2007年06月

2007年06月30日

環七らーめん てらっちょ@我孫子

26d63e70.JPGてらっちょ_味噌6月23日(土)の夜に我孫子市の環七らーめん てらっちょに行きました。こちらのお店は、下頭橋ラーメンや平太周などの関連店みたいです。今年は背脂が来る!と断言する某氏と一緒に行きました。

特製らーめん(写真左)と味噌らーめん(写真右)を注文しました。よく見てみると醤油ダレの色で違いが分かるだけで、パッと見た感じはあまり違わないような気がします。
特製らーめんは、少し前に食べた下頭橋ラーメンと比べると醤油ダレと背脂が思った程ガツンと来なく、おとなしくまとまっているという感じがしました。(おとなしくとは言っても写真を見ての背脂の量なのでそれなりのインパクトはあります)麺はこの系統独特の醤油ダレを吸い込んだ麺となっていて、美味しいです。具には、タレの味がしっかりとしたメンマ、ネギ、チャーシュー、玉子があります。
味噌らーめんは、生姜の味がする味噌ラーメンです。同行者によると平太周の味噌の方がもっと生姜がきいていて個性的との事ですが、自分は未食なので分からないです。自分が食べた感じでは、他の味噌ラーメンに比べてもインパクトがあり、なかなか良かったです。味噌ラーメンという事もあり、麺が醤油ダレを吸い込まないために不思議と物足りなさを感じました(笑)それだけ知らず知らずのうちの醤油ダレを吸い込んだ麺が自分の身体に慣れているんだなと感じました。スープとの相性はそれ程良いとは思いませんでした。

住所   千葉県我孫子市寿2-25-30
電話番号 04-7179-1003
営業時間 11時〜15時 17時〜翌3時
定休日  第一月曜日


take_hilano at 00:05|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 千葉県 

2007年06月28日

アイバンラーメン@芦花公園

ca36b9f8.JPG6月18日(月)の夜に芦花公園のアイバンラーメンに行きました。こちらのお店は、2007年6月2日に開店したお店です。外国人の店主さんが開店したお店という事もあってか、開店直後から話題になっていたので行きました。

塩ラーメンを注文しました。鶏をベースにしたと思われる動物系のスープに魚介をきかせたタイプのものとなっています。魚粉も入っているものの全く舌の上でざらつく嫌な感じはなく好印象でした。全然違うと思いますが、一番最初に参宮橋で食べた空海と何となく似たような独特な味わいを感じました。麺は細めのストレート麺で、食感と喉越しがよく印象に残りました。お店のHPによると自家製麺との事です。具には、チャーシュー、ネギ、穂先メンマがあります。

異文化交流も兼ねて(笑)、店主のアイバンさんとお話をさせて頂いたところ、好きなお店はたけちゃんにぼしらーめん(煮干を使ったラーメンが印象に残った)、中村屋、すずらん(麺が好き)が好きだそうです。
ラーメンはかなり研究した感じがしますし、ラーメンが好きなのも伝わってきました。これからも頑張って欲しいと思います。

住所   東京都世田谷区南烏山3-24-7
電話番号 03-6750-5540
営業時間 18時〜23時(平日、土曜日)
     12時〜15時 17時〜20時(日曜日)

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 00:20|PermalinkComments(5)TrackBack(3) 東京都 

2007年06月26日

麺酒処 ぶらり@日暮里

ぶらり6月13日(水)の昼に日暮里の麺酒処 ぶらりに行きました。2007年4月16日に新規開店したそうで、きびの姉妹店です。2階は居酒屋になっています。ただどういう理由か不明なのですが、二階ではラーメンは食べれず、ラーメンを食べれるためには一階で食べなくてはいけないみたいです。

