2008年11月

2008年11月30日

らーめん マルダイ@鴨居

20f43002.JPG20081122_マルダイ_サイドメニュー11月22日(土)の昼に鴨居のらーめん マルダイに行きました。こちらのお店は開店当初から幾つかのサイト、ブログで紹介されていたのですが、くまきちさんのブログを見て、ずっと気になっていたお店です。一度行ったのですが、臨時休業でふられてしまいましたが、今回は電話で営業していることを確認してから行きました。

メニューは以下の通りです。
20081122_マルダイ_サイドメニュー120081122_マルダイ_サイドメニュー2







らーめん(600円)(写真左上)、ねぎちゃーしゅーご飯(300円)(写真右上)を注文しました。

らーめんは、豚骨を中心としたと思われる粘度の高いスープに大量に魚粉を使用した豚骨魚介のラーメンです。粘度が高めですが、粘度を出すようなものを使用したというよりもじっくりいろいろなものを煮込んで粘性を出しているような感じがします。ダシもしっかりと出ていて、インパクトのあるスープに仕上がっていながらも、飲みやすさもあるスープはなかなか他にはないタイプな感じがします。豚骨に魚粉を大量に入れたタイプですが、最近流行りのお店とは豚骨のダシ出方がだいぶ異なるので、食べてみると面白いのではないでしょうか?
麺は細めのストレートタイプのものです。スープと麺のバランスはあまり良くないですし、スープに比べると麺が弱く感じてしまいます。具はチャーシュー、玉葱、キクラゲ、海苔が入っています。玉葱のシャキシャキとした食感は個人的には大好きです。

2008年の夏前まではこのラーメンが500円だったというのも驚きです。

ちなみにマーコさんのサイトによるとNAGAHAMA出身だそうです。こちらのお店と似たような具の構成はどこかのお店でも見たことありますし、修行先であるNAGAHAMAにも近いうちに行ってみたいと思います。

住所   神奈川県横浜市都筑区池辺町3621
電話番号 045-932-6765
営業時間 11時〜15時 18時〜23時
定休日  日曜日

take_hilano at 13:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年11月29日

信楽茶屋@鶴見

aa5205a7.JPG11月21日(金)の夜に鶴見の信楽茶屋に行きました。前々から屋号は知っていましたが、営業時間が長く、いつでも行けるだろうという思いから、なかなか行く機会がなかったお店です。最近は信楽茶屋出身のお店が増え、どこも美味しかったので、今回行ってみました。





写真左下はメニューです。写真右下は屋号の由来となっています。
20081121_信楽茶屋_メニュー20081121_信楽茶屋_由来







塩(650円)を注文しました。

お店の説明によると豚系、鶏系、だし系で3種類の寸胴から別々にダシをとっているそうです。いわゆるトリプルスープです。作る工程を見ていると一つの寸胴から丼にスープを注いでいたので、3つの寸胴のスープを直前であわせるタイプではないようです。
スープは驚くような熱さで、しっかりと魚介系の独特のダシ(orタレ?)の味がします。説明書きには全く書かれていないのですが、貝系の味がしたような気がします。丼の手前にタレが一滴ついていたので、舐めてみましたが、しっかりとした旨みがあったので、タレがしっかりしているのかなという印象です。
麺は中細の少し縮れたタイプです。真空多加水麺とのことですが、個人的にはスープとの相性があまりよくないと感じました。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

住所   横浜市鶴見区鶴見中央1-18-2 徳永ビル1階
電話番号 045-504-5668
営業時間 11時30分〜翌2時30分(L.O.翌2時)
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:18|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 神奈川県 

2008年11月27日

虎鉄@蒲田

20081117_虎鉄11月17日(月)の夜に蒲田の虎鉄に行きました。こちらのお店は蒲田にある和鉄のセカンドブランドで背油を使用した豚骨醤油ラーメンを出しているそうです。JRの蒲田駅からお店が見えるところにあります。ちなみに屋号は名刀「長曽祢虎徹」が由来だそうです。

ラーメン(600円)を注文しました。

作り方を見ていると、背脂をチャッチャと振ってはいないものの、背脂をすり潰して丼に入れています。ノーマルでもそれなりの量が入っているので、石山本の様に脂多めで注文したら、かなりの背脂の量になるのかもしれません。
出て来たものを見ると、具の構成などに少しだけ二郎の要素も感じることが出来ます。実際スープを飲んでみると二郎っぽさを少しだけ感じることの出来るようなスープになっています。似ているという訳ではないのですが、本当に少しだけ二郎の要素が入ったラーメンだと思います。個人的には甘みのある背脂がうまく機能したラーメンだと思いました。
麺は中太の固めの麺です。固めで独特の食感のある麺は存在感があり、なかなか面白く仕上がっていると思います。具はチャーシュー、茹でたモヤシ、キャベツにネギが入っています。

住所   東京都大田区西蒲田7-1-5 宮本ビル1F
電話番号 03-3733-0595
営業時間 11時30分〜翌1時(平日)
     11時30分〜翌0時30分(日曜日)
定休日  なし

take_hilano at 01:22|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 東京都 

2008年11月25日

つけめん四代目 けいすけ@本駒込

20081124_四代目けいすけ11月24日(月)の夜に本駒込のつけめん四代目 けいすけに行きました。こちらのお店は2008年11月7日に開店したお店です。名前からも分かる通り、初代けいすけ@本郷三丁目二代目 海老そば けいすけ@高田馬場のネクストブランドとなります。常に新しい斬新なラーメンを出す竹田さんのお店だけに、楽しみにして行きました。
夜の部の営業が始まって間もないせいか、18時過ぎに着きましたが店内に既に5人いただけで満席ではありませんでした。その後もお客さんは来るものの1、2人待ち程度でした。(ちなみにこの日の昼の部に食べに行った方の話だと15人待ちだったそうです。)

以下の写真はつけ麺の食べ方についてです。こちらの食べ方を見ると麺だけで食べてもいいみたいですね(笑)
20081124_四代目けいすけ_食べ方







こちらのお店のメニューですが、今回は昼の部では、渡り蟹の滴、焼きもりめん 海老の滴、四代目ラーメンとメニューが異なります。(2008年11月24日現在、四代目ラーメンは提供されていません。)開店当初は夜の部はやっていませんでしたが、11月22日より夜の部の営業が開始したそうです。

焼きもりめん 海老の滴(900円)を注文しました。
まず最初にけいすけグループの注目である容器ですが、丼の底に焼き石を入れるためのスペースを確保しています。そのため丼が深くなりますが、焼き石が入っていてもスープが周りに飛ぶことなく、食べやすさという点で工夫されています。

肝心の焼きもりめんですが、焼きもりめんというのは茹でて一度水でしめた麺を片側だけ鉄板で焼いてあります。片側だけ麺を焼くことにより通常の麺の食感とカリっとした食感が同居し、今まで食べたことないつけ麺になっています。これをつけ麺と呼ぶのかに賛否が分かれそうな気がしますが、個人的にはありだと思います。麺は少し幅のある麺となっています。パリっとした食感を出すにはこのくらいの麺の方が良いのでしょうね。麺が出て来た時から香りがよく、海老の香りのする油を使用していると思います。
つけダレは豚骨、魚介をベースに海老の味がしっかりときいています。麺をつけダレにつけることにより、海老の香りがしっかりするようになっています。つけダレは粘度はあるもののあまり重たくはなく、動物系以外の食材を使って粘度を出しているような感じがします。麺を焼く時に油を使用しているため、全体的に重く感じる一杯なのでこれくらいのつけダレの方が食べやすいのではないでしょうか。具はチャーシュー、メンマ、ネギなどが入っています。

斬新なものを出すお店だというのは前から知っていたつもりですが、今回も味だけでなく、想像もしないような驚くメニューを出しているのはさすがの一言しか出て来ません。新しいアイデアを出すという点においては、このお店の右に出るお店はないのでは?と改めて感じました。味だけでなく、見せ方、香りでも楽しむことが出来、食べていて楽しかったです。昼の部の渡り蟹の滴、夜の部の四代目ラーメンも食べに行きたいです。
また次は何をやってくるのか今から楽しみになってしまいますね。

住所   東京都文京区本駒込1-1-14 HONKOMA P.Bside1F
電話番号 03-5814-5131
営業時間 11時〜15時 18時〜?
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:10|PermalinkComments(6)TrackBack(3) 東京都 

2008年11月23日

らあめん こもん@石川町

4f659dff.JPG20081115_こもん_肉ご飯11月15日(土)の昼に石川町のらあめん こもんに行きました。最新の石神本にも紹介されているお店です。場所は石川町の駅から近いですが、何となく行きづらい場所にあります。
店内に入ると七厘がおいてあり、香ばしい香りが店内に充満しています。


メニューは以下の通りです。
20081115_こもん_メニュー120081115_こもん_メニュー2







塩らぁ麺(650円)と肉ご飯(350円)を注文しました。

塩らぁ麺はあっさりとした神奈川淡麗系に分類されるタイプのラーメンだ思います。表面の油も少なめでインパクトはなく、あっさりとした中にも適度なダシを感じることが出来、なかなか美味しいと思います。もう少しダシを感じることが出来るスープだと自分の好みかなと思いました。
麺は細めの少し縮れたタイプのものです。スープに比べると麺が洗練されていない印象を感じました。具は柔らかいながらもしっかりとした食感のあるチャーシュー、水菜、メンマ、海苔が入っています。

本厚木にもお店を出されるようですし、そちらのお店にも行ってみたいと思います。

住所   神奈川県横浜市中区寿町1-1-15 稲垣ビル1F
電話番号 045-633-2066
営業時間 11時45分〜15時 17時〜21時30分(平日)
     11時45分〜スープ終了まで(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日

take_hilano at 01:05|PermalinkComments(4)TrackBack(4) 神奈川県 

2008年11月21日

こってりらーめん 誉@柏

23361e89.JPG11月12日(水)の夜に柏のこってりらーめん 誉に行きました。こちらのお店は津田沼のなりたけで修行した人が開店しているお店だそうです。最近食べに行った仲間から美味しいと評判を聞いていたのと同じなりたけ出身であるらーめん 福たけ@桜木を最近食べたこともあり、食べ比べてみようと思い、行ってみました。
この日は、21時前くらいにお店に着きましたが、店内で5人待ちです。その後も続々とお客さんが来て、人気があるのが伺えます。


メニューは以下の通りです。このメニューからは分かりませんが、つけ麺は白(甘辛)、赤(ピリ辛)、黒(味噌)、青(鰹)の4種類から好きな味を選択出来るようになっています。
20081112_誉_メニュー







辛ネギみそらーめん(900円)を注文しました。

普段は最初に行く店でトッピングをすることは滅多にないのですが、尊敬するT氏のお勧めに従い、今回は辛ネギをトッピングしました。本当は背脂を多めがベストとのことでしたが、背脂は普通で注文しました。
味噌は中華鍋の中に火を入れて作るスタイルです。スープは少し甘めの味噌と背脂がいい感じでマッチしています。背脂と味噌をうまく使った味わいになっています。全く自信はないのですが、ずっと昔に食べた阿佐ヶ谷の大慶もこのようなタイプだったと気がします。背脂と味噌の相性って良いなと感じました。
麺は菅野製麺の中くらいの太さの麺で、麺との相性も悪くないと思います。具は柔らかいチャーシュー、メンマ、炒めたモヤシ、ニラ、辛めの味付けのネギが入っています。

次は他のなりたけ出身のお店やなりたけで味噌を食べたいと思います。また、背脂つながりで弁慶の味噌も食べに行きたいですね。

住所   千葉県柏市旭町1-7-11
電話番号 04-7145-9700
営業時間 11時〜翌1時
定休日  火曜日

take_hilano at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 千葉県 

2008年11月19日

横浜ラーメン 町田家 新百合丘店@新百合丘

a2125141.JPG11月8日(土)の夜に新百合丘の横浜ラーメン 町田家 新百合丘店に行きました。こちらのお店は冨田本にも掲載されていたお店です。町田家は5店舗ありますが、恥ずかしながらもどちらのお店でも食べたことがなかったので、今回が初となります。ちなみにお店の中の掲示を見ると、2008年12月に今の場所からすぐ近くの場所にお店が移転するそうです。

ラーメン(700円)を注文しました。
ラーメンはベースのスープはそれ程ダシが濃厚という感じではありませんが、鶏油でこってり感を出していて、スープとのバランスが良く仕上がっていると思います。個人的にはこの鶏油の量がポイントなのかな?と感じました。コッテリ感にセレブもメロメロになるというのも納得です(爆)
麺は中太の縮れ麺で少し柔らかめの茹で加減です。どこの製麺所か不明ですが、家系特有の麺でもちもちとして美味しいです。具は家系定番のチャーシュー、海苔3枚、ほうれんそうが入っています。ほうれんそうはもう少ししっかりとしている方がいいかなと感じました。

住所   神奈川県川崎市麻生区上麻生1-15-12
電話番号 044-952-3303
営業時間 11時〜翌2時(平日)
     11時〜翌1時(日曜日、祝日)
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年11月17日

らぁ麺つけ麺 ふえ木@二和向台

b733f790.JPG20081108_ふえ木_つけ麺11月8日(土)の昼に二和向台のらぁ麺つけ麺 ふえ木に行きました。こちらのお店は大成食品株式会社が行っている鳥居式らーめん塾出身の店主が2008年10月1日に開店したお店だそうです。らーめん ひとふんばり@伊勢佐木長者町、砂町らーめん@西大島の店主が鳥居式らーめん塾の同期だそうです。また詳しくは分からないのですが、他にもラーメン屋での修行経験もあるそうです。
13時過ぎにお店に着きましたが、店内で2人待っていました。自分が食べ終わる頃には店内で8人が待っているのを見て、開店して間もないですが既に地元で認知されているお店なのかなと感じました。

らぁ麺こってり(700円)(写真左)、つけ麺(750円)(写真右)を注文しました。

らぁ麺こってりは流行の豚骨魚介タイプです。スープはあまりとろみはなく、見た目よりもさらっとした感じに仕上がっています。こってりという名称ではありますが、油が多い訳でもないですし、スープが濃い訳ではなく、ラーメンを食べ歩いている人からするとややあっさりした部類に感じるのではないでしょうか?同期のらーめん ひとふんばりのスープ(正確に言うと自分が食べたつけダレ)の方がダシの濃さを感じることが出来ました。
麺は中太の少しだけ縮れたタイプのもので、茹で加減は悪くないと思います。具は濃い目の味付けのチャーシューが4枚、海苔、ナルト、メンマが入っています。

つけ麺はらぁ麺こってりに比べると調味料の味が少し強くなっていて、ダシを感じづらくなっています。個人的にはもう少しダシの味が前面に出て来る方が好みでした。
つけ麺はらぁ麺こってり同様、スープを小鍋で温めていますが、スープを温める際、細かく刻んだチャーシューも小鍋の中に入れて温めるという作り方をしていたのが、印象に残りました。

住所   千葉県船橋市咲が丘3-1-23
電話番号 047-440-5666
営業時間 11時〜14時 18時〜20時
定休日  火曜日

take_hilano at 01:10|PermalinkComments(4)TrackBack(2) 千葉県 

2008年11月15日

らーめん 福たけ@桜木

479a2c61.JPG20081108_福たけ_味噌20081108_福たけ_背脂







11月8日(土)の昼に千葉県千葉市若葉区のらーめん 福たけに行きました。最寄駅は桜木(千葉都市モノレール線)、都賀(JR)となります。
こちらのお店は最新の石神本でも大きく取り扱われていますし、最近仲間内でも評判が良く、かなり気になっていたお店でもあります。11時10分頃着きましたが、先頭でした。そのすぐ後に後ろにお客さんが並び、開店時には20人弱が並んでいたと思います。営業後も続々とお客さんが来て、店内で10人位の待ちとなっています。
店内に入ると店員さんのTシャツには背脂と書かれていたり、厨房の近くには右上の写真のように大量の背脂が置かれてありました。

メニューは以下の通りです。
20081108_福たけ_メニュー120081108_福たけ_メニュー2







メガ豚煮干しつけめん(700円)(写真左上)、みそらーめん(600円)(写真中央上)を注文しました。

メガ豚煮干しつけめんは名前の通り濃厚なつけ麺になっています。豚骨の粘度のあるスープに煮干しを強烈にきかせています。最近の流行りだと煮干しよりも節系なだけに、この煮干しのしっかりきいたつけダレは他にはない味でかつインパクト十分に仕上がっていると思います。煮干しのきかせ方が若干自分の好みとは異なるのですが、かなり美味しく仕上がっています。個人的にはつけ麺だけじゃなく、このようなタイプのラーメンも食べてみたいところです。
麺は浅草開化楼の太麺を使用しているようです。浅草開化楼の麺というイメージから想像出来る通りの少し固めの縮め麺です。粘度のあるスープともよく絡み、相性は良いと思います。具はチャーシュー、海苔、メンマが麺の皿に乗っていて、つけダレにネギが入っています。

みそらーめんはダシやスープの濃厚さは感じないものの背脂を上手く使い、どろっとした感じを演出しています。少しどろっとしたスープですが、よくありがちなしょっぱさやインパクトはどちらかというと控えめで、とても食べやすく仕上がっていると思います。
麺は中太の麺で少しどろっとしたスープともよく絡み、美味しいです。具はチャーシュー、ネギ、海苔、もやし、メンマが入っています。

どちらのメニューともレベルが高いと思います。また味だけでなく、ボリュームもあり、しかも値段が安いのにもとても驚きました。場所が遠いですが、また他のメニューも食べてみたいと思いました。

住所   千葉県千葉市若葉区桜木町550-13
電話番号 043-235-3353
営業時間 11時30分〜16時(火曜日〜木曜日)
     11時30分〜16時 18時〜22時(金曜日)
     11時30分〜16時 17時〜22時(土曜日、日曜日、祝日)


take_hilano at 02:01|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 千葉県 

2008年11月13日

塩らー麺と小籠包のお店 本丸亭@東銀座

a9b0dba1.JPG11月5日(水)の昼に東銀座の塩らー麺と小籠包のお店 本丸亭に行きました。元々はCity Noodleという名前でお店を営業していましたが、2008年10月頃に屋号を本丸亭に変更したようです。既に食べた仲間から本丸亭の店主がいると聞いたこともあり、すぐに行ってみました(笑)
この日は13時前にお店に着きましたが、7割くらいが埋まっていました。しかし埋まっていない席にも食べ終わった丼が片付けられずに残っていたりと、お店はかなりばたついていました。実際、注文してからお店を見渡してもかなりオペレーションは乱れていました。この日だけだとは思うのですが、ここまで乱れたオペレーションを見たのも久しぶりな感じがしました。

メニューは以下の通りです。
20081105_本丸亭_メニュー120081105_本丸亭_メニュー2














Aランチ(850円)を注文しました。

あっさりとした鶏のダシを感じるスープで、以前食べたCity Noodleのラーメンと同じタイプだと思います。本丸亭は厚木にお店が開店した頃にしか行ったことがないのですが、この時食べた時はしょっぱいものの凄く美味しかった記憶があるのですが、この頃食べた印象と比べるとおとなしくなったという感じがします。ただ、オペレーションが酷かったのばかりに目がいってしまい、ラーメンを味わって食べることが出来なかったというのが正直なところです。
麺は縮れた少し平たいタイプのものです。スープとはまずまず絡むと思います。具はチャーシュー、ワンタン、春菊、ネギが入っています。

場所を考えると仕方ないとは思うのですが、値段がやや高いラーメンですし、この日のお店のオペレーションだけ見ると完全にうまくまわせていない感じがしました。この日の状態が続くのでしたら、点心などをやめた方がいいんじゃないかなと思います。

住所   東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座東新館1F
電話番号 03-3542-3363
営業時間 11時〜21時
定休日  日曜日

take_hilano at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年11月11日

麺処 くるり@市ヶ谷

9433df9d.JPG11月3日(月)の昼に市ヶ谷の麺処 くるりに行きました。この日は5周年記念として、一日限りの限定ラーメンをやるということもあり、久しぶりに行きました。
東京のラーメン屋の中でも行列する人数が多い部類に入るお店だと思います。くるりが開店した頃に市ヶ谷に仕事でよく行くことがあり、並ばずに食べられたのが今では懐かしい思い出です(笑)
ちなみにこの日は、開店1時間前の10時少し前に着いたのですが、前に30人位並んでいました。10時30分の時点で約70人、開店時には100人以上はいたのでは?と思います。

写真左下はメニューです。写真右下はシャッターに記載されていた本日の特別メニューについてです。
20081103_くるり_メニュー20081103_くるり_告知







五周年記念限定ラーメン(800円)を注文しました。

二郎インスパイアということで醤油なのかな?と思ってもいましたが、くるりということでやっぱり味噌でした。同行者によると最近のくるりの味噌ラーメンとは異なるそうですが、食べてみた感じではくるりっぽいなという感じがするスープに仕上がっています。そしてその上に刻みニンニクを乗せるとニンニクの香りから二郎を食べているのかな?と錯覚してしまうような感じにもなるので、二郎においてニンニクがいかに重要なのかなということを改めて感じました。
麺は太めのごわごわとした麺で、少し固めの茹で加減に仕上がっています。スープに負けない存在感があり、美味しいです。具は巻いてあるタイプのチャーシュー、モヤシ、キャベツ、ニンニクが入っています。

本当に5周年おめでとうございます。次の記念ラーメンも楽しみにしています。

住所   東京都新宿区市谷田町3-2トゥービル1階
営業時間 11時〜21時(平日)
     11時〜19時(土曜日、祝日)
定休日  日曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 00:54|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 東京都 

2008年11月09日

焼豚ソバ 黒ナベ@東池袋

cfbb1539.JPG20081102_黒ナベ_メニュー11月2日(日)の昼に東池袋の焼豚ソバ 黒ナベに行きました。こちらのお店は2007年11月15日に開店したお店で富山ブラックっぽいと評判になっていたお店です。開店直後の話題になっていた頃に行くのを忘れてしまい、この日まで未食でした。池袋は普段行かないので、今回は割と近くに用事があったので、その前に行きました。

メニューは以下の通りです。
20081102_黒ナベ_メニュー







焼豚ソバ(並)(800円)(写真左上)、ミニ焼豚丼(300円)(写真右上)を注文しました。

焼豚ソバ(並)は確かに見た目は富山ブラックが濁ったように見えます。詳しい事は知らないのですが、見た目だけから言えば意識していない訳はないという感じがします。
実際食べてみてもかなりしょっぱめのスープです。しょっぱさがどうしても強く感じてしまうためには完成度が高いラーメンという感じではないのですが、中毒性があり、富山ブラックが好きな人ならば好きなんだろうという味に仕上がっていると言えると思います。またデフォルトで振られているブラックペッパーもスープとの相性も良いです。
麺は浅草開化楼の得意の極太縮れ麺です。固めで存在感のある麺でスープともよく絡みます。富山ブラックでよく使われている新村製麺っぽさもあり、とても良いチョイスだと感じました。具はチャーシュー、少し大きめのネギ、メンマが入っています。

ミニ焼豚丼は柔らかくジューシーなチャーシューに甘めのタレがかかっています。単品では美味しいのですが、焼豚ソバがしょっぱいこともあり、相性はあまり良くないという感じがしました。やっぱりこのラーメンと相性が良いのは白飯なのかなと感じました。

住所   東京都豊島区南池袋2-41-21
電話番号 03-5992-2110
営業時間 11時30分〜15時 19時〜23時30分(平日)
     12時〜15時 18時〜22時(土曜日、祝日)
     12時〜16時(日曜日)
休日   不定休


take_hilano at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年11月07日

麺屋 大斗 浜松町店@浜松町

f2ce37e5.JPG10月30日(土)の昼に浜松町の麺屋 大斗 浜松町店に行きました。こちらのお店は東池袋大勝軒系の味でとらさんサーチによると七福神の系列のお店のようです。店外にも大勝軒と関係があるのも分かるようになっていて、売り方が上手いなという印象をもちました。
ちなみに12時45分頃並びましたが、お店の外には8人並んでいました。店内にも並べますので、おそらく10人以上は待っていたと思います。少し時間を外して行ったのですが、この行列ということでおそるべしというのが正直な印象です。13時を過ぎても行列がなくなることはありませんでした。

写真左下はメニューです。写真右下は麺屋大斗の新店舗の紹介です。
20081030_麺屋大斗_メニュー20081030_麺屋大斗_新店案内







並盛 らーめん(680円)を注文しました。先に注文したのですが、後に注文した人のらーめんが先に出たために、サービスとして普段のものよりも海苔が多くのせてもらいました。僕が文句などを言った訳ではなく、意図的に後のお客さんのラーメンを出されたのは如何なものかな?と正直感じました。

スープはあっさり目の動物系に魚介をきかせたタイプのものです。魚粉も使っていて今風のラーメンではありますが、スープの濃度、粘度が今のものと比べるとかなりあっさりに仕上げられていると思います。しかしこのくらいのスープの濃度であると、麺が主役となり、いきてくるので、これはこれでありかなと思いました。
麺は、店内に製麺室がありましたので自家製麺だと思います。中太のストレートタイプのもので、滑らかな麺で美味しいです。具はチャーシュー、海苔、ナルト、メンマ、ネギが入っています。

住所   東京都港区芝大門2-1-18
電話番号 03-3431-8686
営業時間 11時〜スープ切れ終了(平日)
     11時〜15時(土曜日)
定休日  日曜日

take_hilano at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年11月05日

近藤家 川崎店@産業道路

956e5600.JPG10月25日(土)の夜に近藤家 川崎店に行きました。こちらは県内に3店舗ある近藤家の支店となります。近藤家は一番最初の石神本に掲載されていた時に、センター北のお店しか食べたことがなかったので、こちらのお店は初めてとなります。
近藤家ということで人気店だと思っていただけに、21時頃でお店にはお客さんが数人しかいなかったのは少し意外な感じがしました。

ラーメン 並(650円)を注文しました。

スープは家系としてはライトで鶏油もかなり少なめです。センター北のお店で食べた時は、濃厚で鶏油も多めだった印象があるだけに少し拍子抜けした感じは否めませんでした。ラーメンマップ神奈川の紹介文を読むと乳化したマイルドなスープと書かれていますが、あまり感じなかったので行った時間帯があまりよくなかったのかもというのが正直な感想です。家系は営業時間の長い店が多く、行く時間によっては印象が大き異なる時が多いので、食べる方としても行く時間が本当に難しいなと改めて思いました。
麺は家系特有の縮れた太麺です。もちもちとしていて、美味しいですし、スープともよく絡むと思います。具はチャーシュー、のり、ほうれんそうの家系定番の具が入っています。

住所   川崎市川崎区昭和2-14-10
電話番号 044-288-7440
営業時間 11時〜23時(平日、土曜日)
     11時〜21時(日曜日、祝日)
定休日  なし

take_hilano at 01:14|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 神奈川県 

2008年11月03日

徳島中華そば 徳福@台場

453f7c4b.JPG10月25日(土)の昼にアクアシティお台場にあるラーメン国技館の徳島中華そば 徳福に行きました。徳島ラーメンブームの頃に保土ヶ谷の徳福を一度だけ食べたことがありますが、今回はそれ以来の徳福に食べに行ったことになります。もう10年近く前のことかもしれません。

お店の一押しは肉が多めで生卵の入った肉玉そばのようですあ、今回は中華そば(750円)を注文しました。

スープは甘めのタレに動物系スープを使っていると思いますが、ライトなスープです。あまりダシを感じることが出来ず、少し残念な感じがしました。徳島でも徳島ラーメンを食べたことがありますが、全体的にはもう少しダシが出ているのではないかなと思います。個人的にはもう少しダシが出ていた方が徳島ラーメンらしいのかなとも思いました。
麺は少し固めの茹で加減で気持ちもちもちとした感じの麺です。徳島の麺とは若干異なる印象です。 具は味のついたバラ肉、メンマ、もやし、ネギが入っています。

住所   東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場
電話番号 03-3529-5288
営業時間 11時〜23時
定休日  なし

take_hilano at 01:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2008年11月01日

通算軒数

越後新潟麺処 極一を食べた時点で訪問軒数2500軒となりました。
2000軒の時のものはこちらです。
約2年半で500軒ですから、年200軒ペースで食べているのかなと思います。

都道府県別の軒数は以下の通りです。

東京 972軒
神奈川 294軒
大阪 118軒
富山 113軒
千葉 104軒
埼玉 101軒
愛知 74軒
福岡 62軒
京都 55軒
北海道 52軒
栃木 40軒
静岡 40軒
福島 39軒
長野 37軒
群馬 36軒
新潟 34軒
兵庫 33軒
茨城 23軒
青森 18軒
徳島 17軒
広島 15軒
佐賀 15軒
山形 13軒
福井 13軒
宮城 13軒
山口 12軒
鹿児島 12軒
鳥取 10軒
長崎 10軒
山梨 10軒
岡山 10軒
熊本 10軒
岐阜 9軒
奈良 9軒
滋賀 9軒
大分 8軒
三重 8軒
秋田 8軒
沖縄 8軒
石川 7軒
島根 7軒
香川 7軒
宮崎 6軒
和歌山 3軒
岩手 3軒
愛媛 2軒
高知 1軒


take_hilano at 16:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0) その他