2011年12月18日

今日の競馬。

こんにちは。タケです。


朝日杯フューチュリティステークス、先週に引き続き2歳馬のG1レースです。先週は牝馬、今週は牡馬ですよ。
ずっと前までは次の年のクラシックを占う重要なレースだったのですが、いつの間にかそんなことなくなってしまいました。このレースを勝ってクラシック勝った馬って最近聞いたことないですね。

ってことで、このレース専用みたいな馬を予想してみたいと思います。

その前に、このレースは勝つ馬がかなり偏ってるんですよ。
まず、外枠はペケ。7,8枠は過去10年で2着までに入った馬が1頭です。これは十分絞れる要素になる。
それから、前走が重賞の馬。これ結構なポイント。あと、勝ってる馬ねこれも大事。

…って考えると、どれにも当てはまる馬っていないんですよ。こりゃまいった。
今回のレースは本当に難しいレースだと思います。外枠の馬のうち1頭でも内枠にいればここまで悩まなくて済むのに。

どれか条件に当てはまらないのですが、どれが良いかなぁと考えて予想してみました。

本命はマイネルロブスト。
前走は大きく負けているのですが、このレースは不良馬場で行われました。参考にできないレースだと思うんです。その前も3着ですがこれもやや重。
今回のレースは超良馬場で行われるでしょうから、馬場が良ければこの馬の力を出せると思います。僕は割と騎手を気にするんですが、蝦名騎手なら安心です。

対抗にはアルフレードを。
上位人気が強いこのレースですが、1番人気のこの馬は実力で選ばれたっていうよりは、消去法で残った様なイメージを受けました。まだ本気を出してないようなイメージもあるので、どちらかというとこのレースで負けて来春以降に力を出すと見た。

サドンストーム、クラレントも対抗に。
サドンストームは前走の好走を、クラレントはマイネルロブスト同様前走はアテにせずその前の1着を重視です。
とっても失礼な話ですが、鞍上がちょっと心配なんですよね。果たしてG1を堂々と勝つようなジョッキーかと。(どちらも朝日杯勝ってますけどね。)なのでどちらも対抗まで。

いつものようにここから適当に流します。外枠に強い馬がいるので3着には入りそうです。

3連複フォーメーションで。
4−1,3,7−2,6,8,11,14,15,16で24点。難しいので手広く勝って当たらないパターンだなこれ。(なら買うなよ。)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/take_yagu/52908415