2009年02月

2009年02月28日

中華そば てんくう@田原町

98885eef.JPG20090227_てんくう_醤油ラーメン2月7日(土)の昼に田原町の中華そば てんくうに行きました。こちらのお店は2008年7月1日に開店したお店です。昨年開店の新店の中でも評判が良かったのですが、なかなか行く機会がなかったお店です。
開店時には自分達を含めて、4人待ちでした。

メニューは以下の通りです。
20090207_てんくう_メニュー







海老塩ワンタン麺(880円)(写真左上)、醤油ラーメン(650円)を注文しました。

海老塩ワンタン麺は鳥ガラスープに海老の頭でとったスープをブレンドしたスープだそうです。海老というと海老油のようにインパクトを出すために使用される場合が多いような気がしますが、こちらのお店ではインパクトを出すのではなく優しい味わいに仕上げ、他店では食べることの出来ない海老の使い方をしていて、とても印象に残ります。
麺は細めのストレートタイプのもので、スープとの相性も良いです。具はチャーシュー、ワンタン、ネギ、水菜、メンマが入っています。また細かく刻まれたネギも綺麗ですね。

醤油ラーメンは煮干をしっかりときかせています。海老塩ワンタン麺のスープと比べてしまうとよくあるタイプの味という感じは否めませんが、しっかりとダシが出ていて、こちらも優しい味わいに仕上げています。
麺は細めのストレートタイプのもので、スープとの相性も良いです。具はチャーシュー、刻みネギ、メンマ、小松菜が入っています。

住所   東京都台東区松が谷1-3-15 佐野ビル1F
電話番号 03-6914-2231
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜21時(材料なくなり次第終了)(平日、土曜日)
     11時30分〜15時(祝日)
定休日  日曜日

take_hilano at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 東京都 

2009年02月27日

長尾中華そば@浅草

ed1f6f2e.JPG2月7日(土)の昼に浅草松屋の青森物産展に出店している長尾中華そばに行きました。10時10分頃7階の催事場所に着きましたが既に10人以上が並んでいました。開店が10時30分とのことなのに、並んでいたのは正直驚きました。開店時には20人くらい並んでいたと思います。
また7階の催事場に着くと、笑ってしまうくらい強烈な煮干の香りがエリアに充満しています。同様のことを思った人が多いようですが、他店舗からクレームが来ないのかなと思うくらいの煮干の匂いがしています。
こちらのお店ですが、全国のラーメンを食べ歩く者として、青森で食べたことが一応あります。

メニューは以下の通りです。
20090207_長尾中華そば_メニュー







中華そば ごく煮干し(850円)を注文しました。(中華そば こく煮干しはメニュー上は851円となっていますが、実際に支払う額は850円となります(爆))
このメニューは裏メニューということですが、前日にたまたま電話でお話した石山勇人さんに中華そば ごく煮干しを注文してと言われたこともあり、こちらのメニューを注文しました。

たまたま隣の人が頼んだ中華そば こく煮干しと色を見比べてみましたが、こちらのメニューの方が明らかに色が濃いです。スープを飲んでみると動物系のスープはそれ程でもないものの、煮干の強烈な味としょっぱさが印象に残ります。洗練された感じはないですが、個性のあるスープに仕上がっていると思います。
麺は浅草開化楼の中くらいの太さの麺です。茹で加減がイマイチでスープとの相性はあまりよくなかったです。麺がどうとか言うよりも厨房設備が勝手が違うため(貧弱?)に明らかにうまく茹でられていないかなという感じがしました。具はチャーシュー、メンマ、ネギが入っています。

催事でこのようなメニューを出す&裏メニューを用意するあたり気合が入っていることがよくわかりましたし、改めて青森で同じラーメンを食べてみたいなと感じました。お店のブログには「東京初進出です、(中略)青森ラーメンにとっても重要な出店になると思いますが、笑って帰って来たいものです。」と書いてあったのにふさわしい味と注目をあびたのでは?と勝手に思っています。

お店のブログはこちらです。

take_hilano at 05:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2009年02月25日

炙り角煮らうめん 黒虎@秋葉原

55d8f8ab.JPG1月30日(金)の昼に秋葉原の炙り角煮らうめん 黒虎に行きました。こちらのお店は2008年12月4日に開店したお店で、麺屋武蔵 虎洞、麺屋武蔵 鷹虎で修行経験があるようです。
この日は12時30分頃に行きましたが、行列はなかったものの8割くらいのお客さんの入りでその後も続々とお客さんが来ていました。




メニューは以下の通りです。
20090130_黒虎_メニュー







炙り角煮らうめん(980円)を注文しました。本当は黒虎らうめんに豚骨カレーにしようかなと思ったのですが、屋号にもなっている炙り角煮を食べないと駄目だと言われるのが嫌だったこともあり、炙り角煮らうめんを注文しました。

