2008年12月

2008年12月30日

旬鮮家 萬坊@新潟

2f7c8fdf.JPG12月13日(土)の夜に新潟駅近くの旬鮮家 萬坊に行きました。こちらのお店は居酒屋ですが、ラーメン特集をしている地元の雑誌WEEK!に鯛を使用したラーメンが紹介されていたこともあり、行ってみました。元々は行く予定はなかったのですが、自分、同行者ともども「鯛」というキーワードが気になり、行くことになりました。




メニューは以下の通りです。
20081213_萬坊_メニュー







新潟名物 鯛ラーメン 塩(700円)を注文しました。

新潟近海の天然の鯛を使用しているそうですが、鯛の味はあまりしないというのが正直なところでした。しかしあっさりとしたスープは居酒屋のしめのメニューにはぴったりで美味しいスープに仕上がっていると思います。後味が悪くなく、とても飲みやすいと思います。
麺は少し縮れた細麺です。スープに比べると麺が弱いという印象です。居酒屋ということで仕方ないとは思いますが、麺を改良したらもっと良いラーメンになると思います。具はチャーシュー、メンマ、水菜、ネギ、白ゴマ、糸唐辛子が入っています。

住所   新潟県新潟市中央区東大通1-5-14 大屋ビル2F
電話番号 025-247-2751
営業時間 17時〜23時
定休日  日曜日

take_hilano at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新潟県 

2008年12月29日

麺や 来味@大形

20081213_来味_限定120081213_来味_限定220081213_来味_限定3







12月13日(土)の夜に新潟市の麺や 来味に行きました。こちらのお店は中華の来味の2号店ということになります。ラーメンの味は武蔵浦和ラーメンアカデミーで出していたラーメンがベースになるそうです。武蔵浦和ラーメンアカデミー自体に一度も行かなかったので、その時の味は正直なところ分からないです。

メニューは以下の通りです。「和だしの濁り塩らぁ麺」、「名古屋コーチンの地鶏塩らぁ麺」、「牛と鶏と豚の醤油らぁ麺」は通常メニューとは異なる扱いになるようです。「牛と鶏と豚の醤油らぁ麺」は12月〜1月の限定です。また「名古屋コーチンの地鶏塩らぁ麺」は無い時も多いそうです。
81060084.JPG20081213_来味_限定メニュー220081213_来味_限定メニュー3














20081213_来味_メニュー







和だし塩らぁ麺(680円)(写真左上)、地鶏塩らぁ麺(880円)(写真中央上)、牛・鶏・豚の醤油らぁ麺(830円)(写真右上)を注文しました。

和だし塩らぁ麺は今回食べた3種類の中では一番分かりやすいラーメンという感じがします。動物系のダシと魚介ダシがどちらも強く出ており、しっかりとダシを楽しむことが出来ます。塩ラーメンとして完成度も高く、東京などで塩ラーメンをかなり食べ歩いたんじゃないかな?と感じました。
麺は中くらいの太さの麺でスープをよく持ち上げます。麺とスープの相性は悪くないと思いますが、麺がもっと美味しいとスープもより生きてくるのかなと感じました。具はチャーシュー、メンマ、水菜、海苔が入っています。

地鶏塩らぁ麺は写真の通り、具が別皿で出て来ます。スープは見た目が美しく、スープにこだわっているのがすぐに分かります。実際に食べてみると上品な鶏のダシがしっかりと出ていて美味しくスープを味わうことが出来ます。塩分も控え目で鶏のダシを味わってもらおうというのがよく分かります。スープは冷えても、美味しく飲むことが出来ます。
麺は細めの少し縮れたタイプのもので、スープとの相性は良いと思います。ただスープの量に対して、麺が多く、麺が持ち上げづらいのが少し残念に感じました。具は鶏チャーシュー、メンマ、水菜、海苔が入っています。

牛・鶏・豚の醤油らぁ麺は牛の香りが強くします。ただスープはあまり濁っておらず、ダシの旨みも控え目という感じです。個人的にはもう少しダシがしっかりとしている方が好みというのが正直なところです。
麺は平打のストレート麺です。スープとの愛称が個人的にはあまりよくないと感じました。具は牛肉、ネギ、糸唐辛子が入っています。

