2010年03月

2010年03月30日

一風堂 盛岡店@盛岡

581dba25.JPG3月13日(土)の夜に一風堂 盛岡店に行きました。こちらのお店は説明するまでもない一風堂の盛岡店です。本州最北端にあるお店で、営業時間が長いこともあり、行ってみました。
19時過ぎに行きましたが、店内5割程度のお客さんしかいませんでした。思ったよりかはすいているなという印象です。




メニューは以下の通りです。
20100313_一風堂_メニュー120100313_一風堂_メニュー2







赤丸かさね味(800円)を注文しました。

赤丸を注文して、出て来たものを見て、そういえば味をリニューアルしてから赤丸を食べるのは初めてだなと気づきました。初めて食べた感想としては、やや甘めのスープに背脂がたくさん浮いています。黒色の香油とうまみ玉が浮いています。最初は豚骨スープと混ざらないので、豚骨スープの味を楽しめますが、食べ進めていくと味が混ざっていき、スープを楽しみづらいなという印象です。
麺は細めのストレート麺です。加水率が低く、豚骨スープとは相性が良いです。具はチャーシュー、キクラゲ、ネギが入っています。

住所   岩手県盛岡市菜園2-3-4
電話番号 019-604-3500
営業時間 11時〜翌3時


take_hilano at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 岩手県 

2010年03月29日

柳家 盛岡大通本店@盛岡

36e3d55f.JPG3月13日(土)の夜に盛岡の柳家 盛岡大通本店に行きました。岩手県出身のラーメンフリークの方に盛岡でどこのラーメン屋に行けばよいか伺ったところ、「盛岡と言えば、まずは柳家」と事前情報を頂いたこともあり、今回行ってみました。
今回行ったお店は本店なのですが、書店の3階にあります。本店なのに書店の3階にあるということで、驚きました。



メニューは以下の通りです。某氏から「カナダ五輪」というメニューがあると事前情報を聞いていましたが、オリンピックが終了したこの日もまだ限定メニューとして残っていました。
20100313_柳家_メニュー







一番人気というキムチ納豆(920円)を注文しました。

キムチ納豆ということで、食べるまで正直不安でしたが、食べてみると思ったよりも普通でした(笑)スープは味噌よりもキムチからくる辛味が前面に出ていて、納豆は控えめです。ところどころ野菜の中に納豆が紛れていますが、違和感はなく食べることが出来ます。個人的にはキムチの辛さが若干苦手だったので、キムチが入っていないメニューが食べてみたかったです。
麺は平打の中くらいの太さの麺です。具は豚肉、モヤシ、細かく刻んだキムチ、納豆、生卵、ネギが入っています。

住所   岩手県盛岡市大通り2丁目2-15 さわや書店3F
電話番号 019-653-3555
営業時間 10時30分〜20時30分(L.O.20時)
     10時30分〜19時(L.O.18時30分)
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 07:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 岩手県 

2010年03月27日

らぁめん し〜くえんす@水沢

515d95da.JPG3月13日(土)の夜にらぁめん し〜くえんすに行きました。こちらのお店は基本は喫茶店ですが、時間限定でラーメンを提供しています。岩手では話題となっているお店ということもあり、行ってみました。
水沢駅から歩いて15分弱で着くことが出来ます。店内に入ると入り口の左側の漫画が置かれています。本棚の目立つところに、ラーメン発見伝が全巻揃っています。



メニューは以下の通りです。
20100313_しーくえんす_メニュー







メニューが複数あったので、おすすめメニューを伺い、一押しの【無化調】魚だし醤油らあめん(700円)を注文しました。

スープはしっかりと魚介の香りとダシのするあっさりとしたスープです。無化調ということで、後味も良いです。魚ダシは強いものの都内の専門店と比べると洗練された感じとキレがないかなと思います。とは言っても喫茶店でこれだけのラーメンが出てくるのはさすがですし、研究熱心な店主という印象をうけましたので、これからますます良いラーメンが提供されるのではないでしょうか?
麺は細めの縮れ麺です。麺を持ち上げると魚介が香ります。具はチャーシュー、味玉、ネギ、メンマ、海苔が入っています。

住所   岩手県奥州市水沢区西上野町3-19
電話番号 0197-24-8906
営業時間 17時〜22時(月曜日、水曜日、金曜日)
     11時〜15時 17時〜22時(火曜日、木曜日、土曜日)
定休日  日曜日、祝日

