2006年02月

2006年02月28日

大盛軒@玉川村

24f400c6.JPG2月11日(土)の昼に大盛軒を訪問しました。このお店は昔の石神本に載っていたお店で前から気にはなっていました。最寄り駅から歩けないとの事だったので訪問不可能かなと思っていましたが、最寄駅から歩いて行った人が同行者にいたのには驚きました(笑)

このお店でも皆さんがいろいろなメニューを頼んだので自分は残り物で限定品の塩カレーとんこつを注文しました。UNDER GROUND RAMENでもカレーを食べた事もあったのでカレーつながりもありかな?と思いました(笑)
まずは作り方が印象に残りました。チャーシューはその都度切ってるし、玉子、レンゲもその都度温めています。ただ店外にも行列が出来、しかもまあり開店がいい店ではないだけに、もう少し工夫してもいいのではないかな?と思いました。
大盛軒の特徴は何と言っても麺だと思います。麺は水、かんすいを一切使わないで作成された麺だそうです。実は店名を知っていただけでここのお店が麺が凄いという事は着いてから初めて知りました(笑)この麺ははっきり言って苦手でした。水を使っていないせいか、ぼそぼそしています。自分が頼んだのが塩カレーとんこつで、塩とんこつのスープに牛すじのカレー味の物が乗っています。カレーがスープに混ざる事により、カレー味が中心となります。しかも麺がぼそぼそしている事もあり、思わずカップ麺のカレーヌードルを思い出してしまいました。。

住所   埼玉県比企郡玉川村玉川4710-2
営業時間 11時30分〜14時 17時〜22時
電話番号 0493-65-5440
定休日  月曜日

take_hilano at 00:05|PermalinkComments(10)TrackBack(3) 埼玉県 

2006年02月27日

拉麺 一張羅@明覚

01f200f0.JPG2月11日(土)の昼に明覚にある拉麺 一張羅を訪問しました。Kojiさんに車を出してもらったツアーの第二弾です。最新版の石神本で取材拒否店として紹介されていたお店です。お店は「いっちょうらい」と読むようです。お店について初めて知りました(笑)
まずお店に着くとお水が出ますが、コップにつがれる量がコップの半分程度と少なめなのが印象に残りました。

おださんがしょうゆら〜めん。しらすさんが塩ら〜めんを注文したので、自分はつけ麺を注文しました。つけ麺が美味しいという評判は特に聞いていなかったのでそんなに期待していませんでした。食べてみると麺にしっかりした食感があり、美味しいです。都会はともかくとしても地方や少し外れた地域に行くと製麺屋さんがあまりない関係で麺がイマイチというパターンがありますが、ここはそんな事ありませんでした。美味しかったので思わず聞いてみたら「大成食品」の麺を使用しているとの回答を頂きました。さらなるしらすさんの聞き込みによると大成食品のHPで近々紹介される予定があるそうです。しらすさんもブログで書かれていましたが、大成食品のプロデュースが入っているのかもしれません。でもスープはいわゆる麺彩房系と呼ばれるようなタイプのスープではなく、動物系がそれほど強くなく、魚がしっかりきいたタイプのラーメンでした。醤油ラーメンが魚を一番強く感じました。麺も他の大成食品の麺とは少し違う印象です。何がと言われると難しいですが、食べてもらえれば分かってもらえるのではないかな?と思います。

ちなみに石神本の取材拒否についても伺いましたが、まだ出る実力ではないという旨の事をおっしゃっていました。食べた感じではしょうゆ、塩、つけ麺ともにレベルが高く本に掲載されるだけの実力はあると思いました。

住所   埼玉県比企郡玉川村平松下中道2903-7
電話番号 0493-65-5826
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜21時
定休日  火曜日

take_hilano at 22:55|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 埼玉県 

2006年02月26日

UNDER GROUND RAMEN@西川越

3538b9a4.JPG2月11日(土)に西川越のUNDER GROUND RAMENを訪問しました。このお店は頑者、ひかり、ガンジャとの関係があるお店という事で楽しみにしていました。お店に入ると麺箱には「ひかり食品」の文字がありました。ちなみにこの日はいずれもlivedoorブログでラーメンブログをしている<おださんしらすさんKojiさんとの食べ歩きで、Kojiさんに車を出して頂きました。Kojiさんとは初対面でした。ブログによくコメントを頂いていたせいか初対面な感じがしませんでした(笑)

カレーラーメンにチーズをトッピングして注文しました。Kojiさん、しらすさんがらあめんを注文。おださんがもりそばを注文しました。
カレーラーメンはのカレーはラーメンというよりはカレーうどんに近い印象です。平打の滑らかな麺(もりそばと同じと思われる麺)の上にカレーをかけその上にチーズがトッピングされています。麺はカレーとからみは良いのですが、適量の麺を箸で持ち上げづらいのとカレーが麺にからみすぎるせいか、食べづらいです。感想としては、ラーメンというよりはカレーうどんという印象しか残りませんでした。チーズは溶けると味がまろやかになり良いですね。
らあめんですが、太く、しっかりとした弾力のある麺です。スープはあっさりした物であくまで麺を食べさせるタイプの物のように感じました。もりそばは以前ひかりで食べた時と似ている印象を持ちました。麺は滑らかでつけダレはあっさりしていてこちらも麺を楽しむためにおとなしい味付けにしているような感じがしました。

らあめんの力強いタイプの麺ともりそばの滑らかなタイプの麺と2種類の正反対の性格を持つ麺を作り上げている事が、印象に残りました。この店もひかり同様、麺を楽しむ店だと思いました。

住所   川越市今成3-15-8
営業時間 11時30分〜14時30分
定休日  日曜日

take_hilano at 00:04|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 埼玉県 

2006年02月25日

麺劇場 玄瑛@薬院大通

c13203ab.JPG2月5日(日)の夜に薬院の麺劇場 玄瑛を訪問しました。このお店は前々から凄いと評判を聞いていて、訪問したかったお店です。dancyuに紹介されたのを見て、是非とも行きたいと思っていました。今回は時間があったので念願かなっての訪問です。お店に行った事ある方やdancyuで見た事ある方は麺劇場という意味が分かるかと思いますが、お店の作りは個性的で、他にこのようなお店は思いつきません。

潮薫醤油麺を注文しました。作る工程を見ていると麺をしっかり手でもんでから茹でています。出て来たラーメンは、具には揚げネギ、糸唐辛子、ごま、ねぎ、かいわれ、チャーシューといろいろ入っていて、スープの味が分かりづらいのでは?と印象を抱きましたが、食べてみるとスープがしっかりしていて驚きました。スープは繊細なスープですが、あっさりしていて物足りない訳ではありません、自分が豚骨ラーメンを食べ続けていただけに体がこのようなラーメンを欲していた事もあると思いますが、好印象を持ちました。おそらく自家製だと思われる麺もしっかりとした歯ごたえがあり、美味しいです。福岡にもこういうラーメンがあるのだという事にちょっと驚きました。
またラーメンと一緒にサラダも出て来て、不足しがちな野菜を食べる事も出来たのも好印象です。

この日9軒目で、今回の福岡ツアー最後のお店ですが、あっという間に食べてしまいました。今回のツアーでは、この店が一番印象に残りました。ラーメンは800円と博多ではかなりの高額で、自分が食べに行った時はあまりお客さんが入っていませんでした。またネットで検索してもあまりお客さんが入っていない模様。。これだけのラーメンを出しているので、頑張って欲しいと思いました。食べた事がない方は是非食べに行ってみて下さい。
店主の入江さんによるとヒルトン(昼に出す豚骨ラーメン)もお勧めとの事です。こちらの方がお金がかかっているらしいです。玄瑛の店主が作る豚骨ラーメンというのはかなり気になるので次回福岡行く際には是非とも食べてみたいです。

住所   福岡市中央区薬院2-16-3
電話番号 092-732-6100
営業時間 11時30分〜14時 18時〜翌1時(平日)
     11時30分〜22時(売切次第終了)(日曜日、祝日)
定休日  なし

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(20)TrackBack(2) 福岡県 

2006年02月24日

大砲ラーメン本店@久留米

665b9a25.JPG2月5日(日)の夜に久留米の大砲ラーメンの本店を訪問しました。実は未食でしたので初めての訪問です。お店は細い道沿いにありますが、大砲を目指して来る車が多いようです。17時30分頃でしたが、駐車場は一杯で、お店も満席でした。

ラーメン(写真)を注文。スープを飲んでみると食べやすくしっかりまとめているという印象を受けました。大砲ラーメンの本店を食べる前に岡村屋@鳥栖市麺家 もち月@福岡市南区隆砲ラーメン@諫早市と食べていたせいもあってか豚骨臭い、髄がしっかり出た濃厚なラーメンが出て来るのかなと思っていました。これらのお店に比べるとバランスがよく誰が食べても食べやすく、かつしっかり作られたラーメンという印象です。個人的にはスープが滑らかだと思いました。麺はストレート麺でスープとの相性も良いです。具は、チャーシュー2枚、玉子、ネギ。このラーメンが並で450円というのは本当にお得だと思います。

ちなみにオゴポコさんが昔ラーメンを注文されましたが、一口味見させて頂いて、あまりの変わった味に驚きました。昔ラーメンの表面に浮かしてある油の味だと思いますが、何とも変わっています。自分は上手く表現出来ないのでオゴポコさんの表現を参考にしてみて下さい(笑)こちらを参照してみて下さい。ラーメンがしっかりしているだけに、何でこういうラーメンを出しているのかやや不思議でした。

住所   久留米市通外町11-8
電話番号 0942-33-6695
営業時間 11時〜21時
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

このお店を食べた後にオゴポコさんじーのさんと別れました。案内して頂きどうもありがとうございました。

take_hilano at 00:09|PermalinkComments(4)TrackBack(3) 福岡県 

2006年02月23日

蘭丸@久留米

蘭丸_まる蘭丸_日本丸2月5日(日)の夜に久留米市の蘭丸を訪問しました。このお店は本で見ていて気になっていたお店です。オゴポコさんからもお勧めとの情報を頂いたので訪問を決意しました。

おださんが濃厚だというまる(写真左)、じーのさんがはんまる、オゴポコさんが魚介スープとのブレンドした日本丸の太麺を注文。自分が日本丸の細麺(写真右)を注文しました。
まずはまるですが、かなりこってりしています。豚骨のしっかり旨さが出ているというよりは何が原因なのかはよくわからないのですが、ちょっとくどい印象をでした。次は自分が頼んだ日本丸です。まると比べると魚介スープとブレンドしている事もあり、食べやすくなります。ただこの店の特徴である濃厚スープというのが隠れてしまい、東京で出している魚介豚骨のラーメンと比べるとどうしても特徴のあまりないラーメンになってしまいます。また麺はやや柔らかく、スープとあまり絡みませんでした。麺がもう少しスープと絡む麺になるともっと印象が良くなるかなと思います。どうしても完成度があまり高くないラーメンという印象を抱いてしまいました。具にはネギ、チャーシュー、キクラゲ、海苔とあります。

住所   久留米市国分町1606-1
電話番号 0942-51-2255
時間   11時30分〜15時 18時〜24時(平日)
     11時30分〜22時(日曜日、祝日)
定休日  なし

take_hilano at 00:03|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 福岡県 

2006年02月22日

岡村屋@鳥栖

e04c60af.JPG2月5日(日)の夕方に鳥栖市の岡村屋を訪問しました。このお店は大砲ラーメン出身の店主が独立した店です。以前訪問した同じ大砲出身の隆砲ラーメン@諫早市、前日に食べた麺家 もち月@福岡市南区が良かっただけこちらのお店も大砲出身という事で楽しみにしていました。この日途中まで動向していた既食のSさんが濃いと言っていたので訪問したかったお店でもあります。

ラーメンを注文。スープを一口飲んで見て気になったのは思ったよりかなりあっさりしていた事。一口飲んで気になったので思わず既食のオゴポコさんにこんなにあっさりしたスープなのですか?と聞いて味見してもらっちゃいました。オゴポコさんによると以前食べた時はもっと濃厚だったとの事です。事前情報とは大きく異なっていたために、やや拍子抜けしたような感じになってしまいました。本来であれば、髄がしっかりと出ているのかな?と思うのですが、この日はそんな事はありませんでした。麺はストレート麺。こちらは濃厚なスープとあいそうなしっかりとした麺という印象。チャーシューは3枚で、柔らかくて丁寧に作られています。また半熟玉子があります。福岡では半熟は珍しいんじゃないかな?と思いました。

食後に店主の岡村さんとお話をさせて頂いたのですが、遠くから食べに来た事を伝えるとアイドルタイム(16時頃訪問)のため、スープのピークが過ぎてしまったと言われました。ラーメンは思った程ではなかったというのが正直な感想なので、いつの日かまたリベンジしたいと思います。

住所   佐賀県鳥栖市古賀町15
電話番号 0942-85-0895
営業時間 11時〜23時
定休日  木曜日

take_hilano at 00:06|PermalinkComments(2)TrackBack(3) 佐賀県 

2006年02月21日

大陽軒@太刀洗

2e7d3a93.JPG2月5日(日)の昼に太刀洗にある大陽軒を訪問しました。このお店は、当初は候補に入っていませんでしたが、丸八 朝倉店の近くにあり、地元では有名店という情報があったので入りました。店内は少なく見ても30席以上はあるかと思いますが、お店の外には行列がありました。このツアーで並んだのは初めてです。何もないと言っては失礼かもしれませんが、このような所でこんなに行列しているだけにかなり驚きました。

店外には薀蓄があり、「幻のラーメン」、「アルカリ性のスープ」だとか面白いキーワードがたくさんあります。店内には有名人の色紙や「写真撮影禁止」、「残す方の入店禁止」などの文字もあります。

ラーメンを注文。店内でも長い時間待たされましたが、ようやく出て来ました。写真撮影禁止とありますが、他の写真撮影禁止の元気一杯@呉服町満得@広島のように店内に張りつめた雰囲気はなく、普通に写真撮影してしまいました(笑)
さてこだわりのありそうなラーメンの味ですが、食べてみるといっぷう変わった味がします。スープはあまりダシが出ていなくて、しかもやや酸味のような独特の味がします。個人的にはあまり得意なタイプではありません。アルカリ性のスープというのもよくわかりませんでした。。チャーシューもかなり味付けが濃くスープとあっていません。麺は普通のストレート麺です。

丸八は正統派なラーメンを出しているものの混んでいないのに、こちらはだいぶ混んでいて不思議な感じがしました。。

住所   福岡県朝倉郡筑前町大字野町1847-3
時間   11時〜14時30分
定休日  不定休


take_hilano at 00:04|PermalinkComments(9)TrackBack(0) 福岡県 

2006年02月20日

KENZO CAFE@中洲川端

ca0d659c.JPG2月4日(土)の夜に屋台KENZO CAFEを訪問しました。このお店の存在は、元々何年か前に出た力の源通信で知りました。(久留米ラーメンフェスタの前だから2年くらい前かな?)この時に鮪ラーメンが紹介されていました。鮪ラーメンというと昔のいまむらや国上屋と関東では美味しい物を出しているお店が多かったのでとても気になっていました。前から行ってみたいと思っていたのですが、いつも行く機会がなく、今回は泊まったホテルから徒歩5分くらいの距離にあったので訪問しました。でも鮪ラーメンはもうありませんでした。。

ラーメンを注文しました。スープは屋台から店舗になったお店のせいなのか、スープは白濁している割には、あっさりしていて飲んだ客を対象にしている印象を持ちました。麺はかなり固めに茹でられています。ただ麺の粉っぽさが楽しめる感じでもなく、ただ固いという感じで個人的にはあまり好みではありませんでした。具にはチャーシュー、キクラゲ、ネギ。

このお店はラーメンというよりも元々が屋台という事もあるので、お酒を飲む方が本領発揮するような気がします。今度福岡行く時はお酒を飲みに行きたいと思います。

ちなみにまるげんとこのお店のインターバルにこちらでとんかつとこちらでケーキを食べました。本当によく食べたなと自分でも感心しています(笑)

ちなみにこのお店の近くにアルデュールという美味しいケーキのお店があります。おださんに教えてもらって食べに行きました。

住所   福岡市博多区上川端2-16
電話番号 092-262-5373
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜24時
定休日  日曜日


take_hilano at 00:11|PermalinkComments(3)TrackBack(2) 福岡県 

2006年02月19日

丸八 朝倉店@太刀洗

38a8c648.JPG2月5日(日)の昼に丸八の朝倉店を訪問しました。このお店は昨年11月に訪問した丸八の支店として最近開店されたそうです。同行したSさんは店主の方が本店で働いていた時に面識があるそうですが、入店と同時に挨拶をしていました。

ラーメンを注文。厨房を覗くの真鍋製麺の麺箱があります。これは丸八の本店と同じです。ラーメンを食べてみると豚骨スープがしっかりしているのが分かります。本店で食べた時同様久留米の豚骨ラーメンに近い印象を持ちました。具にはチャーシュー、ネギ、キクラゲ、茹で玉子があります。具、スープの構成などは同じだと思いますが、写真を見ると朝倉店の方がスープの色が濃いように思えます。(本店の写真はこちら)食べた時間も違うし、食べた時も違うので一概に比較は出来ませんが、写真を見る感じでは、タレ、スープともに朝倉店の方が濃いのかなとも思います。事前の噂では凄い濃いという話を聞いていましたが、決してそんな事はないと思います。
本店で食べていたラーメンと大きな差はないため驚きはないですが、丁寧に作られた美味しいラーメンという印象を持ちました。丸八出身の丸優たえちゃんラーメンが丸八と味が大きく異なるだけにこの店はどうなのかな?と気になっていましたが、朝倉店は丸八の味をしっかり踏襲していました。

住所   福岡県朝倉郡筑前町高田2555-1
電話番号 0946-21-1508
営業時間 11時〜20時30分(火曜日、水曜日以外)
     11時〜14時(水曜日)
定休日  火曜日

ちなみにここでずっと初日から行動していたSさんが離脱しました。お疲れ様でした。またどこか食べ歩き行きましょう。

またお店にはテレビがあり、この別府毎日マラソンをやっていました。99年に東京国際マラソンを2時間6分台で制したゲルト・タイスが走っていたのも印象的でした。僕が食い入るように見ているのに大して同行者達はやや引き気味でしたが。。


take_hilano at 00:27|PermalinkComments(8)TrackBack(3) 福岡県 

2006年02月18日

一九ラーメン粕屋店@門松

763ed65d.JPG2月5日(日)の昼に天天,有近くの一九ラーメン粕屋店を訪問しました。一九ラーメンという店名は福岡県内いろいろな所にあるのでもちろん聞いた事がありましたが、自分は初訪問です。ちなみにオゴポコさんのお話だと取材拒否店だとか。しかもお店に入ると怖そうな若い店主がいて、さらに店内には「替玉がない」という旨の記述があり、ちょっと怖い印象を受けました。

ラーメンを注文しました。上記の通り緊張した雰囲気があったので、写真を撮ろうかどうか迷ったのですが、おださんが「写真撮ってもいいですか?」と聞いたら快くOKの返事がもらえたので、僕もすぐさま撮りました(笑)それでも焦って撮ったせいなので、写真がぶれています。。
さてラーメンですが、スープは表面に油がやや多く、スープはあまり白濁していない軽めのスープですが、なかなか美味しいです。スープ麺の茹で方にはこだわりがあるようで、固めにしっかり茹でられています。前回福岡訪問時に昔からの有名店をまわった際に意外と麺が柔らかいという印象を持ったのですが、一九ラーメン粕屋店は良い茹で加減でした。麺は食感もよく個人的にはなかなか好印象でした。具はチャーシュー、メンマ、ネギ。

今度は一九ラーメンの老司本店も行ってみたいです。

住所   福岡県糟屋郡粕屋町大隈387
電話番号 092-938-2034
営業時間 11時30分〜22時
定休日  月曜日

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(6)TrackBack(2) 福岡県 

2006年02月17日

天天,有@門松

54ddf022.JPG2月5日(日)の昼に天天,有を訪問しました。このお店は京都の天天有と関係あるという事前情報があったので前から訪問したかったお店です。オゴポコさんのお勧めにも入っていたので訪問しました。お店の入り口には「鶏ガラ醤油ラーメン」とあります。豚骨ラーメンが圧倒的な福岡県で鶏ガラ醤油とうたっています。

ラーメンを注文。出て来る前に卓上を見ていると辛味で味付けされたニラ(食べていないので詳細は不明)があったりと京都のラーメンっぽいと感じます。出て来たラーメンを見るとあっさりしていそうという印象。食べてみると京都の様な濃厚スープという感じではありません。あっさりしているというかやや物足りないというか。。どうしても京都とリンクさせてしまうため、物足りなさを感じました。食べた感じだと豚骨ではなくて鶏という事を感じる事があまり出来ませんでした。麺はストレート麺。チャーシューは2枚。具にはモヤシ、ネギ、メンマとあります。

よくネット上などでは天天ノ有と表記されていますが、正式名称は「天天,有」で読み方は「てんてんゆう」だそうです。
お店の一番目立つ所には「天天,有」と表記されていますが、店の目の前にある電気で光る屋号が入った物(何って表現すればいいのだろう??)には「天天ノ有」となっていました。ちなみに大阪も「天天,有」が正式名称だそうです。大阪の天天,有は未食なので、福岡での味を舌で覚えて、大阪のお店に行きたいと思います。

