2018年10月31日

Selection Assembliesについて調べてみた その17 modo12

引き続き「presets」パネルの「Selection Assemblies」にあるアセンブリを調べてみたい。

今回は「Select Edges By Angle」アセンブリ。

fig01

これも中を開けてみるとシンプルな構成になっていて、「Selection Operator:Edge」から「角度」チャンネルを引き出して、その値とアセンブリ入力「Minimum Angle」と比較して大きければエッジが選択されるようになっている。

fig02

下の画像のように2枚のポリゴンで構成されたポリゴンメッシュ2つをメッシュアイテム内に作ってテストしてみた。

fig03

このアイテムに「Edge Bevel」を追加して、

fig04

「スケマティック」ビューで「Edge Bevel」に「Select Edges By Angle」を接続する。

fig05

「Select Edges By Angle」の「Minimum Angle」を80°に設定して、

fig06

「Edge Bevel」の「値」を100mmにした。

fig08

これが結果。2枚のポリゴンが為す角が90度のエッジはベベルされて、45度のエッジはベベルされなかった。90度の方は80度以上で、45度は80度未満だからね。

fig07

続きはまた次回。

modo10-12ブログ目次



take_z_ultima at 11:30│Comments(0)modo | CG

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Archives