山形県

2009年03月20日

らー麺 山之助@山形

20090301_山之助3月1日(日)の昼に山形市のらー麺 山之助に行きました。こちらのお店はネットなどの情報では麺屋武蔵での修行経験があるそうです。店内に入ると店員さんが赤色の服装で統一されており、麺屋武蔵出身っぽいなと感じました。(正確な統計をとっていませんが、麺屋武蔵出身のお店は赤を店内に用いていることが多いイメージがあります)
12時15分頃にお店に着きましたが、店内満席で人気があるのが分かります。

メニューは以下の通りです。
20090301_山之助_メニュー







白(680円)を注文しました。

白は鶏白湯の醤油ベースとのことですが、鶏を使ったスープは軽めでとろみもあまりありません。少し甘めのスープです。お店のメニューにはこってりしながらもと書かれていますが、自分のイメージではそれ程こってりしているという感じはしませんでした。
麺は中細の少し縮れた麺で、スープとの絡みはまずまずだと思います。麺箱には「はせ川の麺」と書かれており、カネジン食品のものを使用していないようです。具はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔が入っています。

住所   山形県山形市本町1-7-24
電話番号 023-642-4450
営業時間 11時30分〜14時30分 17時30分〜21時
定休日  月曜日

take_hilano at 07:18|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年03月18日

ら〜麺 たまや@山形

20090301_たまや3月1日(日)の昼に山形市のら〜麺 たまやに行きました。こちらのお店は都内の山形第一人者であるこの方から教えてもらったお店です。ずっと前から行きたかったのですが、ようやく行くことが出来ました。
11時40分頃着きましたが、既に7人着席していました。その後も続々とお客さんが来て、人気があるのが良く分かりました。




メニューは以下の通りです。
20090301_たまや_メニュー







ら〜麺 こってり(650円)を注文しました。

作っているのを見ていると一度に2杯or3杯しか作らないために予想以上に待つようです。つけ麺は麺を10分茹でると店内に書かれていたので、つけ麺を注文する人が多いと提供までの待ち時間が増えそうな感じがしました。(自分が食べた時は前につけ麺を注文した人は一人だけでした。)

ら〜麺はスープは濃度、粘度があり、食べると驚きがありますが、何か今一つキレというか洗練された感じがなく、物足りないという印象を受けます。何か変われば凄くよくなりそうな気はするのですが。また魚粉を表面に浮かせていますが、これがややミスマッチな感じも受けました。
麺は中太の縮れ麺です。あまりスープと絡まないかな。具はチャーシュー、ネギ、メンマ、ナルト、海苔が入って慰安す。

以前(2年位前?)はもっとスープが凄かったとのことだったので、その頃のものを食べてみたかったというのが本音です。

住所   山形県山形市旅篭町2-1-40 パークアレイビル1F
電話番号 023-625-6622
営業時間 11時〜14時 17時30分〜21時
定休日  不定休

take_hilano at 23:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月17日

手打ち中華そば ケンチャンラーメン 山形店@北山形

20090301_ケンチャン山形店2月28日(日)の昼に山形市の手打ち中華そば ケンチャンラーメン 山形店に行きました。こちらのお店は酒田に本店のあるケンチャンラーメンの支店となります。ケンチャンラーメンは山形県内に数店舗(正確な店舗数はこの方がフォローしてくれるはず(爆))ありますが、中でもこちらのお店は都内のフリークの方にも評判が良いのでは?と勝手に思っています。
10時48分にお店に着きましたが5人目で、開店時には15人くらい並んでいました。

店内に入ると入り口の左側に券売機があります。注文してからいつ渡すのだろうと思っていましたが、他の人は誰も店員さんに食券を渡す気配はありません。しかも厨房では既にラーメンを作り始めています。券売機で購入した情報が厨房で確認出来る仕組みとなっているようです。OOSAKIさんのブログに券売機について詳細が書かれていますが、ノーチェックだったので、この仕組みを初めて見てとても驚きました。ちなみにラーメンが出来ると食券の番号を呼ばれます。

中華そば普通盛(650円)を注文しました。(油、味の濃さは普通です)

スープは表面にやや油が多く、スープは魚介のダシがきいています。油でこってり感を出しております。スープが凄くダシが出ているという感じではないのですが、麺との相性が良く、麺と共にスープを不思議とたくさん飲んでしまいます。
麺は平たく太くそして縮れた麺となっています。ごわごわとした食感がとても印象に残り美味しいです。スープとの相性も良く美味しいです。(ちなみに量はかなり多いです。連食するのだったら、小で良いのかもしれません。)
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔が入っています。

個人的には酒田で食べた時よりも印象が良かったです。他店舗でも食べてみたいですね。

住所   山形県山形市西田2−1−17
電話番号 023-647-0086
営業時間 11時〜14時
     11時〜14時 18時〜20時(土曜日、日曜日、祝日)
定休日  月曜日

take_hilano at 16:20|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年10月22日

ケンチャンラーメン@酒田

467e2805.jpg10月9日(日)に酒田市のケンチャンラーメンを訪問しました。このお店は山形のラーメンに精通しているtomi-booさんに何度か煽られていたので気になっていました。今回は平田牧場の直営のとんかつ屋であるとんやに行きたかったので酒田を訪問し、時間があったのでケンチャンラーメンの本店を訪問しました。他にも山形県内に数店舗あるそうです。

中華そばは盛が3種類あり、好みに応じてこい口、うす口、油ぽく、油ぬきが選べます。一番小さい小盛を、事前情報でお勧めと聞いていたこい口、油ぽくで注文しました。こい口は文字通り味が濃くなり、油ぽくにすると油の量も増えるのだと思いますが、写真では分かりづらいのですが、大きな油の塊が乗ります。これがこの地方独特の中華そばの様です。昨年食べた満び@鶴岡も同様のスタイルでしたのでどのように違いがあるのか気になっていました。
特徴の一つである油の塊は満びに比べるとケンチャンラーメンの方が小さめです。スープはケンチャンラーメンの方が魚がしっかりきいていて味だけで見ると美味しいと思います。こい口にした事もあったのかかなりしょっぱかったです。普通の味を食べていないので何とも言えないのですが、こい口にするときついかもしれません。麺は幅の広い麺でスープとの絡みがよく美味しいです。麺の面白さという点では、満びの方が良いかな?

満びとケンチャンラーメンを比べてみると、味だけで言えば、ケンチャンが上で、地方ラーメンの面白さという点で言えば満びかなという感じです。どちらも食べてみるのが一番いいかもしれないですね。

一つ気になったのは、お店の表記は「ケンチャンラーメン」なのですが、丼にある文字は「ケンちゃんラーメン」でした。

住所   酒田市ゆたか1-6−1
電話番号 0234-33-3012
営業時間 11時〜14時
定休日  不定休

最後に。。
今回の投稿で話題にした満び@鶴岡はこんなラーメンです。
満び



take_hilano at 15:16|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2004年01月01日

既食店一覧(山形県)

ブログ掲載されていない既食店一覧です。

龍上海 赤湯本店
満び
ラ・シャンス
千石や
満月
三日月軒
ホシナ食堂
ゝ月
桂町さっぽろ
山大前やまとや
熊文
金時

take_hilano at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)