※営業時間はラーメンを提供している時間です。また限定ラーメンなどもやっているので、行かれる際はお店のブログをチェックしてみて下さい。

お店のブログはこちらです。

take_hilano at 12:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 岩手県 

2010年03月25日

morisoba nicro@仙台

dbb35d4b.JPG3月13日(土)の昼に仙台のmorisoba nicroに行きました。こちらのお店は東北初のもり蕎麦専門店です。ラーメンではないと突っ込みをうけそうなのですが、一つ前の記事で紹介したRa-men qurokuの2号店なので、紹介させて頂きます。お店の場所はRa-men qurokuから歩いて2〜3分のところにあります。
Ra-men qurokuを食べた後に来ましたが、こちらは誰もお客さんはおらず、自分が食べ終わるまで誰も来ませんでした。


メニューは以下の通りです。
20100313_nicro_メニュー120100313_nicro_メニュー2







nicroそば(1000円)を注文しました。

蕎麦つゆは甘さと辛さが共存していますが、甘さと辛さだけではなく、深い味わいの蕎麦つゆという感じがしました。そして食べ進めると不思議と癖になり、もっと食べたいと思ってしまいます。お店のメニューによると化学調味料不使用とのことで、深い味わいに仕上がっているような感じがします。
蕎麦は詳しいことは良く分からない部分はあるのですが、茹で加減もよく、蕎麦つゆとの相性も良かったです。
食べ終わった後は卓上にあるジャスミンティーで蕎麦つゆをわります。蕎麦つゆとジャスミンティーの相性が何とも言えず、良かったです。

個人的には初めて食べたタイプの蕎麦でしたが、とても面白かったです。新橋にある港屋のインスパイアということなので、本家も一度食べてみたいと思います。
理由はいろいろあると思いますが、面白い味わいなので、是非とももっと人気が出て欲しいなと思います。

また機会があれば、ニンニクたっぷりでジャンクという豚もりそばも食べてみたいですね。

住所   宮城県仙台市宮城野区榴岡2丁目4-1
電話番号 080-4072-7218
営業時間 11時〜15時(麺無くなり次第終了) 16時〜20時(麺無くなり次第終了)
定休日  月曜日

take_hilano at 17:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 宮城県 

2010年03月23日

Ra-men quroku@仙台

9be947c8.JPG3月13日(土)の昼に仙台のRa-men qurokuに行きました。(屋号についてはお店のブログにこのように記述されていましたので、このように書きました。)こちらのお店は高田馬場の名店である渡なべ出身の店主のお店です。一度食べたことがありますが、その時からメニューが大きく変わったこともあり再び行ってみました。前回の時のレポはこちらを見てみて下さい。
13時30分頃でしたが、店内は8割くらいのお客さんがいて、人気があるのが分かります。

味噌らーめん(750円)を注文しました。

スープは少しどろっとしていますが、食べて見ても重たくはなく、動物系よりも野菜類などを使っているような感じがします。味噌の味とスープのバランスが良いラーメンという印象をうけました。また、胡椒?などによるアクセントや刻み生姜での味わいの変化も良かったです。ラーメンの見た目も綺麗だし、味も新しいタイプの味噌ラーメンで、お洒落なラーメンという印象です。
麺はつるっとした太麺です。麺自体はとても美味しいですが、この味噌ラーメンにはこの麺じゃなくても良いかなというのが正直なところです。具はチャーシュー、大きく厚みのある渡なべ譲りのメンマ、モヤシ、ネギ、糸唐辛子、刻み生姜が入っています。

前回食べた時に比べて、洗練された印象をうけました。限定なども含めて他のメニューが気になるお店ですね。

住所   宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12 アーバンライフ橋本 1F
電話番号 022-298-7969
営業時間 11時30分〜14時 19時〜24時(平日)
     11時30分〜24時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  月曜日

お店のブログはこちらです。

take_hilano at 21:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 宮城県 

2010年03月22日

虎一@本厚木

22f363b8.JPG20100307_虎一_辛味噌20100307_虎一_ライス







3月7日(日)の昼に本厚木の虎一に行きました。こちらのお店は2009年12月に開店したお店で、味噌ラーメン専門店です。既に食べたラーメン仲間から良い情報を聞いていたので、楽しみにして行きました。

