2006年11月

2006年11月28日

三代目けいすけ@立川

c2f5ba7a.JPG三代目けいすけ_ガーリックトースト11月5日(日)の昼に立川ラーメンスクエアの三代目けいすけを訪問しました。初代けいすけ二代目けいすけとオリジナリティのあるものを作って来たお店が三代目という事で気になっていました。

紅香油ラーメン、ガーリックトーストを注文しました。通常はサイドメニューは、食べないのですが、しらすさんのブログにお勧めと書いてあった事もあり、注文しました。
写真を見てもらうと分かる通り穴の開いた丼に箸を通してあります。箸にはバジルがはさんであります。
ちなみにこの器はこちらのお店でも使用されています。ただ三代目けいすけの場合、割り箸にバジルをはさんでいる事もあり、この丼の必然性を感じました。紅香油ラーメンは、出て来た物を見ると湯気があまり上がって来なく、油の量が多いと思います。
ただ食べてみるとくどさは感じず、トマトを上手に使ったラーメンという印象を受けました。トマトの味が強すぎる訳でも弱すぎる訳でもなく、ラーメンの中に上手くトマトを使用していてバランスは良いと思います。スープは本当に美味しいです。そして具のチャーシューもスープとの相性は抜群。最後にガーリックトーストをいれてみると表面上のソースとラーメンスープが混ざる事により、味わいが変化し、良いです。ラーメンも美味しかった上に、ガーリックトーストとの相性もよく満足でした。

何代目まで続くのか?分からないですが、四代目、五代目と今後にも期待したいと思います。個人的にはかなり好み。立川は遠いから再訪出来るか分からないですが、近くにあったら間違いなくまた行ってると思います。

住所   東京都立川市柴崎町3-6-2
電話番号 042-522-1450
営業時間 11時〜24時(ラストオーダ23時30分)

詳細情報はこちらをご参照下さい。

take_hilano at 00:25|PermalinkComments(3)TrackBack(2) 東京都 

2006年11月27日

凪@立川

463f77bb.JPG11月5日(日)の昼に立川ラーメンスクエアの凪を訪問しました。こちらのお店はご存知の通り、立川ラーメンスクエアで行われたラーメントライアウトで優勝し、半年間限定で出店しているそうです。(第二回のラーメントライアウトも応募しているみたいですし、今後こういう企画が続くのはいい事なのではないか?と個人的には思っています。ラ博のイベントは二回目はなかったですからね(爆))

ラーメンは凪豚、黒豚、赤豚、魚豚、海老豚とあります。何を食べようか?迷ったのですが、海老という言葉が気になり、海老豚を注文しました。スープは甘ったるくそれほど重くない豚骨スープです。そこに海老の風味がきいています。豚骨スープは渋谷の時にも甘ったるいイメージがありましたが、こちらでも同様の印象。個人的には凪の味の原点には、やっぱり一蘭があるんだな?と感じます。(ただお客さまと近い距離で接するという凪のスタイルは全く一蘭と逆ですね)
麺は細麺で固めに茹で上げられています。具の海老団子(?)は、美味しいけど、このラーメンに必然性はないし、正直なくていいからもう少し安くして欲しいというのが本音ですね(笑)

住所   東京都立川市柴崎町3-6-2
電話番号 042-521-0097
営業時間 11時〜24時(ラストオーダ23時30分)

詳細情報はこちらをご参照下さい。

take_hilano at 00:07|PermalinkComments(4)TrackBack(3) 東京都 

2006年11月25日

○心厨房@木場

27646309.JPG11月4日(土)の昼に木場の○心厨房を訪問しました。お店の名前は、「まごころちゅうぼう」と読むみたいです。このお店の存在は、ラー麺SNSで存在を知りました。後から知った情報によると手しごと麺匠 はしぞう(未食)の店主が開いたお店だそうです。13時30分頃の到着でしたが、店内は6席しかない事もあり、満席でした。また入口にある浅草開化楼の文字が印象的です。それにしても最近の新店は浅草開化楼か三河屋製麺かという位、これらの両製麺所の麺が多い気がします。