スープは適度な濃度の豚骨スープに魚介をきかせていて、そこにニンニクの味の強い黒い油が浮いています。ニンニクの香りが強いですが、ネット等の記事を見ていると他のものも使用しているようです。全体的には油が多く、油の印象が強くなってしまいます。
麺はカネジン食品のもので中くらいの太さの少し平たい麺です。具は角煮、キクラゲ、タマネギ、ネギ、海苔が入っています。タマネギのシャキシャキした食感は良いアクセントとなっていて、少し油の多いスープをさっぱりと感じさせてくれます。お店のウリである角煮は少し肉がぱさっとしていたのが残念でした。良い値段するだけに肉がもっとジューシーだと個人的には好みです。

住所   東京都千代田区神田和泉町1-2-4 秋山ビル1F
電話番号 03-5823-3232
営業時間 11時〜22時30分
定休日  日曜日

take_hilano at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2009年02月24日

ラーメン きら星@武蔵境

b1feb1e0.JPG20090125_きら星_サイドメニュー1月25日(日)の昼にラーメン きら星に行きました。狙いは限定昼夜10食ずつで超濃厚という噂の味噌ラーメンです。
途中いろいろあり、寄り道をしたためにお店に着いたのは11時18分頃でしたが、9番目で何とか食べられることが分かり、一安心でした。その後も続々とお客さんが来て、開店時には20人以上は並んでいたと思います。(食後にお店を出た頃も20人以上並んでいました。)

味噌ラーメン(800円)、あぶり焼きチャーシューごはん(280円)を注文しました。

味噌ラーメンはスープを蓮華ですくってみると笑ってしまうくらい超濃厚です。スープを飲んでみるとドロドロスープに、背脂とニンニクががっつりときいていて、店主の星野さん得意とするジャンク系な味に仕上がっていると思います。でもスープはドロドロの割にはくどすぎるということはないと思いました。(あくまで予想していたものと比べてということです。)
麺は以前食べたきら星の麺と比べると滑らかになり、美味しくなったと思います。ただスープの重さと具が多く、なかなか麺が持ち上げられづらかったのが少し残念に感じました。具はチャーシュー、玉ねぎ、茹でたキャベツ、モヤシ、ニラ、辛味噌が入っています。キャベツの茹で加減は絶妙で、超濃厚スープとの相性は良いと思います。

やっぱり美味しいし凄いお店だというのが率直な感想です。麺も美味しくなりましたし、次はつけ麺を食べに行きたいですね。

住所   東京都武蔵野市境南町3-11-13
電話番号 0422-30-0233
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜21時
定休日  木曜日

※木曜日は「ぶっきら星。」という屋号で営業しています。

take_hilano at 16:12|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 東京都 

2009年02月22日

濃厚中華そば・つけ麺 なおじ@目黒

20090221_なおじ_つけ麺20090221_なおじ_中華そば2月21日(土)の昼に目黒の濃厚中華そば・つけ麺 なおじに行きました。こちらのお店は新潟の人気店である昔食堂なおじの支店になります。一時期橋本にもお店を出したことがありましたが、今回が本格的な都内進出と考えて良いのかな?と勝手に思っています。ちなみに開店日は2009年2月20日になります。開店直後には味が安定しないことが多く、すぐには行かないのですが、豚骨を扱わせたら全国的に見ても指折りの職人と言っても過言ではないと個人的に思っている佐藤さんのお店だけにすぐに行きました。

メニューは以下の通りです。
20090221_なおじ_メニュー







つけ麺(750円)(写真左上)、中華そば(700円)(写真右上)を注文しました。
今回は一人で行ったので二杯食べましたが、最初つけ麺の方が良いということで先につけ麺を出してもらいました。

つけ麺は豚骨、鶏ガラ、米粉に魚介を使ったスープで、ベースとなるスープはつけ麺、中華そばはほとんど一緒だと思います。つけダレは粘度があり、動物の濃度もしっかりとあり、気合が入っているスープというのが分かります。つけダレは麺ともよく絡むのですが、つけダレがしょっぱすぎるかなというのが正直な感想です。(他の日に食べた仲間の話だとしょっぱすぎるということはなかったとのことなので、まだタレの量などを微調整中なのかもしれません。)途中食べ進めていくと柑橘系の香りが、ほんのりとするのも良い感じだと思います。
麺も新潟だけに米粉を使用しています。中太の麺でしっかりとした弾力がある美味しい麺だと思います。具はチャーシュー、玉葱、海苔、メンマが入っています。

