2006年03月

2006年03月31日

我空@池袋

c1f7f782.JPG3月25日(土)の夜に池袋の我空を訪問しました。改めて書くまでもないですが、俺の空の関係店として2月28日に開店したお店です。前に行った蘇我のが、濃厚で美味しかっただけに期待しての訪問でした。最近忙しくて事前情報を仕入れていなかった事もあり、店内に入ってみると席まで遠くお洒落な感じを出そうとしているお店の作りにやや驚きました。

豚そば(800円)を注文しました。麺は細麺のためすぐに注文したメニューが出て来ました。スープは動物系、魚系が出ていますが、濃厚な感じはなく、軽い仕上がりという印象を受けました。俺の空(もう3年位行ってないですが)、牙に抱いているイメージと比べるとスープが軽すぎて物足りない感じがしました。麺は細めのストレート麺でこれは牙で食べた時と印象が近い気がします。豚そばというだけあってかなり豚の量があります。個人的にはこんなに多くなくても良いので、値段をもう少し下げたメニューがあってもいいかな?と思います。

個人的にはややビジネスにはしった感じがするラーメンという印象を受けたのが残念でした。池袋は若い人も多いし、もっと値段が安くて、若者に受けそうなラーメンを出す店が多いので苦戦するんじゃないかな?という印象を感じました。

自分が訪問した17時40分頃は他にお客さんがいなかった事もあってか、店員さんも喋ってばかりで、あまり良い印象をもてませんでした。

住所   東京都豊島区東池袋1-31-7
電話番号 03-5944-2777
営業時間 11時〜21時(売り切れ次第終了)
定休日  無

take_hilano at 00:38|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 東京都 

2006年03月29日

らーめんダイニング ど・みそ@京橋

0f676d7e.JPG3月25日(土)の昼に今日橋のらーめんダイニングど・みそを訪問しました。このお店は両国のときせいで修行された店主の方が3月15日に開店したお店です。一度夜22時30分頃行ったのですが、既に営業が終了していました。この日も休日出勤だった事もあり、近く(?)の京橋のこちらのお店を訪問しました。

お店の外には特味噌がお勧めとなっていますが、味玉が苦手な自分としては通常の味噌ラーメンを注文。通常のタイプの物と背脂をふりかけたタイプのこってりがあります。(どちらも値段は一緒)
まず味噌ダレ、油を丼にいれて、そこに黒ごま、白ごま、唐辛子等をいれて、その後にスープを注ぎ、味噌ダレをとかすという作り方をしていました。もやしは麺湯で機でボイルした物を上に乗せていました。味噌ラーメンはこってりというメニューがあるだけに、こちらは油っこくないのかな?と思いましたが、油の量が意外とある気がしました。好みの問題ですが、個人的にはちょっと油を多く感じたので、もう少し少ない方がいいかもと思いました。店主の斎藤さんも帰り際にこってりにすると味がまろやかになるとおっしゃっていましたが、確かにこのスープだとこってりにして背脂が増量された方が良いかもしれないです。こってりを食べられたFILEさんのレポによると味噌ダレとスープのバランスが良かったとあるので、やっぱりこってりの方がお勧めなのかもしれません。どうしても通常の味噌だと味噌ダレの味の方が強くなってしまう印象を持ちました。お店の奥にあった麺箱には、めんつうとあったのでこちらの麺を使用しているようです。平打タイプのやや縮れの入った物で、スープとの絡みがよかったです。

ど・みそという店のロゴの間に五線譜があったので思わず、店名の由来を聞きました。店主の斎藤さんが音楽をやられていた訳ではなく、みその前の「ど」には、
ど迫力の「ど」という意味があるそうです。

住所   東京都中央区京橋3-4-3
電話番号 03-6904-3700
営業時間 11時〜15時 18時〜23時(平日)(材料がなくなり次第終了)
     11時〜15時(土曜日)(材料がなくなり次第終了)
定休日  日曜日、祝日

店主の斎藤さんのブログはこちらです。

それにしてもとある知り合いの方が今年のブームは「Wテイストではなく店主ブログ!」と言っていましたが、本当に店主の方のブログも増えましたね(笑)

take_hilano at 06:14|PermalinkComments(13)TrackBack(10) 東京都 

2006年03月27日

通算軒数

来々軒@木場を食べた時点で訪問軒数2000軒となりました。
都道府県別に食べた軒数をまとめて見ました。
改めて数えてみると良く食べたなという感じです(笑)

東京 786軒
神奈川 220軒
富山 110軒
大阪 99軒
千葉 81軒
埼玉 77軒
愛知 67軒
福岡 50軒
京都 46軒
福島 34軒
栃木 33軒
新潟 33軒
静岡 29軒
兵庫 29軒
群馬 28軒
長野 27軒
北海道 21軒
広島 15軒
佐賀 14軒
茨城 13軒
山形 13軒
青森 13軒
徳島 12軒
福井 12軒
山口 12軒
鹿児島 12軒
宮城 10軒
鳥取 10軒
長崎 10軒
岐阜 9軒
大分 8軒
山梨 7軒
石川 7軒
奈良 7軒
島根 7軒
岡山 6軒
宮崎 6軒
滋賀 5軒
三重 5軒
秋田 5軒
香川 4軒
熊本 4軒
和歌山 2軒
岩手 2軒

take_hilano at 06:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) その他 

2006年03月25日

波(シー)@北綾瀬

3f5641e4.JPG3月24日(金)に北綾瀬の波(シー)を訪問しました。このお店は負死鳥カラスさんのブログとyaeさんの日記で存在を知り、食べに行きました。このお店は葫@行徳の店主と前職で同僚だった店主が3月21日に開店したお店だそうです。ラーメンの写真を見た時は葫に似ていると思い、久しぶりに食べてみたいと思い、訪問しました。
お店に着くと今月初旬に訪問したTETSU@千駄木の店主ご夫妻がいらっしゃいました。(後で波の店主の角田さんに教えてもらいました)
お顔を拝見いた際に分からなくて申し訳ありませんでした。

