2007年11月

2007年11月29日

大黒庵本店@平塚

51c88ee3.JPG11月25日(日)の昼に平塚市の大黒庵本店に行きました。このお店は、この方が食べていたので名前は知っていたのですが、石神本に掲載された事もあり、行きました。石神本掲載後には、マーコさんが食べていて良さそうだったので、楽しみにして行きました。実際にお店に入ってみると、いろいろなところに書かれている通りラーメンを食べているお客さんが多いです。(塩ラーメンを頼んでいるお客さんはあまりいないようでした。)



下記の写真は、お店にあるメニューです。見ての通り、ラーメン以外のメニューは多数あり、石神本に掲載された塩ラーメンは記載されていません。別のところに塩ラーメンと書いてあるのを確認し、注文しました。昔からあるメニューではなく、後から追加されたメニューなのかな?と思います。
大黒庵_メニュー







塩ラーメンを注文しました。
スープを最初飲むと、タンメンのようなあっさりしたタイプに感じますが、後から貝のダシを感じる事が出来ます。貝のダシが不自然ではなく、しっかりしていてなかなか美味しいと思います。
麺は今流行のものを思い出してしまうような縮れた固い太麺で、石神本によると自家製麺だそうです。このスープとの相性が良いとは思えませんでしたが、これはこれでなかなか面白いと思いました。具は、チャーシュー、キャベツ、メンマ、なるとが入っています。

蕎麦屋が作ったラーメンというだけではなく、個性があり、なかなか面白かったです。

住所   神奈川県平塚市紅谷町4-21
電話番号 0463-21-1335
営業時間 11時〜20時
定休日  なし

take_hilano at 14:14|PermalinkComments(2)TrackBack(3) 神奈川県 

2007年11月28日

井之上屋@春日部

50846f93.JPG井之上屋_20071120醤油らぁ麺井之上屋_20071120限定







11月20日(火)の昼に春日部市の井之上屋に行きました。好きなお店のうちの一つですが、かなりご無沙汰してしまいました。以前行った時と比べると食券機が導入されたり、メニューも異なっていたりもします。井之上屋、ハナタレを含めると6回目位ですから、自分としてはかなりよく食べに行ってるかな?と思います(笑)

今のメニューは下記の通りです。
井之上屋_20071120メニュー1井之上屋_20071120メニュー2







塩らぁ麺(写真左上)、醤油らぁ麺(写真中央上)、試作(写真右上)を食べました。

塩らぁ麺は、以前食べたものに比べるとスープ、魚介が良い感じにまとまっていて美味しくなっていると思います。ただ最初は気にならなかったのですが、後半食べているともう少し塩分濃度が足りないような感じがしました。自分の好みなどもあるので、一概には言えないですが、もう少しあっても良いかなと思いました。
麺は、少し固めの細麺で、しなやかな感じが印象に残りました。以前食べた時に比べ、持ち上げづらさは感じなかったので、麺がよくなったのかもしれないです。具は、チャーシュー、海苔、ネギ、水菜が入っています。

醤油らぁ麺は、今まで井之上屋が提供してきたものとは対極にあるラーメンと言っても過言ではない気がします。一言で言うとかなりジャンクに仕上がっています。ただスープには豚を使ってかなり粘度を出しているせいか、他のジャンクなラーメンとは少し異なり、面白く仕上がっていると思います。そしてこのスープに揚げニンニクがいい感じにマッチし、粘度のあるスープとキャベツの相性も良いです。
井之上屋でこういうメニューもあるのだと思うとかなり面白く食べれますし、醤油つけ麺も食べてみたいと思いました。

試作のものは詳細は、こちらにもある通り、とあるものを使った白湯だそうです。なかなか他の店で味わう事は出来ない白湯スープで以外と癖になりそうです。今後このようなスープのお店が増えてくる可能性もあるので、味とは別の意味でも少し期待したい一杯だと思いました。スープとチャーシューの味付けのミスマッチが悪かったのがちょっと残念でした。個人的にはスープのダシをしっかり味わいたいので、あまり具をたくさん乗せなくてもいいのかな?というのが正直な感想です。
いつ提供されるかどうかは不明なので、井之上屋さんのブログをこまめにチェックしてみて下さい。

2007年12月2日追記
井之上屋さんのブログによると2007年12月24日に提供される事になったそうです。

住所   埼玉県春日部市大沼2-61
電話番号 048-738-2446
営業時間 11時30分〜14時 18時〜21時(平日)
     11時30分〜15時 18時〜21時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  月曜日(祝日の場合翌日)

お店のブログはこちらです。


take_hilano at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 埼玉県 

2007年11月26日

ら〜めん 台風。@茗荷谷

ced6601d.JPG11月17日(土)の昼に茗荷谷のら〜めん 台風。に行きました。こちらのお店は、2007年5月20日に開店し、開店当初から話題になっていたお店です。開店当初から話題になっていたお店ですが、なかなか行くタイミングを逃してしまっていたのですが、石神本に載った事もあり、ようやく行きました。14時20分頃着きましたが、行列はないものの店内は満席で、それ以後もお客さんが常に来て、店内は常に満席でした。

基本的なメニューは、ら〜めん、つけの2種類です。まぜつけというのがあり、隣の人のものを見たところ、2種類の麺が入っているようでした。

つけを注文しました。
まず最初に印象に残るが麺の入った丼です。かなりしっかり冷やされていたのが分かり、細かい心配りが印象に残りました。ここまで丼が冷やされて出て来たつけ麺はすぐには他に思いつきません。
つけダレは、今流行りの豚骨魚介タイプのものです。あまり真新しさがないタイプというのは否めないのですが、動物系のダシはしっかりと出ていて、とろみがあります。そこに魚粉を入れていますが、あまり舌にざらざらとした魚粉が残る感じはありませんでした。最近本当に思うのですが、魚粉を細かくして提供しているお店が増えたと思います。
麺は浅草開化楼の縮れ麺でいかにも浅草開化楼という感じの硬い麺です。スープに粘度があるため、麺とはよく絡み、美味しく食べられました。