らーめんを注文しました。作り方を見ていると中華鍋で野菜を炒め、そこにスープを注ぎ、スープにも火を通す、札幌ラーメン風のスタイルでラーメンが作られます。ラーメンは、スープは甘みがありますが、あまりキレがなくややぼやけた印象を持ちました。どうしてもこのような作り方をするとキレは出ない気がします。麺は浅草開化楼の十八番である太麺。固すぎず柔らかすぎず茹で方はよく、美味しいです。チャーシューは、ややしょっぱめでスープとの印象はあまり良くありませんでした。スープもしょっぱいだけに全体的にしょっぱいラーメンという印象を持ちました。

11月3日に開店したお店という事もあり、花輪がたくさんあります。がんこ@行徳、麺処くるりから花輪が来ていました。ただしくるりからの花輪はこんな感じになっていました。
○心厨房














住所   東京都江東区東陽1-25-6
電話番号 03-3615-2347
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜20時(スープ切れ次第終了)
     11時30分〜15時(祝日)
定休日  日曜日、第4月曜日


take_hilano at 01:34|PermalinkComments(3)TrackBack(2) 東京都 

2006年11月23日

手打ちラーメン はし軒@田村郡

04a19309.JPG11月3日(金)の昼に手打ちラーメン はし軒を訪問しました。このお店も白河系のラーメンとして注目されているお店みたいです。お店に着くと明らかにコンビニ跡地にお店に開いただろうというような店構えです。

出てきたラーメンは見た目はとら系なのだろうな?というような感じです。食べてみるとスープもほどよくダシが出ていて美味しいです。麺はしっかりとしていて美味しいです。具に玉子がデフォルトであったりと具が多いという印象です。

どうしてもとらや分店 村田やの後に食べたせいか印象がそれほどでもないですが、美味しいと思います。お腹も一杯だった事もあるので、今度はお腹に余裕がある状態で食べたいなと思います。

住所   福島県田村郡三春町大字熊耳字中田123-1
電話番号 0247-62-2686
営業時間 11時〜19時30分(売り切れがなくなり次第終了)
定休日  火曜日(祝・祭日は営業で水曜休み)

take_hilano at 03:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 福島県 

2006年11月21日

とらや分店 村田や@田村郡

b168058c.JPG11月3日(金)の昼に田村郡のとらや分店 村田やを訪問しました。「とらや分店」と言うと昔、黒磯で食べたとらや分店が美味しかったので楽しみにして訪問しました。とらや分店は全国には3軒しかないそうです。13時過ぎの訪問でしたが、行列がありました。この日は少ないそうですが、普段は常時10人以上並んでいる時が多いみたいです。

手打ち中華そばを注文しました。作り方を見ていると一度に三杯しか作らないようです。また麺を茹でるためのお湯を変える間隔も短いみたいです。スープはあっさりとしながらも適度にコクもあります。派手さはないですが、とら系をしっかり継承している感じがします。麺はしっかりとした食感があり、美味しいです。とら系のお店ではつけ麺を食べた事がありませんが、こんな美味しい麺ならば誰か一人がつけ麺を食べても良かったと思いました。(いつも通り協調性の無さを実感(爆))
具は、チャーシュー、メンマ、ほうれんそう、ネギがありました。

味はいわゆるとら系と言える味でよかったです。

住所 福島県田村郡三春町大字斎藤字場上田242-1
電話番号 024-942-2003
営業時間 11時〜14時30分
定休日  火曜日

take_hilano at 00:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 福島県 

2006年11月19日

支那そば 幸雲@須賀川

513a62fa.JPG11月3日(金)の昼に須賀川市の支那そば 幸雲を訪問しました。このお店は目黒区の八雲出身の店主が開いたお店だそうです。八雲は移転しているので移転前に在籍していたの移転後に在籍していたのかは不明です。

八雲出身という事でワンタン麺等のメニューもありますが、支那そばを注文しました。スープを一口飲んでみると物足りないと感じます。食べた物は異なりますが、2ヶ月程前に八雲で食べているのでそれと比べると決定的にボディーが弱いと思います。麺は縮れ麺で普通といった印象です。具はその他にはチャーシュー、のり、ねぎ、めんまがありました。