らーめんを注文。見た目は葫@行徳の様に見えますが、食べてみると全然違います。最近葫を食べた訳ではないので、どのように違うかは細かくは分かりませんが、葫特有の粘度があり、口当たりの良いスープとは別物です。しょっぱく、少し変わったタレの味が出ています。また動物系の味が中心となったスープという印象です。具に揚げニンニク、ネギ、もやしなどがあり、スープの味が分かりづらくなっている感じがしました。チャーシューは平らな長方形タイプ。浅草開化楼の麺は太い縮れた麺は食感も茹で加減ともに良いです。さすが浅草開化楼という感じでした。今は麺のレベルにスープが追いついていないのかな?という印象を受けましたが、まだ開店4日目ですし、これからよくなっていくのでは?と思います。特にここ最近開店した浅草開化楼の麺を使用するお店は、どんどん良くなっていってるとの評判なので、頑張って欲しいと思います。

住所   東京都足立区谷中4-13-12
電話番号 090-8588-7581
営業時間 11時30分〜14時 18時〜翌1時
定休日  水曜日

電話番号は携帯ですが、お店にある名刺に書いてあったので掲載しています。
一応、店主の角田さんにもネット上に書いて問題がないか確認済です。

take_hilano at 01:27|PermalinkComments(2)TrackBack(5) 東京都 

2006年03月23日

来々軒@木場

87df8181.JPG来々軒@木場_餃子3月19日(日)の昼に木場の来々軒を訪問しました。東陽町勤務ですし、前から行ってみようとは思っていたお店なので休日出勤を利用して、訪問しました。めちゃくちゃ混んでいるとネットで事前情報を確認していたので、時間をずらし14時10分頃訪問しましたが、店外に7人いました。ただお客の回転はいいようで、10分くらい待って入る事が出来ました。入ってまず驚いたのは店主のくわえタバコ(爆)最近はラーメン屋でたばこを吸う人を見る機会はあまりありませんでしたので、久しぶりで驚きました。基本的には地元で愛される中華屋の雰囲気なので、仕方ないのかな?と思います。

このお店は、タンメンと餃子をセットで頼むのが一般的と話を聞いていたので、とりあえずタンメンと餃子を注文。メニューはお店の壁にしか書いていない(店を出る時に確認しました)ので、よくわからずに注文しました。タンメンは野菜の量が結構あります。麺よりも野菜が多い気がします。スープは胡椒の味がちょっと強すぎると思います。タンメンなのでスープについてはまあ予想通りという感じです。麺は太くて食感がしっかりした物でこれは面白かったです。この麺はもう少し食べたかったというのが正直な感想です。

もう一つのお勧めの餃子はニンニクの臭いが結構強いです。個人的には歓迎@蒲田の餃子が大好きなので、美味しい所というとここと比較してしまいます。餃子にジューシーな感じがないし、値段も高め。一度食べればいいかな?というのが本音です。そういえば、餃子は注文してから5秒で出て来ました(爆)

ちなみに値段は1150円(タンメンが700円、餃子が450円)のようで、やや高いという印象です。。

住所   東京都江東区東陽1-25-5
電話番号 03-3645-6287
営業時間 10時30分〜18時
定休日  水曜日、第2、4火曜日

take_hilano at 06:11|PermalinkComments(12)TrackBack(1) 東京都 

2006年03月21日

めんくい亭@玉村町

めんくい亭_とろっと3月12日(日)の夜に佐波郡玉村町のめんくい亭を訪問しました。このお店はネットで見て美味しそうな豚骨ラーメンを出しているのを知って気になっていました。2005年11月に群馬に食べ歩きに行った際に近くのに行ってるだけにこの時にお店の存在を知らなかった事が悔やまれます。。前回訪問時はおださんの車だったのですが、今回は電車での食べ歩きだった事もあり、最寄駅から3キロ以上歩いて訪問しました。

今回は夜限定のとんこつスープのラーメンが目当てでした。スープは3種類あります。
メニューには下記の通り書いてあります。

めんくい とんこつ・・20時間煮込んだスープです。まずはここからどうぞ
とろっと とんこつ・・濃厚でクリーミー
ぶんぶん とんこつ・・三元豚の背脂タップリ

今回は評判を事前に聞いていたとろっと とんこつのラーメンを注文しました。お店のメニューにはクリーミーとありますが、スープを飲んでみるとクリーミーという感じはしませんでした。スープを自分なりに言葉で表現すると粘度があり、口当たりが
滑らかだけど豚骨からしっかりスープをとった印象を受けました。ただ気になったのは旨味が少ない事。スープがしっかりしているのでもう少し旨味があると印象が違うのでは?と思いました。麺も東京で出している博多ラーメンの有名店のように粉っぽさと麺のザクザク感があり、スープとの相性も良いです。チャーシューも三元豚を使用していると本に書いてあったという話を聞いていましたが、店内にも三元豚のポスターが貼ってあったのでおそらくそうなのだと思います。
食べた感想としては改めて群馬の豚骨ラーメンってレベルが高いんだなと感じさせてくれる一杯でした。