鶏そばを注文しました。あっさりとした透明感のあるスープです。以前、らん亭と比べると味の方向性は似ているような気がしますが、味の完成度はこちらの方が高いと思います。以前らん亭で食べた時は、味に一体感がないような気がしましたが、こちらでは、そんな事は感じませんでした。あっさりとしながらも鶏の旨みが感じられ、飲んだ後に美味しく食べられました。麺は、中太の縮れ麺を使用していてスープとの絡みも良かったです。具は鶏のチャーシューに山くらげ、ネギ、糸唐辛子があります。糸唐辛子のアクセントも良い感じでした。
同行した人の鶏白湯らーめん(写真なし)も一口味見させてもらいました、鶏の旨みがしっかりとあふれていながらも、あまりくどくなく食べやすく仕上がっていると思います。食べやすくかつ濃厚なスープは、かなり良いと思いました。麺も鶏白湯らーめんと鶏そばでは、異なる物を使用しているみたいです。
個人的には、鶏白湯らーめんの方が好みです。

鶏白湯らーめんも良かったですし、店主の渡辺さんにこの日お勧めとして二階で出していたシチューが美味しいんだけど、食べなかったの?と言われてしまったのでまた食べに行きたいと思います。

住所   東京都荒川区東日暮里5-52-5
電話番号 03-3805-9766
営業時間: 11時〜15時 17時〜24時(平日)
     11時〜22時(スープ切れ次第終了)(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  なし(予定)

take_hilano at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2007年06月24日

はじめ@千駄木

はじめ_ラーメンはじめ_油そば6月13日(水)の夜に千駄木のはじめに行きました。こちらのお店は、TETSUのセカンドブランドで夜のみ営業しています。基本的には、TETSUの店主は、お店に出ていないと思います。最近ブログの更新が止まってしまいましたが、メルマガによってお店の情報を配信しているようです。

らーめん(写真左)と油そば(写真右)を注文しました。
らーめんは、煮干の味がガツンと来る強烈なスープです。お店の外で並んでいた時から煮干の強烈な香りがしていましたが、このスープにもその香りが反映されています。少し煮干から出ると思われる酸味、苦味が少しありましたが、嫌な感じではなく、個人的にはそれ程気にはなりませんでした。麺はもちもちした中位の太麺で少し縮れています。煮干のスープとの相性も良く、美味しかったです。よく味を変えているようなので、この日の出来がどうなのか分からないですが、まずまず良かったです。値段も600円ならばかなりコストパフォーマンスは良いと感じました。
油そばは、いろいろ聞いていた情報とは別物でした(笑)ご参考におださんのブログと見比べてみて下さい。
最近はジャンクな油そばが増えて来ていますが、割とあっさりしていて誰にでも食べやすいタイプに仕上がっています。具に揚げネギが入っていました。油そばに揚げネギが入っているのは初めてかも。麺も中くらいのもので、こちらもおとなしく感じました。全体的に強烈な個性がないためか、やや物足りなく感じてしまいました。
調べてみたところ、かなり最近(もしかしたらこの日からかも?)油そばの味を変えたようです。

住所   東京都文京区千駄木4-1-14
電話番号 03-3827-6272
営業時間 18時〜21時(材料切れ次第終了)(平日)
     18時30分〜21時(材料切れ次第終了)(土曜日、日曜日)
定休日  月曜日

take_hilano at 03:00|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 東京都 

2007年06月22日

らーめん愉悦処 鏡花@立川

鏡花_醤油鏡花6月10日(日)の夜に立川のらーめん愉悦処 鏡花に行きました。行ったのはかなり久しぶりでおそらく6年ぶり位ではないかな?と思います。僕が何か述べるまでもない超有名店だと思います。

醤油ラーメン(写真左)とラーメン王の石神さんがテレビ(王様のブランチだったかな?)でスープOFFとして紹介されていたメニュー(正式名称失念)(写真右)を注文しました。
同行者が注文した醤油ラーメンは醤油の色が強く香りの良さが印象に残ります。表面の油もかなり高温です。醤油ダレ、スープ、油の三種類で店主が作りたいラーメンが作られているという印象を持ちました。石神本で最近の出来が神がかっていると書かれていたのは分かる気がしました。麺はもちもちの中太麺でこちらも良かったです。
もう一方のメニューは中華鍋の中で醤油ダレ、香味油を使用して炒めています。こちらも香り油、醤油ダレの香りがとても印象に残りました。ただ麺が多く味に変化がないせいか、後半味に少し飽きてしまったのが残念でした。ただ茹でた麺を炒めるメニューというのは、ほとんどないですし、今のラーメン界の流行をおさえながらも鏡花の醤油ラーメンの良さを分かってもらいたいという意思が感じられるような一杯でとても好印象を持ちました。