メニューは以下の通りです。
20100307_虎一_メニュー







虎一味噌らーめん(750円)(写真左上)、虎一辛味噌らーめん(800円)(写真中央上)、ランチ時に無料のライスを注文しました。

虎一味噌らーめんは赤味噌をベースとした味噌ラーメンです。ややしょっぱめの味付けになっています。スープは動物系に加えて、野菜類を加えており、適度な粘度があります。野菜類が入っているせいか、思ったほどの重たさはなく食べやすいです。そしてスープと味噌のバランスが良いと思います。
麺は太めの少し縮れたものです。スープとの絡みはまずまずではないでしょうか。ネットなどの情報によると浅草開化楼の麺を使っているようです。具はチャーシュー、モヤシ、水菜、海苔が入っています。

虎一辛味噌らーめんは辛さが「シングル」、「ダブル」、「トリプル」、「MAX」の4段階から選ぶことが出来ます。結構辛いとのことでしたので、今回は「シングル」で注文しました。味噌らーめんをベースに少しトゲのある辛さが加わっています。個人的には辛さによって味噌ダレの味が少し隠れてしまうので、虎一味噌らーめんの方が好みでした。

最後にお話をしたところ、店主の方は茅ヶ崎の某ラーメン店で店長をしていて、独立したそうです。

住所   神奈川県厚木市寿町1-3-12
電話番号 046-225-0400
営業時間 11時30分〜20時
定休日  水曜


take_hilano at 09:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 神奈川県 

2010年03月20日

麺屋 スイレイ@鶴ヶ峰

8d83d33e.JPG20100307_スイレイ_味噌3月7日(日)の昼に鶴ヶ峰の麺屋 スイレイに行きました。こちらのお店は2010年の2月末or3月初旬に開店したお店です。マーコさんのHPで浜田山の虎ジ出身ということで、開店間もない頃に行きました。
かなり分かりづらいところにあると書かれていましたが、割と迷わずにたどり着くことが出来ました。しかし、住宅街のアパートの一室がお店になっており、かなり分かりづらいところにあります。

メニューは以下の通りです。
20100307_スイレイ_メニュー







スイレイネギらーめん【醤油】(800円)(写真左上)、スイレイネギらーめん【味噌】+フータン(800円+100円)(写真右上)を注文しました。

普段はトッピングはまずしないのですが、らいおん、虎ジの系列となれば、ネギは必須だと思っているので、ネギをトッピングしました。

スイレイネギらーめん【醤油】はスープのダシがやや弱く、タレの味を強めに感じます。開店して一週間だから仕方ないとは思いますが、まだまだこれからよくなりそうな感じがします。食べ進めていくうちにネギの味がスープに混ざることで良い塩梅となります。
麺は幅がそれ程広くない中くらいの太さの平打ストレート麺です。表面はつるつるとしています。大榮食品のものを使用しています。具はチャーシュー、メンマ、海苔、味付けされたネギが入っています。

スイレイネギらーめん【味噌】は味噌ダレがやや強めの味わいですが、ダシの弱さはあまり感じず、ラーメンとしてはうまくまとまっている感じです。同行者が「らいおんでは味噌ばかりを食べていた」と言っていましたが、確かにそれも納得できるようはまりそうな味わいです。ライスとの相性も良いので、また食べたいです。

現状では味噌の方がお勧めだと思います。この系統では初めて味噌を食べたので、今度は本家のらいおんでも味噌を食べてみたいです。

また、食後に少しお話してみたところ、店主の方は浜田山の虎ジの立ち上げメンバーだったそうです。その後別の仕事をして、再びラーメンに戻って来たそうです。浜田山の虎ジは開店して割とすぐ食べに行ったので、その頃いた方なのかもしれないです。

住所   神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰1-70-27
営業時間 11時30分〜15時 17時〜21時
定休日  火曜


take_hilano at 16:18|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 神奈川県 

2010年03月18日

麺や 庄の@台場

74424247.JPG3月2日(火)のお台場ラーメンPARKの麺や 庄のに行きました。ラーメン仲間から麺や庄のの限定は凄いと前から言われていたのですが、なかなか食べに行く機会がありませんでした。今回は過去の限定で人気のあったメニューでの出店ということで楽しみにしていました。
数人の待ちでしたが、ラーメンが出てくるまでに10分くらいかかりました。




