いする為、Viva 多摩動物公園です。
ちなみに昨年、一昨年のスーパーショットはこちら;
昨年 → http://blog.livedoor.jp/take7211/archives/51082292.html
一昨年 → http://blog.livedoor.jp/take7211/archives/16777467.html

到着してまず向ったのは売店。
頂いたのはこちら、ビールです。動物園でビールが飲めるなんて最高!
その上、このカップです。天気がよかったこの日、その上渋滞で2時間以上車を漕いだこの日、つめたーいビールが喉に染み渡って、ひぃゃぁぁぁぁっ、気持ちいい。
で、続いてまず、ルンルンさんとメイメイさんに会いに伺ったのですが、お2人に合う為に行列のお尻に付いたにも関わらず、彼らは仲良く二匹、丸くなって寝ており。毛玉がふたぁっ、遠くに見えるだけ(><)。実に気持ちよさそうな眠りっぷりに、残念な気持ちすら起きませんでした(笑)

オランウータン1オランウータン2続いて伺ったのは、ジプシーさんがいるオランウータン舎。
新オランウータン舎ができてからずーっとみたいと思っていたオランウータンさんたちのロープ渡り
この日、多摩の空は綺麗な秋晴れで。
空の青い色が鮮やかで、
「あぁこんな日にオランウータンさんがロープを渡ったら、青にくぐもった茶色がとても映えるだろうなぁ」と想像しつつ、空を仰げば――
青い空に茶色い物体が。
こ、これはもしや。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 27, 2006

カウパレード@丸の内です。細かく分けてアップしています。
第一弾(1から5)、第二弾(6から10)、第三弾(11から15)、第四弾(16から20)と合わせてお楽しみ下さい。

恋牛浪漫21.加藤美紀「恋牛浪漫」

マイプラザの隣り、丸の内仲通りビルの前です。
綺麗な色合いです。
この前で着物の方が写真を撮ってらして、その方に「牛と一緒に写真を撮らせて下さい」と仰っているおばあさんが非常に印象的でした。
確かに着物の女性とこの牛、非常によく合います(笑)

Inside Out22.KAMI 「Inside Out」

お引越しした三菱商事の本社前。
郷ひろみの歌じゃありません(爆)
あまりインパクトはなく。
あまり印象に残っておりません、ごめんなさい。
ちなみに私は、この牛を見に行ったときに「小岩井」を発見しました(笑)

モトモトノモトモトモトノモト223.寺口宏祐「モトモトノモト」

文部科学省のビルの前。
なかなか斬新です。思い切ってます。
手間も非常にかかってます。
キカイダーといった感じ。色使いもあいまって、非常に強そうでした。
男の子に受けるのでは?

サクアリス1サクアリス224.井上亜梨紗「サクアリス」

これも文部科学省ビルの前。
色合いは綺麗なんですけどね。。。
え、絵がちょっと気持ち悪いです。
チャイニーズテイスト。
こうゆう絵、香港、それも北角とか行くとよく見かける気がします。

花1花235.宮崎亮太とキラキラっと、あっと!?応援団「花」

丸ビルのお隣り、三菱ビルの前。
どうしてこのタイトルなのか、私には理解できませんでした。
が、ちょっとベトナムちっくで愛嬌があります。
色使いからもなんとなくエスニックな印象を受けたのですが、そんな事はないでしょうか?
それにしても、何故タイトルが「花」なんでしょう。。。
お分かりになる方がいらしたら、教えて下さい。

Love is Peace26.千代田区立 児童センター 小・中・高のみなさん「Love is Peace」

生徒作品。
分り易くていいです。単純な私はこうゆうの、結構好きです。
かわいいです。
ピンクもキュートで、足を止めている方も多かったです。

デイリーカウ1デイリーカウ227.イズミダナオミ「デイリーカウ」

作品としてはどうなのか分りませんが、勉強になりました。
というより、これが作品だった事に、先ほど気が付いた次第です(爆)

Play ! MarunouchiPlay ! Marunouchi 228.Team Marunouchi 「Play ! Marunouchi」

CMもやってますよね、Play! Marunouchi。丸の内、力が入ってます。
丸ビルの角っこ、東京駅から見ると裏っかわにあたる場所です。
ビルが次々と新しくなり、生まれ変わっていく丸の内にふさわしい、若々しくポップな印象。元気がよくていいですね。

10ヶ月の有効期間110ヶ月の有効期間229.山中桃子「10ヶ月の有効期間」

丸ビルの中にいました。
これではよく分からないかもしれませんが、絵がすごくロマンティックで素敵です。人魚がいるんですよ。分りますか?