しっかり作られたつけ麺という感じで良かったです。次はまぜつけを食べてみたいです。

住所   東京都文京区小石川5-34-6
電話番号 03-3818-2622
営業時間 11時〜15時
定休日  水曜日

take_hilano at 09:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2007年11月25日

めん處 さんば@茅場町

cf8b1081.JPG11月13日(火)の昼にめん處さんばに行きました。こちらのお店は、ぽっぽっ屋兜町店が店名を変更し、リニューアルしたお店です。ぽっぽっ屋兜町店、ぽっぽっ屋GARAGEの時は、食べた事ありますが、リニューアルしてから今回が初めてです。




写真左下がメニュー、写真中央下が無料トッピングの説明書き、写真右下が卓上のものの説明となっています。
さんばメニューさんば無料トッピング紹介さんばスパイス紹介







油めんを注文しました。注文した時に細麺、太麺、無料トッピングについて聞かれます。今回は太麺、野菜多めのニンニクを少しだけで注文しました。
油めんは、出て来たものを見るとあまり量が多くないです。見た目もぽっぽっ屋とは違うと思います。油の味とタレがマッチするというよりもタレの甘さだけが印象に残る油めんだと感じました。また、化調を使用していないからかどうかは分かりませんが、ジャンクな感じもあまりなく、やや物足りなかったです。
麺は太麺の縮れ麺で固めの茹で加減です。タレを吸ったせいか黒っぽい色になっていました。具は、チャーシュー、もやし、ネギ、メンマ、海苔、卵が入っています。

住所   東京都中央区日本橋兜町11-11
電話番号 03-3664-1416
営業時間 11時〜14時 17時〜23時(平日)
     11時〜14時(土曜日)
定休日  日曜日、祝日


take_hilano at 01:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2007年11月24日

麺や 璃宮@錦糸町

c682b8f8.JPG璃宮_豚ほぐし丼11月3日(日)の昼に錦糸町の麺や 璃宮に行きました。こちらのお店は2007年3月5日に開店したお店です。元々はだらんごというお店だったそうですが、リニューアルして麺や 璃宮になったそうです。お店には12時10分頃着きましたが、6人待ちでした。お店の中に入るとカウンターとそれと平行に横に座る席ももう1列あり、他ではあまり見た事のない配置となっています。席に座るとおしぼりが出されますし、ホールの方が回転をよくするようにうまく仕切っているという印象がありました。

メニューは以下の通りです。
璃宮_メニュー







どっちを食べようかとてつもなく迷いましたが、石神本に掲載されていたらーめんを注文しました。
らーめんは、最初見た時に青葉っぽくも見えましたが、食べてみるともちろん違います。スープの表面にはゼラチン質の部分が多く、油とは異なりこれだけねっとりしたスープはあまり他ではない気がします。こういうスープだけにやや温度はぬるめで、キレはなくなってしまいますが、なかなかのスープだと思います。個人的にはもう少しタレの味が出ていても良いかなと思いました。麺は中太麺で、プリプリした食感でした。浅草開化楼の麺を使用しているのだと思いますが、プリプリした感じが少し浅草開化楼っぽくないような感じもしました。具は、チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。

住所   東京都江東区毛利1-18-6
電話番号 03-5600-0038
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜22時(スープ切れ次第終了)
定休日  なし


take_hilano at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2007年11月23日

LA-麺 HOUSE 将丸@天神

bbea53b7.JPG将丸_黒LA-麺10月21日(日)に福岡市中央区のLA-麺 HOUSE 将丸に行きました。こちらのお店は2006年に開店したお店で開店直後からネット上で名前を見かけていたお店です。




以下の写真左下、写真中央下が、メニューです。写真右下はお店のこだわりです。
将丸_メニュー1将丸_メニュー2将丸_こだわり








LA-麺(写真左上)、黒LA-麺(写真右上)を注文しました。
LA-麺のスープは、ライトな豚骨スープでかなり軽めの仕上がりだと思います。場所柄飲み屋が多く、飲んだ後のお客さんが多いのかな?と思いました。麺は、博多独特の固めのストレート麺で粉っぽさもあり、まずまずです。具は、チャーシューにネギです。チャーシューは炙ってありますが、やや炙りすぎで少し固かったです。

黒LA-麺は、LA-麺にマー油を加えたものだと思います。マー油のインパクトが強いのか?ベースのスープはLA-麺よりも軽く感じ、マー油のインパクトばかりが印象に残りました。

住所   福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-2-1
電話番号 092-714-3939
営業時間 ネット上にあるものと実際行った時の営業時間が異なったので電話で確認した方が良いと思います。
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 福岡県 

2007年11月22日

とんこつラーメン いけ麺@馬出九大病院前

ed6c12f4.JPGいけ麺_白10月21日(日)の夜に福岡市東区のとんこつラーメン いけ麺に行きました。こちらのお店は、2007年開店でありながらも良い評判を聞いていたので、楽しみにして行きました。

いけ麺(写真左)と白ラーメン(写真右)を注文しました。

いけ麺は、濃厚な豚骨スープが印象に残ります。自分としてはスープの感じが、老舗というよりもニューウェーブ系の豚骨ラーメンというジャンルに属するかなと思います。真新しさはないもののしっかりとダシのとれているマイルドで濃厚なラーメンで美味しいと思います。麺は、ストレートの細い麺で豚骨スープとの相性も良いです。具はチャーシュー2枚、ネギ、キクラゲが入っています。

白ラーメンは、いけ麺とは対象的にスープはかなりあっさりめですが、いけ麺を食べてしまうとどうしてもかなり物足りなく感じてしまいます。麺は細めのストレート麺で具は、チャーシュー2枚、ネギ、キクラゲが入っています。