このお店の前に食べた店が良かっただけにダシのしっかりしたラーメンを作って、もう少しスープをしっかりさせて修行先に追いつくように頑張って欲しいと思いました。

住所   福島県須賀川市大袋町182-1
電話番号 0248-72-1628
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜20時
定休日  木曜日

take_hilano at 18:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 福島県 

2006年11月18日

らーめん好房@川東

1c503e74.JPG好房ら〜めん11月3日(金)の昼に須賀川市のらーめん好房を訪問しました。こちらのお店の事は予備知識はあまりなかったのですが、地元の人気店のようです。

二人で訪問したのでら〜めん(写真左)と好房ら〜めん(写真右)を注文しました。僕はもちろんら〜めんを注文。
ら〜めんは煮干の香ばしい香りが印象に残ります。適度にキレがあり、美味しいです。お店付近には田んぼもあったりとロケーションはかなり田舎ですが、出て来るラーメンは、こちらもなかなか今風のラーメンです。麺は細いストレートです。食感もよく美味しいです。ネットの情報によると自家製麺みたいです。また麺は、縮れ麺と太麺(平打ち縮れ麺)もありますが、二人とも同じ麺を注文してしまいました(笑)
店名を冠した好房ら〜めんは、通常のら〜めんに背油が入ったタイプの物です。魚介がしっかりとしたら〜めんに背油をいれると味がぼやけてしまうお店が多いですが、こちらのお店は背油の中にもしっかりと煮干の香り、味ともにあり、良かったです。

住所   福島県須賀川市小作田字谷地1-2
電話番号 0248-79-2012
営業時間 11時〜19時30分
定休日  不定休(主に1のつく日)


take_hilano at 00:04|PermalinkComments(6)TrackBack(1) 福島県 

2006年11月16日

かまや食堂@須賀川

5adeadd4.JPG11月3日(金)に須賀川のかまや食堂を訪問しました。このお店は、創業150年のお店だそうです。メニューには中華そば以外にも日本そばやうどんもあります。10時40分頃お店に着き、一番乗り。お店の前で待っているとお店の中で待たせてくれました。

もちろん食べ歩きなので全員が中華そば系メニューを注文しました。僕はもちろん一番値段の安い中華そばで、同行者が脇(わき)バラ肉中華そばを注文しました。一軒目からチャーシュー麺とはとばすなぁと内心思っていました。スープは魚がしっかり香る今風の味。お店の外観はいかにも昔からある食堂という感じですが、外観からは想像出来ない味です。麺は、中くらいの縮れている麺で湯ですぎという事もなく、美味しいです。自分が食べた中華そばは醤油ダレがやや強く、スープとのバランスが悪かったですが、同行者が食べた脇(わき)バラ肉中華そばはスープと醤油ダレのバランスがよく美味しかったです。ブレなのか?脇(わき)バラ肉中華そばと中華そばで多少変えているのか?バラ肉の脂がスープに溶けただけなのか?正確な事はわかりませんでしたが、脇(わき)バラ肉中華そばの方が好みでした。

歴史のある老舗という事で老舗っぽい味だと思っていたのですが、老舗らしからぬ魚の利いたニューウェーブ系(ここまで言うとちょっと大袈裟ですが)の味で驚きました。いつからこのような味で出していたのかがとても気になりました。

住所   福島県須賀川市八幡町16-16
電話番号 0248-76-2864
営業時間 11時〜スープ切れ次第終了
定休日  不定休


take_hilano at 00:01|PermalinkComments(5)TrackBack(1) 福島県 

2006年11月14日

麺屋 風火@草津

風火風火_サイド
10月29日(日)の昼に草津の麺屋風火を訪問しました。天下ご麺の出身で、同じ天下ご麺出身のにっこうの名刺も店内においてあります。こちらのお店は無鉄砲を意識しているという話を聞いてから訪問しようと思っていたお店です。2006年1月に2日連続ふられた事があり、リベンジとなりました(笑)

らーめん とんこつを注文しました。麺はストレートの細麺と中太ちぢれ麺の2種類から選べます。どっちが良いのかよくわからなかったのでマスターのお勧めに従い、中太ちぢれ麺を注文しました。スープを飲んでみると粘度がありますが、飲んだ感じでは、無鉄砲とは異なるタイプだと思います。濃いとは思いますが、口当たりがまろやかだし、タレなどにも細工をしていて変化球勝負している様な感じがしました。無鉄砲というのであれば、ストレートに豚骨で勝負してほしいかなと思います。豚骨のダシの出方という点だけに限って言えば、風火よりも四神伝の方が無鉄砲に近いような気がします。麺はぷりぷりした黄色い麺で食感も良かったです。

