2011年01月

2011年01月30日

がんこもんラーメン@遠賀川

20110108_がんこもん1月8日(土)の昼に遠賀川のがんこもんラーメンに行きました。こちらのお店は遠賀川の黒門と並んで、遠賀川の有名店として知られているお店です。黒門には2回行っているものの、なかなかこちらのお店は行くことがなく、ようやく行くことが出来ました。
以前は違ったと記憶していますが、現在は24時間営業になっています。24時間営業と聞くと不安もありますが、店に着くと強烈な豚骨臭があり、スープも凄いのかなと思い、一安心しました(笑)


メニューは以下の通りです。
20110108_がんこもん_メニュー







がんこもんラーメン(550円)を注文しました。

スープは表面にやや脂が多めに浮いていて、豚のしっかりと旨みを抽出したスープです。臭みもあり、食べる人を選ぶタイプのスープだとは思いますが、好きな人にはたまらないと思います。豚骨ラーメン好きの自分としては、今までこのお店を食べていなかったことを後悔しています。24時間営業ということで、どのくらいのレベルのスープが維持されているのかも気になるところです。自分が食べた時間のスープでだけ言えば、24時間のお店とは思えないですね。
麺は中細麺と書かれていますが、かなり細い麺です。茹で加減も固めでかなり良い感じです。具はチャーシュー、ネギ、キクラゲが入っています。

個人的には結構好みでした。もっと昔に食べる機会があっただけに、食べ逃していたことを後悔しています。

住所   福岡県遠賀郡遠賀町旧停1-5-12
電話番号 093-293-0469
営業時間 24時間
定休日  なし

take_hilano at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 福岡県 

2011年01月29日

ちゅるるちゅーら ラーメン研究所@東中間

20110108_ちゅるるちゅーら20110108_ちゅるるちゅーら_外観1月8日(土)の昼に中間市のちゅるるちゅーら ラーメン研究所に行きました。こちらは同じ北九州市にあるちゅるるちゅーらの2号店になります。どちらのお店も未食で、ちゅるるちゅーら、ちゅるるちゅーら ラーメン研究所共に最近良い評判を聞いていましたが、オゴポコさんが褒めていたこちらのお店に行くことにしました。
また写真右上はお店のところにある看板です。普段外観などは撮影しないのですが、こちらのお店は印象に残ったので、撮影してみました。

メニューは以下の通りです。
20110108_ちゅるるちゅーら_メニュー120110108_ちゅるるちゅーら_メニュー2







豚骨男味(660円)を注文しました。豚骨男味を注文すると超こってり豚骨、豚骨男味、あっさり豚骨、超あっさり豚骨の4種類から選べます。超濃厚は時間がかかると書いてあり、煮詰めるタイプなのかな?と勝手に思ったので、2番目に濃厚な豚骨男味を注文しました。
それにしてもメニューが多くて、分かりづらいというのが正直な印象です。

スープはしっかりとダシの出た豚骨で、骨というよりもダシで食べさせる感じがします。男味というだけ名前の通り、力強いスープで、好印象です。店外の看板を見ると大丈夫かなとも思ってしまいましたが、本格的な豚骨ラーメンに出会えて良かったです。こちらのスープも良かったのですが、今思うと超こってり豚骨を食べればよかったかなと思ったりもします。
麺は細めのストレートでスープとの相性も良いです。具はチャーシュー、モヤシ、ネギが入っています。

住所   福岡県中間市東中間2-3-5
電話番号 093-243-6636
営業時間 11時30分~15時 18時~22時(オーダーストップは、21時50分)
定休日  水曜日



take_hilano at 08:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 福岡県 

2011年01月27日

黒豚とんこつ 金田家 和田党 広島宝町@比治山橋

20110107_金田家和田党1月7日(金)の夜に広島市の黒豚とんこつ 金田家 和田党 広島宝町に行きました。こちらのお店は福岡県行橋市の金田家ののれんわけ1号店になります。翌日に福岡県の本店の方に行く予定だったため、まずは道中の途中にこちらのお店に寄りました。(ちなみに本店の方は翌日行ったものの、冬休み?だったようで、臨時休業で食べられませんでした。。)
ネットの情報によると本店の店主が元競輪選手で、日本競輪学校時代に同期で現在も現役選手である和田選手がこちらのお店を経営しているそうです。
またこちらのお店の支店(?)は2011年1月15日に「金田家 和田党 広島新天地」という支店を出したみたいです。

