東横線沿線

December 15, 2018

この2年間、全力で応援しているThe Charm Park。
自分の相方とバックグラウンドが似ている事もあって、勝手にとても親近感を感じてるのよね。
ソウル生まれで8歳でアメリカに移住。
高校卒業までをロスで過ごし(途中、8カ月ばかり別の州に居たらしい)、バークリーを卒業。
(と言う事は18歳から22歳までボストン暮らし)
大学卒業後はロスの実家に戻り、その一年後、日本の事務所から引きがあって日本にやってきました。
それから8年ちょっと。
地頭のよさもあり、韓国訛りの日本語ながらもほぼ完璧に日本語でコミュニケーションをこなします。
私がたまにいい日本語が出てこなくて英語で話しかけても
「なるほどですね〜」とか
「あら、英語」
なーんて、日本語で返してくるくらい(笑

その彼がバンド時代に続いてソロでは初メジャーアルバムをリリース。
12月5日のリリース以来、パワープレイされている「Imperfection」ですが、その「Imperfection」を含む二枚組のアルバム「Timeless Imperfections」のリリースイベントとして行われた代官山蔦屋のインストアライブに行ってきました。

代官山蔦屋

blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 10, 2014

以前一度だけご紹介したこちら。
先日の流れでジャラート屋さんをもう一軒ご紹介しておこうかな。

あそこでご飯を食べたら、ここへ立ち寄らないとね。
ということで、タクシー飛ばして移動。

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 10, 2014

以前は友人が住んでいたためよく足を運んだ駅でした。
が、最近はすっかりご無沙汰。
この方に誘って頂いて行って来ましたよ。

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 07, 2014

JPエヴァンに続く2014年の対決第二弾はこちら。
ですが、ちょっとした”おち”がありました(^^;

ちなみにタダシヤナギ、以前から好きでこんな昔の記事もあるくらい。
ちょっと恥ずかしいけど、今より一生懸命書いている感が初々しい(ブログ初めて日が浅い頃です) → 昔の記事

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 31, 2013

かなり久しぶりに頂きました。

プレシューズたねやに続いて今日もまた栗ネタ。

image



blogranking ←とりあえず一日一押し!してから続きを読んでね(^o^)P続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 10, 2009

ヨハンのチーズケーキを頂きました。

ヨハン1


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

June 04, 2008

0410133c.JPGラ・クープ
よみ: らくーぷ
ジャンル: フランス料理
最寄り駅: 奥沢 / 緑が丘(東京) / 自由が丘(東京)

奥沢の駅から直ぐのところ。
住宅街へと続く通りにトリコロール。
温かみある、ドアの落ち着いた緑色が印象的です。
オープンは2000年10月、オーナーシェフの谷垣さんは、ホテルセンチュリーハイアット、ロイヤルパークホテルと、長きに渡ってホテルでご経験を積まれた方との事。

忙しくてなかなか平日に予定を入れる事が出来ないでいましたが。
エンジェルズが集合となったら行かない訳には行きません!
有楽町でJR京浜東北に飛び乗ったのは19時20分、大岡山で電車を乗り換え、多少乗り継ぎに苦労しながら奥沢の駅に到着したのは19時55分くらい。
乗り換えは多いけれど、思ったほど遠くないんですね。
とはいえ、約束に遅れる事ほぼ30分。皆さん、すいません(汗)

ラ・クープ2ラ・クープ3この日頂いたのは3600円のコース。
5200円と6,000円のコースもありましたが、3600円のコースでも前菜、主菜、デザート、カフェの構成なので量的には問題ありません。
若干メニュが分かりづらいですが、要は値段に関係なく前菜、主菜を選択できる替わりに、3600円のコースをオーダーしながら6,000円のコースの下に書かれている前菜を頼むとお値段がアップしたりする事がある模様。
ドリンクはグラスシャンパーニュやシャンパーニュを使ったカクテルが700−800円、クープは小ぶりですが、ちょっとだけ最初の泡!というニーズに応える嬉しい心遣い。
駆けつけ一杯に泡!と思いましたが、ランソンのブラックラベルだった為ここはあえてシャンパーニュは避け。シャンパーニュを使ったカクテルを。シャンパーニュをベースにパンプルムースのピュレ。苦味はわずか、さっぱりしたパンプルムースの濃ゆい味わいに胃酸の分泌が促されます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 09, 2008

3b6f2578.JPG欧風菓子バンセンヌ
よみ:おうふうかしばんせんぬ
ジャンル:ケーキ
最寄り駅: 祐天寺/中目黒

このあたりに土地勘のない私は、このお店の最寄り駅が何駅なのか分かりませんでした。
祐天寺からの帰り、中目方面に歩いていたつもりが間違って池尻大橋に到着してしまった時に偶然見つけたお店。
目黒信金の斜め前にある、小さな洋菓子屋さんです。
「パティスリー」ではなく「欧風菓子」という呼び名がよく似合う、ちょっと時代がかった少々野暮ったい印象さえある洋菓子屋さん。
地図で確認したらちょうど祐天寺と中目黒の間くらいに位置するようでした。
このあたりをよくご存知ない方には、辿り着くのがちょっと難しそうですね。
地図がなかったら、恐らく私も二度と辿り着けないと思います(爆)

度重なる原材料費の値上がりに耐え切れず、5月から値上げだそうです。
それにしても、値上げ値上げって一体どこまで行っちゃうんでしょうか。。。
私たち一般ぴーぷるも大変ですが、お店を経営されている方々は本当に大変だと思います。ガソリン代が30円/1L値上がっただけでもこんなに生活が苦しいんだものね(←以前は満タン入れても7−8000円だったのに今や大台突端な事にものすごーく"苦しさ"を感じている)。
バンセンヌさんのケーキはもともとの価格がガトーで300円前後ととても良心的な値付け。その値上げが購入者の買う・買わないの判断に大きく影響しない事を祈っております。

ガラス張りのお店のため、外からでも中の整然とお菓子の並ぶ様子が確認できました。小ぶりの、その良心的な価格のケーキ類が気になって中へ入ってみる事に。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 05, 2008

スリール1スリール2パティスリー スリール
よみ:ぱてぃすりーすりーる
ジャンル:ケーキ / チョコレート / 喫茶店 / タルト・パイ
最寄り駅:祐天寺 / 学芸大学 / 池尻

この辺りは散策にグット。
という事でこのお休み中、SAVOYと一緒にご利用頂きたい一店を。
先日のV6の番組を見て、焼メレンゲのケーキを頂きにもう訪問しちゃった方もいるかな?

三宿通り沿いのパティスリーです。
通りに面してババーンと白壁とオレンジ色のひさし。
可愛らしく温かいカラーリングがひときわ目を引きます。
車で通ってもパッと目に入る鮮やかな色合いの為、以前から気になっていたお店。
今回は祐天寺の駅から歩いて伺ったのですが、10分弱という感じでしょうか。どこの駅からもあまりアクセスはよくなさそうです。

店内はそれなりに広いのですが、薄っぺらい形をしている為、外観からうける印象ほどには広くありませんでした。入口入って左側に焼き菓子、目の前が生菓子、右奥がカフェ。光を沢山取り込むガラス張りの構造のカフェは、お天気のいい日にまったりするのによさそうですね。
ちなみにこちらのオーナーシェフは岡村尚之シェフ。パリのジャンポール・エヴァンやホテル・ド・クリヨン等で修行を積まれた後、銀座資生堂パーラーやかのロオジエでシェフパティシェもされていた事があるって言うんだからピッカピカですね。ちなみについでにスタートはルノートル。ルノートルといえばエーグルドゥースの寺井シェフやパリセヴェイユの金子シェフも同窓です。
独立してこちらをオープンしたのは2005年5月5日、ということで本日でめでたく3歳になりましたー。
グッドタイミニング〜です(爆)

スリール3【タルトフィーヌポンム@380円】
ホールでも購入可能。
ホールの場合はサイズが2つあるようです。
が、私が頂いたのはピース。
りんごの薄いスライスが丁寧に綺麗に扇状に広げられ、意匠的にも素敵です。
台はパートフィユテ。
これまたかなり薄く、りんごの糖分で”じとっ”としていました。香ばしさも感じられないです。
リンゴは酸味は低め、甘さはほどほどで、生地もそうですが期待していたほどにインパクトはありませんでした。よく言えば柔らかい口当たりですが、焼きも浅いですしりんごの旨みみたいなものが十分に引き出されていないような気がしました。少々ぼけた印象です。
さくさくっと気合の入った台、甘みと酸味の凝縮したしかし”しゃきっと感”が残ったアップルスライス、そんな勢いのある一品を期待したのは私の勝手なのです。
勝手なのですが、お値段を考えると若干物足りない感が。

焼リンゴ作りに便利なリンゴの芯抜きです。アップルカバー焼リンゴ作りに便利なリンゴの芯抜きです。アップルカバー

このあと出てくる「アップルカバー」は、写真のものではありません。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 24, 2008

68025fa3.JPGサヴォイ2サヴォイ 三宿通り店
ジャンル ピザ / イタリア料理
最寄り駅 祐天寺 / 学芸大学 / 池尻大橋
/*/*イタリアン*/*/ - livedoor Blog 共通テーマ

ナポリピッツァの最もおいしいお店の一つ。
と、私が勝手に思っているお店です。
中目黒のお店が閉店してしまい、そちらにいらした柿沼さんは中目黒店があったところのすぐ近くに聖林館をオープン。
本当はその聖林館へ行ってみるつもりだったのですが、この方この記事で拝見したサヴォイの三宿店の事をふと思い出し。
祐天寺に用事があったため聖林館@中目黒でもサヴォイ三宿店@三宿でもよかったのですが、お天気がよかった事もあってサヴォイ三宿店を選択。
野暮用が終わった後、祐天寺から歩いて伺いました。
うーん、どうでしょう、もしかしたら学芸大の方が近いかな。
いずれにしてもどこの駅からも近くないです。
祐天寺から行くにしても学芸大から行くにしても、住宅街の中を10分くらいは歩く事になります。

サヴォイ9サヴォイ10到着したのはお天気のよかった週末、時間は既に14時を過ぎており。
流石にすんなり入れるよね〜と思って予約をしなかったのですが、なんと満席(><)
でも「直ぐに空きますので」との事だったので入店し、大きな石釜の前で次々とピッツァが焼き上がるとメニュを眺めながら席が空くのを待ちます。
ピッツァは潔く二種類のみ。

ところで、なんでドリンクメニュを撮ったか?
このKRUGとサロン96のお値段、見て下さい、分る方なら大興奮間違いなしです。一体いつ頃仕入れたんでしょう、にじり寄りたくなりますね。
――が、流石にお昼ですしこのお値段なのでどちらも私は頂いておりません。
ちなみににじり寄ってもおりません(爆)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 04, 2008

レザンファンギャテレザンファン ギャテ
最寄駅:代官山 / 中目黒
料理:フランス料理
フランス料理 - livedoor Blog 共通テーマ

昨年の日本版ミシュランで一つ星を獲得。
オープンから一年弱、それで星を獲得とはすごいものです。
昨年末をもってビルの建替えにより閉店してしまった、クラブニュクスでもお馴染み原口シェフのお店。
「我が家のアル中コンビ」の片割れにして有閑マダム(本人曰く、遊ぶのに忙しくて全然暇が無いそうです)がこちらのテリーヌが大好きで。
「ここのテリーヌだけでワイン会をやりたいね〜〜」なんて話をしていていたため、気になって気になって仕方がありませんでした。
でもって予定の無かった週末のランチ。
「星をとったようなお店だもん。当日は無理だよね。」と思っていましたが、思い切ってお電話してみると席の確保に成功。お昼でもコース3,000円からとあまりお安いお店ではない為、「混み混みで予約が全然取れない〜〜」という事は無いようです。
うーん、そう考えると益々ロオジエってすごいですね。

時間に余裕を持って伺ったつもりだったのですが。
ライブドアグルメの「地図機能」から地図を出力して向ったのに、なんと住所のハイフンが登録時に文字化けしてしまったようで正しい位置にお店が表示されていませんでした。。。
そんなこんなで10分の遅刻。代官山から1−2分だと思っていましたが、7−8分は掛かりそうです。もしかしたら渋谷駅からでも10分程度で歩けるんじゃないでしょうか。
どこが最寄かは極めて微妙ですが、一ついえるのは、どこの駅もあまり近くないという事。
代官山からだと八幡通りを渋谷方向へ下り、陸橋の手前を左に下ったすぐ左手です。
ウッディーで温かみのある外観。

レザンファンギャテ1レザンファンギャテ2入店すると、すぐ右手はカウンターになっていました。
店内は落ち着いた雰囲気。
入口にはコルビジェのソファ。
ミッドセンチュリーな雰囲気はクールで、スノッブで、しかしそれでいてやはり温かみを感じさせます。
外からでは分りませんでしたが、お店は奥へ広がっていました。外観よりも高級感のある店内です。

さすが星がつくだけの事はありますね、サービスも極めてしっかり。
ジーンズで伺ってしまいましたが、お隣の席では初老のご夫妻が優雅にお食事をされていました。
ランチのコースは3,150円から。アミューズブーシュ、スープ、テリーヌ、サラダ、デセールそしてカフェの構成です。5,775円のコースだと、それに肉か魚が付きます。
起き抜けだったこの日は、そんなに重いものはねーという事で3,150円のコースを頂きました。
テリーヌは、7−8種類から選択可能です。

MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 20, 2007

イルルポーネ1イルルポーネ2イル ルポーネ
最寄駅:中目黒
料理:イタリア料理 / ピザ / パスタ
/*/*イタリアン*/*/ - livedoor Blog 共通テーマ

梅ヶ丘の友人が「駅の向こうのイタリアンが「真の(ナポリ)ピッツァ認定店」になったから行こう」というので、色々と用事を済ませた後、行って来ました。ここじゃないですよ、イル・モストロという、小田急線梅ヶ丘駅前、南口を出て右に歩く事1分、私がよく行く「リカーショップなかます」さんの二軒くらい先のお店の話し。
以前からあったお店ですが、極最近、認定店になったようです。自宅へ帰った後、いつ認定されたのかが知りたくて「真のナポリピッツァ協会日本支部」のホームページを開いたら。
あらっ。
いつの間にやら認定店が随分増えています。マルデナポリはイルモストロと同じ今年4月に、中目黒のイル・ルポーネも約一年前の昨年6月に認定されているじゃないですか。
とはいっても、この認定店。出だしは自己申告(それも有料で審査してもらうんだそうです)なので「本当に全ての優秀なナポリピッツァのお店が認定されているか」と言われると全然そんな事ないんですけどね。

イル・ルポーネ。
以前、中目黒の友人が「パーレンテッシの方がおいしいよ」と言っていたのを思い出し、お店の前まで行って引き返した事がありましたっけ。
「認定されたなら行ってみるか」という事で、休日のランチに行って来ました。
場所は中目の駅を出て山手通りを駒沢通り方面へ。その駒沢通りを渡って2−3分、右手のampmの角を左に折れれば直ぐのところ。目黒川沿い、全20席弱の小さなお店です。春にはきっと、川沿いのサクラが綺麗なんだろうなぁ。

暑かったこの日は到着するとすぐに「生ビール!!」
ランチメニュは2,000円。前菜、パスタかピッツァマルゲリータ、ドルチェ、カッフェの構成です。ちょっと高めの価格設定ですが、マルゲリータは単品オーダーだと1700円ですから、単品で頼むよりはかなりお得。
同行者が「ランチメニュのピッツァはマルゲリータだけなのかなぁ」といっていましたが、「真のナポリピッツァ」という事は「売りは」マルゲリータかマリナーラなので、もちろん、クワトロフロマッジョやビスマルクなどがセットメニュになる理由もないのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 03, 2007

石丸館1石丸館
最寄駅:中目黒
料理:フランス料理

年頭ですからインパクトのあるお料理&お店を。という事で選んだのがこちら。以前こちらでもご紹介した石丸館@中目黒です。

おフランス生活約30年、パリのレ・ジョルジュックにいらした石丸勝麿シェフのお店は、通りに面したフランス国旗のカラフルかつポップな印象とは裏腹に、落ち着いた雰囲気漂う小さなプライベート感溢れたお店です。でも今日はイートインではありません。年末年始のお酒のお供にお願いしておいたファグラ入りブリオッシュ。最終営業日の日、このブリオッシュを頂きに上がりました。
実はこのブリオッシュ、このシェフを日本の父と慕う我が食い倒れ兄弟が口にし「これがものすごい!」と興奮気味に教えてくれたもの。その話しに、そして映像に悶絶していたところ、この食い倒れ兄弟がシェフに掛け合い、援護射撃をしてくれました(泪)。持つべきものは食い倒れ兄弟です、本当にありがたいです。
ありがとう、兄弟ぇ!

石丸館 ブリオッシュ1石丸館 ブリオッシュ2取りに伺ったのは年の瀬も押し迫った12月30日、名前と例のものを取りに伺った旨を告げると、厨房に入り、冷蔵庫からブリオッシュを取り出し、「これね。」と私に見える位置までそのブリオッシュを持ち上げてくれます。
「こちらに来なさい」と言われて厨房に入ると更にコンロの所へ促され、「これね(包丁を上げて)、こうやってちょっと温めてからすぅっと(きこきこやらないで)下ろして切ってね。」との事。ちなみに予約時には1/3 から1/4くらいの大きさで1万円と伺いましたが、ちょっとおまけして頂いてしまったようです。シェフ、ありがとうございます。

さて持って帰ったブリオッシュ、早速頂いてみました。食い倒れ兄弟の写真で見た時より作りがしっかりしております(笑)。
天井の穴、ここからコンソメジュレを流し込んでいるんだとの事。
ラップを取った瞬間からかなり強烈なアルコールのとんだブランデーの香りがしていた為、「これは濃厚に違いない」と思い、薄めにカット。温めた包丁を入れると、ぶりんっとしたコンソメジュレがすうぅっと切れてしまいました。香りからかなり濃いので、香りだけでお酒が呑めそうです。塩や胡椒は全く必要ありません。日本の日本人の作ったフレンチしか召し上がった事がない方はちょっと驚くかもしれないですね。
石丸館 ブリオッシュ3石丸館 ブリオッシュ4ブリオッシュの部分は卵とバターが、味わい・香りともしっかりしています。
ファグラ、かなり濃厚な質のいいファグラがたっぷり。舌触りが見事です。
そしてこのコンソメジュレ、香味野菜の深い味わいと甘み、そしてブランデーの香りがしっかりしました。これだけだとちょっと味が強すぎる為、縦に切ってブリオッシュ、ジュレ、ファグラ、それを全て一度に頂きます。と、あらまぁ、これが素晴らしいマリアージュ。ファグラのねっとりがコンソメジュレで緩和され、ジュレの甘さと香り深さがこのねっとりとそしてブリオッシュの優しさでマイルドになり、非常にいい具合です。
最初、これをフィリポナのミレジメ93で頂いたのですが、あまり酸味がない方がこのお料理には合うみたい。このシャンパーニュも合わない事はありませんでしたが、ローヌの南部・ルーション地方(ラングドックといつも一緒にされてしまう辺り)のヴァンドゥナチュレ(VDN=Vin Doux Naturels)との方が断然合いました。シャプティエのミュスカドリヴザルト(Muscat De Rivesaltes)を合わせたら、これが最高。ネロネロっとした口当たりだけでなく後味も非常にうまくハーモニーしました。ミュータージュ(発酵途中にブランデーなどを添加して発酵を停止し、甘口に仕上げる方法)の効果でしょうか。普段はこんなもの買って置かないのですが、運命ですね。素晴らしいマリアージュを楽しむ事ができました。ありがとうシャプティエ、ありがとうフランス展@伊勢丹!このリヴザルトについてはまた後日。

帰りに「よい年末とお年をお迎え下さい」と丁寧に頭を下げ、見送って下さったシェフの姿が印象的でした。辛い治療で激減してしまった義母の体重が、これで少し戻るに違いありません。
石丸シェフ、素晴らしいお料理をありがとうございます。公約どおり、今年はお店にも伺わせて頂きますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 25, 2006

パリセベェイユ1パリセベェイユ2パティスリー パリセヴェイユ
最寄駅:自由が丘 / 奥沢 / 九品仏
料理:ケーキ / カフェ / パン / チョコレート

伊勢丹のマ・パティスリーに出店されていました。
実はchiyogoroさんからちょっと前に「東急フードショーで安食シェフ@デフェールとのコラボイベントやってますよ」との情報を頂戴し、伺おう伺おうと思っていたのですが、急だったので都合がつかず、伺う事が出来ませんでした。
そんなお店との偶然の再会ですから、なんだか運命めいたものを感じてしまいます(笑)
パリセベェイユ3パリセベェイユ4【ムッシュ・アルノー】
クラッシュしたノワゼットがたっぷりです。ノワゼット風味の歯ごたえのあるサブレ生地(?)、その上に板チョコに挟まれたショコラクリームの層(この搾り出しが綺麗)、一番上のショコラクリームはオレンジ風味でした。地味な色合いですがオレンジピールが配されとてもシック、デコレーションも大人です。こんな色々なものを組み合わせて大丈夫なのか実はちょっと不安だったのですが、これがとにかく美味なんです。一層一層も入念に丁寧に作りこまれていましたが、全部が一度に頂けばそれは見事な一体感。オレンジの風味は苦味がなく、柑橘系を使いながらも全体はミルキーな印象です。これは美味しい。
パリセベェイユ5パリセベェイユ6【モンブラン】
季節はずれなのですが、お酒を使っていないと言うのでどんなものか頂いてみました。というより、お願いされていたミゼラブルが売り切れており、ピンチヒッターです。
ねっとりしたマロンペースト、フランスの栗です。個人的にはやっぱりモンブランは秋よねーと思いますが、ミルキィながらも重すぎないシャンティィとの相性もよく、腕のいいシェフのガトーはいつ頂いてもおいしいんだな、と妙な納得をしてしまいました。そうゆう説得力のあるモンブランです。

こちらのショコラ使いは見事ですね。と友人にいったら「あそこは酸っぱいのが美味しいのよ」と言われてしまいました。うむ、そっか、次回いってみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 21, 2006

クルスタッド1クルスタッド2イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ
最寄駅:代官山 / 中目黒
料理:ケーキ / チョコレート / パン / デリカテッセン / カフェ

石丸館でご飯を食べた帰りに食料を調達しに代官山へ。せっかくなのでイルプルシュールラセーヌに立ち寄りました。
右奥のイートインのスペースは一杯。15時過ぎでしたがガトーは綺麗に残っていて、食料品を調達するだけの為に立ち寄った割には食い入るようにショーケースを見つめてしまいました。
高いですが、いつ伺っても美しいガトーの数々です。
ちょっとお高いですが(苦笑)

【ポロ葱のクルスタッド@630円】
以前から目をつけていたクスルタッド。カレーの風味でした。細めにカットされたポロ葱はしんなりと炒められていますが、しゃきしゃきしたほどよい食感がみどと。カレーの風味ですが、卵の味わいがしっかりしているので、しつこい感じは全くありません。むしろスパイスが心地よく、胃酸の分泌を促します(笑)。生地のバターとオフセットされ、しっかりした量を頂いてももたれる感じはありませんでした。

クルスタッド5クルスタッド6【クロワッサンザマンド@300円】
驚くのはまずその重さ。
一人で一個は無理です。半分食べたらお腹一杯、かなりの質感です。
ビスケット生地の風味がよくておいしい。
しっかり焼きこまれ、食感、生地の風味ともいいです。しっとりしてヴォリューム感がある割に、はぎれがよくて不思議な食感。
アプリコットのジャムでナパージュしてありますが、こんなものまで美味しいから驚きます。

クルスタッド3クルスタッドはお教室でも習えるとの事ですが、うぅ〜ん、こんなのをお客さんする時に出せたらいいだろうなぁ。
今朝はあたかも自分で作ったように盛り付け。
でも私のお手なる作品でない事は直ぐばれました(笑)
高いけど、高いだけの事はありますね。
今度はパテとか頂いてみたいな。こちらのお教室への行ってみたくなりました。が、絶対ないですね。
だったら一生懸命働いて、こちらへ購入しに来ます(爆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 12, 2006

ミルフィーユショコラ2お店ショコラ ベルアメール
最寄駅:中目黒
料理:ケーキ / チョコレート / タルト・パイ

石丸館さんとは線路を挟んで向かい側。駅前の商店街からはちょっと外れた場所ですが、東京グルメでも一時期大ブレークしていた、そして今も人気を誇るお店ですショコラトゥリーという存在感の珍しさ、商品の豊かさとヴァラエティー、そしてもちろんお味ゆえなんでしょうね。
私はこちらの焼き菓子、特にブラウニーが好きなのですが、本日頂いたのはミルフィーユショコラ。これ、以前からどうしても食べてみたかったのですが、色々事情がかみ合わず、なかなか頂くことが出来なかったのです。
ついに実食。

ミルフィーユショコラ1ミルフィーユショコラ2【ショコラミルフィーユ@483円】かなり大きいです。エルメのミルフィーユくらいありそう。香りから濃厚、そして何よりインパクトがあるこの色とデザイン。黒いミルフィーユなんて初めてです。グラッサージュしてあるせいもありますが、とにかく真っ黒。それに粉砂糖でお化粧してありました。ビターで、ショコラの風味が際立ち、甘さのニュアンスは香り、そして味わいともにありません。クリームは、ヴァニラとショコラのクレームパティシエールが交互にサンドされています。どちらもねっとりして重たいです。ぽってりです。特にヴァニラは濃厚です。しっかりした風味と食感のパートフユテに合わせた作りになっているのかも知れませんが、ちょっとバランスが悪いように感じました。一人で頂いたら飽きてしまいそう。
ブラウニーも2フレイバー頂いたのですが、今日のところは普通のブラウニーに軍配。次はいよいよボンボンです。