住所   東京都立川市柴崎町2-12-20
電話番号 042-525-3371
営業時間: 11時30分〜15時 18時〜22時(平日)
     11時〜22時(土曜日、日曜日)(スープ切れ終了)
定休日  なし

take_hilano at 00:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2007年06月20日

派遣のラーメン 俺とカッパ@立川

a052212d.JPG俺とカッパ6月10日(日)の夕方に派遣のラーメン 俺とカッパに行きました。こちらのお店は、立川ラーメンスクエアの第二回ラーメントライアウトで準優勝した方のお店です。

激元気ラーメン(写真左)と普通のラーメン(正式名称失念)(写真右)を注文しました。
普通のラーメンですが、ベースのスープはかなりあっさりしていて物足りなく感じます。麺は太めの縮れ麺です。具には、ネギ、モヤシ、タマネギ、豚肉が入っています。
激元気ラーメンですが、基本的にはノーマルのラーメンがベースとなっており、そこに辛味を加えてインパクトを出した物が激元気ラーメンになっています。やっぱりお店のウリはこのラーメンだと実感しました。写真を見るとかなり辛いのかな?と思いましたが、実際に食べてみると中本の様な強烈な辛さはありませんでした。辛い物があまり得意ではない、自分がそれなりに普通に食べる事が出来たのでそれ程辛くはないと思います。今回はお腹が一杯だったので試せませんでしたが、ご飯と一緒に食べるとあいそうな気がしました。

個人的には辛い物が苦手という事もありますが、あまり得意なタイプではなかったです。ただお店がうたっている「ヤミツキ型ラーメン」という事は、十分分かりましたし、はまる人がいるのも分かるような気がしました。

住所   東京都立川市柴崎町3-6-2
電話番号 042-522-2334
営業時間 11時〜24時(L.O.23時30分)
定休日  なし

take_hilano at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2007年06月18日

麺や優@立川

afc8f0a5.JPG麺や優_鶏塩6月10日(日)の夕方に立川の麺や優に行きました。こちらのお店は、立川ラーメンスクエアの第二回ラーメントライアウトで優勝した方のお店です。前々からかなり良い評判を聞いていたので楽しみにしていました。

塩らーめん(写真左)と鶏白湯をベースとした濃厚塩ラーメン(写真右)を注文しました。
塩らーめんは、あっさりしたタイプですが、鶏と魚介のダシがしっかりしたスープという印象です。この塩ラーメンに対して、プラステイストと呼ばれる鯛、鰹風味のジュレを混ぜる事によりスープの味が変わるという演出をしています。ベースがしっかりとした塩ラーメンに一時期流行したWテイストという事で流行りをしっかり抑えたという印象を持ちました。ただ味が大きく変化する訳ではないので、これを必ず食べるべきだという事は感じませんでした。個人的にはジュレの値段は高いかなと思います。麺は三河屋製麺の平打のような麺でスープとの相性も良く美味しかったです。
濃厚塩ラーメンは鶏のダシがしっかり出ていて美味しく頂けます。塩らーめんと一緒に食べ比べると魚介系が入っていないせいか味がやや単調に感じてしまいますが、でも美味しいです。

食べた後に店主の磯部さんとお話をさせて頂きましたが、ラーメン作りに対してのしっかりした考えを持っていて凄いなと感じました。この長い営業時間の施設でこれだけの本格的なラーメンを出しているのですから、今後お店を構えた時にどのようになるか楽しみだと思います。