メニューは以下の通りです。
20110107_金田家和田党_メニュー







黒豚らーめん(680円)を注文しました。

スープは豚のダシが出たスープで、骨っぽさを前面に出したという感じではありません。その分食べやすく、比較的誰にでも受け入れやすいスープに仕上がっていると思います。本店のラーメンの写真などと見比べても、それ程大きな違いはないようですし、本家のある程度のレベルは保たれているのではないでしょうか。(翌日、本店にふられたこともあって、そう思いたいという気持ちもあります(笑))
麺は細めのストレート麺でスープとの相性も良いと思います。具はチャーシュー、海苔、キクラゲ、ネギが入っています。

住所   広島県広島市中区宝町4-13 第1片山ビル1F
電話番号 082-246-7288
営業時間 11時~15時(L.O.14時30分)  17時30分~21時30分(L.O.21時)

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 広島県 

2011年01月26日

博多ラーメン とんとん 蔵王店@東福山

20110107_とんとん1月7日(金)の昼に福山市博多ラーメン とんとん 蔵王店に行きました。こちらのお店は高田馬場にも出店している博多ラーメン とんとんの福山市のお店です。本当は本店に行きたかったのですが、本店は夜から営業ということで、時間の関係でこちらのお店に行きました。本当は広島県で食べた後に高田馬場店に行こうと思っていたのですが、年末会ったラーメン仲間から閉店したよと聞かされました。とは言うものの福山の人気店ですし、高田馬場で食べなかったこともあったので、こちらのお店に行ってみました。
15時30分位でしたが、店内は半分くらい埋まっており、地元で人気があるのが分かります。

ラーメン(550円)を注文しました。

スープは少しとろっとしていて、豚骨のダシがしっかりとして美味しいです。洗練された感じはありませんが、思っていたた以上にしっかりとしたスープで、地元の人気店に来たなという感じでした。また卓上にある高菜が入れ放題でこれがスープと相性が良いとおもいます。入れることで辛味が増し、味に変化をつけられますし、別売のおにぎりとの相性も良さそうな感じがします。
麺は細めの麺ですが、博多ラーメンの極細麺とは異なります。場所柄、博多ラーメンような極細麺がうけないのですが、個人的にはスープと比べると麺がややイマイチな感じがしました。具はチャーシュー、海苔、ネギが入っています。

住所   広島県福山市南蔵王町3-8-41
電話番号 084-928-7220
営業時間 11時~20時
定休日  水曜日

お店(高田馬場店?)のHPはこちらです。

take_hilano at 07:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 広島県 

2011年01月24日

坂本@笠岡

20110107_坂本1月7日(金)の昼に笠岡市の坂本に行きました。こちらのお店は新横浜ラーメン博物館のみんなのふるさとラーメン期間限定第三弾で出店しているお店です。本店はまだ未食だったこともあり、今回行ってきました。
14時20分行きましたが、地元のお客さんで店内は7割程度埋まっていて、人気があるのが分かります。ラーメン博物館のパンフレットで2代目として紹介されていた店主が厨房にいらっしゃいました。

中華そば(並)(500円)を注文しました。

もともと笠岡市に養鶏場が多かったそうで、笠岡のラーメンは、鶏をメインとしたラーメン屋が多く、出来たそうです。ということで、こちらのラーメンもスープは鶏をベースとしています。ラーメン博物館で食べた時と比べるとややおとなしく感じましたが、シンプルでありながらも物足りなく感じないスープは美味しいですね。こういうラーメンが根付いている笠岡という町は羨ましいなと思います。
麺は細めのストレート麺です。茹で加減もよく、美味しいですね。具は鶏肉、メンマ、ネギが入っています。

