2006年07月

2006年07月29日

二代目 海老そば けいすけ@高田馬場

32ae5960.JPG7月16日(日)の夜に高田馬場の二代目 海老そば けいすけを訪問しました。このお店は本郷三丁目の初代けいすけの2号店として開店したお店です。初代けいすけとは味やそれ以外も大きく異なるそうで、気になっていました。

海老ラーメンを注文しました。噂では聞いていたまるい丼は見た目鮮やかで面白いと思います。このような丼は初めて見ました。

海老ラーメンは、海老の良い香りがするラーメンで細めの麺との相性も良いと思います。また鶏のチャーシューやオレンジなど初代けいすけと印象を変えて上品な感じに仕上げて来た時は驚きました。個人的にはラーメンにいれる柑橘系というとゆずが多い気がしますが、オレンジを使用したのは面白いと思います。あまり相性がよくないという噂を聞いていましたが、思った程相性が悪いという感じはしませんでした。

またこの丼ですが、通常自分はスープを飲む際に、丼を持ち上げて丼から直接スープを飲む事があまりないので、食べづらさは感じませんでした。ただレンゲが大きすぎるために何度も丼とぶつかって食べづらいと思います。個人的にはレンゲは小さい方がいいのではないか?と思います。

個人的には初代けいすけ、二代目けいすけと他店ではやらない事をやってきているだけに三代目以降のお店でどのような展開をしていくか要注目したいと思います。

住所   東京都新宿区高田馬場2-14-3
電話番号 03-3207-9997
営業時間 11時〜23時30分(ラストオーダ23時)
定休日  なし
 

take_hilano at 00:55|PermalinkComments(7)TrackBack(10) 東京都 

2006年07月27日

麺処 井の庄@石神井公園

ae974dc2.JPG7月16日(日)の夜に大泉学園じゃなくて石神井公園の麺処 井の庄を訪問しました(笑)中本、必勝軒出身の店主が開店して、話題になっているお店です。僕は辛いメニューが苦手なのですが、一口だけ食べたいと思ってこのお店に行こうと提案したのですが、3人とも辛いメニューが苦手との事でラーメンとつけ麺を注文しました(笑)つけ麺は50円増で黒手揉み麺に注文出来るので、それを注文しました。

ラーメン(写真左)は、動物系のスープ、魚介系のスープがしっかりしていて味が濃い目となっています。自分が食べた感じでは、しょっぱい印象を受けました。また、表面の油などがくどく、油をよけて飲むとそうは感じないのですが、普通にレンゲでスープをすくうとかなりくどいです。麺は、ストレートの麺で食感も良いと思います。チャーシューも脂身がやや多めで柔らかいです。最近の流行を抑えていてなかなか良いのではないでしょうか?
つけ麺(写真)は、ラーメンのスープと同じような味の構成で甘み、酸味があり、くどく感じずに食べる事が出来ます。(実際に油の量が少ないのか、甘み、酸味によるものなのかは不明なのですが)麺は縮れた太麺で食感もしっかりしていて美味しいです。一応聞いてみた所、この麺も自家製麺ではなく、製麺所で頼んだ物だそうです。

住所   東京都練馬区石神井町3-25-21ライオンズプラザ地下1階
電話番号 03-3997-1631
営業時間 11時30分〜15時 17時〜21時
定休日  木曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:05|PermalinkComments(7)TrackBack(7) 東京都 

2006年07月25日

魔女のカレー@仙川

a70f4926.JPGこの日は、ラー麺SNSのオフ会で知り合った恋Kさん、トモブールさんと食べ歩き。7月16日(日)に仙川の魔女のカレーを訪問しました。このお店は、しらけんさんが是非食べてと言われていたお店です。今年に入ってから昨年末から カレーラーメンを食べていた事もあり、こちらのお店も気になっていました。(カレーラーメンを食べ歩いている訳ではありません)

カレーラーメンを注文。辛さは5段階で選ぶ事が出来ます。しらけんさんやぼぶさんのブログで辛いという話を聞いていたので一番辛くない1を選択しました。見た感じは普通のカレーラーメンという感じです。食べてみるとスープは粘度があるタイプではなく、割とさらっとしたタイプです。でもスープに物足りなさはなく、程よい辛さがあります。チャーシューは炙ってありますが、固くてややイマイチ。ご飯がセットでついてきますが、かなり固めの仕上がり。本業はカレー屋さんですから、カレーにあわせて炊いたご飯という印象を受けました。ラーメンとセットで食べるとちょっと固すぎな気がします。麺は平打の太麺です。スープとの絡みはそんなでもありません。チーズが溶けて麺や具と絡むともっと面白いかな?と思いましたが、チーズがあまり溶けずチーズの塊となってしまったのはちょっと残念でした。