この日食べた感じだと断然、店名を冠しているいけ麺の方がお勧めだと思います。いけ麺は、美味しく、もっと今回の食べ歩きの初日や2日目など早いタイミングで食べておきたかったなと思いました。

住所   福岡県福岡市東区馬出1丁目10-13
電話番号 092-633-3033
営業時間 11時〜22時(平日)
     11時〜21時(日曜日、祝日)
定休日  2007年内は無休(たまに日曜日、祝日は休みの場合あり)

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:28|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 福岡県 

2007年11月20日

島系本店@福岡空港

4792bfc9.JPG島系本店_煮ブタめし10月21日(日)の昼に福岡空港から割と近い福岡県糟屋郡志免町の島系本店に行きました。こちらのお店は見た目が二郎っぽく開店当初から話題になっていました。ネット上では、品川二郎というキーワードを聞いていました。

ラーメン小(写真左)と煮ブタめし小(写真右)を注文しました。
ラーメン小は、見た目は二郎っぽいですが、食べてみるとやっぱりだいぶ違います。味はやや薄めで物足りなさを感じます。食べている途中で思わず「タレを足してもらう事って出来ますか?」と聞いてしまいました。普段は「カラメ」で注文しない自分ですが、この店の場合、タレを多くしないと二郎なれしている人は物足りなく感じるかもしれないです。麺は細麺と太麺から選択する事が出来ます。太麺で食べると二郎らしさは少し感じますが、細麺で食べると二郎らしさは全く感じませんでした。具は、定番のもやし、キャベツに、豚が乗っています。またニンニクは無料でトッピングできます。ニンニクを入れる事によりだいぶらしさが出て来るような気がしました。

煮ブタめし小は、見た目は牛丼っぽいようなビジュアルですが、食べてみても一般的にイメージする牛丼の味に近いような感じがします。この系統のサイドメニューという事でがっつりと大きいチャーシューが乗っているのを期待してしまったのですが。。ちなみにお店のHPにのっているものともだいぶビジュアルが異なります。

最後にお話を伺ってみたところ、最近店長が変わられたそうです。(ちなみに今の店長は、品川二郎は食べた事がないそうです。)どの位それによる変化があるのかは分かりませんが、煮ブタめしのビジュアルの違いはそのあたりに影響しているのかな?と思っています。

住所   福岡県糟屋郡志免町大字別府字カジ547-1
     (スーパートライアル別棟 駐車場内)
電話番号 092-935-5257
営業時間 11時〜16時 18時〜21時
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日休み)

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 00:12|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 福岡県 

2007年11月19日

博多 新風@高宮

69aadec4.JPG新風_つけ麺10月21日(日)の昼に福岡市南区の博多 新風に行きました。こちらのお店は、2007年1月に放送された「美味しんぼ塾 ラーメン道 日本全県グランプリ」で準優勝になったお店です。自分は2005年11月以来、2度目です。お店に着いた時は、前に10人位待っている人がいました。今回の旅の中で店外に行列があったのは初めてでした。

お店のつけ麺メニューの紹介は写真の左下の通りとなっています。写真右下は、美味しんぼ塾に出た後に貼られた物で値段を下げるというのには驚きました。
新風_メニュー新風_張り紙







新風麺(写真左上)とつけ麺(写真右上)を注文しました。
新風麺は、以前食べた時と比べると豚骨スープが濃厚になったような感じがしました。前回同様濃厚なスープがマー油をしっかりと受けとめていて良いバランスだと思います。前回店主の高田さんよりお話を聞いていた、マー油無しを食べてみても良かったかな?と思いました。麺は細めのストレート麺で滑らかな舌ざわりが良く、美味しかったです。具は、チャーシュー、キクラゲ、味付け玉子、ネギが入っています。

つけ麺は、豚骨の濃厚なスープに魚介がきいたタイプのものとなっています。店主の高田さん曰く、東京で食べた六厘舎が印象に残ったそうで、それを元につけ麺を始めたそうです。ただ東京で出て来る濃厚な豚骨魚介のつけ麺よりも豚が濃厚でかなりとろみがあり、やや魚介は控え目という印象です。同行者はもう少し魚介が強い方が好みとも言っていましたが、自分的にはこれくらいでも全然大丈夫でかなり好みでした。麺は自家製麺という事もあってか麺の風味がしっかりとあり、そして濃厚スープに負けない存在感があり、好みでした。ぶっちゃけたところお代わりしたかったです(爆)

以前食べた時に比べて、味が良くなっていると感じましたし、かなりの人気もあるのので、豚骨ラーメンばかりが流行る福岡において、麺劇場 玄瑛とともにどのようなラーメンをこれから出していくのかが楽しみです。

住所   福岡県福岡市南区高宮1-4-13パルム高宮
電話番号 092-524-2426
営業時間 12時〜14時 18時30分〜23時
定休日  火曜日(祝日の場合は翌日)

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 00:55|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 福岡県 

2007年11月18日

久留米とんこつ 天砲ラーメン@博多南

6fb32ec4.JPG天砲ラーメン_屋台ラーメン天砲ラーメン_餃子








10月21日(日)の昼に春日市の天砲ラーメンに行きました。こちらのお店は、大砲ラーメンで修行した店主が2007年に開店したお店だそうです。お店に着いたのは13時前だったと思いますが、店内には待っている人がいて、開店してあまり日が経過していないのですが、人気があるのが分かりました。

店内にあるメニューとお店についての文章は、下記の通りです。大砲ラーメンの香月社長からのコメントもあったのには驚きました。
天砲ラーメン_メニュー天砲ラーメン_紹介








ラーメン(写真左上)、久留米屋台ラーメン(写真中央上)、ぎょうざ(写真右上)を注文しました。麺は、久留米麺か博多麺か選べるようになっているようですが、今はまだ行っていないようです。

ラーメンは、久留米というよりもニューウェーブな博多ラーメンという印象のスープです。凄い大雑把に言うとラーメンのベクトルが大砲よりも一風堂にむいているように自分には感じました。麺は細めのストレート麺です。具は、チャーシュー、キクラゲ、ネギが入っています。