住所   東京都立川市柴崎町3-6-2
電話番号 042-523-7266
営業時間 11時〜24時(L.O.23時30分)
定休日  なし

お店のブログはこちらです。

take_hilano at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2007年06月16日

柴田書店さんのHPで紹介されました

柴田書店さんのHPで紹介されました。

http://www.shibatashoten.co.jp/

知り合いの方では、ぼぶさんのブログが紹介されています。

take_hilano at 00:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) メディア紹介 

2007年06月15日

なんでんかんでん@新宿

e1dbc57a.JPG6月9日(土)の昼に新宿歌舞伎町のなんでんかんでんに行きました。前日に引き続き、新宿での仕事だった事もあり、こちらのお店に行ってみました。前日に食べた熊楠家のすぐ近くにあります。向かいには神座もあります。

ラーメンに明太子のせごはんを注文しました。ラーメンは軽めの豚骨スープで物足りないスープかなと思っていましたが、思った程の物足りなさはありませんでした。標準的な豚骨ラーメンといえるのではないでしょうか?明太子のせごはんと一緒に食べたせいか、スープと明太子がいい感じで口の中で混ざり、美味しく食べられました。麺は博多タイプの極細麺を使用しています。こちらも固めの茹で加減でまずまずでした。チャーシューは肉が硬めで個人的には苦手でした。
やや値段が高いような気がしますが、普通に美味しく食べれました。

Wikipediaによると、なんでんかんでんの川原さんのお祖父さんは、明太子のふくやの創業者だそうです。そのためなんでんかんでんで使用している明太子は、ふくやのものを使用しているそうです。

最後になりますが、実は環7にある本店は未食で、石川県金沢市のお店のみ食べた事があります(爆)

住所   東京都新宿区歌舞伎町1-15-8
電話番号 03-3200-2539
営業時間 11時〜翌6時
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 02:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2007年06月13日

博多にらそば 熊楠家@新宿

4945131b.jpg6月8日(金)の昼に新宿歌舞伎町にある博多にらそば 熊楠家に行きました。こちらのお店は、博多から出て来たお店でニラそばが有名なお店です。福岡遠征した際に一度は行ってみたいと思っていたのですが、福岡には他に行きたいお店が多く、未食だっただけに東京進出を聞いた際は、嬉しかったです。ちなみに2007年5月18日に開店したそうです。

仕事中の昼飯だった事もあり、塩ベースのにらそばハーフに塩鯖おにぎりが付いたセットを注文しました。(もつにらそばは写真を見た際にニンニクが入っていて臭くなったら嫌だったので(笑))
スープは、塩味のかなりあっさりしたタイプのものでスープ単体だと物足りないです。ただセットの塩鯖おにぎりと一緒に食べるとおにぎりにかかっている塩分と塩の旨みが口の中でスープと混ざる事によりいい感じになり、思ったよりも美味しく食べられました。麺は細めの縮れ麺で美味しかったです。具で勝負なラーメンというイメージからか太い麺を想像していただけにちょっと意外な感じがしました。具にはチャーシュー、大量のニラにタマネギが入っています。具のニラをスープにひたして食べてくださいとお店の方から説明があります。

住所   東京都新宿区歌舞伎町1-15-8
電話番号 03-5287-1308
営業時間 11時〜翌8時
定休日  なし

take_hilano at 00:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2007年06月11日

ぶれ〜麺@元住吉

0c40b3d3.JPG6月4日(月)の夜に元住吉のぶれ〜麺に行きました。お店の近くにブレーメン通りという通りがあるので、これが屋号の由来だと思います。以前行ったもえぎのとんこつらーめんの姉妹店でもあるので、楽しみにしていました。お店の近くに行くと豚骨の臭いが漂っていて、期待が膨らみました。

長浜らーめんを注文しました。見た目はもえぎのとんこつらーめんに似ていると思います。スープは、豚骨のしっかりしたダシと臭さ共存したスープです。もえぎのとんこつらーめんに比べると軽めのスープです。特別驚きはないですが、まずまず美味しいと思います。ただ個人的な好みから言うともえぎのとんこつらーめんの方が好みでした。麺は博多のいわゆる極細麺で固めの茹で上がりで、粉っぽさもある麺で、個人的には好みです。
具には、チャーシュー、キクラゲ、葱、海苔があります。