カレーラーメンと言ってもさまざまなタイプがあるので、一概に比較出来ないですが、個人的には大文字のカレーつけが一番美味しいと思います。最近食べた物だと
二天の限定が好みです。

卓上にはらっきょう、福神漬、スパイスがあります。

住所   東京都調布市仙川町1-10-20
電話番号 03-3307-6251
営業時間 11時30分〜22時
定休日  木曜日

take_hilano at 00:25|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 東京都 

2006年07月23日

博多らーめん いのうえ@浅草

いのうえ7月14日(金)の夜に浅草のいのうえを訪問しました。龍龍軒出身という事でしらすさんがレポしていたお店です。浅草に麺家はっかいが出来た事もあり、セットで訪問しました。注文してから待っている間に店主と常連さんがお話しているのを聞いていると店主はゴルフをよくするそうで、先日もパープレーで回ったと言っていました(驚)どうも店内を見るとゴルフについての張り紙もあるので、かなりの腕前のようですね。

事前情報では油が多いと聞いていましたが、確かにかなりの油の層となっています。表面の油をどかしてスープを飲むと適度な濃度があり、口当たりの良いスープとなっています。麺は、東京で食べる博多ラーメンのお店に多い、独特の粉っぽさがあり、固めに茹でられていて個人的には好みでした。値段も安く満足でした。次回食べるとしたら油少なめで食べたいですね。

住所   東京都台東区花川戸1-6-6
電話番号 03-3847-0084
営業時間 11時30分〜15時30分 19時〜翌1時
定休日  月曜日

take_hilano at 00:16|PermalinkComments(4)TrackBack(3) 東京都 

2006年07月21日

麺家はっかい@浅草

278e0a56.JPG7月14日(金)の夜に浅草の麺家はっかいを訪問しました。このお店は、つじ田で修行した店主が2006年7月に開店したお店だそうです。OOSAKIさんのブログでは、体の大きい方が2人とありましたが、厨房に2人、フロアに1人いました。

ラーメンを注文。スープは動物系と魚介が利いたタイプです。既に食べた方のブログを見ると麺のもりつけが上手でないという印象がありましたが、自分が食べた物はそんな事ありませんでした。麺は修行先のつじ田が使用しているカネジン食品ではなく、三河屋製麺の物を使用しているそうです。(麺箱は確認出来ませんでした)麺は細めのストレートタイプの物で、個人的にはもう少し太い方が好みです。スープは、つじ田と比べると動物系が弱い気がします。少し油により粘度があると思います。ただダシをしっかりするのが良いのか?もっと修行先と似た物を提供したいのか分からりませんでした。チャーシューは肉厚がほどほどにあり、やわらかいタイプの物です。

今の段階でもある一定のレベルはあると思います。麺や店名などが修行先と異なる事もあるので、今後どのようなラーメンを作っていくのか?興味があります。

住所   東京都台東区浅草2-13-3
営業時間 11時30分〜?
定休日  なし

take_hilano at 00:03|PermalinkComments(2)TrackBack(4) 東京都 

2006年07月19日

きら星@武蔵境

f2bfb852.JPG7月9日(日)の昼に武蔵境のきら星を訪問しました。今回の目的は限定で出している旬の真鯵そば(今は既に終了しています)です。普段は冷やしを食べないのですが、きら星の限定という事でどのような冷やしを出すのか?興味がありました。11時10分頃到着しましたが先頭でした。この日は雨を降っていた事もあってか、開店時でも10人強の人が並んでいて想定していたより少なかったです。

冷やしはほとんど食べないので冷やしが一般的にどういう物なのか?分からないのですが、思ったよりも物足りなさがなく適度な食べ応えがある印象を持ちました。
タレの部分の酸味がやや強めで個人的には、もう少し酸味が少なくてもいいのでは?という印象を持ちました。しかし最後に頼めるしめのプチご飯を残った鯵のなめろうと残ったタレに投入するとこのご飯と酸味の相性がよく、あっという間に食べる事が出来ました。自分が知る限り冷やしにご飯を入れて食べるというのはあまり聞いた事がないのですが、他のお店では事例はあるのか?気になるところです。
また、麺も絶妙の湯で加減でタレ、鯵とからみ美味しく食べられました。

