2006年05月

2006年05月31日

発育まあまあ

ようやく日差しも戻り、気温が上がるにつれて植物の発育も早くなってきた。

枝豆の芽枝豆は本葉が出てきた。ツヤツヤの葉っぱがちょっとおいしそう。そろそろ次のタネの準備しようかな。

オクラの芽オクラはアフリカの植物だけあって暑くならないと調子が出ない感じかな。それでも本葉がこのくらい出てきた。でもこのまま行くとちびっこい木に無理やり実がつく感じになりそうな予感が・・・。

ジャガイモジャガイモの生育状況はもうちょっと伸びててもいいかなって感じだな。あと1月ちょっとで収穫するつもりだけど、どうなるかなぁ。

トマトのわき芽ミニトマトも育ち方はボチボチだ。写真のようなわき芽が毎日のように出てくるので見つけては摘んで幹が分岐しないようにしている。こうしないとトマトは実の付きが悪くなるようだ。

ミニトマト今のところ実の付き方はこんな感じ。徐々に実が膨らんで来ている。早く赤くならないかな。

あとは天気次第だけど来週には入梅も発表されるようだし、今のうちにちょっと追肥でもしてご機嫌とっておこうかな。

take_z_ultima at 12:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)園芸 

ニッポン強ぇ〜?!

今朝行われたドイツとの親善試合は眠い目をこすって見ていた甲斐があった。後半高原の2ゴールで一時2点差までリードした。残念ながら2点取り返されて引き分けたけど、ジーコサッカーが間違っていなかったことをまざまざと見せつける試合だった。ようやく課題だった速攻が出来るようになってきたし、ダイレクトパスがパチッと決まった時の攻撃は凄まじい破壊力があるね。
まだ後ろのほうで玉回しをしてやられるパターンがあるのが反省点だろうね。ダイレクトパスは攻撃のための仕組だから守備の一番リスクがあるところでやるのはどうなんだろうね。2点リードした後半は少し運動量が落ちたところをやられたみたいだったし、そのへんはジーコも交代を早くしてもらいたかったね。もしかして日本代表が2点リードしているっていうパターンは考えてなかったから対処出来なかったんじゃないだろうか。
しかし柳沢は攻撃から守備まで良く動き回ったね。最初の高原のゴールも柳沢のアシストだったし、ゴール前のピンチもずいぶん助かった。今回はダイレクトシュートも試みていたし、大会中に得点シーンもあるんじゃないかな。
中田の活躍にも目を奪われた。今回で代表は最後にするとか言ってるみたいだけど、この調子なら次のW杯予選も充分に行ける気がするな。
などと興奮冷め遣らぬ中、しろーとなりに書いてみるテスト。

take_z_ultima at 07:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)その他 

2006年05月30日

また眠い日々が・・・今晩ドイツ戦

いよいよサッカーワールドカップが始まる。今晩は最終強化試合日本×ドイツ戦がある。しかし時間が明け方の4時半から。早起きするにはちょっと自信が無いし、起きてると翌日辛くなりそうな、いい時間にやってくれるよ、まったく。ドイツと日本の時差はサマータイム期間でマイナス7時間。日本で午前4時半なら向こうは午後9時半ってことか。で、YAHOO!スポーツ見たら20:30開始みたいに書いてある。録画中継なのか?ヘタに録画して後から見ようとすると、TVつけた途端に結果とかやってたりするのに出くわしたりするから油断ならない。ちなみに逐次ここに経過が流れるようだ。本当に試合とテレビ朝日の中継が1時間ずれるなら、ここで先に結果を知ることが出来るみたいだ。ま、そんなの見ても楽しくないけどね。右上にある自動更新ボタンを押しとけばいいのかな?

YAHOO!JAPANスポーツナビ試合速報
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/live/jpn_20060530_01.htm?rf=on

04:25 TV朝日
 サッカー・2006FIFAワールドカップ最終強化試合
  日本×ドイツ〜ドイツ・レバークーゼン
 角澤照治 櫻井健介 川平慈英 前田有紀



take_z_ultima at 16:36|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)その他 

吉野家なのか?