住所   神奈川県川崎市中原区木月1-32-5
電話番号 044-434-3008
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜翌1時30分(平日)
     11時30分〜14時30分 17時30分〜22時30分(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日

take_hilano at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 神奈川県 

2007年06月09日

下頭橋ラーメン(移転後)@ときわ台

246d1e7b.JPG6月2日(土)の夜にときわ台の下頭橋ラーメンに行きました。前店舗が2007年2月25日で閉店し、2007年4月にこちらのお店を開店したそうです。閉店3日前に食べた前店舗が良かったので移転後も楽しみにしていました。こちらのお店も「板橋区3G」のうちの1軒です。
お店の入るとラーメン仲間のTさんがいらっしゃいました。偶然出会ったのはこの時以来だと思います。

ラーメンを注文しました。見た目は前回食べた時とほとんど同じだと思います。前回と比べるとスープはほぼ同じと言っても過言はないと思います。背脂の甘みと醤油ダレの味が印象に残り、クセになります。麺は前回食べた時よりも固めの茹で上がりで個人的にはこちらの方が好みです。麺は醤油ダレを吸い込んでいて、このタレを吸い込んだ麺がスープと相性も良かったです。またチャーシューがとても柔らかく美味しかったです。もしメニューにあれば、是非ともチャーシュー丼を食べてみたいと思える位好みです。その他、具には、ネギ、メンマ、茹で玉子があります。茹で玉子をスープに溶かしながら食べるのが、良く訪問する方々の食べ方みたいですね。

前回同様、中毒性の高いラーメンで大満足です。前回食べた時よりも一杯としての完成度があがっていると思います。代替のきかないラーメンですし、他の背脂ラーメンではなく、下頭橋ラーメンでまたラーメンを食べたいと思うようになってきました。もっとアクセスが良ければ頻繁に行ってしまいそうです。

住所   東京都板橋区常盤台3-10-3
電話番号 03-5970-6940
営業時間 18時〜翌4時
定休日  水曜日

take_hilano at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2007年06月07日

愚直@中板橋

愚直_1愚直_26月2日(土)の昼に板橋区の愚直に行きました。こちらのお店は、2007年4月5日に開店したお店で弁慶で7年修行した人が開店したお店だそうです。また、お店の頭文字がGである事から「板橋区3G」(命名者まあぼーさん)と呼ばれています。

二人で行った事もあり、らーめん(豚濃粉砕麺)(写真左)とつけ麺(写真右)を注文しました。
らーめんは、あっさり目で油の多い豚骨スープという印象です。最初は物足りなさを感じましたが、次第に食べていくと九州で食べるような豚骨ラーメンっぽく気にいりました。自家製の細麺は、ざくざくとした食感が印象に残り、スープとの相性も良いと思います。チャーシューは、柔らかくて美味しかったです。同行者によるとスープは当初に比べてだいぶ軽くなったとの事です。最初の頃のは濃厚そうだったので食べてみたかったです。
つけ麺は、豚骨ベースのスープに魚介スープを加えたつけダレとなっています。(最近はつけ麺にだけ魚介を加える店というのをよく見かけるような気がします。)ただどちらもおとなしめのスープのせいか、味がややぼやけてしまっている印象です。つけダレの中には温めた石が入って、スープを温かいまま食べられるようにと工夫されているのは良かったです。平打の麺はもちもちしていて美味しかったです。麺は美味しいので後はスープがもっと良くなればかなり期待出来そうです。

同行者によると食べる度に味が違うそうなので、この日だけあまり出来が良くなかったのかもしれません。

住所   東京都板橋区大谷口北町12-7
営業時間 12時〜15時 18時〜22時(平日)
     12時〜17時(日曜日、祝日)
休日   不定休


take_hilano at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 東京都 

2007年06月06日

今週のオススメ - 究極の一杯はどこに? ラーメン特集 - で紹介されました

Yahooの今週のオススメ - 究極の一杯はどこに? ラーメン特集 - で紹介されました。

http://picks.dir.yahoo.co.jp/weeklypicks/20070604.html

自分のブログの他にはライダーマンさんのブログが紹介されています。

take_hilano at 00:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) メディア紹介 

2007年06月05日

ごはん処 昔食堂なおじ@新潟

190a9cb2.JPG5月27日(日)の昼に新潟市南区のごはん処 昔食堂なおじに行きました。こちらのお店は2007年4月に開店していて、気になっていたので行ってみました。こちらのお店は「ごはん処」と名前に冠しているだけあって、ラーメンよりも定食類がたくさんあります。ラーメンは大きくわけて三種類のメニューしかないようです。