MOWBILE PC1MOWBILE PC230.TEAM MACARON「MOWBILE PC」

丸ビルの3Fにいました。まさか1F以外に入るとは思わなかったので、探すのに時間がかかってしまいました。
それにしても、これはアイデアです!
手間かかってます、面白いです。
全部これ、パソコンの鍵盤で出来ているんです。
現代を象徴するモバイル、いえ、モウバイルな牛です(笑)

しつこいけどまだ続く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 23, 2006

カウパレード@丸の内です。細かく分けてアップしています。
第一弾(1から5)、第二弾(6から10)、第三弾(11から15)と合わせてお楽しみ下さい。

毛牛とおじさん1毛牛とおじさん216.木村仁「毛牛とおじさん」

普通に前から見ている分には普通なのですが。。。
下から覗き込んだら、こんな事になっていました。
三菱東京UFJ銀行本店の前。
日本が誇るメガバンクの本店の前にこんな品のないものをおいていいのでしょうか。。。
コンペ作品です。

主食はmayu語ですの17.mayu「主食はmayu語ですの」

よく意味が分かりませんが、デザインされたペットボトルのふたが沢山くっついていました。
ポップな印象ですが、アイデアとしては普通。
これもコンペ参加作品。

地上の夜18.遠山 敬「地上の夜」

色使いが非常に綺麗。
比較的年配な方が足を止めていらっしゃいました。

パワー1パワー219.川鍋恭子「パワー」

他の作品より一歩遅れて、9月の中旬からお目見え。
岸本ビルにあるとリーフレットにありますが、岸本ビルと丸の内仲通りビルの間にあるのでちょっと分りづらいです。このタイミングにあわせたのか、ビルの間のコンコースが綺麗になりました。ひょっとしたその工事が終わるのを待って、配置したのかもしれません。
後日ご紹介するサングリアさんへの入口がこの牛の後ろに見えています。

遡及空間20.中村岳「遡及空間」

これもコンペ作品。

まだつづく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 17, 2006

カウパレード@丸の内です。細かく分けてアップしています。
第一弾(1から5)、第二弾(6から10)とあわせてお楽しみ頂ければと思います。

11 牛参り211 牛参り武田尋善「牛参り」
アイデアが非常に面白い!
牛には三つ目の目がありました。
この密教っぽい雰囲気がいいです。
鳥居をくぐり、背中の牛を目掛けて上っている人が2人(笑)
コンペ作品です。

12 乳牛パック12 乳牛パック2micro「乳牛パック」
牛乳パックじゃなくて、乳牛パック。
乳牛が牛乳パックの中に入っていました。このパックはボール紙で出来ています。
ちょっと微妙な位置に立っているため、雨が降ったら色が落ちてしまうんじゃないかと思ってひやひやしていたのですが、多少雨は当たっているものの色落ちは全くしておりません。
あぁよかった。コンペ作品です。
13 MOWのめないG16s 「MOWのめない」
東京フォーラムの中では一番有楽町よりに立っています。
真っ白に紅白のストローという色合いがいいです。
ミルククラウンがかわいいなぁと思ってよくよく見たら、一個折れて修復されていました。
観察していると、この牛に限らずとても乱暴に作品を触っている子供をよく見かけます。お父さん、お母さん、もっと厳しく指導して下さい。芸術作品なんですから。。。
こちらもコンペ作品です。
14 レーサー牛KIMURA「レーサー牛」
これもかっこいいです。デザインもいいけど、ペインティングもセンスがあります。
耳がハンドルになっていました。
が、これも片方折れていました。。。
そのそばから子供がハンドルを握り、首についた鈴を乱暴に鳴らしています。おばあちゃんは笑ってみているだけなので、「触らない!。。。って書いてあるよ」と私が指導すると、子供はすごすごと引き下がりました。
ほんと、保護者の方々、お願い致します。
15 だるまうし15 だるまうし2yellow dog 「だるまうし」
非常に愛嬌があります。ここまでくると牛ではないみたいです。
ひょっとしたら、一番気に入ったかもしれません。
これもコンペ作品です。

まだまだつづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 15, 2006

現在丸の内で開催中のCow Parade 第二弾。第一弾はこちらです。
ここのところ雨の日が多く、濡れそぼった牛たちはちょっと寂しそうでした。ウィークデーは足を止めて牛を眺める人もまばらです。
マッハ!Mow!Mow!HISAE ITO 「マッハ!Mow!Mow!」
これが結構かっこいいです。はっきりした色合い、シルバーが入ってシャープな印象。
名前の通り、マッハ!Mow!Mow!です(笑)

The Wild Parade1The Wild Parade2中村正 「The Whild Parade」
細かいところが少々雑で気になりました。が、かわいいのです。
牛の上に乗っている犬の首の伸びたところなんてキュート。傘の枝は手の形になっていました。
なんだかブレーメンの音楽隊(っていうんでしたっけ?)みたいです。

Where we are now ?菅谷奈緒「Where we are now?」
そもそもなんでWhere we are now?なんでしょう。なぜWhere are we now ?ではないのでしょう。
京橋や東京から有楽町へ向かむ途中の風景を撮った写真がぺたぺたと張られていました。

CAMOUFLAGE伊藤桂司「CAMOUFLAGE」
どこがどうカモフラージュなのかイマイチ分りづらいのですが、色合いが綺麗。
目立たない場所でうずくまっていました(笑)
見つけてあげて下さい。

Through the MikeywayThrough the Mikeyway2Lippa「Through the Mikeyway」
これ、いいです。綺麗です。
翼の付いたオブジェと言うと私は石井竜也さんのデザインを想像してしまうのですが、彼のデザインのように大きな翼が付いていました。
翼のデザインも伸びやかで、限界はありますが比較的しっかり出来ていす。
翼の色はあめ色、透明感がいいです。素材選びにもセンスを感じました。
ぽちぽちと穴が開いていて、電気を灯すと幻想的に浮き上がります。
写真を撮っている人が多かったです。

今日のところはコンペ作品無しです。
つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 11, 2006

1. Police CowCOW1 Police Cow1丸の内に突如として登場した牛たち。
最優秀作品は投票で決定します。投票期間は9月6日から29日。
全部知らなければ投票できないので、早速牛たちに会いに行って参りました。
このブログでは徐々にご紹介します。

1.HIROSHI 「Police Cow」

これ、日比谷公園の交番の前にいるんです(笑)
制服を着ていらっしゃいました。ビビッドな青い色が緑の日比谷公園によく映えます。一緒に写真を撮りました。

COW2 標(しるべ)22 標(しるべ)12.山極裕史「標(しるべ)」

背中の白いのはクレーターでしょうか。
後姿が美しです。
色使いが特徴的な、シックで幻想的な作品。

COW3 more beef more battle3.more beef 「more beef more battle」

有楽町駅前の神社の前に鎮座ましましています。
一時代前のNYの地下鉄を彷彿とさせるペインティング。
落書き的で(笑)、これくらいなら私にも出来る気が。。。

COW4 COW GOD4.MAYA MAXX 「COW GOD」

骸骨が一杯。片方の耳には Hear People's Voiceと、もう片方の耳には Hear God's Voiceと書いてありました。
近くで見ると過激な感じですが、遠くから見ると割と普通ですね。

COW5 牛になる人1COW5 牛になる人25.熊沢未来子「牛になる人」

コンペ作品です。
気に入りました。右側面・左側面それぞれに、「飲みこめない話」と「ピアスの話」という漫画が書いてあります。どりらも話しは首から始まり、お尻に到達する頃には人が牛に。。。
私は正面向かって左の「飲みこめない話」の方が面白いと思いましたが、男性は必ず右の作品の方が面白いと言います。


つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

September 09, 2006

カウパレード1カウパレード5カウパレード
From Sep 6 - Oct 1, 2006

丸の内一体に65頭の牛が出現しています。
カウパレード、調べても何故牛なのかはよく分からないのですが、同じオブジェに様々なアーティストがデザインを施し、その牛を売って売上金は寄付されるんだそうです。早い話がチャリティイベント。世界各国で同様のイベントが開催された事があるとの事。スイスが発祥なので、それで牛なのではないかと思われます。
丸の内でこのイベントが開催されるのは二回目、前回は2003年です。新東京ビルのネットカフェの前にいる牛、一体あれはナンなの?と思っていましたがカウパレード4、この機会に調べたら、その(この?)緑の牛はその2003年の時のものなのだそうです。
先週から配られ始めたパンフレットには全ての牛の居所が標されていて、私はこのパンフレットを手にした瞬間
「全ての牛をカメラに収めなければ!」という強い使命感?のようなものに駆られてしまいました。オフィシャル本も発売されているようですが、折角なら自分の目で確かめたいですものね。

カウパレード2カウパレード3本日はイベント開催後初の週末ということで、丸の内はカメラ片手の人々で一杯。丸ビルでは本物の牛を迎えてイベントが開催されていました。
ウィークデーには牛の前でカメラを構えて奇異な目で見られていた私ですが、今日は写真を撮る人で一杯、近くでじっくり牛を観察する事が出来ませんでした(泪)。場所を確認するのはウィークエンド、写真撮影および観察はウィークデーと、段階的にアプローチしたほうがよさそう。

ちなみに、リリーフランキーさんの牛は初日丸ビルの一階にいたのに本日は5Fのクアアイナ前へ移動しておりました。丸ビルやトキア、東京フォーラムあたりは広いので、宝探しみたいな気分で牛を探せます。
ということで、しばらく牛を追いかけます(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 12, 2006



ターキン。
世の中には三種類のターキンがいるそうですが、多摩動物園と同じゴールデンターキンがいるのは横浜のズーラシアだけで、その上ズーラシアのターキンは多摩のターキンと血筋は一緒。この手の動物を中国から輸入するする事が出来ない最近では、血を絶やさないよう、悲しいかな親子間の交配もやむを得ないのだとか。なんだか悲しい話です。
「折角三種類も居るんだし、四川ターキンとかと掛け合わせちゃったらどうですか?」と私が間抜けな質問をすると、
「掛け合わせること自体は可能ですよ。が、それでこの動物をこの種として保護していく意味があると思いますか?」

ターキン2ターキン3私はターキンという動物が大好きです。
知っている人はあまりいないし、多摩動物園でもちょっと外れたところで飼育されている為なかなかケージまで足の伸ばす人もいません。
ミノタウルスのようなこの生き物は、中国とミャンマー、印度の国境あたりの山岳地帯に住んでいて、ずんぐりむっくりした体にも関わらず崖をがしがし上ったり降りたい意外にアクティブに生きています。山岳地帯の湿気にも耐えうるよう、毛は多くの脂に覆われ、従って乾燥する季節には土ぼこりで真っ黒。ひとたび雨が降れば写真のように綺麗な、本来の金色に戻ります。
もちろん個体差はあります。

ターキン4ターキン5ターキンは一頭の子供を産み、一年かけてじっくり子育てします。
残念ながら今年、多摩動物園のターキンは赤ちゃんに恵まれませんでした。

そして夏の走りは恋する季節。
鼻先が伸びているのはオス、そっけなくお尻を向けているのはメスです。オスはその気満々でここ数週間必死にアプローチを駆けているのですが、メスはなかなか振り向いてくれず。
この日も切なく鼻先を伸ばしていました(笑)。

動物園で動物を飼育する事については賛否両論ですが、基本的に私は賛成派です。
特に絶滅に瀕している動物については、人間の力で少しでもその数が回復してくれればいいなぁと思います。動物園がそこで果たす役割はとても大きいのです。
絶滅保護種であるターキンが本来のように群れで水場で水を飲んでいる迫力ある姿を見るのが、沢山ある私の夢の一つ。
多摩動物園は本当によく出来た動物園なので、興味がある方は是非行ってみてくださいね。
お弁当を持っていったら益々楽し。
私なんて一人でも遠征しちゃってます(爆)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 22, 2006

1e726bfe.JPGたけです。
飽きずにまた遠征です。

こんなショットはどうでしょう?
のーん(奥さんにネクタイを締めてもらう旦那さん)のポーズ(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 21, 2006