近所の吉野家がリニューアルオープンしてた。自分は日本で最初の狂牛病が発生した頃からずっと吉野家の株主なので年に2回株主優待券が送られて来る。買った当初は500円券10枚が年2回で合計1万円だったんだけど、牛丼が値下がりしたりアメリカ牛が輸入できなくなったりで優待券も300円券が年に20枚になっちまったが、それでも貰える物は嬉しいもので、先日送られて来た300円券10枚を握り締めていそいそ出かけて行った。
行って見てびっくり。なんだか店舗の内装がそば屋みたい(?)になってて、あの安っいっぽいマクドナルド的なスタイルが消えてしまっていた。思わず店の戸口に書かれた「吉野家」の名前を確認しちゃったよ。ま、店が綺麗になるのはいいことだと思って新しいメニューも増えたようだし何にしようかとレジ前に貼られたポスターを眺めていると、「店内でお召し上がりでしょうか?」と店員に声をかけられた。うーむ、まだメニューも決めていないのに困ったなと思いつつ、「はい」と言うと、「それではこちらへどうぞ」と言われて席のほうに誘導された。「へっ?、いや、まだメニュー決めてないんだけど」と言ってみると、「メニューはこちらにございます。お決まりになったらお呼び下さい」と案内された。うわっ、ふつーの店じゃん!ここで改めて店のガラスを確認(笑)。やっぱり吉野家って書いてあるよな・・・。席には呼び鈴とメニュー、冷水の入ったポットとコップ多数が置かれて少々狭さを感じた。隣の人がちょうど食べ終わっていつものように食器を自分で下げに行ったら、店員が下げるからその必要は無いと言われていた(笑)。みんなシステムに慣れなくてなんか笑える状況。それだけ吉野家スタイルって体に染み込んでたんだねぇ。何か落ちつかねー。そしてメニューなのだが、なんと店別メニューと言うのがあるそうで、自分が頼んだ料理は吉野家のホームページでは見つけられなかった。なんとまあ。名前も思い出せないので紹介しないけど、おいしかったっす。今まで吉野家に入りづらかった女性客も取り込めそうだし、うどんやも買収したりで経営は着々と攻勢に出ているようだね。松屋が優待を年1回にしちゃった(村上ファンドのせいかなぁ?)のに比べて吉牛がんばってる感があるよね。ただ米牛にこだわるのはどうなんだろうね。前回の倒産は味が落ちたのが原因かも知れないけど、ちょっと「あつものに懲りてなますを吹く」って感じが否めないな。社会の雰囲気も感じて欲しい(米牛待望の吉牛ファンも多いんだろうか?)。
そういやBOOKOFFはバイトのおばちゃんが社長になったらしいけど、吉野家の社長だってバイト出身なんだよね。



take_z_ultima at 12:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)その他 

modo201は103より軽い感じ

1130496ポリゴンの球modo201は開発当初レスポンスが3倍早くなるとアナウンスされていた。しかしグラボのドライバーにバグがあり、それが早期に修正されないことなどの影響で予想よりは遅くなったと思われる。さて、本当に早くなったんだろうか。とりあえずのテストとしてこのような113万496ポリゴンの球体を用意してみた。以前にも紹介したが、自分のマシンはメモリーが1GBしかなく、CPUもAthlon2600+、グラボはnVidiaのGeForce5600−256MBという貧弱なものである。で、操作してみたらもたつくけどちゃんとマウス操作に追従してくる。

ポイントを選択して移動してみた試しに拡大してポイントを選択して移動してみたがなんなく出来た。確かにここまで来ると反応がもたついてくるが、実用上耐えられる範囲と言うか、タイムラグで思わぬ方向に回っちゃったりするような事は無かった。ただしラッソツールの反応が多少鈍いのでマウスを少しゆっくり動かしてやる必要があった。同じものをmodo103に読み込んで見たが、確かに反応する事はするけどかなりもたついて、ラッソツールは裏面のポイントが選択されたり、使用上無理があった。さらにLightWave8.5のモデラに持って行ってみた。やはり画面操作はかなりしんどい感じ。でもラッソツールは滑らかに動いた。このあたりはmodoとLightwaveでラッソツールの実装の違いが出たんだろうと思う。まあポリゴンが増えたら作業に関係ない部分は隠して作業すればどちらもサクサク動くので使い方次第なんだろうけど、確かに201は103より軽くなっている感じだ。軽くなった分、ディテールアップもやりやすくなるので、この際メモリを増設しようかと考えている。グラボは互換リストが上がってからでもいいかな。



take_z_ultima at 10:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)CG | modo
Archives