どれもレベルが高く、美味しいと思います。機会があれば、他のメニューを試してみたいと思います。

住所   新潟県新潟市東区大形本町5-6-6
電話番号 025-272-4198
営業時間 11時〜15時 17時30分〜21時
定休日  火曜日(祝日の場合翌日)


take_hilano at 02:01|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 新潟県 

2008年12月27日

ラーメン専門店 なおじ狭罅寺尾

d49ec28c.JPG20081213_なおじ狭_醤油12月13日(土)の夜に新潟市のラーメン専門店 なおじ狭罎帽圓ました。こちらのお店は新潟の有名店であるいっとうやの跡地にオープンしたお店です。




メニューは以下の通りです。こちらのお店では食券機を導入しているため、なおじプレゼンツなんでんかんでんとは異なり、1円単位でお金を払うことにはならないようです。
20081213_なおじ狭_メニュー







白鬼濃く味噌(720円)(写真左上)、醤油らーめん狭(630円)(写真右上)を注文しました。

白鬼濃く味噌は脂の甘みがあり、少し甘いタイプの味噌ラーメンです。スープの濃度、粘度はありますが、重たさはなく、かなり食べやすく仕上がっている感じがします。見た目も悪くないですし、女性の方に食べてもらうということも意識しているのかな?と感じました。ただメニュー名だけがこのラーメンとアンマッチな感じもしますが(笑)
麺は幅の広い平打麺で、つけ麺では時々見かけることはありますが、ラーメンではあまり使用されないタイプだと思います。しかしスープとの相性もよく、面白い組み合わせだと感じました。具は味の付いた豚肉、茹でてあるもやし、キャベツ、キクラゲが入っています。

醤油らーめん狭罎聾た目は動物系がしっかりとしたスープなのかな?と思いましたが、食べてみると動物系以上に魚介ダシがしっかりときいていて、良い意味で期待を裏切られます。派手さはないものの丁寧に作られているのが分かり、美味しいと思います。
麺は細めの縮れ麺でスープともよく絡みます。具はチャーシュー、味玉、ネギ、メンマ、ナルトが入っています。

どのメニューも良かったですし、今回食べることが出来なかったガッツンつけ麺も食べてみたいところです。

住所   新潟県新潟市西区小新西3-3-1
営業時間 11時10分〜22時
定休日  なし


take_hilano at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新潟県 

2008年12月25日

Yakitori Bistro Style ZOOT@浜松町

d70fab0c.JPG12月25日(木)の昼に浜松町のYakitori Bistro Style ZOOTに行きました。こちらのお店は蒲田にあるZOOTの関連店という位置づけのようです。お店の入り口には無化調ラーメンMAPに蒲田のZOOTが紹介された時の記事が大きく出ていて、蒲田のZOOTと関係があることが分かります。
お店に入ると店内は7割くらいは埋まっていて、人気があるのが分かります。
また、ぼぶさんがいらっしゃいましたので、隣に座らせてもらいました。いろいろな人のブログを見ていると開店直後は○○さんと会ったなんていう記事を見かけたりしますが、こういうことがあって、ブログに書くことが出来るんだなと納得しました。10分位早く来ていれば、二種類のメニューを頼み、食べ比べることが出来たのにと思い、会社出るのを意図的に遅らせたことを少し後悔しました。。

メニューは以下の通りです。
20081225_ZOOT_メニュー







つけ麺(200g)(750円)を注文しました。

蒲田のお店は新規開店してからそれ程時間が経っていない頃にラーメンを食べたきりなので味の違いは正直分からないですが、今回食べた感じではつけ汁は軽めの動物系と魚介がきいたタイプです。挽き肉のようなものが浮いています。濃厚な豚骨魚介が流行る最近のつけ麺と比べるとかなりあっさりしているように感じるのではないでしょうか?
麺は平打の少し縮れた麺で食感が良く、なかなか美味しいです。この麺だったらもう少し濃度、粘度があるスープで食べてみたいというのが本音ですね。具はチャーシュー、玉葱、ネギ、柚子のような柑橘類の刻んだものも入っています。

住所   東京都港区浜松町1-28-4 保木ビル1F
電話番号 03-6459-0660
営業時間 11時〜14時30分 17時〜23時(平日)
     12時〜14時30分 17時〜23時(土曜日、祝日)
定休日  日曜日

※ラーメン類は昼のみで、夜は焼き鳥ダイニングとして営業しています。

take_hilano at 23:55|PermalinkComments(6)TrackBack(5) 東京都 

2008年12月24日

昔食堂 なおじプレゼンツ とんこつラーメン なんでんかんでん@荻川

605566fc.JPG20081213_なおじプレゼンツなんでんかんでん_みそ20081213_なおじプレゼンツなんでんかんでん_外観







12月13日(土)の夜に新潟市の昔食堂 なおじプレゼンツ とんこつラーメン なんでんかんでんに行きました。こちらのお店は昔食堂 なおじの白根店が2008年12月末まで限定で営業しているお店のようです。元々は2008年7月〜9月までの営業予定だったそうですが、期間延長して、2008年12月末までの営業になっているそうです。お店の入り口には写真右上の通り、なんでんかんでんの川原さんの顔写真が大きく写っています。
ちなみに以前行った時の日記はこちらです。

写真左下、中央下はメニューとなります。写真右下はなんでんかんでん王国 入国の心得です。
20081213_なおじプレゼンツなんでんかんでん_メニュー120081213_なおじプレゼンツなんでんかんでん_メニュー220081213_なおじプレゼンツなんでんかんでん_メニュー3







ラーメン(682円)(写真左上)、みそらーめん(780円)(写真中央上)を注文しました。

ラーメンは基本的にはなんでんかんでんのラーメンだと思いますが、自分が食べたことのある金沢店、歌舞伎町店と比べるとしっかりとした豚骨のダシが出ており、美味しいです。派手さはないですが、しっかりとダシが出ているし、かなり出来は良かったのでは?と感じました。
麺は細めのストレートタイプです。粉っぽさのある麺で固めに茹であがっていて、良い感じだと思います。具はチャーシュー、キクラゲ、海苔、ネギが入っています。

みそらーめんは最初にメニューを見た時はなおじろうのスープがベースなのかな?と思いましたが、豚骨のダシをベースとした味噌です。豚骨スープがしっかり出ているので、マイルドでダシと味噌のバランスが良いと思います。
麺は極太の縮れ麺でなおじろうで使用している麺と同じタイプだと思います。少し固めの茹で加減で存在感のある麺となっています。具はチャーシュー、キクラゲ、もやし、ネギが入っています。

個人的には来年以降この店が別な店を呼ぶのか?なおじに戻るのか気になるところです。

住所   新潟県新潟市南区上塩俵1761-2
電話番号 025-362-1840
営業時間 11時〜15時 17時〜23時(L.O.22時30分)(平日)
     11時〜23時(L.O.22時30分)(土曜日)
     11時〜22時(L.O.22)(日曜日、祝日)

take_hilano at 01:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 新潟県 

2008年12月22日

麺や 大舎厘@亀田

e50f7708.JPG12月13日(土)の夜に新潟市の麺や 大舎厘に行きました。こちらのお店は2008年5月23日〜25日に行われた新潟ラーメン博でちゃーしゅーや武蔵、ラーメン亭 一兆、ラーメン亭 孔明の3店舗が協力して生み出したつけ麺 大舎厘が屋号を新たに2008年12月1日に開店したお店です。都内近郊のフリークでしたら、この屋号を見ただけで行きたいと思うのではないでしょうか?(笑)
16時50分頃行きましたが、店内は数人のお客さんがいる程度で、アイドルタイムは混んでいないようです。


メニューは以下の通りです。
20081213_大舎厘_メニュー







つけめん(700円)を注文しました。

つけダレは豚骨を中心にしたと思われる動物系スープに魚介をきかせています。見た目よりもあっさりしていて粘度も無く、スープと麺が絡まないというのが正直なところです。写真では海苔の存在が分かりづらいですが、海苔の上に乗っている魚粉をつけダレと混ぜると魚の風味が強くなりますが、動物系スープが弱いので物足りないです。東京の流行のタイプをマネていると思いますが、味はまだまだかなという感じがします。
麺は中太の縮れ麺です。固くはなく、もっちりとした麺になっています。具はチャーシュー、味玉、ネギ、海苔、魚粉が入っています。