今回は西に向かう途中、笠岡は一軒だけでしたが、また他のお店も食べたいなと思います。

住所   岡山県笠岡市笠岡中央町34-9
電話番号 0865-63-6454
営業時間 9時30分~15時
定休日  日曜日、祝日

take_hilano at 20:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 岡山県 

2011年01月23日

そばの店@清輝橋

20110107_そばの店1月7日(金)の昼に岡山市のそばの店に行きました。こちらのお店は岡山で濃厚なスープを出すお店として人気のあった商人(「あきんど」と読みます。そういえば、大山にあった「商人衆」も閉店してから随分時間が経過したなと感じます。)の跡地に開店したお店で、味もその流れを汲んでいるということで、楽しみにしていたお店です。
13時頃に行きましたが、店内は半分くらいの席が埋まっていました。




メニューは以下の通りです。
20110107_そばの店_メニュー







そば(700円)を注文しました。

スープは鶏を半日間煮混んだスープに魚介をきかせています。スープはややしょっぱく、魚介も強めにきいています。半日間煮混んだもの、どろっとはしていません。商人と比べるとスープもそれ程濃厚でもないような気がします。ただやっぱり何かもう一つうまくまとめきれておらず、荒削りというのが第一印象です。
麺は細めのストレート麺です。少し柔くなるのが早いと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、もやし、もみじおろしが入っています。

住所   岡山県岡山市清輝橋2-2-12
電話番号 086-223-3444
営業時間 11時~14時30分 17時~21時
定休日  火曜日

take_hilano at 08:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 岡山県 

2011年01月21日

山下商店@高島

20110107_山下商店1月7日(金)の昼に岡山市の山下商店に行きました。こちらのお店は前から屋号を知っていましたが、ネット上の評判がよく、楽しみにしていきました。
この日は11時40分頃着きましたが、お店の前には「本日12時から開店」という旨の張り紙がありました。実際には、11時45分頃に開店しましたが、すぐに店内満席で食後には店外に5人の行列が出来たりと、人気があるのが分かります。お店は住宅街にあるにもこの人気ぶりは凄いと思います。



メニューは以下の通りです。
20110107_山下商店_メニュー







博多らーめん(580円)を注文しました。

博多らーめんというメニュー名ではありますが、スープは博多で食べる博多ラーメンというよりも、東京で食べる濃厚な博多ラーメンという印象の、骨と脂が混在したスープで、とても美味しいと思います。ややしょっぱめなのは気になりますが、個人的には凄く好きな味ですし、都内でも勝負出来るレベルにあると思います。
麺は極細ストレート麺で、固めの茹で加減で粉っぽさもあり、スープとの相性も抜群です。具はチャーシュー、文字の書かれた海苔、ネギ、キクラゲが入っています。

屋号に「商店」とつくことや、海苔に書かれている文字などから、足立区のお店との共通点が気になりました。(混んでいて、聞いてみる余裕がありませんでした。)近々こちらのお店に行く予定の方がいるとの情報を聞いたので、詳細を楽しみに待ちたいと思います。

2011年初めての一杯でしたが、とても濃厚なラーメンで幸先の良い一杯でした。

住所   岡山県岡山市国府市場153-6
営業時間 11時~15時 18時~翌1時
定休日  月曜日(祝日の場合、翌日)


take_hilano at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 岡山県 

2011年01月19日

焼麺つるぎ@高田馬場

20110112_つるぎ20110112_つるぎ_魚粉1月12日(水)の夜に高田馬場の焼麺つるぎの試食会に参加させて頂きました。こちらのお店の店主の義父は旭川の名店であるという梅光軒です。但し、味は違いますので、ご注意下さい。とは言うものの、ラーメン好きには気になるキーワードが並んでいるお店となります。
ちなみに開店日は1月21日です。メニューはラーメンと今回試食させて頂いた焼麺(正式メニュー名は決まっていないそうです。)の2種類になるそうです。