78ded757.JPGフォトジェニックで驚きました。
もちろん、野生のコアラではありません。

それにしても可愛すぎる。。。

copyright by take

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 11, 2006

17cee5fb.jpg東京駅、丸の内南口の自動販売機の上に、常に猫が二匹いるんです。
ここに住んでいるんでしょうか。。。


東京駅のレンガの建物の補修工事を開始する為、東京ステーションホテルを始め、ホテルに入っていたレストランが全て3月末をもって閉店しました。
東京駅がどんな風になるのか、そしてこの猫達がどうなるのか気になるのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 06, 2006

36ad6401.jpg雨が降った後は大きな蛙がでるので、川沿いは走らない事にしています。
で、しばらくサボっていたジョギング。川沿いの桜並木がどんな風になっているのか気になって、本日は川沿いを通って通勤しました。
花散らしの雨にやられてしまったかな、と少々心配していましたが、桜の花は意外にまだ元気に咲き誇っておりました。とはいえ、流石に通りがピンク色。花吹雪の中を駅まで向かいました。

今週末あたり、神田川はピンク色に染まるに違いありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 29, 2006

a9480eb1.JPG狭い通り沿いにあるのであまり綺麗に撮れないのですが、今朝の桜。

枝垂れとの競演です。
もう満開。
週末まで持ってくれるといいなぁ。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
オフィスパシフィックセンチュリープレイスっていうんでしたっけ。
東京駅の脇にあるフォーシーズンズホテルが入っているガラス張りの趣味の悪い建物。

オフィスから近く、一階にPaulが入っていることもあってよくお邪魔しています。
こんなところにも桜がありましたよ。
普段はなかなか気づきませんが、桜の木って結構あちこちにあるもんなんですよね〜。
春になって花が咲くと
「あっこんなところにも桜があったんだぁ」
と気づくことが多いです。

日本人に生まれてよかったあぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 09, 2005

大変です!

多摩動物園でゴールデンターキンの赤ちゃんが生まれています。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2005/04/21f4e102.htm

早速来週行かなきゃ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 19, 2005

私は東京近郊では多摩動物園が一番好きです。園内は広く、動物と動物の場所が離れていて、「さーて、次はどなたかしら?」とワクワク・のんびりお散歩を楽しめます。ケージも大きく猛禽類も他の動物園に比べるとゆったり生きています。とはいえ、オジロワシやオオタカがあんなせまい檻の中で満足した一生を過ごせるはずがありませんが。
昆虫館もいいですよ。一年中温かくて蝶が一杯飛んでいます。ハチドリが二羽いますが、一羽は必ず出口付近かカブトムシに一番近い水のみ場付近にいますので、興味がある方は是非どうぞ。

お気に入りの写真を撮りました。

ゴールデンターキン

<ゴールデンターキン>
今日はターキンに会いに片道二時間半掛けて多摩動物園まで行ったといっても過言ではありません。
ターキンは中国の山岳地帯に住む偶蹄目の生き物です。牛のようですが牛よりは腰が高く、普段はのんびりしているけれどきっと本来はでこぼこした山道をフットワーク軽く生きているんだろう事を想像させます。ゴールデンというだけあって、本来綺麗な金色をしています。写真は恐らくお父さん。年のせいか、雑種みたいな色になってしまっています。
ここ最近は奥さんと一緒にいる姿を全く見かけなくなりましたが、不仲なんでしょうか?でも昨年も赤ちゃんが生まれたし、春になったらかわいい赤ちゃんにまた会えるといいなぁ。

チューバッカ
<オーストライアウォンバット>
名前はチューバッカ。結構長い事ここにいます。コアラ館の前にあるワラビー達のおりの裏手に居を構えている為あまり目だたず、その前に足を止めている人はいつも僅か。ウォンバットは祖先をコワラと一にし、住みかに地上を選んだのがウォンバット、木え選んだのがコアラといわれています。なるほど、顔の感じや、大きさは圧倒的にウォンバットの方が大きいですが体系等、どことなく共通点があります。
チューバッカはいつも一人ぼっちです。この日、長い木の枝にしがみつき、背中をこちらに向けてすやすや寝ていました。仲間を増やして上げる計画はないのかなぁと私が心配し始めて早7,8年。誰か知っている方がいらしたら是非ご一報下さい。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック