2005年12月

2005年12月31日

どっかん@幡ヶ谷

35001e9e.JPG12月23日(金)の昼に幡ヶ谷のどっかんを訪問しました。このお店はOOSAKIさんのブログで「鯛だしとんこつ」というキーワードがあったので気になっていました。HOLIDAYからそんなに遠くない事もあり、訪問しました。ネットで検索してみるとあまり鯛だしとんこつの事は書かれていませんが、OOSAKIさんのブログによると10月からこのメニューを出しているとの事です。ただ近々また味をリニューアルするとか。。

ラーメンを注文しました。出て来たラーメンを食べてみると確かに少し変わった魚の味がします。煮干や節系とは明らかに違うのでこれがおそらく鯛だと思います。ただ鯛の上品な味というよりは少し臭いという感じがしてあまりラーメンに良い影響を与えているとは思えませんでした。豚骨スープはかなり軽めで、スープ全体も軽いです。普通の人には食べやすいのかもしれません。麺は細めの麺ですが、粉っぽさはあまりありません。割と柔らかめです。具はチャーシュー等も普通でした。面白いのは「黒だれ」という卓上にある無料トッピングです。辛子高菜にイカ墨やその他数種類(お品書きに書かれていたのですが、写真が上手く撮れてませんでした)の物を混ぜ合わせているようですが、何とも言えないです。スープとの相性が良い訳ではありませんが、スープに入れてみると味が変化します。ちなみにこの「黒ダレ」はオーナーしか作り方を知らないそうです。

ちなみに店主は横浜のラーメン屋で修行とありますが、横浜線中山駅前のめん屋で10年くらい修行されたそうです。ラーメンの味は全然違うそうです。

住所   東京都渋谷区幡ヶ谷2-1-5
電話番号 03-6772-7200
営業時間 11時〜翌1時30分
定休日  月曜日


take_hilano at 10:28|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 東京都 

2005年12月30日

HOLIDAY@方南町

ab6907c5.JPG12月23日(金)の昼に方南町のHOLIDAYを訪問しました。このお店はご存知の方も多いですが、地雷源が味噌ラーメン専門店として金曜日のみに営業を始めたお店です。地雷源、FRIDAYとレベルの高い物を出しているのでこちらも楽しみです。前から訪問したかったのですが、平日にあまりラーメンが食べれない自分としては、祝日を利用してようやく食べれました。食べ歩き仲間である洗足池さん、おださんも未食だったのは意外でした(笑)

コクまろ味噌ソバを注文しました。作る工程を見ていると結構時間がかかります。スープは小鍋で温めます。スープを温めている間には、丼に背脂をいれています。ちなみにお店のHPによるとこの背脂はもち豚の物だそうです。温め終わった後に麺を茹でます。茹で時間は1分30秒。
出て来た味噌ラーメンを見ると具には穂先メンマ、メンマ、キャベツ、タマネギ。チャーシューがあります。麺は平打の麺でタイプとしては斑鳩の限定味噌の平打麺と近いと思います。幅は同じくらいだと思いますが、麺の厚さがこちらの方が厚いと思います。斑鳩同様平打麺という事もあり、スープとの絡みが良いです。スープは背脂が浮いていますし、表面に油も多いのでこってりしているのかと思いましたが、そんな事はなく、くどくなく美味しいです。ラーメンの見た目からすると食べ手を選びそうな感じを受けますが、食べてみると誰もが美味しいと思える味噌ラーメンを提供しているような感じがしました。具の野菜はスープとの相性が良いですし、タマネギの食感はいいです。最近はタマネギを具に使用する店が増えたような気がしますが、どこもよいアクセントになっていると思います。

値段は850円とかなり高めの値段設定だと思いますが、それを感じさせないくらい満足出来ました。地雷源、FRIDAYもご無沙汰しているのでまた訪問したいと思います。

住所   杉並区和泉1-39-10
電話番号 03-3325-1287
営業時間 12時〜15時 18時〜22時30分(スープ切れ次第終了)
営業日  金曜日

take_hilano at 10:21|PermalinkComments(6)TrackBack(5) 東京都 

2005年12月29日

八島@茅場町

57865b42.JPG12月12日(月)の夜に茅場町の八島を訪問しました。移転前の神田時代は何度か訪問した事ありますが、移転後は初訪問でした。

同行者がひんぎゃの塩を注文したので、僕は夜限定の味噌ラーメンを注文しました。味噌は味噌ダレがかなり控えめになっていて魚の香り、味がしっかりしています。個人的には魚の香りがしっかりする味噌ラーメンはありそうでなかなかないので、個人的には好印象でした。同行者が頼んだ塩は神田で食べた時同様、スープがしっかりしていて美味しいです、個人的には塩の方が好みでした。海老ワンタンは値段が高い印象は否めないですが、ぷりぷりした具が美味しかったです。塩、味噌ともに気になったのは麺。ちょっと前にはやしまるを食べていたせいもあるとは思うのですが、麺は柔らかくスープに比べて弱い印象を受けました。麺がもう少し固く、スープと相性の良い物だと印象はもっとよくなると思いました。

住所   東京都中央区日本橋兜町16-1
電話番号 03-3666-9891
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜22時30分(平日)
     11時〜16時(土曜日)
定休日  日曜日、祝日


take_hilano at 19:03|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 東京都 

2005年12月28日

中華そばハナタレ@春日部

b2a9be39.JPG12月2日(金)の夜に中華そばハナタレを訪問しました。1ヶ月くらい前に訪問しましたが、今回再訪でした。というのも実はグルメウォーカーではんつ遠藤さんとの対決するコーナー(飲んだあとにぴったりの一杯 対決)にでる事になったのでハナタレを紹介しようと思ったので訪問しました。
詳細はこちらです。是非投票してみて下さい。

さてラーメンですが、豚足で粘度を増したというスープは前回同様粘度が凄いです。ただそれに負けずに魚のダシもきいていますし、いい感じです。麺は前回に比べ小麦粉をこす際に細かくしているので口ざわりがよくなったとの事でしたが、正直わかりませんでした。胡椒との相性も相変わらず良いです。
前回同様満足出来ました。個人的にはやっぱりこのスープで味噌ラーメンを食べてみたいです(笑)

住所   春日部市大沼2-61
営業時間 18時〜21時
営業日  平日の夜

この情報は中華そばハナタレのみのものです。

take_hilano at 00:26|PermalinkComments(6)TrackBack(2) 埼玉県 

2005年12月27日

ラーメン悟空@京都

9f0c9963.jpg12月11日(日)の昼にラーメン悟空を訪問しました。このお店は京都のチェーン店でよく名前を聞く店で一度訪問してみたいと思っていました。割と濃厚スープを出すという噂を聞いていたので今回天下一品の後にという事で京都駅から程近い七条店を訪問しました。

ラーメンを注文。見た目はややスープが薄い感じもしますが、天下一品に似ています。食べてみると天下一品よりと比べてしまうと粘度は劣りますが、チェーン店という事を考えるとなかなかのスープを出していると思います。麺は天下一品同様柔らかめのやや太めの麺です。具はチャーシュー、ネギ、メンマ。写真を見てもらえればわかるかと思いますが、盛り付けがあまり綺麗でないのはちょっとマイナスポイントかな。チャーシューは三枚あります。具は全体的に普通という印象しか残っていません。
よくこのお店の歴史的背景等を知らないのですが、天下一品を全く知らないでこのラーメンを作ったとは思えないというのが正直な感想です。

住所   京都市下京区新町東入ル新シ町140−1
電話番号 075-344-3191
営業時間 11時30分〜翌2時

ちなみにお店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 京都府 

2005年12月26日

なるかみ@京都市上京区

なるかみ12月11日(日)の昼に京都市上京区のなるかみを訪問しました。天下一品でおださんと別れ、ここからは一人で行動。このお店は元々訪問する予定はなかったのですが、先程訪問した
天下一品@佛大前店から遠くないよとおださんからアドバイスをもらったので訪問しました。元々よく名前は聞く評判のお店なので、遠くなければとの事で訪問を決めました。おださん情報どうもありがとうございました。

ラーメン並を注文しました。具にはメンマ、ネギ、チャーシューが2枚乗っています。いわゆる京都の背脂醤油ラーメンというタイプに属するラーメンだと思います。前日に訪問した桃花春が京都の背脂ラーメンをアレンジした物という感じを受けましたが、それにたいしてなるかみのラーメンは京都の背脂ラーメンをアレンジせずに丁寧に作った感じがします。スープに背脂が浮いていて辛味も多少入っています。この辛味がほどよいアクセントになっていて個人的には好きです。麺も柔らかくなくしっかりと茹でられていいスープとあっていると思いました。
開店してから数年しか経っていないと思いますが、昔からの京都ラーメンをつくっていると思います。これからもより美味しい京都のラーメンをつくって欲しいと思います。

住所   京都府京都市上京区千本通上立売上ル花車町481
電話番号 075-464-6760
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜23時
定休日  木曜日


take_hilano at 00:07|PermalinkComments(4)TrackBack(4) 京都府 

2005年12月25日

天下一品@佛大前店

2a57b6bf.jpg12月11日(日)の昼に天下一品の佛大前店を訪問しました。何故天下一品に行くのと思われそうなのですが、このお店は関西に精通しているおださんがここは濃いというので訪問しました。実は天下一品は我が人生において3回しか食べた事がないのですが(高田馬場店2回、白川本店1回)一度も美味しいと思った事がなく、これがダメならば本当に天下一品はダメなんだろうなと意を決して臨みました(笑)

天下一品でしかも濃いと評判のこのお店なので当然こってりを注文。スープを飲んでみると噂通り濃いです。ただ他の天下一品と比べられないので何とも言えないのですが。。スープは粘度があると思いますが、重たいという感じはあまりしません。動物系が凄いという訳ではなくて、何か特殊な方法でこのようなスープを作っているのではと思います。濃いけど、やりすぎという感じもなく好印象を抱きました。麺は京都っぽい柔らかい麺でこちらはこんなものかなという感じ。

都内では江古田店が良いのでは?とばぶさん聞いたので今度訪問してみようと思います。他にも美味しい天下一品をご存知の方は教えて下さい。

住所   京都市北区紫野大徳寺町26-21
電話番号 075-495-7299
営業時間 10時30分〜翌2時
定休日  木曜日

take_hilano at 21:25|PermalinkComments(6)TrackBack(2) 京都府 

2005年12月24日

麺屋武蔵 二天@池袋

b164ceda.JPG12月23日(金)の夜に池袋の麺屋武蔵 二天を訪問しました。今回の目玉は塩カレーら〜麺。二天の限定は美味しいので今回も楽しみにしていた(と言う割にはあまり行ってないと言われそうですが。。)のですが、17時からの限定10食という事でようやく訪問出来ました。

塩カレーら〜麺出て来た物を見ると塩スープの上にカレーの入った揚げ物が乗っています。二天でこのようなタイプのスタイルとしては、通常メニューである辛巻らーめんと同じタイプだと思います。最初は通常のラーメンを味わい、途中から揚げ物を壊して中身がスープに溶ける事により味わいが変化するというタイプですね。これって来年流行ると言われているWテイストではないかなと思いました。よくよく考えてみるとこれをいち早く取り入れていたんですね。Wテイストの説明はこちらにあります。
さてラーメンの味ですが、まず揚げ物を崩さずにスープを飲んでみるとクリーミーに感じます。あまり予備知識なく食べたのでこのまろやかさは野菜を使っているのかな?と思いましたが全然使っていないようです。通常のラーメンのスープの動物系の部分を使用しているとの事です。ちなみに全然分かりませんでした(笑)動物系だけでもこんなにクリーミーになるのだなとちょっと驚きました。揚げ物以外の具では、ニンジン、タマネギ等の野菜がバター等を使用して味つけされた物が乗っています。そしてカレーの入った揚げ物を崩す事によりカレーが溶け出します。カレーは何とグリーンカレー。あまり辛くはありません。カレーがスープに溶け出す事によりスープの味に変化が出て来ていい感じです。スープとカレーの相性も良いと思いました。揚げ物の中には、カレーの他にはチーズやチャーシュー等が入っています。また麺はかなり太い麺です。何って表現すればいいのかできませんが、ただ太い麺だと思って食べると印象が違うと思います。写真の右にある小さな皿に乗っている物はトマトに数種類のフルーツ類を混ぜた物でスープにいれる事により、さらなる味わいの変化を楽しめるようになっています。そういう意味ではトリプルテイストですね。

二天というと開店当初は揚げ物を使用したラーメンを出していて、揚げ物とラーメンとの相性が悪いという印象がありましたが、今ではその揚げ物を上手く使い限定を出していると思います。来年には豚天飯も復活するそうですし楽しみです。
2006年1月中も提供している予定との事なので是非食べに行ってみて下さい!

take_hilano at 14:25|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 東京都 

2005年12月22日

綿麺@河内松原

3dcc0581.jpg12月10日(土)の夜に松原市の自己流ラーメン綿麺を訪問しました。このお店は最近よくネット上で名前を聞いていて評判の良いお店でした。僕が知る限り自己流ラーメンと名乗るお店はここと大分市のさんこうくらいかなと思います。

同行者が夜の限定ラーメンであるこってりラーメンを注文したので、僕はノーマルのらーめんを注文しました。ノーマル、こってり共に見た目は豚骨ラーメンのように見えます。ただ食べてみるといい感じで魚の味が出てきます。何の魚の味は分からなかったのですが、ネットで調べて見るとサンマのようです。印象が良かったのは魚と豚骨スープのバランス。豚骨スープは重たすぎずしっかりダシが出ていますし、魚も強すぎる訳でもなく弱すぎる訳でもなく程よいです。同行者が食べたこってりラーメンだと魚の味が隠れてしまうので、個人的にはノーマルの方が良かったです。スープのレベルは高いと思います。どこかで近い味を食べた事あるような気がするのですが、思い出せませんでした。逆に弱点と感じたのは麺です。地元の製麺所の物を使用しているそうですが、弱くなるのは早くなるし、豚骨スープとの相性も普通でした。麺を変えるとさらに印象がよくなるのかな?と感じました。

最近話題になったから最近開店したのだと思っていましたが、開店は2004年2月との事。かなり前から開店していたのに驚きました。ちなみに店主の綿田さんは食べ歩きを結構されているようで、一蘭が好きとの事です。

この後天王寺にあるとんこつ食堂に向かうも既にスープ切れで営業終了。。
この日はふられまくり。こんなにラーメン食べれないのでしたら、評判の良い綿麺のからあげ丼を食べればよかったと後悔しました。。

住所   松原市松ヶ丘3-6-15
電話番号 072-331-1777
営業時間 11時30分〜14時 18時〜22時30分
定休日  月曜日

営業時間は2006年から変更されたようです。


take_hilano at 23:20|PermalinkComments(4)TrackBack(4) 大阪府 

2005年12月21日

第一旭関目店@関目

525d1a76.jpg12月10日(土)の夜に第一旭の関目店を訪問しました。このお店は全国の第一旭を研究している洗足池さんが第13回とらさんラジオでお勧めしていたお店です。

ラーメンを注文。出て来たラーメンを見ると自分のイメージしている第一旭とはだいぶイメージが違いました。第一旭と関係がありそうなお店は自分の中では、京都の本店、第二旭、奈良の豚菜館くらしか食べていないで偉そうに語れる程ではないのですが。。まず違うと思ったのは表面の油の層。京都の第一旭の本店を食べたのはもう6年くらい前だから記憶が怪しいと言えば怪しいですが、さっぱり食べれた印象があるだけにこれはかなり意外。デフォルトで胡椒がふられていたのもイメージとは違いました。しかしこの胡椒はスープと意外と相性が良かったです。具は大きめのチャーシューにネギ。チャーシューメンを頼むとチャーシューの量が凄いとの事。見てみたかったと言えば見てみたかった気もしますが、食べ歩きの最中のチャーシューが多いのはきついので、知っていても頼まなかっただろうと思います(笑)値段も高いですしね(爆)麺は思った程柔らかくなく、柔らかい麺があまり好きではない自分としては割と好印象を受けました。

住所   大阪市城東区関目2-12-24
電話番号 06-6934-2647
営業時間 11時〜14時25分 18時〜20時25分
定休日  木曜日


take_hilano at 20:21|PermalinkComments(6)TrackBack(2) 大阪府 

2005年12月19日

桃花春@高雄口

cae2e1a3.jpg12月10日(土)の夕方に桃花春を訪れました。このお店は今年開店したものの既に食べた仲間から良いと評判を聞いていたので訪問しました。お店に15時40分頃着いたのですが、通し営業のはずが16時から開店しますと張り紙がありました。最初は臨時休業かとおびえましたが、とりあえずは一安心。10分くらいすると店主が戻って来て予定より早く入る事が出来ました。

ラーメンを注文。見た目が豪華にチャーシューが5枚乗っています。京都のラーメンはチャーシューが多いですが、ここも同様。しかも食べてみると柔らかくて美味しいです。丁寧に作られているんだろうなと好感が持てました。ラーメンも見た目は京都の背脂が浮く醤油ラーメンタイプかなと思いましたが、スープを飲んでみると意外と違います。スープは丁寧に作られていて動物系のダシがしっかり出ていると思います。スープの温度がもう少し熱いとより印象が良かったかなと思います。辛味や背脂はさほど多くなく、スープを味わって欲しいという感じがしました。麺は京都のラーメンの中では良い方だと思いますが、やっぱり柔らかくて弱いという印象は否めません。。

店主は中華料理出身だそうで、桃花春という店名も中華料理時代の屋号だそうです。

住所   京都市右京区鳴滝蓮池町12-6
電話番号 075-465-3182
営業時間 11時〜22時
定休日  火曜日

take_hilano at 22:43|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 京都府 

2005年12月18日

ラーメン太郎@京福常盤

太郎_カレー12月10日(土)の昼にラーメン太郎を訪問しました。このお店は知り合いの方に濃厚だと煽られていたお店です。前から行きたかったのですが、念願かなって今回ようやく訪問する事が出来ました。

同行者が醤油ラーメンこってりを頼んだので、僕はカレーラーメンのこってりを注文しました。カレーラーメンは食べてみると確かに濃度もありますが、それ以上に粘度を感じます。カレーラーメンを食べるとカレーラーメンのスープの粘度、味ともにカレーうどんのようなイメージを持ちます。なのでもしかしたらスープ素材とは別の物で粘度をつけているのかな?と思ってしまいます。醤油ラーメンを食べた感じでは、そのようには思わなかったのですが。。スープを飲んでも動物素材が濃いという感じもしませんでした。麺は細めの麺ですが、柔らかくイマイチです。京都はスープに比べて麺が弱い店が多いという印象がありますが、ここも同じイメージです。チャーシューやネギ等の他の具も普通でした。

ちなみにこの前に行きたかった洋食屋プチレストランないとう、京都の話題のお店であるがっつんと2軒連続でふられました。。地方でふられるときついです。。

住所   京都市右京区常盤草木町3-4
電話番号 075-872-1973
営業時間 11時〜翌3時
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 19:02|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 京都府 

2005年12月17日

浜次@平沼橋

257fe079.JPG浜次_店内ホワイトボード12月17日(土)の昼に平沼橋の浜次を訪問しました。このお店は今月開店して噂では川崎二郎出身という事でしたので気になっていました。

お店に着くなり食券を購入するとその上のホワイトボード(写真右)に「ラーメン二郎京急川崎店出身ですので、麺増し等も、なんなりとお申しつけください。」という記述が見えました。店内には漫画があるのも二郎系では珍しいのでは?ないでしょうか?

ラーメン小豚4を注文しました。いわゆる二郎で出来る無料トッピングも出来るので野菜ニンニクで注文。出て来たラーメンを見ると川崎二郎とは違う気がします。見た目は確かに二郎系ですが、川崎のスープは乳化していないタイプなので見た目からして(昔は乳化していましたが)違います。それにtomi-booさんのブログにある川崎二郎の写真を見てもらえればわかるかと思いますが、とてもなく野菜の量が多いのですが、浜次は少ないです。正直少ないなぁと思ってしまいました(笑)
食べてみるとスープは表面に油が多く、スープには少し酸味があります。二郎にそんなに詳しい訳ではないのですが、スープの味はちょっと二郎とは違うかなと思います。決してまずい訳ではなく、二郎としてみた場合に似ていないと思うというだけです。かなり厚みのあるチャーシューも割とダシが出来てしまったタイプのもので少し固めです。もう少し美味しいといいなぁという感じがします。麺は二郎っぽさがありなかなか良いと思います。全体的には二郎系というカテゴリーにはもちろん入ると思いますが、川崎二郎出身とうたっている割には味が違うなというのが正直な所です。
出身とうたっているのであれば、もう少し味が似てもいいのでは??という感じがしました。

食後に二郎を何故名乗っていないのか?聞いてみましたが、教えてもらえませんでした。。

ちなみに年末年始の営業はホワイトボードの写真にある通りだと思いますので、ご確認下さい。

住所   横浜市西区浅間町3-177-12
営業時間 11時〜14時30分 18時〜23時(平日)(売切早仕舞あり)
     11時〜15時 18時〜23時(土曜日)(売切早仕舞あり)
     11時〜15時 18時〜22時(日曜日、祝日)(売切早仕舞あり)
定休日  木曜日


take_hilano at 15:13|PermalinkComments(6)TrackBack(2) 神奈川県 

2005年12月16日

亜喜英@一乗寺

06f7bc47.jpg12月10日(土)の昼に一乗寺の亜喜英を訪問しました。一乗寺と言えば京都のラーメン激戦区という印象があります。亜喜英から距離が徒歩5分圏内のお店だけで天天有の本店、天宝、高安、鶴はしと有名店が多いです。しかもこれだけあれば連食に困らないのですが、どうしても話題になる時期が異なるためにその都度一乗寺まで食べに来ている気がします(笑)

お店には、豚骨と鶏骨の純濃厚スープと書かれてありスープに自信があるのが伺えます。ラーメンのスープは一種類しかないようなので何も気にせず同行者と同じメニューを注文しました(笑)事前に食べた方からスープが濃厚と聞いていたので楽しみでした。ラーメンを作る工程は特別変わった事はないですが、寸胴をかき混ぜる棒が金属の棒だったのは少し変わっているかなと思いました。
さてラーメンですが、豚骨と鶏がよく出ていると思います。豚骨と鶏骨の純濃厚スープとうたわれているからそう感じるのかもしれませんが、個人的には豚骨だけでなく鶏も上手く使って独自のラーメンに仕上げていると感じました。髄がしっかり出た豚骨ラーメンにも似ていると言えば似てますし、また鶏を使った京都の粘度のあるラーメンにも似てはいるのですが、やはり微妙に違う亜喜英独自のラーメンと感じました。個人的には好みでした。麺はやや柔らかめでスープと絡みますが、京都のラーメンという事もあり、普通です。他の具は山くらげ、ねぎにチャーシュー。チャーシューは大きくて柔らかめで量もあり味つけも濃いのでご飯とあいそうでした。スープも濃厚なので個人的にはご飯や唐揚げとセットでがっつり食べたかったです。特にこの後いろいろな店にふられてこの日はあまり回れなかったのでここでがっつり食べれば良かったと後々後悔しました。

食後に店主にお話を伺ってみた所、過去に横綱、大栄ラーメン、らーめん大将のラーメン屋に勤めた経験があるそうです。らーめん大将ではFCで経営していたようです。ちなみにらーめん大将のHPはこちらです。

また、学生さん専用のまなぶ君セットというお得メニューがあるのですが、このメニューは学生証提示無用の顔で判断との事です(笑)

住所   京都市左京区一乗寺北大丸町5-2
電話番号 075-702-5611
営業時間 12時〜15時 18時〜翌1時
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

take_hilano at 00:22|PermalinkComments(8)TrackBack(6) 京都府 

2005年12月15日

きっしゃんラーメン本店@樟葉

8196dfda.jpg12月10日(土)に樟葉にあるきっしゃんラーメンの本店を訪問しました。今から3年程前に秀楽@守口市を食べた後に宇治にあったお店(今はないそうです)は一度お店の前まで行ったのですが、目の前で暖簾がしまわれて食べれなかった思い出があります。今だったら間違いなく食べさせてもらえないか聞いていたでしょうが(笑)今回は念願かなっての訪問でした。

ラーメンを注文しました。ラーメンを作成する行程を見ているとスープを小鍋に入れて温めています。その後に小鍋にタレもいれています。あまり普段ない作成方法だと思います。出て来たラーメンを食べてみると麺は柔らかいです。チャーシューはどちらかというとダシが出てしまった残りという感じで固いです。。それだけに写真の通り量が多くてきつかったです。ネットでの感想を見てみるとスープは濃厚というような書き込みもありましたが、僕らが食べた物はスープはしゃばしゃばで薄いです。コクがなく、物足りなかったです。
ネットで見た感想と自分が食べた物があまりにも別物だっただけに3年前に宇治で食べていればなぁと思ってしまいました。

帰りにカウンターの前に麺箱に天天ノ有という文字があったので製麺所が同じ所なのか聞いてみたところ、予想通り大阪の天天ノ有と同じ製麺所の麺を使用しているとの事でした。

住所   枚方市南楠葉1-1-2
電話番号 072-851-5956
営業時間 11時〜14時30分 17時30分〜23時
定休日  不定休

take_hilano at 00:42|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 大阪府 

2005年12月13日

麺屋はやしまる@高円寺

5c2a90c8.JPG12月4日(日)の夜に高円寺の麺屋はやしまるを訪問しました。この前にきら星で東京一週間限定を食べてもう一軒どこかへ行こうとなりました。なかなか候補の店がなかったのですが、僕が未食という事もあり、行く事になりました。

一番お勧めという塩らぁめんを注文。しらすさんに是非これを食べて下さいと言われました(笑)
出て来たラーメンのスープを飲んでみると確かに旨いです。特に何かが突出しているという感じはしませんが、魚介系動物系のダシがバランスよく出ていていい感じです。醤油は塩に比べると醤油でスープのよさが隠れてしまう感じがしました。つけ麺はさらに甘みが入ってしまうため味があまりよく分からなかったです。しらすさんのおっしゃるとおりお勧めは塩だと思います。またスープに入っている辛味がよいアクセントになっていました。他の具は短冊形のメンマにチャーシュー。チャーシューは煮豚ではなく、焼豚です。調理も上手だと思いますが、肉質もかなりいいのでは?と思います。派手さはないものの滅茶苦茶美味しかったです。麺も奥に製麺機があったのでおそらく自家製麺だと思うのですが、やや平べったい麺でもちもちしていてスープともよく絡みます。とにかく大満足でした。

今年の新店で雫の次に良いと言われたのは納得です。今まで食べていなかった事を後悔しました。しかもとら会で検索してみたら開店は2004年10月2日という事で既に一年以上経っていたんですね。。本当に食べに行かなかった事を後悔した次第です。未食の方がいましたら、是非行ってみて下さい。

住所   杉並区高円寺北2-22-11
電話番号 03-3330-6877
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜23時(土曜日、日曜日、祝日は早仕舞あり)
定休日  不定休

take_hilano at 21:20|PermalinkComments(9)TrackBack(5) 東京都 

2005年12月11日

きら星@武蔵境

798e135c.JPG12月4日(日)に武蔵境のきら星を訪問しました。今回の目的は東京一週間で紹介されたボジョレーらーめん 鴨・鶏白湯仕立てを食べるために訪問しました。夜のみ限定10食との事だったので平日は仕事のため行けないので夜予定のなかったこの日に訪問しました。同じく未食だったおださんしらすさんと共に訪問しました。

ラーメンはいつも食べているノーマルのラーメンに比べるととろみがあり、動物の味が強いように感じました。これが鴨の効果なのかどうかは分かりませんが、いつもと違うという事は感じる事が出来ました。通常のラーメンに比べ、動物系が強くなってはいるもののスープが飲みにくいという事もありませんでした。通常の麺とボジョレーを練りこんだ麺の2種類の麺が入っています。個人的にはさほど違いは分かりませんでした。具には通常のラーメンに入っている物以外では、クルトン、チーズ、ガーリックチップ、海苔等があります。チーズはもう少し麺とからむと美味しいかなと思いましたが、思った程とけてくれませんでした。

きら星の限定はいろいろ食べていますが、限定の中にもきら星のラーメンだという事が感じられてとてもよいです。やっぱりスープがしっかりしているからこのように感じられるのかな?と個人的には思っています。

take_hilano at 23:52|PermalinkComments(16)TrackBack(5) 東京都 

2005年12月09日

ブログマガジンに掲載されました。

179abb68.jpgコアマガジン社より12月8日(木)創刊されました、ブログマガジンに掲載されました。
知り合いの方では渡辺樹庵さん凪の生田さんしらすさんktさんトシモンさんのブログと共に紹介されています。

もし興味のある方は是非見てみて下さい。

take_hilano at 22:27|PermalinkComments(7)TrackBack(1) メディア紹介 

2005年12月08日

井之上屋@春日部

7e6289e6.JPG12月2日(金)に春日部の井之上屋を訪問しました。実はハナタレに訪問したのですが、店主の井上さんのご好意で井之上屋で出している醤油を食べさせて頂きました。