写真左下はメニューです。写真右下は店内のイートインスペースに置かれている卓上調味料です。
20100302_麺や庄の_メニュー20100302_麺や庄の_卓上







しびれ豚骨〜黒麻麺〜(800円)を注文しました。

濃厚スープということですが、とろみのあるスープですが、思ったほどの重たさはなく食べやすく仕上がっています。この味の元が何なのかはよく分からないのですが、独特な味わいになっています。イベントということですが、手抜きなしのしっかりしたメニューを持ってきているなという印象です。丁寧に作るあまり、提供までに時間がかかるのが少し残念な気がします。
メニュー名は「しびれ」となっていますが、そのまま食べる分にはしびれる程の辛さはありません。現上には唐辛子、黒胡椒、花椒の3種類があります。辛いのが苦手なこともあり、黒胡椒しか試しませんでしたが、黒胡椒のピリっとした辛みがスープと相性抜群でした。
麺は太めの縮れ麺でスープとよく絡みます。具は揚げた麺、ネギ、糸唐辛子、魚粉が入っています。

詳細についてはHPでご確認下さい。

take_hilano at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月17日

魁龍@台場

77197541.JPG3月2日(火)の昼にお台場ラーメンPARKの魁龍に行きました。お台場ラーメンPARKの第4弾に出店しています。ちょうど会社から電車に乗って、昼飯圏内だったこともあり、食べに行きました。
この日は12時過ぎに行きましたが、行列はほとんどなく、すぐに食べることが出来ました。現在はお店の中で食べることが出来るようになっていますが、外で食べている人が多く、中で食べている人はいませんでした。

スープは写真で見ると、濃厚そうに見えますが、本場の魁龍と比べるとかなり軽めで雰囲気はあるもののやや別物かなと思います。ラーメンが出てくる前にお店の方と少しお話をさせていただきましたが、スープをお台場で炊くことが出来ず、福岡から送っていたりと、温める際にも厨房器具の制約でなかなか本場の味が出せないと言っていました。確かに魁龍というよりも美味しい久留米ラーメンという感じがしましたが、それでもやっぱり魁龍というブランドが東京で食べられるのは素直に嬉しいです。やっぱり自分は豚骨ラーメンが好きなんだなと感じました!
麺は細めのストレート麺で、こちらはスープと相性がよく、美味しいです。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

いつか再び首都圏で営業して欲しいなと思います。

詳細についてはHPでご確認下さい。

take_hilano at 09:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月15日

忍八@浜松町

25ffee4e.JPG20100301_忍八_ランチ3月1日(月)に浜松町の忍八に行きました。こちらのお店は2009年12月に開店したお店です。仕事場から近いのですが、なかなか浜松町勤務にならなかったので、開店してから3ヶ月以上過ぎてから行くことが出来ました。
お店は1F、2Fに席があり、エレベーターでラーメンが運ばれてきます。

メニューは以下の通りです。
20100301_忍八_メニュー







つけ麺 並200g(750円)、本日のランチの唐辛しミンチ丼(200円)を注文しました。

スープは動物系をベースにしていて、トマトや昆布を使用しています。トマトは結構な量を使っているようで、トマトの味わいは強く感じます。昆布により、とろみが出ているので、麺ともよく絡みます。つけダレは他にはない味わいに仕上がっています。後で気づいたのですが、トッピングにチーズがあったので、このつけダレでしたら、相性が良さそうな気がします。
麺は全拉粉の入った太めの縮れ麺です。丸山製麺のものを使用しているようです。スープともまずまず絡み、美味しいです。具はチャーシュー、ネギが入っています。具がもう少し入っていると嬉しいかも。

ちなみに周りの人が食べていたラーメンを見るとこちらはつけ麺とは異なるタイプ、濁っていないようなスープのようでした。

住所   東京都港区浜松町1-27-4佐々木ビル1F&2F
電話番号 03-3438-0807
営業時間 11時30分〜15時30分 17時30分〜22時30分
定休日  日曜日



take_hilano at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月13日

風来軒都城@六本木

a2a86b76.JPG20100227_風来軒都城_サイドメニュー2月27日(土)の昼に六本木の風来軒都城に行きました。こちらのお店は携帯サイトのラーメンバンクで紹介されていたお店です。居酒屋のランチで宮崎県の風来軒都城の味を出しています。風来軒都城の方が親族にいらっしゃるようですね。
ちなみに2010年3月5日でいったんこちらのお店を閉店するということだったので、紹介された週末に行って来ました。12時頃行きましたが、お客さんは僕ら以外にはいませんでした。