このお店の奥さんの父が大阪の天天,有の店主で、大阪のお店の店主の兄が京都のお店の店主だそうです。

住所   福岡県糟屋郡粕屋町大隈409
電話番号 092-938-8699
営業時間 11時〜23時
定休日  木曜日

take_hilano at 00:06|PermalinkComments(5)TrackBack(2) 福岡県 

2006年02月16日

麺屋 ラ賊@門松

e678279d.JPG2月5日(日)の昼に糟屋郡粕屋町の麺屋 ラ賊を訪問しました。この日は拉麺本位のオゴポコさんとじーのさんに案内して頂きました。また初日完全別行動していたおださんとも合流しました。このお店はオゴポコさんに教えてもらったお店で、全くノーチェックだったお店です。

ラーメンを注文しました。作り方を見ていると深ザルで茹でた麺を平ザルであげていました。こういう麺の揚げ方をするお店はいくつか見た事がありますが、ぱっと思い出せません(笑)
ラーメンですが、出てきた物を見るとやや醤油の色の強いスープです。スープは濃厚という感じではなく、割とさらっとしているスープです。見た目だと油分が割とあるようにも見えますが、しつこくなく食べやすかったです。麺はストレート麺です。特に柔らかすぎる事もなく、普通の麺という印象。チャーシューは2枚。あまり硬くなく適度に脂身などもあり、福岡県で見た場合には良い方だと思います。他の具としてはメンマ、ネギがありました。

同行したSさんがお店の人に伺うと魁龍にいた事があるとの回答。予想外の答えで驚きました。魁龍出身ってあまり情報が出て来ませんが、もしかしたら結構あるのかも。。何気に一徹野永や昔食堂なおじと食べているだけにこれからも頑張って食べようと思います。

住所   福岡県粕屋町上大隈147
営業時間 11時〜15時 17時〜22時
定休日  月曜日

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(3)TrackBack(2) 福岡県 

2006年02月15日

まるげん@西鉄平尾

まるげん_中華そばまるげん_つけそば2月4日(土)の夜にまるげんを訪問しました。このお店は福岡の人気店である郷家出身だそうです。評判が良かったので訪問しました。

Sさんが中華そば、自分がつけそばを注文しました。スープは、Wスープ方式と事前情報で聞いていましたが、動物系や、魚介系のどちらかが強いタイプのスープではなく、どちらも強く主張はしていないスープです。あまり東京ではないタイプで、同行したSさんが鍋のスープみたいと言っていましたが、なるほどという感じでした。(表現を無断で使用してしまいごめんなさい)
中華そばの麺は細麺です。細麺と言っても博多ラーメンの様な加水の低い麺ではなく、普通の細麺でした。福岡でこういうタイプの麺というのは珍しいかなと思います。ただ食べていると柔らかくなるのが早かったです。これが改善されるともっと印象が変わるのではないでしょうか。具にはチャーシュー、メンマ、海苔、ネギがありました。
つけそばは写真で見てもらうと分かる通り平打の麺です。スープのベースは中華そばとさほど変わりません。つけそばとして食べた場合にはやや物足りないかなと思いました。麺は平打麺ですが、もう少し麺に美味しさや力強さがあると印象が変わるかなと思います。具の構成は中華そばとほとんど同じですが、こちらには半熟の味玉が入っていました。
福岡では博多ラーメンで使用麺になかなかこだわるのは難しいのかな?と思いますが、麺がよくなればもっと印象が変わるのかな?と思いました。

住所   福岡市中央区平尾2-2-18 シティーマンション1F
電話番号 092-522-8848
営業時間 11時30分〜23時30分(平日)
     11時30分〜翌2時(金曜日、祝日前日)
     11時〜翌2時(土曜日)
     11時〜22時(日曜日、祝日)
定休日  月曜日

ちなみに修行先の郷家は食べた事がありません(爆)

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(4)TrackBack(7) 福岡県 

2006年02月14日

麺家 もち月@高宮

74c3f4f4.JPG2月4日(土)の夜に南区の麺家 もち月を訪問しました。このお店は車を出して頂いたえぬさんにお勧めして頂いたお店です。お話では大砲ラーメンにいた方が独立したお店だという話を聞いていました。大砲出身のお店は、以前食べた隆砲ラーメン@諫早は良かったですし、また翌日行く予定でした岡村屋@鳥栖もあり、こちらのお店も楽しみでした。お店に着くとどこかで見覚えるのあるお店だなと思いました。よく思い出してみると昨年11月に高宮駅から丸八まで歩いた際に外観が気になっていたお店でした。

ラーメンを注文しました。チャーシューが赤、白と2種類あります。赤はタレに一晩つけ込んだ上質の肩ロース肉。白は脂ののった豚バラ肉の表面をこんがりローストしてからタレにつけ込み、ジューシーで柔らかめのお肉とあります。赤、白ともに提供前に石のプレートにて焼いて提供されます。自分は白も注文しました。
もち月のラーメンの特徴はとにかくスープだと思います。濃度がしっかりあります。自分がイメージしていた大砲ラーメンとは異なるスープで、ここまで力強い豚骨スープは久しぶりに食べたなという感じ。豚骨をしっかり煮込んで作ったラーメンで美味しいです。正直な事を言うともっとお腹に余裕がある時に食べたかったです。具にはチャーシュー、ネギ、キクラゲ。麺は細めの麺。丼やレンゲが綺麗だったりとスープ以外にも気を配っているのが感じられました。福岡行ったら再訪したいお店です。