住所   群馬県佐波郡玉村町大字下新田1137-1
電話番号 0270-64-1535
営業時間 11時30分〜14時 18時〜22時

take_hilano at 01:59|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 群馬県 

2006年03月20日

麺屋 味笑@倉賀野

16bd614a.jpg3月12日(日)の夜に高崎市の麺屋味笑を訪問しました。このお店は当初は行く予定ではありませんでしたが、この前に湘家@前橋にふられ(定休日を間違えていたので僕が悪いのですが。。)、行く店がなく、高崎の本屋で見つけたラーメンマップ栃木・群馬・茨城で紹介されていて気になったので訪問しました。店前に着くと「ラーメンマップ栃木・群馬・茨城で紹介された」と宣伝されています。

お店の入り口には味のこだわりとして

其の壱 豚コツ、鶏ガラをベースにサンマ・カツオ・サバ節などのダシを効かせた風味豊かな極上スープ!
其の弐 源泉した小麦粉を使い、ツルツルの喉ごしと、モチモチの食感が楽しめる特注麺!
其の参 圧力鍋で煮込んだとろとろチャーシューと絶妙な味付けのメンマ、半熟玉子などの具

とあります。ニューウェーブが大好きな自分としては気になるキーワードがたくさんあります(笑)

ラーメンマップ栃木・群馬・茨城で紹介されていた醤油らーめん極みを注文。作り方を見ていると小鍋でスープを温めていて、ニューウェーブ系としてのポイントをおさえている感じがします(笑)
実は写真をぱっと見た時に渡なべとかを食べた事あるのかな?なんて思ったのですが食べてみると残念ながら別物です。まあ僕の勝手な思い込みだけなのですから、アレなのですが。。スープは粉や節を使用して魚の味を強く出している感じで、魚の味自体は結構します。動物系スープは魚の味の影に隠れていて、濃度があるという感じはあまりしませんでした。麺はもちもちしたタイプの麺ですが、東京などで食べる麺と比べてしまうと、麺自体に美味しさがありませんでした。チャーシューは大きいですが、柔らかくとろとろチャーシューという感じでした。メンマは甘く、かなり濃い目に味付けされていました。

店主の方がいらっしゃらなかったので、どこかで修行経験があるとか、どこかのラーメンに影響を受けた事があるのか?などは分かりませんでした。

最後にアイスクリーム(アイスキャンディ)をもらえますが、諸事情により食べませんでした(爆)

住所   高崎市中居町4-29-2
電話番号 027-352-2442
営業時間 11時〜15時 17時〜22時
定休日  火曜日の夜

take_hilano at 05:45|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 群馬県 

2006年03月19日

勝龍@小千谷

b71c4553.jpg3月12日(日)の昼に小千谷市の勝龍に行きました。このお店は新潟の有名店で渡辺樹庵さんが自身のブログの総括でお勧めとして紹介してお店でもあります。仲間内でも前から行きたいお店の一つであり、一度新潟遠征を企画していた事もありましたが、僕が体調不良で遠征を中止して以来行く機会がありませんでした。しかもその遠征を中止した日というのが、何と2004年10月23日と中越地震のあった日でした。日帰り遠征を企画していて最後に訪問しようと思っていたお店でしたのでおそらく地震のあった頃には小千谷市にいたのではないか?というような状態でした。。地震の後はしばらく営業していなかったという話も聞いていましたし、再度営業を再開したという話を聞いた時には絶対訪問しようと決めていました。なので念願かなって訪問出来ました。朝10時からやっている事もあり、10時15分頃に到着しました(笑)

しょうゆラーメンを注文しました。見た目ではスープはこってりしているのかな?と思いましたが飲んでみると割とあっさりしていました。麺は太麺でもちもちとしていて力強さがあり、スープとの絡みもよいです。普段はあまり事前情報をいれないで食べに行くようにはしているのですが、スープが凄いという噂だけを聞いていただけに、麺が美味しいのは予定外でした。具は薄めのチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、青菜(?)とあります。青菜は一度冷凍してあるせいなのか(冷凍してないかもしれないですが)は分からないですが、しばらくすると青菜がスープに細かく散らばってしまい、食べづらかったのがちょっとマイナスポイントでした。

最後に訪問記念にお店の名刺をもらおうと思って、店主の細貝さんとお話をしたら最初に僕の食べた丼を見て一言「鶏油が少ないですね」とおっしゃいました。ネット上での評判を見てもこってりしているという感想が大半なのですが、自分はこってりしているとは感じなかったのは、朝一の訪問という事でスープが薄めだったのかもしれません。店主とお話する時はありますが、丼の状態をチェックされてコメントされたのは初めてな気がします。それにしても訪問するタイミングというのが難しいと改めて実感しました。これでもなかなか良かったのですが、次来る機会があればもっと遅い時間に来てコッテリした状態の物を食べてみたいと思える何かがありました。

雰囲気もいいし、訪問前にもちょっとした勝手な思い入れもあるお店だっただけに訪問出来てよかったです。

住所   新潟県小千谷市千谷川2-8-8
電話番号 0258-83-3770
営業時間 10時〜22時
定休日  火曜日

take_hilano at 07:09|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 新潟県 

2006年03月17日

不如帰@幡ヶ谷

6efabb48.JPG3月8日(水)の夜に幡ヶ谷の不如帰を訪問しました。1月11日11時11分11秒に開店したそうです。1並びですね。1並びの開店と言えば平成11年11月11日に開店した笑の家や水軍を思い出してしまいました(笑)確か、水軍はテレビチャンピオンの開店日はいつ?という問題になっていたと思います。きら星の星野さんが出ていた時じゃなかったかな??