中華そばはつけ麺よりもバランスが良いスープです。重さと飲みやすさが共存したスープという感じです。米粉の影響もあるとは思うけど、米粉だけでとろみを出している訳ではないでしょうし、しっかりとした動物系のダシを感じることが出来て、さすがの一言です。特にこのあたりのバランス感覚はセンスの良さを感じることが出来ます。
麺はスープとの絡みもよく、硬すぎずとても良い茹で加減で、スープに負けることのない存在感のあり、美味しいと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、玉葱が入っています。玉葱のシャキシャキした食感もとても良いと思います。

今回食べたものを比較すると個人的には中華そばの方が好みでした。
要注目の新店と言えると思います。いろいろなメニューを作れる店主だけに、今後どのようなラーメンを出すかがとても気になるところです。

また永世ラーメン王のブログに記載されている魚介を加える前のバージョンのものは是非とも食べてみたいです。

住所   東京都目黒区目黒1-16-5
電話番号 03-3779-9199
営業時間 11時〜スープ切れ次第終了
定休日  なし

ちなみにその他の店舗で食べた時のレポはこちらをご覧下さい。
その1
その2
その3
その4
その5

take_hilano at 22:08|PermalinkComments(6)TrackBack(3) 東京都 

2009年02月21日

東京1000軒

中華蕎麦 蕾を食べた時点で東京1000軒となりました。
通算2559軒目での達成です。現在の状況は下記の通りです。東京の占める割合は39%です。

東京 1000軒
神奈川 303軒
大阪 123軒
富山 113軒
千葉 107軒
埼玉 103軒
愛知 74軒
福岡 62軒
京都 55軒
北海道 52軒
栃木 43軒
静岡 40軒
新潟 40軒
福島 39軒
長野 37軒
群馬 36軒
兵庫 33軒
茨城 25軒
青森 18軒
徳島 17軒
広島 15軒
佐賀 15軒
山形 13軒
福井 13軒
宮城 13軒
山口 12軒
鹿児島 12軒
鳥取 10軒
長崎 10軒
山梨 10軒
岡山 10軒
熊本 10軒
奈良 10軒
岐阜 9軒
滋賀 9軒
大分 8軒
三重 8軒
秋田 8軒
沖縄 8軒
石川 7軒
島根 7軒
香川 7軒
宮崎 6軒
和歌山 3軒
岩手 3軒
愛媛 2軒
高知 1軒



take_hilano at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2009年02月20日

中華蕎麦 蕾@大井町

bda82776.jpg1月24日(土)の夜に大井町の中華蕎麦 蕾に行きました。こちらのお店は豚骨醤油 蕾@大井町が土曜日の夜のみ中華蕎麦 蕾として営業しているそうです。昨年末頃から営業しているそうでしたが、今年になってその話を教えてもらい、たまたま19時頃大井町を通過したこともあり、食べに行きました。
19時10分頃お店に着きましたが、店内で5人待っていました。(ちなみにお店を出た19時30分には売り切れとなっていました。)

中華蕎麦(800円)を注文しました。屋号とこの中華蕎麦のビジュアルを見てもらえれば、想像出来ると思いますが、あの千葉県の超有名店のインスパイアのようです。
スープは濃厚な豚骨に魚介がしっかりときいていて、超濃厚で美味しいです。正直なところ、豚骨醤油 蕾で食べたものとは別物だし、これを作るというのは凄いなと思いました。丼の底には大量の髄が入っていて、某氏は喜びそうな感じがしました(爆)
麺は中太のストレートタイプのものを使用しています。現状だとスープに対して麺が負けていると思います。麺が改善されればもっとよくなると思うのですが、週1回の営業ですし、このスープに負けない麺に改善するというのはなかなか難しいのかなと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

後から聞いた話だとこの日はこの日まで営業した中では、一番出来が良かったそうです。まだまだ毎週いろいろいじっているのかもしれませんが、食べてみて損のない一杯には仕上がっていると言えると思います。スープに関しては、インスパイアと言えるだけのものは出していると自分は感じました。

住所   東京都品川区大井1-34-8
電話番号 03-5742-3662
営業時間 18時〜売り切れまで
定休日  土曜日以外

※土曜日の夜と日曜日以外は豚骨醤油 蕾として営業しています。

take_hilano at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2009年02月19日

ラーメン凪 新宿ゴールデン街店@新宿

5f820e99.jpg1月24日(土)の昼に新宿のラーメン凪 新宿ゴールデン街店に行きました。凪が渋谷にお店をかまえる前にこの同じ場所で食べたことはありますが、再びこちらにお店をかまえてから食べるのは初めてとなります。
13時過ぎくらいにお店に行きましたが、お客さんはいませんでした。場所がら昼はあまりお客さんは少ないみたいです。

煮干しラーメン(750円)を注文しました。凪と言えば豚骨と思っていただけに煮干しを使用したラーメンをメインにしているとネットで見た時は少し驚き、またどのようなラーメンを作るのか楽しみにしていました。お店に入ると煮干の香りが強く、楽しみになりました。