写真の通り具が乗ってないスープと麺のみのものです。井之上屋は一度しか訪問した事がなく、その時には醤油を食べていないので今回が初めてです。前に訪問時には土日限定の塩がとにかく印象に強く残っているのですが、それに比べると醤油のスープはおとなしい印象を受けました。とは言うもののスープは魚介が程よくきいていて後味がよく良かったです。気になったのは麺です。割と食べるのが早い自分が食べていて柔らかくなるのが早いと感じたので、個人的にはもう少し麺が改善出来るのかな?と思いました。
醤油のタレを変えたそうなのですが、井之上屋の醤油を食べるのが最初だったために何とも間抜けなブログ更新となってしまいました。。

住所   春日部市大沼2-61
営業時間 11時30分〜14時(平日)
     11時30分〜15時 18時〜21時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  月曜日(祝日の場合翌日)

平日の夜は中華そばハナタレで営業しています。詳細はこちらです。


take_hilano at 21:18|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 埼玉県 

2005年12月06日

なんつっ亭 弐@品川

c8583736.JPG11月26日(土)の夕方に品達のなんつっ亭 弐を訪問しました。このお店は今回が初訪問です(笑)品達のお店ももう今は店名が変更したせたが屋 雲しか訪問した事がありませんでした。16時過ぎに訪問しましたが、店外にまで行列があり、人気ぶりには驚きました。

ラーメン680円を注文しました。最初に丼が出て来て感じた事は丼が小さいなぁと思った事です。そういえば渋沢のなんつっ亭も小さかった気がします。ずいぶん前に訪問いたきりご無沙汰なので記憶が怪しいのですが。(僕の場合、ほとんどの店がご無沙汰状態なのですけどね(苦笑))ラーメンですが、あまり主張の強くないマー油が上手く出来ていてそれで食べさせるラーメンという印象を持ちました。麺はもちもちとしてマー油とよくからみ良かったです。もう少しスープがしっかりしているともっと印象がよくなるのかなとは思いました。ラーメン集合施設という事を考えればなかなかの出来かなとは思います。

ここ最近なんつっ亭の修行先である好来@人吉、その好来出身の新風@高宮と食べて来たのでどうしても比較してしまいますと、好来は味がほぼ別物なので比較対象にはならないのですが、新風と比べるとスープが弱くマー油で食べさせるラーメンという印象しかもてませんでした。

take_hilano at 22:37|PermalinkComments(17)TrackBack(9) 東京都 

2005年12月05日

味香美@大井町

627706ed.JPG11月23日(水)の夜に大井町で用事があったので終わった後に味香美を訪問しました。この本は石神本に載るまでは存在すら知らなかったのですが、石神本後に食べた人からスープの粘度が凄いという話を聞いていたので、ちょっとだけ楽しみでした。

もちろん石神本で紹介されていた正油とん骨ラーメンを注文。出て来たラーメンを見ると確かに噂通り粘度のありそうなスープという印象を受けます。一口飲んでみるとスープはクリーミーで予想通り粘度があるスープです。ただ油で粘度を出しているような感じではないと思います。最近このようなクリーミーなスープに遭遇する時がありますが、個人的には本当に豚骨を中心にラーメンを作っているのか疑問に思う時があります。個人的にはとん骨ラーメンと表現するには違和感があります。食べ歩き仲間のSさんも食べたら同様の事を思うんじゃないかな?と個人的には思っています。
麺は細めのストレート麺で特に印象に残っていません。具は大きいトロ肉は食べ応えがあり、若者受けしそうな感じがします。味的には柔らかいだけで普通だと思います。

メニューにちゃんぽんがあったり、お店の名刺にも「味噌らーめん、ちゃんぽん、皿うどん専門店」とありますし、このスープでちゃんぽんを作ったら意外と美味しいんじゃないかな?という気はします。次に訪問する機会があればちゃんぽんを食べてみたいですね。

住所   品川区東大井5-4-13
電話番号 03-5460-1139
営業時間 11時〜23時
定休日  水曜日


take_hilano at 22:34|PermalinkComments(11)TrackBack(6) 東京都 

2005年12月04日

手打らーめん 玄@玉村町

8d3cb019.jpg11月19日(土)の夜に手打らーめん 玄を訪問しました。このお店は当初群馬計画時には候補になかったのですが、食べた仲間の評判が予想以上に良かったので候補に追加しました。

同行者が手打ちゃーしゅーを注文しましたが、僕は胃袋の玄海が近づいていたので、手打らーめんを注文しました。本当に同行者の胃袋にはただただ驚かされました。手打ちの麺はコシや弾力が凄いと聞いていましたが、僕らが食べた麺はどちらかというとただ柔らかいだけという感じであまりコシが強いという感じはしませんでした。スープは生姜の味が強く出たスープです。動物系がどうとかというよりも生姜という感じでした(笑)個人的には生姜の味の強いスープは好みではないので、あまり良い印象を抱けませんでした。チャーシューは焼豚との事ですが、肉に適度な脂身があり、美味しいと思います。ただ個人的には一枚食べれば良いかなという印象を持ちました(笑)

どうも前に食べた仲間とはあまりにもイメージが違うのでこの日は出来が悪かったのかも。。それかもしくは昼の方が出来が良いのかも。。機会があればもう一度食べてみたいですね。修行先の店も食べた事がないのでこっちも今度訪問してみようと思います。

他のお客さんが頼んでいた餃子も美味しそうでした。もっと胃袋に余裕があったら食べたかったのですが。。「壱」、「弐」、「参」と書かれた味の異なるラー油も気になりました。お店の説明書によると下記の通りです。
壱・・・唐辛子・玉葱・人参・味噌などをねりあげ熟成させました。甘辛のラー油です。
弐・・・白胡麻・ピーナッツ・野菜・かき油などをブレンドしました。ピリから胡麻風味をお楽しみ下さい。
参・・・ピリっとした辛味の中に酸味を加え、ニンニク風味を効かせたアジアンテイストのラー油です。女性に大人気!