店主の望月さんは本店とキャナルシティ店にいたそうです。

住所   福岡市南区若久3-1-18
電話番号 092-542-2532
営業時間 12時〜14時30分 17時〜24時(ラストオーダ 23時30分)
定休日  不定休

take_hilano at 02:01|PermalinkComments(11)TrackBack(2) 福岡県 

2006年02月13日

麺屋武蔵 武骨@上野

武骨_緬羊武骨_チャーシューご飯2月12日(日)の14時頃に武骨を訪問しました。時間帯を見てもらえれば分かるかなと思いますが、限定ラーメンが目当てです。武骨の限定は割と食べに行ってるので、今回も楽しみ。自分の中での勝手なイメージなのですが、武骨の限定というとデフォルトのラーメンのスープを上手く使用してラーメンを出しているというイメージがあるので、今回も武骨のスープを使用した味噌という話を事前に聞いていたので自分の期待している物が出て来るのでは?と楽しみでした。13時50分頃お店に着きましたが、20人くらいの行列。14時30分頃お店に入れましたが、自分の二人後で緬羊は売り切れ。危なかったです。。

武骨味噌 緬羊に武ッチャー飯を注文。最初は白味噌ベースのスープです。丼のふちにに付いている2種類の味噌を溶かしていく事により味が変化する仕組みになっているようです。まずは混ぜずにベースのスープを飲んでみると味噌の味は控えめで魚の味をしっかりと感じました。武骨のベースのスープってこんな魚強かったっけ?と正直
思いました。後で伺ってみたところ、味噌ダレの方にも魚を使用しているからだそうです。味噌を溶かしていくとスープが変化していきます。味の雰囲気ががらっと変わり、スープの味を楽しめるというよりも味噌と羊の味が強く出て来ます。麺は極太の麺に細い麺。どちらもカネジンの物を使用しているそうですが、カネジンで細麺というのは他にはあまり記憶にありません。個人的にはどちらも湯で加減がよく、麺の食感の違いがしっかり出ていて良かったです。具はキャベツのしっかりした歯ごたえが良いアクセントになっていました。今回の味噌は食べやすく、誰が食べても美味しいと思えるメニューを作った感じがしました。

武ッチャー飯は、今までチャーシューを使用したサイドメニューを出さないのかな?と思っていましたが、ついにこれを出したかという感じです。予想通りの味ですが、食べ応えがあってGood。個人的には今度ダブルを食べてみたいです。
http://blog.livedoor.jp/ramenman8810/

take_hilano at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 東京都 

2006年02月12日

虎的麺厨房@薬院大通

bdb84cda.JPG虎的麺厨房パフェ2月4日(土)の夕方に虎的麺厨房を訪問しました。このお店は読み方は「タイガーキッチン」と読みます。一風堂で有名な力の源カンパニーが経営するお店です。Sさんはさほど乗り気ではなかったのですが、せっかくならばSさんと訪問したかったので僕が是非行こうと強く希望したお店です。

担々麺セットを注文しました。担々麺という名前ですが、担々麺というよりは味噌ラーメンに近い印象を持ちました。あまり辛くなかったので食べやすかったです。麺は細めのやや縮れの入ったタイプでスープとの絡みはまずまずでした。ただ全体的にはそこまでの完成度がある訳ではなく、ラーメンを食べに行くと肩透かしをくらうような感じかも。元々はカフェとして力を入れているようなので、カフェとして行くと楽しめるお店だと思いました。

ちなみに写真右はタイガーパフェです。何がタイガーなのかよくわからないのですが、美味しかったです。

住所   福岡市中央区警固1-4-25 
電話番号 092-761-8852
営業時間 11時〜24時
定休日  なし

2006年2月末で閉店するようです。

take_hilano at 01:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 福岡県 

2006年02月11日

一龍@南福岡

4a5d4315.JPG2月8日(土)の昼に春日市の一龍を訪問しました。このお店は福岡市南区の新風の実家という事で興味がありました。以前新風を訪問した際に一龍がリニューアルしましたとあったので、次回福岡訪問時には必ず訪問しようと思っていたお店です。今回は念願かなって訪問出来ました。お店に着くと何故か東京から食べに来る事が伝わっていたようでした(笑)後で知った所によると翌日案内して頂いたオゴポコさんから新風のマスター経由で連絡がいっていた模様。この時は何も知らなかっただけにマジで驚きました。

さてラーメンですが、Sさんが白、僕が黒(写真は黒です)を注文しました。いわゆるマー油があるかないかの違いだと思います。まずは先に出て来た白ですが、見た目はやや醤油ダレの色が強く出ています。新風の豚骨スープは白いイメージ(実際はマー油がかかっている物しか食べていないですが)があったので、ちょっと驚きました。見た目からはスープが軽いのかな?という印象がありましたが、そんな事はなく、やや粘度があり、スープもしっかりしていると思います。続いて出て来た黒を食べてみて、新風を食べた時は絶妙と思ったスープとマー油のバランスですが、一龍ではマー油が豚骨スープよりも強く感じました。これでも十分美味しいですが、スープとマー油のバランスに関しては新風の方が自分の好みでした。麺は新風と同様に細麺で喉越しが良いと思いましたが聞いてみたら、新風のマスターが作った麺を使用しているとの事です。具はキクラゲ、ネギにチャーシューが3枚。チャーシューはやや濃い目の味付けでしたが、美味しかったです。

新風で食べた時に新風のマスターにマー油なしもお勧めと言われていただけに一龍で白が食べられて良かったです。

ちなみにこちらの店主は新風のマスターの弟さんだそうですが、こちらも男前でした。店主のご両親もいらして、アットホームな雰囲気で良かったです。
帰る際には丁寧に見送って頂き、本当にありがとうございました。
再度福岡行く際は新風、一龍とも訪問したいです。

