2008年02月

2008年02月28日

麺屋とらのこ@大泉学園

9c509a22.JPG2月23日(土)の夜に大泉学園の麺屋とらのこに行きました。石神本に掲載されながらもずっと未食だったお店です。なかなか行く機会がなかったのですが、こちらの方に今回行ったので、ようやく行く事が出来ました。18時10分頃に着きましたが、自分が入った直後にすぐに満席となりました。食べ終わった頃には店外に、待っている人もいました。
店主は若く、火の国らーめんてっぺん、トゥーランドットでの修行経験もあるそうです。

メニューは以下の通りです。
20080223_麺屋とらのこ_メニュー







かつお醤油汁 つけめんを注文しました。

作り方を見ていると、つけダレには大量の魚粉、油を入れています。正直見ていてあんなに入れるのか?と思いました(笑)つけめんは、予想以上に出て来るのが早いと感じました。出て来たものを見ると、細い麺というのが第一印象でした。

つけ麺は、通常麺、平打麺が選べますが、初めてなので、何も言わずに通常麺で注文しました。麺は中細の縮れ麺という位の太さです。つけ麺としてはかなり細いという印象です。食べてみるとかなり固めの麺で、違和感を覚えたというのが正直な印象です。HPによると低加水でコシと風味を楽しめるあまりつけめんでは使われない麺ですと書かれていて、まさにその通りという感じがしました。正直なところ店内でもこの情報を確認出来たら、つけめんに臨む姿勢が異なり、もう少し印象が違ったかなという感じがしました。
つけダレは、甘み、酸味の強いタイプのもので調味料の味が強いというのが正直な感想です。具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、カイワレが入っています。

また自分の直後の子連れのお客さんがトッピングでメンマを注文した際に「少し辛いですが、大丈夫ですか?」と再確認し、別皿で出していたのが印象に残りました。

住所   東京都練馬区東大泉3-2-7 ブライト大泉学園105号
電話番号 03-3923-8891
営業時間 11時30分〜14時 18時〜22時30分(平日)
     11時30分〜14時 18時〜22時(土曜日、日曜日)
定休日  月曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年02月26日

熊本ラーメン 大濱@土浦

2f7e4bc1.JPG20080219_大濱_半チャーシュー丼2月19日(火)の夜に土浦市の熊本ラーメン 大濱に行きました。この日は小美玉市の某店かこちらのお店のどちらかに行こうと思っていたのですが、小美玉市の某店がHPによると臨時休業との事でしたので、こちらのお店に行く事にしました。事前にお店に電話したところ、早い時には夜営業が19時30分〜20時頃にスープ切れしてしまう事もあるそうです。この日は19時30分頃着きましたが、無事営業していました。
こちらのお店は、事前情報では、多治見ではなく、淵野辺の有名店である大石家の出身との事です。
また開店してからしばらく経過しているはずですが、帰宅してからしらけんさんのブログを見たら偶然にも近いタイミングで行っていたみたいでかなり驚きました。

店内には、シーガルフォーの認定証と地元茨城県の常陸ポークの張り紙がありました。

メニューは以下の通りです。「当店にないもの持込みOK」とあり、このあたりも大石家らしさを引き継いでいるようです。
20080219_大濱_メニュー20080219_大濱_メニュー2







メニューを見て、ラーメン、チーズラーメンとあったので、ラーメンにチーズが入っているの確認したところ、ラーメンにはチーズが入っていないとの事だったので、チーズラーメンを注文しました。また店内にあった常陸ポークの張り紙を見て、半チャーシュー丼も頼みました。

チーズラーメンは、スープはあっさりしたスープで豚骨の濃度は高くないのですが、不思議な美味しさがあります。自分の食べた事のある大石家出身のお店はどこも豚骨濃度は高くないとですが、物足りなさもないと感じます。チーズが溶ける事による影響もあると思うのですが、それだけでないと個人的には思っています。ただ最近食べた出身店という意味で比較すると個人的には、らあめん熊@柏の方がバランスが良くて、好みでした。
麺は加水率が低い感じの中太麺でスープとの相性も悪くないですし、美味しいです。具は、チャーシュー、チーズ、キクラゲ、ネギ、海苔が入っています。チャーシューは少し固くて、イマイチだったのが残念でした。

食後に伺ったところ、大石家での働いていた時期はあまり長くなく、別のお店で働いたそうです。そういえばらあめん熊@柏でも働いていた時期が短いと言われたのを思い出しました。今思うと西記@大田原市、双喜@前橋市でも働いていた期間を聞いてみれば良かったなと思いました。