作り方を見せて頂きましたが、写真の様に麺を焼いています。麺を焼く際はネギ油をかけて、麺を焼き、その後、魚介のダシをかけていました。
20110112_つるぎ_焼麺120110112_つるぎ_焼麺2









焼麺は、スープに焼いた麺が入っています。ラーメンという枠で焼麺にすることを考えているそうです。
スープはしっかりと動物系のダシがでていています。カネジン食品の麺は全粒粉を使用したていて、焼くことで、焼いたことによる食感と麺本来の美味しさが残っているのは個人的には好印象です。スープに麺が浸かることで、焼いた食感がなくなってしまうため、このあたりの焼き加減とスープの量は今後調整されるそうです。
また、魚粉は節を削ったものが出てきます。それをお客様が細かくすることで(とんかつ屋さんでゴマを細かくするのをイメージしてもらえればよいと思います。)、香りの良い魚粉が作ることが出来ます。魚粉は香りがよく、味を変えることが出来ます。また、摺りたての魚粉が、いつも食べる魚粉と大きく違うことを感じることが出来ます。

今回の試食会の結果をふまえて、調整が入ると思いますが、焼麺や自分でする香りの良い魚粉など話題になりやすい要素が多いですし、今後、どのように最後仕上げてくるかも気になります。また少し落ち着いてから、食べに行きたいと思います。

住所   東京都新宿区高田馬場2-6-10 関ビル1階 103号
電話番号 03-320-5911
営業時間 11時~15時 18時~22時
定休日  日曜日

※開店日は2011年1月21日となります。

take_hilano at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2011年01月18日

2010年リピート率

2010年分全てアップしました。2010年の実績です。

ラーメン数:212
初訪問店:204
リピート率:3.77%

杯数は2009年より減り、リピート率は2009年よりも上がりました。

ちなみに過去の実績です。
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

皆様、今年も宜しくお願いします。



take_hilano at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年01月17日

2010年印象に残ったお店

take_hilano at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他 

2011年01月16日

らぁ麺 波(シー)神田錦町店@小川町

20101230_波@小川町12月30日(木)の昼に小川町のらぁ麺 波(シー)神田錦町店に行きました。こちらのお店は北綾瀬にあるらぁ麺 波(シー)の支店で、12月27日に開店したそうです。現在は北綾瀬のお店を休業して、こちらのお店に来ているみたいです。

食券機で一番上にあった、塩らぁ麺(770円)を注文しました。この日は開店して間もないことから、開店記念のセールをしており、大盛、半熟玉子、ハーフもやしのいずれかがサービスとなっていました。とりあえずハーフもやしを注文しました。

スープは白濁した動物系のスープをベースとしており、マイルドな仕上がりになっています。軽めのスープではありますが、不思議と少し癖になりそうな感じがあり、なかなか美味しかったです。北綾瀬のお店を食べたのは4年半前なので、比較は出来ないのですが、店主がいらっしゃって、見た目等は本店と変わらないので、しっかりしたクオリティのものが提供されていると思います。
麺は浅草開化楼の太い縮れ麺です。少し固めに茹であげらていますが、個人的には丁度良い茹で加減なのかなと感じました。具はチャーシュー、キクラゲ、モヤシ、揚げニンニク、青ネギが入っています。

住所   東京都千代田区神田錦町2-2 長島ビル1F
電話番号 03-3291-7311
営業時間 11時~無くなり次第終了(22時頃)


take_hilano at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2011年01月14日

らあめん 元~HAJIME~@蓮根

20101230_元20101230_元_サイドメニュー12月30日(木)の昼に蓮根のらあめん 元~HAJIME~に行きました。もう説明する必要もない都内の人気店です。この日は2010年最終営業日ということで、限定で比内地鶏を使用した鶏白湯を提供するということで食べに行きました。
開店一時間前10時30分に行きましたが、2番目でした。開店時には30人くらい並んでいましたが、2010年5月の限定の時に比べると、それ程多くなかったという印象です。

メニューは以下の通りです。
20101230_元_メニュー







比内地鶏の鶏白湯(800円)、ミゾット(200円)を注文しました。

鶏白湯は濃度がしっかりとありながらも、粘度や油に頼ることなく、鶏のダシをしっかりとした抽出したスープです。2010年5月の限定の鶏白湯と比べるとダシが濃厚だったと思います。濃厚さと滑らかさを感じるスープは、優しい味わいで、こちらのお店らしさの出たラーメンに仕上がっていると言う印象です。しっかりとダシの感じることの出来る鶏白湯ということで、とても美味しいラーメンですし、こういう鶏白湯が増えれば、もっと鶏白湯も提供するお店が増えるんじゃないかなとも思います。別皿で出てくるレモンを搾ってみると、味を変化させることが出来ます。
麺は平打のもので、相性も良いし、麺自体も美味しいと思います。具はチャーシュー、姫筍、肉団子、ネギ、糸唐辛子が入っています。

ミゾットは2種類のチーズと味噌をバーナーで焼いたものです。厨房にいたラーメン王の青木さんに食べ方を伺ったところ、スープをこちらに入れてということです。美味しいスープなので、勿体ないとも思いましたが、味噌味とスープの相性が良かったです。こちらのお店の一日限定メニューでは、「チェンジ」を一つのテーマとしているようですが、今回は味噌味に変化することで、「チェンジ」を表現しています。

住所   東京都板橋区坂下2-16-11
電話番号 03-5392-9567
営業時間 11時30分~14時30分 18時~(スープ切れ次第終了)
     11時30分~15時頃(スープ切れ次第終了)
定休日  月曜日

take_hilano at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2011年01月13日

jun-pey ramen Fuchinobey@淵野辺

20101226_jun-pey20101226_jun-pey_サイドメニュー12月26日(日)の夜に淵野辺のjun-pey ramen Fuchinobeyに行きました。こちらのお店は成瀬にあるjun-pey ramenの2号店になります。
こちらのお店は通し営業ということで、17時前に行きました。



メニューは以下の通りです。
20101226_jun-pey_メニュー







J-Low麺(700円)、ねぎちゃー丼(350円)を注文しました。

J-Low麺は名前から想像出来る通り、二郎インスパイア系のラーメンです。スープは二郎系のスープとは異なりますが、こちらのお店のスープがベースになっているのでは?と思います。スープは動物系のスープに背脂が浮いていて、物足りなさもなく、美味しいと思います。個人的には二郎系っぽいラーメンを作るのであれば、もっと味を似せられた方がうけるんじゃないかな?とも思います。
麺はストレートの中太麺で、少し固めの茹で加減です。具はチャーシュー、茹でたキャベツ、もやしが入っています。

住所   神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-2-14
電話番号 042-707-0455
営業時間 11時~翌2時
定休日  不定休

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2011年01月11日

もみじ屋@明大前

20101225_もみじ屋12月25日(土)の昼に明大前のもみじ屋に行きました。こちらのお店は、しらすさんのblogでお店の存在を知り、北浦和の富士丸の店主だった方が2010年9月20日に開店したお店だそうです。
14時30分頃行きましたが、店内には先客3名とすいていました。このタイプの二郎、富士丸などにいた人のお店にしてはかなりすいているなというのが正直な印象です。