そういえば先日、伊勢丹をふらふらした際、6月24日にオープンした「スイーツ&和の名店」にこちらが出店しているのを発見しました。9月までの出店なので、普段なかなか中目黒までは足を運べない方も楽しめるチャンスがありそうですね。ちなみに、ジョトォやアンテノール、和は祇園辻利やずんだ茶寮などが出店していて、伊勢丹の企画力と実力を思い知らされる素晴らしいスペースです。18日までは先日フードショウーで食べ損ねた「パリセヴェイユ」がマ・パティスリに出店していて、伊勢丹のB1Fにはスイーツ王国が出現しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 06, 2006

石丸館シャンパーニュ石丸館
最寄駅:中目黒
料理:フランス料理

前日の22時頃、携帯にメールが。
「例のものが明日まで石丸館で楽しめるので、時間があったら伺ってみたらどうでしょう」というもの。もちろん、翌朝お店に電話です(笑)。連絡をくれた友人にそれを携帯メールで報告すると、すかさず援護射撃をしてくれた模様。到着するとシェフがお出迎えしてくれ「お友達の方?さっき、やつから連絡があったよ」。持つべきものはこの裏番シェフに「やつ」と呼ばれてしまう友人です(笑)
グラスシャンパーニュ@1500円はモエ・エ・シャンドン。と、ランチのコース@3500円が勝手に出始めました(爆)。パンは自家製。皮が味目の、穀物の香りや味わいがしっかりあるタイプです。

石丸館シャンパーニュ1石丸館2アミューズは蟹をつかった前菜。なんじゃこりゃ〜!!
という濃ゆい甲殻の味わい。ほぐし身が随分たっぷり入っています。トマトやにんじんなど他お野菜の甘さとあいまって、いい具合に甲殻類独特のきつい香りに円みが加わっています。原価を思い切り無視(爆)。
こりゃすごいや。

石丸館3続いて出来てたのはビスクドオマール!!甲殻類好きの私は世界中、あればどこでもビスクドオマールを頼みますが、こんなの一杯3500円でも呑めないです!!後から聞いたところによれば、オマール6匹と鯛10匹使って2Lくらいしか取れないのだそうです。凝縮したオマールの殻の出汁。とにかく濃い出汁の香りと味わいが印象的です。アルコールで水の生き物的臭みとえぐみが綺麗に飛んでいて、お野菜の出汁やクリームで円やかに仕上げてあります。こってりしているのですが全然重たくない。これ一杯でも十分来た甲斐があります。このまま席を立って帰ってもいいやというくらいの気持ちになりました。この店は本当に原価計算が出来ているのか、不安さがますます募ります(苦笑)

石丸館4石丸館5メインは真鯛のポアレ。
ちなみにあとから来たお客さんはスズキでした。何が出てくるかはその日、その時にならないと分からないんですね。それにしても凄い量です。お肉をたっぷり頂く機会はありますが、お魚をこんなに沢山頂けるなんてそうそうない事。ほんと、嬉しいです。
真鯛は皮目をしっかり焼かれ、白身魚の優しい味わいがぎゅぎゅっと閉じ込められています。皮の裏側に一番その味わい。ソースがかかっている箇所はそれはそれで美味なのですが、かかっていない場所は皮目がパリッとし、そのすぐ下の身との凝縮した味わいと食感のコントラストが素晴らしい。ソースで楽しむため塩は控えめですが、白胡椒がしっかりきいていてピリッとする感じがとてもいいですね。ヴォリュームも給食的にたっぷり、男性には少々多き目が供されているあたり、その心遣いもにくいのです。それにお野菜を出して下さいました。

石丸館6石丸館7一度グリルされたナスやズッキーニがフレッシュなトマトと煮込まれているのですが、こんなものまで思い切り美味です。舐めるようにスープまで全てパンで拭って頂きました。
あまりに綺麗で恥ずかしいので
「美味しくて全部頂いちゃいました。。。」と申し上げると、マダムから「お皿だけ残していただければいいですよ」と笑われてしまいました。

石丸館8そして今日のお目当て、友人から連絡のあった蜂蜜のアイスクリーム!球型にくりぬかれた赤いメロンのジュースと一緒に頂けば、口に入った瞬間はさっぱりなのに喉の奥を通過するときに蜂蜜と特有のねっとりした甘さを残していきます。非常に余韻が長く、濃い目の食後のドリンクとよく合いました。素材の良さをシェフの腕が充分引き出したレベルの高い一品。どちらか一方がよくないと、ただしつこいだけのデセールになってしまいますからね。

個人の小さなお店なのでワインはあまり充実していません。この日はグラス@850円で頂きましたが、白はボルドーのブランドブラン。完全にお料理に負けていました。量はたっぷりですが、だったら量を減らしてでももう少々いいワインをだした方がお料理ともつりあうと思います。ちょっともったいない。ただ、小さなお店なのでそうゆう所を探したりするのも楽しいです。知ったかぶってごちゃごちゃ言ってワイン代の差額を返金してもらった話しを東京グルメで読みましたが、ワイン好きが行くお店ではないです。TPOをわきまえて利用しないとお店もお客も嫌なお店をするいいサンプル店だと思うので、それをしっかり肝に念じ、シェフの心意気を楽しみたいお店です。
しっかり芯と骨格のあるお料理に今日も大満足。シェフ、マダム、そしてわざわざ連絡してくれた最近間違ってばかりの友人(彼女のマイミクさんにしか分からない)には感謝感謝なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 22, 2006

伺ったのはもう一月くらい前の話なのですが。
写真を変なところに保存してしまい、その写真が見つからなくなってしまって。そんなこんなですっかりアップが遅くなってしまいました。
週末を利用して写真を整理し、やっと発見。
やっとアップ〜と思ったら、驚いた事にアップがchiyogoroさんとバッティング。
サンファソンに続くバッティング第二弾です(笑)

d4f2f5f3.JPGセイロンイン
最寄駅:中目黒
料理:スリランカ料理

エスニックづいてます、でもこの日のメインはお料理ではなくお喋りです。
伺ったのは平日の13時。
第一候補だったサヴォイがランチ営業を終了していた為、中目黒のグルメストリートの入り口(出口?)にあるこちらのお店を訪問しました。
ちなみにサヴォイのランチは、なくなったら終了みたいです。

ランチは本日のカレーと選択したカレーの組み合わせにサラダとデザート。
選択するカレーとナン、全粒粉っぽい粉で作った丸い15cmくらいのパン(チャパティっていうんでしたっけ)、ライスのどれと組み合わせるかでお値段が変わります。
この日頂いたのはチキンカレー、本日のカレーはかぼちゃのカレーで、私はナンを選択、これにサラダとヨーグルトの椰子のシロップがけデザートがついて950円。サラダには市販の白いフレンチドレッシングみたいなのが掛かってました(笑)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