通常きら星の限定というとベースのスープがしっかりしているためにきら星らしさが必ずありましたが、今回の限定は、ちょっと違ったイメージを味わう事が出来て楽しかったです。

take_hilano at 00:26|PermalinkComments(14)TrackBack(4) 東京都 

2006年07月17日

中華そば おかべ@川崎

98d0939c.JPG7月8日(土)に川崎市の中華そば おかべを訪問しました。前から気になっていたのですが、ぼぶさんのブログで見て大成食品という文字を見て訪問しようと決意しました(笑)
お店に着くと中華そばの文字が出ているもののビジネスホテルになっています。一瞬間違えたのかな?と思ってしまいますが、ビジネスホテルの1階がお店となっています。

中華そばを注文。メニューにはつけめん、坦々麺もあります。麺は大盛でも同一料金のようです。大成食品の麺を使用していて豚骨魚介系のような事前情報だったので麺彩房系かな?と思いましたが、食べてみると他の麺彩房系とはスープの構成が異なると思います。どう違うのかな?というとこちらのお店の方が豚骨が強く、しっかりしていると思います。麺彩房系のお店も動物系は濃厚ですが、おかべとは異なるのです。このあたりはよく食べている方が食べるとわかるんじゃないかな?とは思うので、詳しい方のレポを待ちたいと思います(笑)魚介系の感じ方もうまく表現出来ないのですが、明らかに異なると思います。個人的には想像していた味と異なったという点でサプライズがありました。今年食べた鳥居式塾出身の中村屋@大垣湘丸@片倉町ではあまり好みではありませんでしたが、こちらは好みの少し固めの茹で加減で美味しかったです。

食後に聞いてみたところ、元々は中華料理屋として営業していたが、今年の3月にリニューアルでお店を始めたそうです。大成食品という事で鳥居式塾や麺彩房系なのかな?と思いましたが、自分で試作したスープにあう麺を探し、大成食品の麺を試したら相性がよかったために使用する事にしたそうです。スープの味がいわゆる上記2系統と異なるのはこのあたりが理由だったのかなと納得しました。どうも当初はあっさりした中華そばを作っていたそうなのですが、店主の熊本出身の奥さん(黒亭によく通っていたそうです)が豚骨を濃くと頼んで今の味になったそうです。その後、大成食品の営業の方(後で確認したら自分がお会いした事ある方でした)がアドバイスを受けたそうです。
場所が分かりづらく苦戦しているようですが、個人的にはレベルは高いと思いますし、頑張って欲しいです。

住所   川崎市幸区幸町1-748-1 ビジネスインオカベ1F
電話番号 044-541-7736
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜21時(平日)
     11時30分〜14時(土曜日)
定休日  日曜日、祝日

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(2)TrackBack(4) 神奈川県 

2006年07月15日

2006年上期データ

2006年上期のデータをまとめてみました。
ちなみに2005年末時点でのデータはこちら

ラーメン数:128
初訪問店:114
リピート率:10.94%

目標の一桁を目指していましたが、到達しませんでした。。

take_hilano at 00:38|PermalinkComments(10)TrackBack(1) その他 

2006年07月13日

凪@渋谷

3aef124b.JPG6月28日(水)の夜に渋谷の凪を訪問しました。この日は、ラー麺SNSのオフ会があり、OOSAKIさんはんつ遠藤さんこばさんと言った達人の方々やかみ〜さん、yaeさんとラーメンHPを持った方々がいらっしゃいました。他にもブログをやっている方々が多数いました。皆様これからもよろしくおねがいします。正直なところ、どうなるのかな?とも思っていましたが、数多くの人が集まり、楽しいオフ会となりました。その後、当然2次会という事になり、ラーメンが食べれてかつ飲めるお店という事で凪に訪問。凪に行くとしらすさんがいらっしゃいました。

前回豚骨ラーメンを食べているので今回は、日替わりの味噌を浅草開化楼の麺で注文しました。太麺とスープの相性は、まずまずだったと思います。正直な事を言うとメモを忘れたのと飲んでいたので記憶が怪しいので(爆)
こばさんが味噌を細麺(久留米製麺)で注文したので、一口もらいましたが、スープとの相性は断然、浅草開化楼の麺の方がいいですね。細麺の味がスープに出てしまい、麺によってスープが変わってしまうという事が実感出来ました。他の方が食べていた豚骨ラーメンを一口もらいましたが、前回に比べると豚骨の甘さが控えめになっていて前より好印象でした。

それにしても毎日日替わり麺というのは面白いと思います。毎日日替わりでお客さんを楽しませるというのは、新しいスタイルで面白いと思います。飲んでいても面白いし、また訪問したいなと思わせるお店ですね。

