富山県

2016年11月08日

貪瞋痴@氷見

20161029_とんじんち10月29日(土)の昼に氷見の貪瞋痴に行きました。屋号は「とんじんち」と読みます。こちらのお店は、ミシュラン北陸版でビブグルマンを獲得したお店です。
11時30分の開店前から待っている人は自分ともう一組だけでした。しかし開店後には続々とお客さんが来て、すぐに満席となりましたね。


メニューは以下の通りです。
20161029_とんじんち_MENU





氷見産煮干しラーメン(800円)を注文しました。

ラーメンが出てくる前に別皿で具が提供されます。具はチャーシュー、味球、メンマ、ネギ、岩海苔が乗っています。
スープは見た目からして、綺麗で楽しみになりますね。実際にスープを飲んでみるとしっかりとした煮干しの味が出てきます。香ばしさというよりも煮干しをきかせながらもマイルドに仕上がったラーメンになっていて、とても美味しいですね。個人的には予想していた以上に美味しいですね。
麺は細めのストレートで、少し固めの茹で加減です。麺箱を見ると、菅野製麺所のものを使用しているようです。スープの中には玉ねぎが入っていますね。

機会があれば、また他のメニューも食べてみたいですね!



関連ランキング:ラーメン | 氷見駅




take_hilano at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2015年11月09日

西町大喜 とやマルシェ店@富山

20151102_大喜11月2日(月)の昼に西町大喜 とやマルシェ店に行きました。新幹線の開業と同タイミングで開店した施設内に西町大喜の店舗が入ったそうです。その他の店舗は全て食べたことがあることもあり、未食のこちらのお店に行きました。10時台から営業しているのは嬉しいですね。



メニューは以下の通りです。
20151102_大喜_MENU中華そば 小(750円)、ライス(160円)を注文しました。

醤油ダレの色の強いスープは、前日に食べたお店同様塩分が強く、ガツンとした味わいです。前日食べたお店と比べると、ややスープにコクがなく、醤油の強さだけが気になり、バランスが悪いかなと感じます。駅の大きな施設に入ったお店だから仕方がないのかなとは思います。
麺は中太の縮れ麺で程よい茹で加減です。具はチャーシュー、スープ以上にしょっぱいメンマ、ネギが入っています。写真を撮った時にはチャーシューは多いようには見えませんでしたが、食べてみるとかなり量が多かったですね。

食べてみて改めて思うのは、とやマルシェの有名なものを集めたこの施設に西町大喜が入ったということは大きな意味があるような気がします。

西町大喜 とやマルシェ店

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:ラーメン | 富山駅駅富山駅電鉄富山駅・エスタ前駅




take_hilano at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年11月06日

お食事処 喜八@奥田中学校前

20151101_喜八11月1日(日)の昼に富山市のお食事処 喜八に行きました。富山市内で本物の富山ブラックを出すお店と勝手に思っているお店の一つです。この日は富山マラソンを完走後、塩分補給でこちらのお店に行きました。今回も何とかサブ4は出来て一安心!ちなみにゴール地点から歩いて行ける範囲にありますので、自分が行った前後にもマラソンを走ったと思われるお客さんが多かったですね。


メニューは以下の通りです。
20151101_喜八_MENU





富山ブラックラーメン 並(720円)を注文しました。

スープは富山ブラックの名の通り、醤油の色が強い醤油味のスープといった感じです。ダシよりも醤油ダレがポイントのラーメンで、ガツンとした味わいがとても印象に残ります。改めて食べてみてもかなり個性的なラーメンで、食べ手を選ぶ一杯だと思います。マラソン後で、汗を大量にかいた後でもかなりしょっぱく感じるラーメンですね。でもマラソン後に食べる富山ブラックは、寒い時に食べる札幌の味噌ラーメンと同じくらい鉄板な組み合わせのような気がします。
麺は中太の縮れ麺で、程よい茹で加減です。具は大量のチャーシュー、スープ以上にしょっぱいメンマ、ネギが入っています。

また来年も富山マラソン出るつもりなので、また食べに行きたいと思います。

お食事処 喜八

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 奥田中学校前駅インテック本社前駅下奥井駅




take_hilano at 21:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月29日

白えびラーメン 岩濱乃風@南富山

f99f5fc2.JPG3月5日(木)の夜に富山市の白えびラーメン 岩濱乃風に行きました。こちらのお店は富山市内の人気店である豚豚炉の店主が作る屋台のラーメン屋だそうです。富山県の名産である白海老を使ったラーメンということでとても気になっていたので、食べに行きました。白海老というのはこちらをご参照ください。富山県外ではなかなか食べる機会はありませんが、唐揚げにして食べたりするととても美味しい、富山県を代表する名産品です。
お店には21時20分頃着きましたが、誰もいませんでした。

メニューは白えびラーメンと白えびラーメンの大盛だけです。

白えびラーメン(700円)を注文しました。最初注文し、ラーメンを受け取る時に代金を支払う仕組となっています。

スープはあっさりとした少し白濁した豚骨などを使用した動物系のスープに表面に白海老で作った香味油を浮かせています。他店で食べる海老油に比べると白海老の香味油はおとなしめという感じがします。白海老自体小さい海老ですから、仕方ないのかもしれませんが、海老のインパクトを勝手に期待していただけに少し肩透かしをくらった感じもしました。しかし優しい味わいはお酒を飲んだ後にはとても美味しそうな感じがしました。
麺は細めの少し縮れた麺です。屋台ということもあり、やっぱり麺は少し弱いかなという感じがしました。具はチャーシュー、ネギ、玉ねぎ、ワカメ、糸唐辛子が入っています。

住所   富山県富山市二口町3-6-2 ランプジャック駐車場内
電話番号 080-1969-2917
営業時間 21時〜翌2時30分
定休日  日曜日、月曜日(土曜日、日曜日はイベント優先)

take_hilano at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月28日

ラーメン DOG HOUSE@入善

20090305_DOGHOUSE3月5日(木)の夜に富山県下新川郡入善町のラーメン DOG HOUSEに行きました。こちらのお店は北陸ラーメン博に出店したことで存在を知りました。鶏白湯だったり、丼の形が個性的だったりとラーメン食べ歩きをする者としては気になることがたくさんあったので行ってみました。ちなみに一時期富山県に住んでいたことがありますが、初めてこちらの駅で降りました
17時30分頃着きましたが、店内にはお客さんは誰もいませんでした。


写真左下はメニューです。写真右下は屋号の由来について書かれています。
20090305_DOGHOUSE_メニュー120090305_DOGHOUSE_メニュー2







鶏白湯ラーメン(700円)を注文しました。

注文する前から知ってはいましたが、実際にこの丼の形を見ると、何となくうれしい気分になります。自分が知っている限り、青空きっど三代目けいすけが使用しています。

少し粘度のある鶏白湯スープに魚介をきかせています。メニューの裏に書かれている説明によると鶏白湯スープと羅臼昆布、煮干を抽出したスープをWスープ方式であわせているようです。東京で食べるタイプのものと比べると鶏、魚介ともにおとなしく、全体的にはあっさり目で食べやすく仕上げていると思います。少し甘みがあり、このあたりが好みが分かれそうな感じもしました。
麺は細めの麺で、滑らかな食感が良いと思います。またスープともよく絡みます。具はチャーシュー、ネギ、メンマが入っています。

食後にお話を伺ったところ、東京などでの修行経験はなく、ずっと地元にいたそうです。でも都内のラーメンについては本などを見て、有名なお店のことはご存知でした。

住所   富山県下新川郡入善町上野1285 きららの里内
電話番号 0765-72-5586
営業時間 11時〜14時 17時〜22時(月曜日〜土曜日)
     11時〜15時 17時〜21時(日曜日、祝日)
定休日  月曜日(祝日の場合は翌日

take_hilano at 02:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年06月03日

じゃん鬼@富山

50aaf29e.JPG5月26日(土)の昼に富山市のじゃん鬼に行きました。こちらのお店は以前同じ富山県内の上飯野にあった時には行った事がありますが(6年位前かな?)、山室に移転してから初めて行きました。最近食べた方から良い評判を聞いていたので、楽しみにしていました。

メニューは大きくわけて白、黒、青の3種類のラーメンがあります。
白はお店一押しと書かれていて、「濃厚豚骨コラーゲン式スープ」という表現をしています。大量の豚骨を三日間、強火で炊き、さらに豚足や地鶏や野菜等も加えているそうです。
青は白とは全く違う作り方をしたスープで香ばしさと肉汁が自慢の野菜豚骨醤油ラーメンと書かれています。正直これだけだとどのようなラーメンかイメージしづらいです(笑)
黒は魚介系豚骨で他の二つのメニューと比べると扱いがやや小さくなっています。

今回はずっと前に食べた時同様白を注文しました。前回来た時はややライトなスープというイメージしか残っていませんでしたが、今回食べてみるとスープは粘度があり、かつそれなりに濃厚だと思います。豚骨ストレートという感じではなくいろいろなものでダシをとっているなというのがよくわかり、若者には受けそうという感じがしますし、富山にはこの手のタイプのラーメンは少ないのでは?とも思います。麺は細めの縮れ麺でしたが、個人的にはあまりスープとの相性はよくなかったような気がします。また胡麻やニンニクチップなどスープの味を邪魔してしまう具が多かったのが、個人的に苦手でした。スープがなかなか良いだけにスープを味わいやすい方が良かったです。今度は気になる青も食べてみたいと思います。

知り合いの人に後で聞いてみたところ移転前の方が美味しかったと言っていましたので、移転前の味も気になるなというのが正直なところです。きどたまよさんの一番最初の本には、店主は、東京等で食べ歩きもするような事も書かれていたので、だいぶ味も変えているのかもしれないです。ちなみにきどたまよさんの本によると店主は富山市内の虎矢での修行経験があるそうです。今読み返してみて気づきました(笑)

住所   富山県富山市山室116-7
電話番号 076-491-6123
営業時間 11時〜15時 17時〜21時
定休日  火曜日

take_hilano at 00:46|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年05月31日

麺屋つくし@富山

つくし5月26日(土)の昼に富山市の麺屋つくしに行きました。こちらのお店は、すみれでの修行経験のある店主が地元で始めたお店だそうです。13時過ぎに行きましたが、店内は満席です。自分の後には次々とお客さんが来ていて、人気ぶりがよく分かります。

メニュー構成は塩、醤油、味噌の3種類がありますが、味噌を注文しました。富山という事もあってかメニューに鱒寿司があったのが印象に残りました(笑)鱒寿司があるラーメン屋は珍しいんじゃないかな?と思います。
味噌ですが、味や見た目はすみれ系の味噌ラーメンです。スープが濃厚というよりも味噌ダレの味と表面の油が印象に残るラーメンになっていると思います。味付けはと濃い目でがっつりとした味が印象に残ります。スープの感じは悪くないですし、富山県でこれだけの味噌は、他には味わえないのでは?という感じがしました。麺はすみれ出身者としては、珍しく森住製麺の麺を使用していています。自分が食べた時はやや柔らかめでした。もう少し固めの茹で加減でプリプリした食感だと良かったです。具にはデフォルトでチャーシューが2枚、メンマ、ネギなどがあります。

住所   富山県富山市太郎丸本町3-10-1
電話番号 076-423-2941
営業時間 11時〜15時 18時〜22時(平日)
     11時〜15時 17時〜22時(スープがなくなり次第終了)(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  水曜日


take_hilano at 00:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年05月28日

喜八@富山

56ed4357.JPG5月26日(土)の昼に富山市の喜八に行きました。このお店は2007年1月に放送された美味しんぼ塾で富山のラーメンとして紹介されていたお店でそうです。恥ずかしながら全く知らなかったのですが、富山の名店である西町大喜で働いていたとの事で行ってみたかったお店です。

「全国ラーメングランプリ出品ラーメン」と書かれた富山ブラックラーメンの並を注文しました。見た感じでは、西町大喜そっくりですが、決定的に違うのは荒挽きの胡椒がデフォルトでかかってなく、卓上におかれています。
ラーメンですが、スープはかなりしょっぱく、ガツンとインパクトのある味になっています。タレの味がポイントだと店主の亀田さんがおっしゃっていましたが、大喜出身と名乗るにふさわしい味になっていると思います。麺は富山ブラック特有の中太の縮れ麺です。しょっぱいスープとのからみもよく好みです。チャーシューは、チャーシューは、薄めで味付けの濃い肉です。チャーシュー麺を頼んだ訳でもないのに尋常じゃない量が入っています。正確な枚数は数えていないですが、10枚は入っていたと思います。メンマはスープ以上にしょっぱく、インパクトの強い味でした。

正直なところネーミングといい、テレビに出た事を前面に出していたりする点は、ひいていたのですが、食べてみたところ、味は本物という印象を持ちました。富山に住んでいた事もある自分としては、第二の故郷の味という感じでとても良かったです。

写真を撮っていた事もあってか店主の亀田さんがいろいろお話をしてくれました。西町大喜の最後の方にいたお弟子さんだそうで、ラーメンの作り方等いろいろ教えてもらったそうです。

住所   富山市奥田寿町6-3-125
電話番号 076-443-1888
営業時間 11時〜14時45分 17時30分〜21時
定休日  月曜日


take_hilano at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月28日

NOODLE HEARTS@魚津

8043e087.JPG9月18日(日)の昼に魚津市のNOODLE HEARTSを訪問しました。こちらは前に紹介したバグジーの姉妹店との事です。前に紹介したTHE NOODLE CAFE BUGSY BROS.で配布していたポイントカードには店名が載っていなかったので経営が違う等の違いがあるのでは?と思います。お店のHPによるとFC募集という所もあるので、もしかしたらFC店かもしれません。

こちらの店ではシェリンプ麺を注文しようと思ったのですが、ありませんでした。こちらは通常の物とガーリック麺のみでした。。なのでガーリック麺を注文。NOODLE CAFEに比べると豚骨スープが薄く食べていて物足りないです。ガーリック麺も茹で方が柔らかめでした。基本的には同じ物を出そうと思っているが、出せていないという印象を受けました。こちらのお店で食べるのであれば絶対に富山市内の2軒がお勧めだと思います。

住所   魚津市吉島4330
電話番号 0765-22-5566
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜22時(平日)
     11時30分〜15時 17時30分〜22時(土曜日)
     11時30分〜15時 17時〜21時(日曜日、祝日)

定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

take_hilano at 22:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月25日

豚豚炉@富山

豚豚炉

9月17日(土)の昼に富山市の豚豚炉を訪問しました。お店の名前はこれで「ととろ」と読むみたいです。こちらのサイトによるとバグジー系列で働いていた店主がオープンさせた店のようです。前にアップしたTHE NOODLE CAFE BUGSY BROS.と比べて見ると似ていると言えなくもないかなと思います。
お店に入ってみると店員が「10106」と書かれたTシャツを着ています。BGMもとなりのトトロで使われている曲だったりします。

ラーメンですが、上記のサイトにはバグジーと似ているとありましたが、ベースはバグジーというのは分かりますが、味は違うと思います。スープはバグジーに比べると豚骨ダシの濃度が濃くなく、あっさりしています。麺は少し縮れていて細めです。ネギが細長く切られているせいか、すこし苦いのが気になりました。デフォルトでのっている胡椒もちょっと味が強いかなと思います。バグジーを家系と読んだとして、このラーメンでは家系とはもう呼べないと思います。個人的には前に食べたTHE NOODLE CAFE BUGSY BROS.の方が好みでした。

住所   富山市稲荷元町3-1-24
電話番号 076-444-2917
営業時間 11時30分〜14時 18時〜翌2時(火曜日〜土曜日)
     11時30分〜15時 17時〜22時(日曜日、祝日)
定休日  月曜日

take_hilano at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月24日

THE NOODLE CAFE BUGSY BROS.@富山

0ede12c0.JPG9月17日(土)の昼に富山のTHE NOODLE CAFE BUGSY BROS.を訪問しました。このお店は富山の有名店であるBUGSY(バグジー)の姉妹店としてオープンしたお店です。バグジーは昔食べた事があるのですが、僕が富山にいた頃にはこちらのお店はなかったので、こちらのお店は初訪問です。

最近食べたラーメン仲間から評判の良かったガーリック麺を注文しました。食べてみると麺からガーリックの味が感じられました。ガーリック麺なのですから、当たり前なのでしょうけどね。(笑)麺はガーリックを練りこんでいるせいなのか、少しぼそぼそしていて、食べているとぷっつりと麺が切れてしまう感じがありました。ラーメンは見た目は家系ですが、もろに家系という感じではないと思いました。以前江戸川ラーメン角久@曙橋を食べた時に食べ歩き仲間のこの方が「家系とは多少違う」という話をした事があり、実際自分でも食べて見て納得しましたが、今回もこの時と似たような感想を抱きました。鶏の油が少なく割と豚骨のダシがしっかり出ています。何となく味つけも家系とは違うし。それと海苔は3枚ではなく、2枚でした。

写真を見てもらえれば、家系を想像してしまいますし、麺は横浜から直送しているとうたっている事もあるので、家系との関係をきいてみた所、特に修行はしていないとの事でした。(聞いたのがバイトの子だったから駄目だったのかも)麺もどこの麺か気になったのですが、分かりませんでした。

住所   富山市中川原23-4
電話番号 076-422-8787
営業時間 11時30分〜15時 17時30分〜23時(平日) 17時30分〜21時(日曜日、祝日)定休日  月曜日(祝日の場合は翌日)

お店のHPはこちらです。

take_hilano at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月23日

むてっぽう@富山

dd75dd56.JPG9月17日(土)の昼に富山市のむてっぽうを訪問しました。こちらのお店は北陸三軒のラーメン本として有名なきどたまよさんのラーメン本で紹介されていて気になっていました。

本の写真を見るとかなり魚がきいた物が出てくるのかと思っていました。出て来たラーメンの香りをかいであると魚の強烈な香りがします。しかし魚ダシがきいているという訳ではなく、粗く削られた節からの香りだと思います。節系をよけてスープを飲むと薄い豚骨スープです。本によると豚の軟骨と骨髄を使っているという事なのですが、あまり特徴を感じる事が出来ませんでした。都内と比べてしまうとラーメンとしてのレベルは高くないですが、僕が住んでいた3年以上前にはこういうラーメンはなかっただけに富山でもこういうラーメンが出て来たのかと驚きました。

住所   富山市西新庄95-1
電話番号 076-442-3637
営業時間 11時〜15時 17時〜23時
定休日  火曜日


take_hilano at 23:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2004年01月01日

既食店一覧(富山県)

ブログ掲載されていない既食店一覧です

まるたかや 牛島新町店
まるたかや 新庄店
大喜 西町店
大喜 駅前店
大喜 根塚店
大喜 大島店
大喜 中島店
大喜21
熱烈タンタン麺一番亭
吉法師
じゃん鬼(移転前)
ぼんてん 婦中店
ぼんてん 高畠町店
南京千両 西町店
南京千両 元町店
九頭龍 本店
満々軒
せんりゅう
アラキ
山久ラーメン
やまや食堂
山容
虎矢
めん八 本店
めん八 婦中店
こころ
マーちゃんラーメン新庄店
マーちゃんラーメン西町店
マーちゃんラーメン町村店
支那そばや(移転前)
げんこつ
喜多八
旭屋
麺屋弁天

富公
匠庵
ひげ
はじめ家
味龍
サンボ
Qちゃんラーメン
えっちゅう
マリモ
政龍
端午
端午 新庄店
じんじゃらーめん
蔵ちゃんらーめん
天安
駅前ラーメン
ダルマヤラーメン
末広軒
あさくら
雷文
一楽 本郷店
元祖じゃんがらラーメン
直ちゃんラーメン
みゃあらく

とっつぁん
きりん飯店 ×2店舗
はじめ
ライトハウス
大ちゃんラーメン
大八ラーメン
一楽
一心
五衛門
王ちゃんラーメン
しゅっぽっぽ
支那銀
つけ麺大王
千成
桜亭
三馬力
ぐる麺
白晃
龍峰
麺ちゃちゃ
七越
まるてん食堂
べんてん家
十軒房
まるたや
ありがとうラーメン
BUGSY
麺華山
東京亭
翔龍
ラーメン工房
九一麺
めんきち
ひさちゃん
あっちっち
めんこぞう
たから家
一龍
とら八
東京ラーメン
むつみ屋
紺のれん岡島

萬力屋

take_hilano at 00:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)