ちなみにこちらのお店ですが、だるまや威風堂に続いて、面白い屋号のお店という感じがします。こちらの味を作ったちゃーしゅーや武蔵では、「大輪を咲かせて微笑むラーメン道 今日も又咲くか咲かぬか我がスープ 咲かせてみせよう武蔵花」というフレーズが店内に書かれていましたし、都内を食べ歩くフリークとしては味以外にも楽しめるお店だと思います。

住所   新潟県新潟市江南区東早通2-2444-1
電話番号 025-381-8819
営業時間 11時〜21時30分(スープ無くなり次第終了)


take_hilano at 02:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 新潟県 

2008年12月20日

手打ち麺処 暁天@小千谷

425e732a.JPG12月13日(土)の昼に小千谷市の手打ち麺処 暁天に行きました。こちらのお店は小千谷市の人気店である勝龍の2号店として2008年10月に開店したお店です。屋号は「きょうてん」と読むそうです。
12時頃にお店に着きましたが、店内に5人待ちでした。その後もお客さん続々と来て、20人弱の待ちが発生しました。ただ席数が多く、お店の回転も良いので待ち時間はそれ程長くはならないと思います。

醤油らぁ麺を注文しました。

スープは魚介の香りがしっかりとするあっさりしたスープです。魚介の酸味が少しあり、タレはやや甘めという感じがします。魚介がしっかりとしていて、勝龍で食べたものとは味は異なると思います。
麺は中太の少し縮れた麺です。断面が四角くなっており、このような麺を出すために製麺機を用意したそうです。麺はスープとの絡みも良く、美味しい麺だと思います。具はチャーシュー、ネギ、水菜、メンマ、岩海苔が入っています。

味噌を食べているお客さんが多く、機会があれば、次は味噌を食べてみたいです。

住所   新潟県小千谷市三仏生上林3560-2
電話番号 0258-83-5840
営業時間 10時〜21時
定休日  火曜日、第2、4水曜日

take_hilano at 01:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 新潟県 

2008年12月18日

中本@有楽町

2b531d3d.JPG12月12日(金)の昼に有楽町の中本に行きました。昔のラーメン本で何度か見かけたことあるお店です。有楽町、銀座界隈の老舗が未食店が多いので、何とか会社から1時間で戻れる範囲で食べ歩こうと決心しました。今回はその第一弾です。
12時30分頃着きましたが、店内は5割位のお客さんでした。しかしその直後にお客さんが来て、すぐに店外にも待ちが発生していました。入り口の横にある食券機で食券を購入し、席に座ると紙コップに入った水が出て来ます。ラーメン屋で紙コップの水が出て来たのは初めてかもしれません。

ラーメン(630円)を注文しました。

ラーメンは油があまり浮いていないあっさりとしたスープです。ダシというよりも少し甘みのあるタレが特徴的だと思います。スープとしては物足りない感じは否めませんが、懐かしい感じもするスープはまずまず美味しいと思います。
麺は中太のストレートタイプの麺です。今現在の麺の美味しい店と比べてしまうと明らかに物足りない感じは否めませんが、太麺は存在感もあり、なかなか面白いと思います。ずっと昔からこの麺で営業していたとだとすると人気があるのも納得という感じがします。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ミツバが入っています。

今流行りのお店ではないですが、昔人気があったというのも分かるような味わいでなかなか良かったです。銀座の老舗巡りを定期的に行いたいと思います。

住所   東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル地下1F
電話番号 03-3213-8489
営業時間 11時〜14時45分(月〜木曜日)
     11時〜14時45分 17時〜19時30分)(金曜日)
定休日  土曜日、日曜日、祝日

take_hilano at 02:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2008年12月16日

らすた 代々木店@代々木

33b347a5.JPG12月7日(日)の夜にらすた 代々木店に行きました。こちらのお店は日吉に本店のあるお店で代々木店は2005年9月28日に開店したようです。ちなみに元の場所にあったラーメン屋はこちらでその前にあったラーメン屋がこちらとなります。前の店舗と前の前の店舗で食べたのが2005年なので時が経過するのは早いなと感じました。
お店に行ったのは21時30分頃でしたが、店内満席でした。その後も続々とお客さんが来て、常に満席or数人の行列が出来ていて、人気があるのがよくわかりました。

ラーメン(600円)を注文しました。

動物系のダシがしっかりときいたスープに少し多めの鶏油が浮いています。鶏油が麺とよく絡み、鶏の香りが強く印象に残ります。少ししょっぱめだったのが気になりました。もう少し塩分濃度が控えめの方が自分の好みでしたが、なかなか美味しいスープだと思います。
麺はもっちりとした太麺でスープと鶏油とよく絡み美味しいです。具はチャーシュー、海苔3枚、ほうれん草が入っています。

住所   東京都渋谷区代々木1-38-10
電話番号 03-3373-7911
営業時間 11時30分〜22時30分(スープ切れ次第終了)
定休日  なし

take_hilano at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年12月14日

二代目 つじ田 飯田橋店@飯田橋

6f8c111f.JPG20081207_つじ田_チャーシューごはん12月7日(日)の昼に二代目 つじ田 飯田橋店に行きました。こちらのお店は麹町、小川町にお店のあるつじ田の3店舗目のお店で、2008年11月24日に開店しました。今回のお店では、「めん徳」の名前を外しているようです。
お店には12時頃着きましたが、店外で5人待ち。食後も5人並んでいました。店外に大勢の人が並ぶスペースを確保出来なさそうなので、割と待たずに入れるかもしれません。

メニューは以下の通りです。開店当初は食券機のメニュー名が「つめけん」になっていたそうですが、現在は「つけめん」となっていました。
20081207_つじ田_メニュー







つけめん(880円)、チャーシューごはん(320円)を注文しました。

作り方を見ていると厨房には寸胴と別のスープを温めるための中華鍋があり、ある程度の量のスープを温め、少なくなったら寸胴から中華鍋にスープを補充していました。

つけめんは動物系スープに魚介がきいたもので濃度は濃すぎずとてもよい塩梅という感じがします。食べやすくすきがない感じがします。ある程度食べてからは麺にすだちをしぼって食べたり、スープに黒七味を入れると心地よい味の変化も楽しめ、あっという間に食べることが出来ました。スープ割をすると動物系、魚介系のスープが前に出て来て、スープを美味しく頂く事が出来ます。
麺は中太の少しだけ縮れた麺で、麺の主張はあまり強くないと思います。つけダレともまずまずよく絡みます。

味は文句なく良いですし、食べやすいと思うのですが、デフォルトのつけめんで880円というのはやや高いのだけが気になりました。具はチャーシュー、ネギ、海苔が入っています。

住所   東京都千代田区飯田橋4-8-14
電話番号 03-6268-9377
営業時間 11時〜22時(スープ切れ次第終了)(平日)
     11時〜21時(スープ切れ次第終了)(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  不定休

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2008年12月12日

凛 蒲田店@蒲田

4caa5ac8.JPG12月6日(土)の昼に凛 蒲田店に行きました。こちらのお店は凛@大井町(現在はのスた)、凛@大崎に続く3店舗目のお店で、2008年9月4日に開店しました。開店した時は、土曜日、日曜日、祝日が定休日だったためにいつ食べられるのだろう?と思っていましたが、気づいたら土曜日は昼のみ営業していることを知り、行ってみました。
また写真を撮影する

醤油、塩、味噌、ポン酢の4種類にそれぞれ豚増しがメニューにあります。

醤油(800円)を注文しました。食券を購入し、店主さんに食券を渡すと、カウンターに丼を置き、目の前でスープが注がれるのが見えます。目の前でスープが注がれるのを見えるお店というと凛かここのお店くらいしか思いつきません。ちなみに丼に入っているスープというか脂の量及び醤油ダレの量を見ると、ただただ驚くばかりですね(笑)

醤油ですが、スープの上層部は脂ばかりであまり味がしません。逆に下層部はタレの味がしっかりとしていて、この感じは背脂ラーメンの名店下頭橋ラーメン韃靼らーめん 一秀を思いだしてしまいました。麺にもタレの味がしみこんでいて、この点でも似ているなという印象です。ただ脂が美味しく、思ったほどの重さは感じず、野菜、麺ともにするすると食べることが出来ます。
麺は平打のもので、柔らかめの茹で加減だと思います。量もしっかりとあり、かなり食べ応えがあります。具はチャーシュー2枚、もやし、キャベツの茹で野菜、ニンニクが入っています。野菜の上にはタレがかかっていて、これまたいい具合になっています。

久しぶりに食べましたが、やっぱり美味しいですね。久しぶりに大崎のお店にも行ってみたくなりました。

住所   東京都大田区西蒲田7-59-2
営業時間 11時〜15時 18時〜21時(平日)
     11時〜15時(土曜日)
定休日  月曜日、日曜日、祝日

take_hilano at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2008年12月10日

つけ麺 APPLE BASIC@東中野

43ace0d8.JPG12月4日(木)の夜に東中野のつけ麺 APPLE BASICに行きました。こちらのお店はみそや林檎堂の夜部門のお店です。
19時過ぎでしたが、お店にはお客さんが1人だけいて、食べている最中にもう1人入って来ました。

つけ麺(800円)を注文しました。

つけ麺はスープは豚骨魚介のつけ麺ですが、最近流行りのものと比べるとさらっとした飲み口で、粘度はあまりありません。流行に流されていない味作りをしているのは好感が持てます。ただスープに粘度がないためか思ったほど麺とスープがからまないのが残念でした。
麺は極太の縮れ麺で弾力の強い麺で美味しいです。ただ上述の通り、スープとの相性はよくないと思います。具はチャーシュー、ネギ、刻みチャーシュー(?)、海苔、玉葱が入っています。チャーシューは炙りすぎなのが残念です。玉葱はシャキシャキとした食感が良いと思います。

スープ割をすると動物系のスープが急に濃くなり、丼の底には髄がたまっていました。スープを入れる時にあまりスープの残っていない寸胴の奥底から入れていたためかもしれませんが、自分が食べた時は濃厚になっていて驚きました。

住所   東京都中野区東中野1-31-8
営業時間 17時〜21時(スープが無くなり次第終了)
定休日  日曜日


take_hilano at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年12月08日

蒙古タンメン中本 目黒店@目黒

c8a1e180.JPG20081130_中本_定食11月30日(日)の昼に目黒の蒙古タンメン中本 目黒店に行きました。お店には11時前に着きましたが、店内には既にお客さんがたくさんいました。11時過ぎとなると店内は満員となり、行列が出来ていました。恐るべき人気だと改めて感じました。


メニューは以下の通りです。
20081130_中本_メニュー







中本というと蒙古タンメンというイメージが強いですが、味噌タンメンが美味しいという話をずっと前から尊敬するT氏から聞いていたこともあり、味噌タンメン(750円)、定食(170円)を注文しました。

味噌タンメンは名前の通り、味噌タンメンです。今まで蒙古タンメンしか食べたことがなかったのですが、味噌タンメンになると辛さは控え目ですが、あの独特の辛さはない分、食べやすくはなるのですが、物足りなく感じてしまいました。(ちなみに辛いものはかなり苦手なのですが。。)今回は定食を注文していたこともあり、麻婆豆腐を途中から味噌タンメンに入れてみましたが、こちらの方が中本独特の辛旨いが出ていて、満足感がありました。
麺はもっちりとした太麺で、辛さにも負けない存在感があり、なかなか美味しいです。具は白菜、もやし、人参、ニラ、豚肉、ニンニクの炒めた野菜です。


住所   東京都品川区上大崎2-13-45 トランスリンク第3ビル1F
電話番号 03-3446-1233
営業時間 11時〜24時(平日、土曜日)
     10時〜22時(日曜日)
定休日  なし


take_hilano at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2008年12月06日

音麺酒家 楽々@吉祥寺

808f429b.JPG20081129_楽々_鉄板飯11月29日(土)の昼に吉祥寺の音麺酒家 楽々に行きました。こちらは立川の麺や 優のセカンドブランドで2008年10月3日に開店したお店です。お店に入ると音楽が流れていて雰囲気が良く、一度夜に来てお酒を飲みながらゆっくり過ごしたいとも思わせてくれます。
お店のチラシやショップカードには昼の部は「麺処 楽々」、夜の部は「Music&Dining Luck Luck」と記載されています。

メニューは以下の通りです。
20081129_楽々_メニュー







らーめん(白)(700円)、日替り鉄板飯(300円)を注文しました。

らーめんは豚骨、鶏などを使ったスープに野菜を使用しているそうです。スープは重たくなく飲みやすく仕上がっていて、スープの美味しさを感じることが出来ます。なかなか他にはないラーメンでオリジナリティが高く、さすがと思わせてくれるスープです。お洒落な店内にもマッチしていますし、誰が食べても美味しいと言いそうな感じで、知名度があがればもっと流行りそうな感じがしました。
麺は平打の太麺でもちもちとしていて、スープとの相性も良いと思います。具はチャーシュー、ネギ、メンマ、糸唐辛子が入っています。

日替わり鉄板飯は鉄板で炒めたことにより、香ばしい匂いが特徴です。ラーメン屋のサイドメニューで炒飯はありますが、鉄板飯というのは初めて聞いた気がします。

住所   東京都武蔵野市吉祥寺本町2-8-9
電話番号 0422-20-4172
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜23時
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 東京都 

2008年12月04日

らーめん 新源地@三鷹

1fdbe884.JPG11月29日(土)の昼に三鷹のらーめん 新源地に行きました。こちらのお店はベースの具材は一緒ながらも曜日ごとに出すラーメンが異なるという面白い取り組みをしているお店です。
開店した当初から話題になっていたのですが、営業時間が昼のみでかつ木曜日が良いという情報があり、なかなか行くことが出来なかったのですが、ラーメンマンさんから夜の営業を始まったという情報を聞いたこと&石神本には土曜日のメニューが大きく紹介されていたこともあり、土曜日に行ってみました。


写真左下がメニューです。写真右下は曜日ごとのメニュー紹介となっています。
20081129_新源地_メニュー120081129_新源地_メニュー2







らーめん(650円)を注文しました。

らーめんは鶏の白湯とのことですが、一般的にイメージするような鶏白湯とは大きく異なると思います。鶏のダシはしっかりと出ていて物足りなさはありません。丁寧にダシをとられているのが分かり、なかなか良いと思います。魚介の味に少し酸味を感じました。この酸味のようなものをどう感じるかで好みがわかれそうな感じがしました。
麺は中太麺と書かれていますが、自分のイメージでは中太麺よりももう少し細く感じます。麺で少し幅のある麺となっています。具はチャーシュー、きのこ、ネギ、糸唐辛子、海苔が入っています。

個人的にはなかなか良かったので、評判の良い木曜日のメニューもいずれ食べてみたいです。

住所   東京都武蔵野市西久保2-21-3 あろえマンション102
電話番号 0422-52-0150
営業時間 11時〜15時 17時30分〜20時
定休日  水曜日

お店のblogはこちらです。

take_hilano at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 東京都 

2008年12月02日

BASSO ドリルマン@池袋

cda7c6b3.JPG11月24日(月)の昼に池袋のBASSO ドリルマンに行きました。こちらのお店は池袋の中華そば ゼットンが2008年11月より屋号を変えて始めたお店です。中華そば ゼットンも美味しかったですし、屋号を変えて始めた新メニューもあるということで、行ってみました。
開店15分前に着きましたが、既に15番目でした。開店時には25人くらい並んでいて、人気があるのが分かります。以前ゼットンに伺った時はカウンターだけでしたが、店内にテーブル席も用意されており、何とか一巡目で席に座ることが出来ました。
店内に入るとお酒が置いてあるカウンターにお酒と共に支那そばやの丼がおいてあるのが目に入ります。

メニューは以下の通りです。
2008124_BASSOドリルマン_メニュー







濃厚中華そば 並盛(750円)を注文しました。

メニュー名からも予想していた通りなのですが、今流行りの動物系スープと魚介を加えたタイプのものです。しかし他店の同系統のタイプのものと比べるとインパクト重視という訳ではなく、バランスの良さが印象に残ります。とは言っても、スープの濃度もしっかりあり、後味も良いながらも、バランスの良さも同居していて、隙がないと感じました。こういうところにセンスの良さが現れるのだなと感じながら、食べていました。
麺は中太の少しだけ縮れの入ったもので、断面は四角い感じになっています。食感、喉越しの良さがとても印象に残る美味しい麺で、スープとの相性も良いと思います。具はチャーシュー、海苔、メンマ、ネギが入っています。

とにかく隙のない中華そばという印象です。その他のメニュー(特につけ麺)が食べたいですね。

住所   東京都豊島区西池袋2-9-7 プエルト西池袋1F
電話番号 03-3981-5011
営業時間 11時30分〜20時(材料無くなり次第終了)
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

take_hilano at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都