2019年05月22日

メッシュオペレータでいろいろやってみた その37 modo13

今回も前回に引き続き「Surface Constraint」オペレータについて調べてみたい。

「オフセット」パラメータはコンストレイントされるメッシュサーフェス上の位置からサーフェス法線方向にコンストレイントされる位置を移動させる。

fig 1

例えば下のように2つのアイテムが並んだシーンで、

fig 2

「Tape」を「Sphere」表面にY軸マイナス方向でコンストレイントすると下のようになる。

fig 3

ここで「オフセット」に100mmを入力すると、

fig 4

下のように張り付いた位置からサーフェスの法線方向に100mm浮いた位置にコンストレイントされた。「オフセット」で設定できるのは0以上の数で、マイナスの設定は出来ない。

fig 5

「最大距離」はサーフェスまでの距離がこの値以内のものだけコンストレイントされる距離の閾値。

fig 6

例えば上の画像で、「最大距離」を100mmにすると、

fig 7

100mm以内の部分だけコンストレイントされるので、下のように球体に近い部分だけが球体に貼り付く。

fig 8

「強さ」パラメータは頂点に与える効果の量を調整するパラメータ。0%で効果が無くなり、100%で完全に変形し、それ以上の値を設定すればその値に比例して変形する。この値をアニメーションすればコンストレイントのモーフアニメーションになる。

fig-9

続きはまた次回。

modo10-13ブログ目次



take_z_ultima at 11:30│Comments(0)modo | CG

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

Archives