ミニブタラーメン(800円)を注文しました。無料トッピングは野菜、アブラ、ニンニク少しを指定しました。

ミニと書いてありますが、いわゆるミニラーメンとは異なり、十分な量があります(笑)スープは乳化していて、豚のダシもまずまず出ていると思います。ジャンクさもしっかりとあり、個人的には好みのタイプです。やっぱりこの系統のラーメンはちゃんと修行をした人が作れば、しっかりとしたものが出来るんだなと改めて思いました。
麺は自家製の太麺でありますが、この手のタイプにしては太さは標準と思います。やや柔らかめの茹で加減であまりごわごわした感じがありませんでした。具は豚、茹でたキャベツとモヤシ、アブラ、ニンニクが入っています。

味だけ見れば、これだけすいているのがやっぱり不思議だと感じました。細い通りにあり、分かりづらいことがその原因だとは思いますが、これからも頑張って欲しいです。しらすさんのブログに書かれていた、「こうした店は食べておきたいなと思います。」というのは素晴らしい表現で、まさにその通りだなと感じました。

住所   東京都杉並区和泉2-9-21
営業時間 11時~14時30分 17時~21時(平日)
     11時~17時(土曜日)
定休日  日曜日


take_hilano at 10:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 東京都 

2011年01月09日

中華蕎麦 蘭鋳@方南町

20101225_蘭鋳12月25日(土)の昼に方南町の中華蕎麦 蘭鋳に行きました。こちらのお店はネット等で見ていて、評判の良いお店です。屋号は「らんちゅう」と読みます。「蘭鋳」という文字は変換出来なかったので、ネットで検索してみると、金魚の品種のようです。屋号の由来もここから来ているのでしょうか?
13時30分頃行きましたが、店内満席と、混んでいました。店内に入ると煮干の良い香りが充満していて、食べる前から期待出来ます。



メニューは以下の通りです。
20101225_蘭鋳_メニュー







中華そば(700円)を注文しました。

スープは動物系はそれ程でもありませんが、煮干の香りが上品にしっかりときいています。煮干のきかせ方にやりすぎな感じがなく、上品な味わいで、とても美味しいです。しっかりとまとめており、話題になるのも当然だと思いました。
麺は三河屋製麺の細めのストレート麺です。少し固めの茹で加減ですが、ざくっとした食感がスープと相性抜群で、とても美味しいです。正直なところ、さすが三河屋製麺という感じがしました。具は大きなチャーシュー、ネギ、海苔、メンマが入っています。チャーシューは大きく、しっかりと肉を食べている感じがして、美味しいですね。肉をトッピングすれば良かったかもと思いました。

全体的にバランスがよく、ハイレベルな一杯だと思います。今後もっと話題になるのは間違いないと思いました。

住所   東京都杉並区堀ノ内2-13-13
電話番号 03-6319-1045
営業時間 12時~14時 18時~24時(スープ切れ次第終了)(平日)
     12時~15時(土曜日)
定休日  日曜日、祝日

take_hilano at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 東京都 

2011年01月08日

ちゃんこつけめん でれ助@広丘

20101223_でれ助12月23日(木)の昼に塩尻市のちゃんこつけめん でれ助に行きました。ずっと12月23日(木)の昼が続いていましたが、このお店で昼5杯目でした(爆)こちらのお店はネットで評判がよく、大成食品の麺を使用しているということです。遠征後に、ネットで検索して知ったのですが、大成食品が主催する鳥居式らーめん塾2期生の方のようですね。しかもさらにネットで検索して知ったのですが、立川のラーメンスクエアのラーメントライアウトにも出ていたみたいですね。
店内のイラストは、江口寿史さんが書かれているようです。

ちゃんこつけめん(小)(750円)

つけダレは鶏をベースとしたもので、少し甘味と酸味があります。しっかりとした鶏のダシを感じることの出来る味わいは、オリジナリティもあり、とても良い仕上がり。鳥居式らーめん塾出身というと、似たような味わいのお店が多いので、自分の作りたい味を作ろうとしている姿勢はとても好感がもてます。店内の説明書きによると相撲部屋では、四つんばいの動物(牛、豚)はあまり食べず、鶏を多く食べるそうで、こちらのお店でも鶏をメインにしようとしています。
麺は平打の幅の広いタイプのものです。麺箱には大成食品と書かれていました。麺との相性は普通ですかね。具は肉団子、油あげ、もやし、にんじん等が入っています。具の構成もメニュー名の通り、ちゃんこの様な構成で良いと思います。

住所   長野県塩尻市大字広丘野村2210
営業時間 11時30分~14時30分(月曜日)
     11時30分~14時30分 17時~20時30分(水~土曜日)
     11時30分~15時30分 16時30分~19時30分(日曜日)
     ※売り切れ早仕舞あり
定休日  火曜日

take_hilano at 07:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 長野県 

2011年01月06日

俺らラーメン ちょもらんま@南松本

20101223_ちょもらんま_ブラック20101223_ちょもらんま12月23日(木)の昼に松本市の俺らラーメン ちょもらんまに行きました。こちらのお店は移転前の店舗で食べたことがあります。その時のレポについてはこちらをご参照下さい。移転前の店舗で食べた時は、まだまだ開店してから間もないこともあり、洗練されていない印象がありましたが、今回はそれから4年が経過してどのようになったのか興味がありました。

鯵しょうゆBLACK(値段失念)(写真左上)、特製ちょもラーメン(値段失念)(写真右上)を注文しました。

鯵しょうゆBLACKは、名前の通り、見た目は真っ黒です。スープは油はそれ程浮いておらず、スープはさらっとしています。一口スープを飲んでみると、強烈な魚醤による味を感じます。いか墨といか魚醤を使っているそうで、とにかく強烈な味わいは他に経験してことのない味わいですね。最初はおそらく凄い表情をしたのか、同行して頂いたさくじさんから「交換しましょうか?」と言われてしまいました(笑)食べた時は確かに苦手かなと思いましたが、食べすすめていくと癖になり、はまってしまいました。
麺は細めの縮れ麺でやや固めの茹で加減です。強烈な個性のあるスープとよく絡みます。具はチャーシュー、味玉、ネギ、海苔が入っています。

特製ちょもラーメンは動物系のしっかりとしたスープに魚介がきいています。スープはとろっとしており、しっかりとダシが出ていて、とても美味しいですね。以前食べたことのあるラーメンや鯵しょうゆBLACKと比べると万人受けしそうな味という印象です。

移転前の店舗で食べた時と比べると、確実にレベルアップしている印象です。鯵しょうゆBLACKに関しては、オンリーワンの味わいであり、このブログを書いている今でもまた食べたいなと思ってしまいます。このお店が近くにある松本の人は羨ましい限りです。

住所   長野県松本市宮田4-13
電話番号 0263-28-4631
営業時間 11時30分~15時 18時~21時
定休日  水曜日、第3木曜日

take_hilano at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 長野県 

2011年01月05日

麺家 いわい@南松本

20101223_いわい12月23日(木)の昼に松本市の麺家いわいに行きました。こちらのお店は吉村家などで修行した店主が開店したお店です。ネット等でも評判がよく、行ってみたかったお店です。
13時頃でしたが、店内はほぼ満席で人気があるのが分かります。駐車場、席数が多く、家族で来ている人も多かったです。しかし、注文してから提供されるまで、それ程待たずに出て来て、回転が良いと思いました。



メニューは以下の通りです。
20101223_いわい_メニュー







らーめん 並盛(600円)を注文しました。家系の流れをくむ店ですので、麺の固さや味の濃さなどの希望を受け付けてくれますが、初めてということもあり、ノーマルで注文しました。注文するとオーダーを受けた店員さんが厨房に暗号のような注文を通すのですが、聞き返すことなく、素早く一回でオーダーが通る姿を見ると、さすがという感じがします。

らーめんは動物系のスープの表面に鶏油が浮いています。真新しい味ではありませんが、なかなか良いスープに仕上がっていると思います。連食でなければ、ライスとセットで食べたかったですね。
麺は清水製麺所の中太麺を使用しています。太さは家系っぽいですが、プリっとした食感が家系らしくなく、違和感を感じました。個人的にはもっと家系っぽい麺だと印象が良いと思います。具はチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚、ネギが入っています。