住所   茨城県土浦市真鍋1-16-22
電話番号 029-827-3633
営業時間 11時30分〜14時 18時30分〜21時(スープ切れ次第終了)
定休日  月曜日

take_hilano at 21:00|PermalinkComments(3)TrackBack(1) 茨城県 

2008年02月25日

博多長浜 磯崎@京王永山

博多長浜 磯崎2月17日(日)の昼に京王永山の博多長浜 磯崎に行きました。こちらのお店は、石神本に紹介されていたお店で気になっていたお店です。石神本で紹介される前から石神さんのブログで紹介されて気になっていたのですが、行こうと仲間に声をかけても誰も一緒に行ってくれず、一人で行って来ました(笑)自分の場合、他のフリークの人に比べるとニューウェーブの新店よりも美味しい豚骨ラーメンと聞くとすぐに行きたくなる傾向があるみたいです。
13時45分頃に着きましたが、店内は満席でした。その後もお客様が来て、常に満席な状態が続いていました。

以下の写真は、替玉についての説明書きです。こんな事を書いたら笑われてしまうのかもしれませんが、「ゆげとおし」という表現は初めて聞きました。こなおとしやはりがね等は有名ですが、この呼び方って有名なのでしょうか??
博多長浜 磯崎_メニュー














博多ラーメンを注文しました。食券機で値段も見ると何と500円。一般的に普通のラーメンに比べ量の少ない博多長浜のラーメンとはいえ、都内で500円でラーメンを食べられる店はそう多くはない気がします。

卓上には、タレ、ニンニク、紅生姜、ごま、胡椒があります。

ラーメンは、豚骨臭いと聞いていましたが、出て来たラーメンや店内には思った程の豚骨臭さはありません。食べてみると豚骨の髄がしっかり出たというよりも粘度が高く、食後に唇がペタっとくっつくような感じのスープです。思った程の重たさもなく、しっかりとダシの出た食べやすく美味しいスープです。博多長浜と屋号にありますが、本場よりもしっかりとしたスープだと思います。
麺は、博多タイプの細麺で固めの茹で加減です。ザクザクとした食感は個人的には好みで、スープとの相性も良いです。具は、チャーシュー、ネギ、海苔、キクラゲが入っています。

店内を見ていると年配や家族連れのお客さんが多く、地元の人に愛されている感じがしました。ラーメンの値段が500円と安い事もあり、男性の方の多く(自分の前後にいた人は自分以外の男性は全員替玉をしていました)が替玉をしていいたのも印象に残りました。

住所   東京都多摩市乞田630
営業時間 11時30分〜14時 18時〜22時(平日)
     11時30分〜15時(日曜日)
定休日  月曜日

take_hilano at 00:01|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 東京都 

2008年02月23日

麺処 韋駄天@相模原

韋駄天2月17日(日)の昼に相模原市の麺処 韋駄天に行きました。こちらのお店は、ラーメンマンさんの本やtomi-booさんから良い評判を聞いていたお店です。前から行ってみたかったので、ようやく行く事が出来ました。こちらの記事によると仙台のこむらさきや鶴見の信楽茶屋で働いていた経験があるそうです。でも出しているラーメンが違うとの事です。

メニューはらー麺、黒らー麺の2種類の構成となっています。初めてという事もあり、基本のラー麺を注文しました。

卓上には、にんにく、激辛高菜、紅生姜、辛魚粉があります。

ラー麺は、豚頭っぽいまろやかなスープで食べた瞬間に豚頭っぽいと感じるスープでした。濃度が凄いとか粘度がある訳ではないですが、じっくりと丁寧にとったスープという感じで良いと思います。個人的には美味しいスープだと思います。辛魚粉も入れてみましたが、個人的にはない方がスープが美味しく感じられると思います。
麺はお店にあった麺箱によると津南製麺のものを使用しているみたいです。細麺のストレート麺で博多っぽいタイプです。個人的にはもう少し粉っぽさが感じられる麺でが好きですが、スープとの相性は悪くないと思います。具はスモークされたと思われるチャーシュー、もやし、ネギ、キクラゲが入っています。チャーシューはしっかりとした肉のおいしさがあり、良かったです。

住所   神奈川県相模原市相模原5-9-1
電話番号 042-756-1561
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜23時
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

