2008年05月

2008年05月30日

中華そば かん田@日暮里

6b84cb7a.JPG5月22日(木)の昼に日暮里の中華そば かん田に行きました。こちらのお店は、2008年5月9日に開店したお店で、店主は西千葉大勝軒の出身だそうです。13時頃お店に着きましたが、先客、後客ともにいませんでした。場所柄あまりサラリーマンの人が通らなそうな場所という感じがしました。実際にはどうなのか?分かりませんが、この場所で夕方までしか営業しないのかな?と感じました。

メニューは以下の通りです。
20080522_かん田_メニュー







中華そば 普通(700円)を注文しました。

中華そばはスープの量が少なめで、麺がスープから出てしまっています。パッと見た時(他にもあると突っ込まれそうですが)は、スープから麺が出てしまっているという点では、伊藤の様だなと思いました。スープは豚骨、魚介がしっかりときいていますが、他店と比べると豚骨、魚介のダシの出方が少し変わっています。スープは粘度が高いですが、油っぽい感じでもなく、割と飲みやすく仕上がっています。ダシがしっかりととられている感じはあるのですが、食べていても何か訴えかけてくるものがないというのが正直なところです。何かが変われば、凄く良くなると思いました。(タレが変わればよくなるのかな?と思うのですが、本当にそうなのかはよく分からないです。)
麺は中太の大勝軒のタイプのもので、少し固めの茹で加減です。スープに負けない存在感もあり、このスープとの組み合わせは他店では味わえることのないタイプです。
具はチャーシュー、メンマ、海苔が入っています。

住所   東京都荒川区西日暮里2-13-11
電話番号 03-3803-7822
営業時間 11時〜17時頃(売り切れ次第終了)
定休日  日曜日


take_hilano at 15:06|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 東京都 

2008年05月29日

支那そば 天風@東鷲宮

3a998d6f.JPG20080518_天風_徳つけ5月18日(日)の昼に東鷲宮の支那そば 天風に行きました。移転前はもちろん食べていますが、移転後は初めてです。正直なところ、移転したという事実も忘れていたのですが、。kenちゃん。さんが今回の食べ歩きの際に、美味しいですよと煽ってくれたこともあり、行くことにsました。本当にどうもありがとう。
お店には13時前に着きましたが、20人弱が並んでいました。お店の回転はあまり良くなく、14時頃お店に入る事が出来ました。

メニューは以下の通りです。
20080518_天風_メニュー120080518_天風_メニュー2







徳丸(中)(650円)(写真左上)と徳つけ(小)(650円)を注文しました。

徳丸の麺は茹で時間5分、徳つけの麺は茹で時間が10分ということもあり、徳丸をほとんど食べ終わった頃に徳つけが出て来ました。麺の茹で時間の長さが、回転がよくない一つの理由だと感じました。

徳丸(中)は、濃度が高く、少し粘性のある豚骨魚介のスープです。つけ麺と比べると、甘みがない分だけスープの美味しさをそのまま楽しむ事が出来ます。スープはダシがしっかりと出ていて、飲みやすいです。どこが優れているかというと言葉にしづらいですが、とにかく旨かったです。
もちもちとした太麺は、スープに負けない存在感があり、麺、スープともにレベルが高く、バランスが良いと思います。具はチャーシュー、メンマ、海苔、味玉、ネギが入っています。

徳つけ(小)は、濃度、粘度の高いスープに魚粉をきかせて、少し甘みもあります。魚粉のザラザラした感じも舌に残り、少し気にはなりますが、粘性のあるスープと良い具合にマッチしています。次念序で濃厚なつけ麺を求めていたにも関わらず、そのようなタイプのものが食べれなかったこともあってか、濃厚タイプの求めていたつけ麺を食べることが出来、大満足でした。
麺は極太の麺です。固くもなく、かと言って柔らかい訳でもない独特の食感は、スープにも負けない存在感があり、美味しかったです。うどんの様にと例えられたりすることもあるようですが、確かに似ている部分もあると思います。具はチャーシュー、味玉、海苔、ネギが入ってます。

移転前に食べて以来でしたが、移転前はこんなに美味しかったかなというのが正直な感想です。移転後食べていない人は是非とも食べてみて欲しいです。

住所   埼玉県北葛飾郡鷲宮町西大輪946
営業時間 11時30分〜16時頃
定休日  月曜日、金曜日


take_hilano at 03:00|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 埼玉県 

2008年05月27日

らーめん どんぐり@鴻巣

20080518_どんぶり_らーめん20080518_どんぐり_ギョーザ5月18日(日)の昼にらーめん どんぐりに行きました。次念序から車で5分位の距離にあります。ちなみに、こちらのお店は大海軒出身のお店だそうです。この系統のラーメンが大好きな同行者の希望もあり、行きました。ちなみに自分は大海軒は未食です。
店内に入ると煮干の良い香りがします。

メニューは以下の通りです。
20080518_どんぐり_メニュー







らーめん(650円)(写真左上)、ギョーザ(250円)(写真右上)を注文しました。

らーめんは、煮干の味がしっかりときいた醤油味です。自分が想像していたよりも表面の油は少なめで、スープをしっかり味わえるようになっています。煮干のダシが優しくきいていて、ほっとするような感じのスープだと思います。
麺は、少し縮れた中細麺です。少しだけ柔らかいようにも感じましたが、スープとの相性も悪くないです。具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、玉子が入っています。

住所   埼玉県鴻巣市屈巣3853-2
電話番号 080-6703-4988
営業時間 11時〜19時50分(スープなくなり次第終了)
定休日  月曜日、日曜日(1回)


take_hilano at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 埼玉県 

2008年05月26日

次念序@北鴻巣

20080518_次念序_中華そば20080518_次念序_つけめん5月18日(日)の昼に鴻巣の次念序に行きました。こちらのお店は六厘舎グループのお店です。駅から遠いところにありますが、行列が絶えないと噂のお店です。kenちゃん。さんに車を出してもらって、案内してもらいました。ちなみに自分は未食でした。
9時30分頃お店に着きましたが、既に一人並んでいました。正確な人数は数えていませんが、開店時に50人は並んでいたと思います。