まずは初訪問という事でいろいろな方が食べて一押しとの評判だったそば(醤油)を注文しました。作り方を見ているとはまぐりスープと思われる寸胴は湯煎しているようでした。
食べてみて最初に感じるのはとにかくはまぐりの味が強いという事。スープには揚げネギが浮いていますが、揚げネギの味があまり気にならないくらいはまぐりの味がしっかり出ていると思います。トリプルスープ方式ではまぐりのスープを丼の最後に注ぐ事による影響もあるのかもしれません。(実際の所はどうなのか分かりませんが)このはまぐりと醤油ダレとの相性がよくなかなか美味しいと思います。ありそうなスープな気がしますが、他のお店ではない不如帰独自のラーメンを出していると思いました。ただ個人的にはもう少しキレがあると良いかなと思いました。
麺は三河屋製麺の物を使用しているそうです。同行者が頼んだ塩と麺が違うように感じましたが、今は同じ物を使用しているそうです。塩はいろいろ味を変えているそうです。

事前に食べた人のレポ等で「無化調」、「トリプルスープ」というキーワードが出ていたために3つのスープをバランスよく丼の中であわせて、すっきりとした味わいでキレのあるラーメンを出すのか?というイメージを抱いていました。(情報から勝手に抱いたイメージなだけなのですが。。)今回食べたラーメンは美味しいと思いますが、どうもイメージしていた物と別物と感じました。はまぐりスープを別にとる良さというのは良く分かるのですが、はまぐりの味ばかりが感じられるためにトリプルスープという物の良さを感じる事が出来ませんでした。
こういう経験をすると改めて情報だけで勝手にイメージを抱き、ラーメンを食べる事は良くないと感じました。

他のお客さんが頼んだはまぐりめしははまぐりスープと思われる寸胴よりはまぐりを取り出していました。次回はこれも食べてみたいです。

住所   東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12
電話番号 03-3373-4508
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜21時30分
定休日  金曜日

take_hilano at 06:11|PermalinkComments(22)TrackBack(16) 東京都 

2006年03月16日

清元@幡ヶ谷

b6f49b21.JPG清元3月8日(水)の夜に幡ヶ谷に清元を訪問しました。この日は前々からKさんに食べ歩きに誘われていた事もあり、同行させて頂きました。このお店は八蔵跡地に開店したお店で店主は八蔵出身だそうです。ちなみに店名は「きよげん」と読むそうです。
ちなみに八蔵跡地というよりも個人的にはKUDO跡地と言った方がピンと来るのですが、同様の方はいないですかね?(笑)

同行者がつけめん(レンコン麺)(写真左)を頼んだので自分はらーめん(写真右)を注文しました。他には鶏油らーめんというメニューもありました。前に八蔵を食べた時もらーめんを食べた気がします。
作る工程を見ているとチャーシューは切り置きではなくその都度切っていました。
つけめんはつけダレが醤油の味が強くスープの味がしっかりというよりもタレと酸味が強く出ている様に感じました。最後にスープ割をすると魚の香りがきいていてスープ割を楽しめるようになっていました。スープ割をする時につけダレを少なくしてからスープ割をしていました。最近食べた所だと六厘舎以来だと思います。麺は美味しいのですが、レンコンを練りこんだ特徴というのが出ていないのかな?と思いました。
らーめんは魚がしっかりきいたタイプで普通に美味しいのですが、どうしても特別な個性がないせいかやや印象に残らないかも。つけめんの方がお勧めな気がします。同行者によると最近食べた八蔵のらーめんの方がスープがもっとしっかりしていて美味しいそうです。

そういえば、同行者はKUDO未食だと言ってました(驚)

住所   東京都渋谷区幡ヶ谷3-11-9
電話番号 03-3372-6566
営業時間 11時30分〜14時 18時〜21時30分
定休日  月曜日

take_hilano at 00:36|PermalinkComments(13)TrackBack(6) 東京都 

2006年03月14日

らーめん蓮@中目黒

1b50cf89.JPG蓮_つけめん蓮_海南鶏飯
3月5日(日)の夜に中目黒の蓮を訪問しました。誠屋@八幡山と関係があると伺っています。この日は目黒で用事があり、その後ラーメンが好きな友達と一緒に訪問。

ラーメン(写真左)を注文。スープの表面には油がかなり浮いています。スープは濃厚かなと思いましたが、スープは軽めで、醤油ダレの味がしっかりしています。誠屋と比べるとかなりさらっとしている印象を持ちました。麺は中細で少し縮れている麺です。麺箱に田中製麺と書いてありました。具にはチャーシュー、海苔。
つけ麺(写真中央)はつけダレが魚がきいていて、さらに辛味、甘みがあり、全体的に大味な印象を持ちました。タマネギは食感が良いが、タマネギを上手くアクセントとして使用している店に比べると今一歩生かしきれていない気がしました。スープ割は和風スープでしてくれるようでかなり魚の味がしっかり出ていて良かったです。

海南鶏飯(写真右)は初めて食べましたが、なかなか良かったです。他の店でも食べてみたいです。

住所   東京都目黒区中目黒2-7-14
電話番号 03-3719-8425
営業時間 11時30分〜14時30分 19時〜翌1時(売り切れ次第終了)
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日休み)、火曜日の夜

take_hilano at 01:06|PermalinkComments(4)TrackBack(5) 東京都 

2006年03月13日

TETSU@千駄木

850dd776.JPG3月4日(土)の昼に千駄木のTETSUを訪問しました。このお店の30食限定の強麺(ごうめん)が気になっていたので訪問しました。強麺のみが浅草開化楼の麺を使用しているそうで、ネット上で話題になっていました。必ず強麺を食べたかったので11時頃訪問しましたが、行列はありませんでした。11時20分頃からお客さんが来て開店前には8人の人が待っていました。