住所   福岡県春日市岡本1-5
電話番号 092-591-5501
営業時間 11時30分〜 (お昼のみ営業)
定休日  日曜日、祝日

take_hilano at 00:06|PermalinkComments(7)TrackBack(1) 福岡県 

2006年02月10日

天風堂@大川市

c66fa617.JPG2月4日(土)の昼に大川市の天風堂を訪問しました。このお店は一風堂第一人者のSさんが旅行の前日に行きたいと候補にあげたお店です。名前からも想像出来る通り、一風堂と関係があるお店らしいとの事です。福岡県内に二店舗あるそうですが、石井商店からさほど遠くなかった大川市の天風堂を訪問しました。こちらのお店は、ゆめタウン大川の中にあります。

通常のラーメンとコク味と呼ばれる2種類があったので、Sさんがラーメン、自分がコク味を注文。Sさんと一緒に一風堂に行くと自分が所謂赤丸、Sさんが白丸というのがいつものパターンになっています。
自分の食べたコク味はノーマルのラーメンと比べるとニンニクチップ、辛味があります。一風堂の赤丸にある香味油はありませんでした。具がいろいろあるせいか味がまとまっていない印象でノーマルのラーメンの方が好み。見た目は一風堂とは近いものの味は油が多く、スープの感じもあまり一風堂には似ていない印象でした。麺は本家と似ている物のSさんの聞き込みによると独自で作った物だとか麺はなかなか良かったと思います。場所が福岡南部の方のせいかもしれませんが、通常のラーメンが500円というのには驚きました。
それにしても気になったのはお店の覇気のなさ。一風堂というと接客がしっかりしている印象が強く、プロデュース店や独立した人のお店も接客が丁寧な印象がありましたが、天風堂は全く元気がなかったです。僕もSさんと一緒にいろいろなお店に行きましたが、ここまで接客がしっかりしていないのは初めてかも。。

住所   大川市大字上巻430−1
電話番号 0944−86−7188
営業時間 11時〜21時
定休日  ゆめタウン大川の定休日

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(5)TrackBack(1) 福岡県 

2006年02月09日

七九軒@大川市

efe8d923.JPG2月8日(土)の昼に大川市の七九軒を訪問しました。このお店は、僕が毎日拝見しているへのさんのサイトで高評価だったお店です。その前に訪問した石井商店からさほど遠くない所にあります。お店に入店してみるとラーメンだけでなくかつ丼等がありました。

かつは大好きなのですが、この日は我慢してラーメンを注文(笑)一口飲んでみて思ったのは苦手なタイプのスープだなという事。何が苦手かというと豚骨ラーメンで時々出会うミルキーなスープ。僕はすぐにそう思わなかったのですが、同行者は来久軒@武雄に似ていると思ったようです。確かに言われてみるとという感じで、来久軒@武雄ほど苦手とは思いませんでしたが、このミルキーな感じは得意ではないです。麺もやや柔らかめであまりスープとあっていないような感じで苦手。このタイプのラーメンが好きな人がいるのは分かっているのですが、自分は本当に苦手でした。。具には玉子、チャーシューがありました。

住所   福岡県大川市三丸834
電話番号 0944-87-6404
営業時間 11時30分〜21時30分
定休日  日曜日

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(2)TrackBack(4) 福岡県 

2006年02月08日

石井商店@大川市

4529e778.JPG2月5日(土)の昼に大川市の石井商店を訪問しました。このお店は前からネット上で評判が良く行ってみたかった事もあり、今回行く事にしました。

ラーメンを注文しました。事前のネット上のインプレでは、濃厚スープの久留米風ラーメンなのかなという印象を持っていました。しかし出て来たラーメンを食べてみるとスープ、麺ともに印象が違いました。久留米のラーメンと言うと骨からスープをしっかりとっている印象がありましたが、こちらのスープはどちらかというと割と軽めな感じがしました。表面には油が結構浮いています。麺も久留米の細めの麺ではなく、やや黄色い麺でスープとの絡みがあまりよくなかったような気がします。具はネギ、海苔にチャーシューは3枚です。チャーシューというと硬くてイマイチなお店がありますが、ここのお店のチャーシューは柔らかかったです。

営業時間 大川市大字酒見286−15
電話番号 0944-87-6252 
営業時間 11時〜15時 18時〜24時
定休日  月曜日

余談なのですが、大川市というと自分が最近はまっている漫画「のだめカンタービレ」の主人公の実家がある所です。この漫画に出て来たシーンがある事をimagineさんに教えてもらいました。行けば良かったなぁ。詳細はこちらです。

take_hilano at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 福岡県 

2006年02月06日

いちげん@川副町

d62ac836.JPG2月4日(土)の昼に佐賀県川副町のいちげんを訪問しました。前回訪問時にはあまり出来がよくなかったのでそのうちまた食べてみたいなと思っていたお店です。今回は福岡での行きたい店が割と近かったのでこちらも再訪しました。車を出して頂いたえぬさんによると開店直後の方がお勧めとの事です。

冬季限定(12月〜3月)ののりラーメンを注文。いちげんというと冬季限定の海苔ラーメンというのをあちこちで見かけていただけに楽しみでした。お店のお品書きによると一番摘みの物だけを使用しているそうです。一番摘みというとほとんどが高級贈答用あるいは都市部の高級寿司店で使用される物だそうです。
この海苔がスープの中で細かく崩れます。スープと一緒に飲んでも美味しいし、麺との絡みも面白いです。海苔がスープに混ざる事によりスープを味わえなくなるのは事実ですが、これは面白いと思います。ラーメンに入ってる海苔でこんなに印象に残ったのは初めてです。スープは濃厚というよりも新鮮さが印象に残るタイプ。前回福岡訪問した時に、同行した方が「豚骨スープのフレッシュな感じが」という表現を使用していましたが、今回のこのラーメンはまさにそんな感じ。豚骨スープの新鮮さという物を感じる事が出来て良かったです。このような経験は今までラーメンを食べた中では初めてだと思います。豚骨スープはしっかり煮込んでコクを出すタイプが多いように思いますが、いちげんのラーメンは別でした。
前回と比べてだいぶ印象が違ったので良かったです。個人的には早い時間帯に食べるのが良いんじゃないかな?と思いました。