屋台ラーメンは、大砲ラーメンで言うと昔ラーメンに該当するものだと思います。大砲の昔ラーメンと比べると背脂を揚げて作ったカリカリはやや少なめです。個人的には大砲ラーメンで食べた時にカリカリが苦手でしたが、天砲ラーメンのものは量も少なく独特な変な味はなく、まずまず美味しく食べれました。

住所   福岡県春日市一の谷2-18
営業時間 11時〜22時
定休日  第2、4火曜日


take_hilano at 00:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 福岡県 

2007年11月16日

西谷家@橋本

e356777d.JPG西谷家_こってり10月21日(日)の昼に福岡市西区の西谷家に行きました。こちらのお店は、魁龍出身の方が営業しているお店でおださんオゴポコさんのブログで高評価のお店で、今回の遠征の中でもかなり行ってみたかったお店の一つです。お店には15分位前に着いてしまいましたが、その他のお客さんは全く来ませんでした(笑)お店の外には、強烈な豚骨臭はありませんでした。初日に魁龍の魚町店の前を通過した時に凄い臭いを体験していただけに少し拍子抜けしてしまいました。


メニューは下記の左の写真の通りです。写真右は店内にあったお店のこだわりです。
西谷家_メニュー西谷家_こだわり









ラーメン(写真左)とラーメンに超背脂のせ(写真右)を注文しました。
ラーメンに超背脂のせトッピングを注文したのは、背脂ラーメン地位向上委員会の副会長です(爆)

ラーメンは、濃厚なスープですが、魁龍とはやや方向性が違います。スープは魁龍のどろどろかつざらざらしているスープではなく、多少ざらざら感はあるものの食べやすくかつ濃厚で髄がしっかり出ています。
麺は細めのストレート麺で、喉越しも良く美味しいです。具は柔らかいチャーシューに、ネギ、太いメンマが入っています。一杯としての完成度も高く、めちゃくちゃ好みでした。(ブログ書いていたらまた食べたくなってきました(爆))

超背脂のせは、少し大きめの背脂の食感が印象に残ります。背脂とスープの相性も悪くなく、なかなか良かったです。どちらが良いかは好みの問題かなと思います。

まだまだ強烈なラーメンですが、魁龍が苦手な人にも試してもらいたいなと思いました。

住所   福岡県福岡市西区野方6-36-34
電話番号 092-812-0121
営業時間 11時〜23時(売切れ次第終了)
定休日  なし


take_hilano at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 福岡県 

2007年11月15日

初代けいすけ@台場

b6ed6cca.JPG10月28日(日)の昼にアクアシティお台場(ラーメン国技館)の初代けいすけに行きました。博多一幸舎の博多焼ラーメンに続き、こちらでも汁なしラーメンを食べる事が目的です。

汁なし黒坦々麺を注文しました。
けいすけでは、お店に入ってからもなかなか出て来ませんでした。回転の良さよりも着席してからちゃんと作っているみたいです。
最後の工程だけたまたま見えたのですが、茹でた麺をボールに入れ、けいすけの代名詞とも言える竹炭で作ったタレと混ぜているようです。その上にネギ、坦々麺の肉味噌(?)、卵が乗っています。これらを混ぜ、そして食べます。
何が美味しいかと言われると表現するのが難しいですが、平打の麺に適度な辛さがあります。また卵が味をマイルドにしてくれるのでこれもいい感じでした。

この美味しさが黒坦々麺による効果なのかどうかは正直なところ分かりませんでしたが、食べていて癖になる感じで良かったです。(初代けいすけですから、「黒」は必須ですし、見た目のインパクトとして重要なのは分かっているつもりです。)考えて食べるよりもがっつり食べる事が出来る汁なしラーメンが好きで、個人的には好みの味でした。

住所   東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場
電話番号 03-3529-2155
営業時間 11時〜23時
定休日  なし

take_hilano at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 東京都 

2007年11月14日

博多一幸舎@台場

504365d9.JPG10月28日(日)の昼にアクアシティお台場(ラーメン国技館)の博多一幸舎に行きました。福岡行って来た後に博多で食べた豚骨ラーメンとの食べ比べという訳ではなく(笑)、近くで用事があったためにこちらのお店に行きました。






お台場の博多一幸舎は初めてでしたが、OOSAKIさんとのタイアップ企画である汁なしラーメン(合え麺)が目的です。案内ポスターは下記の通りです。ちなみにこちらでも見れます。
汁なし案内














博多焼ラーメンを注文しました。お店は店外に行列が長いですが、店内の回転は良く、席に座るとそんなに待つ事なく、注文した博多焼ラーメンが出て来ました。
博多のラーメン特有の超極細麺にニンジン、モヤシ、キャベツ等の炒めた野菜が乗った焼きラーメンとなっています。その上にネギと明太子マヨネーズがかかっています。一気に混ぜて食べてみますが、少量のスープと明太子マヨネーズがいいアクセントになっていました。ただ量が少なくあっという間に食べ終わってしまいましたし、自分の大好きな凪の焼きラーメンの方が癖になる味で好みでした。何が違うのか?と言われると好みという一言でしかないんですけどね。

美味しかったし、ラーメン集合施設のラーメンは高くなってしまうというのは分かるのですが、正直1000円は高いかなと思いました。汁なしラーメンブームに火をつけるためにもどこのお店ももう少し安い値段で出せたら広まるのかな?と勝手な事を表しまいました。

住所   東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場
電話番号 03-3529-1436
営業時間 11時〜23時
定休日  なし



take_hilano at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2007年11月13日

麺劇場 玄瑛@薬院大通

56083dc5.JPG玄瑛_20071020_潮薫醤油拉麺玄瑛サイドメニュー







10月20日(土)の夜に福岡市の麺劇場 玄瑛に行きました。当初予定にはなかったのですが、熊本市の麺劇場 玄啓、天和(自分は未食)にも行ったのだから麺劇場 玄瑛にも行かないとという同行者達の強い要望により、行きました(笑)23時前に到着した事もあり、お店には行列はありませんでした。
自分は、2006年2月以来2度目です。

