Beef Kitchen@中目黒ブログ通信簿

2008年09月15日

ブロンソン@新所沢

0c90b49f.JPG9月6日(土)の昼に新所沢のブロンソンに行きました。こちらのお店は川越の笑堂のセカンドブランドのお店で、つけ麺だけを出しています。以前食べた、笑堂は美味しかったのでかなり期待して行きました。
10時50分過ぎにお店に着きましたが、一人だけ並んでいました。その後、開店まではその後並ぶ人はいませんでした。しかし開店直後にはたくさんのお客さんが来て、食べ終わった時には、店外で4人並んでいました。笑堂ほどの行列ではないですが、既に地元の方からはかなり認知されているなという感じをうけました。

写真左下はメニューです。写真右下はお店の薀蓄です。
20080906_ブロンソン_メニュー20080906_ブロンソン_薀蓄







つけめん 並(800円)を注文しました。

つけダレは豚骨をベースとしたスープに魚粉を大量に使っているタイプのものとなっています。魚粉を使用する店は多いですが、こちらのつけ麺はその中でもかなり多い部類に入ると思います。粘度のあるつけダレに少し粗めの魚粉の舌ざわりが好みの分かれるところではないでしょうか。個人的には笑堂のつけそばの方が魚粉の中にもスープのダシを感じることが出来て良かったです。
麺は浅草開化楼定番の極太の縮れ麺です。固めのごわごわとした食感の麺です。粘度のあるつけダレともよく絡み、相性は良いと思います。具はサイコロ状に切られたチャーシュー、細長いメンマ、ネギ、ナルトが入っています。薀蓄にも記載されてあるナルトは普段食べるものとは異なり、魚のすり身の味がして、良かったです。

住所   埼玉県所沢市緑町4-8-17

店主のブログはこちらです。
営業時間などは決まっていないみたいですので、行かれる方はブログで確認してから行かれた方が良いと思います。

take_hilano at 02:21│Comments(0)TrackBack(0) 埼玉県 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Beef Kitchen@中目黒ブログ通信簿