次回は浅草開化楼の麺で焼きそばを食べたいです。書いていたら食べたくなってきました。

take_hilano at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2006年07月11日

虎@保土ヶ谷

757b2494.JPG6月25日(日)の夜に保土ヶ谷の虎を訪問しました。このお店は、ネットで見ていて気になったお店で保土ヶ谷で用事があった事もあり、訪問しました。もともと徳福があったすぐ近くにお店があります。徳福は「風雷神」と店名を変更して博多ラーメンのお店として営業しているみたいでした。

醤油ラーメンを注文。550円と値段は安いです。魚介ダシがしっかり香っているのに500円代のラーメンというのは珍しいのではないでしょうか?食べてみるとややしょっぱいです。魚のダシが強く、動物の出しが弱いといった感じがします。麺は細めのストレート麺で湯で加減もまずまずです。製麺所がどこなのかは麺箱を見ましたが、自分の座っている位置からでは、分かりませんでした。

食後に伺ったところ、今年の1月に独学でお店を開店したそうで、春木屋が好きだそうです。夏はダシがうまく出なくてなかなか試行錯誤されているとの事です。また近くによったら食べてみたいと思います。

電話番号 045-743-0705
営業時間 18時30分〜24時
定休日  水曜日


take_hilano at 00:01|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 神奈川県 

2006年07月09日

欅@新横浜

2cd0a0f2.JPG6月25日(日)の昼にラーメン博物館の欅を訪問しました。5月の札幌遠征で欅出身のいそじを食べてからラーメン博物館で食べたいと思っていました。11時30分頃から並び始めましたが、12時前にはお店に入る事が出来ました。今のラーメン博物館で一番人気なのかな?と思っていたお店だけにこんなに早く入れて意外な感じがしました。

見た目はいそじと似ていると思いますが、食べてみると違うと思います。集合施設仕様だからなのか、いそじの味とはもともと違うのか分かりませんが、ダシがあまり濃い訳でもなく表面の油が多く、ややくどく感じられます。麺は太めのプリプリした麺で食感は悪くないです。具の野菜の火加減も火を通しすぎといった感じがしてイマイチでした。大量生産しているという感じがするラーメンといった印象です。

前回ラ博で食べた、龍上海、春木屋が良かっただけに満足度が低めでした。もう少し頑張って欲しいなと思います。

take_hilano at 01:56|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 神奈川県 

2006年07月07日

石本家@下土狩

石本家_豚骨醤油石本家_中華そば
6月24日(土)の昼に石本家を訪問しました。地方で家系を食べる事でその土地に家系文化が根付いているかどうかが分かるだけに楽しみにしての訪問です。たぶん20近い都道府県で家系を食べていると思います。まさか同行した二人は行かないと思っていましたが、おださんが同行するとの事。正直かなり驚きました。その後、別行動しようとしていたしらすさんが目的の店にふられたとの事で結局3人で石本家へ訪問。2人がラーメン(写真左)(いわゆる家系タイプ)を食べると言うので自分は中華そば(写真右)を注文。
中華そばはスープを一口飲んでみて平べったい旨味の強いスープで苦手。麺も食感、においが悪く、イマイチでした。それに比べるとラーメンは、スープもしっかりしていて石川家テイストの中華そばが味わえると思います。麺は酒井製麺の極太麺で、湯で加減もまずまず。チャーシューも脂身がしっかりした柔らかめのチャーシューで悪くないと思います。

修行先の岩槻の石川家で中華そばを食べた事がないので比較出来ないのですが、本家の中華そばがどんなものなのか?逆に興味がわきました。もし食べた事ある方がいらっしゃいましたら、教えてください。

ちなみに隣にある支那そば仁屋が姉妹店の模様。もう少し中華そばの出来がよければおださんが連食しようと思っていたみたいですが、さすがのおださんも断念していました(爆)

住所   静岡県沼津市岡一色448-1
電話番号 055-920-6133
営業時間 11時〜22時(平日)
     11時〜21時(日曜日、祝日)
定休日  月曜日、第3火曜日

take_hilano at 12:17|PermalinkComments(16)TrackBack(2) 静岡県 

2006年07月05日

支那そば家 毎度!@三島

8e811bb6.JPG毎度_塩6月24日(土)の昼に支那そば家 毎度!を訪問しました。ラーメン博物館の支那そばやで修行した店主が2005年12月29日に開店したお店です。まったく存在を知らなかったのですが、おださん
良かったという事もあり、訪問しました。ちなみに店名ですが、支那そばや出身ですが、「支那そば家」となっています。食べている時には、全く気づかなかったのですが、お店を出た後におださんに教えてもらいました。こういう事は先に教えて欲しかったよ(笑)