メニューは以下の通りです。
20100227_風来軒都城_メニュー














風来軒都城黒丸とんこつラーメン(680円)、鶏チャーシュー丼(280円)を注文しました。

スープは少し油の浮いたライトな豚骨スープにマー油が混ざった味わいです。ニンニクの味が食欲をそそります。自分の知っている風来軒のスープと比べてもライトで、あまり風来軒という感じもしないというのが本音です。居酒屋のランチメニューだから仕方がないかなとは思いますけど。
麺はぼそぼその中細の縮れ麺です。九州っぽくはないです。同行者が旭川ラーメンの麺みたいと言っていましたが、なるほどと感じました。具はチャーシュー、ネギ、メンマが入っています。

※こちらのお店は2010年3月5日までの営業とのことで、現在は営業していません。

take_hilano at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月12日

和風らーめん のらや@土浦

d7543970.JPG2月23日(火)の夜に土浦の和風ラーメン のらやに行きました。こちらのお店はネットで見つけたお店でネット上の情報によると夢館で修行した店主が開店したお店だそうです。お店に入るとお店の方がお客さんに「当店は和風醤油ラーメン専門店でラーメン、つけめんしかありません」という旨の説明をしています。
R-1グランプリを見た後に行ったので、21時過ぎ頃着きましたその時はお客さんはいませんでしたが、後客が4人とやや遅めの時間でもまずまずお客さんが来ているようです。


メニューは以下の通りです。
20100223_のらや_メニュー20100223_のらや_こだわり













ラーメンかつけめんかどちらにしようかすごく迷ったのですが、のらや流つけめん(750円)を注文しました。

作り方を見ているとつけダレの容器は大きな鍋の中に入れてタレを注ぐ直前まで暖めています。(勇@銀座と同じ方法と言えば分かるでしょうか。)

スープは熱々で煮干のダシがしっかり香るスープです。動物系の濃度はあまりないですが、和風ダシがしっかりときいていて、心地良いです。今流行のタイプとは異なりますが、これはありだと思います。デフォルトで付いてくるとろろを麺に絡めてつけダレに入れるスープがじょじょに変化してきて、面白いと思います。とろろを入れるということでつけダレが冷めるかなと思いましたが、丼がしっかりと温められているからぬるくならずに美味しく食べることが出来ます。とろろというのはオリジナリティがあって、面白いと思います。
麺は菅野製麺所の細麺を使用しています。とろろを麺にかけるというアイデアは面白いのですが、とろろをかけることで麺が余計に絡まってしまい、持ち上げづらいのが難点かな。具はチャーシュー、ネギが入っています。

住所   茨城県土浦市小松1丁目2-17
電話番号 029-875-8880
営業時間 11時〜15時 17時30分〜22時
定休日  月曜日

take_hilano at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 茨城県 

2010年03月10日

四川担担麺 阿吽@湯島

20100221_阿吽_坦々麺20100221_阿吽_汁なし坦々麺20100221_阿吽_浪花そば







2月21日(日)の昼に湯島の四川担担麺 阿吽に行きました。こちらのお店の坦々麺は良い評判を聞いていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。たまたま2日前に一人で来て、臨時休業でふられたのですが、この日は別件で用事があり、こちらで食事をすることになりました。
13時30分くらいに行きましたが、店内で5人待っていて、人気があるのが分かります。

メニューは以下の通りです。
20100221_阿吽_メニュー







坦坦麺(800円)(写真左上)、つゆ無し坦坦麺(800円)(写真中央上)、浪花そば(650円)(写真右上)を注文しました。

坦坦麺はかなり辛さが強く、しびれるような辛さです。辛いものが苦手な人には食べづらく感じる辛さなので、お勧めは出来ないです。自分は辛いのがダメなので、苦手でした。

つゆ無し坦坦麺は坦坦麺と比べると辛いことは辛いですが、胡麻(?)の少しマイルドで濃い味わいに辛さが少しだけマスキングされ、美味しく食べることが出来ます。(とはいっても自分には辛かったですが。)また干し海老、ひき肉などの味わいもしっかりしており、美味しいです。自分にとっては少しだけ辛かったので、ライスと一緒に食べたかったです。