なおじろうを注文しました。「なおじストロング ヤサイがたっぷりこってりらーめん」とメニューに書かれていて所謂二郎を意識して作ったラーメンです。静岡県の清水に期間限定で出していたお店でもなおじろうも食べているので、どのような違いがあるかを楽しみにしていました。
麺は太い縮れ麺です。やや固めの茹で加減で弾力の強い麺です。二郎の麺とは違う感じですが、なかなか良い感じだと思います。スープはややタレの甘い感じが印象には残りますが二郎特有のタレの感じとは違います。ベースとなるスープは清水で食べた時に比べると格段に良いですが、もう少しスープがしっかりしているといいかなと思いました。野菜はかなり固茹でです。個人的には、二郎系のラーメンは柔らかすぎるくらいの野菜が好みなので、なおじろうの野菜の茹で方はあまり好みではありませんでした。

静岡県の清水に期間限定で出店していたお店に比べると、しっかり作られていて格段に美味しいと思いますが、二郎と比べるとやや違うかなという印象を持ちました。定食類も美味しそうだったので、もし次回食べる機会があれば是非ともとんかつを食べてみたいです(笑)

住所   新潟県新潟市南区上塩俵杯山1761-2
電話番号 025-362-1840

take_hilano at 00:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 新潟県 

2007年06月03日

じゃん鬼@富山

50aaf29e.JPG5月26日(土)の昼に富山市のじゃん鬼に行きました。こちらのお店は以前同じ富山県内の上飯野にあった時には行った事がありますが(6年位前かな?)、山室に移転してから初めて行きました。最近食べた方から良い評判を聞いていたので、楽しみにしていました。

メニューは大きくわけて白、黒、青の3種類のラーメンがあります。
白はお店一押しと書かれていて、「濃厚豚骨コラーゲン式スープ」という表現をしています。大量の豚骨を三日間、強火で炊き、さらに豚足や地鶏や野菜等も加えているそうです。
青は白とは全く違う作り方をしたスープで香ばしさと肉汁が自慢の野菜豚骨醤油ラーメンと書かれています。正直これだけだとどのようなラーメンかイメージしづらいです(笑)
黒は魚介系豚骨で他の二つのメニューと比べると扱いがやや小さくなっています。

今回はずっと前に食べた時同様白を注文しました。前回来た時はややライトなスープというイメージしか残っていませんでしたが、今回食べてみるとスープは粘度があり、かつそれなりに濃厚だと思います。豚骨ストレートという感じではなくいろいろなものでダシをとっているなというのがよくわかり、若者には受けそうという感じがしますし、富山にはこの手のタイプのラーメンは少ないのでは?とも思います。麺は細めの縮れ麺でしたが、個人的にはあまりスープとの相性はよくなかったような気がします。また胡麻やニンニクチップなどスープの味を邪魔してしまう具が多かったのが、個人的に苦手でした。スープがなかなか良いだけにスープを味わいやすい方が良かったです。今度は気になる青も食べてみたいと思います。

知り合いの人に後で聞いてみたところ移転前の方が美味しかったと言っていましたので、移転前の味も気になるなというのが正直なところです。きどたまよさんの一番最初の本には、店主は、東京等で食べ歩きもするような事も書かれていたので、だいぶ味も変えているのかもしれないです。ちなみにきどたまよさんの本によると店主は富山市内の虎矢での修行経験があるそうです。今読み返してみて気づきました(笑)

住所   富山県富山市山室116-7
電話番号 076-491-6123
営業時間 11時〜15時 17時〜21時
定休日  火曜日

take_hilano at 00:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 富山県