出てきたラーメンを見ると、煮干が強烈そうなラーメンに感じます(笑)実際食べてみるとやりすぎだろと思うくらい強烈な煮干しの味のするラーメンです。煮干しのインパクトを求めながらを追求しながらも優しい後味になっていると思います。決して完成度が高いという感じはしないですが、個人的には嫌いじゃないかな。店主の生田さんらしさも出ているラーメンだと思います。
麺は中太の縮れ麺です。今は自家製麺にしているそうでもちもちとした食感が印象に残ります。この縮れ麺がスープをよく持ち上げていると思います。具はチャーシュー、海苔、ネギ、幅の太い麺(これはもしかしたらサービスで入れてもらったのかもしれないです)が入っています。幅の太い麺は最初ワンタンかなと思いましたが、かなり幅のある麺です。夜のおつまみに麺の刺身というのがあったので、これが出るのではと思いました。

自家製麺になってからは初めてだったので、今度は他のお店でも食べてみたいですね。

住所   東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 ブレンバスタ2階
電話番号 03-3205-1925
営業時間 11時30分〜15時 19時〜翌4時
定休日  日曜日、祝日

take_hilano at 03:13|PermalinkComments(4)TrackBack(1) 東京都 

2009年02月17日

麺屋翔丸@大久保

1月24日(土)の昼に大久保の麺屋翔丸に行きました。こちらのお店は西荻窪にありましたが、2008年7月22日にこちらに移転したそうです。写真撮影が禁止されているお店として有名です。西荻窪時代には一度だけ食べたことがありますが、その頃は自分にラーメンの写真撮影をする習慣がなかったため、あまり気にしたことはありませんでした。
店内に入るとぱっと見渡す限りでは、撮影禁止のような文字はなかったような感じがしましたが、今回は写真撮影は控えました。ちなみに13時前にお店に入りましたが、お客さんは一人しかいませんでした。

つけめん(800円)を注文しました。

つけダレは少し粘度がありますが、インパクトはなく、魚介、動物系のダシがしっかり出ています。最近の流行に流されずに甘さや酸味もあまり感じず、つけダレを美味しく味わえるように仕上げているという感じだと思います。
麺は四角い断面の滑らかな食感が印象に残ります。つけダレ同様インパクトがある感じではありませんが、美味しい麺だと思います。具はチャーシュー、水菜、ネギが入っています。
最後にスープ割をするとよりスープがより美味しく味わえます。

住所   東京都新宿区百人町1-23-22
電話番号 03-3334-0760
営業時間 11時30分〜15時 17時〜21時

take_hilano at 19:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 東京都 

2009年02月16日

豊崎自転車商会ラーメン事業部@土浦

2ababa11.JPG1月22日(木)の夜に土浦の豊崎自転車商会ラーメン事業部に行きました。こちらのお店は何かのラーメン本(多分あの本だと思うのですが、手元に見つからず間違っている恥ずかしいので。。)で見たことがあり、屋号は知っていましたが、ふとネットで見ていて、土浦にあることに気づきました。名前の通り、隣は「豊崎自転車商会」という自転車屋でそこに併設してこちらのお店があります。
ネット等を見ていると屋号は「豊崎自転車商会ラーメン事業部」と書かれていますが、暖簾には屋号は書かれていませんし、店内にもメニューの横に「とよさき」と書かれているだけでしたので、正式な屋号はぶっちゃけ分からないです。

ラーメン(400円)を注文しました。その他のメニューを見ると半チャーハン(300円)などもあり、どれもリーズナブルなお値段となっています。

スープはあっさりとした醤油味ですが、あまりダシが出ているタイプではありません。ネットなどを見るとしょっぱいと書かれていましたが、それ程でもありませんでした。また幾つかサイトと自分の撮った画像を見比べてみると具の構成が若干異なるようです。
麺は細めのストレート麺で、固めに茹であがっています。値段が安いから仕方ないと思いますが、あまり良い麺ではないかなと感じました。具はチャーシュー、メンマ、ナルト、小松菜が入っています。

ちなみにこの日は本当は仕事が早く喜元門に行こうと思ったのですが、HPを見ると「誠に勝手ながらしばらくの間休ませていただきます」の文字があり、行く店を変更した次第です。それにしても喜元門はいつ食べられるのだろう。。。

住所   茨城県土浦市城北町10-1
電話番号 0298-21-2125
営業時間 11時〜19時
定休日  木曜日

take_hilano at 13:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 茨城県 

2009年02月15日

三ツ矢堂製麺 高田馬場店@高田馬場

20090117_三ツ矢堂製麺20090117_三ツ矢堂製麺_チャーシューごはん1月18日(日)の夜に三ツ矢堂製麺 高田馬場店に行きました。もうすぐフジヤマ製麺から三ツ矢堂製麺に屋号が変わると聞いていたので未食とチーズソースを使ったつけ麺が食べたいという理由から行ってみました。しかしお店に着いてみると既に「三ツ矢堂製麺」になっていました。。