また、同行者が注文した漬けトロごはんは肉が柔らかくて美味しかったです。

住所   滋賀県草津市野村4-2-3 グランステージ1F
電話番号 077-561-7748
営業時間 11時30分〜〜23時(平日、土曜日)
     11時30分〜21時(日曜、祝日)
定休日  月曜日(祝日の場合は、翌日)

take_hilano at 00:05|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 滋賀県 

2006年11月12日

二代目らーめん味っこ@草津

34fc4bb0.JPG味っこ_チャーハン10月29日(日)の昼に草津の二代目らーめん味っこを訪問しました。初代の時を食べた事のある知り合いの方から濃いスープという噂を聞いていたので訪問しました。

味っこ らーめん(写真左)とチャーハン(写真右)を注文しました。メニューの説明書きによると味っこらーめんは下記の通りです。「濃厚な風味と旨みのあるオイスターソースをベースにバランスよく、たまり醤油、黒砂糖、黒酢、黒油(焦がし油)で、奥深い味に仕上げた味っこ自慢の「味っこ らーめん」です(背油入りです。)」
食べてみるとまさにそんな感じの味でオイスターソースの味が印象に残ります。今までいろいろなラーメンを食べて来ましたが、こんなタイプのラーメンは初めてです。オリジナリティのある味で他では食べたことのないタイプでしたが、個人的にはやや苦手でした。写真を見てもらうと具がたくさんあります。この具の量で値段は何と500円!お得感もありますし、お客さんもまずまず入っていました。

同行者の聞き込みによると昨年二代目となり、味をリニューアルしたそうです。

住所   滋賀県草津市東草津1-4-53
電話番号 077-569-4050
営業時間 11時30分〜14時 18時〜翌1時
定休日  火曜日

take_hilano at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 滋賀県 

2006年11月11日

ガッツン@南草津

776156e7.JPGガッツン_焼みそ10月29日(日)の昼に南草津のガッツンを訪問しました。このお店は1号店を京都にあったのですが、2号店を草津に開店し、今はこちらのお店を本店としたそうです。

自分がガッツンラーメン(写真左)、同行者が焼みそラーメン(写真右)を注文しました。
ガッツンラーメンは、とにかく濃度、粘度が凄いです。京都で食べた時は、濃いけど、くどく感じであまり良い印象は抱かなかったのですが、こちらで食べたものはスープが濃く動物系がかなり出ているように思いました。この日のスープの感じでは天下一品などに影響を受けたのかな?と思わせるような出来でした。こちらのお店に二回目の訪問となる同行者によると前回食べた時は、もっと魚介が強かったとの事です。確かに魚介は感じなかったものの満足出来るスープでした。麺もしっかりしているとは言いがたいですが、京都で食べた時と比べるとだいぶ良くなったという印象を持ちました。自分のブログの写真を見比べてみると京都と草津のお店ではだいぶスープの色が異なりますね。
同行者が頼んだ焼みそラーメンは、ガッツンラーメンのスープがベースになっている訳ではなく、ライトなスープとなっています。味噌の味がガッツンと強く、個人的には少し苦手なタイプでした(笑)

住所   滋賀県草津市野路町1062-1
電話番号 077-567-5450
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜23時30分(平日)
     17時30分〜翌2時(金曜日)
     11時30分〜14時30分 17時30分〜翌2時(土曜日、祝日前)
定休日  なし

take_hilano at 23:09|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 滋賀県 

2006年11月09日

大吾郎商店@福島

baefa898.JPG10月28日(土)の夜に大阪市にある大吾郎商店を訪問しました。こちらのお店は麺が美味しいという話を聞いていたので楽しみにして訪問しました。しかも夜の限定メニューの方が評判が良いという話を聞いていました。