店主のブログはこちらです。



take_hilano at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 神奈川県 

2008年02月22日

醍醐 神楽坂店@神楽坂

20080216_醍醐20080216_醍醐_肉飯2月16日(土)の昼に神楽坂の醍醐 神楽坂店に行きました。こちらのお店は銀座に本店のある焼肉屋さんでランチでつけ麺を出しているのが、とら会ばぶさんのHPで紹介されていて気になっていたお店です。飯田橋に用事があり、行ったのでそのついでに行きました。ちなみに事前情報では、浅草開化楼の麺を使用していると聞いていたので、興味がありました。
肉まん等で有名な神楽坂の五十番本店の近くにお店はあります。

メニューは以下の通りです。メニューの裏に記載されたご挨拶によると構想に5年かけて、いろいろな専門店を食べ歩いて作ったつけ麺だそうです。
20080216_醍醐_メニュー20080216_醍醐_ご挨拶







魚辛つけ麺(写真左上)に焼肉屋さんという事もあり、肉飯(写真右上)を注文しました。

魚辛つけ麺のつけダレの上に海苔筏という構成です。焼肉屋さんのランチでも海苔筏を見るとはというのが正直な感想です(笑)

魚辛つけ麺は、作り方を見ているとつけダレ容器を火にかけているので、出て来た時はかなり熱々です。

スープは見た目から想像していた程の辛さはなく、しっかりとしたダシの味も味わえます。かなり分かりやすい味に仕上がっているなという印象です。基本的には焼肉屋で出てくるクッパ等のメニューをベースに考えたのではと思います。そこに魚粉が混じる事により少しラーメンっぽくもなり、面白いです。
麺は浅草開化楼の少し固めのもっちりとした麺です。スープとよく絡み美味しいです。個人的には、てんか@鶴見で使用しているような麺で食べてみたかったです。具は大きい肉の塊が入っていたりと、お得感があります。

焼肉も好きなので、今度は夜伺ってみたいと思いました。個人的には分かりやすい味ですが、しっかり作られている感じがして良かったです。今度食べる時は、最後はつけダレにご飯を投入したいですね!

住所   東京都新宿区神楽坂4-2-1 嶋田ビル1F・B1F
電話番号 03-3268-4129
営業時間 11時〜15時 17時〜23時(L.O.22時30分)(平日)
     11時〜15時 17時〜22時(L.O.21時30分)(日曜日、祝日)
定休日  なし
つけ麺を出しているのは、昼のみですので、ご注意して下さい。

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2008年02月20日

天虎@大門

20080214_天虎2月14日(木)の昼に大門の天虎に行きました。2005年7月21日に武蔵小山よりこちらに移転してきました。武蔵小山時代に一度食べた事がありますが、営業時間の敷居が高いこともあり、こちらに移転してからは未食でした。以前の店舗の時は、西山製麺という理由から、味噌を食べて、美味しかった記憶があります。ただ今回仲間に事前確認したところ、やっぱり「一三五でしょ!」と言われていたので、それを頼もうと思っていました。実は、天鳳@六本木も未食で、大森の龍王でのみ食べた事があります(爆)
ちなみに注文すると最初に暖かいおしぼりが出て来ます。

メニューは、下記の通りです。一三五についても下記の写真に書かれていますので、ご参考にしてみて下さい。
20080214_天虎_メニュー









一三五にサービスの半めしを注文しました。一三五とは、麺硬め、油多め、味濃いめのことです。

スープは味が濃く、かなりしょっぱめです。スープのダシがというよりもタレの味がしっかりしていて、タレの味がしっかりと伝わってくるラーメンという印象に残ります。またスープの量はかなり少なめなのも印象に残りました。油多めとの事でしたが、思った程の油の多さは感じませんでした。スープは無料の半めしとの相性はなかなか良く、美味しいです。
麺は固めで頼んだ事もあり、かなり固めの茹で上がりです。普段食べなれている人にはこれが良いのかも知れませんが、正直自分には固すぎたというのが正直な印象です。具はチャーシュー、ほうれんそう、ネギ、メンマが入っています。

以前食べた時は食事の最後に冷たいおしぼりが出て来たと記憶していますが、今回はありませんでした。(もしかしたら僕が食べ終わった直後に会計をしてしまったかもしれません。もしそうでしたら)
またお店の名刺の基本的なデザインや裏側にその月の営業時間が記載されているあたりは、以前と変わっていないのも印象的ですね。

住所   東京都港区芝大門2-9-8
電話番号 03-3432-1057
営業時間 10時30分〜16〜17時頃
定休日  土曜日、日曜日、祝日

take_hilano at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 東京都 

2008年02月19日

中華そば 集来@大門

f4396841.JPG2月13日(水)の夜に大門にある中華そば 集来に行きました。浜松町界隈でお勧めの店を伺った際にここの手打麺は美味しいよと言われていたので行ってみました。自分は全然存在を知らなかったのですが、ネット等で検索してみると数多くの記事が検索でき、なかなか有名店のようです。(自分が無知だったと実感しました。。)

ラーメン、手打ラーメン、ワンタンメンなど様々な麺類があります。ラーメンは540円、手打ラーメン570円とかなりお安い値段となっています。お勧めと言われていた手打ラーメンを注文しました。

麺は手打と思われる不揃いのかなりの極太麺です。極太麺という表現だとありきたりになってしまいますが、この太さの手打麺にはなかなか出会えないような気がします。しっかりと弾力があり、美味しいです。
スープは、表面にはあまり油が浮いていなく、少し生姜の香りがします。どちらかというとダシはかなりあっさり目でやや物足りなくも感じてしまいますが、あくまで主役は麺ですので、このくらいの濃度でも問題ないと思います。
具は、チャーシュー、ナルト、ネギ、海苔が入っています。

自分的には、存在を知らなかった事もあり、美味しく食べる事が出来ました。次行ったら今度はワンタンも乗せてみたいですね!

住所   東京都港区芝大門2-3-6
電話番号 03-5472-0178
営業時間 11時〜15時 17時〜20時
定休日  日曜日、祝日


take_hilano at 00:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2008年02月17日

麺恋処 いそじ@代々木

29e0bdb4.JPG2月9日(土)の昼に代々木の麺恋処 いそじに行きました。2007年7月2日に開店したお店だそうです。開店当初に良い評判を聞いた事もあったのですが、営業時間の短さ等から中々行く機会がなかったお店です。開店直後にすぐに満席になっていました。ネットの情報によるとこちらの店主もイタリアン出身です。都合よく土曜日に時間があったので日曜日休みのお店を続けて回っただけなのですが、結果的には元イタリアンというテーマ性を持った食べ歩きになってしまいました(笑)
店内には厨房の脇に製麺機があり、品川麺機と書かれてあります。

メニューは以下の通りです。中盛までは同一料金になるみたいです。
麺恋処 いそじ_メニュー







中華そばを注文しました。提供される直前になると柚子の有無について聞かれます。

中華そばは、見た目は濃厚そう見えますが、食べてみるとスープはどちらかというとかなりライトな部類に入ると思います。動物系、魚介系ともに濃くなく、そこに魚粉を使用しているためにあまり相性がよくないように感じました。
麺は、少し固めの表面は滑らかなタイプとなっています。麺は香りもよく、なかなか美味しいと思います。ただスープとのバランスはよくなく、麺が勝ちすぎてしまっている印象です。スープがもっと濃厚だとより麺が美味しく感じられそうな感じがしました。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、柚子が入っています。

住所   東京都渋谷区代々木1-14-5
電話番号 03-3378-6555
営業時間 11時30分〜19時
定休日  日曜日、祝日、第2、4月曜日(但し、第4日曜日は営業)


take_hilano at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2008年02月15日

風雲児@新宿

ba9e29dd.JPG2月9日(土)の昼に新宿の風雲児に行きました。こちらのお店は、2007年9月7日に開店したお店です。開店直後から話題になっていましたし、夜限定15食というかまたまーめんも注目されており、よく取り上げられる機会の多いお店だと思います。ようやく行く事が出来ました。店主の方は麺や 七彩の店主とイタリアンのお店で一緒に働いていたそうです。
11時5分過ぎに着きましたが、既に店内は8割くらい埋まっています。

メニューは、らーめん、つけめんの2種類がベースとなっています。それに限定15食のかまたまラーメンが夜は加わるようです。

らーめんを注文しました。注文すると並盛、大盛どちらにするか聞かれますが、並盛で注文しました。麺を茹でているところを見ると、ラーメン屋でよく見かけるタイプのものではなく、イタリアンでパスタを茹でるようなタイプの四角い物を使用しています。

らーめんは、鶏の白濁したスープに魚介をきかせたタイプのものです。動物系、魚介系ともにしっかりと出ていて、かなりはっきりとした分かりやすいタイプに仕上がっていると思います。スープは誰が食べても美味しいと感じれ、幅広く受け入れられそうな感じがしました。
麺はネット等の情報によると大成食品のものを使用しているそうです。(後で聞いて知りました。)言われてみると確かにプリプリとした感じは大成食品っぽいかなと思います。中位の太さの麺ですが、麺がしっかりほぐれていない上にスープとの相性もあまりよくないように感じました。具は、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギが入っています。

スープはなかなか良いだけに麺が変われば、印象が変わりそうな感じがしました。

住所   東京都渋谷区代々木2-14-3 北斗第一ビル
電話番号 03-6413-8480
営業時間 11時〜15時 17時〜21時(材料切れ次第終了)
定休日  日曜日、祝日


take_hilano at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2008年02月13日

ら〜麺 もぐや@亀有

b6d5c402.JPG2月7日(木)の夜に亀有のら〜麺 もぐやに行きました。麺 たいせいの後に既食の東京ラーメンを通過して(この時間はまだやっていませんでした。)、真ごころラーメン竹に行ったのですが、この日は定休日。という事でこちらも未食だったもぐや行きました。





メニューは以下の通りです。「夜もなるべく禁煙」と書かれているのに何となくですが、店主の方の人柄が表れているような感じがして、好感がもてました。また、もぐめんの値段は事前情報と比べると50円下がっているようです。
もぐや_メニュー







メニューの一番右は醤油という事もあり、何を食べようか迷いましたが、屋号を冠しているもぐめんの白を注文しました。
作り方を見ているとスープを中華鍋で熱して作っています。

もぐめんは食べてみるとメニューに書かれている通り、落花生の香りがしっかりとするラーメンで他ではなかなか味わえない味わいです。白は、辛くはないのでとても食べやすいです。最初は少し物足りなさを感じたりもするものの、食べ進めていくうちに物足りなさは感じなくなってきました。ただ全体的には味付けがおとなしいので、辛さなどで味にアクセントが欲しいと感じる時もありました。
麺は中細の縮れた麺でもちっとした感じの麺です。スープとの相性もよく、美味しいです。具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、落花生、水菜が入っています。

お店の雰囲気も良かったですし、次回来た時には醤油やもぐめんの赤も食べてみたいと思います。もぐめんの赤は辛くなるみたいですが、辛くなった中でもどのくらい落花生の味がしっかり出ているかは気になるところです。

真ごころラーメン竹に行くために亀有にまた来たいと思います。それにしても亀有に来た過去をふりかえってみると、昭ちゃん、はし場、東京ラーメンを食べるためにしか来た事がない気がします(笑)

住所   東京都葛飾区亀有5-15-14
電話番号 03-5682-0886
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜23時30分
定休日  月曜日


take_hilano at 23:38|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 東京都 

2008年02月12日

麺 たいせい@亀有

麺たいせい_200802072月7日(木)の夜に亀有の麺 たいせいに行きました。こちらのお店は、2007年11月9日に開店したお店で開店直後から話題になっていたお店です。なかなか行けなかったのですが、今回は近くに寄ったので途中下車して行きました。石神チルドレンの方々には、環七を挟んで昭ちゃんの向かいあたりというと分かりやすいのでは?と思います。18時15分頃に着きましたが、お店にはお客さんはいなく、店主の方が餃子の本を読んでいました。その後、続々とお客さんが来て、すぐにほぼ満席となりました。
また、店主のコックコートや屋号のところに「泰星」という文字が書かれてありましたので、おそらく店主の方のお名前なのかな?と思います。

メニューは醤油らー麺、塩らー麺がありました。限定で味噌もやっていました。写真は、お店がこだわっている水の「シーガルフォー」についての説明としめのご飯についての説明です。
麺たいせい_シーガルフォー麺たいせい_しめのご飯







食券機の一番上にあった醤油らー麺を注文しました。割り箸ではなく、少し形の変わった箸がついてきます。最近では、割り箸ではない箸をおく店も増えたなという感じがします。

醤油らー麺は、醤油の香りの良さが印象に残るすっきりとした味わいで、ダシが物足りないという感じもなく、美味しいと思います。見た目はニューウェーブ系っぽいですが、他のお店ともやや異なる印象で、少し洋風なテイストもあります。
麺は浅草開化楼の麺を使用していますが、食べた感じでは滑らかな食感の細麺です。醤油の香りの良いスープとの相性もよく、美味しい麺でした。食べる前に浅草開化楼特製麺使用と書かれた札を見ていましたが、食べ終り、再度この札を見るまで浅草開化楼の麺を使用していた事を忘れてしまう位、浅草開化楼っぽさを感じない麺でした。具は、チャーシュー、二種類のネギ、メンマ、糸唐辛子、海苔が入っています。

また、食後にルイボスティーが出て来たのが印象的でした。サービスもしっかりしていますし、なかなか美味しいラーメンという印象でした。なかなか亀有に来る機会がないですが、次は塩らー麺も食べてみたいです。

住所   東京都葛飾区亀有5-47-1 スガイビル1F
電話番号 03-5697-7020
営業時間 17時〜23時(スープ切れ次第終了)
定休日  月曜日

take_hilano at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 東京都 

2008年02月10日

麺屋ゆう@荒川沖

877ddd14.JPG麺屋ゆう_あぶりちゃーしゅー丼1月30日(水)の夜に荒川沖の麺屋ゆうに行きました。こちらのお店は茨城大勝軒グループのお店です。いわゆる高橋こうじグループのお店と表現するのが良いのではないでしょうか?今でもかなりの数のグループのお店を持ち、独立したお店も含めるとかなりの数になると思います。
ちなみに22時50分頃お店に着きましたが、お店にはお客さんは多く、その後も続々とお客さんが来ていました。満席とまではいかないものの、常に7割位の席が埋まっていたと思います。

メニューは以下の通りです。
麺屋ゆう_メニュー














もりそば(写真左)とあぶりちゃーしゅー丼(写真右)を注文しました。

作り方を見ているとつけダレは電子レンジで温めていて、熱々のものを出そうとしています。今思い出してみると現麺屋青山の店主が柏の麺屋こうじにいた頃も電子レンジでつけダレを温めていたと思います。もしかしたら高橋こうじグループでは、この作り方が標準なのかもしれません。

もりそばは、魚介の香りがやや強く、油は少し多めです。見た目は大勝軒なものの、味はだいぶ異なるかなというのが正直な感想です。麺は中太くらいの太さでまずまず美味しいです。決して悪くないとは思いますが、特別美味しいかと言われるとそうでもないというのが正直なところです。
改めて考えてみると、最近は都内に麺も美味しくて、高濃度のつけダレで出すお店が増えたなと感じました。逆にそういうタイプのものばかり食べていると少しライトなつけダレが新鮮にも感じました。食べた時間が23時頃と遅かった事もあり、自分の身体的にもこれくらいの濃度がちょうど良かったです(笑)

量のサービスもありますし、お客さんも多く入っていますし、地元で人気のあるお店という印象を凄くもちました。

住所   茨城県土浦市荒川沖189-1
電話番号 029-842-9277
営業時間 11時〜24時
定休日  不定休

茨城大勝軒グループのHPはこちらです。

ちなみにこちらのHPによると2月20日(水)に柏の麺屋こうじにて、とみ田ときら星のコラボをやるそうです。

take_hilano at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 茨城県 

2008年02月09日

ラァメン家 69'N' ROLL ONE@町田

e58b0980.JPG2008127_69 'N' ROLL ONE限定1月27日(日)の昼に相模原市(最寄駅は町田)のラァメン家 69'N' ROLL ONEに行きました。同行者の強い要望により、行きました。自分は二度目です。以前行った時は、まだあまり混む前でしたので、混むようになってからは初めてです。前回のはこちらです。15時頃に着きましたが、お店の外には行列はなく、店内で4人程待っていました。僕らが食べ終わった頃に閉店になっていましたので、15時過ぎが一つの目安になるのではないでしょうか?

2号ラァメン(写真左)とこの日の限定(写真右)を注文しました。

2号ラァメンは、作り方を見ていると鶏油をかなりの量を入れています。正直見ていると食べたくなくなる位入れています(笑)
食べてみると、鶏油のくどさは感じず、あれだけ油を入れていたのかな?と思うくらい普通にラーメンを食べすすめる事が出来ます。ただ食べていると、スープのダシが凄いというような感じはあまりせず、鶏油とスープがうまくマッチしてこのラーメンが構成されているのかなと感じました。
麺はしなやかな細めの麺で喉越しがよく美味しいと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギが入っています。

この日の限定は入店前に神田神保町インスパイアと聞いていました。このように聞いたので二郎??と思ってしまいましたが、まるっきり正反対のラーメンが出てきました(笑)冷静に考えれば、二郎インスパイアなんて出て来るとは思えないのですが。。という事で某店に似ているラーメンが出て来ました。このお店のラーメンを食べたのはもう何年も前の事なので、あまり思い出せないというのが正直なところです。
ラーメンは、生姜のきいたスープです。個人的には生姜のきいたスープはあまり得意ではないので、少し苦手な味でした。どちらが好みかと言われると2号ラァメンの方が好みでした。

ネットなどで賛否両論となっているお店の雰囲気ですが、個人的には苦手でした。これも演出なのかな?と思うけど、食事する時に話す事もしづらいような雰囲気は、個人的にはやっぱり苦手です。

住所   神奈川県相模原市上鶴間本町4-34-7 町田グリーンハイツ102
電話番号 042-715-6969
営業時間 11時〜15時30分頃(?)(100食売り切れ次第終了)
定休日  月曜日、(祝日の場合は、翌日)


take_hilano at 12:00|PermalinkComments(2)TrackBack(3) 神奈川県 

2008年02月08日

町田汁場 進化@町田

4b3f3a43.JPG進化_塩煮干1月27日(日)の昼に町田市の町田汁場 進化に行きました。2007年10月19日に開店したお店でひるがおの新宿御苑店の店長が独立し、開店したお店だそうです。前から良い評判は聞いていましたが、今回が初訪問でした。

しおらーめんに味玉トッピング(写真左)と煮干塩(写真右)を注文しました。ちなみに煮干塩は店主のブログによると「ニボシオ」と読むそうです。

しおらーめんは、鶏の油が多く浮いたスープでスープはあっさりと少しキレがあるタイプだと思います。最初食べると油によるインパクトがあり、美味しいです。後半は食べすすめ、油の量が減ってくるとスープの味がよく分かりますが、こちらもあっさりとしながらもしっかりとダシが出ていて、美味しいです。
麺は、細めのストレートタイプのもので、キレのあるスープにすこし固めの茹で加減で相性は良いと思います。具は、チャーシュー、メンマ、ネギが入っています。また有料トッピングである鶏チャーシューも美味しそうでした。

煮干塩は、しおらーめんに煮干をがっつりきかせたタイプのものとなっています。少し粉による口あたりの悪さもあるものの思った程は気になりませんでした。しおらーめんと食べ比べてしまうと、後半は煮干の味が少し強く感じすぎてしまいました。個人的には、しおらーめんの方がお勧めだと思います。
麺は、しおらーめんとは異なり、北海道産小麦「春よ恋」石臼挽き全粒粉100%
だそうです。(2008年1月頃に変更したそうです。)全粒粉入りの独特の食感の麺で美味しいと思います。ただ個人的な好みだとしおらーめんの麺の方が好みです。同行者によるとひるがお新宿御苑時代にもこのような麺を使った限定を出した事があるそうです。

食べ終わって、駅に戻る際にこの方とお会いしました。これからこちらのお店に行き、その後自分達がその前に行ったお店に行ったみたいです。

住所   東京都町田市森野3-18-17 ウイング森野103
電話番号 042-705-7122
営業時間 11時〜15時 18時〜21時
定休日  不定休

店主のブログは、こちらです。

take_hilano at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 東京都 

2008年02月06日

白河手打中華そば 一番いちばん@町田

fd6252ab.JPG一番いちばん_手打ち焼豚そば1月27日(日)の昼に町田市の一番いちばんに行きました。こちらのお店は元々梅ヶ丘にあったお店が町田に移転してきて、1月25日に開店しました。自分は梅ヶ丘の頃に一度だけ食べていて、今まで食べた事のあるとら食堂系の中でも3番の指に入るくらい美味しかったと記憶しています。(ちなみに後二本がどこかと言われると難しいのですが、一番は間違いなく黒磯にあるとらや分店です。)
ちなみにこの日は、開店20分位前に到着し、先頭をゲットしました。開店時には、15人位は並んでいたと思います。途中には新店ハンターのしらけんさんもいらっしゃいました。

下記の写真は新規開店を告知するポスターです。(写真自体は帰宅してから撮影しています。)この日は、手打ち中華そば、手打ち焼豚そば、手打ちワンタンそばの3種類のメニューで営業していました。
一番いちばん_開店ポスター














手打ち中華そば(写真左)と手打ち焼豚そば(写真右)を注文しました。

手打ち中華そばは、あっさりとした鶏のダシのスープが印象に残ります。移転前の店舗で食べた時は、魚介ダシの入った新味を食べましたが、魚介も入っているために鶏と魚介であっさりした中にもスープのボディがしっかりした印象がありましたが、どうしてもそれと比べるとややあっさりしているかなという印象です。また移転してからだと思うのですが、白河中華そばの中にも少しニューウェーブ系の要素(丼以外でもです)が入ってきていて、個人的には王道の白河の中華そばを食べたかったなというのが本音です。
麺は、縮れのある平べったい麺で、しっかりとした食感が良く、スープともよく絡みます。具は、しっかりとしたチャーシュー、なると、ほうれんそう、海苔、ネギが入っています。

住所   東京都町田市中町1-28-24 大成ビル1階
電話番号 042-724-5506
営業時間 11時30分〜14時30分 17時〜麺がなくなるまで
定休日  水曜日

take_hilano at 11:33|PermalinkComments(2)TrackBack(5) 東京都 

2008年02月05日

初代けいすけ 品川店@品川

1月25日(金)の夜に品達の初代けいすけに行きました。こちらのお店は2007年12月1日に開店したお店です。初代けいすけとしては、本郷三丁目お台場に続いて3店舗目になると思います。
22時15分頃に着きましたが、5人位の行列が出来ていました。この時間にはなんつッ亭は終了していましたし、その他の店も行列があるところが多かったです。初代けいすけ隣のTETSUもその後すぐスープ切れで終了していました。

メニューとお店の紹介などは以下の通りです。イラストレーターの青木健さんが書かれたお店の案内もあります。
初代けいすけ_品川_メニュー1初代けいすけ_品川_店頭














初代けいすけ_品川_メニュー2初代けいすけ_品川_メニュー3








ブラックカリーめんを注文しました。前から食べてみたかったのですが、なかなか食べる事が出来なかったメニューです。今回ようやく注文出来ました。

出て来たスープを飲んでみるとかなりあっさりしているというのが正直な感想でした。ラーメン集合施設という事もあり、いろいろ大変部分が多いのも分かっているtもりですが、それを差し引いて考えても以前食べたラーメンと比べるとだいぶ変わってしまったというのが正直な感想でした。もしかしたらたまたまこの日の出来がよくなかったのかもしれませんが、以前食べたものや他ブランドのけいすけで食べたものの印象が良かっただけにあれ?という感じだったのが正直なところです。カレー、味噌、スープの味ともにぼやけている感じというのが正直なところです。チーズが入っていてこれが意外とスープと相性が良かったのは面白かったです。

個人的には初代けいすけの黒味噌や限定の汁なし、三代目けいすけで食べた紅香油らーめん等斬新なメニューが強く印象に残っているだけに、期待してまた食べに行きたいと思います。
特に三代目けいすけ(もうお店はないですが)の味はかなり強烈なインパクトがあり、しかも美味しく好きなメニューだったので。。

住所   東京都港区高輪3-26-20
電話番号 03-3444-2316
営業時間 11時〜23時
定休日  元日

take_hilano at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年02月03日

既食店一覧作成しました

本ブログを始める前に食べた事のあるお店の一覧を作成しました。(但し東京都、神奈川県は軒数が多いために断念しました)

本当に店名だけを並べた簡易なものですが、各都道府県の一番最後に店名を記した一覧がありますので、もし良かったら見てみて下さい。

実際には本日の雪で一日中家にいた時間を利用しただけです(笑)

take_hilano at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2008年02月02日

らーめん万代@浜松町

0e313d40.jpg1月24日(木)の夜に浜松町のらーめん万代に行きました。こちらのお店は毎日の様に目の前を通過していて存在は知っていたのですが、偶然にも前日に僕が尊敬するフリークの人が食べていたので、自分も行ってみました。ネット上などでは、あまり話題にならない店だっただけにびっくりしました。この日は23時頃に行きましたが、店内はほぼ満席でした。いつ見てもお客さんが多く入っているお店という印象があります。ちなみに屋号は「よろずよ」と読みます。

冬季限定のドラゴン味噌ラーメンを注文しました。注文したものも尊敬する方と同じメニューです。
さらっとした味噌のスープは味噌ダレの味が強いと思います。上に乗っている辛味噌はストレートに辛さが来るタイプのものでかなり辛いです。夜でも無料でご飯を注文する事が出来るのでこの辛さはご飯を欲しくなります。
麺は、中位の太さの麺で普通という印象。具は、ネギ、もやし、辛味噌が入っています。

尊敬している方は「ドラゴン」という名前と上に乗っている辛味噌からあるラーメン屋さんのメニューをインスパイアしたものを想像したそうです。自分としては毎日目の前を通過してこのメニューの張り紙を見ていたにも関わらず、全くそのような事を思いもしませんでした。と同時にやっぱり彼は凄いなと感じました。

ちなみに帰宅してから調べてみたところGMフーズという会社が経営していて(お店のビルの2、3階がこの会社のものとなっていました)、こちらの会社はゼンショーグループの会社だそうです。

住所   東京都港区海岸1-4-10
電話番号 03-3459-1175
営業時間 11時〜24時
定休日  なし


take_hilano at 00:17|PermalinkComments(6)TrackBack(1) 東京都