強麺のつけ麺を注文。お店の開店前に注文を聞かれ、11時30分の開店時には既に麺を茹でていました。お店の中に強麺の紹介が「従来の麺はモッチリとした食感で啜る麺であるのに対し、この強麺は食べる麺・・・とにかくワシワシと噛んで食べていくタイプです!」とあります。実際食べてみると確かに固く食べる麺という表現は納得。以前食べた同じ浅草開化楼の麺を使用する六厘舎@大崎よりも麺は固く感じました。個人的には固すぎるかなと思いましたが、固くて食べる麺という物をお店が提唱している訳だから全然問題はないと思います。後は好みの問題だと思います。あつもりの方がお勧めという話も聞いたので次はあつもりを食べてみたいです。つけダレは出て来た時にスープの上に魚粉が乗っていてこれまた六厘舎を思い出しました(笑)つけダレに動物系のしっかりとした濃度と甘さがありました。六厘舎と比べてしまうとおとなしい感じがしました。強麺の上にかかっている胡麻がつけダレに入る事によりスープが分かりづらくなるのがややマイナスかな?と感じました。具はチャーシューの味付けはやや強すぎるのも気になりました。

どうしても六厘舎と比べてしまいましたが、両店を比較してみるとなかなか面白いんじゃないかな?と思います。並んでいた時に常連の方に六厘舎に似ていると言われましたが、確かにおっしゃる事が分かりました。

他の方のブログを拝見すると味がどんどん良くなっているようなのでまたしばらくしてから訪問して次は強麺のあつもりを食べてみたいです。

食後にお店を出た時も店外に10人くらいの行列があり、その中にしうさんがいらっしゃいました。

住所   東京都文京区千駄木4-1-14
電話番号 03-3827-6272
営業時間 11時30分〜14時30分 19時〜22時
     11時30分〜14時30分 18時〜21時(日曜日)(スープ完売次第終了)
定休日  月曜日、第2火曜日

店主のブログはこちらです。

take_hilano at 00:40|PermalinkComments(7)TrackBack(13) 東京都 

2006年03月12日

麺屋梵天@渋谷

e91ba1b7.JPG2月27日(月)の夜に麺屋梵天を訪問しました。このお店はまっち棒を経営する会社が二郎風のお店を出したとの事で話題になっていたお店です。昨年開店しました。一度訪問したのですが、ふられた事があり、それ以来の訪問でした。

らーめんにニンニクと野菜をトッピングしました。出て来たラーメンを見るとかなりのボリュームがあります。野菜はモヤシが多く、キャベツが少ないです。モヤシは水っぽくトッピングしてしまった事を後悔しました。。普通のラーメンには、チャーシューは一枚で割と普通のチャーシュー。個人的には二郎の食べ応えのある肉の塊の様なタイプの物が好きなのでここはインスパイアして欲しかったなと思います。スープはタレが違うせいと野菜から出る水っぽさなのか味にしまりがなく、ぼやけている感じがしました。油の量は普通でした。麺はもちもち感があり、このラーメンのパーツの中では一番印象が良かったです。

皆さんが既に書かれている事ではありますが、二郎とはやっぱり違うかなというのが正直な感想です。ただこのお店にはらーめん黒梵天、赤梵天というメニューがあったのでちょっと気になりました。

住所   東京都渋谷区渋谷1-13-7
電話番号 03-3419-3764
営業時間 11時〜22時(スープ切れ次第終了)
定休日  日曜日

take_hilano at 00:32|PermalinkComments(7)TrackBack(8) 東京都 

2006年03月11日

青山 牡励湯 麺カフェ@渋谷

牡励湯2月27日(月)の夜に牡励湯を訪問しました。HP等を見ると正式名称が「青山 牡励湯 麺カフェ」のようですお店の名前は「ぼれいとう」と読みます。鮎ラーメンの運営で2月8日に開店しました。牡励湯とはカキの貝殻からとったダシの事を言うそうです。

コゴリソバを注文。スープの上に煮コゴリが乗っています。鮎ラーメンを食べた時は鮎を具として乗せる事により鮎の香りを演出している印象を持ちましたが、こちらのラーメンの方がスープに香りがあり、ラーメンとしての一体感がある気がしました。
スープはあっさりしていて飲みやすいです。麺は細めの麺で量も少なめです。スープがあっさりしているし、量も少なめなのでお酒を飲んだ後のラーメンとしては
最適なのでは?と思いました。

牡励湯もお勧めとの事でこちらも試してみましたが、普通かなと思いました。500円は高いかなというのが正直な印象です。量を減らしてでももう少し値段を安くした方がいいのでは?と感じました。
ただOOSAKIさんのブログによると牡励湯は味が違ったそうなので、僕が食べた時はどのくらいの出来だったのかが気になりました。

凄いお洒落な店で雰囲気が良いと思います。ただ自分が訪問した時は、お客さんはほとんどいなく、入り口でお店の人がチラシを配っていました。店構えはお洒落ですが、何のお店か認知されにくいのではないかなと思いました。また、普通のお客さんは、ラーメンとパスタがあるために、この店は大丈夫なのかな?と敬遠されてしまうのではないかなと気になりました。