メニューは下記の通りです。
玄瑛メニュー1玄瑛メニュー2








玄瑛流 拉麺(写真左)、潮薫 醤油拉麺(写真中央)、辛子明太子と実家米(写真右)を注文しました。

玄瑛流 拉麺は、見た目は玄啓のラーメンと似ていますが、食べてみると結構違います。味噌っぽい味がします。味噌を使っている訳ではないと思うのですが、何か不思議な味わいで癖になりそうなスープでした。ただ玄啓で食べた完成度の高さみたいなものは正直あまり感じませんでした。

潮薫 醤油拉麺は、基本的な構成は、玄啓と一緒だと思います。スープは、玄啓に比べると味の深みやバランスが少し悪い印象です。麺は、少し縮れていますが、玄啓と比べると麺のプリプリした感じがおとなしめという感じがしました。

辛子明太子と実家米は、辛子明太子の上品な味つけが良かったけど、500円はちょっと高いかな?というのが正直な感想です。

住所   福岡市中央区薬院2-16-3
電話番号 092-732-6100
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜翌0時30分(平日)
     11時30分〜22時(売切次第終了)(日曜日、祝日)
定休日  なし


take_hilano at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 福岡県 

2007年11月12日

文龍 歩路路香@武蔵塚

c58c814e.JPG文龍歩路路香_こってり10月20日(土)の夜に文龍 歩路路香に行きました。こちらのお店は、文龍の2番目に出来たお店で、現在はこちらのお店が本店になるそうです。暖簾には、「文龍 歩路路香」と書かれていて、「ぽろろっか」と読むそうです。ポロロッカとは、アマゾン川を逆流する潮流の事を言うそうで、きっとこれが由来じゃないかな?と思っています。

メニューは健軍店のお店に比べて、こちらのお店は、文龍黒とんこつ、昭和こく味とんこつというメニューがありました。(どちらも食べていないから、不明ですが。。)

こちらのお店でもラーメン(写真左)とラーメンこってり(写真右)を注文しました。
基本的な味のベースは文龍 健軍店と一緒だと思います。タイミング等の範囲内かな?とは思うのですが、スープは健軍店のお店の方が濃厚で、麺の茹で加減は、こちらの方のお店が好みでした。

麺が美味しかったことからか、こちらの方が美味しく感じました。

住所   熊本県熊本市戸島4-2-47
電話番号 096-388-7055
営業時間 11時30分〜15時 18時〜22時30分
定休日  月曜日


take_hilano at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 熊本県 

2007年11月11日

文龍 健軍店@健軍町

64a2b7b2.JPG文龍健軍_こってり10月20日(土)の夜に熊本市の文龍の健軍店に行きました。熊本市内に文龍は二店舗ありますが(この次にもう一店舗も紹介します)、こちらが最初に出来たお店です。宮崎の風来軒で修行した店主がお店を開いているそうです。風来軒出身というと無鉄砲ラーメンマン、蘭風(閉店)などがありますが、良い店が多かっただけに楽しみにしていました。
20時20分頃に到着しましたが、「スープ調整中のため、10分〜15分頃お待ち頂けますか?」と言われました。なかなかこのような事を言われる事がないだけにちょっと不安も。。

ラーメン(写真左)とラーメンこってり(写真右)を注文しました。
ラーメンは、見た目からも濃厚そうな感じがします。実際食べてみると豚骨のスープがしっかりしていて、脂というよりも骨の味をしっかり出した濃厚なラーメンだと思います。見た目は風来軒に近いですが、自分が食べた時の風来軒をより濃厚にした感じでした。自分のイメージの中では、6年位前に食べた無鉄砲の奈良店を思い出し、昔の無鉄砲に近いのかな?と思いました。
麺は細めの麺でかなり柔らかめで、スープに対して麺が負けている印象です。具は、チャーシュー、海苔、キクラゲ、ネギが入っています。またレンゲに乗っているオリジナルの辛味調味料(?)は、レンゲの上に乗っていて味よしの中倉店を思い出しました(爆)
ラーメンこってりになると背脂が乗るようになります。また卓上にあるニンニクは、スープとの相性が抜群でした。

住所   熊本県熊本市東本町1-91
電話番号 096-365-9514
営業時間 18時〜翌3時
定休日  月曜日


take_hilano at 00:47|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 熊本県 

2007年11月10日

麺劇場 玄啓@熊本

7af5b45a.JPG玄啓_潮香醤油拉麺10月20日(土)の夜に熊本市の麺劇場 玄啓に行きました。「麺劇場」という名前から気づかれた方も多いかもしれませんが、福岡市中央区の麺劇場 玄瑛の2号店になります。2007年9月11日に開店したお店です。まだ開店したばかりのお店でしたが、夜の部営業開始時点で既に自分達も含め、10人位が待っていて、既に人気があるのが分かりました。

メニューは下記の通りです。左側が店内にあったもので、右側がお店の外にあったものです。昼は玄瑛同様ヒルトンをやっているみたいです。玄啓流 拉麺650円、潮薫醤油拉麺800円とラーメン1杯の値段が安い福岡や九州という事を考えると破格の値段という感じがします。
玄啓_メニュー店内玄啓_メニュー店外








玄啓流 拉麺(写真左)と潮薫醤油拉麺(写真右)を注文しました。
玄啓流 拉麺は、タイプ的には凄くおおざっぱに言うと豚骨ラーメンにマー油を浮かべたタイプの物で熊本ラーメンに分類されると思います。マー油を使い、熊本っぽさを演出していますが、食べてみると、熊本ラーメンというものをモチーフにしていますが、かなりアレンジしたラーメンという印象です。タレが工夫されているのかな?と思うのですが、物足りなさを全く感じない新しいタイプの豚骨ラーメンという印象です。麺はストレート麺で少し固めの茹で加減でスープとの相性も良いです。具はチャーシュー、ネギ、糸唐辛子などが入っています。