おださんしらすさんが、。海の恵み潮味(写真右)を注文したので、自分は鶏と魚介の醤油味(写真左)を注文しました。
写真を見てもらえればわかると思いますが、見た目が支那そばやのラーメンとは大きく異なります。支那そばやで修行していて味を変えているお店もありますが、「支那そばや(やは正確には「家」ですが)」と屋号にあるのに味を意図的に変えているお店というのはかなり珍しいのでは?と思います。鶏と魚介の醤油味は動物系と魚介系がどちらも中途半端で味がピンボケしてしまった感じ。今回2回目の訪問のおださんによると前回の方が良かったとの事です。麺が一番支那そばやの面影がありますが、それでも支那そばや特有の滑らかさはあまりありませんでした。海の恵み潮味は鶏がしっかりとしていて鶏と魚介の醤油味よりはダシの味がストレートにわかり、悪くはないと思います。チャーシューは箱根の地豚(名前失念)を使用しているそうですが、特別に美味しいという感じもしませんでした。

店主によると意図的に味を変えているとの事ですが、今日の出来(たぶんこの日は出来が悪かったのだと思うのですが)だともう少し頑張って欲しいなというのが正直な感想です。

住所   静岡県三島市大宮町1-11-1
電話番号 055-976-2118
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜21時(100食売切れ次第終了)
     11時30分〜15時 18時〜21時(100食売切れ次第終了)(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  月曜日、火曜日

take_hilano at 00:19|PermalinkComments(3)TrackBack(4) 静岡県 

2006年07月03日

めん処 藤堂@三島市

3109e746.JPG藤堂_雫6月24日(土)の昼に三島市のめん処 藤堂を訪問しました。こちらのお店は2006年6月に開店したお店ですが、食べた仲間から「明日にでも訪問した方がいい」とメールが来たので、訪問しようと思いました。実際はメールをもらってから訪問するまでに2週間かかってしまいましたが。。。普段滅多な事がない限りなかなか褒めない彼からのメールだっただけに内心かなり気になっていました。

11時40分頃お店に着きましたが、既に店外で15人が待っていました。開店したばかりなのにすごい人気です。店外で待っている間に注文を聞いてくれて、席に座ってからすぐにラーメンが出て来ました。メニューは清澄、雫、があります。清澄に鶏油を浮かせた物が雫となっています。自分は、値段が一番安い清澄の醤油(写真左)を注文。同行者のしらすさんが清澄の塩、おださんが雫の塩(写真右)を注文しました。清澄はメニューにも書いてある通り、魚介と動物系のダシをバランスよくあわせた物です。何とも言えないいい塩梅で、かなりレベルが高いと思います。雫は、鶏油が表面にあるためわかりやすい味になっていると思いますが、油のせいでどうしてもスープのバランスの良さが隠れてしまっていると思います。麺は細めのストレート麺で、湯で加減やスープとの絡みも悪くないと思います。チャーシューは肉の食感がしっかりとあり、美味しいです。とにかくスープが美味しかったの一言に尽きますね!

住所   静岡県三島市安久142 ハイツ杉沢101
電話番号 055-982-6688
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜21時30分(スープ切れ次第終了)
定休日  火曜日、水曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 00:04|PermalinkComments(13)TrackBack(7) 静岡県 

2006年07月01日

麺香房 暖々@平和島

445be93e.JPG6月18日(日)の夜に平和島の麺香房 暖々を訪問しました。このお店は、堀切二郎で修行した店主が開いたお店です。昔、話題になった時に食べ忘れてしまっただけに実は初訪問でした。

何を食べようか迷ったのですが、この時一番食べたいと思った油そばを注文。普段初訪問のお店では、ノーマルメニューから食べるのですが、この日は、本能がおもむくままに、油そばを注文してしまいました(笑)無料トッピングについての説明がありますが、「野菜少し多め」というのがあります。少し多めというのは、初めて見たような気がします。ちなみに写真の画像は、野菜少し多めです。これが少しかよっと突っ込みをいれたくなるような量ですよね(笑)
野菜少し多めにしたからいけないのだとは思いますが、とにかく食べると野菜が多すぎて油そばを食べているという感じがありません。しかももやしばかりで食べていると飽きてしまいます。麺と油(少量のスープ)とタレとのバランスが悪いと感じました。油そばの丼の底のスープを飲む感じではスープはあまり濃い感じはなく、出身の堀切二郎を思い出させるような醤油色がしっかりとしたスープで、ダシがしっかりしているという感じではないです。具にはキクラゲ、うずらの卵があります。麺はこの系統にしてはそんなに太くなく、油そばにすることで少しねっちょりしていますが、美味しいと思います。

住所   東京都大田区大森東1-3-12
営業時間 11時〜24時
定休日  なし

take_hilano at 06:18|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 東京都