住所   東京都渋谷区渋谷2-10-15
電話番号 03-5469-8010
営業時間 11時30分〜翌3時(平日)
     11時30分〜23時(日曜日、祝日)
     16時〜18時(カフェタイム)
定休日  なし

写真は後日アップします。

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 17:39|PermalinkComments(13)TrackBack(10) 東京都 

2006年03月10日

爺@野田市

aed2ead5.JPG爺_塩2月19日(日)の夕方に吉川市にある爺を訪問しました。このお店は石神本に載っていた事で気にはなっていたお店でした。他にからめるお店もないし、駅からも遠いので行けないかな?と思っていましたが、この日、同行者が前回食べれなかった煮干しラーメンを食べたいとの事で訪問。自分的には和彩、彩流と行けて満足していた事もあり、同行者にそのまま同行しました。普段滅多に車での食べ歩きはしないのでこういう時じゃないと爺は食べれそうでもないですし。

同行者は前回食べれなかった煮干しラーメン(写真左)を注文。自分は同行者が前回食べていない塩ラーメンを注文しました。
煮干しラーメンはスープは煮干の酸味が強く、スープもダシは弱めで、物足りないです。塩ラーメンもスープの味はあまりキレがなくややぼやけ気味。石神本に載ったうりは何だったのだろう?と正直思いました。個人的には期待していただけに、つうこんの一撃を食らった感じです(爆)
麺は草村商店の物を使用しています。でも大勝軒での修行経験などはないそうです。

店内にはラーメン本がたくさんあります。東京一週間の本には店主が食べ歩きした際の日付や感想などがいろいろと記されています。是非訪問した際は見てみて下さい。ただ食べ歩いたお店がチェックされていますが、チェックされているお店が少ないのも必見だと思います(笑)店主に食べ歩きが好きなようなので好きなお店を聞いてみた所、のぼる屋@鹿児島市、松食堂@喜多方市との回答を頂きました。これを伝えようと思っておださんにメールした所「石神本に載ってるよ」との返事が(爆)。。今回の石神本は買ってないので失礼しました。。
お店には他にラーメン本が多数あり、岐阜のタウン誌ソレイユがあったのにも驚きました。

また同行者がお店にいたお客さんに顔バレしたようで握手を求められていました。いろいろ著名な方と食べ歩きした事がありますが、握手を求められたのは初めて見ました(笑)

住所   埼玉県吉川市上内川226-3
営業時間 11時30分〜20時30分
定休日  水曜日、第2、4火曜日


take_hilano at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 埼玉県 

2006年03月08日

彩流@浦和

35e2a510.JPG2月19日(日)の昼に浦和の彩流を訪問しました。このお店は大泉学園の十兵衛出身だそうです。前から噂を聞いていましたが、昨年食べたおださんからものすごく煽られていたので楽しみにしての訪問でした。

同行者がつけ麺、自分が醤油豚骨らーめんを注文しました。
作り方を見ているとつけダレを入れる容器は湯煎しているようです。らーめんの麺の湯切りは最初はテボを傾けてある程度のお湯を切った後にさらに丁寧に湯切りをしていたのが印象に残りました。
まずは醤油豚骨らーめんですが、醤油豚骨という名称ですが、動物系のかなりしっかりとしたダシにさらに節系と思われる魚介系のダシがしっかりしていてかなり濃厚で粘度、濃度ともにあります。この濃度としっかりしたスープは見事だと思いますが、個人的にはややこのタイプのラーメンは食傷気味というのが正直な所です。ラーメンだとちょっと重たすぎるのかも(単に前に2杯食べていたからかも(笑))。むしろおださんがお勧めの醤油豚骨つけ麺の方が麺をつけダレに食べて食べる分だけスープを重たいと思わずに食べれて良いのかもしれません。つけ麺は麺が平べったいタイプの物になるので濃厚なスープと相性が良さそうな気がします。今ブログを書いていて何でこの時醤油豚骨つけ麺を食べなかったのだろう?と不思議に思ってしまいました。麺は細めのストレート麺でつけ麺とは違います。麺はすっきり喉越しがよく美味しかったです。

同行者が食べたつけ麺は魚介系が弱く、醤油豚骨のスープと比べるとどうしても物足りなさを覚えてしまいました。スープ割は和風と豚骨の2種類が選べるようです。

今の時点だと豚骨系メニューの方がお勧めだと思います。

住所   埼玉県さいたま市浦和区常盤4-16-22
電話番号 048-825-5007
営業時間 11時〜15時 18時〜22時(平日)
     11時〜15時(土曜、日曜日、祝日)
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

take_hilano at 23:14|PermalinkComments(12)TrackBack(4) 埼玉県 

2006年03月07日

初代麺屋 ぶーくん@蕨

c64fe603.JPGぶーくんカレー2月19日(日)の昼に川口市(最寄り駅は蕨)の初代麺屋ぶーくんを訪問しました。このお店はグルメウォーカーの口コミラーメンバトルで紹介されていた事もあって気になっていたお店です。珍しく車での食べ歩きという事もあったので、行きたい店という事で希望しました。

同行者がみそらー麺(写真左)、自分がカレーらー麺(写真右)を注文しました。
まずはみそらー麺ですが、麺は黄色い縮れ麺です。スープは濃厚と勝手にイメージしていましたが、そんな事はありませんでした。軽めでかつ甘みの強いスープでした。元々このラーメンのベースがちゃんこという事なのでスープは濃厚という訳ではなく、飲みやすく毎日食べれるようにしているのかもしれません。具には野菜炒めた物、チャーシュー、味付け玉子、鶏の団子がありました。鶏の団子をラーメンではあまり見ない具なのでちゃんこから来ているのかなと思いました。またかなり量が多かったのも印象的でした。
続いてカレーらー麺ですが、こちらはベースのスープは醤油でカレーでした。こちらは麺は味噌と違い麺は平打麺でした。スープとカレーの相性は普通であまり特徴の残らないラーメンという印象を持ちました。味噌の方がお勧め出来ます。