住所   佐賀郡川副町大字西古賀925-1
電話番号 0952−45-7865
営業時間 11時〜15時 17時〜21時
定休日  水曜日

take_hilano at 22:34|PermalinkComments(6)TrackBack(1) 佐賀県 

2006年02月04日

ポークボーンヌードル内藤@初台

1c9612e7.JPG1月30日(月)の夜にポークボーンヌードル内藤を訪問しました。このお店は嗟哉の場所で平日の21時からラーメンを作る人を変えてポークボーンヌードル内藤という名前で営業しています。

ばさらかネオらあめんを注文しました。本来であればばさらかのオープン当初の味を再現したというばさらかクラッシックというラーメンを食べる方が普通なのでしょうが、しらすさんのブログで紹介されていたネオが美味しそうだったのでこっちを注文してしました。スープはクラシックと一緒でネオだと麺が平打麺になり、マー油がかかるようです。まずマー油をよけて豚骨スープを飲んでみると濃いタイプではないですが、しっかりスープが出ていて美味しいです。おそらくこれならばクラシックを食べても美味しいだろうなと思います。平打麺であるためにスープ、マー油とのからみがよく美味しいです。麺はやや固めです。食感が少し変わっていて、豚骨スープにこの麺を組み合わせたのはなかなか面白いと思います。

どうしてこういう方法をとって営業しているのか詳しい事は分からないのですが、嗟哉の営業時間外である夜間の時間を若い人に貸して営業しているというのが理由の一つなのであれば、二毛作営業がラーメン界に流行ったようにこのような営業形式も流行って欲しいなと思います。

住所   東京都渋谷区本町2-4-3
電話番号 03-3375-8117
営業時間 21時〜翌2時(月曜日〜金曜日)
     11時30分〜24時(日曜日)


take_hilano at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2006年02月03日

麺酒処 すだちや@荻窪

55fe29b7.JPG1月30日(月)の夜に荻窪の麺酒処 すだちやを訪問しました。このお店はとら会で前に名前を聞いた事がありましたが、今年発売された東京ウォーカーでなんでんかんでんで働いていたという記事を見て行こうと思いました。

ラーメンを注文しました。作っている工程を見ていましたが、切ったネギが入っている丼になんでんかんでんの文字がありました。
出て来たラーメンですが、豚骨スープは白濁していますが、あまり豚臭さはありません。店内にも豚の臭いが充満している訳でもありませんでした。スープは口当たりなめらかで少しとろみもあります。髄が出ている感じではなく、油で粘度を出しているタイプです。決して悪くはないと思いますが、もう少し個性が欲しいというのが正直な印象です。具にはチャーシュー、キクラゲ、海苔。麺は粉ぽっさがある細いストレート麺で美味しいです。湯で加減も固めに仕上げていて良かったです。

住所   東京都杉並区天沼3-14-9 アイドマビル1F
営業時間 12時〜22時
電話番号 03-3392-4478
定休日  火曜日(祝日の場合は翌日)

火曜日に営業している場合もあるので、電話でご確認下さいとありました。

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 00:17|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 東京都 

2006年02月02日

二代目つじ田 神田御茶ノ水店@小川町

つじ田1月28日(土)の夕方に二代目つじ田の神田御茶ノ水店を訪問しました。この日初めての訪問でした。つじ田の本店も開店当初に訪問しただけだったのでかなり久しぶりの訪問となりました(笑)

らーめんを注文しました。出て来たラーメンから最初に感じた事は動物系の臭いがかなり強い事。その前に井之上屋で繊細な井之上屋のかけを食べていた影響があるような気はするのですが、かなり動物の臭いがきつい印象を持ちました。スープは魚、動物ともダシは出ているだけに少し臭さがおさえられるともっと食欲がすすみいいかなとも思いました。麺は中太のぷりっとした麺で、スープとの絡みはまずまずだと思います。麺がぷりっとした感じがありますが、麺自体にやや旨さがない印象を持ちました。麺箱はカネジン食品と書いてあったと思います。(やや自信がないです。)具にはチャーシュー、ネギ、海苔がありました。

次回訪問時はこの日売り切れだった和印度らーめんが食べてみたいです。

住所   東京都千代田区神田小川町1-4
電話番号 03-5256-3200
営業時間 11時〜15時30分 17時〜21時30分
     11時〜20時(土曜日、祝日)(スープ売切れ次第終了)
定休日  日曜日


take_hilano at 00:11|PermalinkComments(10)TrackBack(11) 東京都 

2006年02月01日

口コミラーメンバトル勝利

口コミラーメンバトル勝ちました。

結果はこちらです。
http://www.walkerplus.com/ramen/fight/tokyo/result.html

自分も自分に投票しましたが(笑)、凄い投票数で驚きました!!
投票して頂いた皆様本当にどうもありがとうございました。

自分の次は最終回のようで知り合いのおださんが出ています。
http://www.walkerplus.com/ramen/fight/tokyo/

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(6)TrackBack(1) メディア紹介