浪花そばは2010年から始まったメニューだそうです。メニューの通り、大阪の「どて」を意識して作ったのだと思いますが、甘めのスープが何とも癖になりそうな味わいで、美味しかったです。
麺は中太のストレート麺で、三河屋製麺のものを使用しています。スープとの相性も良いし、麺自体も美味しかったです。具は牛肉の煮込んだもの(「どて」?)、ネギ、白菜が入っています。

2日前に臨時休業ふられたのですが、この日に複数メニュー食べられて良かったと思いました。つゆ無し坦坦麺と浪花そばが自分の好みでした!

住所   東京都文京区湯島3-25-11
電話番号 03-3835-1796
営業時間 11時〜14時 18時〜22時(平日)
     11時〜15時 18時〜22時(土曜日)
     11時〜15時 18時〜21時(日曜日)
定休日  月曜日

take_hilano at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月08日

麺武 鷹雅@水道橋

20100220_鷹雅_焼き醤油20100220_鷹雅_焼き塩20100220_鷹雅_サイドメニュー







2月20日(土)の昼に水道橋の麺武 鷹雅に行きました。こちらのお店は2010年2月2日に開店したお店で、屋号は「おうが」と読みます。こちらのお店は新宿の麺武 虎龍の姉妹店になります。麺武 虎龍のレポはこちらをご参照下さい。

メニューは以下の通りです。
20100220_鷹雅_メニュー







焼き醤油ら〜めん+名物味玉(750円+150円)(写真左上)、焼き塩ら〜めん(750円)(写真中央)、チャーシュー丼(280円)(写真右上)を注文しました。

ラーメン類の食券を購入すると「カラアブラ」「腹脂」の量について、聞かれますが、よくわらかない(詳細不明で突然言われる)のでとりあえずお店の方の指示に従って普通で注文しました。

焼き醤油ら〜めんは写真を見るとスープが白濁しているようにも見えますが、濁っているのは表面だけでスープ自体はそれ程濃厚という感じはありません。またメニュー名に「焼き」という名称が入っていますが、味はそれ程インパクトがあるわけではなく、どちらかというと万人に受けそうな味に仕上がっていると思います。個人的にはやっぱりインパクトがある方が好みかな。また最初に聞かれた「カラアブラ」はあまり効果が分かりませんでした。
麺は小林製麺のプリっとした中太の縮れ麺です。札幌のラーメンらしい麺で、相性は良いと思います。具はチャーシュー、メンマ、炒めたモヤシ、ネギが入っています。メンマは味付けが甘めで醤油、塩ともにスープと相性が悪く、アンバランスな感じがします。この系統のお店ってチャーシューはブランド豚を使っているというイメージがありましたが、こちらのお店では特に記載されていませんでした。

焼き塩ら〜めんも焼き醤油同様スープにあまりインパクトはなく、おとなしめの仕上がりです。とても食べやすく仕上がっているとは思うけど、やっぱりもう少しインパクトのあるものが食べたいかな。また「カラアブラ」「腹脂」についてはこちらも醤油同様効果はあまり分かりませんでした。

住所   東京都千代田区西神田1-3-7
電話番号 03-3518-2022
営業時間 11時〜22時
定休日  日曜日


take_hilano at 21:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月07日

お台場限定コラボ 音麺酒家 楽々×らーめん こてつ@台場

a8990a56.JPG20100304_楽々こてつコラボ_油そば3月4日(木)の昼にお台場限定コラボ 音麺酒家 楽々×らーめん こてつに行きました。2日前に行った時は各店ほとんど行列がありませんでしたが、この日は各店舗に行列がありました。店主の磯部氏によると今日は珍しく混んでいますとのことでした(笑)