ちなみに埼玉ラーメンマップに顔写真の出ていた放駒部屋出身の元力士の店主はいませんでした。

住所   埼玉県川口市芝4331
電話番号 048-263-4611
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜22時30分
定休日  月曜日

P.S
蕨と言えばラーメン 桃太郎はどうなったんだろう?とふと気になりました。閉店2日前に食べに行ったのが懐かしいです。別の場所で開店すると言ってから1年半が経っているだけに気になる所です。別の場所で開店と言えば人形町で開店すると言っていたにも関わらず開店しなかったKUDO@幡ヶ谷もどうなったのか気になります。。

take_hilano at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 埼玉県 

2006年03月06日

和彩@蕨

d2c2f83c.JPG2月19日(日)の昼に蕨市の和彩を訪問しました。この日は朝から一緒だったこのお方と食べ歩きでした。

このお店は前回井之上屋訪問時にご一緒したTさんが良く行かれているお店で、この時一緒だったなごやんさんも美味しいと行っていたので気になっていました。ちなみにこのお店の事は、この時初めて知りました(笑)

食券機だった事もあり、同行者よりも先に和風醤油らーめんの券を購入しました(笑)同行者は味噌を注文。ラーメンのタイプとしては表面上に細かい背脂(通常の背脂チャッチャ系と呼ばれるラーメンの物より細かい気がしました)が浮いていて、そこに強すぎる訳でもなく程よい魚ダシがきいています。魚がしっかりきいていて、そこに背脂が入る事により魚の香りと背脂のコクがよい感じでマッチしていて美味しいです。麺もプリプリしていて適度な食感があり、スープとの相性もなかなかでした。具はチャーシュー、カイワレ、ネギ、柚子とあります。

それにしてもこのタイプのラーメンってありそうで、あまりない他に思いつかないです。こういうお店が近所にあるといいなと思いました。

住所   埼玉県蕨市中央3-6-2
電話番号 048-432-3777
営業時間 11時30分〜14時 18時〜23時(平日)
     11時30分〜14時30分 18時〜23時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 23:10|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 埼玉県 

2006年03月05日

本丸亭 元町店@元町・中華街

本丸亭2月18日(土)の昼に本丸亭の2号店である元町店を訪問しました。本店はもちろん行った事ありますが、こちらは初訪問でした。本店行ったのは4年くらい前だと思いますが。。日テレの放送後で混雑もあるかな?と思いましたが、11時45分頃着くも店内満席で、店外に行列はありませんでした。

正直な所、いろいろあって何を頼めばよいのか良く分からなかった(僕が厚木で食べた時はあんなにメニューはなかったはず)のでまずは基本メニューの、本丸塩らー麺を注文しました。スープを一口飲んでみると塩分を強く感じます。昔食べた時も塩分はかなり強い印象があり、この点は昔と同じ印象なのですが、今回はスープに力強さを感じる事が出来ませんでした。(昔本店で食べた時は塩分が強い中にもスープに力強さがあったと記憶しています。)旨味の方が強い印象を受けました。麺は縮れた太麺で弾力はあるが、麺の美味しさもあまり感じませんでした。。チャーシューは脂身がやや多めで厚みがあり、味付けも濃くて美味しいです。でもあまりこのラーメンとはあっていない気がしました。。春菊は香りが強くスープとの相性や必然性が自分には理解出来ませんでした。

最近本店、元町店を食べた仲間によると店主がいた時は美味しかったとの事なので、今回がたまたま悪かったのかもしれません。ただこの味だけで判断すると関東近郊で屈指の塩ラーメンとは言えないと感じました。

住所   横浜市中区元町1-42
電話番号 045-663-3368
営業時間 11時〜15時 17時〜21時(売切次第終了)(平日)
     11時〜20時(売切次第終了)(土曜日、日曜日)
定休日  月曜日、第2火曜日

take_hilano at 22:19|PermalinkComments(17)TrackBack(9) 神奈川県 

2006年03月04日

大黒屋本舗@松戸

大黒屋本舗つけ麺2月13日(月)の夜に松戸の大黒屋本舗を訪問しました。同行していた方の一人が楽しみにしていたお店でもあります。こちらは2回目の訪問です。前回訪問時は大黒醤麺を食べました。

今回は大黒つけ麺の裏を注文しました。つけ麺は魚がしっかりきいていてかつ動物系も強く出たタイプの物です。つけダレは割と甘め。つけダレの中にユズが入っていてよいアクセントになっていました。つけダレは麺との絡みがよく美味しいです。このお店は佐貫大勝軒の田代さんが作った麺が美味しく、するする食べれますね。にかいやとの連食でしたが、普通に食べれました。面白みがないと言えばそうかもしれませんが、麺が美味しいのでまた食べたいです。
同行した人が頼んだ大黒麺、大黒醤麺等は昔(2004年の秋頃)食べた時の方が好みです。スープはぼんやりしてしまっている印象を持ちました。最近に昼(実は昼は未食)を食べた仲間によると昼も夜同様に前の方が美味しかったとの事でした。

P.S
今年になって昼を食べていた方の感想が是非聞きたいです(笑)