潮薫醤油拉麺は、あっさりとしたスープに香味油を上手く使っていて、バランスが良く、かつキレのあるスープです。後半スープが冷えてくると油が多く、くどく感じてしまいましたが、バランスの良さは良かったです。見た目は玄瑛で食べた時同様ごちゃごちゃしてそうな感じがしますが、食べてみるとごまや揚げネギが邪魔と感じずに美味しく食べれました。
麺は不揃いの地連れ面でしっかりと歯ごたえもあり、スープともよく絡み、美味しかったです。具は、チャーシュー、ネギ、揚げネギ、海苔、胡麻が入っています。

味はもちろんの事、お店の作りも面白いので、是非一度は中に入ってもらいたいと思うお店ですね!

住所   熊本県熊本市下通2-3-3
電話番号 096-356-9100
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜翌0時30分(平日)
     11時30分〜22時(日曜日、祝日)
定休日  なし


take_hilano at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 熊本県 

2007年11月09日

黒亭@熊本

b6be64db.JPG10月20日(土)の夕方に熊本市の黒亭に行きました。熊本はもちろんの事、全国的に見てもかなりの有名店ですが、実は初めて(笑)
2006年に移転した事もあり、お店の外観は、本などで見ていたものと比べ、綺麗になっています。17時前に行きましたが、店内は8割位が埋まっていて人気の程が分かりました。

ラーメンを注文しました。
スープはかなりあっさりとした滑らかな豚骨スープで、ダシがしっかり出ているというよりもほどほどに出ているという表現が適当な感じです。ここにかなり細かいニンニクチップがまんべんなく入っています。不思議とこの2つの組み合わせがよく、バランスがよく、美味しく頂けます。
これにあわせる麺は、ストレートの細麺でザクザクした食感が印象的です。少し麺の粉っぽさもあり、スープとの相性も良いです。具は、チャーシューが3枚、海苔、ネギ、キクラゲ、細かいニンニクチップが入っています。

住所   熊本県熊本市二本木2-1-23
電話番号 096-352-1648
営業時間 10時30分〜20時30分
定休日  第1、3木曜日

お店のHPは、こちらです。

take_hilano at 00:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 熊本県 

2007年11月08日

支那そば 北熊 総本店@武蔵塚

8f0935da.JPG北熊_炒飯10月20日(土)の昼に熊本市の支那そば 北熊の総本店に行きました。ここは前から行ってみたかったお店で、既に食べた事ある人の話でも行かなくてはいけないと言われていたお店です。


ラーメンメニューは下記の通りたくさんあります。また、ラーメンだけでなく地元では炒飯も人気あるそうです。
北熊_メニュー1北熊_メニュー2









北熊支那そば(写真左)と炒飯(写真右)を注文しました。
注文してからカウンターで作り方を見ているとかなり面白い作り方をしていました。最初にタレ等を入れたかどうかは未確認だったのですが、丼に麺を入れた後、背脂のようなものをいれ、最後に再びスープを入れています。
説明書き等によるとスープは鶏がら、野菜を独自の方法で長時間煮込んだスープだそうです。ただ食べてみるとベースのスープはあっさりした感じで独特の旨味があり、ちょっと苦手なタイプでした。ただスープの上に乗っている背油と野菜を似て作った秘伝の調味料(HPの表現を引用しました)の独特な味わいがスープに混ざるととても不可思議な味わいになり、癖になる人がいるというのも納得の味わいです。
麺は太めの縮れたタイプのもので、玉子麺だそうです。ただ独特の匂い等があり、イマイチでした。。具は、チャーシュー、味玉、メンマ、ネギ、背油と野菜を似て作った秘伝の調味料が入っています。

また、毎月15日は「北熊の日」となっていて、支那そば650円が390円で食べる事が出来るそうです。

住所   熊本県熊本市楠1-12-48
電話番号 096-338-7562
営業時間 11時〜15時 18時〜23時
定休日  毎月16日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 熊本県 

2007年11月07日

幸帝ラーメン@菊池市

幸帝ラーメン10月20日(土)の昼に熊本県菊池市の幸帝ラーメンに行きました。こちらのお店はオゴポコさんのブログで紹介されていた高評価だったお店です。菊池市は全く近くに電車が走っていなく、食べに行くには車を使用しないと無理そうな場所です。自分は高校野球やラーメンが好きなので、日本地理はそれなりに分かると思っていたのですが、菊池市は、幸帝ラーメンを通じて初めて知った土地です。(クイズゲームで菊池市のある都道府県は?と聞かれたら分かりませんでした(笑))


メニューは、下記の通りラーメンと味噌ラーメンの2種類があります。
幸帝ラーメン_メニュー








ラーメンを注文しました。
スープはしっかりと豚骨のダシが出ていて正統派の豚骨ラーメンという感じです。個人的にはここまで豚骨を食べ続けて来た事もあってか、やや甘ったるい感じが少し苦手にも感じてしまいましたが、それでも美味しく頂けました。ニンニクチップが乗っていますが、これがスープをあまり邪魔しない程度に良いアクセントを出していると思います。
麺は、細めのストレートタイプの麺です。のど越し、スープとの相性が共によく、美味しいです。具は、チャーシュー、キクラゲ、ネギ、海苔が入っています。またチャーシューは地元七城産のものを使用しているそうです。

全体的には本格的な豚骨ラーメンでしっかり作られている印象です。アクセスはよくないですが、是非食べて欲しい一杯だと思います。

住所   熊本県菊池市隈府895-6
電話番号 0968-23-6005
時間   11時30分〜15時 17時〜20時
定休日  木曜日

take_hilano at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 熊本県 

2007年11月06日

大臣閣@佐賀

837cd6d3.JPG10月20日(土)の昼に佐賀市の大臣閣に行きました。こちらは最近佐賀で話題になっているお店で自分もかなり気になっていたお店です。今回の食べ歩きの中でもかなり楽しみにしていたお店です。