行くまでは、夜の限定のこってりとカレーをどっち食べようか迷っていたのですが、この夜4軒目という事もあり、カレーつけめんが食べたくなり、カレーつけめんを注文しました(笑)またこちらのお店は、1玉、2玉、3玉で同じ値段です。4軒目なのですが、カレーつけめんだと1玉じゃ食べたりないかな?と思い、2玉で注文しました(笑)
カレーのつけダレは、とろみがあり、酸味もあります。美味しいけど、特別な驚きはないタイプだと思います。個人的には、酸味はない方が好みかな。麺は中くらいの太さで食感も滑らかですし、湯で加減も良いと思います。しっかりと丁寧に作られた自家製麺という印象を持ちました。関西はあまり自家製麺のお店がない気がするのですが、このお店は良かったです。
どうしても量が多かったせいか、食べるのが大変でしたが(笑)一軒目でお腹に余裕がある状態で食べてみたかったです。

周りのお客さんが吸っていたタバコの臭いがちょっと気になりました。。

住所   大阪府大阪市北区大淀中4-15-15
電話番号 06-6458-5236
営業時間 11時〜15時 18時〜23時
定休日  日曜日


take_hilano at 00:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 大阪府 

2006年11月07日

とんこつ食堂@天王寺

9f78ae2d.JPG10月28日(土)の夜に天王寺にあるとんこつ食堂を訪問しました。このお店は一年位前に訪問した際に一度ふられた事があったのですが、その後食べた人達から良い評判を聞いていたので、楽しみにして訪問しました。

こってり濃厚とんこつら〜めんを注文しました。メニュー名が長かったですが、いわゆるノーマルのラーメンです。まず500円という値段に驚きました。店内はあまり清潔な感じがせず、いろいろなメニューが書かれた紙が貼ってあります。豚骨スープに魚介系ダシ、カレーなどを混ぜたメニューがありました。
さてラーメンですが、とにかく飲んでみると濃厚なスープです。関西というと豚骨スープはライトという印象がありますが、ここはとにかく濃厚でしっかりとスープが炊かれているのが分かります。東京でも勝負出来る濃厚さですね。一緒に野球を見に行った人の表現を借りると「東京発の豚骨ラーメン」と言っていましたが、まさにその通りだと思います。麺は細麺。粉っぽさの残る麺で、東京の博多ラーメンの有名店で出て来るような硬い麺です。こういう硬い麺って意外と博多にない気がするので、麺もスープも東京仕様と言えるのではないでしょうか。
こんなにスープが濃厚でしたら、魚介やカレーなど何と混ぜても美味しいと思うので、複数人で行って幾つかのメニューを試してみたかったです。

住所   大阪府天王寺区大道1-7-11
電話番号 06-6772-5001
営業時間 11時30分〜14時 18時30分〜23時(平日)
     11時30分〜15時 18時30分〜23時(土曜日)
     11時30分〜15時(日曜日、祝日)
定休日  なし


take_hilano at 00:48|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 大阪府 

2006年11月05日

麺屋 ちぇり〜亭@寝屋川市

6c60bd4a.JPG10月28日(土)の夜に寝屋川市の麺屋 ちぇり〜亭を訪問しました。このお店は、前々から名前を聞いていたのですが、なかなか訪問できずにいたお店です。一番食べてみたかったメニューは超らーめんナビの限定の物が食べてみたかったのですが、入会してないうえに、既に期間は終了していたため食べる事が出来ませんでした。
ちなみに僕が食べてみたかったというメニューはこちらで紹介されています。

メニューはつけ麺、たまり醤油らーめん、背油たまりらーめんの3種類がメインメニューとなっています。メニューには「一見さんお断りのらーめん」と書いてある背油たまりらーめんを注文しました(笑)つけ麺、たまり醤油らーめんは、北海道の西山製麺の麺を使用と書いてありますが、背油たまりらーめんは、何も書いていないので麺屋が別なのかもしれません。
作り方を見ていると鍋で温める札幌のラーメンの様なスタイルをとっています。独特なたまり醤油の味と背油がいい感じにマッチしています。そして注文時に有無を聞かれるニンニクがジャンクな感じを演出しています。メニューに「理屈よりまず食べてみてみなはれっ」と書いてある通り、理屈抜きに食べてしまう癖のあるラーメンに仕上がっていると思います。麺は、固めに茹でていてスープとの相性もいい感じです。このメニューでこんな感じに仕上がっているのだとすると尚更限定は食べてみたかったなぁ。。。