メニューは以下の通りです。
20100304_楽々こてつコラボ_メニュー







濃厚鯛出汁ラーメン(800円)(写真左上)、限定の比内地鶏脂の油そば(800円)(写真右上)を注文しました。

濃厚鯛出汁ラーメンはお台場ラーメンPARKのHPによるとラーメンこてつの濃厚白湯スープに音麺酒家 楽々の芳醇鯛出汁を混ぜたスープとのことです。実際に食べてみると濃厚な動物系スープに鯛の上品なダシがきいており、これで十分にお店でやっているだけのクオリティをもっていると思います。
麺は細めのストレート麺です。三河屋製麺のものを使用していて、喉越しもよく、美味しいです。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、水菜、糸唐辛子が入っています。

限定20食という比内地鶏脂の油そばは楽々で限定で提供していたものと同じだと思われます。平日限定ということでなかなか食べに行けなかった&ラーメン仲間から前々から煽られていたこともあり、こちらも注文しました。
油そば、汁なしというとジャンクなメニューが多いですが、こちらの油そばはそれとは対極にあるものです。比内地鶏の脂にタレ、卵の黄身が入ったシンプルな構成で、脂の味が分かりやすくなっています。脂はくどくなく、それでいながら香りもよく、美味しいです。油そばというとジャンクなものばかりを食べる機会が多かったこともあり、最初は違和感と物足りなさを覚えましたが、食べすすめていくうちに脂の味を楽しめるということでとても好きになりました。
麺は少し平たい縮れ太麺です。タレ、脂がよく絡み美味しいです。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、生卵の黄身が入っています。

正直なところ、どちらのメニューも美味しかったです。お台場ラーメンPARKでこの時点までで食べた中では一番美味しかったです。
集客についてはいろいろ言われていますが、こちらのお店だけではなく、どちらのお店も真面目に作っているのが分かりますので、是非ラーメン好きの方々は食べに行ってみては如何でしょうか?自分も第2、3弾と食べに行けば良かったなと後悔しています。

また楽々の磯部氏のメニューの引き出し数の多さに関しては、いつも驚かされます。ガガガ職堂の伊藤氏とともにメニューの引き出しの多さについては、都内トップクラスなのではないかなと思います。

詳細についてはHPでご確認下さい。

take_hilano at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月05日

重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店@御徒町

20100219_大ふく屋@御徒町2月19日(金)の夜に重厚煮干中華そば 大ふく屋 上野店に行きました。こちらのお店はせたが屋グループのお店で赤羽に最初のお店を開店してから1年ちょっとで瞬く間にお店の数を増やしました。この日はもともと別のお店に行く予定でしたが、そちらのお店が臨時休業だったので、リカバリーとしてこちらのお店に行きました。
以前、赤羽で食べた時は店外で待ちましたが、お店に入ると6割程度の席が埋まり方です。こちらのお店にしかない二郎インスパイア系である野郎ラーメンは売り切れていましたが、店内ではそれを食べている人がいたので、この日は19時30分くらいまでは残っていたのだと思います。

メニューは以下の通りです。
20100219_大ふく屋@御徒町_メニュー







重厚中華そば(730円)を麺大盛で注文しました。

スープは粘性のあるスープです。動物系、魚介系のダシと共に野菜も使っているとのことですが、動物系、魚介系の味が前面に出ています。こってりとしながらも飲みやすく、そして物足りなさを感じさせず、うまくまとめているなという感じがします。赤羽で食べた時と食べたメニューは異なりますが、店舗数が増えても味のレベルはしっかりとキープ出来ているという印象をもちました。
麺は中細のストレート麺で、やや固めの茹で加減です。ザクッとした感じの食感がなかなか良いです。細めの具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

今度は野郎ラーメンを食べに来てみたいです。

住所   東京都台東区上野6-2-6
電話番号 03-6803-2443
営業時間 11時〜22時(スープ切れ次第終了)
定休日  なし


take_hilano at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2010年03月03日

大八車@桜新町

d1907d80.JPG20100214_大八車_中濃20100214_大八車_つけ麺







2月14日(日)の昼に桜新町の大八車に行きました。こちらのお店は2003年に閉店した大八車が7年ぶりの復活です。閉店した後に復活する人気店はありますが、7年のブランクというのは珍しいかなと思います。当時人気があった店が復活してくれたのはうれしい限りです。
13時45分くらいに着きましたが店内で待っている人が多く、20分くらい待ってから席に着くことが出来ました。(店内はあまり広くなく、席が少かったです。)結構店外で待ちましたが、店外にトイレがあるので、待っている間でもトイレに行きやすいのは僕にとってはありがたい限りです(爆)
ちなみにこちらのお店ですが、もともとは○韓ラーメンという屋号で牛骨を使ったラーメンを使った提供していたのですが、狂牛病の頃に大八車で煮干味のラーメンに鞍替えしたと記憶しています。(一応どちらのお店も既食です!)