ラーメンを注文しました。
まず出てきたものを見てびっくり。表面には泡がたくさんあり、見るからに濃そう。一番最初に出て来たおださんのものは更に濃そうに見えました。(きっと1ヶ月後位にアップされるはずなのでチェックしてみて下さい(爆))
スープは、かなりねっとりしていますが、重たい感じはなくとても食べやすいです。味の系統は、佐賀のラーメンでそれをかなり濃厚に仕上げた感じがしました。噂通りというのが正直な感じです。スープがしっかりしているのはもちろんの事、店主の方やお店の雰囲気が味に出ているような感じがあり、良かったです。
麺はやや柔らかくスープに対して負けてしまっているかなというのが正直なところです。具は、チャーシュー、ネギとシンプルな構成になっています。

お店の人にインターネットを見て来ましたと伝えたところ「あまおじさんはご存知ですか?」と言われたので、あまおじさんから評判を聞いて来ましたとお伝えしておきました。また店主によると昔からこの味でやっているそうです。

住所   佐賀県佐賀市諸富町大字諸富津138-9
電話番号 0952-47-2121
営業時間 11時30分〜23時30分頃
定休日  不定休

take_hilano at 00:05|PermalinkComments(4)TrackBack(3) 佐賀県 

2007年11月05日

いちげん@佐賀

5d6ad60f.JPG10月20日(土)の昼に佐賀市のいちげんに行きました。同行者の希望により行く事になりました。リピートしないと言われる自分としてはかなり珍しく3回目となりました。過去の日記はこちら(1回目2回目)です。店内に入ると前回はなかった食券機が入り口の左側にありました。
また店内では今夏の佐賀北の優勝に関連するビデオが流れています。これを見て改めて佐賀に来たんだなと実感しました(笑)いちげんのブログで佐賀北の選手にラーメンのチケット100枚をプレゼントするという情報は事前にチェックしていましたが、店内も佐賀北仕様に変わっていたのにはちょっと驚きました。

10月だった事もあり、冬季限定ののりラーメンはまだメニューにはないので、ラーメンを注文しました。
前回感じたスープの豚骨のフレッシュな感じは少ないですが、しっかりとダシがとれていて、美味しいです。言葉にはうまく表現出来ないのですが、福岡とは違う佐賀の豚骨ラーメンという感じで美味しいです。やっぱり朝早い方が美味しいような感じがします。
麺は細めのもので食感もよく、スープとの相性も抜群で美味しいです。具は、チャーシュー、海苔、ネギが入っています。

住所   佐賀県佐賀市川副町大字西古賀925-1
電話番号 0952−45-7865
営業時間 11時〜15時 17時〜21時
定休日  水曜日

2007年10月から住所が佐賀郡ではなく、佐賀市に変更になったそうです。


take_hilano at 01:00|PermalinkComments(4)TrackBack(4) 佐賀県 

2007年11月04日

行集談四朗商店@天神

a85240e4.JPG10月19日(金)の夜に天神の行集談四朗商店に行きました。こちらは、一風堂でおなじみの力の源カンパニーの飲食事業部が事業展開する沖縄料理を出す居酒屋です。接客等が良い一風堂が経営する居酒屋という事で前から行ってみたかったのですが、今回Mr.一風堂と言っても過言ではない某氏が一緒に行ってくれるというので本日のしめに行きました。




麺メニューは沖縄そば(正式名称失念)、イカ墨を使った焼きそば(正式名称失念)などがありました。また居酒屋メニュは、上記の通りです。
行集談四朗商店_メニュー








沖縄そばは、さっぱりとした魚介ダシが美味しかったです。麺は自分がイメージする沖縄そばという感じのもので、こちらも良かったです。
具は、肉、もやし、ネギ、ナルト、ほうれんそうが入っています。具のもやしは、ややこの沖縄そばとはあわない気がしました。

行集談四朗商店_本日のお勧め行集談四朗商店_ゴーヤチャンプルー







上記写真は、注文したおつまみです。
写真左が、本日のお勧めと言われた小魚を揚げた物を漬けてあります。この日ラーメンばかり食べて来た身体にとっては酸っぱさが心地良く美味しかったです。
写真右は、沖縄定番のゴーヤチャンプルーです。ゴーヤの量が多く、ゴーヤの苦味が美味しかったです。

またお店は活気があり、予想通り雰囲気も良く居心地が良かったです。是非とも都内にも進出して欲しいと思いました。

ちなみに疑問なのですが、店名の読み方が分かりません。お店でも聞くに聞けなかったので、ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい(爆)

住所   福岡県福岡市中央区大名1丁目12-61 
電話番号 092-716-0050
営業時間 17時30分〜翌2時(平日)
     17時30分〜24時(日曜日)
定休日  なし

お店のHPは、こちらです。

take_hilano at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 福岡県 

2007年11月03日

白河らーめん とら@大橋

46a1429a.JPG10月19日(金)の夜に福岡市南区の白河らーめん とらに行きました。こちらのお店はオゴポコさんのブログで知ったお店で、九州にも白河ラーメンのお店があるんだと思い、行ってみました。






店内にあるメニューと白河ラーメンの説明書きは上記の通りです。
とら_メニューとら_説明書き














メニューは白河ラーメンのみで麺の量が違うラーメン、小ラーメンがありますが、小ラーメンを注文しました。
ラーメンは、食べてみると正直自分の思っている白河ラーメンとはだいぶ違うかな?という印象です。スープは、ダシの味よりも表面に浮かんでいる脂がややくどく感じました。また福岡向けにしているというタレの味も違い、スープは白河ラーメンとは別物という感じがしました。
麺は、太めの縮れ麺で手打の感じが出て美味しいですが、白河ラーメンの麺のような柔らかくてぴろぴろした口当たりの良さはなく、やや固めの茹で加減でした。具は、チャーシュー、ナルト、ほうれんそう、メンマ、キクラゲが入っています。キクラゲというのが福岡らしいなと感じましたが、あまりこのラーメンとはあわないかな。。