May 17, 2006

9c6a4430.jpgパティスリー・ポタジエ
最寄駅:中目黒 / 祐天寺
料理:ケーキ

chiyogoroさんが教えてくれた新しいパティスリー。土地勘のない中目黒なので細かく教えていただいていって参りました。ありがとうございます。
中目黒の商店街、かなり奥というか端っこの方。石丸館さんを通り越し、歩く事5,6分。この先まだ何かあるのかなぁ、そろそろ引き返した方がいいんじゃないかなぁと思いたくなる場所にありました。外観は爽やかかつ可愛らしい意匠と色合いも手伝ってポップな印象、商品の割りにお店の広さが目立ちます。奥の工房で商品を作っているのが見えました。
ショーケースに並ぶのは極々普通のようでいて、よくみるとフレーズにのっているのはストロベリーでなくプチトマト(笑)。緑のスポンジには緑の野菜が練りこまれーと全てに思い切りお野菜が使われています。見た目は色合いも綺麗ですが、それを聞いてしまうと買うのに少々勇気が要ります(笑)。この後「ベルアメール」に用事のあったこの日は焼き菓子ばかり数点を購入。
クグロフクグロフ半分【クグロフ・さつまいも@220円】ダイスに切られたおいもがごろごろと入っています。結構硬めなので完全にこの食感が勝っていました。あまり甘くなくて、恐らく有機農法等で作られたさつまいものを何の味付けもしないでばさっと投入し、焼き上げただけと思われます。健康的な味ですが、お菓子としてはどうなんでしょうか。。。食感のちぐはぐが私はちょっと苦手でした。
【クグロフ・にんじんとごぼう@220円】完全ににんじんとごぼうの味。こんなに強烈なごぼう臭のお菓子は初めて頂きました。
どちらも思いきり野菜なので、含まれるお野菜が駄目な方は絶対に食べられません。話題性はあるけれど、「お菓子」と思って購入するのは危険かも。それにしても、こんなクグロフをみたらマリーアントワネットもびっくりでしょうね。ちなみに私が今まで頂いた中で一番美味しかったのは、ch.syohinさんがお焼きになったオレンジのクグロフです。
フィナンシェ【ほうれん草のフィナンシェ@300円】これは後日いただいた物。小さめのプラスティックケースに小さめのフィナンシェ。これを目の前に差し出された時はクグロフのトラウマがあったので躊躇しました。が、お野菜の青っぽい風味はなく、ぶちぶちした食感が「あっ、葉っぱだ」と分かる程度。これは比較的頂き易いと思いますが、少々べたっとした脂っこさがあって、お菓子としてはまぁまぁというレベル。

保存料を使用していないので賞味期限を過ぎると直ちにカビが生えてきて、私は一つクグロフを駄目にしてしまいました。健康に対する配慮が感じられ、安心して頂けるスイーツですが、普通のパティスリーで普通のお買い物をするようなつもりで行くと少々違ってしまうかもしれません。でも初めての体験です。面白いです。次回、生菓子を頂いてみたいと思います。うーん、でもちょっとこわい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

April 28, 2006

ベルアメール942eb46a.JPGショコラ ベルアメール
最寄駅:中目黒
料理:ケーキ / チョコレート / タルト・パイ

以前は限界まで疲れたら飲みまくってごまかしておりましたが、流石に年のせいか踏ん張りがきかなくなってきました。辛いときほど笑って―を実践しておりますが、それも今週ついに限界。今日は月末だというのに会社を休み、友人とランチです。天気のよかった今日は散歩するのにぴったりで、仕事を抜け出してくれた友人が仕事へ戻るとまずはベルアメールを目指しました。お土産でブラウニーやボンボンショコラを頂いた事はありましたが、自分でお店に伺うのは始めて。怪しげな駅前の飲み屋街?を抜けると、その先に突如としてガラス張りの素敵なお店が現れます。
まずは商品の種類と量に圧倒されました。大きなお店です。ショコラミルフィーユにかなり惹かれましたが、初心貫徹、以前から気になっていたクリオロとツインクリームシューを頂きました。
【クリオロ@472円】つなぎに粉を使ってないのだそうです。かなり濃厚なビターガナッシュ。ショコラトゥリーらしい質の高いショコラの香り、がつんとした味わいとは対照的に滑らかな舌触りでこれは美味しい、おいしいです。さすがこちらの一押しです。グラッサージュには少々酸味のニュアンスもありました。
シュークリーム【ツインクリームシュー@250円くらい】
きのこみたいな可愛らしい形。下はビターチョコレート、クリームはクレームパティシエールとシャンティィを合わせたもののようで、色合いの割りに軽やかな仕上がりです。ヴァニラビーンズの香りは仄か、少々レモンのようなニュアンスも。その下はショコラのクリーム。お姉さんから「チョコレートの味が強くて人気があるんです」と言われたとおり、比較的しっかりしたショコラの味わいです。下のこのクリームの方が力がありますが、ショコラの芯に上のクリームの味わいが寄り添い非常にいいバランス。シューも風味がいいし、このシュークリームは上質で美味しいです。

さぁ今晩、夕食が終わったら食べるぞっ、と勇んで電車に乗り込みましたが、渋谷にでてフードショーで買い物して帰ろうと思ったらなんと!このベルアメールが5月3日まで臨時出店してるじゃないですか?!
http://www.tokyu-dept.co.jp/foodshow/t/event/index.html
気になったミルフィーユとシューを追加購入、家に帰って夕食を待たずに中目黒で買った方を一人で食べちゃった事は旦那さんには内緒です(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 26, 2006

