長野県

2014年09月24日

信州五十六家@広丘

20140831_信州五十六家8月30日(土)の昼に塩尻市の信州五十六家に行きました。こちらのお店は吉田家の姉妹店だそうです。ネットでも様々な評判を見ていたこともあり、楽しみにして行きました。以前、長野県の家系というと、長野駅前のよし家でも食べたことがありますが、それ以来かな。
13時30分に着きましたが、店内満席で10分待ってから着席することが出来ますね。この時間でもこれだけ混んでいるのはすごいなと思います。



メニューは以下の通りです。
20140831_信州五十六家_MENU







ラーメン(750円)を注文しました。

スープは都内などの家系と比べるとかなり軽めな感じがしますが、動物系のフレッシュなダシは新鮮でもあります。最近の家系って濃厚なお店が多くなっているなと改めて感じると同時に家系は濃厚ではなくても魅力があると感じます。やっぱり同じ家系といっても、起源となるお店や開店時期などによってもかなり味が異なるなというのは面白いですね。
麺は中くらいの太さのストレート麺で、もっちりとしていて、程よい茹で加減です。具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、ネギ、キャベツが入っています。

住所   長野県塩尻市広丘堅石2146-638
電話番号 0263-54-7667
営業時間 11時〜22時
定休日  水曜日



take_hilano at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月23日

津軽煮干し中華そば にぼにぼ食堂@塩尻

20140831_にぼにぼ食堂8月30日(土)の昼に塩尻市の津軽煮干し中華そば にぼにぼ食堂に行きました。こちらのお店は凌駕グループのお店です。自分の認識が間違っていなければ、凌駕が一番最初に開店したのがこの場所だと思います。都内にも凌駕グループのお店が出ていますし、凄い大きなグループになったなというのが正直な印象です。
この日は12時40分頃行きましたが、店内は1人とお客さんの少なさにびっくり!!その他のお店はいつも混んでいるイメージがあったんですけどね。



メニューは以下の通りです。
20140831_にぼにぼ食堂_MENU







濃厚煮干し中華そば(780円)を注文しました。

濃厚煮干という名前ではありますが、見た目の濁りは動物系というよりも煮干しで出したものという感じで、油っこさはあまり、ありません。煮干しを強くきかせ、少し酸味があるのも印象的ですね。都内で見かえるような洗練された煮干しラーメンというよりも、屋号の通り、津軽で見かけるようなタイプに仕上がっていると思います。
麺は少しつるっとした食感で弾力のある太麺を使用しています。具はチャーシュー、ネギ、メンマが入っています。

住所   長野県塩尻市広丘高出1554-4
電話番号 0263-52-6066
営業時間 11時30分〜14時30分 17時〜21時
定休日  なし



take_hilano at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月21日

きまはち商店@村井

20140831_きまはち商店20140831_きまはち商店_ねぎ8月30日(土)の昼に松本市のきまはち商店に行きました。こちらのお店は長野県の人気店きまぐれ八兵衛グループのお店です。以前食べた時は美味しかったですし、都内近郊にも出店した関連店もどこもレベルが高い印象があったので、こちらのお店も楽しみにして行きました。
人気店ということで、10分くらい前から続々とお客さんが来て、開店時刻にはほぼ満席で,
自分が食後お店を出た時は店外で待ちも発生していました。

メニューは以下の通りです。
20140831_きまはち商店_MENU













本当は豚骨と煮干をきかせた超濃厚そうなメニューが気になっていたのですが、メニューにはなかったので、「家系みたいなラーメンです。」と店員さんに説明を受けた特豚醤(700円)、ネギめし(250円)を注文しました。

スープは動物系の表面に多めに油を浮かせています。油も多いですが、ベースのスープも濃厚で、特に豚骨のしっかりとしたダシを感じることが出来ます。家系とは関係ないお店だと思っていますが、かなり本格的でしっかりした一杯だと思います。
麺は中太ストレートのもっちりとしたもので、スープとの絡みもまずまずです。具はチャーシュー、ネギ、ほうれん草、海苔が入っています。

住所   長野県松本市村井町南2-921-7
電話番号 0263-58-4805
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜23時30分
定休日  なし



take_hilano at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月24日

豚骨商店 ゆい六助@篠ノ井

20120814_ゆい六助8月14日(火)の昼に長野市の豚骨商店 ゆい六助に行きました。こちらのお店はゆいがグループの豚骨ラーメンのお店です。濃厚ということで行ってみたいなと思っていたお店です。
今回の目的地である長野オリンピックスタジアムに近いこともあり、行ってみました。このお店があるから長野オリンピックスタジアムに行ったというのが本音かもしれませんが(笑)



メニューは以下の通りです。
20120814_ゆい六助_メニュー







ラーメン(680円)を注文しました。

スープは見た目からも分かる通り、しっかりとした濃度と豚臭さをあわせもったスープです。普通のことをやらないゆいがグループだけに、どうしても過剰な濃厚さや変わったものをを期待してしまっていましたが(笑)、やりすぎ感のないしっかりとした濃厚スープで美味しいです。
麺は細めのストレートで少しの固めの茹で加減で美味しいです。具はチャーシュー、キクラゲ、ネギが入っています。

やっぱりさすがのゆいがグループという印象ですね。他の未食店も食べたいですね。

住所   長野県長野市里島93
電話番号 026-214-7616
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜22時
定休日  なし

take_hilano at 15:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月22日

麺屋 蕪村@長野

20120814_蕪村8月14日(火)の昼に長野の麺屋 蕪村に行きました。こちらのお店は長野市内で人気があり、度々よく名前があがるお店です。前々から行ってみようと思っていましたが、行く機会がなかったお店です。
13時少し前でしたが、店内は半分くらいの席の埋まり具合です。お店は細い通り沿いにあります。




メニューは以下の通りです。
20120814_蕪村_メニュー







蕪村そば(700円)を注文しました。

見た目は、濃厚な動物系に魚粉も含め、魚介をガツンときかせたタイプです。動物系は豚骨ではなく鶏を使っているそうです。実際にスープを飲んでみるとさらっとしていて動物系は強くなく、魚介と粉っぽさだけが気になり、バランスが悪いというのが正直な印象です。
麺は中太のストレートでもっちりとしています。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギが入っています。

住所   長野県長野市南長野南石堂町1361
電話番号 026-264-6886
営業時間 11時30分〜14時 18時〜翌2時(平日)
     11時30分〜翌3時(土曜日)
     11時30分〜翌2時(日曜日)
定休日  水曜日



take_hilano at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月20日

塩そば 田なか@長野

20120814_田なか8月14日(火)の昼に長野の塩そば 田なかに行きました。こちらのお店は長野で人気のあるゆいがグループのお店です。元々は「特濃味噌専門店 ゆいが 第一義」という屋号でお店を出していましたが、現在は昼が「塩そば 田なか」、夜は「麺酒臓 第一義」という屋号で営業しています。
「特濃味噌専門店 ゆいが 第一義」を食べた時のレポはこちらをご参照下さい。




メニューは以下の通りです。
20120814_田なか_メニュー







塩そば(700円)を注文しました。

スープは少し濁っていますが、見た目ほどこってりはしておらず、あっさりとした印象です。もう少し攻撃的な味を期待していましたが、面白いラーメンを出すゆいがグループからすると無難にまとまっているなという感じがします。個人的には以前食べた時の味噌ほどの驚きはありませんでしたが、こちらの方が誰にでも受け入れられるのかなと感じました。
麺は細めのストレートでやや柔らかめの茹で加減です。具はチャーシュー、メンマ、味玉、ネギ、糸唐辛子が入っています。

住所   長野県長野市南千歳1-17-7
電話番号 026-224-7737
営業時間 11時30分〜14時30分
定休日  月曜日
※夜は「麺酒臓 第一義」という屋号で営業しています。

take_hilano at 19:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年01月13日

麺肴ひづき 湯切りや@松本

20111225_ひづき_鯖節中華20111225_ひづき_中華そば20111225_ひづき_塩







12月25日(日)の夜に松本市の麺肴ひづき 湯切りやに行きました。こちらのお店は松本の人気店である麺肴ひづきの2号店として、松本駅前に出来たお店です。メニュー構成、営業時間などから、ラーメン単体よりもお酒を飲むor飲んだ後を意識したようなお店になっていると思います。

メニューは以下の通りです。
20111225_ひづき_メニュー







鯖節醤油らーめん(730円)(写真左上)、中華そば(680円)(写真中央上)、塩中華そば(700円)(写真右上)を注文しました。

鯖節醤油らーめんは、魚介節系の香りがしっかりとするスープです。ややオイリーな感じだったのがちょっと気になりました。中華そばや塩中華そばの方があっさりとしたスープでお店のコンセプトとあったラーメンを出しているような感じがしました。(帰りの電車の関係で、あまり味見することなくお店を出てしまったので、写真のみとさせて下さい。)
麺は少し幅の広い平たいタイプのツルっとした食感のものを使用しています。麺自体は美味しいけれども、これじゃなくても良いかなと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、かまぼこが入っています。