食後に伺ってみたところ、とら食堂の初代店主である竹井寅次さんに習った西郷村にあるお店(屋号不明)の方に習ったそうです。ちなみに、店主出身という事もあり、白河ラーメンのお店を始めたそうです。

福岡にも豚骨以外の店が増えてきている印象がありますし、頑張って欲しいと思いました。

住所   福岡県福岡市南区塩原4-10-23
電話番号 11時30分〜14時 18時30分〜21時(平日)
     11時30分〜14時(土曜日、祝日)
定休日  日曜日 


take_hilano at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 福岡県 

2007年11月02日

めん屋 いなば@末広町

17eae878.JPGいなば_肉めし10月26日(金)の昼にめん屋 いなばに行きました。2007年10月7日に開店したお店だそうでして、麺屋 黒船 御徒町店のリニューアルになるそうです。
福岡遠征して来て、ラーメンを見たくないくらい食べて来たので(笑)しばらくはいいかな?と思っていたのが正直なところだったのですが、しらすさんしらけんさんのブログで気になっていた事もあり、最近の自分にしては、珍しく開店直後の新店に行きました。

カウンターには、上記のメニューが置かれています。また卓上には、七味唐辛子、胡椒、ニンニクチップ、醤油ダレが置かれていました。
いなば_メニューいなば_麺の量















濃厚豚骨ラーメンを注文しました。
作り方を見ていると、固体となっているスープ、魚粉、魚介スープ(?)と思われる別の寸胴にとったスープを小鍋に加えて、温めています。

ラーメン(写真左)は、粘度のあるスープに多くの魚粉が使われていますが、口ざわりは悪くなく、豚の味と魚の味がうまく調和していると思います。こう書いてしまうと普通の豚骨魚介じゃんと思われてしまいそうですが、うまく表現出来ないのですが、他店では味わった事のないスープだと思いました。粘度のあるスープですが、後半は柚子の香りで少し爽やかさも演出されていました。
麺は丸山製麺のストレートの太麺を使用していますが、このスープに対しても負けていません。この麺も少し固めの茹で加減でまた他店では味わった事のない不思議な感じがあります。
具には炙ったチャーシュー、茎ワカメ、メンマ、キャベツ、海苔、ネギが入っています。

肉めし(写真右)は、チャーシューが3枚、ネギが入っていてそこにタレをかけたタイプのものです。

最近は情報過多のため、事前情報から勝手に想像をして、行ってみると違ったというケースがあったりしますが、こちらのお店は事前情報も良く、実際に食べてみても満足感が得られたので、そういう意味では凄いのかな?と思います。

麺屋 黒船からのリニューアル(独立?)というと愛知県のありがた屋がぱっと思いつくのですが、他のチェーン店ではあまりこういう事例を聞かない気がします。独立がしやすい契約になっているのですかね??

住所   東京都台東区台東2-7-4
電話番号 03-3831-7878
営業時間 11時〜22時
定休日  なし

take_hilano at 00:23|PermalinkComments(6)TrackBack(4) 東京都 

2007年11月01日

麺8-34@西小倉

216c8723.JPG麺8-34@西小倉_しょうゆらーめん








麺8-34@西小倉_鶏白湯しお麺8-34@西小倉_鶏白湯しょうゆ









10月19日(金)の昼に西小倉の麺8-34に行きました。お店の名前は、「めんやさんし」と読むそうです。2007年8月25日にこちらに移転して来たそうです。移転前も一応食べていますので、こちらを参考にしてみて下さい。


麺8-34@西小倉_メニュー








移転してきてからのメニュー構成は、上記の通りとなっています。移転前の店舗では、鶏白湯のメニューはありませんでしたが、こちらのお店に移転して来てからメニューに追加されたようです。移転前の時にはスイーツのメニュー(詳細は覚えていないのですが、おださんが食べていたのだけを記憶しています)

しおらーめん(写真左上)、しょうゆらーめん(写真右上)、鶏白湯しお(写真左下)、鶏白湯(写真右下)を注文しました。

しおらーめん、しょうゆらーめんは、すっきりした味わいで魚介系のダシがしっかりきいています。キレがあるというよりはじんわりとした優しい味という印象です。既に豚骨ラーメンばかりを食べ続けていた自分にとっては懐かしく感じる味でした。
麺は、細めの少し縮れたようなタイプですが、へたるのが早く、やや苦手でした。具は、チャーシュー、味玉、メンマ、細かく刻まれたネギ、水菜が入っています。

鶏白湯しょうゆは、濃厚な鶏のダシを醤油ダレがしっかりうけとめていると思います。完成度の高さは、あまり感じないものの鶏のダシがしっかり出ていて荒削りな味に仕上がっていると思います。
麺は、細めの少し縮れたようなタイプで、しおらーめん、しょうゆらーめん同様にやや苦手でした。具は、チャーシュー、味玉、メンマ、ネギが入っています。

鶏白湯しおは、鶏白湯しょうゆと同じ構成でタレが違うのだと思います。ただ塩ダレがイマイチなのかうまくまとまっていない感じがしました。鶏白湯しょうゆが良いだけにこちらのメニューとの差が気になってしまいました。

どのメニューも500円とはコストパフォーマンスが良いですし、味もしっかりしていると思います。福岡市内では、豚骨ではない麺劇場 玄瑛も人気があるだけにこちらのお店にも頑張って欲しいと思います。

住所   福岡県北九州市小倉北区室町2-11-5
電話番号 093-571-6634
営業時間 11時30分〜16時 18時〜21時
定休日  火曜日

take_hilano at 00:13|PermalinkComments(3)TrackBack(2) 福岡県