住所   佐波郡玉村町斎田492-6
電話番号 0270-64-5501
営業時間 11時30分〜14時30分 17時〜20時30分
定休日  火曜日

take_hilano at 22:26|PermalinkComments(10)TrackBack(6) 群馬県 

2005年12月03日

二刀乱舞 うのたいと@前橋

2299b1a4.jpg11月19日(土)の夜に前橋市に新規開店した二刀乱舞 うのたいとを訪問しました。このお店は熊谷市のきくちひろきの直系店で「氏名系らーめん 熊谷きくちひろき直系 前橋店」とお店に書かれております。という事はこの後もきくちひろきで修行された人のお店が開店する可能性があるのかもしれません。

お店のメニューを見てみて気になった事がまず一つ。このお店もがんこ系同様、醤油にあっさり、中間、こってりとあります。ただあっさりはねぎ油いり、中間は背脂少な目、こってりは背脂多めと表記があります。他のがんこと違う印象を持ちました。ただ修行先のきくちひろきがどうだったかは思い出せません。。
きくちひろきと言えば味以外に話題になるは湯切りだと思います。お店の名前に二刀乱舞となっていたのできくちひろき風の湯切りをするのだろうと想像はしていたのですが、予想通りきくちひろき風の麺の入っていない深ザルも使った湯切りでした。きくちひろき同様湯切りは三種類あるのか店主に伺ってみたところ、二種類は使用しても良いと言われているとの事でした。

特製塩羅阿麺(えび油入り)を注文しました。塩羅阿麺と表記しているのも面白いですね。食べてみると塩分と程よいダシとえび油が印象に残ります。塩分ががんこ系と言えると思いますが、あの独特のキレがない気がします。(最後にお話した際に、きくちひろきに比べれば塩分は控えめとの事でした。きくちひろきは青鬼の印象がとにかく強いので普通の塩はあまり印象に残ってないのが正直な感想です。それくらい青鬼は凄いので食べた事ない人は是非!)固めに茹でられた麺はいわゆるがんこの黄色い麺とは違います。湯で加減は、がんこを感じさせてくれる物でした。最近はがんこは全く食べない(今年食べたのは総本家のミレニアムと大阪のがんこ18代目だけ)のでどうしても昔好きだったがんことの比較になってしまいますが、どうしてもあの独特のキレという物がどこで食べても(ってあまり食べてないのですが)最近は感じられないのが個人的には残念です。ただ麺、スープとも上記に書いた通りがんこをかんじさせてくれる要素はあるし、食べて美味しいので是非食べてみて下さい。

また店主の宇野さんは修行期間は長くない(一年もいなかったとの事)そうですが、きくちひろきの一番弟子だそうです。

ちなみにこの前に前橋の西洋亭 市でかつ丼を食べました。

住所   前橋市表町1-22-28
定休日  月曜日、第1、3火曜日

take_hilano at 01:25|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 群馬県 

2005年12月01日

いまるや@伊勢崎

ae714684.jpg11月19日(土)の昼に伊勢崎市のいまるやを訪問しました。こちらのお店もニューウェーブ系のラーメンを出していて評判が良かったので楽しみにしての訪問でした。

同行者が塩らーめんを注文したので、僕は塩つけ麺を注文。ラーメン部門は塩が一番右にありますが、つけ麺は醤油が一番右にあります。つけ麺は麺を食べやすくわけてあるのが好印象ですが、麺自体は細めの麺でつけ麺としては弱く感じます。あっさりしているつけダレなのですが、酸味が強くてよく味が分かりませんでした。麺との絡みもあまりよくなく、全体的にはあまり良いイメージが抱けませんでした。同行者の頼んだ塩らーめんはダシがしっかりきいています。麺も少し固めの湯で加減で良い感じでした。塩らーめんはまずまずの完成度だと思いますが、つけ麺の完成度はまだまだだと思います。塩らーめんを食べる限りだと東京のお店とかを研究している様な感じがしたので、つけ麺も東京の人気店等を研究して欲しいなと思いました。同じニューウェーブ系のみどりと比べてしまうと劣る印象を持ちました。

住所   伊勢崎市連取町3086-5
電話番号 0270-21-7725
営業時間 11時30〜14時 17時30分〜22時(平日)
     11時30〜15時 18時〜21時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日



take_hilano at 23:25|PermalinkComments(7)TrackBack(4) 群馬県