2019年05月08日

メッシュオペレータでいろいろやってみた その33 modo13

今回もmodo13で追加されたオペレータを調べてみたい。

今回は「Curve Offset By Mesh」オペレータ。

このオペレータはカーブに平行なカーブを生成するもののようだ。

例えば下の画像のようにシーンに2つのメッシュアイテム「Curve」と「Plane」があって、

名称未設定 1

「Curve」の方に「CUrve Offset By Mesh」オペレータを追加して、

名称未設定 2

スケマティックビューで下のようにセットしてやると、

名称未設定 3

下のように「Plane」メッシュアイテムにあるポリゴンの面に沿ってカーブの左右に平行になるカーブが生成される。オペレータを適用したメッシュアイテム内にカーブがあれば「カーブ」の指定をしなくてもそれが使われる。

名称未設定 4

生成されるカーブは「オフセット半径」で指定した距離離れた位置に「ポイント数」で指定したポイント数のカーブとして生成される。2本のカーブは「プラス側カーブを生成」「マイナス側カーブを生成」をON/OFFする事で生成のON/OFFが出来る。

名称未設定 5

「元のカーブを除去」をONにすると基準となるカーブを除去して左右2本のカーブにする事が出来る。ただしこれが有効になるのは参照するカーブ自体が「Curve Offset By Mesh」に適用されたメッシュアイテム内にある時だけで、参照するカーブが他のメッシュにある時は単にそのアイテムを非表示にして対応する事になる。

名称未設定 6

「ワールドトランスフォーム使用」をONにすると生成されたカーブをオペレータを適用したメッシュアイテムのトランスフォーム設定(位置・回転・スケール)で操作出来るようになる。これを使う時はカーブが存在するメッシュアイテムと「Curve Offset By Mesh」を適用するメッシュアイテムを分けておかないと、トランスフォームが元になるカーブにかかった上にさらに生成されたカーブに2重にかかって倍のトランスフォームになってしまうので注意が必要だ。

名称未設定 7

続きはまた次回。

modo10-13ブログ目次



take_z_ultima at 11:30│Comments(0)modo | CG

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Archives