住所   松戸市松戸1339
電話番号 047-368-8860
営業時間 11時〜14時30分 18時〜21時(スープ切れで終了)
定休日  水曜日

take_hilano at 08:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 千葉県 

2006年03月03日

にかいや@五香

f76345ab.JPG2月13日(月)の夜ににかいやを訪問しました。このお店は二郎風のラーメンを出しているという事で一時期話題になったお店。今更ながら訪問しました。元々はパスタ屋だったそうです。お店に入ってみるとラーメン屋とは違い安い洋食屋さんという雰囲気があります。店名の由来はお店が二階にあるから「にかいや」だとか。。

ラーメンを注文。無料トッピングでタマネギ、ニンニクを追加しました。ラーメンが出て来る前に丼を乗せる皿と箸とレンゲが出て来ます。ラーメンを食べてみると二郎インスパイアだと言われるのは分かりますが、あくまでインスパイアという範疇だという事があります。麺はやや平らなつるつるした麺です。二郎の麺とは正反対の口あたりです、個人的にはごわごわした二郎の麺が好きなので、ちょっと不満足です。スープは少しすっぱく自分としてはあまり得意なタイプではありません。油はそれほど多くなく全体的にはおとなしめです。具はチャーシューですが、こちらも脂身が少なくおとなしめ。
感想にもおとなしめという文字が多くなってしまった通り、全体的には上品にまとめた感じがしました。もう少し何か個性があってもいいかなと思いました。

住所   柏市青葉台1-3-25
営業時間 11時30分〜15時 18時〜22時30分(麺切れ次第終了)
定休日  水曜日

take_hilano at 01:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 千葉県 

2006年03月02日

HEY-ZO@新三河島

5ba70002.JPG2月12日(日)の昼に新三河島のHEY-ZOを訪問しました。このお店はZUND-BARで修行した店主が開店したお店です。開店当初に行きそびれてずっと未食でした。この日は朝から青砥で用事があり、途中三時間空きがあったので武骨の限定の前に訪問しました。話題になった直後は昼の部売り切れがあったという話も聞いた事があったので、混雑具合が気になっていたのですが、12時30分頃着いたらお店の中にお客さんが3人いただけでした。

メニューを見ると塩らーめんの横に「当店のおすすめ」と文字があるので、塩らーめんを注文。ZUND-BARで昔食べた時にも塩でした。スープは鶏と魚介系の味が出ています。スープが少し甘いのがちょっと気になります。香り油の香りも良かったです。麺はもっちりとしたストレート麺でこちらもスープとあっています。チャーシューは脂身が適度にあり、柔らかく美味しいです。ホットプレートのような物で温めているようでした。
また丼の温度が熱い状態で出て来たのが印象的でした。しかも丼が普通の物と比べて冷めにくい気がしました。(これはそう感じただけで、実際は違うかもしれません。)以前ZUND-BARで食べた時に、ステンレス容器でスープが最後まで冷めない事にちょっとした感動を覚えた自分としては、修行先の教えを忠実に実践しているように感じました。(こちらも実際は違うかもしれません。あくまで個人的感想という事で。。)
他にもありそうなタイプであまり面白みはないのですが、誰もが良いと思える美味しいラーメンという感じがして、なかなか良かったです。

住所   東京都荒川区東尾久1-21-8
電話番号 03-3819-6260
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜23時30分(平日)
     17時30分〜23時30分(土曜日)
     11時30分〜15時 17時30分〜売り切れ次第終了(日曜日、祝日)
定休日  月曜日

take_hilano at 01:43|PermalinkComments(5)TrackBack(3) 東京都 

2006年03月01日

和風らーめん 大家@つきのわ

2b94a471.JPG2月11日(土)の昼に滑川町の和風らーめん 大家を訪問しました。このお店は、最新の石神本に掲載されていて気になっていたお店です。滑川町と言えば阪神の久保田投手が滑川高校で甲子園に出場したのを思い出しました(笑)

皆でばらばらのメニューを注文しました。このお店は塩、醤油にそれぞれ普通の麺と太麺があります。普通の物は麺が160gで太麺が240g、皆がばらばらの物を注文し、自分とおださんが太麺メニュー。自分は塩太麺を注文しました。太麺はプリプリした食感が美味しいです。こちらも麺が美味しかったのでどこの麺か伺ったみた所、銀杏軒の麺との事です。この麺ならばつけ麺も食べてみたいです。スープは動物(豚骨を中心に使っているそうです)のスープと魚のスープがしっかりしているように感じました。動物系スープの方がしっかり出ていると思います。太麺にすると油の量、魚粉が増え、味が濃くなります。をこの日4杯目という事もあってか、こちらの方が好みです。たぶん一杯目で食べていたら太麺のスープよりも繊細なラーメンや塩ラーメンのスープの方が好みと感じたのではないかなと思います。具にはメンマ、海苔、チャーシュー、カイワレとあります。見た目は、あぢとみ食堂に似ていますね。

僕はこのお店を食べた後に都合があったのでツアーを離脱しました。Kojiさんには車を出して頂き、本当に感謝しています。Kojiさん達はこの後、燈の車、大学ラーメンと行かれたようです。後で知ったのですが、燈の車では自分が面識のある長野のフリークの方と一緒のタイミングで店内にいたようです。

住所   埼玉県比企郡滑川町月輪1521-17
電話番号 0493-62-9123
営業時間 11時〜15時 17時〜21時(平日)(スープ切れ次第終了)
     11時〜21時(日曜日、祝日)(スープ切れ次第終了)
定休日  月曜日


take_hilano at 00:45|PermalinkComments(5)TrackBack(4) 埼玉県