それにしても隣の人が食べていた茶美豚を使ったちゃーみー丼は美味しそうでした。お腹に余裕があったら食べたかったです。でも丼の多さにはびっくりしました。。

住所   大阪府寝屋川市初町1-26
電話番号 072-821-2677
営業時間 11時30〜13時30分 18時〜24時(平日)
     11時30〜13時30分 18時〜22時(日曜日)
定休日  水曜日

take_hilano at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 大阪府 

2006年11月04日

麺匠 四神伝@古川橋

9b0a392c.JPG10月28日(土)の夜に守口市の麺匠 四神伝を訪問しました。このお店は名前は前から聞いた事があったのですが、月刊とらさんでこばさんが表現の中で無鉄砲と書いてあるのを見て訪問を決意しました。

屋号は、北の獣神「玄武」、東の獣神「青龍」、南の獣神「朱雀」、西の獣神「白虎」の4つの獣神が皇帝(お客様)に仕える事にの由来しているそうです。

評判が良いと聞いていた豚骨しょうゆ味を注文しました。ちなみに550円です。見た目は少し茶色がかったスープで無鉄砲を思い出させるような色をしています。食べてみると無鉄砲ほどの濃度や粘度はありませんが、豚骨だしがしっかり出たスープです。髄も結構出ているし、中々良いと思います。それでいてスープは思った程粘度を感じず少し変わったスープという印象を受けました。麺は縮れ麺です。スープとの絡みは悪くないけど、もっと相性は改善出来るかなと思いました。具の刻み海苔やごまはなくてもいいかな?と思いました。
トータルの印象としては、スープは面白いけど、丼一杯の完成度はそれ程高くないかな?という感じがしました。

住所   大阪府守口市藤田町3-20-12
電話番号 06-6904-0888
営業時間 11時〜14時 18時〜24時(ラストオーダ23時30分)
定休日  水曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:01|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 大阪府 

2006年11月02日

ラーメン荘 夢を語れ@一乗寺

e1eb406b.JPG10月29日(日)の夜に一乗寺のラーメン荘 夢を語れを訪問しました。このお店は西新井のマルジの元店長が開店したお店として注目されていたお店です。しかも二郎系としては関西初出店のはず。個人的には京都よりも大阪に出て欲しかった気もしますが、二郎系がついに西にも進出したんだなと思いました。ラヲタ的に場所を説明するとすれば天天有の隣という表現が一番良いかな?と思います(笑)
それにしても一乗寺近辺は天天有、天宝、亜喜英、高安、鶴はし、夢を語れと超激戦区になってきましたね。
マルジ西新井店はもちろん既食ですが、その時はスープが薄くイマイチでした。ただ食べた日が2月14日で、チョコレート菓子をもらったのを記憶しています(笑)

写真を見て量が少ないな?と思った方が多いかな?と思います。
この日4軒目という事もあり、麺が200gの小にニンニクを少しだけで注文しました。さすがに弱気になりました。
食べてみると表面に油の量が多く、スープもこの系統にしてはしっかり出ている方だと思います。二郎系は、新規開店直後はスープが薄い時が多いと思っています。しかしこちらのお店は、開店してから1週間ちょっとにしてはなかなかの出来で物足りなさや薄さは感じませんでした。また店内にある製麺機で作ったと思われる自家製麺はごわごわした太麺で二郎らしさはじゅうぶん出ていると思います。豚は完全にダシガラ状態でやや固めでした。個人的には小でしたがあっという間に食べてしまい、食べたりなかったです(爆)
京都という土地でこのラーメンがどう評価されるのか凄い気になりますが、中途半端な二郎系ではなく、しっかりとした物を出せそうな店主が関西に開店したのは個人的には嬉しいです。

また、卓上には割り箸も調味料もないのがちょっと変わっている印象を持ちました。何故か、割り箸は食券機の横にあり、そこからとって着席するというシステムになっています。また写真撮影可の張り紙があります。これも飲食店では、珍しいんじゃないかな?


住所   京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町48-1
電話番号 075-724-5995
営業時間 18時〜24時(平日、土曜日)
     11時〜17時(日曜日のみ)
定休日  月曜日


take_hilano at 00:27|PermalinkComments(6)TrackBack(3) 京都府