メニューは以下の通りです。中華そばは、何食くらいあるのか不明ですが、「限定」と書かれています。
20080518_次念序_メニュー








中華そば(650円)(写真左上)、つけめん(750円)(写真右上)を注文しました。

中華そばは、豚骨、魚介の味がバランスよいという印象です。スープは、思った程の粘度はなく、しっかりとダシが味わえるタイプのスープです。次念序で何度か食べている同行者の話によると以前に比べるとスープがおとなしくなったとのことです。最近流行りの粘度をあげて、スープと麺の絡みをよくするというタイプのものではないところは、個人的には良いなと思いました。美味しいのですが、もっと凄い濃厚スープを期待していた自分としては、違和感を感じたのも事実です。
麺は中位の太さのものです。やや細めかなとも感じました。中華そばでも麺の美味しさを感じることが出来、なかなか良かったです。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、ナルトが入っています。

つけめんは、中華そばと同じ位の濃度のスープに魚粉などをきかせています。最近は、濃度もしくは粘度のあるつけダレのつけ麺が増えたせいか、思ったよりも麺とスープが絡まずやや物足りなく感じました。中華そばはバランスが良いと食べることが出来ますが、つけめんはバランスよりもインパクトが重要なのかな?と感じました。

個人的には、中華そばの方が好みでした。

住所   埼玉県鴻巣市寺谷146-1
電話番号 048-597-1114
営業時間 11時〜16時頃(スープなくなり次第終了)
定休日  火曜


take_hilano at 10:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 埼玉県 

2008年05月25日

らーめん 瞠@恵比寿

a2fbd52d.JPG5月17日(土)の昼に恵比寿のらーめん 瞠に行きました。こちらのお店は池袋にある瞠の2号店で2006年4月18日に開店したお店です。前から行きたかったのですが、なかなか機会がなかったのですが、こがねに行った後に行ったお店(ラーメンではないです)が20人くらい並んでいたこともあり、この日の第二候補としていたこちらのお店に行きました。

限定の塩ホタテバターのまぜそばもありましたが、前から気になっていた油そば(800円)を注文しました。(本来は味玉がデフォルトでついていますが、自分は苦手ということもあり、今回は入れないで注文しました。)

油そばというメニュー名の通り、最近流行のまぜそばや合え麺とは異なります。醤油ダレと油に節などを使用して、魚介をしっかりときかせたタイプのものになっています。油そばをベースにいじり過ぎず、魚介系を強める事で特徴を出しているのは、良いと思います。(おそらくお店のラーメンと似たようなものを出していると思うのですが、瞠のらーめんは何年もご無沙汰しているので、正確なところは不明です。)
麺は、少し幅の広いタイプのものでタレともよく絡み、美味しいです。具は四角に切られたチャーシュー、メンマ、ネギ、タマネギ、海苔が入っています。

住所   東京都渋谷区恵比寿1-4-1
電話番号 03-3444-2274
営業時間 11時〜15時30分 17時〜22時(平日)
     11時〜19時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  なし


take_hilano at 04:00|PermalinkComments(7)TrackBack(0) 東京都 

2008年05月23日

らーめん専門店 こがね@大崎広小路

78972f53.JPG5月17日(土)の昼にらーめん専門店 こがねに行きました。2007年10月に開店した麺酒房 こがねが2008年5月7日にリニューアルしたお店です。こちらのお店はスペリオールのラーメン鑑定団で三ツ星を獲得していた事もあり、気になっていました。
11時過ぎにお店に着きましたが、店内にはお客さんはいませんでした。お店は五反田TOCビルの地下1Fの奥の方にあり、やや分かりづらいです。



下記の写真は、店内にあったスペリオールの切り抜きです。つけめんはトマトを使っているそうで少し気になりました。
20080517_こがね_店内







えびらーめんを注文しました。

らーめんが運ばれてくる途中から海老の香りがしていて、かなり海老の香りが強い印象です。

スープは軽めの動物系に魚介がきいたスープに海老油などによる海老がきいています。ベースのスープはライトですが、海老の香りを前面に出すために、このようなスープにしているのかな?と感じ、なかなか面白く仕上がっている感じです。海老好きな人は、はまる人もいるんじゃないかな?と感じました。とにかく海老という印象が残るスープです。
麺は、つるつるとした食感の太麺でスープに負けない存在感もありますが、相性は良くない気がします。具は、チャーシュー、ネギ、水菜、糸唐辛子が入っています。

つけめんはトマトを使っているということなので、海老とトマトがどのような味を演出しているのかは少し興味があります。

住所   東京都品川区西五反田7-22-17 五反田TOCビル内 B1F
電話番号 03-3494-2268
営業時間 11時〜17時
定休日  日曜日、祝日


take_hilano at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2008年05月22日

北狼 品川シーサイド店@品川シーサイド

196427f0.JPG5月15日(木)の夜に品川シーサイドの北狼に行きました。こちらのお店は高田馬場にある北狼の2号店で、2008年1月7日に開店したお店です。(ちなみに本店は未食です。)前から行ってみたかったのですが、なかなか行く機会がなかったお店です。評判の良いカレーあえめんが食べたかったこともあり、行きました。

カレーあえめんを注文しました。

一口食べてみると予想通りのカレー味で、スパイスの味が強いです。カレーというと表現には少しだけ違和感を感じるかもしれないです。カレーの味が、自分には少し辛く感じたこともあり、ご飯も注文しました。実際に一緒に食べると相性も良いです。単純で分かりやすい味に仕上がっています。
一緒についてくるスープは、ライトな豚骨ベースのスープです。麺をつけて食べると相性が良く、カレー味が混ざる事を前提にしているのかな?と感じました。
麺は細めのストレート麺で少し固めの茹で加減に仕上がっていると思います。あえ麺としては、かなり固めの茹で加減という印象を持ちましたが、これはこれでなかなか面白いと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトが入っています。

住所   東京都品川区東品川4-12-4 オーバルガーデンショップ&レストラン
電話番号 03-3471-3983
営業時間 11時〜21時(L.O.20時30分)
定休日  なし

take_hilano at 13:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2008年05月21日

華隆餐館@伊勢佐木長者町

dfc9d914.JPG20080508_華隆餐館_五目焼き刀削麺20080508_華隆餐館_五目炒飯







5月8日(木)の夜に伊勢佐木長者町の華隆餐館に行きました。お店の屋号は、「かりゅうさんかん」と読みます。こちらのお店も最近出た神奈川本で気になっていたお店です。お店の場所は、二郎 関内店に対して大きな道路をはさんだ向かい側にあります。同行者の話によると、二郎を食べた後にこちらのお店を連食された方もいるそうです。ネットなどの情報によるとこちらの店主は、中華街にある杜記というお店の出身のようです。

メニューは以下の通りです。この他にも壁にもメニューが多数貼ってあります。
20080508_華隆餐館_メニュー120080508_華隆餐館_メニュー2














同行者一押しの麻婆刀削麺(写真左)、五目焼き刀削麺(写真中央)、五目炒飯(写真右)を注文しました。

麻婆刀削麺は、注文すると汁有りか汁無しかを聞かれます。汁無しはかなり辛いとのことで、汁有りを注文しました。汁無しという単語を聞くと反応してしまうあたり、自分がラヲタだなと感じます(笑)

麻婆刀削麺は、白湯スープに麻婆豆腐が乗ったものです。四川麻婆豆腐のスパイシーな刺激のある辛味がスープに混ざる事により独特なスープになります。スープ自体はあっさりとした白湯スープで、辛味が加わることを前提として作られているような感じでした。麻婆豆腐は、一緒に頼んだご飯の上に乗っけて食べても相性抜群です。ただかなり辛いので、辛いのが苦手な人はきついと思います。(自分はかなり美味しいと思ったのですが、全部食べるのは無理で、同行者の方に食べてもらいました。。)
刀削麺は、実は初めて食べました。麺は幅広の麺で、麺の端と中央で太さが異なるため、麺を食べている時に不思議な食感があり、かなり面白かったです。他にも美味しい刀削麺があれば、食べてみたいと感じました。

五目焼き刀削麺は、刀削麺を使用した五目焼きそばをイメージしてもらえれば、良いと思います。こちらでも麺の美味しさを楽しむことが出来ます。こちらは辛くないので、美味しく食べることが出来ます。幅の広く、食感の異なる麺での焼きそばは面白かったです。

いろいろなメニューを食べましたが、どれも美味しかったです。刀削麺も美味しかったですが、麻婆豆腐も良かったので、次回は今回食べなかった麻婆豆腐を単品で食べてみたいです。

住所   神奈川県横浜市中区長者町5-71-1
電話番号 045-261-6079
営業時間 11時〜15時 17時〜翌4時
定休日  月曜日

take_hilano at 04:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年05月19日

沖縄そば ヤージ小@弁天橋

20080505_ヤージ小5月5日(月)の昼に横浜市鶴見区の沖縄そば ヤージ小に行きました。こちらのお店も冨田本で知ったお店です。最寄駅は、JR鶴見線(乗ったことがないです)の弁天橋駅が最寄駅のようですが、本数も少ないこともあり、25分位かけて鶴見駅から歩きました。(途中、未食のせたが屋 鶴見店の前を通過しました。)実際にお店に向かう途中、沖縄料理の店などが多数あり、横浜にもこんな所があるんだとなかなか面白かったです。

ソーキそばを注文しました。

スープは豚骨とカツオダシをベースとしたものですが、自分が沖縄で食べた沖縄そばと比べると豚骨スープが少し濃く、カツオのダシと共に主張してきます。実際出て来たスープからして、少し白濁していて、なかなか美味しいです。ただスープは美味しいのですが、デフォルトで入っている紅生姜の味もスープにしてしまうため、個人的には紅生姜をなしで食べてみたかったところです。後半には卓上の島とうがらしを入れてみましたが、こちらもスープとの相性が良かったです。
麺は平打タイプのものでぼそぼそとした食感は、沖縄のものと遜色なく、美味しいです。具はソーキ、ネギ、紅生姜が入っています。

食べた感想としては、なかなか面白い沖縄そばだと感じました。現地で沖縄そばを食べている人には是非食べてみて欲しいなと感じました。

住所   神奈川県横浜市鶴見区仲通3-72-2
電話番号 045-506-5754
営業時間 11時〜15時 16時〜21時
定休日  水曜日 

take_hilano at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 神奈川県 

2008年05月18日

麺屋 信玄@一本松

20080504_信玄_和風らーめん20080504_信玄_塩豚骨らーめん20080504_信玄_勘助らーめん







5月4日(日)の昼に麺屋 信玄に行きました。こちらのお店は石神本に掲載されて前から名前は知っていましたが、ラー麺SNSで麺通の方が良くこちらのお店を食べていて、気になっていました。

メニューは以下の通りです。
20080504_信玄_メニュー







和風らーめん(写真左上)、塩豚骨らーめん(写真中央上)、勘助らーめん(写真右上)を注文しました。

和風らーめんは、あっさりとした和風スープです。表面には油は少なめで、ダシを味わえるタイプのものになっています。何かのダシが突出した感じはありませんでしたが、じんわりとした美味しさがあります。このようなタイプのラーメンとしては、かなりレベルが高いと思います。
麺は中細の麺でスープとの相性も良いです。具は、チャーシュー、メンマ、カイワレ、ネギ、海苔が入っています。

塩豚骨らーめんは、少し粘度があり、背脂が浮いたものですが、ダシを感じるものの後味は悪くなく、美味しいです。無化調の豚骨スープと事前情報で聞いていましたが、確かに他の豚骨ラーメンと比べると旨味が少ない印象です。
麺は塩豚骨ラーメンの麺よりも更に細いです。少し固めの茹で加減ですが、博多特有の粉っぽい麺とは異なる印象です。具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

勘助らーめんは、注文時にニンニクの有無を聞かれたり、見た目も二郎インスパイアのように見えますが、食べてみるとあまり似ていません。スープはライトなスープで、大量の炒められたもやし、キャベツが乗っています。麺は、銀杏軒の太麺でもちもちとしながらもしっかりとした噛みごたえのあり、美味しいです。銀杏軒の麺(特に太麺)というとあぢとみ食堂、大家などで美味しいのは知っていたので、このタイプのラーメンにあわない訳がないという感じがしていましたが、予想通り相性は抜群でした。

ちなみに自分達の前後で食べていた人たちは勘助らーめんを頼んでいる人が多かったです。個人的には勘助らーめんよりも和風らーめんや塩豚骨らーめんの方が美味しいと思います。