サヴォイ外観サヴォイ
最寄駅:中目黒、料理:ピザ / パスタ

カウンター席に陣取ってまずはプロセコで乾杯。洒落た足長グラスではなく、カジュアルな厚ぼったいグラスで頂きます。それがお店の雰囲気に合ってます。

モッツァレラを前菜に、二種類しかないピッツァを一枚ずつオーダー。ここでやっと一息ついて店内を眺める事が出来ました。このお見えを知ったのはもう何年も前、学生の頃の事。行ってみたいなぁと思っていましたがかなりの人気店の為ぎりぎりだと予約が取れず、なかなか伺う事が出来ませんでした。その上「時間制限がある」と聞いていたので妙に緊張、念願かなった興奮と相まってオーダーが終わるまでそわそわ(笑)。
店内にはアメリカンアンティークが溢れていて、ピーナッツファミリー(スヌーピー)の古いビニール人形が沢山置かれています。置かれているCDにもインテリアにも、オーナーの強い好みとこだわりが感じられました。私の大好きな雰囲気で、ワクワクしてしまいました。薪釜はお店の奥。鰻の寝床のようなほそながぁい店内は一階はカウンターとテーブル席が一卓のみ、二階席もあるようです。水牛のモツァレラ
ビソルのプロセッコ・ディ・ヴァルドッビアデネをハーフで頂きました。ヴェネトのスパークリングです。香りに仄かな甘みのニュアンスはリンゴや青リンゴのよう。小さな細かい泡がチャーミングです。飲み口は甘いのですが後に残る感じはなく意外にもすっきりとした辛口、温かい季節のカジュアルな集まりによさそうです。
水牛のモッツァレラ@1200円、フレッシュで久しぶりに頂きました。食感と噛んだ時に口内に広がるミルクのような濃い深い味わいと塩味とのハーモニー、うぅんこれですこれ!おいちぃ♪
マリナーラピッツァ@1500円はタイミングよく、一枚食べ終わったらもう一枚、絶妙なタイミングで持ってきて下さいました。温かい最上の状態で食べてもらいたい、というお店の強い気持ちを感じます。最初に頂いたのはマルガリータ。トマトのフレッシュな酸味ととろりーんとなったモッツァレラの絶妙なハーモニー!そして白眉はこの生地です。もっちりした食感、程よい塩味、ぷっくら膨らんだ耳は火の香ばしい香りがして泪が出そうになるくらいうんまいです。おいしいです、美味しすぎます。マリナーラは元気のいいオレガノの香り。この生地なら何を乗っけてもおいしいと思いますが、生地の塩味や食感などをストレートに楽しむなら、こうゆうシンプルな具が一番だと思いました。二種類しかない意味がわかります。

生地がもっちりしているので結構お腹にたまりました。これで一人2800円。
現在は週末のランチはやっていませんが、なんと3月から日曜日のランチを開始との事!これは行くしかありません!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 23, 2006

イル・プルーイル・プルー・シュル・ラ・セーヌ
最寄駅:代官山 / 中目黒
料理:ケーキ / チョコレート / パン / デリカテッセン / カフェ

一回食べたことあるって言ったのに。。。(泪)
頂き物なので文句はいえませんが、ちょっと前にお店で頂いたものと同じでした。
折角ならなにか違うものがよかったなぁ。
チョコレートの下はコーヒーの層と抹茶の層。
ひとつひとつの層は丁寧に作られていてきめも細かく、舌触りも極めて滑らかで美味ですが、あえて組み合わせる必要性は感じません。

先輩からエーグルドゥースのケーキまで頂いて、我が家はお菓子王国です。
嬉しいやらダイエットが遠のいて悲しいやら。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 21, 2006

23d747ba.JPGヒルサイドパントリー
最寄駅:代官山 / 中目黒
料理:パン / サンドイッチ

友人が買いたいものがあるというのでイル・プルーの帰りに立ち寄りました。地下にあるお店ですが意外に明るくて、お店の外のテーブルではガラス越しに入ってくる光を楽しみながらクロワッサンと缶ジュース(何故?)でお喋りに興じる人々で賑わっていました。私達がまず足を踏み入れたのはブーランジェリー側。焼きあがったばかりのパンのいい香りがしています。見ると奥から焼きあがったパンをもってお店の方が出てきました。
私が購入したのはクッペ、クロワッサン、チョコレートのクロワッサン。帰ってから頂きましたが、しっかり焼かれた生地は軽い食感です。チョコレートのクロワッサンはクロワッサン生地自体もさっくりして美味ですが、チョコレートガナッシュが美味しい。クッペはまぁ普通。
このお店、レジがお店の真ん中にあって、近づいていくとぷぅぅぅんと妙な香りがするんです。最初はデリのエリアかなぁと思いましたが、じゃなくて食料品のエリアから。よくよく見れば妙なスパイスが色々置いてあって、どうやらそれが臭っているようでした。
その手の香りがあまり得意でない私は香りにやられてちょっぴり目眩(苦笑)。ちなみに、店内の作業台のような大きなテーブルでは、デリやブーランジェリーで購入したものを頂くことが出来ますが、雰囲気はまったくありません。と、あの香り(苦笑)。
友人曰くバケットサンドもおいしいらしいので次回是非頂いて見たいです。あっ、もちろんテイクアウトで(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 15, 2006

1ddde0dc.jpgイル・プルー・シュル・ラ・セーヌ
最寄駅:代官山 / 中目黒
料理:ケーキ / チョコレート / パン / デリカテッセン / カフェ

珍しく自分でケーキを買いに遠征です(笑)。
本日のターゲットはイル・プルー・シュル・ラ・セーヌ。
以前クラッシックショコラを頂いて「ここの焼き菓子はさぞや美味しいに違いない」と思っていたのですが、今の時期ならガレット・デ・ロアがあるはず、だったらそれを食べてみたいという思いに駆られ、休日出勤の後わざわざ代官山まで遠征してまいりました。
ありました、ガレット・デ・ロアです。
なんと15日までの限定、って事は今日までじゃないですかぁ!! 休日出勤なんて2年ぶり位で「新年からなんてついていないんだろう。。。」と思っていたのですが、人生、谷あれば山ありですね。

実は「ユーハイムのバームがあるので今週末はケーキは買わない事」というおふれがでていたのですが、どうしても食べたくて行ってしまったこちらのお店。大きな方も1365円、比較的単価の高いこちらの商品の中ではかなりお買い得で大変迷いましたが、おおっぴらに食べられない事を考えると購入は不可能、なくなく断念いたしました。そして購入したのがこちらの小さなガレット・デ・ロアです。

ガレット・デ・ロア断面直径は10cmくらい、模様はシンプルですがつやつやして綺麗な焼き上がりです。
フェーヴの代わりにアーモンドが入っているとありました。二つに割るとアパレイユは色が淡く、仄かなアーモンドの香りがしました。生地のパリッとした感じは切った瞬間に包丁から伝わってきましたが、圧巻は温めた後です。
バターの香ばしい香りがして、アパレイユとの相性が非常にいい!リッチなのですが全く脂っこさはなく、さくっさくっとしてどんどん食べられてしまいます。
これは美味しいです。ひょっとしたら大きい方でも一人で完食できたかもしれません。

でも後からふと思ったのですが、アーモンドが入ってなかったんですよね。これは一体どうゆうことなのでしょう。。。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 30, 2005

6883bf13.jpg頂きたかったマロンアロマオランジェを逃してしまった事を周囲に宣伝したら、やってきましたマロンアロマオランジェ(苦笑)。その上、頂いたことのなかったオペラまでおまけに付いてきました。宣伝してみるもんですね(爆)。