メニューは以下の通りです。麺の量が茹で上がり時の量で表記されていると書かれています。また業界初という麺の「締め分け」があります。
20090117_三ツ矢堂製麺_メニュー220090117_三ツ矢堂製麺_メニュー1














濃厚チーズソースつけめん(980円)を中盛り&冷や盛りで注文し、さらにチャーシューごはん(300円)も注文しました。

つけめんは最近の流行の濃厚豚骨魚介と比べるとかなりあっさりとしたつけダレです。動物系はかなり控えめで魚介の良い香りがしますが、食べてみるとそれ程でもないと思います。またつけダレは甘みがやや強めだと思います。チーズソースと麺を絡めて食べると、チーズとつけダレがマッチしていて分かりやすい味ながらも美味しいと思います。チーズソース
麺は中太のストレートタイプのものです。滑らかな食感は美味しいです。具はチャーシュー、ネギ、メンマが入っていて、別皿でチーズソースが付いてきます。

住所   新宿区高田馬場2-1-1
電話番号 03-3208-5552
営業時間 11時〜翌1時(L.O.0時30分)
定休日  なし

take_hilano at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2009年02月13日

山形味噌らーめん 月山@高尾

20090117_月山1月18日(日)の昼に高尾の山形味噌らーめん 月山に行きました。こちらのお店は屋号に「山形味噌らーめん」という言葉を掲げ、辛味噌がのっている味噌らーめんを出しているとのことです。最初に石山勇人さんに自身のラーメン本を見ながらお話をしていた際に薦められ、その後も食べた仲間から次々と良い評判を聞いていました。
11時50分頃お店に着きましたが、店内の座敷席は自分が着席して全て埋まりました。


写真左下がメニューです。写真右下が味噌らーめんの食べ方になります。
20090117_月山_メニュー20090117_月山_こだわり







味噌らーめん(800円)を注文しました。

スープは和風のダシがしっかりときいた味噌ラーメンです。和風ダシに甘めの味噌をあわせていて、味噌の美味しさとダシの良さのバランスが絶妙だと思います。このあたりのバランスの良さは見事だと思います。デフォルトでのっている特製唐辛子味噌を溶くと辛くなりますが、辛さの中にも味噌の味とダシの味を楽しむことが出来、美味しいです。特製唐辛子味噌を溶く前でも溶いた後でもスープを美味しく飲むことが出来、満足度が高かったです。
麺は中太の縮れ麺でもっちりとしています。スープをよく持ち上げて、麺とスープの相性も良いと思います。具はチャーシュー、メンマ、キャベツ、水菜、特製唐辛子味噌が入っています。

高尾まで行って、食べに行って良かったと思える味噌ラーメンでした。もっと近ければ何度でも食べたいですね。

住所   東京都八王子市城山手1−32−11
電話番号 042-689-4754
営業時間 11時30分〜16時 17時〜21時
定休日  月曜日

take_hilano at 21:20|PermalinkComments(3)TrackBack(1) 東京都 

2009年02月12日

つけ麺 椿@池袋

e54513c0.jpg1月11日(日)の昼に池袋のつけ麺 椿に行きました。こちらのお店は西新井に本店のある中華そば 椿のつけ麺専門店となります。12時頃着きましたが、店外に2人待ちで店内には10人位待っていたと思います。30分以上待って、ようやく着席することが出来ました。

つけめん(750円)を注文しました。こちらのお店はメニューを絞ることにより、開店を少しでも良くしようとしているようです。メニュ−が多いと客数、現在のスタッフの数からでは、対応が厳しいのかなとも感じました。

つけだれは今流行の豚骨魚介です。面白みはあまりないもののしっかりとした濃厚なつけめんで麺とつけダレがよく絡み、安心して食べられるものになっていると思います。つけめんは小鍋でスープを温めているために温度も熱いです。
麺は極太麺です。タピオカ入りの麺だと思うのですが、西新井やせんげん台で食べた中華そば、油そばの麺に比べると独特のプリプリとした食感は印象に残りませんでした。水でしめない方がタピオカ入りの独特の食感が印象に残りやすいのかなと感じました。具はチャーシュー、水菜、海苔、ネギが入っています。椿のチャーシューというとアンデス高原豚という印象がありましたが、現在は輸入がストップしているために、スペイン産のソラというものを使っていると書かれていました。