メニューは以下の通りです。
20100214_大八車_メニュー







東京にぼし麺(醤油) 180g(700円)(写真左上)、中濃にぼし麺(白湯) 180g(700円)(写真中央上)、特濃とろつけ麺 200g(750円)(写真右上)を注文しました。

最初にお断りをしておきますが、当時の味を食べているものの、どのような味だったかは正直覚えておりません。

東京にぼし麺(醤油)はあっさりとした醤油スープです。煮干ががつんときいている訳ではなく、どちらかというとじんわり系です。
麺は細めのストレート麺です。食感があまりよく、麺がスープに比べてイマイチな感じがします。具はチャーシュー、メンマ、海苔、青菜、ネギが入っています。

中濃にぼし麺(白湯)は白濁したスープに煮干をきかせています。中濃ということですが、現在の動物系と魚介をきかせたタイプのラーメンと比較するとあっさりとした部類に入ると思います。その中でしっかりと煮干をきかせ、粘性を追求していないのはこちらのお店の個性と言えるのではないでしょうか?
麺は東京にぼし麺(醤油)と同じ細めのストレート麺です。こちらも食感があまりよくなく、スープに負けている感じがします。

特濃とろつけ麺は最近流行のタイプのつけ麺に近いです。粘性のあるスープに魚介をきかせています。煮干が多いせいかいわゆる濃厚豚骨魚介とも若干違いますが、だいぶ流行に流された感じもします。
麺は極太の四角い断面の麺です。もっちりとしていて、まずまずです。ただつけダレ同様、流行を追ってしまっている感じがします。

住所   東京都世田谷区駒沢3-18-2
電話番号 03-3410-9141
営業時間 12時〜スープ切れ終了まで

take_hilano at 15:16|PermalinkComments(2)TrackBack(2) 東京都 

2010年03月01日

らあめん 元〜HAJIME〜@蓮根

ec231a8b.JPG20100227_HAJIME_醤油らあめん20100227_HAJIME_焼豚丼







2月27日(土)の昼に蓮根のらあめん 元〜HAJIME〜に行きました。こちらのお店は2009年5月に開店しましたが、TOKYO★1週間のラーメン・オブ・ザ・イヤー2009でしお部門の新人王に輝いたお店です。その他の雑誌やテレビなどにもたびたび紹介される機会があり、2009年を代表するお店と言って間違いないでしょう。開店直後に行った時でも美味しかったのですが、その時より美味しくなっているといろいろな人から言われていたので、ようやく再び行くことが出来ました。ちなみに前回食べた時の記事はこちらです。

塩らあめん(750円)(写真左上)、醤油らあめん(750円)(写真中央)、焼豚丼(250円)(写真右上)を注文しました。

出て来たラーメンを見るととても美しく、食べなくても美味しいのは間違いないという感じがします。

塩らあめんはあっさりした味わいですが、物足りなさは感じません。かと言って何かのダシが突出している訳ではないというのは前回と同様の印象ですが、前回に比べ、スープに厚みが出たという感じがします。このあたりのバランス感覚の良さは店主のセンスなのかなと思いますね。とても美味しく都内トップクラスなのは間違いないと思います。
麺は三河屋製麺の細いストレート麺です。滑らかな食感はスープとの相性も抜群です。具はチャーシュー、姫筍、鶏つみれ、ネギが入っています。

醤油らあめんは醤油のタレが前面に出ていて、香りがとても良いです。スープを楽しむのであれば、スープが熱いうちは塩の方が良いかなと思いましたが、少し冷めてくるとスープと醤油のバランスがよくなり、こちらもとても美味しいです。

どちらが良いかと言われると塩が好みです。また食べに行きたいお店ですね。

住所   東京都板橋区坂下2-16-11
電話番号 03-5392-9567
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜(スープ切れ次第終了)
     11時30分〜15時頃(スープ切れ次第終了)
定休日  月曜日

take_hilano at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都