【マロンアロマオランジェ】
これはいいです。ショコラの香りは控えめです。チョコレート嫌いの方でも召し上がれると思います。オレンジの香りは優しくて、そのうえ上品。そしてなにより中のマロンがかなりうんまいです!!マロングラッセのように凝った味つけはしてありません。栗の味がしっかりして、かなりいい栗を使っているのがわかります。繊細にして潔いケーキです。

【オペラ】
かなりびっちょりしていました。フォークを入れると液体がじわぁと染み出します。コーヒーとブランデーの香り。でも味わいにブランデーはあまり感じず、むしろコーヒーが勝っています。チョコレートはビターですがつんとした感じはなく、非常にバランスがいいです。

それにしてもこちら、意匠的には比較的シンプルですが非常に品がよくて繊細です。見た目、香り、味わい、全てが合体して初めて一つのスイーツになる事を完全に考慮しているあたりが素晴らしい。一口頂いたら、丁寧に細かい作業をされている事が直ぐにわかります。縁もゆかりもない辻口さんですが、なんだか性格が分かるような気がします。
で、やっぱり緊張します(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 24, 2005

d58eb1e7.JPGモンサンクレール
最寄駅:自由が丘
料理:ケーキ / パン / カフェ / チョコレート

新宿高島屋は私のお気に入りデパート。お休みの三日に二日は出没しております(笑)。B1の充実振りを考えると伊勢丹に軍配だし実際伊勢丹ファンの方が多いようですが、色々あって私は専ら高島屋を利用しております。。
今日もまたまた高島屋をふらふらしていたら、なんとあのモンサンクレールが本日23日から29日まで臨時出店しているのを発見!伺ったのは15時半位でしたが、ケースはほぼ空っぽ。久しぶりなので迷わず残っていた商品を購入しましたが、残念ながら大好きなセラヴィも、モンサンクレールもマロンアロマオランジェもございませんでした。。。本日頂いたのはセゾンドガトーとショコラフレーズの二点。

【セゾンドガトー】
見た目、かなりきています!
なんでこんなに可愛いのでしょう、ボックス型のショートケーキ。カステラ部分が非常に丁寧に出来ていて美味です。苺ととてもしっくりきています。シャンティィは美味しいけれど、ちょっと甘みを控え過ぎてる気が。。。

【ショコラフレーズ】
少々ウォータリーな印象さえあるジェノワーズ。
カカオがきいてます。ほとんどケーキらしい甘みがありません。
が、フルーツ使いがやはり絶妙。
辻口さんについては殆ど存じ上げませんが、ひょっとしたらお酒を呑まれないのかも、と思いました。とても繊細で絶妙な仕上がりですが、繊細すぎて酒飲み的なスイーツではないのです。
美味しいけれど、今日はガツンとしたお料理を頂きながら割りとしっかりした白ワインを頂いた後だったのでそのこだわりを感じ取る為にかなり神経を使って酔いが醒めてしまいました(苦笑)。

私にとっては、ここは焼き菓子の方があまり構えないでお付き合いしやすいです。
まっ、呑まないで頂けばいいだけの話なんですけどね(爆)。
それにしてもここのケーキって繊細で、なんか緊張するんです。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 05, 2005

46a5b34a.JPG石丸館
最寄駅:中目黒
料理:フランス料理

どこがいい?と聞かれたので迷わず石丸館。
書くべきか書かざるべきか悩みましたが、気持ちよく写真を撮らせて頂いたのであえて書かせて頂きます。シェフ、マダム、ありがとうございました。
ランチには3500円のコースが登場。Aコース6000円、Bコース8000円、Cコース10000円もお願いすればお昼からいただけます。ジビエはCコース。「仔鹿、ありますよ」と言われて非常に悩みましたが、これから満漢全席だし(苦笑)その上今日は初めてだったのでランチのコースをお願いしました。
まずはシャンパーニュで乾杯。モエ・エ・シャンドンのブリュット、キャールを抜栓です。これにはちょっとびっくり。

【トリップと白いんげんのトマト煮込み】
これは美味しい!一体どれだけ煮込んでいるんでしょう。トリップの食感がすごいです。とろっとしてます。一発目からきたー!!という感じ。合わせるのはもうちょっと厚みのあるシャンパーニュがよかったなぁ。。。という事で白ワインをオーダー。トゥーレーヌ2004。

【モンサンミッシェル産ムール貝のスープ】
運ばれてきたときはバターとイタリアンパセリの強烈な香りでしたが、目の前に供されるとムール香、すごすぎです。その上大量です!!モンサンミッシェル産のムールはかなり小粒ですが、身がぷりっと張っていて甘みがありました。どろ臭さや貝独特の生臭さは全くありません。非常に味が濃いです。それをイタイアンパセリがいい具合に引き締めます。最初は鼻についたバター香が、ムールを口に運ぶと全然感じられなくなりました。沢山使っている筈なのに不思議です。きっとこれくらいじゃないと負けてしまうのでしょう。おとなし目のSBでしたが、相性がよくて一安心。

【メインの魚・写真のお料理】
アマダイでした。
パリッと焼かれた皮目はもう芸術の粋です。目の前で悶絶している人がいます(苦笑)「身がもうちょっと薄くてもいいから、皮の部分の増やせ、増やしてくれ!」。下はリゾット、手前がクネル、左端がホタテです。極太のアスペルジュ、非常に甘いです。先端なんてベイビーコーンのような甘さです。学食のような盛りですが、これは特別サービスなので恐らく普段はこんなでないはず。これは美味しいです!美味しすぎます!!そして白眉はソース。様子を見に来てくださったシェフと話していたら「いやぁ、ワイン飲んでるからソースをちょっと酸っぱめにしたんだよ」との事。いつもそんな事しているんでしょうか?芸が細かすぎです。すごすぎです。いつもは食べきれないパン、それ自体は美味しかったせいもありますが、お皿を洗わなくてもすむくらい綺麗にパンでぬぐって頂きました。続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

July 09, 2005

6e4dc03d.jpgリュー・ド・パッシー
最寄り駅:学芸大学
料理:ケーキ
採点:★★★★★

あら大変!
リュー・ド・パッシーが7月6日から一週間だけ、新宿タカシマヤに臨時出店しています。初めての臨時出店だそうです。学芸大前の店舗にはない特別な抹茶のミルフィーユなどというケーキまでありました!

かなり久しぶりなので、本日頂いたのは長島さんのスペシャリテ・バルザック@380円とお約束のモンブラン@400円。折角なので焼き菓子も何種類か購入。
以前頂いたときに焼き菓子は印象がよくなかったのでリベンジです。続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック