2008年04月

2008年04月29日

ぐうらーめん@東金

20080419_ぐう_ぐうらーめん4月19日(土)の東金市のぐうらーめんに行きました。こちらは東金の有名店で、昔からラーメン本などに載っていたお店ですが、不思議と自分も同行者も全員が未食ということで行きました。個人的には近くの帯広ロッキーも希望したのですが、営業時間があわず、行けませんでした。(個人的には、かにみそラーメンというメニューが昔から気になっています。。某氏と話をしていて、お互いが共感出来たのですが、がんこの西早稲田店時代が好きだった人ならば、蟹と味噌と言われるとどうしても食べたくなってしまうのです。。)
15時過ぎにお店に着きましたが、店内はほぼ満席でした。その後も続々とお客さんが来ていて、地元の人気店というのが分かりました。

メニューは以下の通りです。店内にはお土産ラーメンの紹介も貼られています。
20080419_ぐう_メニュー20080419_ぐう_お土産







ぐうらーめんを注文しました。

スープは、醤油ダレの味が強く出たスープとなっています。あまりダシがどうとかは正直分からなかったです。お店のHPには、お店のこだわりに麺、チャーシューについてはいろいろ書かれていますが、スープについては何も書かれていませんでした(爆)また同行者が頼んだ味濃い目は、かなりしょっぱくタレの味をストレートに味わうことが出来ます。ただ濃い目の方が美味しいかな。また卓上の胡椒との相性も良かったです。
麺は細めのストレート麺でかなり柔らかい茹で加減です。スープも吸いやすい麺で麺は普通という印象です。濃い目を頼んだ同行者の麺は、かなりスープを吸い込み、黒い麺となっていました。具は、チャーシュー、メンマ、タマネギが入っています。チャーシューは大きく、柔らかいです。このチャーシューだったら人気が出るのも納得という感じがしました。

住所   千葉県東金市田間554-3
電話番号 0475-52-3380
営業時間 11時〜22時
定休日  水曜日、第4木曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 千葉県 

2008年04月28日

麺カフェ みたけ@大網

20080419_麺カフェみたけ20080419_麺カフェみたけ_黒胡麻プリン20080419_麺カフェみたけ_杏仁







4月19日(土)の昼に大網の麺カフェ みたけに行きました。こちらのお店はラーメンみたけのカフェ(?)です。昼の時間はラーメンも出しています。ラーメンみたけと同じ大網駅近くのジャスコにお店があります。こちらでスープをとっているのか、みたけからスープを運んでいるのかは不明です。

メニューは以下の通りです。家族連れのお客さんをターゲットにしていることもあっってか、醤油から豚骨まで一通りのメニューを揃えてあります。また写真右下は、お店のこだわりとなっています。
20080419_麺カフェみたけ_メニュー120080419_麺カフェみたけ_メニュー220080419_麺カフェみたけ_こだわり







みたけらー麺(写真左上)、黒ゴマプリン(写真中央上)、杏仁豆腐(詳細メニュー名失念)(写真右上)を注文しました。

みたけらー麺は動物系はかなりあっさりしている印象ですが、煮干のダシをしっかり感じることが出来ます。お店に貼られているこだわりには、節系も使用しているようですが、煮干を強く感じます。表面の油の量も多くないですし、味もしっかりしていて、ジャスコに来ると思われる家族連れのお客さんにも喜ばれる味に仕上がっていると感じました。
麺は、細めのストレートタイプも麺で滑らかな食感の麺です。少し固めの茹で加減で普通の麺だと感じました。具はチャーシュー、メンマ、かいわれ、海苔、ネギが入っています。

住所   千葉県山武郡大網白里町みやこ野1-1-1 ジャスコ大網白里店アミリィ3F
電話番号 0475-73-2950
営業時間 10時〜20時(L.O.19時30分)
     11時〜15時30分 17時30分〜20時(L.O.19時30分)(麺類販売時間)
定休日  水曜日不定休

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 千葉県 

2008年04月27日

横浜家系ラーメン 心家@大倉山

81c318d7.JPG4月13日(日)の昼に大倉山の横浜家系ラーメン 心家に行きました。こちらのお店は青物横丁のまこと家で修行していた店主が独立したお店だそうです。前から行きたかったのですが、なかなか行く機会がなく、今回ようやく行くことが出来ました。

ラーメンと小ライスを注文しました。一緒に行った方も同様のメニューを注文していました。個人的にはライスと家系は、相性抜群だと思っています。同行者は、スープと鶏油を吸い込んだ海苔でご飯を巻いて食べていました。こういう食べ方を見ていて、テレビチャンピオンのラーメン王選手権で以前放送された面館巻きを思い出してしまいました(爆)

さてラーメンですが、家系のスープとしてはややスープの濃度が軽めという印象を感じました。もう少し動物系のスープが濃い方が好みではありますが、これはこれで美味しいですし、このような濃度が低めのスープでもご飯との相性も抜群だと思いました。
麺は家系の王道である酒井製麺の麺を使用しているそうです。もちもちとした中太の麺で茹で加減も良かったです。具はチャーシュー、ほうれんそう、海苔3枚入っています。

かなり久しぶりの家系でしたが、美味しく頂けました。家系は最近ご無沙汰していますが、同行者お勧めの川崎の近藤家には是非とも行ってみたいと思います。

住所   神奈川県横浜市港北区師岡町912-2
電話番号 045-544-1977
営業時間 11時〜21時
定休日  月曜日

take_hilano at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年04月26日

仁鍛@白楽

bb5a91d7.JPG4月13日(日)の昼に仁鍛に行きました。こちらは六厘舎グループのお店で、六厘舎、次年序に続いて3店舗目のお店となります。東京、埼玉、神奈川と1店舗ずつ出しているのは面白く、まだ気が早いですが、次にお店を出すとしたらどこに出すのだろうと気になってしまいます。ちなみに開店は2008年4月11日です。
お店に着くと前に5人待っていました。こちらのお店も総入れ替え制を導入しているため、自分達は並んでいた時にメニューを聞かれたためすぐに入店することが出来ましたが、その後のお客さんは席が空いているにも関わらず、入れませんでした。個人的にはまだそれ程の行列がある訳でもないし、この日はかなり寒かったので、無理に総入れ替え制をしなくてもいいのでは?と感じました。

メニューは以下の通りです。
20080413_仁鍛_メニュー







つけめんを注文しました。この日は中華そばはメニューとして販売されていませんでした。

極太の自家製の縮れ麺は茹で加減も抜群で、しっかりとした歯ごたえがあり、美味しいと思います。つけダレは六厘舎と比べるとかなり動物系は軽く感じます。魚介系はあっさりきいていて、またつけダレは少し甘みもあります。正直なところ、六厘舎のようなつけ麺をイメージして、食べに行ったこともあり、やや肩透かしをくらったような感じがしました。
また、最後にスープ割をすると魚介系のあっさりとしたスープで割ってくれ、全体的にはかなりあっさりしたつけ麺という感じがします。麺の主張が強いだけに、濃厚なスープで食べてみたかったというのが本音です。

今の味というよりも、今後行列の長さとともに、どのような方向性に味が変化なるのかが、少し気になります。

住所   神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29
電話番号 045-421-0537
営業時間 11時30分〜20時
定休   火曜日


take_hilano at 01:00|PermalinkComments(6)TrackBack(3) 神奈川県 

2008年04月24日

九段 斑鳩@九段下

7bd6ffb9.JPG4月12日(土)の夜に九段 斑鳩に行きました。普段めったにリピートしないと言われる僕ですが、九段 斑鳩には、それなりの回数食べに行っています。たぶん今まで食べた回数は10回弱はあるんじゃないかな?と思います。しかし今回は約2年半ぶりに行きました。気づいたらだいぶご無沙汰してしまいました。。前回のブログはこちら

今回は、大好きなチーズガーリック油そばを注文しました。いろいろな人から味をリニューアルしたと聞いていましたが、リニューアルしてから食べるのは今回が初めてです。

作り方を見ていると最後に、胡椒を自動で挽く機械が導入されていました。以前はなかったような気がするけど。。

見た目は油そば?と思ってしまうくらいスープが入っています。食べてみるといろいろなものが以前と変わっていました。以前麺は練り込み麺になっていましたが、現在のものは、少し平たいタイプの麺でスープ(油やタレ?)と絡みやすく、また誰にでも受け入れやすい麺になって、食べやすくなったような感じがしました。また機械で挽いた胡椒は香りと味がともにしっかりしていて、インパクトもあります。最初に食べた時は、斑鳩もついにブラックペッパーを使用したのかと思いましたが、ニンニクチップやスープとの相性がよく、納得という感じです。
以前のものと比べるとどちらが好みかと言われると難しいですが、今のものも美味しかったです。

帰宅してからはニンニク臭いと言われてしまいましたが、また食べに行きたい一杯ですね。

住所   東京都千代田区九段北1-9-12
電話番号 03-3239-2622
営業時間 11時〜15時 17時〜23時(夜の部スープ売り切れの場合、早仕舞あり)(平日)
     11時〜16時30分 18時〜22時(夜の部スープ売り切れの場合、早仕舞あり)(土曜日、祝日)
定休日   日曜


take_hilano at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 東京都 

2008年04月23日

麺や 双六@戸田公園

20080412_麺や双六_汁なし坦坦麺20080412_麺や双六_坦坦麺20080412_麺や双六_鶏塩らー麺







4月12日(土)の昼に戸田公園の麺や 双六に行きました。このお店の近くには、あの有名な戸田橋があるようです(爆)元々は志木でお店をやっていて、2007年にこちらに移転してきたそうです。

写真左下はメニューです。写真右下は、卓上調味料についての説明です。
20080412_麺や双六_メニュー20080412_麺や双六_卓上調味料







坦坦麺(写真左上)、汁なし坦坦麺(写真中央上)、鶏塩らー麺(写真右上)を注文しました。

汁なし坦坦麺は、見た目はかなり辛そうに見えますが、辛さは控えめだと思います。辛さの中に独特のまろやかさがあり、これが独特の美味しさを演出していると思います。ご飯に絶対にあうだろうと思い、昼は一杯無料のライスと一緒に食べてみましたが、相性抜群でした。辛すぎる坦々麺は苦手ですが、双六さんの坦々麺はあまり辛くなく、誰にでも受け入れやすい味だと思います。麺はもちもちとした太麺で、汁なし坦坦麺のタレとの相性も良いと思います。3種類のメニューを味見しましたが、これが一番良かったです。

坦坦麺は、醤油ベースのスープに坦々麺の要素となる辛さや胡麻の味が加わっています。こちらも汁なし同様辛さは控え目です。ただ正直なところ、醤油ベースのスープと辛みや胡麻の相性があまり良いように思えませんでした。麺は細めの縮れたを使用しています。

鶏塩らー麺は、あっさりしたスープの中にも鶏のダシを感じる事が出来ます。坦坦麺を食べた後に鶏塩らー麺を食べたたため、舌に辛さが残っていたためにかなり味覚は怪しいですが、こちらも良かったです。

あまり調べていなかったのですが、帰宅後いろいろな方のブログを見るとチーズ餃子も旨いみたい。。次回行く時には、チーズ餃子を食べてみたいです。

住所   埼玉県戸田市下前2-1-19
電話番号 048-445-7318
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜21時30分(水〜土曜日)
     11時30分〜16時30分(日曜日)
     17時30分〜21時30分(火曜日)
定休日  月曜日

2008年4月20日より営業時間が上記の通り変わったそうです。
20080412_麺や双六_営業時間変更

take_hilano at 17:29|PermalinkComments(6)TrackBack(1) 埼玉県 

2008年04月22日

麺屋零式本店@板橋区役所前

20080412_零式本店_伝家零式つけそば20080412_零式本店_海老味噌つけ麺20080412_零式本店_特製中華そば







4月12日(土)の昼に麺屋零式本店に行きました。場所は、ラーメン吉太郎の跡地です。こちらのお店はガガガ職堂 a short chain@上板橋の1号店です。ガガガ職堂が夜のみの営業なのに対して、麺屋零式本店は昼のみの営業となっています。
あまりお店の回転が良くないと聞いていたので、11時10分位にお店に着きましたが、前に一人いらっしゃしました。開店時には、10人位が並んでいました。また、食後も5人位が待っていました。
こちらのお店もガガガ職堂同様、メニューが多い事もあり、オゴポコさんじーのさんと一緒に食べ歩きをしました。

写真左下、中央下は、メニューです。写真右下は店内に貼ってあった喫煙についてのものです。20080412_零式本店_メニュー120080412_零式本店_メニュー220080412_零式本店_禁煙















伝家零式つけそば(写真左上)、海老味噌つけ麺(写真中央上)、特製中華そば(写真右上)を注文しました。この後、何軒か行く予定だったこともあり、つけ麺は、麺を300gにしてもらって注文しました。(通常は400gだそうです)

伝家零式つけそばは、白濁した動物系のスープに甘みと酸味が強くきいた、つけダレとなっています。スープは粘度もあり、しっかりとダシも出ていると思います。いろいろな骨を使っているようですが、思ったより普通というのが正直な感想でした。事前情報で個性があると聞いていたため、自分のイメージしていたものと出て来たものが異なっていた感は否めません。やっぱり食べ歩きの際は、事前イメージは抱いてはいけないと改めて感じ、そして反省しました。
麺を300gにして野菜は400gの時と同じ量にしてしまったこともあり、野菜と麺のバランスがあまりにも悪いと感じました。もし麺を少なくして食べるのでしたら、野菜の量も減らした方がいいと思います。(でもラーメンフリークはこの高くそびえ立つ野菜を写真に撮りたいでしょうから、400gで食べるしかないと思います(笑))

海老味噌つけ麺は味噌ダレの味が強いつけ麺で思った程の海老の効果はないかなというのが正直な感想です。麺はしっかりとした歯ごたえが印象に残る力強いタイプの極太麺となっています。つけダレとの相性も悪くないと思います。ガガガ職堂で食べた海老塩つけ麺の細い滑らかな麺とは太さタイプともに正反対で面白いと感じました。

個人的にはガガガ職堂で食べたメニューの方が自分の好みでした。ただ似ているようで異なるメニューを両店で出しているのは面白いと思いました。

ちなみに麺屋零式本店の後は以前からいろいろな人に煽られていたあぺたいと@新高島平に行きました。写真は下記の通りです。両面焼きそばはもちろん美味しかったですが、ラーメンフリークの方々には、カウンターに書かれている2枚のサインも必見と言えるでしょう。是非行って、自分の目で確認してみて下さい。20080412_あぺたいと









住所   東京都板橋区板橋3-44-6
電話番号 03-6423-8760
営業時間 11時30分〜15時
定休日  不定休


take_hilano at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年04月21日

大東そば パラダイス通り店@美栄橋

20080407_大東そば4月7日(月)の昼に大東そば パラダイス通り店に行きました。お店の屋号は、「だいとうそば」と読みます。南大東島に本店があり、こちらのお店はその支店となります。南大東島にある本店では、店主が亜熱帯植物の灰汁(の上澄み)と南大東島の海洋深層水を使用して、麺を作っているそうです。こちらのお店は本店から麺を空輸しているそうです。
こちらのお店を夕食までの空き時間を利用して食べたというおださんのブログで満足度が高いと書かれていて、かなり良さそうだと感じたので行ってみました。

メニューは以下の通りです。大東すしというメニューも少し気になりました。こちらのお店の箸は、割り箸でした。20080407_大東そば_メニュー20080407_大東そば_メニュー2








大東そば 中を注文しました。

スープはあっさりとした塩味ベースのスープです。あまりカツオの味は感じず、動物系もかなり控えめな感じです。何かよくわからなかったのですが、微妙な酸味みたいなものを感じました。おださんのブログによるとカツオのダシをしっかりと感じたそうなので、あまり出来がよくなかったのかもしれないです。
麺はごわごわとした食感の極太麺です。沖縄そばを食べているとうどんのようなと感じることが多かったですが、こちらのお店の麺は特にうどんのように感じました。具は、三枚肉、かまぼこ、葱が入っています。三枚肉はまずまず柔らかかったです。

スープはあまり好みではなかったですが、麺は美味しかったですし、もし万が一機会があれば、南大東島の本店にも行ってみたいですね。

住所   沖縄県那覇市牧市1-4-59
電話番号 098-867-3889
営業時間 11時〜21時
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 沖縄県 

2008年04月20日

琉球麺屋シーサー@県庁前

20080407_シーサー4月7日(月)の昼に那覇市の琉球麺屋シーサーに行きました。こちらのお店はネットで検索していて気になったお店です。いろいろなサイトを見ていましたが、なかなか実食情報は見つかりませんでした。しかしお店のHPを見ていたところ、無化調、他店と比べメニューが豊富で面白そうなメニューもあったために面白く感じたので、こちらのお店に行きました。



写真左下、中央下は、メニューです。メニューには、タコスば、カレーそば等もあります。また写真右下の通り割り箸か普通の箸のどちらでも使用出来るようになっています。20080407_シーサー_メニュー120080407_シーサー_メニュー220080407_シーサー_箸















軟骨ソーキそばを注文しました。

軟骨ソーキそばは、動物系のスープにカツオのスープを使用したタイプだと思います。あっさりした中にもカツオのダシをしっかり感じることが出来、深みのあるダシのスープは好みでした。お店のHPに記述されている通りのこだわりをスープから感じられることが出来ました。後半は卓上にある島とうがらしを入れてみても、スープに深みが出ます。こちらのお店でも沖縄そばには島とうがらしがあう事が確認出来ました。
麺は、ごわごわとした太い縮れ麺で弾力もあり、美味しいです。少しうどんっぽくも感じる麺でした。具は、ソーキ、細切の生姜、葱、シーサーの顔をしたナルト(?)が入っています。ソーキは口の中でとろけるような柔らかさで、ようやく自分の食べたかったソーキが食べられたという感じです。

話題になっていないのかな?と勝手に思っていましたが、予想以上の美味しさでした。アクセスしやすい店ですし、行ってみても満足出来るお店だと思います。

住所   沖縄県那覇市辻2-23-10
電話番号 098-800-7660
営業時間 11時〜17時
定休日  火曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 沖縄県 

2008年04月18日

首里そば@首里

2240da31.JPG4月7日(月)の昼に那覇市の首里そばに行きました。こちらのお店は那覇市の中でもかなり有名なお店で、おださんからも事前に絶対に行くべきと言われていたお店です。
12時20分に着きましたが、お店には10人の方が並んでいました。思ったより回転が良く、15分程待って、座席に座る事が出来ました。その後も続々とお客さんが来ていて、かなりの人気店ということが分かりました。事前情報では、限定70食との事でしたが、この混雑具合を見ると、あっという間に売り切れてしまうのでは?と思います。

メニューは以下の通りです。こちらのお店もメニューにじゅうしいがあります。また割り箸ではなく、普通の箸がおかれてました。20080407_首里そば_メニュー








首里そば 中を注文しました。

首里そば 中は、あっさりしたスープであまりダシを感じませんでした。塩味のスープは今までイメージしていた沖縄そばとは異なり面白く感じもしましたが、やや物足りないというのが正直な印象です。
麺はぼそぼそとした平打の麺で今まで食べて来たお店のものと異なります。言葉にはしづらいですが、個人的にはもう少し沖縄そばっぽさがあると好みかなというのが正直な印象です。具は三枚肉、かまぼこ、生姜、ネギが入っています。

住所   沖縄県那覇市首里赤田町1-7
電話番号 098-884-0556
営業時間 11時30分〜14時(売り切れ次第終了)
定休日  日曜日、祝日



take_hilano at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 沖縄県 

2008年04月17日

琉球新麺 通堂号@中頭郡北谷町

5a7a860f.JPG20080406_通堂号_あぐー20080406_通堂号_デザート







4月6日(日)の夜に北谷町の琉球新麺 通堂号に行きました。こちらのお店は、りょう次ファミリーの居酒屋きんぱぎんぱの敷地内にあります。きんぱぎんぱで食事をしていても、琉球新麺 通堂号のラーメンを食べることが出来ます。今回はきんぱぎんぱ内で食事をし、その最後にラーメンを食べました。通堂号という名前ですが、いわゆる通堂のラーメンが食べられるようになっています。
またこちらのお店にも店内には一風堂の手ぬぐいをした店員さんがいらっしゃいました。

メニューは以下の通りです。こちらのお店が北谷町のアメリカンビレッジのすぐそばにあることもあり、メニューが日本語と英語で書かれていました。またこちらのお店は箸が竹箸となっています。20080406_通堂号_メニュー20080406_通堂号_メニュー2








今回はきんぱぎんぱ内で食べていたのでいろいろ食べたのですが、今回は、おとこ味らぁめん ミニ(写真左上)、アグーのさっぱり塩焼(写真中央上)、マスカルポーネチーズ黒みつ(写真右上)です。

おとこ味らぁめんはあっさりとした豚骨ラーメンで、豚頭を使用していると思われるようなクリーミーな感じのスープです。自分が以前ラ博で通堂を食べた時は、まだおとこ味、おんな味はなかったと記憶しているので、実はこの味は初めてだったりします(笑)
麺は細めのストレート麺で、茹で加減は普通です。自分が想像していた通りの豚骨ラーメンの麺という印象をもちました。具はチャーシュー、もやし、ネギ、キクラゲです。キクラゲには辛みがついており、次第にスープが辛くなっていくようになっています。

アグーのさっぱり塩焼は、沖縄の豚である、あぐーの塩焼きです。あまり脂身は多くなく、しっかりとした肉の旨味があり、美味しかったです。

マスカルポーネチーズ黒みつは、JAL機内で配られた沖縄のガイドであるちゅらナビを見せたら無料で食べられたものです。マスカルポーネチーズというとティラミスのイメージがありましたが、黒みつとあわせて食べてもなかなか相性が良く、美味しかったです。

お腹に余裕があれば、自家製イカ黒麺焼きそば、イカ墨麺ペペロンチーノも食べたかったです。この他に頼んだ料理も美味しかったです。是非沖縄行った際はりょう次ファミリーのお店で食べてみては如何でしょうか?

住所   沖縄県中頭郡北谷町美浜2-4-7
電話番号 098-926-0076
営業時間 17時30分〜翌2時
定休日  不定休(元旦とウークイは休み)

名刺にウークイと書かれていたので、何のことだったのか分かりませんでした。調べてみたところ、旧盆の最終日のことを指しているそうです。

りょう次ファミリーのHPはこちらです。

take_hilano at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 沖縄県 

2008年04月15日

山原そば@国頭郡本部町

f13670fd.JPG20080406_山原そば_三枚肉そば4月6日(日)の昼に本部町の山原そばに行きました。お店の屋号は「やんばるそば」と読みます。かみ〜さんのブログでよく書かれていたこともあり、行ってみました。
凄い混雑と聞いていましたが、実際には12時15分頃着で、前に20人並んでいました。お店に座るまでに25分しかかからなかったので、割と回転が良いと言えると思います。駐車場が15台分のスペースがありますが、既に埋まっていて、駐車場待ちも発生していました。車で行く時は複数人で行くか、一人の時は早い時間を狙っていた方が良いかもしれません。また後ろに並んでいた地元の方の話では、14時前に売り切れてしまうこともあるそうですので、早めに行くのが良いと思います。

メニューは以下の通りです。こちらのお店にはじゅーしーはありませんでした。
20080416_山原そば_メニュー







ソーキそば(写真左)と三枚肉そば 小(写真右)を注文しました。

ソーキそば、三枚肉そばともに具が異なるだけでその他は一緒だと思います。スープは鰹ダシに加え、動物系のスープもしっかりときいていて、物足りなさもなく、あっさりとした中にしっかりとしたダシを感じることが出来て、美味しいです。ソーキそばの方が若干味が濃く感じましたが、これはおそらく具のソーキの味がスープに混ざったためじゃないかなと思います。後半は卓上の島とうがらしを入れてみると辛みとコクが増して、美味しくてかつ相性が良いです。沖縄そばの食べている途中で初めて島とうがらしを入れましたが、相性が良くて驚きました。今度東京で沖縄そばを食べる際にも是非試してみたいと思います。
麺は、あまり固すぎずもちもちとした麺です。うどんっぽさもないですし、スープとの相性も抜群でした。しっかりとしたソーキそばの具は、ソーキ、ネギが入っています。三枚肉そばの具は、三枚肉、ネギ、かまぼこが入っています。

かみ〜さんのブログにあった通り、今回の沖縄で食べた中でも一番好みでした。もし沖縄に行かれる際は是非とも食べるべき一杯だと思います。

住所   沖縄県国頭郡本部町伊豆味70-1
電話番号 0980-47-4552
営業時間 11時〜16時(売切れ次第終了)
定休日 月曜日 火曜日


take_hilano at 22:00|PermalinkComments(5)TrackBack(2) 沖縄県 

2008年04月14日

きしもと食堂 本店@国頭郡本部町

20080406_きしもと食堂4月6日(日)の昼に本部町のきしもと食堂 本店に行きました。前から名前を聞いたことがあり、行ってみたかったお店です。ネット等の情報によると明治38年の創業だそうです。
大通りから一本入った細い道沿いにありますが、たくさんのお客さんが来るお店のようです。近くのコンビニには、そばを食べるための駐車禁止という旨の内容が書かれていました。本店から車で数分のところに八重岳支店があります。八重岳店は自分が通過した時には、店外に並んでいる人がいましたが、11時40分頃でしたが、本店は、5割位のお客さんの入りでした。

メニューは、そば 大、そば 小、じゅーしーの3種類があります。じゅーしーは頼んでいる人も多く、気になりましたが、そば 小を注文しました。

そば 小は、少し醤油色の強いスープで自分が想像していたものとは異なる印象をうけました。表面にはあまり油は浮いていなく、あっさりとしたスープで鰹のダシを感じます。
麺は縮れた平たいタイプのもので、ぼそぼそとした食感が印象に残ります。うどんっぽい感じる麺で、なかなか面白いと思います。具は、三枚肉、かまぼこ、ネギが入っています。

雰囲気がよく、本店で食べて良かったなと感じました。もう少しお腹に余裕があれば、多くの人が頼んでいたじゅーしーも食べてみたいですね。

住所   沖縄県国頭郡本部町字渡久地5
電話番号 0980-47-2887
営業時間 11時30分〜17時頃(売切次第終了 )
定休日  水曜日


take_hilano at 09:00|PermalinkComments(5)TrackBack(4) 沖縄県 

2008年04月13日

とんこつ じゃん@中頭郡西原町

e9ef2d89.JPG4月5日(土)の夜に西原町のとんこつ じゃんに行きました。こちらのお店は見た目は事前の調査で発見したお店で、見た目は美味しそうでしたし、幾つかのサイトでは「山口県のあるラーメン屋の味を目指して独学で始めたお店」とあり、気になっていました。旨そうなうえに、他県のお店のインスパイアということで、すぐに今回の最優先店となりました(爆)正直なところ、あまり山口県のラーメンの知識が少なかった事もあり、事前に有識者に相談し、知識を蓄えてから、お店に行きました(笑)


写真左下はメニューです。原油の値上がりに伴う値上げがまもなく行われるようです。写真右下は暖簾です。見た目がかわいかったので思わず写真を撮ってしまいました。
20080405_じゃん_メニュー20080405_じゃん_暖簾







らーめんを注文しました。

卓上には、胡麻、紅生姜、高菜、胡椒がおいてあります。また割り箸ではなく、普通の箸がおかれています。今回沖縄で食べていて、気づいたのですが、割り箸ではなく、普通の箸をおいてある店が多かったです。(自分はMy箸を使用しているので、今回は使わないことが多かったです(笑))

スープは少し甘ったるい豚骨スープです。髄や粘度がそれ程ないですが、豚骨の臭み、ダシはしっかりとでていて美味しいと思います。良い意味で自分の期待を裏切ってくれるしっかりとしたスープで好印象です。
麺は店内にカタのみと書かれています。麺は細めのストレート麺です。店内に書かれている通り、固めの茹で加減で、なかなかしっかりした麺という印象です。具は、チャーシュー、海苔、キクラゲ、ネギ、味玉が入っています。

食後にお話を伺ってみたところ、山口県の一久を目指したそうです。自分が食べた一久とは異なるし、あまり似ている部分もなかったように思いました。(個人的にはじゃんの方がはるかに好みでした。)
沖縄県でもしっかりとした豚骨ラーメンを出しているお店だと思いましたし、行ってみて損のないお店だと思います。

またお店のレジの横には、たつぞう、和楽など県内のラーメン屋の名刺が貼られていました。

住所   沖縄県中頭郡西原町字内間1391
電話番号 098-894-7786
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜23時
定休日  火曜日

お店のブログはこちらです。

take_hilano at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 沖縄県 

2008年04月12日

47都道府県全てでラーメンを食べました

2378軒目に食べたラーメン屋であるらーめん たつぞうで、一応目標としていた47都道府県全てでラーメンを食べることが出来ました。

一応何とか20代のうちに達成することが出来ました。

今後も何とか食べ歩きを続けて、今年こそは年初に計画した宿題店を全てクリアしたいと思います。

take_hilano at 00:10|PermalinkComments(11)TrackBack(1) その他 

2008年04月11日

らーめん たつぞう@島尻郡与那原町

dd862e9f.JPG2008年4月5日(土)の夕方に島尻郡与那原町のらーめん たつぞうに行きました。こちらのお店は琉球新麺 通堂から独立第2号店です。(独立第1号店は、元気道@美栄橋という店なのですが、最終日に行ったものの臨時休業で食べられませんでした。)今回は旅行の途中に通し営業だったこともあり、こちらのお店によりました。
17時過ぎに行ったこともあり、店内には誰もお客さんはいませんでした。店員さんは博多 一風堂の手ぬぐいを頭にしています。


メニューは以下の通りです。
20080405_たつぞう_メニュー120080405_たつぞう_メニュー2







浜だし とんこつ らーめんを注文しました。麺は、ちぢれ麺、ストレート麺、極太麺の3種類から選ぶ事が出来ます。(極太麺は50円増)店員さんのお勧めに従い、縮れ麺を選択しました。

卓上には、辛い味付けされたもやし、タレ、胡麻、唐辛子、胡椒がおいてあります。

らーめんは、豚骨スープに魚介系スープをあわせたものです。豚骨スープは粘度もなく、かなりライトです。沖縄そばのあっさりとしたイメージがあるために、しっかりとした豚骨ダシのラーメンは出て来ないだろうという予想がありましたが、まさに予想通りの濃度というのが正直な感想です。また丼の底には、削りの粗い節もありました。
麺は細めの少し縮れた麺です。スープとの絡みはあまりよくなく、ややアンマッチな印象をもちました。具は柔らかいチャーシュー、ネギ、キャベツが入っています。

食後にお店のショップカードを貰おうと思い、話をした中で東京から来たという旨を伝えたところ、女性の店員さんから「OOSAKIさんはご存知ですか?」と聞かれ、レジの横に貼られてあるOOSAKIさんの名刺が貼られてあるのを教えてくれました。まさか沖縄に来て最初の一軒目でOOSAKIさんのお名前を伺うとは思いませんでした(笑)

住所   沖縄県島尻郡与那原町東浜2-4 1F
電話番号 098-944-3670
営業時間 11時30分〜15時 18時〜24時(平日)
     11時30分〜24時(土曜日、日曜日)

take_hilano at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 沖縄県 

2008年04月09日

池田屋ごんちゃん@敦賀

a979f1b7.JPG20080327_池田屋ごんちゃん_チャーシュー3月27日(木)の夜に敦賀市の池田屋ごんちゃんに行きました。こちらのお店は、きどたまよさんの本などで何度も見ていたお店です。敦賀の屋台のラーメンの中でもかなり有名で人気があるお店ですので、今回行ってみました。20時前に着きましたが、既に食べているお客さんがいました。既にテント内は満席で、その後も続々とお客さんが来て、噂通り人気があるのが分かりました。

メニューは屋台内に普通と大盛が書かれているだけでした。以下の写真は、屋台の外観です。
20080327_池田屋ごんちゃん_屋台1







普通を注文しました。

ラーメンが出て来るのと同時に写真右上のチャーシューが入った容器が横におかれます。見ての通り、チャーシューは入れ放題となります。こちらは事前知識がなかったので、かなり驚きました。周りの人を見ているとたくさんチャーシューを入れているようでしたので、このあたりが地元でも人気のある要因の1つなのかな?と感じました。

ラーメンは、あっさりとした動物系のスープで少しとろみがあり、そこに生姜の味が強くきいたラーメンとなっています。ネット等の情報を見ていると、開店直後はあっさりで、時間が経過するにつれてスープが濃くなるそうです。確かに食べた感じではかなりあっさりした動物系でしたので、もう少し時間が経過してから食べる方が良いのかな?と感じました。
麺は細めのストレートタイプのもので食感は滑らかでやや柔らかめの茹で加減です。具はチャーシュー、ネギ、メンマが入っています。

まだ少し肌寒い中、外で食べたので体が温まり美味しかったです。昨年旭川で食べた天金 四条@旭川にしてもそうでしたが、寒い中でラーメンを食べて体が温まると至福の時だと感じますね。

住所   福井県敦賀市本町2 北陸銀行前 
営業時間 20時〜翌1時30分頃
定休日  火曜日、水曜日





take_hilano at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 福井県 

2008年04月08日

麺哲支店 坊也哲@高槻市

4fb98327.JPG3月27日(木)の昼に高槻市の麺哲支店 坊也哲に行きました。こちらのお店は、麺哲グループとしては、麺哲支店 麺野郎@北伊丹に続き、4番目に開店したお店で、2008年2月11日に開店したそうです。ちなみにこちらのお店の場所は元々、笑屋があった場所です。
14時50分頃お店に入りましたが、店内は自分が入って丁度満席で、その後も続々とお客さんが来て、ずっと満席の状態が続いていました。



メニューは以下の通りです。
20080327_坊也哲_メニュー







並を注文しました。

作り方を見ているとフライパンでスープを温めています。(麺野郎では、ちょうど厨房から遠い席だったので、どのように作っていたか見えませんでした。麺哲ではどうだったかは正直覚えていません。すいません。)

ラーメンのスープは、醤油タレの味と鶏のダシの味がしっかりとするラーメンです。あっさりとした中にも物足りなさはなく、美味しいです。鶏のダシがのするラーメンが好きな人にはお勧め出来るタイプのラーメンだと思います。
麺は細めの平打タイプの麺ですが、滑らかな食感で美味しいです。麺野郎で食べたつけ麺の麺も美味しかったですが、ラーメンとして食べた麺も美味しいのはさすがだと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

住所   大阪府高槻市城北町2-2-24
営業時間 12時〜16時(売り切れ次第修了)
定休日  月曜日、火曜日

take_hilano at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3) 大阪府 

2008年04月06日

しぇからしか 東灘店@住吉

5a2070d6.JPG3月27日(木)の昼に神戸市東灘区のしぇからしか 東灘店に行きました。こちらのお店は仁川にあるしぇからしかの支店で、2000年10月に開店したそうです。しぇからしかは2000年頃に食べたことがありますが、かなり前だったためにあまり覚えていないというのが正直なところです。
ネットなどでこちらのお店の情報を見ていたら、スープが濃厚そうでかなり気になったこともあり、今回甲子園球場で野球観戦の前の食事として行きました。
開店数分前に到着しましたが、誰もいませんでした。

メニューは以下の通りです。
20080406_しぇからしか_メニュー120080406_しぇからしか_メニュー2







ラーメンを注文しました。

卓上には、醤油ダレ、紅生姜、ゴマ、胡椒があります。

ラーメンは、スープの粘度はあまりないですが、しっかりとした豚骨のダシと豚臭さの共存したスープでなかなか美味しいです。髄がしっかり出ている感じではないですが、豚骨のダシと脂がしっかり出ていると思います。
麺は細めのストレート麺です。博多の麺と比べると若干太めです。固めの茹で加減ですが、博多特有の粉っぽさはあまりないなと感じました。具はチャーシュー、ネギが入っています。

なかなか良かったですし、また仁川のお店にも行ってみたいなと思いました。

住所   兵庫県神戸市東灘区甲南町5-2-12
電話番号 078-411-4444
営業時間 11時〜翌3時(平日、土曜日)
     12時〜22時(日曜日)
定休日  月曜日

take_hilano at 01:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 兵庫県 

2008年04月04日

麺哲支店 麺野郎@北伊丹

e9c35447.JPG20080326_麺野郎_寿司3月26日(水)の夜に池田市の麺哲支店 麺野郎に行きました。こちらのお店は豊中市にある麺哲の支店で2007年8月に開店しました。麺哲グループとしては、3番目に開店したお店となります。
こちらのお店も営業日が平日のみでしかも、夜21時からの開店とかなり敷居が高かったので、今回平日休みの時を利用して行きました。21時20分頃着きましたが、店内はほぼ満席です。自分が到着後もぞくぞくとお客さんが来て、常に満席で待ちが発生する状態が続いていました。開店時間が遅いということもあるので、時間を計算しながら食べるのであれば、開店前から並ぶのが良いのかな?と感じました。

写真左下、写真中央下がメニューです。写真右下は、つけ麺の食べ方についての説明書きです。
20080326_麺野郎_メニュ−120080326_麺野郎_メニュ−220080326_麺野郎_食べ方







つけ麺 小(写真左上)と寿司(写真右上)を注文しました。

つけ麺 小は、つけダレはかなりしょっぱく、魚のダシをしっかり感じます。麺は1ロットで10杯以上茹でていたせいか、麺が最高の状態で出て来たとは言い難い感じがしました。(かなりの混雑なので仕方ないのはもちろんわかっています。)それでも旨いのですが、以前食べた麺哲@豊中やその他の関連店に比べると麺が凄く美味しいと思えなかったというのが正直な感想です。

寿司はおださんから絶対に食べるようにと指示されていたメニューです(爆)
この日出てきた寿司は、豊後の鯖と和歌山のケンケンかつおでした。鯖は、しっかりとした味があり、肉厚で美味しいです。カツオも臭みはなく、美味しかったです。上手く説明は出来ないのですが、関東で食べる寿司とも味が異なり、面白かったです。この日は2貫で300円だったので、かなりお得な印象をもちました。今回は2貫しか頼まなかったですが、もっと食べたかったです。

住所   大阪府池田市豊島南1-10-3
電話番号 072-762-8170
営業時間 21時〜翌2時30分
定休日  土曜日、日曜日、月曜日(月曜日が祝日の場合は、火曜日も休み)


take_hilano at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 大阪府 

2008年04月03日

Parade@出町柳or丸太町

48ff9e67.JPG20080326_Parade_卵かけ魚来そば3月26日(水)の夜に京都市左京区のParadeに行きました。一度、スープ不出来のために臨時休業でふられたことがあり、お店の前に行くのは今回が2回目です。地図を見てもらえれば、分かると思いますが、駅からはかなり離れていて、出町柳、丸太町から歩いて片道30分位はかかると思います。

写真左下は、メニューです。写真中央下は卵かけ魚来そばの食べ方です。写真右下は唐揚げ定食も可能という紹介です。京都のラーメン屋さんでは、唐揚げがあるところが多いですが、新しいこちらのお店でも唐揚げがあることに驚きました。また店主がアフロの時orアフロの人にはサービスがあるみたいです。
20080326_Parade_メニュー20080326_Parade_食べ方20080326_Parade_メニュー(唐揚げ)














塩(写真左上)と卵かけ魚来そば(写真右上)を注文しました。

塩は、鶏のスープに魚介をきかせたタイプのものです。かなりあっさりしたタイプですが、鶏のダシがしっかりしています。店主が目指している優しい味わいをまさに表現しているラーメンという印象を持ちました。
麺は中太のもちもちとした麺でスープともよく絡み美味しいです。京都って麺が美味しくない印象がありましたが、こちらのお店は異なる印象をもちました。具は、鶏チャーシュー、ネギ、ゴボウ、糸唐辛子が入っています。

卵かけ魚来そばは、いわゆるあえ麺タイプです。同時にタレと魚来ダレが出て来ますが、まずはタレを混ぜ、麺とあえて食べます。タレの味はやや控えめで、卵の味がしっかりします。途中で魚来を混ぜて食べると味に変化させる事が出来ます。ただ思ったほどのインパクトはなく、塩同様かなりあっさりしたという印象です。個人的には、あえ麺だともっとインパクトがある方が飽きが来なくて、食べやすいかなと感じました。麺は一度水でしめてから、再度温めているようで、しっかりとしていてい美味しいです。

限定では、かなり印象を違うものを出しているようなので、次は限定を食べてみたいです。

住所   京都市左京区浄土寺下南田町31
電話番号 075-751-5711
営業時間 11時30分〜13時30分 19時〜23時(売り切れ次第修了)
定休日  金曜日

お店のHPはこちらです。
お店のブログはこちらです。
営業時間など最新の情報は店主のブログでチェックしてみて下さい。
と思っていたらしばらく活動休止みたいです。。めちゃくちゃ驚きました。

take_hilano at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 京都府 

2008年04月01日

京都 天下ご麺@河原町

20080326_天下ご麺3月26日(水)の夜に河原町の京都 天下ご麺に行きました。滋賀にある天下ご麺の3号店となります。実は本店は未食で、浜大津にある2号店は食べた事があります。店主の方はガチンコ ラーメン道にも出られていましたし、一般的にもかなり知名度はあるお店だと思います。
また店舗は劇場のような作りとなっていて、全国のラーメンを食べている方でしたら、福岡のこちらのお店に似ていると思います。ただ入った感じでは、福岡のお店に比べると何となく内装が安っぽいかなと感じてしまいました。何かうまく表現出来ないのですが、両方のお店に行ってみれば、何となくわかってもらえるのではないかな?と思います。

メニューは以下の通りです。メニュー名を見ると東京を意識しているようなメニューも幾つかあることが分かると思います。
20080326_天下ご麺_メニュー120080326_天下ご麺_メニュー220080326_天下ご麺_メニュー3







何を頼もうか迷ったのですが、食券機にお勧めと記載されてあった近江鶏の鶏そば(シメメシ付)を注文しました。

近江鶏の鶏そばは、若干とろみのあるスープに鶏のダシがきいています。表面に浮いている細かいもの(正直なところ何なのか分かりませんでした)があまりスープとの相性が良くないと思いました。メニュー名に「シメメシ付」とあるように最初からおじや風にして食べることを前提にして作られたラーメンという感じがしました。何となくラーメンっぽくない感じのスープないんですよね。
麺は細めの縮れ麺です。一応は支那そばやの流れをくんでいるお店ということになりますが、支那そば独特のしなやかな麺というイメージはなく、個人的にはややイマイチな感じをうけました。具はチャーシュー、海苔、ネギ、半熟玉子、海苔が入っています。

ラーメン以上にお店の作り方やメニュー名などいろいろなところにフリークの人にはたまらない要素があるお店で間違いないと思います。是非全国のラーメンを食べ歩いている人(ってあまりいないですよね)には行ってみてほしいお店です。

また店内にはアンケートがあり、回答すると毎月10人に1000円分の食事券が当たるようです。

住所   京都府京都市中京区山崎町252-1 タケモトビル1F
電話番号 075-211-6780
営業時間 17時〜売り切れ次第終了
定休日  なし


take_hilano at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 京都府