住所   東京都豊島区池袋2-48-2 レスタージュ池袋1F
電話番号 03-3981-5962
営業時間 11時〜15時 18時〜22時
定休日  水曜日

take_hilano at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2009年02月11日

味噌らーめん専門 みつか坊主@蛍池

b60ca5e4.JPG1月10日(土)の夜に蛍池の味噌らーめん専門 みつか坊主に行きました。こちらのお店は味噌らーめん専門店として関西で話題になっているお店です。既に食べたラーメン仲間からも良い評判を聞いていたので、今回行ってみました。
19時20分頃着きましたが先客が2人いて、開店時には7人待ちでした。ちなみに食べ終わった頃にはお店の外で待っているお客さんもいました。ラーメン屋では、行列のないイメージがある大阪では珍しい光景だと思います。


写真左下はメニュー、写真右下はこだわりです。
20090111_みつか坊主_メニュー20090111_みつか坊主_こだわり







白みそらーめん(750円)を注文しました。あっさりとしたスープに甘めの味噌が印象に残ります。派手さはないのですが、味噌の優しい美味しさがストレートに伝わってkるうラーメンです。最近は味噌といえば、濃厚やインパクト重視のラーメンが多いですが、それとは対極にあるラーメンでとても印象に残りました。
麺は細めのストレートタイプのもので、ザクザクとした食感が印象に残ります。味噌らーめんの細麺ということで食べていた時にこちらのお店を思い出し、赤みそらーめんの麺を確認しましたが、こだわりによると中太の他加水麺とのことでした。具はチャーシュー、肉団子、モヤシ、ネギ、タマネギが入っています。

しっかりと研究されているのがわかるラーメンを出すお店だと思いました。他のメニューがどのようなものなのか試してみたいですね。

住所   大阪府豊中市蛍池北町3-3-13
電話番号 06-6850-3532
営業時間 19時30分〜翌2時30分(平日、土曜日)
     12時〜20時(日曜日、祝日)
定休日  月曜日、第2火曜日(祝日の場合は翌日)

お店のブログはこちらです。


take_hilano at 06:16|PermalinkComments(1)TrackBack(3) 大阪府 

2009年02月09日

ラーメン有頂天 東日本橋店@東日本橋

184c28ac.JPG20090208_有頂天_つけ麺2月8日(日)の昼に東日本橋のラーメン有頂天 東日本橋店に行きました。こちらのお店は本日限り限定で四谷三丁目にあった湯一(現むろや)の味を再現するということで行きました。湯一というと西早稲田時代のがんこ総本家の悪魔ラーメンに似ているものを出していて、とにかく凄いお店が現れたと感じたのを当時覚えています。興味がある人も多いのではと思い、気合を入れてかなり早い時間に行ったものの先頭でした(笑)さらに待つこと45分してからハルヲさんが来られ、その後、FILEさんしらけんさんが来られました。来た人は少なく、湯一という名前を聞いても食指が伸びないのかなぁというのが正直な感想です。帰宅してから調べてみたところ2001年に開店し、2003年にはお店が閉店(移転?)したみたいですので、かなり時間が経過したなというの印象があります。

この日の限定メニューは以下の通りです。聞いたところ、今後幻のショッパーということでラーメン、つけ麺を土曜日、祝日限定でやるようです。ということは無理してこの日に食べに来なくて良かったのかも。。。
20090208_有頂天_限定メニュー120090208_有頂天_限定メニュー2







ショッパーラーメン(800円)(写真左上)、ショッパーつけ麺(850円)(写真右上)を注文しました。

ショッパーラーメンは出て来たものを見ると色が違うだよなというのが第一印象です。実際食べてみるとしょっぱさが前面に出ているものダシの濃さがないかなというのが正直な感想です。しょっぱさの中に濃いダシが出ていてこそ湯一や悪魔ラーメンというイメージがあるので。ただタレの感じにはあの独特の雰囲気はあり、懐かしいという感じがしました。実際、悪魔ラーメンや湯一に強い思い入れのある二冠王と僕は懐かしいし、雰囲気も少し出ていると満足していました。
麺は中太の自家製と思われるような感じの大勝軒風の麺です。お店の外には大成食品から送られて来た箱が一箱あったのは少し気になりましたが、関係はないのと思います。具はチャーシュー、濃い味付けの豚バラ肉、ネギ、玉葱、海苔、メンマが入っています。湯一のラーメンには、濃い味付けの豚バラ肉は入っていなかったと記憶していますが、悪魔ラーメン好きの僕としてはこれが入っていたのはとても嬉しかったです。

ショッパーつけ麺に関しては最近再び更新を始めた同行者のブログで更新されるのを楽しみに待ちたいと思います(爆)

また通常メニューは以下の通りになります。ちなみにデミチャーハンというメニューがあるのがとても気になります。20090208_有頂天_メニュー120090208_有頂天_メニュー2








最後に聞いてみたところ、湯一のオーナーとこちらのお店のオーナーが知り合いで、復活させてみようかなというお話になったそうです。今回厨房で作っていた人(2つの大勝軒で修行をされていたそうです。)は直接湯一にいた訳ではなく、味を伝授されたそうです。

住所   東京都中央区東日本橋2-9-4
営業時間 11時〜15時 17時〜22時(平日)
     11時〜18時(土曜日、祝日)
定休日  日曜日

take_hilano at 16:17|PermalinkComments(8)TrackBack(3) 東京都 

2009年02月08日

麺屋 団長@安治川口

7af4dd3c.JPG1月10日(土)の夜に安治川口の麺屋 団長に行きました。こちらのお店は神戸ちぇり〜亭の流れを汲むお店だそうです。神戸ちぇり〜亭は一度ふられた経験があり、未食ですが、まずはアクセスの良いこちらのお店に行きました。
17時の開店時間少し前に着くと店内では声出しをやっていますが、かなり大きい声で印象に残ります。そして入店し、席に座ると、「お客さまご来店です。おっす。いらっしゃいませ。」と店員さん全員に声をかけられます。何も知らなかっただけにかなり驚きました。

メニューは以下の通りです。
20090111_麺屋団長_メニュー







団長の情熱黒醤油(619円)を注文しました。注文時に脂、ニンニクの量を聞かれますが、脂は普通でニンニクは少なめで注文しました。

ラーメンが出てくると店員さんから「魂の黒胡椒をかけてもいいですか?」と聞かれます。よくわからなかったので、「お願いします」と頼んだところ、とても大きい胡椒を轢く器械(これは実際に見て欲しいですね)で胡椒を目の前で入れてくれます。

ラーメンは炒めた肉、野菜などが具としてのっているために香ばしい香りがします。醤油ダレが前面に出ていて、ニンニクが食欲をそそります。見た目からはかなりジャンクなのかな?と思いましたが、食べてみると思いのほか食べやすいという印象をうけます。ニンニクや脂の量を増やさないとジャンクさは出ないのかもしれません。
麺は太めの縮れ麺でもっちりとしていて美味しいです。具は炒めた豚肉スライス、キャベツ、モヤシが入っています。
ちなみに普通でも量がかなりあります。これで619円だから安いと思います。麺、野菜、肉をそれぞれ男盛にしたら写真としては最高でしょうが、食べるのはかなりきついのでしょうね。

神戸ちぇり〜亭での接客はどうなのか?とても気になりますね(爆)

住所   大阪市此花区島屋6-1-101
電話番号 06-6463-4420
営業時間 17時〜24時
定休日  日曜日、祝日

take_hilano at 13:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大阪府 

2009年02月06日

彩色らーめんきんせい 交野店@津田

35c9a844.JPG1月10日(土)の夕方前に彩色らーめんきんせい 交野店に行きました。こちらのお店は大阪の人気店であるきんせいの3号店という扱いになるようです。2号店が東成きんせいというのに対してこちらのお店の屋号は「彩色らーめんきんせい 交野店」ですので、何かいろいろ事情があるのかなと思います。
ちなみにこちらのお店は既に食べた方から店主の方の情報を聞いていました。自分も面識があり、2007年末にこちらのお店を1時間半以上一緒に並んだ経験があります(爆)
15時10分頃でしたが、お店はお客さんの入りが8割位といった感じです。お店に入ると店主の方がいらっしゃって挨拶することが出来ました。

メニューは以下の通りです。
20090111_きんせい交野_メニュー







塩そば(650円)を注文しました。数量限定とのことですが、この時間でもまだ残っていたのでそれなりの数は用意しているのだと思います。
また高槻、東成のお店がどうだったか思い出せないのですが、卓上には無料でキムチが置かれているのが印象に残ります。

鶏そばはあっさりとしたスープですが、しっかりと鶏のダシを感じることが出来ます。派手さはないものの安心して食べられる完成度の高い一杯だと思います。個人的にはこの日の一杯目に食べたかったなという感じがしました。(自分の問題なので、申し訳ないのですが。。)
麺は細めのストレート麺です。固めの茹で加減です。スープとの相性も悪くないと思いますが、ただ何かもう少ししっかりした麺だともっと美味しく食べられるかなという感じがしました。具はチャーシュー、メンマ、味玉、ナルト、ネギが入っています。

住所   大阪府交野市倉治2-68-35
電話番号 072-892-8608
営業時間 11時〜22時
定休日  不定休

take_hilano at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 大阪府 

2009年02月05日

新福菜館 京橋店@京橋

5f2cc6c6.JPG20090111_新福菜館_やきめし1月10日(土)の昼に京橋の新福菜館 京橋店に行きました。こちらのお店は京橋のKiKi京橋という建物の1階にあります。日本一新福菜館に詳しい男のコラムを拝見して良さそうだったので行こうと思いました。新福菜館は本店三条店を食べたことがあり、今回が3店舗目となります。

メニューは以下の通りです。確か他のお店ではメニュー名がカタカナ表記で「ヤキメシ」だったような気がしますが、こちらのお店は平仮名表記となっています。(食券機は確認し忘れました。。)
20090111_新福菜館_メニュー







定食 Aセットの中華そば+やきめし(小)(900円)を注文しました。新福菜館に来たら、やっぱりセットが必須でしょう!

中華そばは出て来たものを見ると今まで食べたものよりも油が浮いていて、黒くないという印象をうけました。スープを飲んでみると今まで食べたことのあるお店よりも鶏のダシがきいていて、少し違和感を感じました。でも個人的にはこちらのお店の方が好みかな。
麺は細めのストレートです。8人前くらい茹でていたものの一番最後だったこともあり、かなり柔らかかったです。京都は麺が柔らかい店が多いという印象がありますが、それにしても柔らかかったです。具はチャーシュー、ネギが入っています。

ヤキメシは新福菜館の醤油ダレがきいていて、美味しいです。中華そばを小にして、やきめしを普通にすれば良かったと思ったりもしました(笑)

食べた感想としては支店ごとにかなり印象が異なりますね。新福菜館に関しては、本店以外を食べてほしいという意味が良くわかりましたね。

住所   大阪市都島区東野田町1-6-22 KiKi京橋1F
電話番号 06-4801-8107
営業時間 11時〜23時

take_hilano at 02:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 大阪府 

2009年02月03日

和らーめん いふり@五位堂

15882b16.JPG1月10日(土)の昼に五位堂の和らーめん いふりに行きました。こちらは第4回ラーメントライアウトで優勝したお店です。2009年2月〜3月頃に閉店し、2009年4月からは東京の立川ラーメンスクエアに出店することが決定しています。本店が未食で立川で初めて食べるというのは恥ずかしいので、何とか時間を作って、今回食べに行きました。(とは言っても侍の前身である日田市のがらんどやは食べに行けなかったのですが(笑))
13時前に着きましたがお客さんの入りは4割程度でした。


写真左下がメニューです。写真中央下、右下がお店で使用している食材となります。
20090111_いふり_メニュー20090111_いふり_食材紹介20090111_いふり_食材紹介2







醤油らーめん(730円)を注文しました。

動物系の骨を使用していないというこだわりのスープは和風ダシがしっかりときいています。表面には油が多く浮いていて、こってり感を演出しています。和風ダシをうりにしているお店だと勝手にイメージを抱いていただけに油の量が多く、やや意外な感じがしました。個人的には和風ダシにこだわっているお店なので、油の量をもう少し控えめで和風ダシを楽しんでみたかったです。
麺はちりちりの細麺で固めの茹で上がりとなっています。スープともよく絡み、美味しいです。具はチャーシュー、水菜、ネギが入っています。

食後には店主の方に「食入れご飯」をお勧めされました。今回は他にも行くお店があったために食べるのをやめたので、立川店では是非とも食べたいと思います。また他のメニューも食べてみたいですね。

住所   奈良県北葛城郡広陵町馬見中5-1-26
電話番号 0745-55-7081
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜22時(平日)
     11時30分〜15時 18時〜22時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 02:16|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 奈良県 

2009年02月01日

中華そば 源さん@玉造

20090111_源さん1月10日(土)の昼に玉造の中華そば 源さんに行きました。こちらのお店は高井田系の中華そばを無化調で出しているということで有名なお店です。一度臨時休業でふられたことがあり未食だったのですが、先日発売された本で紹介されていたのを見て思い出し、食べに行きました。
11時20分頃着きましたが、お客さんはいませんでした。




メニューは以下の通りです。
20090111_源さん_メニュー







中華そば(600円)を注文しました。

表面に油のほとんど浮いていないあっさりとしたスープは和風ダシがしっかりときいていて、スープのダシを味わうことが出来ます。無化調の影響なのかどうかは分かりませんが、今まで食べたことのある高井田系に比べるとダシが出ていて、優しい味わいといった印象です。
麺は極太のストレートタイプのもので、やや固めの茹で上がりとなっています。今まで食べたことのある麺と比べると舌触りが異なるような気がしました。高井田系の麺というと栄大號のものが多いような気がしていましたが、こちらのお店の麺箱にはミネヤ食品工業と書かれています。具はチャーシュー、メンマ、ネギが入っています。

住所   大阪府大阪市東成区玉津1-1-36
電話番号 06-6973-9222
営業時間 11時〜15時 18時〜翌2時
定休日  日曜日

take_hilano at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 大阪府