また、下記の写真は、同行者が注文した卵かけ御飯です。醤油は麺屋信玄オリジナルのもので、弓削多醤油のようです。同行者はこの醤油が出て来る前からメニューに小さく写っている写真を見て、「弓削多醤油じゃないかな?」と言っていましたが当たっていました。恐るべき観察眼で驚きました。
20080504_信玄_卵かけ御飯20080504_信玄_オリジナル醤油









住所   埼玉県鶴ヶ島市新町3-1-21 
電話番号 049-271-2700
営業時間 11時〜15時 17時〜21時(平日)
     11時〜21時(土曜日、日曜日)
定休日  木曜日、第3水曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 埼玉県 

2008年05月17日

らーめんつけめん うさぎや@男衾

20080503_うさぎや_らーめん20080503_うさぎや_つけめん20080503_うさぎや_油そば







5月4日(日)の昼に大里郡寄居町のらーめんつけめん うさぎやに行きました。こちらのお店は大泉学園の名店である十兵衛で修行した店主が2006年8月に開店したお店です。ちなみにこちらのお店の最寄駅である「男衾」は、「おぶすま」と読むそうです。
電車の本数が30分に1本程度とかなり少なく、少し寄り道をしていたために開店時間に間に合わず、11時40分頃に着きましたが、店内は既に満席で、外にも行列が出来ていました。食後も行列があり、常に行列の出来るお店のようです。

メニューは以下の通りです。
20080503_うさぎや_メニュー20080503_うさぎや_メニュー2







らーめん(写真左上)、つけめん(写真中央上)、油そば(写真右上)を注文しました。

らーめんは、和風ダシがじんわりときいたタイプのものです。同行者の話によると以前こちらのお店で食べたものと比べると和風ダシが強くなっているとのことです。自分は、初めてだったので以前がどのような感じだったのかはわかりませんが、普通に和風ダシのきいた美味しいラーメンという感じです。
麺は、中太のもちもちとした麺でスープとの相性も良いと思います。具はチャーシュー、メンマ、味玉、ネギ、ナルト、海苔が入っています。

つけめんは、スープは動物系よりも和風ダシがしっかりときいたタイプのものです。そこに甘味、酸味もあります。自分のイメージする十兵衛のつけ麺に近い感じがしました。食後のスープ割は一種類のみで和風ダシで割ってくれます。

油そばは、いわゆる油そばというタイプのもので醤油ダレと辛味のある油(ラー油?)が入っています。いわゆる一昔前の油そばというタイプのものではないでしょうか?最近はいろいろ個性的なものが出て来ていますが、自分が食べ歩きを始めた頃には、油そばと言えば、こういうものが多かったような気がします。麺は、平打タイプのものでタレとはよく絡みます。後半は、一緒に付いてくる和風ダシのスープを丼に加えて、食べてみると味が変化し、面白かったです。

ちなみにうさぎやに行く前には、上福岡市にある讃岐うどん條辺に行きました。こちらのお店は元巨人軍で主に中継ぎで活躍した條辺剛投手が2008年4月に開店したお店です。9時過ぎにお店に入りましたが、行列はありませんでした。僕らがお店を出た9時半頃にはお客さんも増え、満席となっていました。写真左下は冷やかけうどんとゲソ天で写真右下は店内にある長島茂雄が書かれた色紙です。僕らが行った時は、店内がすいていたこともあり、阿南工業高校時代の條辺投手が掲載された雑誌を見せたら、少し驚いていました。(ちなみにこの雑誌で條辺投手の隣には、現楽天の岩隈投手(堀越高校出身)が載っています。)條辺うどん條辺うどん_長島茂雄サイン









住所   埼玉県大里郡寄居町富田2956
営業時間 11時30分〜15時30分(スープ切れで終了)
定休日  月曜日


take_hilano at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 埼玉県 

2008年05月16日

らぁめん たまがった 横浜駅西口店@横浜

1cb2ca68.JPG5月3日(土)の昼にらぁめん たまがった 横浜駅西口店に行きました。こちらのお店は2008年1月4日に開店したお店だそうで、本店が神奈川新町にあります。お店の場所は細い道に面していますが、ラーメン好きには、横浜西口 大勝軒の隣と表現すれば、分かりやすいのではないでしょうか?

らぁめんを注文しました。

スープは、豚骨のダシのするスープですが、早い時間に行ったせいか少しダシがまだ出ていないのかな?という感じがしました。ネットの評判を見ていると濃厚と書かれたものが、多かったので楽しみにしていましたが、やや物足りなかったです。ただもう少し遅い時間になれば、もっと良いスープが出て来るのでは?という感じがしました。
麺は、少しだけ縮れたタイプの細麺です。麺に九州特有の粉っぽさがなく、やや自分の好みとは異なりました。あまり麺との相性も良くなかったです。具は、チャーシュー、ネギ、海苔が入っています。

住所   神奈川県横浜市西区南幸2-8-23
電話番号 045-311-4114
営業   11時〜翌4時
定休日  水曜日


take_hilano at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年05月14日

麺や 維新@横浜

d8f13154.JPG5月3日(土)の昼に横浜の麺や 維新に行きました。こちらのお店は元々大和市にあったお店ですが、大和のお店を閉店し、2年弱の期間を経て、横浜で開店しました。横浜での店舗の開店日は、2008年4月8日となります。こちらのお店の近くには、ピッツァの美味しいオ・プルチェネッラや鰻で有名な横浜野田岩もあります。(というか道を間違えた際に、野田岩を発見して驚きました(笑))

メニュー構成は、塩らぁめん、醤油らぁめんの2種類がベースとなっています。券売機には限定などの表示もありましたが、現在は売り切れとなっていました。 どちらも食べている方々から、今は醤油らぁめんの方がいいのでは?というお話を聞いていたので、醤油を注文しました。

醤油らぁめんは、少し濁ったスープで、鶏と魚介のダシがしっかり出ていると思います。(ただ他のブログなどを見ていると、どの写真も濁ったタイプのものはなかったので、この日の出来がたまたまなのか?味が変わったのか?よく分からないです。)魚介、醤油ダレの香りがよく、キレがあり、文句のつけようがないスープという印象です。以前の店舗では、塩しか食べたことがなかったので、比較は出来ませんが、かなりレベルの高い一杯に仕上がっているのではないでしょうか?
麺は中根製麺のものを細麺を使用しています。たまたまだと思うのですが、自分が食べた時のものは、麺がしっかりほぐれていなく、絡まっていて、食べづらかったです。また麺も少しねちゃっとした食感が少し苦手でした。具はチャーシュー、ネギ、海苔が入っています。

開店してまだ一ヶ月くらいですが、既にかなりの完成度があり、美味しいと思います。しばらくしたら塩らーめんも食べに行ってみたいですね。

住所   横浜市西区北幸2-10-21 横浜太陽ビル1F
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜22時
定休日  日曜


take_hilano at 20:00|PermalinkComments(4)TrackBack(4) 神奈川県 

2008年05月13日

たらふくまんま 銀座店@銀座

7c8fc7dd.JPG5月1日(木)の昼にたらふくまんま 銀座店に行きました。こちらのお店は福岡に本店のある有名なお店だそうです。ぐるなび等で検索してみると、かなり高い値段のするお店のようです。しかし、2008年4月1日よりランチメニューで50食限定でラーメンを始めていて、実際に食べた人からも良い評判を聞いていたために、行きました。(最近良い評判を聞いてというパターンが多い気がする。。)
お店に向かう際、お店が入っているビルの一番大きいと思われる入り口からビルに入りましたが、入る際に、ビルのドアボーイの人が、入り口を開けてくれます。何とも来る場所を間違えたかな?と感じました。1Fは、女性のお客さんが多く、明らかに異質な客だと思われたことでしょう(笑)ブログを書くために住所を調べていたら気づいたのですが、自分はOOSAKIさんと全く同じ経験をしていたようです。ラーメンだけ食べに行く方は、大通り沿いではない入り口から入ることをお勧めします。
お店に入ってみると12時20分位でしたが、お客さんは誰もいませんでした。

メニューは写真左下の通りです。また写真右下の文字で「ちきん」と読むようです。
20080501_たらふくまんま_メニュー20080501_たらふくまんま_ちきん







白湯チキン拉麺を注文しました。(チキンという字は、写真に記載されている字が使用されています。)

スープは少し濁っている鶏白湯スープです。あまり粘度はないですが、鶏のダシをしっかり感じることが出来、くどくなく飲みやすいスープとなっています。また、このスープに具として入っているタマネギが、スープと相性が良かったです。タマネギは少し火を通してあり、食べた時に、麺屋あらき 竈の番人を思い出しましたが、たらふくまんまのタマネギも良かったです。
麺は、中太の少し幅の広いタイプのものです。スープをよく持ち上げてくれてなかなか美味しかったです。具は鶏チャーシュー、味玉、ごぼう、タマネギが入っています。

個人的には、このようなラーメンが作りかったんだろうというものが感じられ、なかなか良かったです。

また交詢ビルを出た後に気づいたのですが、同じビルにはとんかつかっぽう 銀座かつぜんもあり、こちらも行ってみたいところです。

住所   東京都中央区銀座6-8-7 交詢ビル4F
電話番号 03-3289-9011
営業時間 11時30分〜14時30分 17時〜翌1時(L.O.24時)
(ラーメンはランチタイムのみ)
定休日  日曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年05月12日

らーめんとつけ麺の店 みやぎ野@武蔵小杉

d3cb557f.JPG4月29日(火)の夜に武蔵小杉のらーめんとつけ麺の店 みやぎ野に行きました。こちらのお店は、前から存在は知っていましたが、日曜日休みのためになかなか行くことの出来なかったお店でした。今回は用事があり、こちらの方面に行く途中の電車の中で冨田本を見ていたところ、存在を思い出し行きました。
17時30分の開店でしたが、開店前から待っていた客は自分のみでしたが、開店して5分もしないうちに、すぐに満席となりました。また若いお客さんがほとんどだったのも印象に残りました。

メニューは以下の通りです。お店の人気メニューであるつけ麺がらーめんよりも上にあります。つけ麺のメニューには、赤鬼、青鬼というメニューがあるのも少し気になります。
20080429_みやぎ野_メニュー







お店の8割方のお客さんが注文するというつけ麺を注文しました。

つけダレは、甘みや酸味は控え目で、あっさりと魚介のダシを感じます。ただダシの味よりもタレの味の方が強いかなという印象です。つけダレには、細かくなったナッツが入っており、つけ麺として今まで味わったことのない食感は面白いとは思います。
麺は細めのストレートタイプの麺です。つけ麺としては、麺の美味しさを感じることが出来ず、やや弱いかなという印象です。麺の量は多く、食べ応えはあると思います。具は、チャーシュー、玉子焼き、キクラゲ、海苔、細かくなったナッツ、ナルト、かまぼこ、かいわれが入っています。

具が豊富で、麺の量も多く、値段も高くなく、また味のあるお店の雰囲気など、地元の人気店という印象をうけました。

住所   神奈川県川崎市中原区新丸子町915
電話番号 080-3173-4945
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜22時45分(平日)
     11時30分〜15時 17時30分〜21時30分(土曜日、祝日)
定休日  日曜日、第3月曜日

take_hilano at 04:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年05月10日

麺や 悟空@長後

1e34a13a.JPG4月27日(日)の昼に長後の麺や 悟空に行きました。こちらのお店は、既に食べている仲間にずっと前から煽られていたお店です。前から行こうと思っていたのですが、何とか時間を作ってようやく行くことが出来ました。
11時30分開店なので、数分前に着きましたが、一向に開店する気配がありません。この日はこちらのお店しか行く予定がなかったので、しばらく待ち、11時50分に開店しました。張り紙などなく、お店の開店ここまで遅れるのは初めての経験でした。。

写真左下はメニューです。写真中央下はぞうすいセットの説明です。写真右下は東京一週間に掲載されていた号の切り抜きです。
20080427_麺や悟空_メニュー20080427_麺や悟空_ぞうすい20080427_麺や悟空_東一







らーめん(塩)を注文しました。

メニューには「らーめん」としか記載されていませんが、注文すると塩か醤油の「どちらにしますか?」と聞かれます。事前にこの方に何を食べれば良いのか相談をしていて、塩の方が良いと回答をもらっていたので、塩を注文しました。

スープは粘度があり、鶏をベースとした濃厚なスープです。鶏以外のものも使用していると思いますが、鶏のダシをしっかり感じることの出来るスープです。鶏白湯は、味が単調になりやすいというイメージが自分にはありましたが、こちらのスープは最後までしっかりと食べすすめることの出来るスープでした。濃厚でありながらも食べやすく、個人的には好印象でした。
麺は、細めのもので、少し固めの茹で加減です。あまりスープとの相性が良い感じはしませんでした。具は、鶏チャーシュー、ネギ、海苔、糸唐辛子です。麺同様スープと比較すると具が弱いかなと感じます。

開店時間が20分も遅れましたが、食べた後には、20分待った怒りを忘れさせてくれるだけの満足感がありました。麺や具はまだまだ弱いですが、スープはかなり良いと思います。自分が待っていた20分の間に何人かのお客さんが待てずに帰ってしまいました。味は良いだけに、お店を営業時間内に開けるなどのことはして欲しいと思います。後は、この味が地元の人にうけるのかな?というのは正直思いました。フリークの人は必食だと思います。

住所   神奈川県藤沢市高倉650−56 
営業時間 11時30分〜15時 17時〜24時
定休日  なし

聞いた話によると臨時休業もあるそうです。

take_hilano at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年05月09日

スタミナラーメン がむしゃ@つくば

4a381bf2.JPG20080426_がむしゃ_スタミナラーメン並4月26日(土)の昼につくば市のスタミナラーメン がむしゃに行きました。こちらのお店は、水戸スタミナ冷やしの有名店である松五郎の出身だそうです。こちらのお店もいろいろな方から良い評判を聞いていたお店です。
お店には13時頃着きましたが、店内で10人待っていました。自分が食べ終わった後も、常時10人の待ちが続いていました。

スタミナ冷やし(並)(写真左)、スタミナラーメン(並)(写真右)を注文しました。

スタミナ冷やし(並)は、しっかりとしめられた太めの縮れ麺に甘めのレバー、野菜を炒めたあんかけがしっかりとからみます。特に何が他店のスタミナ冷やしと違うのか?と言われると難しいところですが、バランスがよく、丁寧に作られているという一言に尽きるのではないでしょうか?具は、レバー、かぼちゃ、キャベツ、ニンジン、ニラなどが入っています。

スタミナラーメン(並)は、あっさりとした醤油のスープにあんかけが乗っています。この系統のスタミナラーメンは、初めて食べたのですが、あんかけは冷やしの方が相性が良いと感じました。スタミナ冷やしと比べてしまうと、当然なのですが、水でしめていない麺が、中途半端な柔らかさで、物足りなく感じてしまいました。

住所   茨城県つくば市筑穂1-13-2
電話番号 029-864-3864
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜22時
定休日  月曜日、第3火曜日


take_hilano at 22:18|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 茨城県 

2008年05月08日

支那そば 一麺 下広岡店@荒川沖

bfbdd7f4.JPG20080426_支那そば一麺_正油ラーメン4月26日(土)の昼につくば市の支那そば 一麺に行きました。こちらのお店はつくばにあった支那そばやで修行した店主が開店したお店だそうです。つくば市内に2店舗あります。
12時過ぎに着きましたが、満席ではないものの8割位のお客さんがいました。
また店内には名古屋コーチンのポスターも貼られていました。

メニューは以下の通りです。
20080426_支那そば一麺_メニュー







塩ラーメン(写真左上)、正油ラーメン(醤油ラーメン)を注文しました。

作り方を見ていると塩ラーメンと正油ラーメンでは、異なる寸胴から丼にスープを注いでいました。

塩ラーメンは、個人的に苦手なタイプの表面にごま油の浮いたスープです。名古屋コーチンのポスターが貼ってありましたが、スープはあっさりとしていて、鶏の美味しいダシを感じることは出来ませんでした。
麺は、細めのストレートタイプのものです。支那そばや独特の滑らかな食感の麺ではなく、ただ普通の細い麺といった感じでした。具は、チャーシュー、メンマ、水菜、揚げネギが入っています。

正油ラーメンは、こちらも塩ラーメン同様あまりダシを感じられないスープです。正油タレの味は強く感じるものの、支那そばやのような鶏油や鶏のダシを感じることが出来ませんでした。
具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

住所   茨城県つくば市下広岡1055-632
電話番号 029-855-2996
営業時間 11時〜14時30分 17時〜21時(平日)
     11時〜21時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  月曜日

take_hilano at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 茨城県 

2008年05月07日

麺や 武蒼@つくば

4daca013.JPG20080426_麺や武蒼_中華そば4月26日(土)の昼につくば市の麺や 武蒼に行きました。こちらのお店は、2008年4月6日に開店したお店ですが、浅草開化楼の麺を使用しているとして、ネット上で幾つかの良い評判を見ていたお店です。お店に入ると厨房には、浅草開化楼と菅野製麺所の麺箱があります。
お店の前に着くと行列があり、既に人気店なのかな?と思いましたが、隣の天麩羅屋が混んでいるようでした(笑)しかし、開店前に待っているお客さんはいなかったものの、開店直後に続々とお客さんが来て、店内はすぐに満席となりました。
ちなみにこの日はつくば市で評判の良い活龍に行ったのですが、臨時休業でした。。近いうちに必ずリベンジしたいと思います。

メニューは以下の通りです。ほぐし肉つけ麺というメニューがあり、しかも浅草開化楼の麺を使用しているということで間違いなく、あの店を意識していると言えるメニュー構成になっています。
20080426_麺や武蒼_メニュー







つけ麺(写真左上)、中華そば(写真右上)を注文しました。

つけ麺は、見た目通りの濃厚で粘度のある豚骨魚介のつけダレとなっています。都内でラーメンを食べている人からするとまたこの味かと思ってしまうようなタイプの味な感じは否めませんでしたが、自分は最近この手のタイプのつけ麺を食べていなかったので、かなり美味しく食べれました。しっかりとした濃度、粘度がありますし、開店して1ヶ月経過していないことを考えるとかなりしっかりしているのではないでしょうか?
麺は浅草開化楼得意の極太のごわごわとした縮れ麺です。濃厚なスープとの絡みもよく、美味しく食べることが出来ます。具はチャーシュー、メンマ、海苔が麺の上にあり、つけダレにはネギが入っています。
また写真はありませんが(写真上、あまり差がなかったので撮影しませんでした)、同行者はほぐし肉つけ麺は、あまりほぐし肉の効果がなかったかなというのが正直なところです。ほぐし肉を入れると、値段もかなり高くなるので、つけ麺がお勧めと言えるのではないでしょうか?

中華そばは、つけ麺とは対照的な透明度のあるスープです。中華そばは、鶏を使用したスープですが、あっさりとした中にもしっかりとした鶏のダシが出ていて、こちらもなかなか良かったです。中華そば、つけ麺ともに濃厚豚骨魚介系でないところに個人的には、好感が持てました。
麺は細めの縮れたタイプのものでこちらもスープとの相性は良いと思います。具は、チャーシュー、ネギ、海苔、メンマが入っています。

最後にちょっとだけ聞いてみたところ、独学でお店を始められたそうです。

住所   茨城県つくば市柴崎1050-1
電話番号 029-857-8566
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜21時
定休日  水曜日

お店のHPはこちらです。


take_hilano at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 茨城県 

2008年05月06日

京鰹節つけ麺 愛宕@新橋

1b134ca8.jpg20080421_愛宕_メニュー4月21日(土)の夜に新橋の京鰹節つけ麺 愛宕に行きました。こちらのお店は、2008年3月26日に開店したお店です。昼と夜でメニューが異なり、開店直後から話題になっていたお店です。
昼は京鰹と鶏味、夜は京鰹と豚味を使用したスープとなっています。お店入り口にある食券機は左半分が昼用、右半分が夜用となっています。最初に入った時に半分以上が売り切れとなっていたので、かなり焦りました(笑)


メニューは写真右上の通りです。

ツケ麺を注文しました。
ツケダレは、動物系、魚介系のスープのダシが適度にきいています。つけダレは濁っているものの、どちらかというとスープは軽めな印象です。食べていると野菜の上に乗っているブラックペッパーの味が強く、ブラックペッパーの香りや刺激的な味は面白いものの、ツケダレに比べるとブラックペッパーが強いと思います。某店に似ていると評判を聞いていましたが、随分前(2004年の11月頃?)に食べた某店はブラックペッパーの味とスープの相性がもっと良かったような記憶があります。
麺は中太の縮れ麺で少し固めの茹で加減に仕上がっています。具はチャーシュー、キャベツ、モヤシ、メンマ、海苔が麺の上に乗っています。またツケダレの中には玉葱が入っています。

食券機にあったスミノフアイスって何のことか全く分からなかったのですが、お酒のことだったんですね。。

住所   東京都港区新橋5-8-3 代市ビル1F
電話番号 03-3437-3515
営業時間 11時〜15時 17時〜22時(平日)
営業時間 11時〜15時(土曜日)
定休日  日曜日


take_hilano at 04:00|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 東京都 

2008年05月04日

麺屋あらき かまどの番人外伝@スポーツセンター

20080419_麺屋あらき かまどの番人外伝_ら〜麺20080419_麺屋あらき かまどの番人外伝_外伝麺4月19日(土)の夜にワンズモール内ラーメン劇場内にある麺屋あらき かまどの番人外伝に行きました。こちらのお店は、麺屋あらき 竈の番人の2号店という扱いになっています。麺屋あらき全体で見ると実籾のお店もありますので、3店舗目となります。「竈」という文字が難しいこともあってかこちらのお店では、「かまど」と表現されています。

メニューは以下の通りです。
20080419_麺屋あらき かまどの番人外伝_メニュー







ら〜麺(写真左)と外伝麺(写真右)を注文しました。

ら〜麺は、豚骨魚介タイプです。船橋の麺屋あらき 竈の番人と同タイプのラーメンだと思います。ただ船橋のお店に比べると動物系のスープの濃度が薄く、スープに深みがないような感じがします。ただ、集合施設で杯数が出る中、うまくまとめてきたなというのが正直な感想でした。
麺は中太のもちもちとした麺で、スープとの相性は良いです。具はチャーシュー、メンマ、タマネギ、ネギが入っています。タマネギはどのように作っているのか分かりませんが、適度な柔らかさと食感があり、またスープとの相性も良く、絶妙に仕上がっています。特にタマネギのこの独特の食感は、ここでしか食べられないオンリーワンの味と言えるのではないでしょうか?

外伝麺は、イカスミを使用した香味油を使用したもので、見た目も真っ黒となっています。イカスミを使用した香味油というと上野(御徒町)にある某店を思い出してしまいますが、食べてみるとかなり異なる印象です。スープは本店に比べると豚骨に濃さや味の深みがないように感じますが、そのスープと香味油のバランスが良いように感じました。不思議とこのスープにあう香味油を作ったという感じで、癖になりそうな美味しさがありました。
麺は中太のモチモチとした麺で、スープとの絡みもまずまずだと思います。具はチャーシュー、メンマ、もやし、ネギ、糸唐辛子が入っています。もやしだけは何で入れたのかな?と思ってしまうくらい、バランスが悪いように感じました。

集合施設に入っているラーメンとしては、しっかりしたラーメンという印象でした。本店でしっかりしたラーメンを出しているお店が、いろいろと制約のある集合施設の中でどのようなラーメンを出しているかを、比べてみるのは、最近の食べ歩きの新たな楽しみになってきています。ただこうしてみると、改めてTETSUはかなりしっかり仕上げているなと感じました。

住所   千葉県千葉市稲毛区長沼町330-50 ワンズモール2F
電話番号 043-250-6697
営業時間 11時〜22時(L.O.21時30分)
定休日  不定休


take_hilano at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 千葉県 

2008年05月03日

梨の花@八街市

20080419_梨の花_横浜とんこつラーメン20080419_梨の花_魚介節系とんこつラーメン20080419_梨の花_支那そば







4月19日(土)の夜に八街市の梨の花に行きました。こちらのお店はおださんから情報が入ったお店です。事前情報では、寸八、鶏坊やと関係あるとか。こちらは最寄駅からはかなり遠いです。歩いてラーメン屋に行くのが好きな僕としても地図を見て、歩くのは無理と感じました(笑)

メニューは以下の通りです。
20080419_梨の花_メニュー120080419_梨の花_メニュー220080419_梨の花_メニュー3







横浜とんこつラーメン(写真左上)、魚介節系とんこつラーメン(写真中央上)、支那そば(写真右上)を注文しました。

横浜とんこつラーメンは、とにかく濃いです。豚骨のダシと油が共存したスープで、食べていると口がかなりべたっとしてしまうスープです。見た目は家系ですが、味は別物です。店主の方によると、自分が濃厚なスープが好きで、はまる人には、はまるようなものを作りたかったとの事ですが、かなり個性的な味に仕上がっていると思います。完成度と言われるとやや低いと思いますが、食べた時のインパクトは凄いと思います。店主の方によるとこの時間よりも昼の部の終り頃はもっと濃いとのことです。一緒に行った方々はもっと濃いものも食べてみたいと言っていましたが、自分は今でも濃すぎるので、これ以上濃いものは食べなくもいいかなというのが本音でした(笑)
麺は中太の縮れたタイプのものです。このスープの中にもしっかりとした存在感はありましたが、スープとの相性が良いかと言われるとそれ程でもないかなと思います。ただこのスープにあう麺ってどのようなものなのかな?と思います。具は、チャーシュー、ほうれんそう、ネギ、海苔が入っています。

魚介節系とんこつラーメンは、横浜とんこつラーメンをベースに魚介をきかせたものです。食べると魚介の味も感じますが、それ以上にしょっぱいです。横浜とんこつらーめんもかなりしょっぱく感じたのですが、こちらのメニューはそれ以上です。ご飯と食べれば美味しいのかもしれませんが、個人的にはもっと塩分濃度を抑えたバージョンのものを食べてみたかったです。

支那そばは、横浜とんこつらーめんなどとは対象的なあっさりとした鶏のダシのきいたスープで、誰にでも受け入れられやすいようなスープです。家族連れのお客さんは、こちらのメニューを多く頼んでいたので、もしかしたら、こちらの方が人気があるのかもしれないです。

食後に話を伺ってみたところ、梨の花の店主と寸八の店主が前の前にいたお店時代に知り合いになったそうで、寸八で何日間か教えてもらったそうです。寸八のラーメンとは似ても似つかない濃厚なラーメンでしたが、ここまで来て良かったと思えるお店でした。かなり行きづらいお店ですが、是非食べてみて欲しいです。

また下記の写真は店内に飾られていた寸八のTシャツです。「脂身」のマークもしっかり見せてあるところが、個人的には良かったです。
20080419_梨の花_寸八








住所   千葉県八街市沖1128-4
電話番号 043-309-4497
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜21時30分
定休日  不定休

take_hilano at 15:00|PermalinkComments(3)TrackBack(1) 千葉県 

2008年05月02日

房総つけめん@上総一ノ宮

20080419_房総つけめん_野菜つけめん20080419_房総つけめん_バロメン








20080419_房総つけめん_ラーメン20080419_房総つけめん_餃子







4月19日(土)の夜に上総一ノ宮の房総つけめんに行きました。こちらもこの前に食べた水戸屋同様、全然知らなかったお店でしたが、ラーメン本の情報によると20年も前からつけ麺を出していたそうです。ネットや本などの情報によるとお店を始める前に店主の方は、製麺所に勤めたいたそうです。
17時頃に行きましたが、お客さんはいませんでした。また、お店は上総一ノ宮駅近くにあります。よく横須賀線(総武線快速)を使用し、上総一ノ宮駅行きという電車を見ることがあるため、こんなところにあるんだというのが正直な感想でした。

メニューは以下の通りです。全体的にどれも値段が安いのが印象に残ります。
20080419_房総つけめん_メニュー120080419_房総つけめん_メニュー2







野菜つけめん(写真上段左)、バロメン(写真上段右)、ラーメン(写真中段左)、餃子(写真中段右)を注文しました。

野菜つけめんは、あっさりとしたつけダレに野菜がかなり入っています。つけダレのスープ自体はダシを感じるというよりも、炒めた野菜の味がスープに入っていると思います。自分としては予想通りの味というのが正直なところです。
麺はもちもちとした中太麺です。派手さはないものの丁寧に作られた麺というのがよくわかります。少し柔らかい感じもしますが、美味しいです。

バロメンは、ラーメンに揚げネギやネギが大量に入っています。少し焦げたような揚げネギの味もあります。どのように作っているのかイマイチ分からないですが、揚げネギの味が混ざったスープが、独特の味となっています。自分はあまり得意な味ではなかったですが、同行者は気にいっていました。
また、食べてみても何でバロメンという名前がついたのかもよくわかりませんでした。。

住所   千葉県長生郡一宮町一宮2114-60
電話番号 0475-42-2942
営業時間 11時〜19時
定休日  なし

take_hilano at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 千葉県 

2008年05月01日

水戸屋@東金

20080419_水戸屋_とんこつしょうゆラーメン20080419_水戸屋_つけ麺4月19日(土)の夕方に東金市の水戸屋に行きました。自分はノーチェックでしたが、同行者が本で見て気になったということで行きました。写真で見る限りはかなり濃厚そうなスープで、美味しそうに見えます。
16時頃に行ったこともあり、さすがにお店にはお客さんはいませんでした。

お店に入ると店員さんが2名いて、店員さんが着ているTシャツには、「豚骨王子」と書かれています。見た目は美味しそうで、かつTシャツに「豚骨王子」と表現されてあれば、スープの濃度を期待してしまいます。

とんこつ醤油ラーメン(写真左上)、つけ麺(写真右上)を注文しました。

とんこつ醤油ラーメンは、スープを飲んでみると思ったほどの濃度はありません。表面はかなり濃そうに見えますが、食べてみるとそれほどでもないです。少し焦げたような独特の味があります。同行者が意外と癖になると言っていましたが、個人的にはやや苦手でした。
麺は中太の麺で、少しもちもちした感じがあります。具は、チャーシュー、ほうれんそう、キクラゲ、海苔が入っています。

つけ麺は、豚骨スープに魚介を投入したものです。つけダレの濃度、粘度は普通で、最近流行の味になっています。こちらもとんこつ醤油ラーメン同様、豚骨王子というのであれば、もう少し濃度か粘度があって欲しかったというのが正直な印象です。
麺は中太の麺で麺の味などは、普通という感じがしました。

ネットなどを検索してみたところでは、濃厚なスープだったという表現もあるので、アイドルタイムに行ってしまった僕達が悪かったのかもしれません。もし行かれる際は、是非ともアイドルタイム以外の時間に行ってみて下さい。豚骨を使ったスープの場合、アイドルタイムって出来が悪かったりする時があるんですよね。。

住所   千葉県東金市南上宿23-28
電話番号 0475-55-3985
営業時間 11時〜15時 17時〜22時(平日)
     11時〜22時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  木曜日

take_hilano at 02:00|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 千葉県