住所   長野県松本市中央1-5-20
電話番号 0263-39-3005
営業時間 17時〜翌2時
定休日  月曜日



take_hilano at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月11日

凌駕IDEA@南松本

20111225_凌駕IDEA_醤油そば20111225_凌駕IDEA_煮干そば20111225_凌駕IDEA_煮干醤油







12月25日(日)の昼に松本市の凌駕IDEAに行きました。現在こちらのお店では、凌駕グループの社長でもある赤羽根氏が味作りをしていた「りょうが社長室」の味で営業しているということで、行ってみました。ちなみに前回行った時のレポはこちらをご参照下さい。

メニューは以下の通りです。
20111225_凌駕IDEA_1_メニュ20111225_凌駕IDEA_2_メニュ














醤油そば(750円)(写真左上)、煮干そば(750円)(写真中央上)、煮干醤油ラーメン(750円)(写真右上)を注文しました。

醤油そばは、醤油と鶏を組み合わせたのもので69’N’ROLL ONEを意識して作ったと思われる構成です。スープというよりも鶏油が前面に出ていますが、バランスがよく、うまく仕上がっているなという感じがします。
麺は細めのストレートで滑らかな食感でこちらも良い感じです。具はチャーシュー、メンマ、ネギが入っています。メンマは穂先メンマにして欲しかったというのが正直なところですね。

煮干醤油ラーメンは煮干の香ばしさを感じるスープです。縮れた麺が煮干の香りを持ち上げ、相性も良いと思います。

住所   長野県松本市征矢野2-5-5
電話番号 0263-28-6300
営業時間 11時〜15時30分 17時30分〜23時30分
定休日  なし


take_hilano at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月10日

ゑびすや@明科

20111225_ゑびすや_醤油20111225_ゑびすや_味噌12月25日(日)の昼に安曇野市のゑびすやに行きました。こちらも同行者のセレクトで、営業時間の短さと自家製麺などのキーワードからチョイスしたお店です。12時頃に行きましたが、店内ほぼ満席と人気があるのが分かります。


メニューは以下の通りです。
20111225_ゑびすや_メニュー







しょうゆ 並(500円)(写真左上)、みそ 並(550円)(写真右上)を注文しました。

しょうゆは、あっさりとしたスープでありながらに少し甘味のきいた味わいで、この加減が良い感じです。じんわりとした味わいで、誰にでも食べられそうで、人気があるのも納得です。
麺は細めの少し縮れたタイプで、スープとの絡みはまずまず。具はチャーシュー、ナルト、メンマ、海苔、ネギが入っています。ラーメン本などを見ると、ナルトではなく、かまぼこが乗っていることもあるようですが、この日は、ナルトでしたね。

みそは、こちらもあっさりとしたスープで味噌ダレの味わいも控え目ですね。全体的には昔ながらのみそラーメンといった感じでしょうか。
麺は太麺でもっちりとしていました。具はチャーシュー、ナルト、メンマ、海苔、ネギが入っています。

住所   長野県安曇野市明科東川手464
電話番号 0263-62-2345
営業時間 11時〜14時
定休日  月曜日



take_hilano at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月09日

らあめん 万咲@田沢

20111225_万咲_醤油20111225_万咲_塩12月25日(日)の昼にらあめん 万咲に行きました。こちらのお店はネットの情報によると、開店時には、寸八から花が届いていて、寸八の堀江氏からアドバイスがあったそうです。前々から気になっていたものの、電車でのアクセスの悪さからなかなか行けずにいたお店です。今回は車ということで、行きたいと自己主張してみました(笑)

メニューは以下の通りです。
20111225_万咲_メニュー







豚骨醤油 並盛(680円)(写真左上)、豚骨塩 並盛(700円)(写真右上)を注文しました。

醤油、塩ともにスープは豚骨のダシがしっかりと出ているもものの、何となくうまくまとめきれておらず、惜しいなぁという印象です。見た目こそ家系ではありますが、寸八とも家系とも異なるなという印象です。
麺は中太のストレートで、プリっとした食感です。具はチャーシュー、海苔、ほうれん草、キャベツ、ネギが入っています。

住所   長野県安曇野市豊科高家3770-59
営業時間 11時〜21時(スープ終了次第終了)
定休日  月曜日



take_hilano at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月08日

小柴屋@豊科

20111225_小柴屋12月25日(日)の昼に安曇野市の小柴屋に行きました。この日はかずあっきぃさんに誘われての松本市、安曇野市エリアの食べ歩きです。まずは創業が大正12年という老舗であるこちらのお店に来ました。正直なところ、今回の遠征に来る前まではお店の存在は知りませんでした。

ラーメン(550円)を注文しました。

スープはあっさりとした動物系のダシがきいたスープで、老舗の昔ながらの優しい味わいのラーメンという感じです。食べ歩きの1軒目としてもとても食べやすいですね。
麺は細めの少し縮れたタイプのもので、やや固めの茹で加減です。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギが入っています。チャーシューは柔らかくて美味しいですね。チャーシューが有名みたいで、チャーシューメンを頼んでいました。

住所   長野県安曇野市豊科4911
電話番号 0263-72-2201
営業時間 10時〜22時(L.O.21時30分)
定休日  木曜日



take_hilano at 08:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月18日

おおぼし 松本平田店@平田

20110321_おおぼし@平田20110321_おおぼし@平田_サイドメニュー3月21日(月)の昼に松本市のおおぼし 松本平田店に行きました。こちらのお店は上田市に本店があるおおぼしの支店になります。店主はゆいが、寸八、文蔵の店主と共に新世代信州ラーメン四天王の一人のようです。ゆいが、寸八は好きなお店なので、こちらのお店も楽しみにしていました。
12時20分頃着きましたが、お店では8組20人くらいのお客さんが待っていて、20分くらい待ってから、ようやく座ることが出来ました。長野県内でこれだけ並んだのは初めてですね。

メニューは以下の通りです。
20110321_おおぼし@平田_メニュー120110321_おおぼし@平田_メニュー2







ばりこて 白(690円)、チャーシュー丼 小(300円)を注文しました。

スープはあっさりとしたスープに背脂が浮いたタイプのラーメンです。スープはそれ程ダシが出ておらず、物足りなく感じました。勝手に期待していたこともあるのですが、オールドスタイルなタイプで、普通なラーメンだったというのが正直な感想です。
麺はぷりっとした中太の縮れたタイプのものです。相性は普通ですね。具はチャーシュー、メンマ、ネギが入っています。

住所   長野県松本市平田西1丁目4番地1
電話番号 0263-31-6169
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜22時30分
定休日  なし




take_hilano at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月17日

堀内ひづき@松本

20110321_堀内ひづき20110321_堀内ひづき_中華そば3月21日(月)の昼に松本の堀内ひづきに行きました。こちらのお店は松本の人気店である麺肴 ひづきが月曜日だけ屋号を変えて、「堀内ひづき」として営業しています。ちょうど月曜日が祝日だったことと青春18切符が余っていたこともあり、行ってみました。
電車の関係で早く着いてしまったので、待っていましたが、開店時にいたのは自分だけでした。次に来たお客さんが昨年末に松本に行った際に案内して頂いたマイミクさんだったので、驚きました。

メニューは以下の通りです。
20110321_堀内ひづき_メニュー







濃厚中華そば(780円)(写真左上)、中華そば(700円)(写真右上)を注文しました。

濃厚中華そばは見た目の通りの豚骨魚介系です。派手さや真新しさはないですが、しっかりと炊き出された濃厚な豚骨を中心としたと思われるスープに節系がきいています。スープは粘性もありますが、しっかりとダシも感じることが出来ます。面白みがないと言えるかもしれませんが、店主の実力をしっかりと感じることの出来る一杯だと思います。
麺は細めの縮れたもので、スープともよく絡みます。具はチャーシュー、メンマ、なると、ネギが入っています。

中華そばは偶然お会いしたマイミクさんが注文されたものです。濃厚中華そばとは異なり、こちらは丁寧に魚介系をきかせていて、あっさりとした仕上がりです。

どちらも丁寧に作られたことが分かる一杯でとても良かったです。でも週一営業だけに変わったことをやって欲しかったと思ったりもします。

住所   長野県松本市大手4-6-3
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜23時30分
営業日  月曜日

take_hilano at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月08日

ちゃんこつけめん でれ助@広丘

20101223_でれ助12月23日(木)の昼に塩尻市のちゃんこつけめん でれ助に行きました。ずっと12月23日(木)の昼が続いていましたが、このお店で昼5杯目でした(爆)こちらのお店はネットで評判がよく、大成食品の麺を使用しているということです。遠征後に、ネットで検索して知ったのですが、大成食品が主催する鳥居式らーめん塾2期生の方のようですね。しかもさらにネットで検索して知ったのですが、立川のラーメンスクエアのラーメントライアウトにも出ていたみたいですね。
店内のイラストは、江口寿史さんが書かれているようです。

ちゃんこつけめん(小)(750円)

つけダレは鶏をベースとしたもので、少し甘味と酸味があります。しっかりとした鶏のダシを感じることの出来る味わいは、オリジナリティもあり、とても良い仕上がり。鳥居式らーめん塾出身というと、似たような味わいのお店が多いので、自分の作りたい味を作ろうとしている姿勢はとても好感がもてます。店内の説明書きによると相撲部屋では、四つんばいの動物(牛、豚)はあまり食べず、鶏を多く食べるそうで、こちらのお店でも鶏をメインにしようとしています。
麺は平打の幅の広いタイプのものです。麺箱には大成食品と書かれていました。麺との相性は普通ですかね。具は肉団子、油あげ、もやし、にんじん等が入っています。具の構成もメニュー名の通り、ちゃんこの様な構成で良いと思います。

住所   長野県塩尻市大字広丘野村2210
営業時間 11時30分~14時30分(月曜日)
     11時30分~14時30分 17時~20時30分(水~土曜日)
     11時30分~15時30分 16時30分~19時30分(日曜日)
     ※売り切れ早仕舞あり
定休日  火曜日

take_hilano at 07:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月06日

俺らラーメン ちょもらんま@南松本

20101223_ちょもらんま_ブラック20101223_ちょもらんま12月23日(木)の昼に松本市の俺らラーメン ちょもらんまに行きました。こちらのお店は移転前の店舗で食べたことがあります。その時のレポについてはこちらをご参照下さい。移転前の店舗で食べた時は、まだまだ開店してから間もないこともあり、洗練されていない印象がありましたが、今回はそれから4年が経過してどのようになったのか興味がありました。

鯵しょうゆBLACK(値段失念)(写真左上)、特製ちょもラーメン(値段失念)(写真右上)を注文しました。

鯵しょうゆBLACKは、名前の通り、見た目は真っ黒です。スープは油はそれ程浮いておらず、スープはさらっとしています。一口スープを飲んでみると、強烈な魚醤による味を感じます。いか墨といか魚醤を使っているそうで、とにかく強烈な味わいは他に経験してことのない味わいですね。最初はおそらく凄い表情をしたのか、同行して頂いたさくじさんから「交換しましょうか?」と言われてしまいました(笑)食べた時は確かに苦手かなと思いましたが、食べすすめていくと癖になり、はまってしまいました。
麺は細めの縮れ麺でやや固めの茹で加減です。強烈な個性のあるスープとよく絡みます。具はチャーシュー、味玉、ネギ、海苔が入っています。

特製ちょもラーメンは動物系のしっかりとしたスープに魚介がきいています。スープはとろっとしており、しっかりとダシが出ていて、とても美味しいですね。以前食べたことのあるラーメンや鯵しょうゆBLACKと比べると万人受けしそうな味という印象です。

移転前の店舗で食べた時と比べると、確実にレベルアップしている印象です。鯵しょうゆBLACKに関しては、オンリーワンの味わいであり、このブログを書いている今でもまた食べたいなと思ってしまいます。このお店が近くにある松本の人は羨ましい限りです。

住所   長野県松本市宮田4-13
電話番号 0263-28-4631
営業時間 11時30分~15時 18時~21時
定休日  水曜日、第3木曜日

take_hilano at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月05日

麺家 いわい@南松本

20101223_いわい12月23日(木)の昼に松本市の麺家いわいに行きました。こちらのお店は吉村家などで修行した店主が開店したお店です。ネット等でも評判がよく、行ってみたかったお店です。
13時頃でしたが、店内はほぼ満席で人気があるのが分かります。駐車場、席数が多く、家族で来ている人も多かったです。しかし、注文してから提供されるまで、それ程待たずに出て来て、回転が良いと思いました。



メニューは以下の通りです。
20101223_いわい_メニュー







らーめん 並盛(600円)を注文しました。家系の流れをくむ店ですので、麺の固さや味の濃さなどの希望を受け付けてくれますが、初めてということもあり、ノーマルで注文しました。注文するとオーダーを受けた店員さんが厨房に暗号のような注文を通すのですが、聞き返すことなく、素早く一回でオーダーが通る姿を見ると、さすがという感じがします。

らーめんは動物系のスープの表面に鶏油が浮いています。真新しい味ではありませんが、なかなか良いスープに仕上がっていると思います。連食でなければ、ライスとセットで食べたかったですね。
麺は清水製麺所の中太麺を使用しています。太さは家系っぽいですが、プリっとした食感が家系らしくなく、違和感を感じました。個人的にはもっと家系っぽい麺だと印象が良いと思います。具はチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚、ネギが入っています。

住所   長野県松本市野溝木工1丁目4-16
電話番号 0263-26-9732
営業時間 11時~14時30分 17時30分~22時
定休日  月曜日

take_hilano at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月03日

らーめん大波@北松本

20101223_大波12月23日(木)の昼に松本市のらーめん大波に行きました。こちらのお店はラーメン評論家の石神氏が絶賛したと書かれたメニューがあるということで楽しみにしていたお店です。この情報は案内して頂いたさくじさんに教えて頂きましたが、ネット等にもほとんど情報がなくて、その情報通ぶりにはただただ驚くばかりでした。店内に入ると店主と石神氏が一緒に写った写真が店内に飾ってあります。
12時少し前に行きましたが、店内は5割程度の埋まり具合です。


メニューは以下の通りです。
20101223_大波_メニュー







大波焦がし味噌ラーメン 波盛り(一玉)(780円)を注文しました。

スープはやや粘性が強く、味噌の味が強くややしょっぱめに仕上がっています。ダシというよりも粘度の強いスープといった感じでしょうか。粘度は普通よりやや強めで、凄い粘度が強いという感じではないですね。メニュー名は、焦がし味噌ラーメンとなっていますが、スープからはあまり焦がした感じはしないですね。もう少し焦がしの効果が出て来た方が面白いラーメンになるのかなと思いました。
麺は中太の平打麺です。普通という感じですね。具はチャーシュー、おこげ、メンマ、キャベツ、海苔、糸唐辛子、味玉、ごまが入っています。

食事としてのボリュームはあるので、ライスと一緒に食べたら美味しそうですね。

住所   長野県松本市桐2-5-8
電話番号 0263-33-0037
営業時間 11時30分~14時 18時~22時

take_hilano at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月02日

とり麺や 五色@松本

20101223_五色20101223_五色_軍鶏12月23日(木)の昼に松本市のとり麺や 五色に行きました。こちらのお店はラーメン王の青木さんから強く勧められていたお店で、今回の遠征でも楽しみにしていたお店です。こちらのお店は移転前の俺らラーメン ちょもらんま、寸八と長野県を代表するお店が巣立っていった縁起の良い場所でもあります。
この日は開店15分前から並んでいましたが、既に車庫に泊まっている車もありました。開店時にすぐに満席となり、人気があるのが分かります。

メニューは以下の通りです。
20101223_五色_メニュー







とり麺(700円)(写真左上)、軍鶏そば(750円)(写真右上)を注文しました。

とり麺はいわゆる鶏白湯ですが、粘性は控えめですが、しっかりとした鶏の香りとダシを感じることの出来るスープとなっています。油も少なく、ダシで食べさせるラーメンという感じがしますね。鶏白湯というジャンルではありますが、その他の店は少し異なる美味しいスープに仕上がっています。長野県には、ぶいよん@上田市と共に、鶏白湯の凄い店があるなという印象です。
麺は細めのストレート麺でスープとの相性も良いですね。具は鶏チャーシュー、穂先メンマ、水菜、岩海苔、ネギが入っています。

軍鶏そばは濁っていないスープですが、こちらも鶏のダシがしっかり出たタイプのものです。個人的にはとり麺の方が好きですが、こちらも良いラーメンだと思います。
麺、具もとり麺とは異なります。

毎月限定に取り組んでいたりと、これからどういうお店になるのか気になりますね。機会があれば、また食べてみたいですね。それにしても、長野の新店巡りは本当に面白いなと思います。

住所   長野県松本市白板1-1-13
電話番号 0263-33-0853
営業時間 11時30分~22時(スープ切れ次第終了)
定休日  火曜日、第4月曜日

take_hilano at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月03日

土鍋味噌豚骨 たけさん@北長野

733fe8dd.JPG20090307_たけさん_ライス20090307_たけさん_かつお節







3月7日(土)の昼に長野市の土鍋味噌豚骨 たけさんに行きました。こちらのお店は都内の家系出身の店主が2008年9月に開店したお店です。土鍋味噌豚骨という名前からも濃厚そうなラーメンが食べられそうで、楽しみにして行きました。
11時前に着きましたが、並んでいる人はいませんでしたが、開店後は続々とおっ客さんが来ていました。

写真左下がメニュー、写真中央下がお店のこだわり、写真右下がかつお節のけずり方の説明になります。
20090307_たけさん_メニュー20090307_たけさん_こだわり20090307_たけさん_かつおぶし説明







土鍋味噌豚骨(750円)(写真左上)、ライス(100円)(写真中央上)を注文しました。ライスはメニューにも記載されているようにおかわり無料となっています。写真を見てもらえれば分かりますが、最初に提供される一杯も量が多いのに、更におかわり無料となっています。個人的には味噌ラーメンにライスという組み合わせは相性が良いだけに、とても良いサービスだと思います。

名前の通り土鍋で出て来る土鍋味噌豚骨は熱々です。メニュー名に豚骨という名前が入っていますが、スープはさらっとしていて、スープのダシよりも味噌の味を強めに感じます。少し食べすすめてから、注文時に出て来るかつお節削り機(写真右上)で削ったかつお節をスープに入れると和の香りが強くなり、味がひきしまりました。味作りはかつお節を入れて食べることを前提に作っている印象です。かつお節で削ることにより食べる時間もかかりますが、土鍋にラーメンが入っているためにスープも冷めず、細かいところに工夫されているのが分かります。
麺は平打の麺ですが、スープとの相性はあまり良い感じはしませんでした。かつお節を削ったりするため、食べるのに時間がかかりますが、最後まで麺が弱くなったと感じませんでした。具はチャーシュー、ネギ、もやしが入っています。

全体的には味以上にサービスや商品の売り方が上手で、お店作りがとても上手だなという印象です。

住所   長野県長野市東和田501-5 東和田ビル1F
電話番号 026-263-6615
営業時間 11時〜15時 17時〜22時
定休日  木曜日

take_hilano at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月26日

信濃神麺 烈士洵名@北長野

f71c8f4f.JPG3月5日(木)の昼に長野市の信濃神麺 烈士洵名に行きました。笑楽亭グループの新店で春日にあるお店と同一屋号となっています。
13時30分くらいにお店に着きましたが、3割くらいの席が埋まっていました。





メニューは以下の通りです。
20090305_烈士洵名_メニュー







つけ麺 無双 並盛(260g)(850円)を注文しました。

つけ麺 無双 並盛(260g)は六厘舎と烈士洵名のコラボとメニューに書かれています。実際出て来たつけ麺を見ても、最近流行の濃厚豚骨魚介という感じがします。
食べてみると濃厚な動物系スープというよりも、他のものも使って粘度を出しているような感じのつけダレです。首都圏で流行のものをかなり食べやすくアレンジしたという感じがしました。ただ個人的にはこのつけダレで六厘舎というのは少し違和感を感じます。
麺は平打のつるつるした麺です。ぬるぬるした感じの麺で、個人的には少し苦手なタイプでした。麺とつけダレもあまり絡まない感じがしました。具はチャーシュー、ネギ、海苔、魚粉、味玉が入っています。

住所   長野県長野市中越2-36-2
営業時間 11時〜23時
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

take_hilano at 20:21|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2009年03月25日

麺工房いなせ@北長野

1eb83e91.JPG3月5日(木)の昼に長野市の麺工房いなせに行きました。こちらのお店は長野県内のブログなどでよく名前を聞くお店でとても気になっていました。龍音からそれ程距離が遠くないこともあり、行ってみました。
13時30分頃お店に着きましたが、店内はほぼ満席でした。着席すると既にごはん系の一部のメニューが売り切れになっていることを一人一人のお客さんに説明していて、接客がしっかりしているなと印象をもちます。


メニューは以下の通りです。
20090305_麺工房いなせ_メニュー120090305_麺工房いなせ_メニュー2







ぶしもり 並(830円)を注文しました。

つけダレを見るとかなり濃厚そうにも見えますが、食べてみると凄い濃厚という訳ではなく、食べやすい濃厚さに仕上がっています。ただつけダレにダシをあまり感じることが出来ず、都内でよく食べる自分からすると何か一つ物足りなく感じてしまいました。(近くにあれば食べたいのですが、長野に食べ歩きに来て、このつけ麺を注文するのではなく、他のメニューを食べれば良かったなと思ってしまいました。)
麺は中太のストレートタイプのものです。茹で加減もよく、普通に美味しい麺だと思います。具はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。チャーシューは量が多く、こういうところに人気の秘訣があるのだなと思いました。

長野方面のブログなどを見ていると他のメニューや限定も良さそうなので、他のメニューを食べてみたいです。

住所   長野県長野市北尾張部758
電話番号 026-244-2037
営業時間 11時30分〜14時30分 18時〜23時(月曜日〜土曜日)
     11時30分〜15時 18時〜22時(日曜日、祝日)
定休日  火曜日、第3月曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 11:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月24日

らぁめん処 龍音@長野

f0de5a55.JPG3月5日(木)の昼に長野市のらぁめん処 龍音に行きました。屋号は「るおん」と読むそうです。こちらのお店はnelさんのブログで紹介されていた記事を見て知りました。
長野駅から歩くこと30分以上かけてようやく辿り着きました。お店に入るとあまりお客さんは多くなく、混雑している人気店が多い長野県内のラーメン屋にしてはお客さんが少ないなという感じがしました。


メニューは以下の通りです。
20090305_龍音_メニュー120090305_龍音_メニュー2







醤油とんこつ(680円)を注文しました。

食べてみると醤油とんこつという名前からイメージするものとは大きく異なり、魚介の味を強く感じます。写真を見て頂ければ分かって頂けると思いますが、魚介に負けずに豚骨の濃度も高く、かなりしっかりしたスープであると思います。動物系の濃度も高く、首都圏でも十分に濃厚として勝負出来る味と言えるのではないでしょうか。
麺は中太の麺でぼそぼそした独特の食感が印象に残ります。スープと麺の相性も良いと思います。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、ほうれん草が入っています。

長野は半年前にも食べに行ったはずなのに知らない間に新店が増えるという印象を改めてもちました。少なくとも今年もう1回は食べに行きたいと思います。また美味しいお店の情報をたくさん教えて下さい。

住所   長野県長野市若宮2-13-13
電話番号 026-213-7045
営業時間 11時〜14時 17時〜22時
定休日  火曜日

take_hilano at 02:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月29日

らあめん 金八@松本

12370177.JPG20080912_金八_限定塩








20080912_金八_つけめん20080912_金八_豚めし







9月12日(金)の夜に松本市のらあめん 金八に行きました。
こちらのお店は寸八で毎月第2金曜日だけ「金八」という名前を使用して、豚骨魚介のラーメンも出しています。ただし、通常メニューもあります。

写真左下は今回の限定メニューの紹介です。写真右下は金八の紹介です。
20080912_金八_限定紹介20080912_金八_金八紹介







豚骨魚介らあめん 並(700円)(写真左上)、アッサリ仕上げホタテだしのしおらあめん(800円)(右上)、つけ麺(800円)(写真二段目左)、肉胡椒ごはん(300円)(写真二段目右)を注文しました。

豚骨魚介らあめんは基本のラーメンに魚粉を加えて豚骨魚介としたタイプのように感じました。スープはややしょっぱめです。もう少し塩分濃度が抑え目だと食べやすくダシも感じやすいのにと思ったのが正直なところです。前回食べた時は塩分濃度は気にならなかったのですが、今回はいろいろなメニューがどれも全体的にしょっぱく感じました。
麺は自家製のもので、家系のような縮れた太麺となっています。しっかりとスープと絡み、存在感のある麺だと思います。具はチャーシュー、メンマ、キャベツ、海苔が入っています。

アッサリ仕上げホタテだしのしおらあめんは豚骨魚介らあめん以上に塩分濃度が強かったです。ダシが濃度が高いタイプであれば、ある程度の塩分濃度も必要だと思うのですが、アッサリとしたホタテのダシを美味しく味わうのにはこんなに塩分濃度が強くなくてもいいのにと感じました。
麺は細めのストレートタイプの麺で、少し固めの茹で加減となっていました。具はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。


肉胡椒ごはんは細かく刻まれたチャーシューにネギ、胡椒がかかったものですが、荒挽きの胡椒が良いアクセントになっていて美味しいです。

住所   長野県松本市筑摩4-3-1
電話番号 0263-28-7744
営業時間 11時30分〜15時30分 17時〜24時
定休日  水曜日

take_hilano at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月27日

特濃味噌専門店 ゆいが第一義@長野

99da6248.JPG20080912_ゆいが_つけめん20080912_ゆいが_豚めし







9月12日(金)の夕方に長野市の特濃味噌専門店 ゆいが第一義に行きました。こちらのお店はその前に行ったNew old style ゆいがの3号店となります。
お店の人とお話をさせて頂きましたが、こちらのお店では「変態な味噌ラーメン」を出しているとのことです。キーワードは「変態」と覚えておくのが良いのではないでしょうか?

メニューは以下の通りです。メニューの左上にはつけめんが先頭に来ています。
20080912_ゆいが3号店_メニュー







らーめん(700円)(写真中央上)、つけめん(850円)(写真左上)、豚飯(300円)(写真右上)を注文しました。

作り方を見ていましたが、スープを小鍋で温めています。小鍋に入れるベースのスープからかなりドロドロしていて、期待が高まります。

らーめんは粘度のあるスープに八丁味噌を味が強く、かなりくせのある味噌ラーメンです。八丁味噌だけだと、またお店においてあったフリーペーパーにはマー油も使っていると書いてありましたが、マー油が表面に浮いている訳ではないので、何か特別の使い方をしているのではないでしょうか?スープは飲んでみると、粘度はあるものの思った程の重たさは感じませんでしたので、動物系以外のものを多く使用しているのでは?と感じました。
麺は細めのストレート麺でありがとう製麺のものを使用しています。粘度の高い味噌に、細めのストレート麺ということで違和感を感じる人もいると思いますが、個人的にはこの意外性のある組み合わせが個人的には良いと思います。具はチャーシュー、キャベツ、メンマ、糸唐辛子が入っています。

つけめんはらーめんのスープと同様の味付けに太麺をあわせています。粘度のあるスープに太麺をあわせるよりも細麺をあわせてあるらーめんの方がオリジナリティが出ていると感じました。食券機の一番上にあるメニューですが、個人的には味噌の方がより「変態」な感じがして、お勧めだと思います。

豚飯は若干乗っている具が異なりますが、基本的な味付けは2号店と一緒のようです。
ちなみにこちらのお店ではメニュー名が「豚飯」となっていますが、2号店では「豚めし」となっています。

かなりオリジナリティの高い一杯に仕上がっていると思います。今後他にもお店をやりたいそうなので、また食べに行きたいと思います。後はまだ未食の本店にもいずれ行きたいと思います。

住所   長野県南千歳町1-17-7
電話番号 026-224-7737
営業時間 11時30分〜21時30分
定休日  火曜日

take_hilano at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月25日

New old style ゆいが@長野

e868a004.JPG20080912_ゆいが2号店_中華そば20080912_ゆいが2号店_豚めし







9月12日(金)の夕方に長野市のNew old style ゆいがに行きました。こちらは長野で最近人気のあるゆいがグループのお店です。1号店は未食ですが、珍しい丼と魚粉を大量に使用したつけめんが気になったこともあり、食べに行きました。

写真左下がメニューです。写真右下は「つけめん魂」と書かれており、つけめんの食べ方についての説明が記載されてあります。
20080912_ゆいが2号店_メニュー20080912_ゆいが2号店_つけめん魂







とろ豚ほぐしつけめん 小(1000円)(写真左上)、中華そば(700円)(写真中央上)、豚めし(300円)(写真右上)を注文しました。

とろ豚ほぐしつけめんは見た目はまさに東京で流行の魚粉を浮かせたつけめんとなっています。魚粉の下には海苔がなかったのが東京の流行とは異なるかなという印象です(笑)つけダレは豚骨スープを使用していますが、粘度、濃度ともにそれ程はないかなと思います。最近は東京以外でも豚骨魚介のつけめんを出すお店がいくつかありますが、豚骨が昔から根付いているような地域以外は、思ったほどの濃度が出ていないという印象があります。(自分が食べたことがある範囲になってしまいますが、群馬などは豚骨文化が昔からあるために濃厚なつけ麺を提供している印象があります。)
麺は太めの縮れ麺で、スープとはまずまずよく絡みます。具はチャーシュー、ネギなどが入っています。とろ豚ほぐしつけめんとなっていましたが、某店と比べるとチャーシューがたくさん入っているだけという印象でした。

中華そばは、つけめんとは対照的にあっさりとした透明度にあるスープとなっています。魚介のダシがきいていて美味しいと思います。また豚骨魚介とあっさりした魚介と2種類のスープを仕込んでいるのもさすがだと思いました。
麺は細めのストレート麺です。具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

豚めしはバーナーで炙った細かいチャーシューにタレがかかっています。バーナーで炙った香りをどう感じるかで好みがわかれそうですが、自分は香ばしくて結構美味しく感じました。

住所   長野県長野市高田252-4
電話番号 026-244-7677
営業時間 11時〜20時(スープ終了次第閉店)
定休日  火曜日

take_hilano at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月23日

イナリ食堂@飯山

8cd265dc.JPG20080912_イナリ食堂_夜鳴きラーメン20080912_イナリ食堂_塩ラーメン







9月12日(金)の昼に飯山市のイナリ食堂に行きました。こちらのお店は煮干のきいた中華そばが注目されているお店です。その他、ラーメンネタという点では驚愕の事実があるのですが、その件についてはこちらのblogでご確認下さい。
13時30分頃お店に着きましたが、店内は地元のお客さんらしき年配の方が多かったのが印象に残りました。外観も店内も地元に愛されている食堂といった印象をうけました。

メニューは以下の通りです。
20080912_イナリ食堂_メニュー







中華そば(700円)(写真左上)、夜鳴きラーメン(700円)(写真中央上)、塩ラーメン(700円)(写真右上)を注文しました。

中華そばは煮干の香り、味が印象に残るスープです。少し甘めのスープという感じもありましたので、夜鳴きラーメンと同じスープに煮干や煮干油を加えているんじゃないかな?と感じました。見た目は普通の食堂ですが、このような煮干ががっつりきいているのは面白いと思います。
麺は中細の少し柔らかい麺で、もう少し美味しい麺だともっと美味しく食べられたかなというのが正直な感想ではあります。また量が多く、食べ歩きには少し不向きという感じもありました(笑)具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギが入っています。

夜鳴きラーメンはメニューにも書かれている通り、あっさりしたあまめのスープです。魚介系を使用せず、動物系スープでとった昔ながらの中華そばという印象をうけました。こちらも中華そば同様、かなりしょっぱめの味付けとなっています。もう少し塩分が控えめだと食べやすいのにと感じました。
麺は中華そばと同じものを使用しています。具はチャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、なるとが入っています。

ずっと前から食べに行きたかったお店なので、食べに行けて良かったです。美味しかったのですが、前に食べた二軒があまりにも良かったので、驚きが少なかったかなという感じは否めませんでした。

住所   長野県飯山市飯山205-2
電話番号 0269-62-2372
営業時間 11時30分〜20時
定休日  木曜日(祝日の場合は営業)

take_hilano at 14:08|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2008年09月21日

スープ研究処 ぶいよん@上田

49b57ea7.JPG20080912_ぶいよん_海20080912_ぶいよん_つけ







9月12日(金)の昼に上田市のスープ研究処 ぶいよんに行きました。こちらのお店は屋号に「スープ研究処」という文字を掲げ、鶏のブイヨンの作り方をアレンジしてスープを作成しているために「ぶいよん」という屋号にしているそうです。
お店には12時過ぎにつきましたが、お客さんは誰もいませんでした。

写真左下はお店のこだわりです。写真右下、中央下はメニューです。
20080912_ぶいよん_こだわり20080912_ぶいよん_メニュー120080912_ぶいよん_メニュー2







基本 並(750円)(写真左上)、海(750円)(写真中央上)、つけ(750円)(写真右上)を注文しました。

基本は鶏の旨みがしっかりと出たスープです。派手な感じもないもののとにかく鶏の旨みをしっかりと抽出されているスープという表現しか出来ません。そしてスープと具のあおさの相性がまた良いです。鶏のすーぷとあおさという組み合わせは、まる玉と同じなのですが、お話を聞いた感じでは、影響をうけたという感じはなさそうでした。スープにこだわっているというのが分かる納得の一杯でした。3種類のメニューを食べましたが、基本が一番好みでした。
麺は細めのストレート麺で固めの茹であがりです。スープとの相性も良いと思います。具はネギ、あおさ、味玉が入っています。チャーシューが入っていないのですが、食べていて全く物足りなさを感じることのない一杯に仕上がっていると感じました。

海は基本のメニューに魚のダシ、節、小海老が入っています。節系を入れることによって鶏のダシは感じるものの基本の時に感じた鶏のダシの良さはどうしても魚介系によって消されてるしまっている感じがします。
麺は基本と同じ麺です。具はネギ、あおさ、小海老、鰹節が入っています。

つけは基本などとは異なり醤油ダレを使ったつけ麺です。少し甘めのつけダレとなっており、こちらもスープの美味しさは分かりづらくなっている印象です。
麺は細めのストレートタイプのものを使用しています。具は鶏肉、ネギ、ゴマが入っています。

最後にお話を伺ったところ、店主の方は独学で、最近ようやく自分の出したいと思う味が出せるようになってきたとおっしゃっていました。ありそうで他にない味ですし、是非ともいろいろな人に食べて欲しい一杯だと思いました。

住所   長野県上田市上田1480
電話番号 0268-27-0910
営業時間 11時30分〜13時30分 18時30分〜20時30分(平日、土曜日)
     11時30分〜13時30分(日曜日)
定休日  水曜日

take_hilano at 16:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月20日

拉麺酒房 熊人@赤坂上

2fd92ad3.JPG20080912_熊人_鰹味噌20080912_熊人_洋風味噌







20080912_熊人_醤油拉麺20080912_熊人_醤油つけ麺20080912_熊人_和風釜玉







9月12日(金)の昼に上田市の拉麺酒房 熊人に行きました。こちらのお店は既に食べているいろいろな方から良い評判を聞いていたお店です。ずっと前から行ってみたいと思っていたのですが、今回長野食べ歩きツアーを実施することが出来、その中でこちらのお店に行くことが出来ました。
お店の中に入ると店内は独特の作りとなっています。是非行ってみて体験してみて下さい。

メニューは以下の通りです。とにかくメニューが豊富という印象をうけました。
20080912_熊人_メニュー120080912_熊人_メニュー220080912_熊人_メニュー3







味噌拉麺(800円)(写真左上)、鰹味噌拉麺(800円)(写真中央上)、洋風味噌拉麺(850円)(写真右上)、醤油拉麺+ゆめあさひ麺(700+50円)(写真左二段目)、醤油つけ麺(650円)(写真中央二段目)、和風釜玉(700円)(写真右二段目)を注文しました。

味噌拉麺はあっさりとした味噌拉麺です。醤油拉麺同様、基本となるメニューはダシをしっかりと味わえるタイプに仕上げているという印象を持ちました。ただ鰹味噌拉麺、洋風味噌拉麺の後に食べたために食べる順番を間違えたなというのが正直なところです。
麺は極太の平たいタイプの縮れ麺です。実際に食べてみると麺の太さにかなり驚くのではないでしょうか?味噌拉麺のスープとはよく絡みますし、麺の美味しさもしっかりとある、美味しい麺だと思います。具はチャーシュー、モヤシ、ネギ、メンマ、胡麻が入っています。

鰹味噌拉麺は味噌拉麺をベースに鰹の油を浮かせていて、インパクトのある味に仕上げています。味噌拉麺や醤油拉麺のようにしっかりと鰹のダシをしっかりきかせているのかな?と思っていただけにやや意外な感じはしました。他のメニューと比べると完成度はやや落ちるかなというのが正直な印象です。
麺は味噌拉麺と同じものを使用しています。具はチャーシュー、モヤシ、ネギ、メンマが入っています。

洋風味噌拉麺は味噌拉麺をベースに鶏のレバーのパテを使用したものです。味噌ラーメンにレバーの加えることにより、よりしっかりとした旨味と適度な濃度と粘度が加えられています。また通常メニューではレバーを使ったラーメンというのは他にはあまり思い当たらずオンリーワンな味に仕上がっている感じがしました。(限定でじは、キモつながりで西早稲田時代のがんこのアンキモの味噌ラーメン、菜のフォアグラを使用した味噌ラーメンを食べたことがあります。)
麺は味噌拉麺同様極太の平打の縮れ麺です。鶏のレバーを加えたことにより粘度が増されているせいかこのスープと麺が一番相性が良い感じがしました。具はチャーシュー、モヤシ、ネギ、メンマ、コーンが入っていました。

醤油拉麺はあまり表面に油の浮いていないかなりあっさりしたタイプのものとなっています。魚介のダシを感じることが出来ますし、食べ進めていくうちに味がなじんでいく印象を持ちました。
麺は細めの縮れ麺ですが、スープとの絡みの良い麺でとても良かったです。具はチャーシュー、めんま、ほうれんそう、ネギ、ナルト、海苔が入っています。

和風釜玉は味噌拉麺と同じ麺を使用しています。断面積の広い麺にタレがしっかりと絡み美味しかったです。ただ少し上品すぎるのでジャンクなラーメンが好きかどうかで若干好みが分かれるかもしれません。洋風釜玉もオリジナリティがありそうなので、気になるところです。

メニューが豊富ですが、どれもしっかりと作られていて隙がないお店という印象でした。これだけメニューが豊富でどれもレベルが高い店は全国的に見ても少ないのではないでしょうか?自分達が食べた中では洋風味噌拉麺が一番の好みでした。


住所   長野県上田市上田原1588-4
電話番号 0268-26-1713
営業時間 11時30分〜14時(火曜日、水曜日、木曜日)
     11時30分〜14時 18時〜21時(金曜日、土曜日)
定休日  月曜日、火曜日

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 01:05|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2008年03月29日

麺とび 六方@村井

20080322_六方_ラーメン20080322_六方_汁なし20080322_六方_つけ麺







3月22日(土)の夜に松本市の麺とび 六方に行きました。こちらのお店は長野県を代表する凌駕グループ(KING SWINGというそうです。ネタ元はこちら)の4号店で、2008年2月14日に開店したお店です。凌駕、凌駕IDEA凌駕Veinに続いて4店舗目となりますが、今回は初めて屋号に凌駕という名前を含んでいません。事前情報では、二郎インスパイア系という事で楽しみにしていました。
また、お店の食券機の下にはらあめん寸八より花が届いていました。
30分以上前に着いたこともあり、一番でした。開店時には自分達を含めて8人でした。席が30席くらいあるために、開店直後にはあまり混雑していませんでしたが、僕らが食事を修了した頃には店内8割くらい埋まっていて、なかなか人気があるようです。

メニューは以下の通りです。
20080322_六方_メニュー







ラーメン(写真左上)、汁なしにチーズトッピング(写真中央上)、つけ麺(写真右上)を注文しました。ラーメンは、注文すると野菜、油、にんにくの無料トッピングについて聞かれます。(つけ麺、汁なしは聞かれませんでした。)ちなみに醤油タレは卓上にあるため、カラメについては注文時には、聞かれません。

ラーメンは、見ての通り完全な二郎インスパイアです。スープは二郎と比べると醤油タレが違うこともあり、異なる印象です。しかし、スープは、肉ダシ系のタイプのもので、かなり似せて作っている感じがします。最近のブームの乗っかっただけではなく、しっかりと研究して作っていると思います。
麺はごわごたとした太麺で、これまたしっかりとした食感でかなり二郎に近いものに仕上がっていると思います。具は、チャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニクが入っています。

汁なしは、これまた見ての通り、完全な関内二郎の汁なしインスパイアです。ブラックペッパーのしっかりとした味がありますが、関内二郎の汁なしと比べるとややおとなしい感じがします。こちらはバランスがよく、強いて言うのであれば、ややジャンクさに欠けるのが惜しいかなという感じもします。

つけ麺は、二郎系かと思っていたのですが、こちらは見てみると海苔筏があります。二郎系に魚介をきかせたものかな?と勝手に思っていたのですが、こちらのメニューは麺以外には二郎の要素はなく、むしろ東京の最先端のつけ麺をインスパイアして作ったメニューだと思います。つけダレは魚粉を大量に投入した少し甘めのつけ麺で、動物系のダシもまずまずしっかりと出ています。
それにあわせる麺は、二郎タイプの固いごわごわとしたタイプのものでがっつりと美味しく食べることが出来ます。具は、チャーシュー、ネギ、海苔&魚粉の海苔筏が入っています。これはこれで美味しいのですが、ラーメン、汁なしが二郎インスパイア系なのに対して、つけ麺だけこのようなメニュー構成にしたのか?少しだけ気になりました。

以下の写真は、つけ麺のスープ割を頼んだ後に出て来る石です。スープ割を頼んだ際にお店の方から「石」というキーワードを聞いた時の同行者(自分も含む)の目の輝き方と言ったら忘れられないものがありました(爆)
20080322_六方_スープ&石20080322_六方_石









住所   長野県松本市大字芳川村井町205-30
営業時間 11時30分〜15時30分 17時30分〜21時
定休日  木曜日

take_hilano at 00:26|PermalinkComments(2)TrackBack(3)

2008年03月27日

らあめん 寸八@松本

20080322_寸八_らあめん並20080322_寸八_支那そば








20080322_寸八_カルボナラーメン20080322_寸八_豚骨コーンスープ20080322_寸八_寸ふる杏仁







3月22日(土)の昼に松本市のらあめん 寸八に行きました。お店の屋号は、「ずんぱち」と読みます。こちらのお店の店主は、三村家、凌駕IDEAにいたそうです。元々は、松本駅近くの俺らラーメン ちょもらんまの移転前の場所にありましたが、2007年12月に現在の場所に開店したそうです。また第二金曜日には、屋号を「金八」として豚骨魚介を提供しているそうです。
またお店の入り口には、凌駕より花が届いていました。
事前に伺っていた情報では混雑が凄いとの事でしたが、この日も14時20分に到着した時も、並んでいる人が2人いました。自分達が入店直後も、続々とお客さんが来て、随時行列が出来ていました。店内にある待つスペースはやや暑かったのは少し気になりました。

メニューは以下の通りです。
20080322_寸八_メニュー120080322_寸八_メニュー220080322_寸八_メニュー3














らあめん並(写真左上)、支那そば並(写真中央上)、カルボナラーメン(写真左中央)、豚骨コーンスープ(写真中央)、寸ふる杏仁(写真右中央)を注文しました。

らあめん並は、見た目はいわゆる家系ですが、食べてみると単純に家系という言葉では括れないです。表面には油は多くなく、しっかりとスープのダシを味わえるタイプのラーメンでバランスが良いと思います。スープも決して濃度、粘度が高いわけではないのですが、美味しいですね。家系かというと家系という範疇かなと思いますが、かなり丁寧に作られたラーメンで、美味しいと思います。
麺は自家製麺で黄色い中太麺です。店内には、田辺製麺所の麺箱がありますが、製麺所から箱をもらっただけで実際には自家製麺との事です。家系っぽい麺で少し固めの力強い麺で美味しいです。具は、チャーシュー、ほうれんそう、キャベツ、ネギ、海苔3枚が入っています。

支那そば並は、あっさりとした鶏のダシのきいたスープです。らあめんとは対照的な味となっていて、こちらもまた面白いと思います。(ただ3軒目ということもあり、正直味が分からなくなっていたので、さらっと読み流して頂けると幸いです。)
麺は細めの縮れ麺です。あっさりとしたスープとは絡みますが、らあめん、カルボナラーメンの力強い麺を食べるとやや物足りなく感じてしまいます。具はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。

カルボナラーメンは、名前の通りカルボナーラとラーメンを融合したものだと思います。Comfyという雑誌の3月号で企画されているラーメンのようです。カルボナラーメンを頼んだところ、店主の方に「ただのカルボナーラなので、豚骨コーンスープを一緒に食べて欲しいです」と言われ、豚骨コーンスープも注文しました。
カルボナラーメンを食べると麺が中華麺になったカルボナーラといった印象です。麺は、らあめんの麺と同じだと思いますが、個人的には少しだけ固すぎるという感じがしました。これを豚骨コーンスープにつけて食べるとカルボナーラのタレとコーンの味がしっかりとする豚骨コーンスープとの相性はよく、面白い味わいです。しっかりと計算された味作りはさすがだと感じました。

どのメニューもしっかりとバランスの良いメニューを作っています。敷居は高いですが、金八での豚骨魚介も食べてみたいです。

またお店の外の自動販売機には以下の様なものがありました。
20080322_寸八_あいらぶ脂身









住所   長野県松本市筑摩4-3-1
電話番号 0263-28-7744
営業時間 11時30分〜15時30分 17時〜22時
定休日  水曜日

お店のブログはこちらです。


take_hilano at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2008年03月26日

麺肴 ひづき@松本

20080322_ひづき_醤油麺あっさり20080322_ひづき_醤油麺コクにごり20080322_ひづき_潮ラー麺








20080322_ひづき_角煮丼20080322_ひづき_そぼろチャーシュー丼20080322_ひづき_限定丼







3月22日(土)の昼に松本市の麺肴 ひづきに行きました。こちらは名前は知っていましたが、長野ラーメン食べ歩きの管理人のnelさんに教えて頂いたお店で、2007年1月に開店したお店のようです。駅から少し離れていますが、無料で借りる事の出来るレンタサイクルを使って行きました。13時20分頃に行きましたが、店内の混雑具合は、5割くらいという感じでした。

メニューは以下の通りです。
20080322_ひづき_メニュー120080322_ひづき_メニュー2







醤油麺あっさり(写真左上)、醤油麺コクにごり(写真中央上)、潮ラー麺(写真右上)、角煮丼(写真左中央)、そぼろチャーシュー丼(写真中央)、限定のチャーシュー丼(名前失念)(写真右中央)を注文しました。

醤油麺あっさりは、醤油の香りがたっているあっさりとしたスープで魚介のダシがきいています。今回注文した他の2種類のメニューに比べると、やや単調という印象です。
麺は細めのストレート麺でスープとの相性は良いと思います。どのラーメンにも共通していますが、丼が小さく、箸で持ち上げづらいのが難点だと思います。丼とスープと麺のバランスはもう少し改善出来るのでは?と感じました。具は、チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。

醤油麺コクにごりは、何ともこれまた例えづらい味で少ししょっぱめの醤油ダレをしっかりとした魚介と動物系のスープが支えています。コク濁りという事で最初出てきたものを見た時は、背脂が浮いているだけなのかなとも思っていましたが(実際このメニューは、背脂ラーメン地位向上委員会の副会長が頼まれました(笑))、食べてみるとそんな単純なものではなく、飲めば飲む程はまっていくような奥深い不思議な味となっています。オリジナリティのある味でかなり良いですね。
麺は細めのストレート麺でスープとの相性も良いと思います。具は、チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。

潮ラー麺は、こちらもややしょっぱめの塩ダレに魚介、動物系のダシがしっかりとしているスープで美味しいですね。タレ、スープともにしっかりしているという感じがします。
麺は細めのストレート麺でスープとの相性も良いと思います。具は、チャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。

同行者達がひたすら注文していたサイドメニューも、チャーシュー、角煮ともに美味しかったです。写真は撮り忘れましたが、さらに杏仁豆腐(正式名称失念)も注文されていましたが、こちらは普通でした。

個人的好みは、醤油麺コクにごり、潮ラー麺、醤油麺あっさりの順ですね。是非とも醤油麺コクにごり、潮ラー麺の2種類は食べてみて欲しいと思います。毎月変わるという限定メニューも美味しそうなので、こちらもまた食べに来てみたいです。

住所   長野県松本市大手4-6-3
電話番号 0263-34-9080
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜23時30分
定休日  月曜日

take_hilano at 01:03|PermalinkComments(3)TrackBack(3)

2008年03月24日

麺ごころ 佑庵@岡谷

20080322_佑庵_佑庵ラーメン20080322_佑庵_佑庵ラーメン背脂入り20080322_佑庵_醤油ラーメン








20080322_佑庵_豚めしハーフ20080322_佑庵_鶏めしハーフ20080322_佑庵_焦がしプリン







3月22日(土)の昼に岡谷市の麺ごころ 佑庵に行きました。こちらは現在スペリオールで連載されているラーメン発見伝のラーメン鑑定団のコーナーでも紹介されていて、初めて知ったお店で気になっていました。
お店には11時30分頃着きましたが、開店前から待っているお客さんはいませんでした。店内にはラーメン発見伝、ラーメン特集をした地元雑誌、一個人などが置かれてあります。

メニューは以下の通りです。
20080322_佑庵_メニュー120080322_佑庵_メニュー2














佑庵ラーメン(写真左上)、佑庵ラーメン 背脂入り(写真中央上)、あっさり醤油ラーメン(写真右上)、豚めしハーフ(写真左中央)、鶏めしハーフ(写真中央)、焦がしプリン(写真右中央)を注文しました。食べ歩きだというのに同行者達がサイドメニューをたくさん注文して、驚きました。。

佑庵ラーメンは、ラーメン鑑定団によると信州黄金シャモ、野菜なども使っているそうですが、何とも不思議で例えづらい味がします。鶏の味というよりも、野菜の味の後味でしっかりと残るところが面白く、印象深いスープだと思います。野菜というとせたが屋 雲を思い出してしまいますが、せたが屋 雲に比べるとスープはさらっとして、野菜は控えめだと思います。
麺は細めの縮れ麺で、スープに比べるとかなり麺が弱いという印象を持ちました。注文した後に気づいたのですが、中太麺も選択出来るそうなので、こちらでも試してみたかったです。具は、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、小松菜が入っています。

佑庵ラーメン 背脂入りは、佑庵ラーメンに細かい背脂を加えたものです。背脂をいれる意味は正直あまりないかなという感じがしました。背脂を入れる事によってこの独特の美味しいスープが分かりづらくなってしまうように感じました。

あっさり醤油ラーメンは、佑庵ラーメンとは対極的にあっさりとしたスープです。信州黄金シャモを使用しているそうですが、シャモの味がしっかりというよりもうまくあっさりまとめられているラーメンという感じがしました。
麺は細めの縮れ麺で、佑庵ラーメンと同じものです。こちらもややイマイチでした。どうしても都内近郊でラーメンを食べていると麺が弱いと感じてしまいます。具は、チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ、小松菜が入っています。

豚めしハーフは、白飯の上に煮込まれた肉が乗ったタイプのもので、鶏めしハーフは炊き込みご飯でした。

最初の1軒目から面白いラーメンに出会い、満足でした。しかしこの後も大満足のラーメンが続きますので、この後の更新を楽しみにしていて下さい。

住所   長野県岡谷市本町3-1-3(白木屋駐車場内)
電話番号 0266-22-6115
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜22時30分
定休日  火曜日

take_hilano at 11:55|PermalinkComments(7)TrackBack(1)

2005年10月28日

麺と酒 一矢@諏訪

一矢_油そば一矢
10月10日(月)の昼に諏訪の麺と酒 一矢を訪問しました。このお店は渡なべで修行していた経験のある店主が開店したお店であり、気になっていました。六坊@高田馬場が開店する際にも花輪が届いていたと記憶しています。

同行者は皆さん本日の限定である油そば(写真左)を注文したので、僕はらーめん(写真右)を注文しました。本日の限定はぽっぽっ屋をイメージしたという油そばです。店主の矢野さんはぽっぽっ屋で働いた事もあるそうなので、作れて当然なのかな?という気がします(笑)個人的にこの油そばのポイントであったと思う自家製麺はかなり太く力強い麺で、製麺技術がしっかりしているという事をアピール出来る物だったと思います。女性の店員さんが「杭州飯店みたいな麺の太さ」と言っていたのですが、杭州飯店食べた事あるのかなぁ?なんて思ってしまいました(笑)限定は日替わりでやっているようで食べた事ある人の話だと生粋や、武蔵をイメージして作った物もやった事があるそうです。この後は鶏白湯を作ろうと思っているそうです。まさか長野で鶏白湯という言葉を聞くとは思いませんでした。
さて僕の食べたらーめんですが、正直先に食べてしまった油そばに比べるとおとなしいという印象で印象が薄いです。ただ577円という値段にも関わらずあっさりしながらも煮干のダシがしっかり出ていたスープや幅の広い平打麺は美味しかったです。またエリンギが乗っていたのも一風変わっているという印象を持ちました。おとなしいと言えばおとなしいですが、美味しいと思います。

住所   諏訪市四賀102-1
電話番号 0266-58-1851
営業時間 11時〜14時30分 17時30分〜24時(売り切れ次第終了)
定休日  水曜日

take_hilano at 23:16|PermalinkComments(12)TrackBack(5)

2005年10月27日

麺屋蔵人@茅野

麺屋蔵人10月10日(月)の夕方に茅野市の麺屋蔵人を訪問しました。このお店は地元の有名店のようで連れて行って頂きました。

焼き味噌ラーメンを注文。ラーメンが鍋で出て来る所や黒味噌がある所等面白いとは思いますが、味噌の味に頼りすぎていてスープが平凡な気がします。麺もやや柔らかめでいまいちスープとの絡みがよくありません。チャーシューも硬くてあまり自分の好みではありませんでした。行った時間が中途半端だった事もあり、イマイチだったのかも。。

今月渋谷に開店した豆の詩はこのお店の関連店だそうです。
同じ味のようですが、渋谷では大丈夫かな?と思ってしまいます。

住所   茅野市玉川414-7
電話番号 0266-82-3335
営業時間 11時30分〜22時
定休日  なし

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 22:28|PermalinkComments(4)TrackBack(5)

2005年10月26日

きまぐれ八兵衛@豊科

cfbe63d3.jpg10月10日(月)の昼に豊科のきまぐれ八兵衛を訪問しました。こちらのお店は以前から煽られていたので気になっていましたが、凌駕Veinから遠くない事もあり、今回訪問しました。11時25分くらいに着きましたが、前に8人くらいいました。店内に入ってみるとまず気になるのが石神さんのサイン。長野で見たのは初めてかも。

豚骨拉麺を注文しました。店内には豚の匂いが結構匂っています。匂いを嗅ぐと美味しい物が出てくるのだろうという予感がもてます。ラーメンは普通の豚骨ラーメンで、スープはやや油で粘度を出している感もありますが、しっかりとダシもとれていて良いと思います。まだ麺は自家製麺だそうです。九州以外の地域で豚骨ラーメンを食べると麺が弱いと感じる事が多いですが、このお店ではそのように感じませんでした。特別凄いという訳でもないですが、弱点と感じる事もなかったです。。これだったら他のメニューも食べてみたいですね。

同行者の方によるとこの日は出来が良かったとの事です。

住所   南安曇郡豊科町南穂高271-14
電話番号 0263-73-0408
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜20時30分(平日)
     11時30分〜15時 17時30分〜20時30分(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日

take_hilano at 22:21|PermalinkComments(9)TrackBack(6)

2005年10月25日

凌駕Vein@豊科

1aab4532.jpg10月10日(月)の昼に凌駕Veinを訪問しました。こちらは塩尻の凌駕の3号店として2005年9月21日にオープンしたお店です。塩尻のお店は現在休業中のようです。塩尻に着いてからnelさんrazzaさん、豚醤さんに案内して頂きました。

こちらのお店では、凌駕Veinにしかない、にんにくラードの黒味噌麺を注文しました。黒味噌という言葉を聞くとどうしても反応してしまいます。にんにくラードという名称がついているだけあって、丼が来た時の香りはかなりニンニクの匂いが食欲を刺激します。強烈で重たいのかなと思いましたが、食べると意外と食べやすく重くもないです。油の香りが強く、量が多いだけという感じです。麺は縮れ麺で、スープとよく絡みます。

ラーメン自体はレベルが高いし、美味しいと思います。ただ自分が1年半前に食べた凌駕1号店の出来とレベルと比較すると2号店、3号店は少し小さくまとまっている印象を受けました。まだ開店した直後なのでこれから良くなるのかもしれません。実際razzaさんが最近食べた写真を見てみると色が違う!また機会があったら訪問してみようと思います。

食べ終わった頃(11時20分)には店内満席で店の中に待ちが10人以上ありました。凌駕の人気ぶりが伺えました。

住所   安曇野市豊科新田5443-3
営業時間 11時〜14時30分 17時30分〜21時30分  
定休日  火曜日、月に2回水曜日

お店のHPはこちらです。まだ凌駕Veinの情報は登録されていないようです。

take_hilano at 22:34|PermalinkComments(6)TrackBack(5)

2005年07月15日

凌駕IDEA@松本

7e1ce61f.jpg塩尻の凌駕の2号店が松本に出来たとあなぐまさんに教えてもらってからとても気になっていたので訪問しました。凌駕の塩尻店は昨年の3月に訪問した際に食べてレベルの高い店だなという印象を持っていました。
2号店は松本市内で割と中心街にあります。向かいには創造学園大付属(旧塚原青雲高校)があります。高校野球が好きな僕としてはちょっと満足。(笑)

さて店に着いてみるとまずはかなりお洒落な外観に驚きました。塩尻のお店の外観は普通だったと記憶していただけに1号店と2号店の違いに驚きました。店内もラーメン屋とは思えない作りです。東京都内で見てもこのようなお店はあまり思いつかないです。

ラーメンは複数人でいろいろな物を注文し、僕はにごらせ和風麺というメニューを頼みました。まず写真を見てもらうと分かると思いますが、かなり丼のふちが大きいです。東京近郊で言えば特中村屋の時に使われている丼に近いと思います。にごらせ和風麺は動物系スープと思われる甘みがやや強く和風ダシはやや控えめ。動物系からくる甘さがややくどく感じられちょっと苦手なタイプでした。同行者が食べた煮干しょうゆやかつおダシのすっきり麺は麺が縮れていましたが、僕の食べた物のみ縮れていませんでした。

住所   松本市征矢野2-5-5
電話番号 0263-28-6300
営業時間 11時〜23時
定休日  火曜日


take_hilano at 22:30|PermalinkComments(13)TrackBack(3)

2005年07月14日

俺らラーメンちょもらんま@松本

94cd96cc.jpg松本駅から近い俺らラーメンちょもらんまを訪問しました。

このお店は食べた人の話を聞くと魚のダシが強烈で伊藤@王子を思い出させるとの事で期待していました。
ラーメンを食べてみると、通常の煮干とは違う何とも言えない鯵の煮干が独特な感じを出しています。チャーシューはしょっぱく、全体的に味が濃いです。麺は縮れた麺であまり印象に残っていないです。

とにかく印象に残るのはスープで、独学でしかも他の店を食べた訳(個人的には煮干をしっかりきかせるあたりが凌駕を意識したのかなと思いましたが、違うそう)ではなく、こういう味を作ろうと思ったのは中々面白いと思いました。志が高そうなお店なので頑張って欲しいと思います。

後でアムロ・レイさんのブログで知ったのですが、鯵ダブルというメニューも
あったそうで、こちらも食べてみたかったです。さらに鯵が強烈だったのかな??

住所   松本市白板1-1-13
営業時間 11時30分〜21時(スープ切れ次第終了)
電話番号 0263-39-3780


take_hilano at 23:15|PermalinkComments(8)TrackBack(5)

2005年07月11日

桃太郎@青木村

e48522b6.jpg青木村の桃太郎に行って来ました。このお店は桂花で働いた経験のある店主がやっているお店だそうです。

実は桂花ではラーメンを食べた事ないのですが(恥)、ブッダガヤ@小田原でラーメンを食べて以来、桂花出身で評判の良い所は行きたいと思ってしまいます。もしブッダガヤ@小田原を未食の方は是非行ってみて下さい。

さて桃太郎のラーメンですが、まずは量が多いです。通常のラーメンにもキャベツを無料でトッピングできたりとサービスがしっかりしています。
ラーメンはスープは豚骨のダシが濃すぎないもののしっかり出ていてやや少なめのマー油との相性が良いです。ターローは出す前に煮込んでから出すので熱々です。やや肉は固めなのがちょっと残念でした。

住所   小県郡青木村当郷240
電話番号 0268-49-2798
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜22時
定休日  水曜日

take_hilano at 22:29|PermalinkComments(9)TrackBack(5)

蒼天@佐久

edcce697.jpg佐久の蒼天を訪問しました。

同行者が醤油ラーメン、僕がつけ麺を注文しました。
こちらのお店は西山製麺の麺を使っていて、青葉@中野に影響を受けたという事で気になっていました。

ラーメンは青葉とは違いますが、節系と思われる魚介がしっかりきいています。つけ麺はとにかくつけダレがすっぱい!ラーメンに感じられた魚介が酸味によって隠されてしまっています。個人的にはラーメンの方が断然好み。
麺はどちらも美味しくないです。西山の麺を使っているとは思えない出来でした。もう少し麺をよくすれば良い店になると思います。

住所   佐久市猿久保667-5
営業時間 11時30分〜14時 17時30分〜21時
電話番号 0267-67-1868
定休日  月曜日(月1回月曜日、火曜日連休)

take_hilano at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(3)

2005年07月08日

ばりきや@佐久

69e57535.jpg7月2日にラーメン食べ歩きの遠征で長野を日帰りで訪問しました。
佐久のばりきやを訪問しました。ばりきやは高崎や前橋等群馬に数店舗ありますが、佐久店が初訪問です。
ラーメンを見れば何となく想像つくと思いますが、一風堂と関係あるお店です。一風堂系ではいつも赤丸に該当する物を食べるので今回も注文。

作り方を見ていると小鍋でスープを温めるいます。一風堂系のお店だけでなく豚骨スープを小鍋で温めている所は珍しいのではないでしょうか?又に丼もかなり温めているようで、かなり熱かったです。
ラーメンは一風堂と比べるとスープはかなり薄いです。麺の細さは博多の物とほとんど変わらないですが、博多特有の粉っぽさが感じられませんでした。
もしかしたら地元用にあわせて調整しているのかもしれません。

住所   長野県佐久市中込2991-1
電話番号 0267-64-2255
営業時間 11時〜翌2時
定休日  なし

take_hilano at 00:59|PermalinkComments(3)TrackBack(5)

2004年01月01日

既食店一覧(長野県)

ブログ掲載されていない既食店一覧です。


大石家
こうや
大星亭
邦心
豊龍
わいち
助屋
まる吉
よし家
気むずかし家
ぶあいそー
てんてん
まとや
るるも
狼煙
凌駕

take_hilano at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)