中華そば・もりそば 順風@阿左美ラーメン二郎 栃木街道店@壬生

2008年07月08日

麺屋 小次郎@新鹿沼

f39fb5b5.JPG20080628_麺屋小次郎_冷たいらーめん







20080628_麺屋小次郎_つゆだくキムチやきそば20080628_麺屋小次郎_とんがり飯







6月28日(土)の昼に鹿沼市の麺屋 小次郎に行きました。こちらのお店は新宿の麺屋武蔵出身である新潟の原商店出身のお店だそうです。ラヲタ的に言うと麺屋武蔵の孫弟子ということになります。
お店の外には、「北関東初の武蔵の味」と言う旨の電光掲示板があったり、店内に入って注文しようとすると「うちの味は武蔵だから」と言われたりと、ラヲタ心をくすぐるような演出がたくさんありました(爆)他にも多数面白い話をしてくれたのですが、ここでは書けないものもありますので、今度僕と会った時にでも聞いて下さい。某T氏には是非行ってみて欲しいと思えるお店です。

メニューは以下の通りです。写真は出前用のものですが、メニュー構成は一緒です。
20080628_麺屋小次郎_メニュー














らーめん(650円)(写真左上)、冷たいらーめん(650円)(写真右上)、つゆだくキムチ焼そば(650円)(写真左二段目)、とんがり飯(250円)(写真右二段目)を注文しました。

らーめんは見た目は確かに武蔵っぽく感じます。しかし食べてみると魚介のダシはあまり感じず、焦げたような匂いがとても気になります。おそらく表面の香味油だとは思うのですが。後述のつゆだくキムチ焼そばに着いて来る魚介の割用スープは魚介の香り、ダシともにしっかりしていたのですが、何故かこちらのラーメンにはそれがいかされていないような感じがしました。
麺は昔の麺屋武蔵から派生しているお店ということもあり、大栄食品のものを使用しています。昔は多くのお店が使用していますが、最近は使用しているお店が減ったなというのが正直なところです。麺は少し幅の広い中太麺でスープをよく持ち上げます。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギが入っています。

自分は冷やしを全く食べないので、冷たいらーめんは正直よく分かりませんでした。麺は鹿沼の人の好みに合わせ、細麺を使用していて、この麺は大栄食品ではないそうです。

つゆだくキムチ焼そばは、自家製のキムチを使った焼そばにスープが入っています。那須の方にあるスープ焼そばをイメージしたのかな?と思いましたが、博多にある焼ラーメンをテレビで見て、自分なりにイメージしてこのメニューを作ったそうです。味は本当に焼そばにスープを入れたような感じの味です。面白いとは思いますが、個人的には少し苦手なタイプでした。

住所   栃木県鹿沼市西茂呂4-16-26
電話番号 0289-63-3358
営業時間 11時30分〜14時30分 17時〜21時
     11時30分〜21時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日(祝日は営業)


take_hilano at 02:00│Comments(0)TrackBack(1) 栃木県 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 麺屋 小次郎@鹿沼  [ ラーメン気ままに食べ歩き ]   2008年08月15日 23:22
6月の分。 まあぼーさん、オゴポコさん、うっち〜さん、kojiさんと食べ歩き。 たけひこさんが合流し、4軒目は「小次郎」へ。こちらは「麺屋武蔵」出身の「原商店」で修行とのことで、「武蔵」の孫弟子店にあたります。 「原商店」に行ったのはもう5年程...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
中華そば・もりそば 順風@阿左美ラーメン二郎 栃木街道店@壬生