住所   長野県松本市野溝木工1丁目4-16
電話番号 0263-26-9732
営業時間 11時~14時30分 17時30分~22時
定休日  月曜日

take_hilano at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 長野県 

2011年01月03日

らーめん大波@北松本

20101223_大波12月23日(木)の昼に松本市のらーめん大波に行きました。こちらのお店はラーメン評論家の石神氏が絶賛したと書かれたメニューがあるということで楽しみにしていたお店です。この情報は案内して頂いたさくじさんに教えて頂きましたが、ネット等にもほとんど情報がなくて、その情報通ぶりにはただただ驚くばかりでした。店内に入ると店主と石神氏が一緒に写った写真が店内に飾ってあります。
12時少し前に行きましたが、店内は5割程度の埋まり具合です。


メニューは以下の通りです。
20101223_大波_メニュー







大波焦がし味噌ラーメン 波盛り(一玉)(780円)を注文しました。

スープはやや粘性が強く、味噌の味が強くややしょっぱめに仕上がっています。ダシというよりも粘度の強いスープといった感じでしょうか。粘度は普通よりやや強めで、凄い粘度が強いという感じではないですね。メニュー名は、焦がし味噌ラーメンとなっていますが、スープからはあまり焦がした感じはしないですね。もう少し焦がしの効果が出て来た方が面白いラーメンになるのかなと思いました。
麺は中太の平打麺です。普通という感じですね。具はチャーシュー、おこげ、メンマ、キャベツ、海苔、糸唐辛子、味玉、ごまが入っています。

食事としてのボリュームはあるので、ライスと一緒に食べたら美味しそうですね。

住所   長野県松本市桐2-5-8
電話番号 0263-33-0037
営業時間 11時30分~14時 18時~22時

take_hilano at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 長野県 

2011年01月02日

とり麺や 五色@松本

20101223_五色20101223_五色_軍鶏12月23日(木)の昼に松本市のとり麺や 五色に行きました。こちらのお店はラーメン王の青木さんから強く勧められていたお店で、今回の遠征でも楽しみにしていたお店です。こちらのお店は移転前の俺らラーメン ちょもらんま、寸八と長野県を代表するお店が巣立っていった縁起の良い場所でもあります。
この日は開店15分前から並んでいましたが、既に車庫に泊まっている車もありました。開店時にすぐに満席となり、人気があるのが分かります。

メニューは以下の通りです。
20101223_五色_メニュー







とり麺(700円)(写真左上)、軍鶏そば(750円)(写真右上)を注文しました。

とり麺はいわゆる鶏白湯ですが、粘性は控えめですが、しっかりとした鶏の香りとダシを感じることの出来るスープとなっています。油も少なく、ダシで食べさせるラーメンという感じがしますね。鶏白湯というジャンルではありますが、その他の店は少し異なる美味しいスープに仕上がっています。長野県には、ぶいよん@上田市と共に、鶏白湯の凄い店があるなという印象です。
麺は細めのストレート麺でスープとの相性も良いですね。具は鶏チャーシュー、穂先メンマ、水菜、岩海苔、ネギが入っています。

軍鶏そばは濁っていないスープですが、こちらも鶏のダシがしっかり出たタイプのものです。個人的にはとり麺の方が好きですが、こちらも良いラーメンだと思います。
麺、具もとり麺とは異なります。

毎月限定に取り組んでいたりと、これからどういうお店になるのか気になりますね。機会があれば、また食べてみたいですね。それにしても、長野の新店巡りは本当に面白いなと思います。

住所   長野県松本市白板1-1-13
電話番号 0263-33-0853
営業時間 11時30分~22時(スープ切れ次第終了)
定休日  火曜日、第4月曜日

take_hilano at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 長野県